記事ID134881のサムネイル画像

【料理にかかせない!】人気のみりんおすすめランキング10選

和食料理の際に欠かせない調味料であるみりん。たくさんの種類があり、値段もピンキリですのでどれを選んだら良いのか迷ってしまう方もいるかと思います。この記事ではみりんの選び方のポイントとおすすめ商品10選をご紹介しますので、ぜひ購入の際に参考にしてみてください!

みりんは和食に欠かせない調味料

みりんを日常的に使用している方は多いと思いますが、みりんにはどんな効果があるかご存知でしょうか。煮物や煮魚、お肉料理など特に和食で使われることの多いみりんには甘みや照り・つや出し、煮崩れ防止や食材に味を染み込みやすくするなどの様々な効果があります。

 

みりんの代用品として砂糖の使用を考える方もいらっしゃるかもしれませんが、みりんと砂糖では味や風味、出来上がりに大きな差が生まれます。みりんには多種類の糖類とアミノ酸が含まれいるので、深みのある上品な甘みと味わいを感じることができるのです。

 

さらにみりんには抗酸化作用や血圧上昇を抑える効果など嬉しい健康効果も期待できます。スーパーなどで気軽に購入することのできるみりん。調味料にこだわってより本格的で美味しい和食作りに挑戦してみてください!

みりんの選び方

スーパーはどで様々なタイプのみりんが販売されていますので、まずはみりんの選び方のポイントについて説明していきます。大切なポイントですのでしっかりと確認し、購入の際の参考にしてみてください。

みりんの種類で選ぶ

みりんは「本みりん」「みりん風調味料」「みりんタイプ調味料」の3つに分類できます。その中でも本みりんは製造方法によって2種類に分類することができます。それぞれ成分や製造方法に大きな差がありますので、その特徴について確認していきましょう。

伝統的製法の本みりん

伝統的製法で作られた本みりんの原材料はもち米、米麹、焼酎の3種類です。保存料や構造アルコール、糖類などを一切加えず、厳選した3つの素材だけを使用して糖化と熟成にじっくりと時間をかけるのが特徴です。そのため完成まで2年〜3年と手間と時間がかかります。

 

長期熟成することで様々な糖類やアミノ酸、有機酸などが生成されるので複雑で奥深い味と豊かな香りが感じられる本みりんとなります。アルコール分は約14%ですので酒販免許がないと取り扱えず、リキュールとしても飲めるので一種のお酒ということができます。

 

こだわりの原材料だけを使用し、さらには製造に時間がかかるため価格が高価な点がデメリットの一つです。料亭やプロの料理人も使用する本格的な味わいですので、味や原材料などにこだわりたい方におすすめです。

工業的製法の本みりん

工業的製法の本みりんは完成まで約2ヶ月から3ヶ月と短期間です。伝統的製法の本みりんよりも効率よく大量に生産されるため価格が抑えられているというメリットがあります。アルコール分は伝統的製法みりんと同様の約14%です。

 

原材料はもち米、米麹、醸造アルコールと水あめなどの糖類です。使用するもち米の量を抑え、焼酎の代わりに醸造アルコールを使用しています。熟成期間が短いため糖化量が減り、それらを補うために水あめなどの糖類を加えて味の調整をしているのが特徴です。

 

伝統的製法の本みりんと比べると味の深みやコク、風味が劣ってしまうというデメリットがありますが、お手頃価格で購入できるので日常的にたくさんみりんを使用する方などにおすすめです。

リーズナブルなみりん風調味料

本みりん風に味付けされた調味料のことをみりん風調味料と呼びます。米や米麹は使用されていますが発酵や熟成は行われません。そのため、水あめやブドウ糖などの糖類とうまみ成分であるグルタミン酸をブレンドしてみりんのような味付けをしています。

 

アルコールは1%未満ですので酒税がかからず安価で、酒販免許がないお店でも購入することができます。本みりんと違い熟成を行わないため大量生産が可能で、お手頃価格で購入できるのが嬉しいポイントですね。

 

また煮詰めることでアルコールを飛ばす煮切りを行う必要がないという点もメリットの一つだと言えます。本みりんと比べると味の品質は劣りますので、使用頻度や作る料理、ご予算に合わせて選ぶことが大切です。

酒税がかからないみりんタイプ調味料

みりんタイプ調味料は米、米麹、アルコールを発酵させたものに糖類を加えて短期間熟成し、そこに塩を加えることで完成します。アルコールが8%〜20%ほど含まれていますが塩を加えてあるため酒類に分類されず、比較的安価な価格で購入することができます。

 

本みりんとほぼ同じ原材料で作られているので米のうまみを感じることができますし、アルコールが含まれていることで魚や肉を調理した時に生臭さを消してくれる消臭効果なども期待できます。

 

ただし塩分が含まれているので調理の際には注意が必要です。また熟成発酵の際に生成される糖類が少ないため、本みりんに比べると味が落ちてしまう点がデメリットです。

料理に合わせて選ぶ

みりんに含まれているアルコールや糖類などは料理の際に様々な効果を発揮してくれます。そのため調理するメニューに合わせてみりんを選ぶことも大切です。今回は加熱する場合と加熱しない場合の2つのパターンについてそれぞれ説明していきたいと思います。

煮物や魚・肉料理などの加熱する料理

加熱料理にみりんを使用する場合は本みりんやみりんタイプ調味料などのアルコール入りがおすすめです。アルコールは分子が細かく浸透性が高いため食材に味が染み込みやすくなりますし、ツヤや照り出し効果もあるので料理をより綺麗に、美味しく作ることができます。

 

さらにアルコールが蒸発する際に魚や肉などの食材の生臭さを取り除く効果もあります。野菜や魚などは加熱することで細胞組織が破壊され、それが煮崩れの原因となってしまいますがアルコール入りのみりんを使うことで煮崩れ防止効果を期待することもできます。

 

このようにアルコールには様々な効果があり、特に加熱する際にはその効果を最大限に活用することができます。煮物や煮魚などを作る時には上品で香り高く、奥深い味わいの本みりんやみりんタイプ調味料の使用をおすすめします。

火を通さない料理

火を通さない料理やスイーツなどを作る際にはみりん風調味料の使用がおすすめです。アルコールが入っていないため煮切りと言われるアルコールを飛ばす作業が必要ないので、忙しい主婦や時間のない方でも気軽に使用することができるというメリットがあります。

 

みりん風調味料を加熱料理で使用した場合でも本みりんなどと同様に食材に甘みやうまみを加えたりツヤや照りを出す効果があります。しかし食材の臭み消しや煮崩れ防止などはアルコールによる作用ですので同じような効果をみりん風調味料に期待することはできません。

 

そのため作る料理によってアルコール度数の異なる本みりんとみりんタイプ調味料、もしくはみりん風調味料を使い分けることが大切です。価格にも大きな差がありますので、うまく使い分けることで経済的にも嬉しいメリットがあります。

みりんの人気ランキング10選

第10位

ミツカン

ほんてり みりん風調味料

価格:376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ツヤと照りがしっかり出るみりん風調味料

こちらの商品はアルコール度数が1%未満のみりん風調味料です。スーパーなどでも多く販売されているので、一度は目にしたことのある方や使用したことのある方も多いのではないでしょうか。煮切りが不必要なので和え物やドレッシングでの使用がおすすめです。

 

みりん風調味料ですが、みりん特有のうまみやコク、上品な甘みが感じられるので料理をより一層美味しく仕上げることができます。原材料に水あめが入っているので食材にしっかりと照りやツヤを出すことができるので様々な料理に使える万能なみりんです。

種類みりん風調味料原材料水あめ、米および米こうじの醸造調味料、醸造酢、酸味料
内容量1000mlアルコール度数1%未満
第9位

味の一

味の母

価格:670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

料理酒としての役割も担える!

米と米麹を発酵さた日本酒の元となる「もろみ」を醸造し、そこに少量の塩が加えられています。通常焼酎が使われているみりんですがこちらの商品は日本酒で作られている発酵調味料ですので、料理酒の役割も担ってくれる使い勝手の良い商品です。

 

着色料、防腐剤、香料などの添加物が一切不使用なので安心して日常的に使用することができますね。本みりんと遜色のない風味や深い味わいがあり、食材の臭み消しや煮崩れ防止、照りやつや出しといった本みりんのもつ嬉しい効果もしっかりと感じられます。

 

甘みが強く塩分が含まれているので、調理の際には味見をしながら確認するなどの調整が必要です。720mlと多すぎないサイズで使いやすい量なのも嬉しいですね。

種類みりんタイプ調味料原材料米、米こうじ、食塩
内容量720mlアルコール度数10%
第8位

盛田

カロリーオフ・糖質オフみりんタイプ

価格:1,212円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カロリー・糖質オフが嬉しいみりんタイプ調味料

こちらのみりんタイプ調味料は国産米を100%使用のしており、従来の製品よりもカロリーが50%、糖質が40%もカットされています。カロリー・糖質オフですが、甘みとコクをしっかりと感じられますので他のみりんと同様に使用することができます。

 

アルコールが8%から9%ほど含まれているので、食材の臭み消しやツヤ・照り出し効果もあります。500mlと小さめですので一人暮らしの方や普段あまり料理されない方でも使いやすいサイズ感なのも嬉しいですね。

 

2本で約1200円ですので1本あたり約600円とコストパフォーマンスが良く、糖質制限されている方や健康志向の方でも気軽に使用できる非常におすすめの商品です。

種類みりんタイプ調味料原材料還元水あめ、醸造調味料(米、米麹、食塩)、食塩/アルコール、酸味料、甘味料(ステビア)
内容量500mlアルコール度数8%〜9%
第7位

宝酒造

タカラ本みりん「醇良」

価格:321円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自社工場で作るコスパ抜群の本みりん

世界各国から厳選した良質なもち米、米こうじ、醸造アルコール、糖類を使用し、国内の自社工場で麹作りから仕込み、そして熟成までを全を行っています。スーパーなどで購入できますし、本格的な本みりんがお手頃価格で購入できるのが嬉しいポイントです、

 

焼酎や日本酒などのお酒造りに強い会社ですので、高い醸造技術と生産性に優れています。こちらの本みりんは短期熟成を促すことでオリゴ糖などの様々な糖分やアミノ酸が生成され、伝統的製法で作られた本みりんに負けないコクと深い味わいが特徴です。

 

13度のアルコール度数で1000ml入った本みりんが約300円と非常にコストパフォーマンスが良いのが特徴です。日常使いにとても便利な使い勝手のよい本みりんです。

種類本みりん原材料もち米、米こうじ、醸造アルコール、糖類
内容量1000mlアルコール度数13度
第6位

キッコーマン食品株式会社

万上 国産米こだわり仕込み 純米本みりん

価格:678円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手でも使いやすいボトルが嬉しい!

醤油で有名なキッコーマンが作る本格的な本みりんです。くびれプッシュボトルと言われる容器に入っており、くびれ部分を押すと中身が出て、手を離すと止まる仕組みになっています。必要な分だけ片手で簡単に調整できるのが他にはない嬉しいポイントですね。

 

国産米を使用し、日本国内で生産しているので安心して使用することができますね。液糖不使用でお米本来のうまみを最大限に引き出す純米製法で作られ、アミノ酸が豊富に含まれているなど原材料だけではなく製法にもこだわりが詰まっています。

 

香りがよく、クセのない角が取れた滑らかな味わいでどんな料理にも使いやすいだけではなく、私たちの舌に自然と馴染むどこか懐かしい味わいです。

種類本みりん原材料米、もち米、米麹、醸造アルコール、米焼酎
内容量500mlアルコール度数13%
第5位

白鶴酒造

本みりん ペットボトル

価格:1,275円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大容量でコスパ抜群!

日本の有名酒造メーカーである白鶴が作る本みりんです。1743年創業と長い歴史を持ち、その醸造技術を生かして作られたこちらの商品はもち米、米こうじ、米、醸造アルコール、糖類から作られており、日本酒のような豊かな香りが特徴的です。

 

上品な甘みと深いコクが日本人の舌に良く合い、料理に高級感と上品さを与えてくれます。煮物や煮魚などの和食だけではなく卵焼きなどとも相性抜群です。蔵元仕込みの本みりんが1800mlと大容量でありながら日常的使いできるお手頃価格なのが嬉しいポイントですね。

種類本みりん原材料もち米、米こうじ、米、醸造アルコール、糖類
内容量1800mlアルコール度数14%
第4位

角谷文治郎商店

三河本格仕込み 有機三州味醂

価格:1,156円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濃厚な味わいが特徴的のオーガニック認定商品

有機自然農法で作られたもち米、米麹、焼酎だけを使用しており、製造から出荷までの全ての過程で有機基準をクリアしています。さらに日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会の有機加工酒類認定を受けた安心安全の本みりんです。

 

有機栽培で育ったお米ならではの甘みとうまみが凝縮されており、濃厚な甘みがしっかりと感じられるので、通常のみりんよりも甘みが強く感じます。甘さだけではなく深みやコクもあるので、より本格的な料理を作ることができます。

 

愛知県の100年の歴史を持つメーカーが作っており、さらに原材料は全てオーガニックというこだわりです。食材や調味料にこだわりのある方、数少ないオーガニックみりんをお探しの方におすすめの商品です。

種類本みりん原材料有機もち米、有機米こうじ、有機米焼酎
内容量500mlアルコール度数14%
第3位

玉泉堂酒造

玉泉白瀧 三年熟成 純米本味醂

価格:2,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お酒としても楽しめる万能なみりん

岐阜県の酒造メーカーが作るこちらのみりんは国産米と国産米麹を使用し、伝統的製法で丁寧に作られた高級本みりんです。3年という長い期間をかけて熟成しているので、糖類やアミノ酸が豊富に含まれているのが特徴です。

 

そのため通常のみりんとは違い、琥珀色の濃い色味が美しい商品です。うまみが深くとろっとした濃厚な味ですので、料理に使うだけではなくお酒としてそのまま楽しむことのできる本格的な本みりんです。

 

料理の調味料としてや飲むためのお酒として、さらにはおかし作りの際の砂糖代わりとしても使用できる万能なみりんです。1800mlと大容量ですが様々な使い道がある使い勝手の良いみりんです。

種類本みりん原材料もち米、米麹、 焼酎
内容量1800mlアルコール度数14%
第2位

九重味淋

本みりん 九重櫻

価格:1,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

歴史ある製造方法で作る最高級品本みりん

約240年前から続くみりん専門業界最古の醸造元である九重味淋が作るこだわりのみりんです。原材料であるもち米、米こうじ、本格焼酎は全て国内産の最高級品のみを使用し、創業当時から受け継がれている製法でじっくりと時間をかけて製造されています。

 

多数の麹菌が住む約300年の歴史を持つ蔵でみりんを熟成させることで、他のみりんにはない独特な香りと複雑ながらも上品さに溢れる最高級のみりんが生まれます。熟成期間が2〜3ヶ月ですので濃すぎず、雑味がなくさらっとしているので使いやすいのが特徴です。

種類本みりん原材料国内産水稲もち米・米こうじ・本格焼酎
内容量1800mlアルコール度数13.5%
第1位

白扇酒造株式会社

福来純「伝統製法」熟成本みりん

価格:1,242円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも使う最高級本みりん

こちらの本みりんは岐阜県の白扇酒造で昔ながらの伝統的製品で作られています。飛騨古川産の高級高山もちと米麹、自家製の焼酎を90日という長い期間をかけて糖化させ、さらに3年間熟成させています。時間をかけ、手間暇かけて作られているこだわりの商品です。

 

高級感のある甘さで料理をより上品に仕上げてくれるだけでなく、素材本来の味を邪魔しないのでプロの料理人が料亭やレストランなどでも実際に使用しています。和食だけではなく、どら焼きやホットケーキなどお菓子造りにも使用できる万能な本みりんです。

 

甘みが強いので一度に使用する量を抑えることができるのも嬉しいポイントですね。国産素材を使用した最高級品の本みりんは一度使えばその味に虜になること間違いなしです。

種類本みりん原材料もち米・米麹・純米焼酎
内容量720mlアルコール度数14%

みりんのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4915196の画像

    白扇酒造株式会社

  • 2
    アイテムID:4914992の画像

    九重味淋

  • 3
    アイテムID:4915026の画像

    玉泉堂酒造

  • 4
    アイテムID:4914995の画像

    角谷文治郎商店

  • 5
    アイテムID:4915148の画像

    白鶴酒造

  • 6
    アイテムID:4915009の画像

    キッコーマン食品株式会社

  • 7
    アイテムID:4914964の画像

    宝酒造

  • 8
    アイテムID:4915163の画像

    盛田

  • 9
    アイテムID:4914996の画像

    味の一

  • 10
    アイテムID:4914988の画像

    ミツカン

  • 商品名
  • 福来純「伝統製法」熟成本みりん
  • 本みりん 九重櫻
  • 玉泉白瀧 三年熟成 純米本味醂
  • 三河本格仕込み 有機三州味醂
  • 本みりん ペットボトル
  • 万上 国産米こだわり仕込み 純米本みりん
  • タカラ本みりん「醇良」
  • カロリーオフ・糖質オフみりんタイプ
  • 味の母
  • ほんてり みりん風調味料
  • 特徴
  • プロも使う最高級本みりん
  • 歴史ある製造方法で作る最高級品本みりん
  • お酒としても楽しめる万能なみりん
  • 濃厚な味わいが特徴的のオーガニック認定商品
  • 大容量でコスパ抜群!
  • 片手でも使いやすいボトルが嬉しい!
  • 自社工場で作るコスパ抜群の本みりん
  • カロリー・糖質オフが嬉しいみりんタイプ調味料
  • 料理酒としての役割も担える!
  • ツヤと照りがしっかり出るみりん風調味料
  • 価格
  • 1242円(税込)
  • 1990円(税込)
  • 2600円(税込)
  • 1156円(税込)
  • 1275円(税込)
  • 678円(税込)
  • 321円(税込)
  • 1212円(税込)
  • 670円(税込)
  • 376円(税込)
  • 種類
  • 本みりん
  • 本みりん
  • 本みりん
  • 本みりん
  • 本みりん
  • 本みりん
  • 本みりん
  • みりんタイプ調味料
  • みりんタイプ調味料
  • みりん風調味料
  • 原材料
  • もち米・米麹・純米焼酎
  • 国内産水稲もち米・米こうじ・本格焼酎
  • もち米、米麹、 焼酎
  • 有機もち米、有機米こうじ、有機米焼酎
  • もち米、米こうじ、米、醸造アルコール、糖類
  • 米、もち米、米麹、醸造アルコール、米焼酎
  • もち米、米こうじ、醸造アルコール、糖類
  • 還元水あめ、醸造調味料(米、米麹、食塩)、食塩/アルコール、酸味料、甘味料(ステビア)
  • 米、米こうじ、食塩
  • 水あめ、米および米こうじの醸造調味料、醸造酢、酸味料
  • 内容量
  • 720ml
  • 1800ml
  • 1800ml
  • 500ml
  • 1800ml
  • 500ml
  • 1000ml
  • 500ml
  • 720ml
  • 1000ml
  • アルコール度数
  • 14%
  • 13.5%
  • 14%
  • 14%
  • 14%
  • 13%
  • 13度
  • 8%〜9%
  • 10%
  • 1%未満

まとめ

ここまでみりんの選び方のポイントとおすすめ商品10選をご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか。一見違いの分かりにくいみりんですが、種類や原材料、製造方法などによって特徴が異なります。それぞれに適した使用用途がありますので、作る料理に応じてみりんを使い分けてみてください。より本格的で、見た目にも美しい料理が作れること間違いなしです!

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ