記事ID134968のサムネイル画像

【手軽にお掃除】人気コードレスクリーナーのおすすめランキング10選

コードを気にかける必要がなく手軽に持ち運びできる便利なコードレスクリーナー。商品数が多く値段も様々ですので、どれを買ったら良いのか迷ってしまう方も多いと思います。そこで今回はコードレスクリーナーの選び方とおすすめ商品10選をご紹介していきたいと思います!

コードレスクリーナーで掃除しよう!

掃除する時に欠かせないアイテムである掃除機。近年ではバッテリーを内臓したコードレスタイプのクリーナーが数多く販売されています。充電されていればどこでも使用できるという手軽さがあり、従来の掃除機と変わらない強力な吸引力で人気を集めています。

 

今までのように電源コードの長さを気にかける必要なくどこまでも持ち運びができ、掃除中にテーブルや椅子などの家具にコードが引っかかることもないので非常に使いやすいです。小型で軽量のクリーナーが多く、女性でも扱いやすいのが嬉しいですね。

 

今までは掃除機はコンセントのある場所で、コードの長さの範囲内でしか使用できませんでしたが、コードレスクリーナーであれば室内・室外問わずにどこでも使用することができます。コードレスクリーナーを使えば掃除時間の短縮になること間違いなしの便利なアイテムです!

コードレスクリーナーの選び方

コードレスクリーナーを選ぶ際に確認するべき3つのポイントについてそれぞれ説明していきたいと思います。しっかり確認してご自身に合ったコードレスクリーナーを選ぶことが大切です。

コードレスクリーナーのタイプで選ぶ

コードレスクリーナーは主にスティック型が主流ですが、他にもいくつかタイプがあります。それぞれの特徴やどんな場面での使用に向いているのかについて説明していきたいと思います。

スティック型

コードレスクリーナーの中で今最も販売数が多いのがこちらのスティック型です。本体とノズルが一体化しているスリムな形が特徴的で、省スペースでも置くことができるので収納場所に困りません。デザイン性の高い商品も多く見せる収納ができるのも嬉しいポイントですね。

 

付属品を付け替えてハンディ型になる製品も多く、ハンディ型は車の中や布団用クリーナーとしても使えるので便利です。スティック型コードレスクリーナーが1台あれば様々な使い方ができるので、いろいろ買い揃える必要もなく経済的にも嬉しいですね。

 

たくさんの種類が販売されているスティック型ですが、付属品の有無などによって値段も変わってきます。どんな場面でクリーナーを使うのか、置き場所はどうするのか、ハンディ型の必要性の有無などをしっかり考えてから購入することが大切です。

ミニキャスター型

ミニキャスター型とはコード付きの従来の掃除機のように本体とノズル部分が分かれている形のクリーナーのことです。本体部分にキャスターとなるタイヤが付いているので、本体を転がしながら移動するのが特徴です。

 

重さのあるモーターはタイヤで転がしながら進み、手に持つパイプ部分は軽いので掃除している時の負担が少ないのがメリットの一つです。また本体部分に取り付けられているダストカップが大きいので、スティック型よりもより多くのゴミを吸引することができます。

 

しかしながらミニキャスター型のコードレスクリーナーはまだ販売されている数が少ないのが現状です。

ロボット型

「ルンバ」で一躍有名となったロボット型の掃除機もコードレスクリーナーの1種です。ロボット型のクリーナーはスイッチを押すだけで自動的に掃除をしてくれますし、タイマー機能が付いているものもあるので、毎日欠かさずに掃除することもできる便利なアイテムです。

 

センサーで壁や家具を察知し、カーペットと床の境目などの小さな段差も乗り越えて自動で掃除してくれるので、側で見守る必要や手出しをする必要がないのが嬉しいですね。忙しい時でもボタン一つで自動的に掃除してくれる画期的な商品です。

 

通常の掃除機よりも音が静かなのも嬉しいですね。しかしながら部屋の隅々が掃除されていない、満足のいく掃除がされていないといった課題もあります。また他のクリーナーよりも価格が高価ですので、ご自身の必要性に合わせて購入を検討することが大切です。

集塵方法から選ぶ

集塵方法はサイクロン式と紙パック式の2つのタイプがあります。それぞれの特徴やメリットをチェックしていきましょう。

ランニングコストがかからないサイクロン式

吸引したゴミと空気を遠心力によって分離させ、ゴミだけをダストカップに集める仕組みをサイクロン式と呼びます。分離された空気は外に排出されるのですが、一度フィルターを通っているので室内の空気が汚れる心配がないのが嬉しいですね。

 

紙パックが必要な従来の掃除機とは違い、サイクロン式では紙パックなどの消耗品が必要ないのでランニングコストがかからず経済的です。ただし紙パック式よりもこまめなゴミ捨てが必要で、ダストカップから取り出す時にホコリが舞いやすいという欠点があります。

 

フィルターを定期的にメンテナンスする必要があり、メンテナンスを怠ると吸引力低下などに繋がります。フィルターの分解のしやすさや丸洗いできるかどうかもしっかりと確認しましょう。定期的なお手入れが必要ですが経済的に使用したい方にはおすすめです。

ゴミ捨てが楽な紙パック式

あらかじめセットしておいた紙パックにゴミと空気を吸引し、ゴミだけを紙パック内に集めるのが紙パック式のクリーナーです。排出される空気は一度紙パックを通って外に出ますので、掃除時の臭いが気になるという方が多いのがデメリットの一つです。

 

紙パックの中にゴミが溜まってから処分するので、頻繁に紙パックを変える必要がありません。またゴミは紙パックと一緒に処分するので、ほこりが舞う心配もなく衛生的にお手入れできるのが嬉しいですね。サイクロン式よりも吸引力が高いのも嬉しいポイントです。

 

紙パックに入っているゴミの量が増えれば増えるほど吸引力が落ちてくるので注意が必要です。紙パックがなければ使用できないので購入後もコストがかかりますが、面倒なお手入れが必要ないのが紙パック式の最大の利点だと言えます。

所要時間を確認する

コードレスクリーナーを選ぶ際に必ずチェックすべきポイントが連続使用時間と充電時間です。それぞれ説明いたしますのでしっかりと確認し、ご自身に合った性能のコードレスクリーナーを選びましょう。

連続使用時間はどのくらいか

1回の充電でどれだけの時間使い続けることができるのかの目安が連続使用時間です。途中でバッテリーが切れてしまうとそれ以上掃除ができず、中途半端な状態で終わらせることになってしまいます。忙しい主婦の方などは特に避けたい自体ですね。

 

広い部屋や家全体を一度に掃除したいのであれば最低でも30分以上の連続使用が可能なタイプをおすすめします。車の中や特定の場所でのみ使用するのであればそれほど時間もかっからないので10分〜20分ほどのタイプでも問題ないでしょう。

 

連続使用時間は商品によって大きな違いがあり、長時間使用できるクリーナーはその分値段も高くなる傾向にあります。使用場所や掃除する部屋の広さ、そして予算をしっかりと検討しご自身に合ったクリーナーを選ぶことが大切です。

充電時間もチェックしよう

連続使用時間と同様、コードレスクリーナーを使用する上で大切なのが充電時間です。長時間の連続使用が可能なクリーナーは長時間の充電を要する場合が多く、一度バッテリーが切れてしまうとすぐに掃除ができないというデメリットがあります。

 

連続使用時間と同様、充電時間は商品によってかなり差があります。商品によっては「急速充電モード」が搭載されているタイプもありますので、クリーナーを使用する頻度や時間などを考えて充電時間の長さを選ぶことが大切です。

 

コードレスクリーナーには本体にバッテリーが内臓されてる「内臓式」と、本体からバッテリーを取り外して充電する「セパレート式」の2つのタイプがあります。セパレート式の場合、予備のバッテリーがあれば従来の2倍の時間使用できるというメリットもあります。

コードレスクリーナーの人気ランキング10選

第10位

マキタ

充電式クリーナー CL108FDSHW

価格:13,297円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量でコスパ抜群のコードレスクリーナー

バッテリーを含む本体重量がわずか1.0kgと非常に軽量ながら、パワフルな吸引力で隙間に入り込んだごみもしっかりと取り除いてくれる高性能クリーナーです。本体、バッテリー、充電器の3つがセットになって約13000円とコストパフォーマンスも抜群です。

 

バッテリーの消耗をライトでお知らせしてくれるので、掃除途中にいきなり電源が落ちてしまう心配がありません。ごみを捨てる際はカプセル部分をひねって開けるだけなので、手間いらずで簡単にお手入れできます。

 

使用中にスイッチを押し続ける必要がない連続運転タイプなのも嬉しいですね。リーズナブルな価格でありながら22分の充電時間で最大連続運転時間が25分と使いやすさも抜群ですので、一人暮らしの方などに人気の高いコードレスクリーナーです。

集塵方法カプセル式重量 1.0kg
最大連続使用時間25分充電時間22分
第9位

三菱電機

iNSTICK コードレススティッククリーナー HC-VXG30P-N

価格:36,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気清浄機にもなる多機能クリーナー

布団クリーナーやハンディークリーナーヘッドが付属しているので、家中の様々な場面で使用できる便利なコードレスクリーナーです。クリーナーとして使用していない間は空気清浄機として稼働させることができるのがこのクリーナーの最大の特徴です。

 

一見クリーナーには見えないおしゃれなデザインですのでリビングや寝室などに置いても違和感がなく、使いたい時にすぐに使えるのが嬉しいですね。動作を自動で検知し無駄な電力を消費しないよう節電モードに切り替えてくれるので、効率よく掃除ができます。

 

強力な吸引力と自走式のパワーブラシが搭載されているので手軽にしっかりと掃除ができるのが嬉しいですね。決して安くはないお値段ですがデザイン性が高く多機能ですので、お値段に見合った性能だと言えるでしょう。

集塵方法サイクロン式重量2.1kg
最大連続使用時間30分充電時間2時間
第8位

シャープ

コードレスキャニスター RACTIVE Air EC-AS700-N

価格:37,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大使用時間60分のコードレスクリーナー

キャスター型のコードレスクリーナーです。パイプ部分には軽量でありながら耐久性の高いドライカーボンが使われているので本体重量が1.8kg、手元が1.1kgと非常に軽量なので、階段や高い場所の掃除など女性でも手軽に行えるのが嬉しいポイントです。

 

パワフルな吸引力の大風量ターボモーターと高効率リチウムイオンバッテリーが搭載されているため、ごみやほこりを逃さずしっかりと吸い取ってくれます。自走式のヘッドブラシが付いているので軽く押すだけで進み、小回りが効くので使い勝手も抜群です。

 

ダストカップは本体から取り外しでき、さらに水洗いができるので細かい部分までしっかりとお手入れすることができます。急速充電に対応しているセパレート式バッテリーが2個同封されているので、最長60分間使用することができるので非常に便利です。

集塵方法サイクロン式重量2.9kg
最大連続使用時間30分充電時間約80分
第7位

Dyson

V8 Fluffy SV10 FF2

価格:46,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

格段に性能アップした最新モデル

サイクロン式を開発し、様々なコードレスクリーナーを販売する有名メーカーであるダイソンの商品です。全モデルであるV6と比べてモーターのパワーが20%向上し、運転音は50%低減されている高性能コードレスクリーナーです。

 

ポストモーターフィルターが搭載されているので、大きなごみだけではなく細かなほこりやごみなども逃さず吸引します。またワンタッチでダストカップのふたが開くので、衛生的で簡単にごみ捨てができるのが嬉しいポイントですね。

 

玄関などの泥汚れを落とせるハードブラシ、ハウスダストを取り除く布団ツール、食べこぼしやキーボードの掃除に便利なコンビネーションノズルなども付属しています。安定したパワー供給で使用中に吸引力が衰えないのがダイソンのクリーナーの特徴です。

集塵方法サイクロン式重量1.58㎏(クリーナーのみ)
最大連続使用時間40分充電時間5時間
第6位

マキタ

充電式クリーナー CL182FDRFW

価格:27,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なハイパワーモーター搭載!

Amazonのバキューム部門でベストセラーに選ばれている人気のコードレスクリーナーです。プロ用充電工具のハイパワーモーターが搭載されているのでパワフルな吸引力がありますが、重量が1.5kgと軽量なのが特徴です。

 

床にしっかりと密着するT型のヘッドが家具の下などの掃除しにくい場所でもごみを逃さずキャッチするので使い勝手も抜群です。ボタンを押すだけでフロントカバーが開き、紙パック式なのでごみ捨てが簡単にできるのが嬉しいですね。

 

イオンリチウムバッテリーが使われているので、22分の充電で最大使用時間が40分と長めなのも嬉しいですね。バッテリー残量が減るとLEDランプが点滅してお知らせしてくれるので、掃除途中でバッテリーが切れる心配がないのも嬉しいポイントです。

集塵方法紙パック式重量1.5kg
最大連続使用時間40分充電時間22分
第5位

パナソニック

スティッククリーナー イット MC-PBU510J-T

価格:36,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

壁際や狭い隙間までしっかりと掃除できる

ごみを感知すると自動で吸引力が上がる「ハウスダストセンサー」が搭載されているので、目には見えない小さなごみまで逃さずキャッチしてくれます。壁掛け充電と立てかけ充電の2パターンの充電方法が可能ですので、使い分けができるのが嬉しいですね。

 

本体を回転させることでヘッド部分がI型に変形するので、家具と家具の隙間など狭い部分までしっかりと掃除することができます。また横に滑るローラー付きで壁際のお掃除も楽々行えます。

 

紙パック式のクリーナーですので、ごみ捨てが簡単でほこりが舞う心配がないのも嬉しいですね。紙パックが内部でしっかりと広がるよう計算された構造をしているのでスタイリッシュな見た目ですが、しっかりとごみを集めることができます。

集塵方法紙パック式重量2.3kg
最大連続使用時間30分充電時間3時間
第4位

エレクトロラックス

エルゴラピード・リチウム ZB3324B

価格:32,708円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家の中から車の中までこれ1台!

スウェーデン発祥の老舗ブランドのエレクトロラックスから販売されているコードレスクリーナーです。布団ノズルや隙間ノズル、ロングノズルなど様々なアクセサリーが付属しているのでこれ1台で家の中だけではなく車の掃除などもできる便利なアイテムです。

 

使用中に手首に負担がかからないよう重心が低くデザインされているので、長時間の使用でも手が疲れにいのが嬉しいですね。連続使用時間は最大で48分と長時間使用できます。自立式なので収納場所を選ばず、掃除中にもさっと手を離せるのでとても便利です。

 

高性能フィルター搭載ですので目詰まりがしにくく、さらにはお部屋の空気よりも綺麗な空気を排出します。バッテリー残量が目で見てわかるよう充電インジケーターが付いているのも嬉しいポイントですね。

集塵方法サイクロン式重量2.5kg
最大連続使用時間48分充電時間4時間
第3位

東芝

トルネオ ブイ VC-CL1500-R

価格:36,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の気流で吸引力が続く!

トルネードプレスにより吸い取ったごみを約3分の1まで圧縮するので、ごみ捨て時にほこりが舞い上がりにくいのが嬉しいですね。付属のアタッチメントが5種類付いているので布団クリーナーなど、様々な場面で活躍する使い勝手抜群のクリーナーです。

 

3つの気流を起こすことによって花粉やちり、さらには超微細なほこりを分離しているのでフィルターが目詰まりする心配がなく、吸引力が持続するのがこのクリーナーの最大の特徴です。

 

ごみを感知してランプで知らせてくれる「ゴミ残しまセンサー」搭載で、見えにくい場所でもごみを残さず綺麗に掃除することができます。ラウンド型のグリップでしっかりと握れる持ちやすさも嬉しいポイントですね。

集塵方法サイクロン式重量1.9kg
最大連続使用時間25分充電時間5時間
第2位

アイリスオーヤマ

極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4

価格:10,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能でありながら軽量でリーズナブル!

サイクロン気流によって細かいごみやほこりをしっかりとかき出して吸い取るのでどんなごみも逃さず、掃除しにく壁際や家具の隙間などもしっかりと綺麗にしてくれます。ブラシレスヘッドなので、床を傷つける心配もなく使用できるのも嬉しいですね。

 

ごみの量を感知して自動でパワーを抑制してくれるほこり感知センサーが付いているので、無駄な電力を消費することなく効率的に掃除ができます。様々な機能が付いていながら重量がわずか1.2kgと非常に軽量で使いやすいのが最大の特徴です。

 

サイクロン式ではなく紙パック式ですが、排出される空気の臭いを抑制する銀イオン加工がされた紙パックがセットになっています。高機能の使い勝手も抜群でありながらリーズナブルな価格で人気のコードレスクリーナーです。

集塵方法紙パック式重量1.2kg
最大連続使用時間30分充電時間3時間
第1位

シャープ

RACTIVE Air EC-A1R-P

価格:22,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量クリーナーで楽々掃除!

パイプの厚みが従来の半分ほどでありながら耐久性が非常に高いドライカーポンを使用しているので、軽量ながらも丈夫なコードレスクリーナーです。重量が1.5kgですので、ごみが目に付いた時にさっと使用できる手軽さが嬉しいですね。

 

ハンドル部分は握りやすいようラバーグリップが採用されており、自動アシスト機能付きなので軽く押すだけですっと前に進むのでお掃除を楽にしてくれます。ラバー製のフックが付いているので、ちょっとした所に立てかけて置くことができるので便利ですね。

 

ヘッド部分にはブラシが付いているので、掃除機をかけるだけで床の表面の汚れを一緒に除去してくれます。ダストカップもフィルターも水洗いできるので簡単にお手入れすることができるのが嬉しいポイントですね。

集塵方法サイクロン式重量1.5kg
最大連続使用時間30分充電時間80分

コードレスクリーナーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4918584の画像

    シャープ

  • 2
    アイテムID:4918240の画像

    アイリスオーヤマ

  • 3
    アイテムID:4918614の画像

    東芝

  • 4
    アイテムID:4918339の画像

    エレクトロラックス

  • 5
    アイテムID:4918599の画像

    パナソニック

  • 6
    アイテムID:4918649の画像

    マキタ

  • 7
    アイテムID:4918431の画像

    Dyson

  • 8
    アイテムID:4918273の画像

    シャープ

  • 9
    アイテムID:4918407の画像

    三菱電機

  • 10
    アイテムID:4918370の画像

    マキタ

  • 商品名
  • RACTIVE Air EC-A1R-P
  • 極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC4
  • トルネオ ブイ VC-CL1500-R
  • エルゴラピード・リチウム ZB3324B
  • スティッククリーナー イット MC-PBU510J-T
  • 充電式クリーナー CL182FDRFW
  • V8 Fluffy SV10 FF2
  • コードレスキャニスター RACTIVE Air EC-AS700-N
  • iNSTICK コードレススティッククリーナー HC-VXG30P-N
  • 充電式クリーナー CL108FDSHW
  • 特徴
  • 軽量クリーナーで楽々掃除!
  • 高性能でありながら軽量でリーズナブル!
  • 独自の気流で吸引力が続く!
  • 家の中から車の中までこれ1台!
  • 壁際や狭い隙間までしっかりと掃除できる
  • 本格的なハイパワーモーター搭載!
  • 格段に性能アップした最新モデル
  • 最大使用時間60分のコードレスクリーナー
  • 空気清浄機にもなる多機能クリーナー
  • 軽量でコスパ抜群のコードレスクリーナー
  • 価格
  • 22400円(税込)
  • 10980円(税込)
  • 36800円(税込)
  • 32708円(税込)
  • 36200円(税込)
  • 27900円(税込)
  • 46290円(税込)
  • 37750円(税込)
  • 36799円(税込)
  • 13297円(税込)
  • 集塵方法
  • サイクロン式
  • 紙パック式
  • サイクロン式
  • サイクロン式
  • 紙パック式
  • 紙パック式
  • サイクロン式
  • サイクロン式
  • サイクロン式
  • カプセル式
  • 重量
  • 1.5kg
  • 1.2kg
  • 1.9kg
  • 2.5kg
  • 2.3kg
  • 1.5kg
  • 1.58㎏(クリーナーのみ)
  • 2.9kg
  • 2.1kg
  • 1.0kg
  • 最大連続使用時間
  • 30分
  • 30分
  • 25分
  • 48分
  • 30分
  • 40分
  • 40分
  • 30分
  • 30分
  • 25分
  • 充電時間
  • 80分
  • 3時間
  • 5時間
  • 4時間
  • 3時間
  • 22分
  • 5時間
  • 約80分
  • 2時間
  • 22分

まとめ

ここまでコードレスクリーナーの選び方のポイントとおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。コードレスクリーナーはコードに邪魔されることなく掃除できるので非常に便利で、掃除をより手軽にしてくれるアイテムです。使用場所や用途、そしてどんな機能が必要なのかをしっかりと検討し、ご自身にあった商品を見つけてみてください!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ