記事ID134891のサムネイル画像

【料理上手!】低温調理器のおすすめ人気商品ランキング10選

毎日料理をしている方も多いと思いますが、フライパンなどの調理器具以外にも、便利なアイテムがあるのはご存知でしょうか?そこで今回は、おすすめの低温調理器をご紹介します。是非この調理器具を使用して、より美味しくご飯を作りましょう。

低温調理器で特別な日にこそ、特別な料理を作りましょう。

低温調理器とは、一定の温度を保ちながら、調理をしてくれるといった優れたアイテムです。よくレストランなどで出てくるローストビーフは、柔らかくてジューシーですよね。実はあれは、低温調理器を使用しているからこそ、旨みの詰まった状態で提供することができています。

また、タイマー機能などがある商品であれば、放っておくだけで良いので、家事がスムーズに行えることでも人気となっています。ちょっとした隙間に美味しい料理を自動で作れるので、忙しい方にもピッタリな商品ともいえます。

そこで今回は、おすすめの低音調理器をご紹介します。本格的な料理を手軽にご家庭で作れるので、特別な日にこそ使用してみてはいかがでしょうか?初めて使用される方のためにも、選び方もご紹介しているので、是非参考にして選んでみてください。ご家庭で気軽にプロ並みの調理を行い、栄養感たっぷりの料理を楽しみましょう。

低温調理器の選び方

スペックで選ぶ

パワーやサイズは上手く調理をするための大切な元となる部分なので、しっかりと確認してから購入しましょう。

パワーの上限で選ぶ

低温調理器を選ぶ時には、加熱時のパワーもしっかりと確認しておきましょう。パワーが大きければ大きいほど、早く温めることができるので、時短にもなります。一般的に800W程度もあれば十分なぐらいのパワーが備わっていますが、人数が多い場合など、一度にたくさんの量を作るならば、1000W以上のハイパワーのものがおすすめです。

 

パワーが高いと、安定した温度を届けることができるといったメリットもあるので、パワーに配慮しながら選びましょう。また、本格的な料理をしたい方であれば、0.1℃単位での設定ができる商品が最適です。

サイズで選ぶ

選ぶポイントとして、サイズが挙げられます。まず、どのぐらいの低音調理器であれば、キッチンを圧迫せず設置できるのかを考えたうえで選びましょう。キッチンが広い場合は特に問題はありませんが、狭いキッチンであれば、サイズによって設置スペースがなかったり、邪魔になって落としてしまうこともあるので、設置や収納スペースに余裕がない場合は、筒状などのスマートなタイプを選びましょう。

 

また、どれぐらいの料理を作るのかでサイズを選びましょう。作りたい料理によって対応するサイズが異なってくるので、鍋の大きさを確認する必要があります。鍋のサイズが合わないと、取り付けが難しいこともあるので、鍋の深さとの相対も確認しておきましょう。

用途で選ぶ

水量は熱を均等に伝えるためにも重要になってくるので、食材に応じて選ぶと良いでしょう。また、取り付け方法は商品によって違うので、特徴を把握することで、より使いやすくなります。

水量で選ぶ

低温調理器の中には、スープなど汁物も作れる鍋型の商品があります。汁物を作る場合は、水量にも注意して選ぶ必要があるので注意しましょう。食材の大きさに比べて水の量が少ないと、全体が浸からず上手く熱が伝わらないことがあります。また、時間も余計にかかってしまうので、どれぐらいの水量があるのかを確認しておくことが重要です。

 

15Lぐらいであれば、一般的な家庭料理を作る際も十分です。もう少し大きいものをお探しの方は、20L程のものであれば、大きなお肉などの調理にも最適です。食材に合わせて効率良く作れるように、容量の違うものを揃えておくとさらに便利でしょう。

取り付け方法で選ぶ

低温調理器は取り付け方法が商品によって異なってくるので、購入前に確認しておく必要があります。主にねじ式・クリップ式の2つになります。ねじ式は、自由に調節が可能なので、お鍋に厚みがあっても設置することが可能です。クリップ式は、クリップのように挟むだけで使用できるので、初めて使用される方も扱いやすいでしょう。

 

それぞれ特徴が違うので、使いやすい方を選ぶと使いやすくなります。しっかりとしていて安心して使いたい場合は、ねじ式であれば落ちにくく安定しているので便利です。

利便性で選ぶ

便利な機能が備わっていれば、空いた時間に他の家事が行えるなど、時間を有効活用できるので、利便性にもこだわって選んでみましょう。

タイマー・温度設定で選ぶ

低温調理器の最も重要な機能である、タイマー・温度設定は必ず購入前に確認しておくべきポイントです。ほとんどの商品に備わっている機能なので、機能性の有無はそれほど気にしなくても良いですが、どれぐらいの幅があるかをチェックしておくと良いでしょう。タイマー・温度共に最大で99時間・99度まで設定できるものが多くなっています。

 

ただし、商品によって90度までのものもあるので、どれぐらいの幅で設定できるのかを把握しておきましょう。基本的に、機低温調理は70度程度しか使用しないので、大体70度程度のものを選ぶと問題ありません。また、0.1度単位で細かく設定できるものであれば、食材に合わせて調理できるので、より本格的な料理が作れます。

連携機能が付いたものを選ぶ

近年かなりスマートフォンが普及し、アプリ・Wi-Fi・Bluetoothといった便利な機能が増えてきました。実は低温調理器にも、スマートフォンと連携して操作できるといった、便利な機能が備わった商品が販売されています。スマートフォンで操作できるものであれば、設定された時間になると自動的に知らせてくれる機能が備わっているので、わざわざ鍋を確認しなくても、適切な時を判断することができます。

 

さらに、その間に他の家事が行えるので、効率が良くなりかなり便利です。アプリと連動したものであれば、レシピも見れるものもあるので、利便性を重視して選びたい方は、スマートフォンと連携できるかも確認しておくと良いでしょう。ただし、連携する手間やアップデートを行わないと使えないこともあるので、購入前に対応しているのかも確認しておきましょう。

コンセント・コスパで選ぶ

コンセントのプラグ部分が海外使用であれば、変換アダプターが必要になるので注意しましょう。コスパも重視して選ぶことで、できる限り節電でき、長く使い続けられます。

コンセントで選ぶ

低温調理器はほとんどの商品が海外製なので、日本でも使用できる仕様になっているのかも確認しておきましょう。もちろん商品によって日本製の商品もありますが、圧倒的に海外製の商品が多いです。そのため、プラグの形状によって日本では使用できないタイプのものもあるので、必ず日本でも対応できるものを選びましょう。

 

ただ、海外仕様の低温調理器でお気に入りの商品がある場合は、変換アダプターを使用すれば、日本でも使用できます。変換アダプターは、比較的お値段もそこまで高くないので、気に入ったものを購入すると良いでしょう。また、日本語説明書が付属するのかも、チェックしておくと使いやすくなります。万が一のためにアフターサービスが受けれる商品であれば、もしもの際にも安心です。

コスパで選ぶ

低温調理器を選ぶ際に、コスパが気になる方も多いのではないでしょうか?かなり便利なアイテムではありますが、長時間調理を行うので、電気代がかかりやすいといったデメリットがあります。時間をかけた分、美味しい料理が作れるものの、毎日となってくると負担になってしまいますよね。なので、1時間あたりの電気代がどれぐらいかかるかも、配慮して選ぶと良いでしょう。ただ、作る料理によって時間が変わってくるので、ロコミなども参考にしてみるのも一つのアイデアです。

 

また、本体価格もあまり安いものだと、機能性が十分に発揮できないものもあるので、長く使う場合は少し値は張っても、しっかりと機能性が高いものを選ぶと良いでしょう。

低温調理器のおすすめランキング10選

第10位

TDP

低温調理器 TDP-D45

価格:7,680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低温が良い働きをし、柔らかくジューシーなお肉を味わえます。

低温でじっくり調理をすることで、パサパサした肉や魚などを柔らかくジューシーに仕上げることができます。また、適度な温度調節が行えるので、自分の好みに合わせた料理が楽しめます。

 

ムラなく加熱ができるので、時短にもなり便利です。日本語取扱説明書が備わっているので、説明も分かりやすく安心して使用できます。クリップ式なので、挟むだけで使用でき、難しい調節がありません。

 

柔らかいお肉が食べれて、その上時短にもなりかなり使えるといったロコミが挙がっていました。スマートなので邪魔にならず、収納スペースも取りません。

パワー1050W温度〜95度
時間-
第9位

イトウ

低温調理器 PRD180710

価格:5,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空焚き防止や倒れるのを防げるので、安全性が高くとても優秀です。

低温と真空調理で、しっかりと栄養と旨みを凝縮させます。まるでレストランのような本格的な調理が行え、食感もしっかりと残せるので、より楽しい食卓が行えます。

 

温度設定や時間など機能性も充実しているので、難しい操作は一切ありません。また、設定した時間になるとブザーで知らせてくれるので、利便性にも優れています。万が一最低水位ラインを下回ると、自動で電源オフになるので空焚きせず安心性も高いです。

 

セットも難しくなく、空焚きを防げるのでとても安心といったロコミが挙がっていました。台座は着脱可能で、台座を使用しない場合は固定クリップで鍋のふちに挟めるので、倒れる心配もありません。

パワー800W温度0~99度
時間99時間59分
第8位

AUKUYEE

低温調理器 HQ03-JP

価格:13,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Wi-Fi機能で手軽に使用でき、おしゃれで気分も高まります。

食材本来の旨みを逃さないので、栄養もしっかりと摂ることができます。コレステロールなど健康を気遣いたい方にもおすすめの低音調理器です。これから料理を始められる方も、この調理器具で美味しい料理を作りませんか?

 

完璧な温度と時間設定が行えるので、手間が一切かかりません。均一に加熱された水浴に保てるので、熱ムラを抑えます。さらに、騒音がほとんどなく、快適さも備わっています。

 

初めての使用でも操作しやすく、デザインもおしゃれで調理が楽しいといったロコミが挙がっていました。キッチンの雰囲気を壊さないシャープなスタイルで、より楽しさを与えてくれます。

 

パワー1100W温度25〜99.9度
時間~99時間99分
第7位

Jalja

低温調理器 ITC001

価格:8,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

重さが軽いので、負担がかかりにくく便利です。

正確な温度に水を加熱し、温度管理することで、食材の旨みを最大限に引き出すことができます。自宅で手軽にプロレベルの調理ができ、便利でおすすめの低音調理器です。

 

加熱のスピードがより一層速く行えるので、料理の効率が良くなり無駄なお時間を取りません。また、食材の元の風味を壊さず、食材の味を最大限に生かさせれるので、香りや風味も楽しめます。

 

Wi-Fi機能が付いているので、アプリなどでレシピが見れて便利といったロコミが挙がっていました。この低温調理器は軽量化を計っているので、持ち運びの際も手に負担がかかりずらく、快適に使用できます。

パワー1100W温度20~95度
時間-
第6位

富士商

低温調理器 F9575

価格:19,440円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヘルシーな調理ができるので、ダイエットにも最適です。

PSE取得済商品で、お肉や野菜などの新鮮さを損なわず、本来の味を楽しめます。鍋を汚さず手軽に使用できるので、お手入れの手間も省けます。食材本来の旨みやビタミンなど、多くの栄養分を閉じ込めて調理できます。

 

また、ヘルシーな調理法が行えるので、カロリーが気になる方にもおすすめです。スマートな形状をしているので、収納場所にも困りません。コンロの火を使わず、調理器がお湯を循環させながら低温でじっくり加熱するので、安心感も高いです。

 

タイマー機能があるので目が離せて、子どもに集中でき安全性が高いといったロコミが挙がっていました。お値段も比較的手軽なので、お試しとして使用したい方にもおすすめの低音調理器です。

パワー1000W 温度0~95度
時間0~99:59分
第5位

東京衛全貿易

低温調理器 ESV-0018001

価格:8,488円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全て日本で作られているので、安心性が高いです。

日本製で、電圧対応・PSE認証・取扱説明書など全て日本仕様で製作されているので、安心して使用できます。また、アフターサービスも付いているので、手軽にお使いいただけます。

 

プラグも日本仕様なので、変換コネクターを買う必要はなく、コストを抑えることができます。安心品質・安心価格を誇る低温調理器で、高品質でおすすめです。

 

説明書も分かりやすく、扱いやすいのでスムーズに調理できるといったロコミが挙がっていました。機能を必要最低限に絞ることで、温度管理の信頼性と格安品に迫る価格を両立させています。

パワー1000W温度-
時間-
第4位

OMorc

低温調理器 MECP124ABJP

価格:7,599円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材の旨みを損なわないので、美味しさを堪能できます。

レシピブックが付属されるので、ご自宅でも様々な高品質の辱材を味わうことが可能です。この低温調理器は、食材の元の風味を壊さないので、鮮度や栄養もそのまま蓄えれます。

 

正確な温度管理で静かに調理が行えるので、小さなお子さんがいるご家庭にもおすすめです。また、タッチスクリーン式なので簡単に操作でき、初めて使用される方にも扱いやすくなっています。

 

厚めのお肉でもしっかりと火を通せ、柔らかく仕上げられるといったロコミが挙がっていました。また、信頼性高いの発熱素子により、迅速な加熱ができるので、時短にもなり便利です。

パワー-温度35~92度
時間10分~72時間
第3位

AUKUYEE

低温調理器 QQ01-2-JP

価格:7,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細かな設定が行え、放置できるので便利です。

肉や魚を58度~68度の間で加熱を行えるだけで、柔らかく仕上げることが可能です。シンプル設計となっているので、時間と温度をしっかり管理でき、食材を入れて電源をオンにすれば、放置するだけで調理が行えます。

 

また、タイマー機能が備わっているので、できあがりを知らせてくれます。手間なしでワンランク上の料理を楽しく作ることができます。

 

便利な機能性が備わっていて、ディスプレイも確認しやすいといったロコミが挙がっていました。細かい温度設定やタイマーが行え、適度な温度を一定に保つので、美味しく調理ができます。

パワー1100W温度0~99.9度
時間1~99時間59分
第2位

Azrsty

低温調理器 43469-23127

価格:8,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タッチパネル式なので、簡単に設定が行えます。

高精度で 手軽に時間のコントロール行えるので、便利でおすすめの低音調理器です。時間や温度を設定するだけで使用できるので、調理中は他の家事が行え時間を有効活用できます。

 

また、静音設定なので騒音が気にならず、快適に使用できます。タッチスクリーンの液晶スクリーンを採用しているので、まるでスマートフォンのような感覚で操作できます。

 

熱がムラなく届くので、しっかりと火を通すことができ安心といったロコミが挙がっていました。さらに、ステンレスのパイプは耐久性が高く、長く使用できます。サッと洗うだけで汚れも簡単に落とせます。

パワー850W温度25~99度
時間-
第1位

Hayama-Colony inc.

低温調理器 BNQ-01W

価格:21,384円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手も良く、手軽に本格的な調理が行えます。

お好みの調味料で下味を付けて、この低温調理器を使うだけで、本格的な料理がご家庭で手軽に作れます。食材に熱を減衰させることなく伝えることができるので、ムラのない焼き上がりに仕上げれます。

 

また、精細な調理温度管理が可能で、食材を入れてスイッチを入れるだけなので、手軽にどなたでも使用できます。食材のタンパク質を損なわないので、お肉でも固くならず、美味しく作れます。

 

簡単に扱え、美味しいローストビーフが作れて便利といったロコミが挙がっていました。使い勝手も良く、簡単に調理が行えるので、初めて使用する方にもおすすめです。香ばしさが広がる美味しいものが作れます。

パワー-温度-
時間-

低温調理器のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4914910の画像

    Hayama-Colony inc.

  • 2
    アイテムID:4914912の画像

    Azrsty

  • 3
    アイテムID:4914913の画像

    AUKUYEE

  • 4
    アイテムID:4914914の画像

    OMorc

  • 5
    アイテムID:4914915の画像

    東京衛全貿易

  • 6
    アイテムID:4914916の画像

    富士商

  • 7
    アイテムID:4914917の画像

    Jalja

  • 8
    アイテムID:4914918の画像

    AUKUYEE

  • 9
    アイテムID:4914919の画像

    イトウ

  • 10
    アイテムID:4914921の画像

    TDP

  • 商品名
  • 低温調理器 BNQ-01W
  • 低温調理器 43469-23127
  • 低温調理器 QQ01-2-JP
  • 低温調理器 MECP124ABJP
  • 低温調理器 ESV-0018001
  • 低温調理器 F9575
  • 低温調理器 ITC001
  • 低温調理器 HQ03-JP
  • 低温調理器 PRD180710
  • 低温調理器 TDP-D45
  • 特徴
  • 使い勝手も良く、手軽に本格的な調理が行えます。
  • タッチパネル式なので、簡単に設定が行えます。
  • 細かな設定が行え、放置できるので便利です。
  • 食材の旨みを損なわないので、美味しさを堪能できます。
  • 全て日本で作られているので、安心性が高いです。
  • ヘルシーな調理ができるので、ダイエットにも最適です。
  • 重さが軽いので、負担がかかりにくく便利です。
  • Wi-Fi機能で手軽に使用でき、おしゃれで気分も高まります。
  • 空焚き防止や倒れるのを防げるので、安全性が高くとても優秀です。
  • 低温が良い働きをし、柔らかくジューシーなお肉を味わえます。
  • 価格
  • 21384円(税込)
  • 8299円(税込)
  • 7500円(税込)
  • 7599円(税込)
  • 8488円(税込)
  • 19440円(税込)
  • 8999円(税込)
  • 13999円(税込)
  • 5500円(税込)
  • 7680円(税込)
  • パワー
  • -
  • 850W
  • 1100W
  • -
  • 1000W
  • 1000W
  • 1100W
  • 1100W
  • 800W
  • 1050W
  • 温度
  • -
  • 25~99度
  • 0~99.9度
  • 35~92度
  • -
  • 0~95度
  • 20~95度
  • 25〜99.9度
  • 0~99度
  • 〜95度
  • 時間
  • -
  • -
  • 1~99時間59分
  • 10分~72時間
  • -
  • 0~99:59分
  • -
  • ~99時間99分
  • 99時間59分
  • -

まとめ

今回は、おすすめの低音調理器をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?この記事で初めてこのアイテムを知った方も多いと思いますが、とても優れたアイテムなので、料理のレパートリーを広めたい方は、是非使用してみてください。ご自宅で手軽に調理できるので、プレゼントなどのギフトにもおすすめです。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ