記事ID134950のサムネイル画像

【人気製品のみ】Windowsノートパソコンおすすめランキング10選

スタンダード、モバイル、2pin1、ゲーミングなど種類が豊富なWindowsノートパソコン。どれを購入したらよいのか迷うこともありますよね。そこで選び方のコツを解説し、おすすめの人気Windowsノートパソコンをランキング形式で紹介します。

やっぱり1台は持っておきたい!Windowsノートパソコン

「スマホやタブレットで十分」という人も増えつつありますが、やはりビジネスシーンにおいて主流はまだまだWindowsノートパソコン。Windowsノートパソコンにはビジネスに欠かせないofficeのライセンスが付属することも多く、すぐに使えますし価格面でもお得なのでおすすめです。

 

しかし、いざ購入となると、従来に比べて選ぶのがむずかしくなってきたといわれています。大画面でハイスペックのノートパソコンから、タブレットとしてもノートパソコンとしても使える「2in1」、そして、その中間の携帯性に優れたモバイルノートパソコンなど幅が広がってきているからです。

 

また、ビジネスシーンだけでなくプライベートにおいてもノートパソコンの使い道が多様化しています。「動画配信サービスで高画質を見たい」「パソコンは詳しくないけど写真の編集はサクサクやりたい」など、従来はライトユーザーと言われていた人も、処理能力の高いパソコンを必要とする場合もあるのです。

 

いずれにしても、やはりWindowsノートパソコンは1台は持っておきたいところ。自宅にデスクトップがない場合には特におすすめですよ。この記事では口コミやメディアのレビューなどで評価の高い人気のおすすめWindowsノートパソコンだけ紹介するので、ぜひ欲しい製品を見つけてくださいね。

Windowsノートパソコンの選び方

家電量販店などに行くと、いろいろなタイプのWindowsノートパソコンがズラリと並んでいます。詳しくない人なら「これって普通のWindowsノートパソコン?」などの疑問を解決するところからはじめなければならないかもしれません。

 

自分に合ったWindowsノートパソコンを選びたいなら、押さえておくべき選び方のポイントがあります。

タイプで選ぶ

Windowsノートパソコンには大きく分けて、スタンダード、モバイル、2in1、ゲーミングの4タイプがあります。

スタンダード

スタンダードノートパソコンは自宅で据え置き、あるいは書斎からリビングに持ち運ぶ程度などの利用におすすめのWindowsノートパソコンです。単にWindowsノートパソコンと呼ばれることも多いですが、14.5~17インチぐらいまでのディスプレイを備えています。

 

このようなパソコンは高性能で処理能力が高いのが特徴です。一方、スペックを抑えることで低価格を実現しているものもあります。いずれにしても、ディスプレイやキーボードが大きめなので使いやすいことが共通しています。

 

そのため、ビジネス用途でWordやExcel文書を編集したいなど、使いやすさを重視するならスタンダードタイプがお勧めです。後は、用途に合わせてどれぐらいのスペックが必要かを絞り込んでいけばよいでしょう。

モバイル

モバイルノートパソコンは軽量で薄く、持ち運びがしやすいように設計されたWindowsノートパソコンであり、出張用などにおすすめです。10.1~14.5インチぐらいのディスプレイを備えており、スタンダードタイプと2in1の中間的存在といえます。

 

14.5インチとなると薄型などモバイル性を重視したタイプと、据置用のスタンダードタイプの両方があるため、重量やバッテリーの持ちなどのチェックは欠かせません。

 

携帯する機会が多いなら、一般的には1.2~1.5kg以上となると少し重く感じるかもしれません。また、外部ポートの数やキーボードの打鍵感など、携帯性とトレードオフの関係の要素も多いのがモバイルノートパソコンの特徴です。実際に使うシーンをイメージしながら、仕様をチェックしていきましょう。

2in1

「2in1」のWindowsノートパソコンは、タブレットとしても使えるほか、キーボードを開いたり装着したりすると、ノートパソコンとしても使えるタイプです。出張用としてもおすすめですし、自宅でタブレットと兼用にするなど、いろいろな使い方が考えられるWindowsノートパソコンといえるでしょう。

 

このタイプの代表的な製品はマイクロソフトが製造、販売している「surface」シリーズで、圧倒的な人気を誇っています。

ゲーミング

ゲーミングノートパソコンは、その名が示しているようにゲーム用に特化したWindowsノートパソコンです。高負荷のかかるオンラインゲームを高画質でサクサクと楽しみたい人におすすめです。

 

また、ゲーム以外では、動画編集や3Dモデリングなどをしたい人におすすめです。ゲーミングノートパソコンは性能のよいグラフィック処理専用の基盤(グラフィックボード)を搭載しているため、こうした作業に向いているのです。

 

一方、電子メールを閲覧したい、WordやExcelを編集したいといった人には、ゲーミングノートパソコンは必要ありません。ゲーミングノートパソコンは価格帯が高いのが特徴でなので、もったいないといえるのです。

サイズと重量で選ぶ

タイプ選びと重複するところもありますが、やはりサイズと重量はWindowsノートパソコンを選ぶうえでポイントとなります。快適に使えることを重視するなら、15.6インチを選びましょう。ただ、このサイズとなると1kg以上となるため携帯するには厳しい重量となってきます。

 

そのため、自宅用としても携帯用としても使いたい、あるいは使い勝手と携帯性のバランスを重視したい場合には、13インチほどのサイズで1kg以内のWindowsノートパソコンを購入するのがおすすめです。

 

より携帯性を重視するなら、10インチ前後を探すのがおすすめです。ただし、2in1は複雑な作業をするには不向きですが、メールや文書の閲覧、ネットサーフィンなどなら快適に行えます。ライトユーザーなら自宅用としても2in1は候補となるでしょう。

内部スペックで選ぶ

CPUやメモリの容量などは専門的な用語や単位も多く、パソコンに詳しくないと選びにくい面がありますよね。そこで、ここではわかりやすいように大まかな目安を中心に解説していきます。

CPU

Windowsノートパソコンで現在主流となっているCPUは「i9」「i7」「i5」「i3」です。これはインテルというメーカーが製造している中央処理装置といわれるもので、人間の頭脳にたとえられます。

 

簡単な目安ですが、ネットサーフィンやメールの閲覧程度なら、i3で十分です。動画視聴を楽しみたいならi5以上を選びましょう。i7となると動画を編集したり、負荷がかかる作業を並行して行いたい人におすすめです。i9は一般的なユーザーには必要なく、かなりのヘビーユーザー向けといえます。

 

他のメーカーのCPUもありますが、これらのCPUと比べられることが多いです。必要に応じてi3~9のどれに相当するのかなどを調べてみましょう。

メモリ

結論からいえば、8GB以上がおすすめです。現在のWindowsノートパソコンは、ユーザーが操作していない間もウィルス対策ソフトが動作していたり、ソフトウェアのアップデートを平行して処理していたりします。そのため、8GB以上ないと動画がもっさりと遅くなってしまう心配があるためです。

 

メモリは作業机、作業場みたいなものです。つまり、容量が大きくないといちいち片づけてから違う仕事をしなければならないため、処理効率が悪くなってしまうのです。4GBはライトユーザーならばおすすめできますが、スタンダードタイプやモバイルタイプの場合は、やはり8GBあったほうがよいといえます。

SSD

SSDはHDDに比べて読み込みや書き込みが高速で、しかも故障しにくいというメリットを持っています。軽くてバッテリーを消費しにくいのもメリットです。一方、HDDに比べて容量が少なく、高価であるのがデメリットです。

 

SSD搭載のWindowsノートパソコンを選ぶなら、一般的にはモバイルタイプや2in1タイプがおすすめです。スタンダードタイプでSSD搭載を選ぶのもよいのですが、外部HDDがある場合や容量が少なくてもいい場合に限ります。

OS

現在WindowsのOSの主流はWindows10です。古い型式の場合、Windows8.1やWindows7がありますが、Windows10を選ぶことをおすすめします。

 

Windows10には「Home」と「Pro」があります。一般ユーザーがHome、Proはスモールビジネス向けです。Homeにスモールビジネス向けの機能を追加したものがProといえるので、必要に応じてOSを選びましょう。

Windowsノートパソコンおすすめランキング10選

第10位

Dynabook株式会社

dynabook AZ65/FGSD Webオリジナルモデル

価格:114,264円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

東芝クオリティを感じられるノートパソコン

Dynabook株式会社は東芝系列。生産拠点は変わったようですが、高品質の東芝クオリティがやはり評価されているようです。「長く安心して使い続けられるPC」を目指した本製品なら、パソコンに詳しくない人でも安心して使えますよ。

タイプスタンダードディスプレイ15.6インチ
重量2.4kgCPUi7
メモリ8 GBストレージSSD 256GB
第9位

MSI COMPUTER

MSIゲーミングノート GS65-8RE-100VTJP

価格:195,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーマー御用達!ハイスペックゲーミングノートパソコン

美しい映像や高リフレッシュレートなど、こだわり派のゲーマーならば、このハイスペックゲーミングノートパソコンがおすすめです。「NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB GDDR5」、6コア12スレッドのi7、ノングレア、リフレッシュレート144Hzなどハイスペックな仕様となっています。

タイプゲーミングディスプレイ15.6インチ
重量1.86KgCPUi7
メモリ16GBストレージSSD 512GB
第8位

日本エイサー

Aspire E 15

価格:49,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

売れ筋上位の常連パソコン

大手ネットショッピングで、売れ筋ランキングの上位の常連となっているのがこの製品。なんといってもリーズナブルな価格と通常の使用には十分な性能を持っています。デザイン面や重量などを重視しないなら一押しできるおすすめWindowsノートパソコンです。

タイプスタンダードディスプレイ15インチ
重量3.14 KgCPUi3
メモリ4GBストレージHDD 1TB
第7位

One-Netbook

OneMix 2S

価格:96,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

新生活スタートで購入したくなるWindowsノートパソコン

桜色のおしゃれなデザインが目をひくこの製品は、フレッシュな気持ちでスタートを切りたい新大学生や新社会人などにおすすめです。カバーにはネコがデザインされていますよ。タッチペンにも対応しているので、高性能な電子手帳のように使うのもおすすめです。

タイプ2in1ディスプレイ7インチ
重量518gCPUCore m3-8100Y
メモリ8GBストレージSSD 256GB
第6位

Huawei

Matebook 13インチ

価格:107,870円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スマホとの相性抜群の高性能モバイル

HUAWEIというメーカーをスマホを通じて知っている人も多いでしょう。スマホやタブレットのジャンルでは確固とした人気があるHUAWEIは、ノートパソコンの端末も販売しています。

 

スマホと同じように、その魅力はやはりリーズナブルで高性能であること。「MacBook Airのクローン」とも比較されることのある本製品ですが、価格面では半分ほどです。MacBook が欲しいけど手が届かないといった人にもおすすめなのです。

 

ベゼル幅約4.4mmで画面占有率は驚異的な88%。他メーカーの80%を大きく上回っています。ディスプレイサイズ以上に画面を広く感じますよ。特筆すべきは、スマホとの相性が抜群なこと。音楽や動画データをNFCという高速通信規格でやり取りするので、1Gを35秒ほどで転送可能です。

タイプモバイルディスプレイ13インチ
重量1.28 KgCPUi5
メモリ8GBストレージSSD 256GB
第5位

Asus

E203MA

価格:31,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパに優れたモバイルノートパソコン

3万円程度というリーズナブルな価格でありながら、モバイル用としては最低限の性能がしっかり確保されているモバイルノートパソコンです。とにかくリーズナブルなモバイルノートパソコンがほしいという人におすすめですよ。

 

容量は少ないですが、ストレージがSSDなのでHDDに比べて高速な読み書きが可能です。多くのレビューにも「Office関連のアプリケーション程度は軽快に使える」と評価されています。用途を割り切って使えば非常にコスパのよいおすすめのWindowsノートパソコンなのです。

タイプモバイルディスプレイ11.6インチ
重量1KgCPUCeleron N4000
メモリ4GBストレージSSD 64GB
第4位

Dell

ゲーミングノートパソコン G3 15 3579

価格:109,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゲーミングノートパソコン初心者に最適

「ゲームは大好き。でも、どのゲーミングノートパソコンを買えばいいのかわからない」というゲーミングノートパソコン初心者におすすめしたいのがこの製品。「FF14」「フォートナイト」などメジャーなゲームをそれほど画質にこだわらずにプレイするなら、十分な機能と性能といえます。

 

「GPU・NVIDIA GeForce GTX105」というグラフィック専用ボードが搭載されているので、動作もなめらか。また、フルHD IPS 非光沢ディスプレイを採用しているので、美しく、かつゲームをプレイしやすいように考慮されていますよ。

 

意外に気になるのが熱。高負荷のオンラインゲームなどは底面やパームレストなどが熱くなってストレスを感じてしまうこともありますよね。この製品には2つの冷却ファンにより、内部に熱がこもりにくい仕様になっています。

タイプゲーミングディスプレイ15インチ
重量2.35KgCPUi5
メモリ8GBストレージSSD 256GB
第3位

ヒューレット・パッカード

Pavilion 15-cu0000

価格:84,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能&リーズナブル

リーズナブルで高性能なスタンダードタイプを探している人におすすめなのが、Pavilion 15-cu0000。同クラスと比べて価格が安い点、デザインが比較的よい点で人気が高く、価格.COMなどのランキングサイトでも上位にランクインしています。

 

基本性能が充実しているのもポイント。この価格としてはメモリやストレージの容量も十分確保されており、CPUも 第8世代のi5です。これぐらいスペックに余裕があると、長期間使い続けることができるでしょう。斜めからの角度でも見やすいIPS液晶パネルは、複数の人と写真や動画を見るときにも適しています。

 

 

タイプスタンダードディスプレイ15.6インチ
重量3.16 KgCPUi5
メモリ8GBストレージHDD 1TB
第2位

マイクロソフト

Surface Pro 6

価格:127,690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2in1ならSurfaceで決まり

Officeが使えて、ノートパソコンとしてもタブレットとしても利用したいなら、Surfaceに決まりです。やや価格は高い面があるものの、使い勝手や性能面では他メーカーから抜きん出ているといわれていますよ。

 

770gと軽量でパワフルなので、WordやExcelを編集してプレゼンテーション、仕事が終われば映画鑑賞なども軽快に楽しめます。また、タッチペンに対応しているので、直感的に操作をしたり、PDFファイルにメモを書きこむといったことも快適にできます。ただし、キーボードとペンは付属していないため、別途購入する必要があります。

 

ビジネスパーソンだけでなく、たとえば大学生の一人暮らしなどにも最適です。これ1台あれば、ほとんどの用途を満たせますし、省スペースです。一度この使い勝手の良さを体験すると、普通のWindowsノートパソコンに戻れなくなるかもしれません。

タイプ2in1ディスプレイ12.3インチ
重量770gCPUi5
メモリ8GBストレージSSD 256GB
第1位

デル

モバイルノートパソコン XPS 13

価格:189,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

完成度の高いオールラウンダー

XPS 13は、ビジネス用・プライベート用、自宅用・モバイル用とさまざまな用途に幅広く対応できるWindowsノートパソコンです。とても完成度の極めて高い万人向けノートパソコンといえるでしょう。

 

4K対応のディスプレイは高画質の動画視聴に適していますし、超薄型のベゼル(画面のフチ)は画面を広く感じさせるとともに視野角が広く操作もしやすいのが特徴です。反射防止タイプなので見やすいのもおすすめのポイントです。

 

スペックは下表を確認してもらうとわかるように、かなりの高スペック。唯一の弱点はグラフィックボードを搭載していないため、動画編集など負荷のかかる作業は少しストレスを感じるかもしれないことです。

 

デザインもシンプルでおしゃれなのもおすすめです。実際持ってみると、サイズ以上に薄く感じるでしょう。

タイプモバイルディスプレイ13インチ
重量1.27 kgCPUi7
メモリ16GBストレージSSD 512GB

Windowsノートパソコンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4916592の画像

    デル

  • 2
    アイテムID:4916595の画像

    マイクロソフト

  • 3
    アイテムID:4916597の画像

    ヒューレット・パッカード

  • 4
    アイテムID:4916615の画像

    Dell

  • 5
    アイテムID:4916611の画像

    Asus

  • 6
    アイテムID:4916596の画像

    Huawei

  • 7
    アイテムID:4916624の画像

    One-Netbook

  • 8
    アイテムID:4916629の画像

    日本エイサー

  • 9
    アイテムID:4916619の画像

    MSI COMPUTER

  • 10
    アイテムID:4916604の画像

    Dynabook株式会社

  • 商品名
  • モバイルノートパソコン XPS 13
  • Surface Pro 6
  • Pavilion 15-cu0000
  • ゲーミングノートパソコン G3 15 3579
  • E203MA
  • Matebook 13インチ
  • OneMix 2S
  • Aspire E 15
  • MSIゲーミングノート GS65-8RE-100VTJP
  • dynabook AZ65/FGSD Webオリジナルモデル
  • 特徴
  • 完成度の高いオールラウンダー
  • 2in1ならSurfaceで決まり
  • 高性能&リーズナブル
  • ゲーミングノートパソコン初心者に最適
  • コスパに優れたモバイルノートパソコン
  • スマホとの相性抜群の高性能モバイル
  • 新生活スタートで購入したくなるWindowsノートパソコン
  • 売れ筋上位の常連パソコン
  • ゲーマー御用達!ハイスペックゲーミングノートパソコン
  • 東芝クオリティを感じられるノートパソコン
  • 価格
  • 189800円(税込)
  • 127690円(税込)
  • 84800円(税込)
  • 109980円(税込)
  • 31360円(税込)
  • 107870円(税込)
  • 96599円(税込)
  • 49980円(税込)
  • 195980円(税込)
  • 114264円(税込)
  • タイプ
  • モバイル
  • 2in1
  • スタンダード
  • ゲーミング
  • モバイル
  • モバイル
  • 2in1
  • スタンダード
  • ゲーミング
  • スタンダード
  • ディスプレイ
  • 13インチ
  • 12.3インチ
  • 15.6インチ
  • 15インチ
  • 11.6インチ
  • 13インチ
  • 7インチ
  • 15インチ
  • 15.6インチ
  • 15.6インチ
  • 重量
  • 1.27 kg
  • 770g
  • 3.16 Kg
  • 2.35Kg
  • 1Kg
  • 1.28 Kg
  • 518g
  • 3.14 Kg
  • 1.86Kg
  • 2.4kg
  • CPU
  • i7
  • i5
  • i5
  • i5
  • Celeron N4000
  • i5
  • Core m3-8100Y
  • i3
  • i7
  • i7
  • メモリ
  • 16GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 4GB
  • 8GB
  • 8GB
  • 4GB
  • 16GB
  • 8 GB
  • ストレージ
  • SSD 512GB
  • SSD 256GB
  • HDD 1TB
  • SSD 256GB
  • SSD 64GB
  • SSD 256GB
  • SSD 256GB
  • HDD 1TB
  • SSD 512GB
  • SSD 256GB

まとめ

ノートパソコンの種類の幅はますます増えてきており、自分に合ったパソコンを選ぶことが大切です。本記事で紹介した選び方やランキング情報などを活用して、満足できるWindowsノートパソコンを購入しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ