記事ID134969のサムネイル画像

【人気再熱】人気のボードゲームおすすめランキング10選

皆さんは、ボードゲームで遊んだことがありますか。昨今のデジタルゲームの発展によって陰りを見せていましたが近年その面白さが最中され、メディアでもたびたび取り上げられています。今回は、そんなボードゲームのおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

老若男女が楽しめるボードゲーム

近年、テレビや雑誌などのメディアでボードゲームが特集されるようになったことで、ボードゲームに注目が集まっています。学生はもちろんですが、気軽に誰もが楽しめるという特徴から会社のレクリエーションなどでも用いられています。

ボードゲームという括りは非常に広義ですが、近年メディアで取り上げられているボードゲームは、ドイツゲームやユーロゲームと呼ばれるものが対象となっています。名前にボードとありますが、カードやコマのみや、紙やペンを使うものも多く存在します。

 

ボードゲームは1位を目指すだけではない娯楽性があり、気軽に遊ぶことができる点が特徴的です。ゲームに物語が設定されていたり、ポップなデザインがされていたり、システム以外の部分でも楽しめる工夫がされている作品が多くなっています。

ボードゲームの選び方

ボードゲームの種類は膨大で、遊び方や所要時間に大きな差があります。ボードゲーム初心者の方はそれらの要素を参考にボードゲームを選びましょう。

ボードゲームの種類から選ぶ

一言でボードゲームと言っても種類は豊富です。対戦相手を騙したり、戦略性が高いコマンドバトルだったりと、種類によって遊び方は大きく変わります。

タイルの配置で遊ぶボードゲーム

山札からタイルを引いて、自分のボード上で隣接するタイルと絵柄が合うように繋げていくボードゲームです。ゲームが進むにつれて少しずつ自分の領地が広がっていくため、勝負だけでなく達成感を味わうことができます。

 

ひとつのゲームが終わった後の光景が毎回違うため、試合ごとに異なる喜びを味わうことができます。戦略性はそれほど高くないため、初めてボードゲームを遊ぶ人におすすめのボードゲームです。

 

また、遊ぶ人数の幅が広いことも特徴の一つで、人数よってもプレイ感覚が大きく変わります。2人で遊ぶときは真剣勝負、4人で遊ぶときはわいわいパーティープレイ、といように、様々なシチュエーションで楽しむことができます。

トゥールーオアフォルスで遊ぶボードゲーム

トゥルーオアフォルスとは直訳で「真実かウソか」という意味で、ダイスやカードの操作だけでなく、口頭で宣言した数字と実際に選択した選択が真実かウソかを見抜くゲームです。

 

自分が宣言者の場合、いかに自分が真実を言っているかのように思わせるかが勝利のカギで、ポーカーフェイスやハッタリといった行為で手札をどんどん消費していく必要があります。

 

逆に自分が真実の宣言をしていてもあえて嘘をついているように見せて、他のプレイヤーのミスを誘うこともできます。ボードゲームでありながらプレイヤー同士のコミュニケーションが重要で、仲の良いメンバーでやるにはもってこいのゲームシステムです。

ロールを隠して遊ぶボードゲーム

ロールとは直訳で「役割」という意味です。基本的にプレイヤーひとりに対して一つの役割が与えられ、自分の役割を隠匿しながら仲間を見つけて、敵となるロールと戦うことになります。ポーカーフェイスや相手に悟られない言葉選びが重要で、基本的にコミュニケーションが勝敗を分ける要因になります。

 

大人数でのプレイを想定しているものがほとんどで、2、3ほどの陣営に分かれて戦うものが多いです。日本でもこの種類のゲームが大流行した時期があり、スマホやPCゲームとしてはやったものが、次第にオフラインのボードゲームにおいても人気になりました。

 

トゥルーオアフォルスと同じようにコミュニケーションが重要で、騙し合いや推理が好きな人、スリリングな遊びがした人におすすめのジャンルです。

アクションで遊ぶボードゲーム

戦略よりも、判断力やスピード、テクニックが重要となるゲームです。他のゲーム強いのにこのジャンルのゲームは苦手という人も多かったり、男女で勝率が逆転したりします。

 

ボードゲームというと頭を使ったり、数手先まで予想しなければならないという印象が強いですが、反射的にカードや駒を操作して競うアクション系のボードゲームは、他のボードゲームが苦手な方でも十分に楽しむことができます。

 

注意点としてはプレイ人数が限られていることが挙げられます。大人数でプレイする場合は待機している人が出てしまったり、見ているだけではなかなか楽しむことができという場合があるので、プレイする人数には注意しましょう。

 

協力プレイで遊ぶボードゲーム

協力プレイとは、プレイヤー同士で協力してゲームを進行していくシステムです。 モンスターを倒したり、ダンジョン探索したりというRPGのようなもの、チーム同士で協力して敵チームを倒すといったものもあります。

 

個人対戦のゲームでも一時的にチームのように協力する場面があることもありますが、これはあくまでお互いを利用しているにすぎず、協力プレイ系とは言えないでしょう。ルールで協力が強いられているものが協力系というジャンルで括られています。

 

 チーム内でのコミュニケーションが重要になることが多いため、お互いの意見を出しながら共通の意思を持つことができます。また、1ゲームのボリュームが多いことが多く、長時間かけてゆっくりと遊ぶことができます。メンバーの親睦を深めるにはもってこいのジャンルです。

プレイ人数から選ぶ

ボードゲームの種類は膨大で、1人から遊べるものから10人以上の大人数で遊ぶこともでき、あらゆる環境で楽しむことができることもボードゲームの特徴であると言えます。

 

誰もが馴染みがあるトランプのババ抜きですが、3人でもスピーディに楽しむことができますし、10人近くでプレイしても終盤の戦いは見ている人も含めて非常に盛り上がります。このように、プレイヤーだけでなく見ているだけの人や勝ち抜けた人も最後まで一緒に楽しむことができます。

 

ボードゲームで遊ぶ人数について注意しなければならないことが、偶数か奇数か、という点です。チームバトルなどの場合、1vs2という状況になってしまうこともあり、ゲームバランスが崩壊してしまいます。プレイ人数パッケージに記載されているので、必ずチェックする用意しましょう。

プレイ時間から選ぶ

ボードゲームの想定されるプレイ時間はピンからキリまでです。基本的にパーケージに書かれた通りになることがほとんどですが、ゲームごとに進行速度は変わるので、参考程度にとどめておきましょう。

 

移動中の車内で遊ぶ場合は、想定時間が5分程度のものにしましょう。ボードゲームは展開したり片づけたりするのに多少の手間がかかるので、想定時間が長いものだととっさに行動できず慌ててしまい楽しい時間が台無しになってしまうかもしれません。

 

家やホテルなどでまとまった時間が取れ、腰を据えて遊べる場合は想定時間が長いものにしましょう。もちろん想定時間が短いものを繰り返し遊ぶこともできますが、ゲームスピードが速すぎて疲れてしまいます。長いものはゆったりとしたゲーム進行なので、まったりと遊ぶことができます

おすすめのボードゲームランキング10選

第10位

アークライト

あやつり人形新版 完全日本語版

価格:2,574円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格隠匿ゲームの日本語版

CITADELSあやつり人形は、ロール隠匿系のカードゲームで、ボードゲーマーの中でも名作カードゲームとして知られています。ブラフ、外交、陰謀によって、正体を暴くゲームシステムです。

 

プレイヤーは中世ヨーロッパの貴族として、王、司教、暗殺者、などの手札で他者を出し抜いて資金を集め、自分の街を強化していきます。最終的に1番優れた街を作ったものが勝者となります。

 

原作は様々な国で販売され、数々のアナログゲーム賞にノミネートされ、最も優れたカードゲームの一つとされています。新版と銘打ってある本作は、原版に加えて新しい9種のキャラクターと12種の建物が導入されており、より戦略性の高いゲームとして仕上がっています。

人数2~7プレイ時間40分
第9位

アークライト

センチュリースパイスロード

価格:3,836円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

簡単システムでスパイス貿易

「スパイスの貿易」がテーマとなっている作品です。プレイヤーはエジプト諸国のスパイスの商人となり、スパイスを入手してそれを交換するという作業を繰り返し、最終的な商品の獲得を目指します。

 

ゲームシステムは比較的簡単で、自分のターンになったら4つの行動のうち1つを選択し実行するだけなので、ボードゲーム初心者でも十分に楽しむことができます。運の要素もないので、誰もが廟堂に楽しむことができるでしょう。

 

この作品はシリーズが3まで出ており、その人気がうかがえます。シンプルなゲームシステムだけでなく、イラストや小道具のクオリティが高いことも人気の理由で、ボードゲームデビューにふさわしい作品です。

人数2~5プレイ時間45分
第8位

風栄社

Miraris

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カードの数字の大きさを競う

プレイヤーが手札から一斉にカードを1枚出し、数字の一番大きい人が得点をゲットする、というシンプルなボードゲームです。1~2人向けと2~4人向けの別バージョンも販売されており、人気作品であることがうかがえます。

 

このゲームには他の人と数字が被ったらアウトとなるバッティングシステムがあり、高い得点を狙って大きい数字を出すと被りやすいというジレンマがあります。そのため、プレイヤー同士の心理を読み合い、時には出し抜いて高得点を狙います。

 

加えて最初に選んだキャラクターによって強い数字が変わる、という要素もあります。そのため、選んだキャラクターによってその都度戦略が大きく変わるため、飽きにくい仕様になっています。また、イラストが現代風なので、ボードゲーム特有の絵柄が苦手な方でも抵抗なく楽しむことができます。

人数3~6プレイ時間15分
第7位

ジーピー

カタン

価格:2,539円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無人島の開拓

ボードゲーマーなら知らない人はいないと言われるほど人気で歴史のあるボードゲームです。タイトルのカタンとは舞台の無人島の名前で、プレイヤー間での交によってさまざまな資源を集め、島を開拓していきます。
 
カタンの勝敗は交渉力に大きく起因します。他プレイヤーの状況から、どの資源が重要であるかを察し、交渉を進めることが勝敗を分けます。適度にダイスを振る場面があり、実力だけでな運も大切で、初心者でもある程度は対等に遊ぶことができます。
 
マップの交換ができるので飽きずに続けて楽しむことができます。交渉には相手を説得すること、そして時には同調も必要であり、他のボードゲームでも通用するコミュニケーション力が身に付きます。
人数3~4プレイ時間60分
第6位

マテル

ブロックス

価格:1,719円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

定番人気ボードゲーム

ブロックスは1ターンに1度、配布された自分のピースをボードに配置し、手持ちのピースをたくさん置いた人が勝ち、というシンプルな陣地取りボードゲームです。昔から日本でも馴染みがある定番ボードゲームで、スマートフォンのアプリゲームとしても普及しています。

 

ブロックスのルールはとても単純ですが、攻めと守りのタイミングや、時には他プレイヤーと組んだりしなければ勝てない、戦略も非常に高いゲームとなっています。基本的にがむしゃらに動くと一方的に潰されるので、冷静かつ素早く自陣を広げることが重要です。

 

amazonのボードゲーム売れ筋ランキングで常に上位に食い込んでおり、その人気の高さがうかがえます。ボードゲーマーはもちろんですがシンプルなゲームシステムのため、小学生くらいの年齢層でも十分に楽しむことができます。

人数2~4プレイ時間20分
第5位

グランディング

街コロ (Machi Koro) ボードゲーム

価格:3,000円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

さいころで街を作る

街コロは、サイコロを振って出た目から得られるコインを使ってお店を建て、自分の街を開発し、大都市に発展させていくボードゲームです。建物が描かれたカードのデザインがかわいらしく、眺めているだけでも楽しくなります。

 

街コロは、ボードゲーム初心者に人気の作品です。サイコロの出た目によって取れる行動が大きく変わるため、すごろく気分でサイコロを振り、簡単に街を大きくすることができるため、戦略的な考えが不要だからです。

 

街コロが楽しいと感じた方は別売りの、拡張キッドである「街コロプラス」も併せて購入することをおすすめします。キッドを揃えると戦略の幅が広り、より奥深いゲームになります。

 
人数2~4プレイ時間30分
第4位

すごろくや

犯人は踊る

価格:1,496円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

役割が毎回変わる

「犯人は踊る」は、1人1枚配布されたカードの中から誰が「犯人」カードの所持者かを推理する、昨今人気の正体隠匿ゲームです。基本的にカードのみで遊べるので、出かけ先でも気軽に楽しむことができます。

 

このゲームの1番の特徴は、プレイ中に「犯人」のカードが次々と手札から移動することです。回っていくことです。さっきまで隣の人が犯人だったけど次は自分が犯人、ということも起こりえます。

 

加えてこのゲームには探偵が犯人を突きとめる、犯人が逃げ切る、果ては犬として犯人に迫る、というような勝敗が多数あるため、飽きずに何度でも楽しむことができます。プレイ時間は20分ほどのちょど良い長さなので、隙間時間に人数がそろっていたら何度でも遊ぶことができます。

人数3~8プレイ時間20分
第3位

ホビージャパン(HobbyJAPAN)

T.I.M.E ストーリーズ 日本語版

価格:4,602円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

協力謎解きゲーム

TIMEトーリーズは、プレイヤー全員が協力して謎解き、戦闘、探索といったRPGゲームのような冒険をし、物語中で起きた時空の変化の原因を突き止めるという新感覚のボードゲームです。

 

以前から一部のファンがいたゲームブックの遊び方をボードゲーム用にアレンジした、新しいながらも完成度の高い作品です。ボリュームが大きく、ボードゲームとしては圧倒的に長い90分のプレイ時間が設定されています。

 

謎解きがメインのゲームなので一回遊び終えてしまうと二回目からはあまり楽しめないかもしれません。しかし、従来のボードゲームでは味わえない本格的な冒険を楽しむことができ、別売りの拡張コンテンツも販売しているので、気になる方はぜひ買ってみてください。

人数2~4プレイ時間90分
第2位

幻冬舎

はぁって言うゲーム

価格:1,215円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

はぁって言うだけ

特徴的なタイトルの本作ですが、プレイに用はまさにその名の通りはぁって言うだけ。すなわち、声と表情だけでお題の感情を伝える、個人の表現力が試されるゲームです。

 

言葉ははぁだけでなく、にゃー、好きといった一言の短い言葉から選ぶことになります。お題となる感情は、怒り、悲しいといった簡単なものから、失恋といった一筋縄ではいかないものも含まれています。

 

ジェスチャーは禁止なので、顔の表情筋と言い方だけで伝えなければなりません。特別な知識はいらないので、大人数や初対面でも楽しめるのが本作の魅力です。ゲームが終わった後も共通の表情や言い方でコミュニケーションをとることできます。

人数3~8プレイ時間15分
第1位

ニューゲームズオーダー

モダンアート

価格:2,415円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安く仕入れて高く売る

本作は安く仕入れて高く売る「競り」を疑似体験できるゲームです。プレイヤーが絵画商人となって、絵を安く仕入れて、高く売って資金を増やすことがを目的に競りに参加します

 

自分の損得勘定から最適な価格帯になるように操作することが勝負のカギです。時にはフェイントを仕掛けたりして価格帯を無理に吊り上げたり、そっけないふりをして低価格で買うなど、ある意味では隠匿系ゲームに通ずるところがあると言えます。

 

このゲームは大人でも楽しめるゲームという特徴があります。大人になるまでに培った損得勘定、価値観、観察力が重要になってきます。会社などでの懇親会で盛り上がること間違いなしです。

人数3~5プレイ時間40分

ボードゲームのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4918679の画像

    ニューゲームズオーダー

  • 2
    アイテムID:4918677の画像

    幻冬舎

  • 3
    アイテムID:4918676の画像

    ホビージャパン(HobbyJAPAN)

  • 4
    アイテムID:4918598の画像

    すごろくや

  • 5
    アイテムID:4918588の画像

    グランディング

  • 6
    アイテムID:4918582の画像

    マテル

  • 7
    アイテムID:4917386の画像

    ジーピー

  • 8
    アイテムID:4917365の画像

    風栄社

  • 9
    アイテムID:4917358の画像

    アークライト

  • 10
    アイテムID:4917257の画像

    アークライト

  • 商品名
  • モダンアート
  • はぁって言うゲーム
  • T.I.M.E ストーリーズ 日本語版
  • 犯人は踊る
  • 街コロ (Machi Koro) ボードゲーム
  • ブロックス
  • カタン
  • Miraris
  • センチュリースパイスロード
  • あやつり人形新版 完全日本語版
  • 特徴
  • 安く仕入れて高く売る
  • はぁって言うだけ
  • 協力謎解きゲーム
  • 役割が毎回変わる
  • さいころで街を作る
  • 定番人気ボードゲーム
  • 無人島の開拓
  • カードの数字の大きさを競う
  • 簡単システムでスパイス貿易
  • 本格隠匿ゲームの日本語版
  • 価格
  • 2415円(税込)
  • 1215円(税込)
  • 4602円(税込)
  • 1496円(税込)
  • 3000円(税込)
  • 1719円(税込)
  • 2539円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 3836円(税込)
  • 2574円(税込)
  • 人数
  • 3~5
  • 3~8
  • 2~4
  • 3~8
  • 2~4
  • 2~4
  • 3~4
  • 3~6
  • 2~5
  • 2~7
  • プレイ時間
  • 40分
  • 15分
  • 90分
  • 20分
  • 30分
  • 20分
  • 60分
  • 15分
  • 45分
  • 40分

まとめ

いかがだったでしょうか。近年ボードゲームは盛り上がりを見せており、大人での交流の一環として活用されています。子供時代に遊んだことがある方も未経験の方もこのランキングを参考に、ぜひボードゲームを買ってみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ