記事ID134869のサムネイル画像

【2019年最新版】タイヤワックスおすすめ!人気の商品ランキング10選

車を整備するとき勿論車本体の整備は大事ですが足回りの整備も欠かせません。そんなときに一役かってくれるタイヤワックス選びも重要になります。タイヤにワックスを使うとタイヤが長持ちします。タイヤワックス選びのポイントとおすすめ商品をランキング形式で10選紹介します。

タイヤワックスでタイヤの寿命は延びる

車を整備するときに車本体の整備は勿論大事ですが、足回りのメンテナンスも重要です。特にタイヤはしっかりと整備しておかないとバーストやパンクの原因になります。そんな大事なタイヤの整備に一役かってくれるのがタイヤワックスです。しかしタイヤワックスも販売されている物が多過ぎてどれを選べば良いのか迷ってしまいます。

 

そこでタイヤワックスの選び方とタイヤワックスのおすすめ商品を「タイプ」「形状」「配合成分」を元にランキング形式で紹介していきます。

タイヤワックスの選び方

タイヤワックスには様々なタイプがあります。タイヤワックスはどういった点に注目して選べば良いのでしょうか。タイヤワックスの選び方を紹介します。

タイプ別で選ぶ

タイヤワックスには大きく分けて油性のタイヤワックスと水溶性のタイヤワックスに分かれます。その違いを把握して選ぶところから始めましょう。

油性タイプ

油性タイプはツヤが良く出ることと効果が水溶性よりも長持ちするのが特徴です。油性タイプはシリコンを石油系溶剤に溶かしてある物を指しています。石油系溶剤はタイヤに密着しやすい成分ですのでタイヤの表面に馴染みやすく、塗るのが簡単です。

 

乾燥するとシリコンのみがタイヤに残るようにできています。価格も安価な物が多いので気軽に買うことができます。タイヤをピカピカに魅せたいという方は油性のタイヤワックスがおすすめです。水溶性タイプと比べるとタイヤの劣化が進むのが油性タイプは早いといわれています。

 

しかし最近はタイヤの劣化を防ぐ成分が含まれている油性のタイヤワックスも多く販売されていますので劣化の心配はありません。。

水溶性タイプ

水溶性タイプはタイヤの劣化がしにくくなり、深みのあるツヤが出せますしタイヤのひび割れを防いでくれるのが特徴です。シリコンを水に乳化分散されている物を指しています。そのため繰り返し使えるのが特徴でディーラーなどでは水溶性のタイヤワックスが多く使われています。

 

水溶性の場合、元々タイヤに含まれているタイヤを保護する成分を補う働きがあります。だから水溶性タイプを使うとタイヤが長持ちしてくれるのです。またツヤが光沢を帯びない分、自然な仕上がりになりますので車全体のバランスも良いとされています。

形状で選ぶ

続いてタイヤワックスの形状を見ていきましょう。形状にはエアゾールスプレータイプとミストタイプ、塗りこむタイプに分けられます。

エアゾールスプレータイプ

エアゾールタイプはエアゾールガスを噴射させて使います。タイヤワックスにエアゾールタイプを噴射させるだけで細かく塗りこまなくても良いのが特徴です。エアゾールタイプはムラになりにくく、短時間に仕上げられるのが最大のおすすめポイントです。

 

形状は泡タイプもあります。いずれにしても吹き付けた後のお手入れが少ないですので時間がないけどタイヤワックスを使いたい方には重宝するタイプのタイヤワックスといえます。

ミストタイプ

ミストタイプは霧吹きでタイヤワックスをタイヤに吹きかけて使います。エアゾールスプレータイプよりもタイヤワックス液の粒子が大きいのが特徴です。多少はムラになりやすいですが、その分持続性が上がりますのでエアゾールスプレーよりもコストパフォーマンスは良いです。

 

心配な方はミストタイプを吹き付けた後、から拭きをすると良いかもしれません。

塗りこみタイプ

コーティング効果の持続性重視で選ぶなら塗りこみタイプが断然おすすめです。形状は固形や液体状、ジェル状になっています。どれを選んでも飛び散る心配がなく、車本体やホイールが汚れない形状の物が多いです。タイヤワックス液をスポンジやマイクロファイバータオルなどにタイヤワックスをのせて塗りこんでいきます。

 

他のタイプと比較するとツヤが良く出ますし、タイヤワックスの効果が長持ちするのが特徴です。タイヤをキレイに魅せたい方やタイヤワックスの持続を長持ちさせたい方は塗りこみタイプを選ぶと良いでしょう。なかには塗りこみ方によってタイヤが仕上がったときのツヤが違う物もありますので自分の好きな光沢にしたい方は塗りこみタイプがおすすめです。

配合成分で選ぶ

タイヤワックスを選ぶ際にはタイヤワックスに配合されている成分で選ぶのも大事になります。一体どんな成分が含まれているタイヤワックスが売られているのでしょうか。

洗浄剤入りタイヤワックス

タイヤワックスを使用する前にはタイヤをしっかり洗ってから使用しないと効果が半減してしまいます。しかしタイヤを洗うのが手間で大変という方には洗浄入りのタイヤワックスがおすすめです。洗浄剤入りのタイヤワックスですとタイヤの洗浄も一緒に行ってくれますので一手間を省いてくれます。

 

タイヤの洗浄が面倒に感じている方やタイヤの洗浄も一緒に行いたい方に試してみて欲しい商品です。タイヤワックスを使うだけでタイヤの洗浄まで行ってくれますので忙しいけど愛車もピカピカにしたい方におすすめです。

 

また洗浄剤入りのタイヤワックスですが、洗車した後に使いたい方もいるでしょう。このタイプは洗浄した後の濡れたタイヤにもすぐに使用できるタイヤワックスが多く販売されていますので車を洗車した後にタイヤワックスを使いたい方にもおすすめです。

合成ゴム配合のタイヤワックス

タイヤは車を走行させているうちに気をつけていてもいつの間にか細かい傷がついてしまっています。そんなときに役立つのが合成ゴム配合のタイヤワックスです。合成ゴムが気付かないうちにタイヤに傷ついてしまった隙間を埋め、傷を目立たなくする他、ゴムのタイヤの表面をコーディングしてくれます。

 

タイヤの細かい傷はタイヤの劣化の原因になりますので合成ゴム成分が配合されているタイヤワックスを使用すると安心感も得られるでしょう。タイヤの表面がコーディングされるとツヤの戻りも良くなります。タイヤの傷が気になる方には合成ゴム成分が入っているタイヤワックスがおすすめです。

紫外線吸収剤・オゾン劣化防止剤入りタイヤワックス

タイヤは紫外線や空気中に含まれているオゾンに非常にデリケートです。そのため長く紫外線やオゾンに晒してしまうとタイヤ自体にも対策はされていますがタイヤの劣化も進行してしまうのです。紫外線吸収剤やオゾン劣化防止剤の入ったタイヤワックスを使うことで紫外線やオゾンからタイヤを守ることができ、タイヤを長持ちさせてくれます。

 

タイヤの劣化を防ぎ、タイヤを長持ちさせたい方には紫外線吸収剤やオゾン劣化防止剤の入ったタイヤワックスをおすすめします。タイヤを長持ちさせることで結果的にコストを抑えられることにも繋がります。

タイヤワックスの人気ランキング10選

第10位

ソナックス(Sonax)

タイヤワックス エクストリーム タイヤグロス

価格:1,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

濡れたような光沢を求める方におすすめのタイヤワックス

水溶性でゲル状になっているタイヤワックスで塗りこみタイプです。高濃度の有効成分がタイヤのひび割れや劣化を防ぎます。容量は250mlで普通車のタイヤであればタイヤ30本分使用できます。塗りこみタイプですので車本体やホイールに飛び散る心配はありません。

 

塗り広げるのが非常に簡単で伸びが良いです。ゲル状で粘度が高いですので濡れたときのような光沢のあるツヤのある仕上がりになります。タイヤをピカピカにして足元を魅せたい方に特におすすめのタイヤワックスです。塗りこむときのスポンジは別に購入してください。

タイプ水溶性形状ジェル状
配合成分なし
第9位

Meguiar's(マグアイアーズ)

タイヤ艶出し剤 日本正規品 エンデュランスタイヤジェル 473ml

価格:1,653円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤのツヤに拘りたい方におすすめのタイヤワックス

水溶性で液体ジェルタイプで塗りこみ型のタイヤワックスです。特徴は塗りこみ方によってタイヤの仕上がりが変化しますのでタイヤのツヤに拘りたい方には特におすすめの商品です。ショーカーのようなツヤを出したい場合はタイヤワックスの液をタップリ使ってしっかり塗りこみましょう。

 

落ち着いたツヤを求めている場合はマイクロファイバータオルやスポンジを使ってしごくようにタイヤにタイヤワックスを塗りこんだ後、乾いたタオルで表面を拭きましょう。このタイヤワックスはタイヤにだけではなく、グリルやバンパーなどの黒の樹脂パーツにも使える点がおすすめポイントです。

 

またタイヤワックスの臭いが苦手な方もこのタイヤワックスはグレープのような甘い香りがしますので安心して使用していただけます。

タイプ水溶性形状液体ジェル
配合成分なし
第8位

PROSTAFF(プロスタッフ)

ミスターブラック

価格:250円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤに吹き付けるだけのお手軽タイヤワックス

タイヤにスプレーを吹き付けるだけでタイヤの汚れを落とし、タイヤを自然な色とツヤにしてくれる簡単に使えるタイヤワックスです。誰でも簡単に扱えるのがおすすめポイントです。タイヤに吹き付けるとミクロのきめ細かい泡がタイヤの汚れを包んで分解してくれます。深くて黒い自然な光沢のあるタイヤに仕上がります。

 

面倒な拭き取りや水洗いが不要ですので忙しい方でも気軽にタイヤワックスを使用することができます。また洗車した後のタイヤが塗れている状態のタイヤに使用しても問題がないところもおすすめです。タイヤの変質や劣化などを防止してタイヤを保護してくれるゴム質保護剤が配合されています。

 

値段も安価ですので初めてタイヤワックスを使用する方はこのタイヤワックスから試してみるのも良いかもしれません。

タイプ水溶性形状
配合成分洗浄/ゴム質保護
第7位

シーシーアイ(CCI)

スマートシャイン タイヤワックス 自然な艶が出る水性タイプ

価格:1,393円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤ200本分でコスパも良いタイヤワックス

容量が1000mlと多く、普通車のタイヤでればタイヤ200本分も塗れてしまうコストパフォーマンス的にもおすすめのタイヤワックスです。水溶性タイプでスプレーで吹き付けます。直接タイヤにタイヤワックスを吹きつけてもキレイにタイヤワックスを塗布することができます。

 

また専用のスポンジが付いていますのでスポンジに少量のタイヤワックスを吹きかけてタイヤに塗ると均等に塗り伸ばすことができます。オゾン劣化防止剤が配合されていますので空気中のオゾンからタイヤを守ってくれ、酸化からくるひび割れや劣化も防いでくれます。

 

コストパフォーマンスも良く、タップリ使いたい方やマメにタイヤのお手入れをしたい方には特におすすめのタイヤワックスです。

タイプ水溶性形状ミスト
配合成分オゾン
第6位

オカモト産業(Okamoto Sangyou)

タイヤワックス タイヤのつや出しワックス

価格:577円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自然なタイヤ本来の色に戻せるタイヤワックス

水溶性タイプのエアゾールスプレーのタイヤワックスです。タイヤにエアゾールスプレーを吹き付けるだけでタイヤ本来の自然な黒色に戻せるのが特徴です。紫外線吸収剤が配合されていますのでスプレーしたタイヤをコーティング保護してくれ、劣化を防ぐことができます。

 

更にこのタイヤワックスはタイヤだけではなく、白化してしまっている未塗装のバンパーなどのツヤ出しにも使えるのがおすすめポイントです。タイヤ以外のパーツにも使えますので非常に便利な商品になっています。価格も安いですのでお試しでも購入しやすい商品です。

 

スプレーで吹き付けるタイプですがホイールなどへのダメージも最小限に抑えられますので安心してお使いいただけます。

タイプ水溶性形状エアゾールスプレー
配合成分紫外線
第5位

古河薬品工業

プロタイプ タイヤワックス 4L

価格:3,059円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパで選ぶならこのタイヤワックスできまり

古河薬品工業から発売されている大容量サイズのタイヤワックスです。4.3kgのタイヤワックスが3058円で買えてしまうタイヤワックスはなかなかありません。水溶性で専用の霧吹きが附属で付いてきますので家で初めてタイヤワックスを使う方や道具もそろえようと思っている方、車を磨く機会が多い方などには特におすすめのタイヤワックスになっています。

 

水系エマルジョンというお互い溶け合わない物が一方が他方に微細な液滴として分散している物が使われているのが特徴です。そのためタイヤには全く影響を及ぼさず、強力なシリコンがタイヤを保護してくれます。

 

タイヤワックスは伸びが良く、液だれをしにくいですので素人でも少量で簡単にムラなく塗れるようになっているのでおすすめです。

タイプ水溶性形状ミスト
配合成分なし
第4位

アクセスエボリューション

水性タイヤワックスType2 タイヤの黒・ツヤ・持続タイプ タイヤに優しい水性タイヤコーティング剤

価格:1,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤを自然な色に戻してくれるタイヤワックス

水溶性で塗りこみタイプのタイヤワックスです。水溶性ですのでタイヤに優しく、タイヤ本来のツヤのあるタイヤの黒さに戻してくれ、車の足元を引き締めてくれます。塗りこみタイプですので液が飛び散って車本体やタイヤのホイールを汚してしまう心配はありませんし、キレイな仕上がりになります。

 

サラリとした液状で専用のスポンジを使って塗りこみます。タイヤワックスは伸びが良く、少量で広範囲に塗ることができます。タイヤワックスのコーティング性が高いですので一度タイヤに塗りこむと持続性があって汚れがつきにくくなりますのでタイヤをキレイな状態に保つことができます。

 

背面弾力板の2層スポンジ付属が付いているのもおすすめポイントです。2層になっていますのでスポンジに背面板がついていますので液が染み込んでしまうことがなく、スポンジを素手で持っても汚れる心配がありません。塗りこみタイプを試してみたい方におすすめの商品となっています。

タイプ水溶性形状塗り込み
配合成分なし
第3位

イチネンケミカルズ(Ichinen Chemicals)

【クリンビュー】 ノータッチUV タイヤクリーナー・艶出し・保護

価格:264円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

便利な洗浄剤入りのタイヤワックス

水溶性タイプの洗浄剤入りのタイヤワックスです。洗浄剤が入っていますので形状は泡を吹きつける形になります。タイヤにスプレーするだけでタイヤを洗浄し、ツヤ出しとコーティング保護をこの1本でできてしまう優れた商品です。

 

ツヤ出しの成分の働きがタイヤに自然な色とツヤを与えてくれます。更に紫外線吸収剤とオゾン劣化剤も配合されていますので紫外線やオゾンによるタイヤの劣化を防いでくれます。簡単に使えてタイヤの洗浄まで一度にできてしまうので、時間がない方や塗りこみタイプなどだとムラが気になる方にはおすすめのタイヤワックスです。

タイプ水溶性形状
配合成分洗浄剤/紫外線/オゾン
第2位

カーメイト

車用 タイヤワックス 超艶 ブライトマジック 2本セット 480ml

価格:806円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイヤをピカピカにしたい方におすすめの油性タイヤワックス

油性のタイヤワックスだから雨の日にも強く、耐久持続性が長いのが特徴のタイヤワックスです。油性のタイヤワックスですのでタイヤをピカピカにしたい方や足元を魅せたい方には特におすすめです。泡状ではなく、霧状に吹きかけられる液状のミストタイプだから液だれしません。

 

気持ちの良いくらいタイヤを光沢のある黒に仕上げてくれます。紫外線をカットする成分が含まれていますのでタイヤの劣化やひび割れ、色あせを防いでくれます。また作業をしていてもミストタイプですので作業をしている地面を汚してしまう心配がなく、安心して作業を進められます。

 

作業時間もあまりかかりませんので時間のない方に特におすすめの商品です。

タイプ油性形状ミスト
配合成分紫外線
第1位

Surluster(シュアラスター)

タイヤケア [水性 黒味] タイヤワックス

価格:1,005円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持続性があってコスパも良いタイヤワックス

自動車用タイヤなら全般に使うことができる水溶性のタイヤワックスです。内容量は200mlで使用回数の目安は約80本分です。液状の乳液のようにトロッとした液状の塗りこみタイプですので液だれがしにくく、伸びが良いのが特徴です。

 

乳液タイプですので車のボディやホイールに飛び散る心配がありません。作業中に出る臭いにも対策が施されていて易しいフローラルの香りがすることも好評なタイヤワックスです。塗りこみタイプですなので持続性があります。頻繁にタイヤワックスを使うのが大変という方には特におすすめの商品です。

タイプ水溶性形状塗りこみ(乳液)
配合成分なし

タイヤワックスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4914511の画像

    Surluster(シュアラスター)

  • 2
    アイテムID:4914515の画像

    カーメイト

  • 3
    アイテムID:4915487の画像

    イチネンケミカルズ(Ichinen Chemicals)

  • 4
    アイテムID:4915448の画像

    アクセスエボリューション

  • 5
    アイテムID:4915396の画像

    古河薬品工業

  • 6
    アイテムID:4915495の画像

    オカモト産業(Okamoto Sangyou)

  • 7
    アイテムID:4916683の画像

    シーシーアイ(CCI)

  • 8
    アイテムID:4917697の画像

    PROSTAFF(プロスタッフ)

  • 9
    アイテムID:4917719の画像

    Meguiar's(マグアイアーズ)

  • 10
    アイテムID:4917668の画像

    ソナックス(Sonax)

  • 商品名
  • タイヤケア [水性 黒味] タイヤワックス
  • 車用 タイヤワックス 超艶 ブライトマジック 2本セット 480ml
  • 【クリンビュー】 ノータッチUV タイヤクリーナー・艶出し・保護
  • 水性タイヤワックスType2 タイヤの黒・ツヤ・持続タイプ タイヤに優しい水性タイヤコーティング剤
  • プロタイプ タイヤワックス 4L
  • タイヤワックス タイヤのつや出しワックス
  • スマートシャイン タイヤワックス 自然な艶が出る水性タイプ
  • ミスターブラック
  • タイヤ艶出し剤 日本正規品 エンデュランスタイヤジェル 473ml
  • タイヤワックス エクストリーム タイヤグロス
  • 特徴
  • 持続性があってコスパも良いタイヤワックス
  • タイヤをピカピカにしたい方におすすめの油性タイヤワックス
  • 便利な洗浄剤入りのタイヤワックス
  • タイヤを自然な色に戻してくれるタイヤワックス
  • コスパで選ぶならこのタイヤワックスできまり
  • 自然なタイヤ本来の色に戻せるタイヤワックス
  • タイヤ200本分でコスパも良いタイヤワックス
  • タイヤに吹き付けるだけのお手軽タイヤワックス
  • タイヤのツヤに拘りたい方におすすめのタイヤワックス
  • 濡れたような光沢を求める方におすすめのタイヤワックス
  • 価格
  • 1005円(税込)
  • 806円(税込)
  • 264円(税込)
  • 1899円(税込)
  • 3059円(税込)
  • 577円(税込)
  • 1393円(税込)
  • 250円(税込)
  • 1653円(税込)
  • 1300円(税込)
  • タイプ
  • 水溶性
  • 油性
  • 水溶性
  • 水溶性
  • 水溶性
  • 水溶性
  • 水溶性
  • 水溶性
  • 水溶性
  • 水溶性
  • 形状
  • 塗りこみ(乳液)
  • ミスト
  • 塗り込み
  • ミスト
  • エアゾールスプレー
  • ミスト
  • 液体ジェル
  • ジェル状
  • 配合成分
  • なし
  • 紫外線
  • 洗浄剤/紫外線/オゾン
  • なし
  • なし
  • 紫外線
  • オゾン
  • 洗浄/ゴム質保護
  • なし
  • なし

タイヤワックスの塗り方

タイヤワックスを塗る手順はざっくり「洗う」「塗る」そして「余分なワックスを取る」の三工程です。タイヤワックスを塗る前に、まずタイヤそのものの汚れを落とす必要があります。水洗いで汚れを落とすほか、洗浄機を使うとよりきれいに落ちてくれます。

 

ワックスはスプレーや固形などさまざまなタイプがありますが、タイヤの側面(サイドウォール)に塗布していきます。この時に注意する点が大量に塗らないことトレッド面に塗らないことです。路面に接する部分にワックスを塗ってしまうと、つるつるで滑りが良くなり危険です。また、ホイールに塗ると汚れがついてしまうので、注意してください。

 

ワックスを大量に塗ると逆に汚れの原因になります。塗りすぎた部分やホイールについたワックスをタオルでふき取りましょう。

 

 

タイヤに関するおすすめ記事

まとめ

タイヤワックスの選び方はタイプと形状、配合成分で選ぶと良いことを解説してきました。選ぶタイヤワックスによってタイヤの色やツヤに若干の違いがあります。車の大事な足回りのタイヤを常にピカピカにしておくと気持ち良く乗ることができます。

 

タイヤワックスは多くの種類が販売されていますのでおすすめのタイヤワックスを参考にして選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ