記事ID134956のサムネイル画像

【おしゃれで快適】バイクのヘルメットのおすすめ人気ランキング10選

バイクの運転に欠かせないヘルメット。おしゃれで機能的なデザインのヘルメットがたくさんあって、迷いますね。今回は、自分に合うヘルメットを簡単に見つける選び方や、おしゃれで快適な着け心地で人気の商品をランキング形式でご紹介します。

快適な走行には快適なヘルメットを

皆さんは、バイクのヘルメットを選ぶ時、何を重視していますか?安全性はもちろん、形状やカラー、ホールド力でしょうか。安全基準をクリアしているヘルメットであればどれも同じと思う方も多いかもしれませんが、実は人によって合うヘルメットが違うんです。

 

人によって頭の大きさが違うので、どんなに安全基準をいくつもクリアしたヘルメットであっても、ぶかぶかするような大きいヘルメットでは頭を守ることはできません。逆に締め付けられるような小さなヘルメットでは窮屈で運転に支障をきたします。

 

その他にも、ヘルメットの重さ通気性なども考慮するなら、快適な走行を楽しむことができます。今回は、ヘルメットのサイズ重量形状を基準にランキングを作成しました。これからバイクを乗り始める方や、サブヘルメットを購入する方、必見です。

バイクヘルメットの選び方

バイクのヘルメットといってもデザインや大きさ、機能性は様々です。自分に合ったヘルメット選びのポイントをご紹介します。

ヘルメットの形で選ぶ

バイクのヘルメットの形状は、大きく分けて、フルフェイスタイプ、ジェットタイプ、半キャップタイプの3種類あります。それぞれの特徴を見てみましょう。

フルフェイスタイプ

顎までしっかり守ってくれる、フルフェイスタイプ。安全性は一番高い形状と言えます。顔周りのクッションも充実しているものが多いです。ホールド力がある分、重みはありますが高速走行する場合の安定性は高く、長距離でも快適な走行を楽しめます。

 

被った時にヘルメットがぐらつかず、顎まですっぽりはまるものを選びましょう。頭囲サイズを確認しても、クッションの柔らかさ等で、装着した時の大きさの感じ方が異なる場合もあります。可能であれば実際に装着し、被った状態で左右に顔を動かしてみるのをおすすめします。

 

フルフェイスタイプは、他の形状のヘルメットに比べると視界が狭く、通気性が悪いというデメリットもあります。フルフェイスタイプを選ぶ際は、軽量で通気性の高いものを選ぶといいですね。

ジェットタイプ

耳までカバー、口元が開放的なジェットタイプ。シールドを上げれば、顔全体で風を感じることができます。フルフェイスタイプに比べて軽量で、通気性にも優れています。ヘルメットを装着したまま、食べたり飲んだりできるメリットもあります。

 

風がまともに当たる分、大きいヘルメットを装着していると簡単に後ろへ持っていかれます。高速走行は風当りも強くなるので、ジェットヘルメットはぐらつきやすく安定性の点で不向きです。しかし、長距離や高速走行でなければ、ジェットタイプで十分でしょう。

 

ジェットヘルメットは、シールドの大きさや形次第で、ヘルメットの雰囲気を変えられるのも魅力的です。視界を広く確保したい、軽くてある程度頭をカバーしてほしいという方におすすめの形状です。

半キャップタイプ

とにかく軽量なヘルメットが欲しいという方は、半キャップタイプがおすすめです。サッと被れて、締め付け感がなく風通しも抜群の形です。頭部のみしかカバーしていないので、安全性は低いですが、首への負担が少なく人気があります。

 

 

ヘルメットを装着すると、髪型が崩れたり、アレンジによってはヘルメットがきつく感じたりしますよね。半キャップタイプは、髪の崩れが他の形状に比べて最小限で抑えられるでしょう。髪をゴムでまとめていた状態で、被ることができます。

ヘルメットの大きさで選ぶ

人によって頭の大きさが違うので、ヘルメットの大きさは要チェックです、ということを始めに書きましたが、実際の商品のサイズを確認すると、フリーサイズという表記が多いんです。フリーサイズと言っても、商品によってやはり該当する頭囲サイズが微妙に異なりますね。

 

フリーサイズと書いてある商品は、カッコ書きしてある頭囲のサイズをしっかり確認しましょう。とは言っても、サイズを確認して購入しても、頭の形に合わないということはよくあることです。

 

でもご安心を。ヘルメット内のスポンジを足したり、減らしたりすることで微調整することができます。微調整する場合は、スポンジを足して頭に合わせる方が簡単なので、ヘルメットの大きさで迷ったら少し大きめのものを選択するといいでしょう。

ヘルメットに付いているシールドの形で選ぶ

ヘルメットに付いているシールドは、日差しや雨よけの役割を果たすだけでなく、ヘルメット全体の印象を変える重要アイテムです。サングラス付きシールドや、顔全体を覆うバブルシールドは人気があります。

 

シールドの付いていないジェットヘルメットを購入して、好きな形や色のシールドを付けてオリジナルヘルメットを作るのも楽しいですね。気分によって、天候によって変化をつけることができます。アレンジを楽しみたい方は、ヘルメットのシールド装着部分の位置や大きさを確認しましょう。

ヘルメットの機能性で選ぶ

ヘルメットは、どんな天候であっても運転中ずっと装着するものなので、機能性も充実しているものを選びましょう。

手入れのしやすいヘルメット

走行中ずっと装着しているヘルメットは、湿気やすく、汗や皮脂が付いて蓄積してしまいます。メイクをする方であれば、頬やおでこ部分のファンデーションが、ヘルメット内部に付いてしまうのが気になりますよね。

 

ヘルメットも定期的にお手入れすることが大切です。お手入れの観点から、ヘルメット内部のスポンジが取り外し可能なものを選ぶことをおすすめします。雨でぬれた際も取り外して干すことができるので便利です。

通気性の高いヘルメット

バイク走行で一番辛いのは、夏場ヘルメットを装着することかもしれません。ヘルメット内に熱がこもり、余計に暑く感じますね。安全性の高いフルフェイスタイプやジェットタイプの中でも通気性を確保した形状のものが多くなってきています。

 

通気性の優れたヘルメットかどうかは、頭頂部分にディフューザーが付いているかどうかで見分けることができます。ディフューザーが付いていることで、風が内部を通り湿気とともに外へ風を出してくれます。

 

また、ヘルメット内の布地は吸汗発散性の高いものや、冷感タイプのものもあります。ヘルメットを選ぶ際は、通気性の良いどんな工夫が施されているかもチェックしましょう。

軽い着け心地のヘルメット

首への負担を考えると、ヘルメットはできるだけ軽いものがいいでしょう。フルフェイスタイプと半キャップタイプの重さを比較すると、カバーする面積が違うためフルフェイスタイプの方が断然重くなりますが、最近はフルフェイスタイプやジェットタイプでも軽量化が進んでいます。

 

フルフェイスタイプであれば、2kg前後のものが多いので1.5kg以下であれば軽量と言えます。ジェットタイプや半キャップタイプであれば、1kg以下であればかなり軽量なヘルメットです。

 

ヘルメット本体と別にシールドやサングラス着用で、重さはどんどん増していくので、可能な範囲で軽量なヘルメットを選びましょう。ただ、重さは変わらずとも頭にジャストフィットしていると軽く感じることもありますよ。

ヘルメットのカラーで選ぶ

機能性や安全性だけでなく、ヘルメットのカラーや柄もとても大事なポイントです。バイクのカラーに合う、自分のイメージに合うお気に入りのヘルメットを被れば、楽しくバイクを運転できそうですね。

 

かわいいキャラクターをプリントしたヘルメットや、どんな服の雰囲気にもマッチする艶消しのマットカラーのヘルメット、夜間も安全に走行できそうなキラキラのラメ入りゴージャスなヘルメットなど、多種多様です。

 

サブヘルメットがあればメインヘルメットお手入れ中に使えるだけでなく、その日の服のコーディネートに合わせて着けられます。いろんなデザインを簡単に探せるのが、ネット購入のメリットですね。国内メーカーだけでなく海外メーカーから探せば、周りで見ないカッコいいデザインに出会えるかもしれません。

メーカーで選ぶ

国内で有名なメーカーを2つご紹介します。

アライ

アライは、帽子屋としてスタートし、日本で初めてバイク用ヘルメット作ったメーカーです。転倒時にできるだけ衝撃吸収し、劣化しにくい素材を用いています。

 

また、アライのヘルメットは、5年ごとに厳しくなる「SNELL規格」を満たすだけでなく、さらに厳しい「アライ規格」を作り、安全性の高いヘルメットを生み出しています。レーサーだけでなく、一般のライダーの安全性を考えたメーカーです。

ショウエイ

アライと並んで人気のヘルメットメーカー、ショウエイ。デザインや機能性の面で世界各国のライダーが使用しています。ショウエイのヘルメットの特徴は、換気性の高さと装着時の風切音の低減です。

 

長距離走行や夏場のヘルメット装着は、頭や顔周りの熱がこもり、ストレスが増します。快適さを求める方におすすめのメーカーです。

バイクヘルメットの人気ランキング10選

第10位

B&B

白ツバ 半キャップ

価格:1,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽い着け心地

軽い着け心地で人気の半キャップタイプ。125cc以下のバイクに対応しており、SG安全規格の通っているので安心ですね。あごひものホルダーはワンタッチ式で取り外し簡単です。

 

半キャップヘルメットは、フルフェイスタイプやジェットタイプより安価ですが、平均価格は1700円ほどですね。こちらのヘルメットは平均価格を下回る手ごろな価格になっています原付バイクやちょっとしたお出かけにおすすめのヘルメットです。

 

サイズフリーサイズ(57〜60cm未満)重量916g
形状半帽タイプ
第9位

Yuhuaze

フルフェイスヘルメット

価格:4,690円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ダブルシールド付き

フルフェイスでありながら、顎の部分を上げればジェットヘルメットになる、システムヘルメット。シールドサングラスが付いており、天候によって使い分けられます。内装は、吸汗、速乾性、抗菌性、防臭性に優れた素材を使っているのもいいですね。

 

フルフェイスタイプでこもりがちな湿気も、ディフューザーが付いているので風を通して湿気を逃がします。長距離走行に向いているヘルメットですね。ヘルメットを脱がなくても手軽に飲食できるのも、システムヘルメットの良いところです。

 

レビューでも、重くなりがちなシステムヘルメットだがこのヘルメットは軽く、フィット感が良いと満足度の高い商品です。頬や顎がきつく感じる方も多いようなので、少し大きめを購入することをおすすめします。

 

サイズXXL:63-64cm重量
形状フルフェイスタイプ
第8位

ショウエイ(Shoei)

GT-Air

価格:39,820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

静音設計

安全性とスタイリッシュなデザインを極めるショウエイの『GT-Air』。強い日差しの昼間もトンネルなどの暗い道も、サンバイザーの出し入れすることで視界を良好に保つことができるインナーバイザー搭載のヘルメットです。

 

走行中の音は、運転ストレスの一因と言われています。こちらのヘルメットは、内装の余計な隙間をなくことで静音設計になっています。また、マイクロラチェット式チンストラップのバックルなので、意図せずにバックルが解放されることはなく、安心ですね。

 

バイクのヘルメットの2大メーカーということもあり、ショウエイのヘルメットは価格もそれなりにしますが、バイク初心者やメインヘルメットをお探しの方には、安全性や機能性の面で間違いない、おすすめのヘルメットです。

 

 

サイズ頭囲 57cm重量2.26 Kg
形状フルフェイスタイプ
第7位

ヤマハ(Yamaha)

バイクヘルメット ZENITH

価格:8,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気のラバートーンブラック

目立たないマットな質感が人気、ラバートーンブラックのヘルメット。内装はかわいいブラウン色になっています。UVカットシールド付きで日差しから顔を守ります。

 

内装も洗える作りで、お手入れしやすいのもグッドポイントです。メーカーはヤマハですが、1万円を切るこの価格はうれしいですね。耐久性があり、シールドも交換可能なので、長く愛用できるヘルメットです。

 

レビューでは、装着して走ると頭の上を風が吹き抜ける気分で爽快という意見もありました。機能性の充実度を考えると、コストパフォーマンスの高い商品と言えるでしょう。

サイズL :頭囲 59cm~60cm重量1.82 Kg
形状ジェットタイプ
第6位

LINGDA

ハーフヘルメット

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトで精巧なデザイン

0.75kgという超軽量なハーフヘルメット。コンパクトですが、風を通す換気スイッチや、紫外線から目を守るレンズが付いており、精巧なデザインになっています。耳の部分は開いているので、ヘルメットを装着したままスムーズに会話ができるのも特徴です。

 

バイク以外にもローラーシューズ、アウトドアスポーツなどでも活躍しそうですね。軽いので持ち運びも便利です。露出部分が多いため、安全性はそこそこですが、デザインや涼しさを重視する方におすすめのヘルメットです。

サイズフリーサイズ(55~60cm)重量0.75kg
形状半帽タイプ
第5位

リード工業

ジェット CROSS

価格:3,759円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなバブルシールド

丸いバブルシールド付きの『ジェット CROSS 』。カジュアルなデザインでどんな格好でもしっくりおさまるデザインです。バブルシールドは、かわいいだけでなく、顔全体を守り風当たりを和らげます。また、メガネをかけたまま装着できる便利さもあります。

 

耳の部分が柔らかい素材になっているセミジェットタイプなので、夏場も風を感じながら走行することができます。イヤーカバーはファスナーで簡単に取り外し可能です。ジェットタイプだと暑いけど、半キャップだと不安という方におすすめの商品です。

サイズフリーサイズ:頭囲57~60cm重量1.3 Kg
形状ジェットタイプ
第4位

アライ(Arai)

ジェット SZ-G

価格:26,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンパクトフォルム

男女ともに人気のホワイトカラーのジェットヘルメット。開放的なオープンフェイスで視界を広くしています。コンパクトでありながら、スーパーファイバーを積層しているので強度も向上した作りになっています。

 

レビューでは、日本人の頭の形にフィットする、重さを感じさせないフィット感、など着け心地が良いと高評価ですね。長距離走行にもおすすめのヘルメットです。

サイズ 59-60cm重量1.9Kg
形状ジェットタイプ
第3位

マルシン工業

セミジェット M-520

価格:4,729円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

防風ロングタイプのシールド

男女ともに人気の高いマットブラックカラー、マルシン工業の『セミジェットM-520』。スリムな作りですが、耳までしっかりホールドするジェットヘルメットです。ベンチレーション機構で、通気性にも優れた商品です。

 

顎までカバーするロングタイプのシールドは、風当たりを和らげ、雨天時の視界を確保します。冬のバイクの運転は体が冷えますが、シールドを完全に下げれば、顔周りは温かく感じることができますよ。

 

低価格で、目立たないノーマルなヘルメットをお探しの方におすすめのヘルメットです。

 

サイズフリーサイズ:57-60cm未満重量998 g
形状ジェットタイプ
第2位

リード工業

バイクヘルメット RE41

価格:3,672円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

風が抜けるエアベンチレーションシステム

熱がこもりにくいエアベンチレーションシステムの半キャップヘルメット。前方からの風を取り込み、後方エアダクトで熱や湿気を逃がす仕組みになっています。内装の天井部分は、メッシュになっており、蒸れによるストレスを軽減します。

 

半キャップヘルメットですが、走行時の安定感がある重みですね。また、顔全体をカバーする開閉式シールドは、UVカット仕様、紫外線から肌を守ってくれます。レビューでは、夏用のヘルメットとして使用している方が多いようです。

 

シンプルなデザインで目立たないマットブラックカラーなので、手軽に被れるのも魅力的ですね。バイクのヘルメットとしてはもちろん、災害時の保護ヘルメットとしても活躍しそうです。

サイズLL :頭囲 61cm~62cm重量1.04 Kg
形状半帽タイプ
第1位

F-Stone

ジェットヘルメット

価格:2,680円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格高品質

第1位はF-Stonenの『ジェットヘルメット』。ジェットヘルメットで、3000円以下という驚きの低価格です。SG安全規格をクリアしているので安心ですね。半キャップタイプのような風通しの良いヘルメットに仕上がっています。

 

丸みのあるかわいいバブルシールド付き、縁のゴム部分は糸縫いでおしゃれなデザインです。レビューでも満足度の高いヘルメットですね。少し大きめに作られているのでふんわり被りたい方や、男性にもおすすめの商品です。

サイズ57~60cm未満程度重量
形状ジェットタイプ

バイクヘルメットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4918549の画像

    F-Stone

  • 2
    アイテムID:4918555の画像

    リード工業

  • 3
    アイテムID:4918542の画像

    マルシン工業

  • 4
    アイテムID:4918457の画像

    アライ(Arai)

  • 5
    アイテムID:4918436の画像

    リード工業

  • 6
    アイテムID:4918427の画像

    LINGDA

  • 7
    アイテムID:4918412の画像

    ヤマハ(Yamaha)

  • 8
    アイテムID:4918389の画像

    ショウエイ(Shoei)

  • 9
    アイテムID:4918376の画像

    Yuhuaze

  • 10
    アイテムID:4918371の画像

    B&B

  • 商品名
  • ジェットヘルメット
  • バイクヘルメット RE41
  • セミジェット M-520
  • ジェット SZ-G
  • ジェット CROSS
  • ハーフヘルメット
  • バイクヘルメット ZENITH
  • GT-Air
  • フルフェイスヘルメット
  • 白ツバ 半キャップ
  • 特徴
  • 低価格高品質
  • 風が抜けるエアベンチレーションシステム
  • 防風ロングタイプのシールド
  • コンパクトフォルム
  • おしゃれなバブルシールド
  • コンパクトで精巧なデザイン
  • 人気のラバートーンブラック
  • 静音設計
  • ダブルシールド付き
  • 軽い着け心地
  • 価格
  • 2680円(税込)
  • 3672円(税込)
  • 4729円(税込)
  • 26480円(税込)
  • 3759円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 8900円(税込)
  • 39820円(税込)
  • 4690円(税込)
  • 1400円(税込)
  • サイズ
  • 57~60cm未満程度
  • LL :頭囲 61cm~62cm
  • フリーサイズ:57-60cm未満
  • 59-60cm
  • フリーサイズ:頭囲57~60cm
  • フリーサイズ(55~60cm)
  • L :頭囲 59cm~60cm
  • 頭囲 57cm
  • XXL:63-64cm
  • フリーサイズ(57〜60cm未満)
  • 重量
  • 1.04 Kg
  • 998 g
  • 1.9Kg
  • 1.3 Kg
  • 0.75kg
  • 1.82 Kg
  • 2.26 Kg
  • 916g
  • 形状
  • ジェットタイプ
  • 半帽タイプ
  • ジェットタイプ
  • ジェットタイプ
  • ジェットタイプ
  • 半帽タイプ
  • ジェットタイプ
  • フルフェイスタイプ
  • フルフェイスタイプ
  • 半帽タイプ

まとめ

ここまで、バイクヘルメットの人気ランキング10選をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。安全性、通気性、重量などの観点で選ぶことができますね。デザインやカラーで選んで、自分の頭の大きさや形に合わせて微調整することもできます。お気に入りのヘルメットで、バイクの運転を楽しみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ