記事ID135033のサムネイル画像

【寝室やリビングを彩る】おすすめの間接照明人気ランキング10選

現代の日本では天井から部屋中を照らす直接照明が一般的ですが、間接照明を取り入れると寝室やリビングに北欧感が出て、劇的におしゃれになります。今回は間接照明の選び方とニトリやIKEAなどのおすすめ商品を紹介します。配置の仕方や照らし方についても詳しく解説していきますよ!

間接照明を取り入れれば部屋は簡単におしゃれになる。

部屋の照明は直接照明と間接照明の2種類があります。直接照明は天井から部屋中を照らすものです。シーリングライト(天井に直付け)やペンダントライト(天井から吊り下げる)、シャンデリアなどがあり、「ものを見る」「作業をする」「部屋全体を明るくする(掃除など)」目的に最適な照明になります。

 

間接照明は光源からの光を直接使用せず、壁面や天井に反射させて照らしたり、部屋の一部で周囲を照らすものを言います。部屋の雰囲気がガラリと変わり、おしゃれな演出が可能です。光と影のコントラストで広がりや奥行き感が出るので、部屋が広くみえます。また光が柔らかくなり落ち着いた雰囲気を醸し出すので、心身ともにリラックスできるのです。

 

ただ間接照明は種類も多く、何を選べば良いか分からない、いくつ、どこに、どんな向きで設置すればいいか分からない、という方は多いのではないでしょうか。そのような点もふまえて選び方をご説明していきます。

間接照明の選び方

間接照明には建築化照明と設置型照明の2種類があります。建築化照明は天井や壁などに照明器具を組み込む方法でリフォームが必要なのでここでは割愛し、設置型照明に絞って解説していきます。

照明の種類で選ぶ

間接照明には形や置き場所によってさまざまな種類がありますが、照らしたい場所によっておすすめの種類がそれぞれ異なります。部屋の中でどこを照らすかを考えることで、おのずと最適な間接照明の形が定まってきます。

天井・周囲を照らすならフロアライト

天井に光を反射させるコーブ照明は、天井方向への広がり感を与えて、閉塞感を抑え、部屋を広く感じさせてくれる効果があります。間接照明の中でも部屋の広い範囲が明るく感じられ、足元が暗くなる分落ち着いた雰囲気を与える照明方法になります。

 

この場合、上方向に光を照射できる背の高いスタンド式のフロアライトがおすすめです。床に直接置いて使用するタイプのフロアライトは、光源の位置が高いほど天井からのバウンド光で広い範囲が心地良い明るさになります。

 

またフロアライトは周囲を温かい光で照らしてくれるため、部屋全体を明るくしてくれます。あとはリビングボードや本棚など背の高い家具があるなら、クリップライトも天井や周囲を照らしてくれます。

壁を照らすならスポットライト

壁に光を反射させるコーニス照明。特にTVの裏を照らすのは間接照明の定番のテクニックで、意外とTV画面が見やすくもなります。部屋の空間に対して奥行きを広げる効果があり、部屋を広く見せることができるのです。

 

特定の場所を照らしたい場合におすすめなのがスポットライト。壁の上部をライン状に照らすとシャープな印象が出せますが、壁の一部分を照らすと柔らかい印象が出せます。部屋の隅を照らして、写真を照らすのも王道のテクニックです。

 

また天井にライティングレールを設置できるならスポットライトを設置して壁を照らすこともできます。スポットライトタイプのシーリングライトでも同様です。上級のテクニックとして観葉植物などのオブジェを照らし、影を壁に映し出すという手法もあります。

周囲を照らすならテーブルライト

6畳以上の部屋の大きさでは天井や壁を照らすだけでは不足で、部屋の一部を照らす間接照明を追加していくことになります。机や棚の上に配置するテーブルライト照明の方向を考える必要がなく、適当に置くだけでも部屋の雰囲気を良くしてくれるのもメリットです。

 

ソファ周辺に高さのあるフロアライトを置いたり、テーブルの上にテーブルライトを置くのがよくあるスタイルです。また通常は直接照明として使うペンダントライトをうんと高さを低くして間接照明として使うという方法も可能。その際テーブルや床を照らすだけでなく、シェードを使ってぼんやりとしたライティングにするのも雰囲気が出ます。

 

足元を照らすならフットライト

寝室などリラックスしたムードを楽しみたい方におすすめなのが、足元をやさしい光で照らしてくれるフットライト。足元から照らしてくれるので眩しさを感じず、睡眠時も安心して眠ることができます。

 

また、階段など足元の見えにくい場所に設置するのもおすすめ。おしゃれなだけでなく安全性も確保できます。

 

同じく寝室や足元に設置するなら棒状のバータイプもおすすめ。スペースを取らずにけってしまう心配もないので、クローゼットの中でも活躍してくれます。

色調で選ぶ

壁や床、家具の色調と間接照明の色調を揃えることがポイントです。暖色系か寒色系か程度の分類で十分です。

電球色を選ぶ

間接照明の基本は温かみのある電球色(赤みがかった色)です。種類としては白熱電球が真っ先に思い浮かびますが、最近はLEDが人気。白熱電球より節電になり、(電気代は白熱電球や蛍光灯の1/10)寿命が長いので交換の手間も減ります。(一般的に白熱電球の寿命は約2,000時間、蛍光灯は約13,000時間、LEDは約40,000時間。)

 

また赤外線がほぼ含まれていないことから白熱電球のように熱くならないので、熱の問題で照明を設置できなかった場所に置けます。さらに紫外線がほとんど含まれていないので、壁に飾った絵や本の背表紙などを照らしても傷めない効果もあるのです。

 

ただ一般的にLEDや蛍光灯の電球色より白熱電球の方がより赤みが強いので、雰囲気を最優先するためにあえて白熱電球を使う方もいます。

 

昼白色を選ぶ

昼白色は自然光に近い色です。蛍光灯やLEDで選べます。朝日のように爽やかな色味で頭を覚醒させる効果があるのです。また物をありのままの色ではっきり見せてくれるので、洗面台やクローゼット周辺にも好都合。

 

反面リラックス効果や眠気を誘ってほしい寝室や、落ち着きが欲しいリビングには向きません。間接照明としては主流ではありませんが、明るさを演出したい勉強部屋や子供部屋での採用が適しているでしょう。

 

また間接照明だけでは暗すぎると感じる方は、明るさを抑えた昼白色の直接照明に電球色の間接照明を組み合わせるという手段もあります。間接照明は間接照明しか使ってはいけない、ということはないのです。

昼光色を選ぶ

昼光色は青白い色でいわゆる蛍光灯の光です。LEDでも選べます。光が強く手元がはっきり見え、クールな色味で頭を冷静にさせてくれる効果もあるのです。子供部屋や書斎には向きますが、間接照明にはあまり使われません。

 

ただしハイテックなインテリア(金属やガラス、モノトーンの家具を使ったインテリアデザイン)は寒色系で色調が合います。そういうクールで都会的なインテリアを好む方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

蛍光灯色の間接照明は落ち着いてリラックスした雰囲気を作るのには向きませんが、ハマれば非常に個性的でファッショナブルな間接照明になるでしょう

電源方式で選ぶ

間接照明の電力供給方法は「コード式」「充電式」「電池式」の大きく3つがあります。フロアタイプやスポットタイプなど大きめのライトにはコンセントから充電するコード式が多いです。コード式を購入する際は、設置したい場所の近くにコンセントがあるかをチェックしておきましょう。

 

充電式はあらかじめ充電しておくことでコンセントの位置に関係なく使用できるので、場所を選ばずに設置できて便利です。また、配線が見えてせっかくのおしゃれな雰囲気が台無し…なんてこともありません。

 

電池式も充電式と同じくコードがないため配線が見えることなく好きな場所に設置できます。また、充電式よりも長持ちするためめったに取り換えなくてよいのもメリットです。購入するする際には、電力供給方法もチェックしておきましょう。

 

リモコン・調節機能もチェック!

買ってから「見とけばよかった~」と後悔するのがリモコンの有無光の調節機能。特に寝室に間接照明を設置したい場合は、リモコンがないといちいちベッドから起き上がってスイッチを切って…なんて手間があるので、リモコンは付いているものの方が良いでしょう。

 

また、間接照明の明るさを調整できるタイプもありがたいです。食事や読書の時は明るめにして、睡眠時には暗めに設定もできるので、ワンルームの方や一人暮らしの人には特におすすめです。数段階に分けて調整できるタイプもありますし、自由に設定できるタイプもあります。

人気メーカーから選ぶ

間接照明を購入するならネットだけでなく無印世品やLOFT、ニトリやikeaがおすすめです。今回はニトリとikeaの間接照明をご紹介します。

ニトリ

ニトリはテーブルランプ、フロアランプ、スタンドライトなど間接照明の種類がとにかく豊富です。お値段も1000円程度の商品が多いので手に入れやすく、形状もいろいろあって楽しめます。

 

部屋をおしゃれに彩るボール型の照明は、まるでプラネタリウムのように部屋全体を温かい光で照らしてくれます。一方で、サボテン型のライトなどユニークな形状の間接照明もあり、部屋にまで個性が広がります。

 

ニトリの公式ホームページでは、たくさんの商品を取り扱っています。ぜひチェックしてみてください。

ikea

北欧感があって可愛いikeaの間接照明は個性的でおしゃれな形状の商品が豊富です。LED照明も多いので優しい光で部屋を照らすことができます。特にテーブルタイプの間接照明はお値段も手頃でおしゃれなものが多いです。

 

価格帯がかなり広く安いものだと999円から高いものだと8000円程度します。またフロアランプの種類も豊富で、自分好みで目的に適した間接照明が見つかるでしょう。

 

IKEAの公式サイトから間接照明を購入することができるので、近くに店舗がない方でもこちらから購入できます。Amazonでも販売されていますので、ぜひチェックしてください。

間接照明の人気ランキング10選

第10位

日昇

BeauBelle レダ シーリングライト 4灯 ブラウン

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

幅広い使い道に対応できる

スポットライトタイプ(光が収束してヘッドの角度が変えられる)のシーリングライト(天井に直付け)です。天井や壁を照らすだけでなく、オブジェに当てたり読書や生活に必要な灯りを確保したりと使い方は自由自在。かつ4つライトがあるので複数の目的をいっぺんにかなえることができるのです。2連のウッドリングがおしゃれですね。

 

天井のシーリングに取り付けるので、直接照明は必要ないという方向けになります。白、ベージュ系×3、ブラウン系×2、黒と全7色のカラーバリエーションあり。部屋の壁スイッチで点灯消灯できますが、取り外し可能なチェーンでの操作も可能。またそのチェーンを引っ張ると調光できます。

金口E26ワット数60W×4
設置場所天井
第9位

Panasonic

シンクロ調光 ブラケットライト LGB81622WLU1

価格:9,820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

希少な天井を照らすタイプ

ブラケットライト(壁に取り付ける)です。天井を照らすタイプのブラケットライトは数が少なく、周囲を照らすタイプがほとんどです。気に入ったデザインが見つからない場合は、スポットライト型で首が回るタイプを選んで代用するのも良いでしょう。

 

こちらの製品は価格は高いですが、別売りのライトコントローラーを使用すると昼光色と電球色の切り替え、明るさも自在に調整できるという高機能な製品です。またブラケットライトを採用するは電源コードをどう隠すかも重要になります。

金口ワット数7.1w
設置場所
第8位

ヤザワ

クリップライトE26 クローム CLX605CH

価格:1,563円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

どこでも使えるクリップライト

クリップ式のスポットライトです。シンプルでベーシックなスタイルで価格も安価。クリップライトは天井、壁、オブジェにと応用範囲が広いので、迷ったらとりあえず購入しておいて間違いないタイプです。

 

間接照明は一室多灯でいたるところに陰影をつくるのが基本的な配置の仕方なので、照明は数を持っているに越したことはありません。カラーバリエーションで白・黒もあり。

金口E26ワット数60W
設置場所本棚等
第7位

szbright

スタンドスポットライト E26 ブラウン

価格:2,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汎用性の高いスタンド型スポットライト

スタンド式のスポットライトです。高い家具の上に置いて天井を照らす、TVの裏の壁を照らすなどの使い方に最適。間接照明は光源が目に入ってしまうのはNGです。TVの裏に間接照明をおけば光源が見えにくいので、初心者にもおすすめの方法になります。

 

観葉植物やオブジェのライトアップ、テーブルライトやデスクライトにも使え、また底面に取り付け穴があるのでブラケットライト代わりに使うことも可能で、応用範囲が広いです。ウッドのシェードがおしゃれな製品ですね。 調光調色ができる専用リモコンと60w形LED電球が付属するバージョンもあります。

金口E26ワット数60W
設置場所本棚 テーブル等
第6位

ZEFFO

和風 テーブルライト

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

置き場所を選ばないテーブルライト

テーブルライト(文字通りテーブルの上などに置く)です。底部はコンパクトですが高さ32cmと少し大きめなので、ロータイプのフロアライトとしても使えそう。リネンを使ったシェードで和風の雰囲気ですが、シンプルな形なのでどんなインテリアとも合わせられます。

 

ベッドサイドランプ として使っている方が多いようですが、テーブルライト、リビング、ダイニング、廊下、玄関と置き場所を選ばないオールマイティーな製品といえそうです。

金口E26ワット数60W
設置場所テーブル等
第5位

TECKIN

フロアライト LED

価格:3,989円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4段階調光&3段階調色と多機能

フロアライト(床に直置き)です。フレキシブルアームでヘッドが自在に動かせるので、天井、壁、オブジェの照明と万能に使えますが、ソファの横やベッドの横に置いて、間接照明と読書などの作業用ライト兼任で使うのが最も適しています。

 

作業、読書からリラックスモードまで使える4段階の調光と、暖かい白色光、自然白色光、冷白色光(電球色、昼白色、昼光色の色味に近い)と3段階の調色が可能です。

 

高さ160cm。通常間接照明は電球は別売りですが、こちらは8ワットのLEDランプが付属しています。機能の豊富さも考えるとコストパフォーマンスが高い製品です。

金口ワット数8W
設置場所
第4位

Kartell

Kartell カルテル テーブルランプ TOY トイ W26/D25/H31cm SFHL-K8836-00 モスキーノ/ジェレミー・スコット【国内総代理店正規品】

価格:39,490円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大胆奇抜なアパレルブランド「モスキーノ」と「カルテル」がコラボレーションした照明

モスキーノのアイコン的な存在のテディベアがカルテルのテーブルランプに生まれ変わりました。2つのブランドに共通の“遊び心"に満ちた照明は、愛嬌たっぷりに空間を明るくしてくれます。子供だけでなく大人もそばにおいておきたくなるような愛らしいアイテムです。

 

このテディベアこそがモスキーノのアイコンです。元々ポップアートのように大胆で奇抜でありながら、イタリアンファッションの特徴でもある仕立ての良さと品質で、80年台にイタリアンファッションの中心的存在として一斉を風靡したモスキーノ。

 

このテディベアのモチーフを取り入れたのは、2015年にアメリカから、クリエイティブディレクターとして迎えられたジェレミー・スコットですが、モードにユーモアを大胆に取り入れ、ブランドのDNAを今も継承しています。

金口-ワット数1W
設置場所
第3位

VAVA

ナイトライト VA-CL006

価格:2,899円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かわいいテーブルライト

テーブルライト(周囲を照らすタイプ)です。amazon テーブルライト部門でランキング1位の製品。タッチセンサーで暖光の明るさを調節、RGBモードで7色の光に移り変わり、色の固定も可能。1時間のタイマー付。高さ11cmとコンパクトな製品です。USB充電式。

 

安全性の高いABSとシリコン素材にたまご型の角のないデザインから、赤ちゃんのそば置いても安心であることをアピールしています。実際夜の授乳用に購入される方が多いようですが、もちろん通常のテーブルライト、ナイトライトとしても良い製品です。

金口ワット数3W
設置場所テーブル等
第2位

匠の誠品

月のランプ 3Dプリント 10cm

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オブジェとしても素敵なデザイン

テーブルライトです。楽天の間接照明ランキング1位の製品。高精度の3Dプリントで本物の「月」をリアルに再現していて、NASAの衛星図との類似度99.9%と言われています。「木星」のバージョンもあり。

 

直径8cmから22cmまで6つのサイズ展開。こちらの10cmが一番売れているようです。温白色・電球色の調色、無段階の調光が付属のリモコンで可能。USB充電式。灯りとしてだけでなくオブジェとしても映える一品で、男性も女性も活用できるデザインですね。

金口ワット数0.5W
設置場所テーブル等
第1位

I K E A

HOLMO 50184172 フロアランプ

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Amazon 売上No.1のフロアライト

フロアライト型で周囲を照らすタイプです。人気のIKEA製でamazon のフロアライト部門でランキング1位の製品。シェードは和紙製で柔らかい光を放ちます。 高さ116cmと大きめですが、シェード全体が光るというよりシェードの中程がぼんやり光るタイプなので明る過ぎることはありません。

 

存在感があるのでインテリアのアクセントとして間接照明を購入したい方におすすめ。和風の雰囲気があるデザインですが、意外と洋間にも合います。

金口E26ワット数75W
設置場所

間接照明のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4923217の画像

    I K E A

  • 2
    アイテムID:4923161の画像

    匠の誠品

  • 3
    アイテムID:4922968の画像

    VAVA

  • 4
    アイテムID:4922961の画像

    Kartell

  • 5
    アイテムID:4922955の画像

    TECKIN

  • 6
    アイテムID:4922947の画像

    ZEFFO

  • 7
    アイテムID:4922944の画像

    szbright

  • 8
    アイテムID:4922933の画像

    ヤザワ

  • 9
    アイテムID:4922929の画像

    Panasonic

  • 10
    アイテムID:4922925の画像

    日昇

  • 商品名
  • HOLMO 50184172 フロアランプ
  • 月のランプ 3Dプリント 10cm
  • ナイトライト VA-CL006
  • Kartell カルテル テーブルランプ TOY トイ W26/D25/H31cm SFHL-K8836-00 モスキーノ/ジェレミー・スコット【国内総代理店正規品】
  • フロアライト LED
  • 和風 テーブルライト
  • スタンドスポットライト E26 ブラウン
  • クリップライトE26 クローム CLX605CH
  • シンクロ調光 ブラケットライト LGB81622WLU1
  • BeauBelle レダ シーリングライト 4灯 ブラウン
  • 特徴
  • Amazon 売上No.1のフロアライト
  • オブジェとしても素敵なデザイン
  • かわいいテーブルライト
  • 大胆奇抜なアパレルブランド「モスキーノ」と「カルテル」がコラボレーションした照明
  • 4段階調光&3段階調色と多機能
  • 置き場所を選ばないテーブルライト
  • 汎用性の高いスタンド型スポットライト
  • どこでも使えるクリップライト
  • 希少な天井を照らすタイプ
  • 幅広い使い道に対応できる
  • 価格
  • 1500円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 2899円(税込)
  • 39490円(税込)
  • 3989円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 2850円(税込)
  • 1563円(税込)
  • 9820円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 金口
  • E26
  • -
  • E26
  • E26
  • E26
  • E26
  • ワット数
  • 75W
  • 0.5W
  • 3W
  • 1W
  • 8W
  • 60W
  • 60W
  • 60W
  • 7.1w
  • 60W×4
  • 設置場所
  • テーブル等
  • テーブル等
  • テーブル等
  • 本棚 テーブル等
  • 本棚等
  • 天井

自分だけの空間をつくる、おしゃれな間接照明の配置

さて、間接照明を買ったらついに各部屋に配置する作業です。光のコントラストとは面白いもので、置く位置ひとつで部屋の印象がガラッと変わります。そこで最後に、部屋をおしゃれにする、おすすめの間接照明の配置の仕方を部屋ごとに紹介します。

リビングやダイニング

一人暮らしやカップルの方は、思い切ってリビングも間接照明にしてしまうのがおすすめです。お子さんのいる家族の場合はリビングは直接照明にする必要があるでしょうが、子供が寝静まってから、また皆で映画を観る時などに間接照明に切り替えるというのはどうでしょうか。普段とは違う新鮮な雰囲気を味わえることと思います。

 

リビングの間接照明は天井や壁を照らしながら、周囲を照らすランプを複数追加していくのが基本パターンとなります。

 

ダイニングは基本的には直接照明ですが、食事の準備が終わっていざ食べ始めるという時にテーブル回りだけの間接照明に切り替えるのもこれまたおすすめです。普段の食事も一段グレードアップした気分になること請け合い。白熱電球を使うと食べ物を美味しそうに、食器を美しく見せてくれる効果があります。

寝室や書斎

寝室は最もリラックスしたい部屋ですので、間接照明を最初に導入してみるのに最適です。今までただ寝るための場所になっていたとしても、少し音楽を聴いたり本でも読んでリラックスしてみようか、という気分になるに違いありません。

 

寝室はフットライトやロータイプのフロアライトを置くのがおすすめですが、サイドテーブルやヘッドボードに読書ができる程度の灯りを用意するのも良いでしょう。

 

書斎も自分一人でくつろぐ、という意味では間接照明が適した部屋です。「暗い場所で本を読んだり書き物をしていると目が悪くなる」と言われることがありましたが、科学的根拠はなく、近くのモノを長時間見続けることが視力低下の原因という説が今は有力視されています。しかし適度な明るさを確保することが目を疲れさせない対策であることは間違いありません。

 

玄関や廊下、洗面所など

玄関、廊下、洗面所など、面積が狭い空間にも間接照明を取り入れてみたいですよね。また玄関、廊下などは滞留時間が短いので実験的手法を試してみるのにも最適です。例えば床面から上に向けて間接照明をセットして壁面を登る光を演出する手法などは上級テクニックですが、それらを導入してみるのも良いでしょう。

 

玄関は天井、壁、床を照らす間接照明がポピュラーです。廊下はロータイプのフロアライト、キャンドルライトを置くのがおすすめの演出。高さの違うものを並べて置くのもおしゃれですね。

 

洗面所は鏡の周囲をライトアップするのはいかがでしょうか。顔がはっきり見え、メイクやグルーミングがしやすくなるという副次的なメリットもついてきます。

天井から照らすタイプをお探しの方はこちら

まとめ

部屋をおしゃれに変えたいと思った時、ソファやテーブルなどの大きな家具を買い替えなければ、と考える方は多いと思います。しかし間接照明を導入すれば、安価で気軽に部屋の雰囲気を変えられるのです。配置も決して難しくありません。おしゃれでリラックスできる間接照明をぜひご自分の部屋に取り入れてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ