記事ID134822のサムネイル画像

【スピード重視】電動スケボーのおすすめ人気ランキング10選【移動距離重視】

スケボーの本場アメリカで大流行しており、日本でも密かに話題になっている電動スケボー。気になっていてもどんな電動スケボーがおすすめなのか分からない方も多いのではないでしょうか。この記事では電動スケボーのおすすめをランキング形式でまとめています。

電動スケボーで移動もラクラク

海外の若者を中心に最近注目を集めている電動スケボーとは、その名の通りスケボーに電動モーターが搭載されており、充電することで足を使わずに自動で走行してくれるスケボーです。その走行性能ですが、最近のモデルは驚くべきことに時速50キロの速度に達するようです。普段見慣れているスケボーからはとても想像できない、もはや原付バイクと比べても遜色ないスピードですね。

 

そして次に走行距離ですが、一回の充電で20キロ程度は走れるようです。日常生活に使う足と考えれば十分な距離ですね。ただし日本では電動スケボーの公道走行は禁止されています。米国のカリフォルニア州ではすでに合法化されており各メーカーが開発を競い合っているのですが、日本で定着するのはまだまだ先になりそうです。

 

日本国内で使用する場合には、私有地か電動スケボーが許可されている公園で走行しましょう。ちなみに大学のキャンパスは私有地なので、電動スケボーに乗っても問題ありません。どこで使うにしても、電動スケボーは非常にスピードが出ますので、周囲には常に気を配って走行するようにしましょう。

電動スケボーの選び方

電動スケボーといってもその種類や性能は様々です。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

走行性能で選ぶ

電動スケボーは技を競うのではなく、移動手段として使うのがメインです。走行性能が優れているのモデルが良いですね。

高速走行モデル

トリック主体のノーマルスケボーとは対照的に、路面での純粋な走行を楽しむのが電動スケボーです。となればやはり高速ライディングで、爽快に風を感じることができるモデルを探したいところですね。公道での使用が一部許可されている海外とは違い、公道走行が認められていない日本で購入できるモデルは、海外のそれと比べてスピードはやや抑えめです。

 

時速30km/hも出ればスピードは速い方と言えるでしょう。ですが小さな車体に生身の身体をのせて時速30km/hも出れば体感的には十分速いですね。原付バイクの法定速度に匹敵する速度なので使う場所と、周囲の人に気を付けて走行しましょう。

長距離走行モデル

公園などで時々遊ぶ目的で購入するのであればそれほど気にする必要はありませんが、毎日の移動手段の一部として使っていくのであれば一回の充電で長い距離を走れるに越したことはありませんね。スピードを少し上げるとバッテリーがすぐ減ってしまうようなことのないよう航続距離・バッテリー容量にはこだわりたいところです。

 

目安としては20km以上の連続走行が可能であれば、電動スケボーの中ではかなりバッテリーが持続する方でしょう。中には走行中のタイヤの回転で蓄電するモデルもありますから、より長い距離をはしたい方はそのようなモデルを探すのもアリでしょう。

安定走行ロングタイプ

全長が90センチを超える電動スケボーで、現在発売されているモデルのほとんどがこのタイプにはなりますが、ボディの長さはライディングにおいて重要です。全長が長く、ホイールベースも大きいので直進走行が非常に安定するのが特徴です。近年の電動スケボーは最高時速が30km/hを超えるものもたくさんあります。

 

その速度で長距離をストレスなく巡行するには大きなボディは必要なのです。そしてライダーもデッキが大きい方がいろんな姿勢を取れますから、バランスを補うのも簡単です。低速で遊ぶ分にはレギュラーサイズや小型サイズの電動スケボーでも十分ですが、ある程度の機動性を望むのであればこのタイプを選びましょう。

使いやすさで選ぶ

電動スケボーは規制と危険性が常に付きまとう乗り物です。持ち運びがしやすかったり、故障がすくない、あるいは安全面での配慮がなされていると嬉しいですね。

持ち運びやすい小型サイズ

公道での走行が認められている米国の一部の州では、高速かつ長距離、長時間のライディングが大部分になるため電動スケボーは車体の大きなものが望ましいです。しかし公道走行が禁止されている日本では使う場所が限られるため、「乗って走る時間」と同程度に「持って運ぶ時間」もまた長くなる傾向にあります。

 

乗り降りの多い日本では持ち運びが容易な、軽くて小さい電動スケボーが馴染むでしょう。大きな道路を高速で走行するわけではないので、スピードはそれほど必要ではありません。またロングボードタイプと違ってちょっとしたトリックなども楽しめるのが特徴です。

故障の少ないハブモーター

近年の電動スケボーの駆動系は「ハブモーター」が主流となっています。別名インウィールモーターといい、ウィール(内輪)の中に搭載されたモーターが回転して動力を得るという方式です。このモーターが二つ備えられているものを「デュアルハブモーター」といいます。

 

少し前まではデッキの下に設けられたモーターとウィールをベルトで連結した「ベルト駆動タイプ」も多くみられましたが、エネルギー伝達力の低さ、耐久性の低さ、音の大きさなど多くの問題を抱えていました。ハブモーターはこれらの問題をクリアし、メンテナンスフリーで故障が少ないという点が優れています。パーツの数も少ないので見た目もスマートに収まります。

定速モード搭載モデル

電動スケボーに乗ってみて、快適なライディングが楽しめたというフィードバックがある一方で、ケガをしたという体験談もよく見かけます。ノーマルのスケボーに乗り慣れていてバランス感覚を掴んでいる方でも電動スケボーでは気を抜けません。初心者の方がいきなり電動スケボーで走行すると、少し操作を誤るだけで思わぬアクシデントに繋がります。

 

そこで安全対策に最適なのが定速走行モードを備えたモデルです。スピードさえ出さなければ大きな事故は防止できるのです。誤作動で急なアクセルを効かせてしまうこともないので安心です。また一定速度での巡行は燃費の面でも好ましいです。

メーカーで選ぶ

電動スケボーは様々なメーカーが競って開発に乗り出しています。まずはメーカーで絞って選んでいくのもありでしょう。

Cool&Fun社のモデル

Cool&Funはカラーやデザインのラインナップが豊富なモデルを数多く販売しており、値段も安いものから高いものまで幅広く扱っています。最初の一台を探している初心者から、ステップアップのための2台目3台目への乗り換えを検討している上級者までおすすめのメーカーです。

 

商品説明も適切な日本語で分かりやすく購入しやすいため、日本人のユーザーもたくさんいます。対応のよいカスタマーサポートや、価格の割に性能が高いと高評価のレビューもたくさんあるので安心ですね。電動スケボーをお試しで購入したいという方にぴったりのブランドです。

exway社のモデル

exway(エクスウェイ)は中国の電動スケボーメーカーですが、中国製と侮るべからずその品質は非常に高いです。その製品のほとんどが10万円近くの価格で、電動スケボーの中でもミドル~ハイスペックの部類に入ります。最高時速は40km/h、航続距離は15km前後のモデルが多くその信頼性の高さから多くのライダーに支持されています。

 

スマホアプリから本体の設定ができたり、本体バッテリーからスマホの充電が出来たりとスマホとの親和性が高いも同社の特徴です。商品のレビューなどは海外ユーザーのコメントが多くやや取っつきくい印象がありますが、電動スケボー自体のクォリティは高いので、中上級者の方におすすめできるメーカーです。

電動スケボーの人気ランキング10選

第10位

odin tech

電動スケートボード

価格:22,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落ち着いた木目調デザイン

軽くてコンパクトなこちらのモデルは、高性能なリチウムイオンバッテリーと250Wブラシレスモーターにより、最高速度15km/hのスピードを出すことが可能です。タイヤは耐久性のあるPU素材のため、路面の振動を吸収し滑らかな乗り心地を実現しています。リモコンで操作可能で、2種類の運転モードによりスケボーの経験がなくても簡単にコントロールできます。

 

スケートボードをスポーツとして、またファッションとして楽しむ若い世代を中心に注目を集めているのが本商品です。子供の集中力や平衡感覚を育てるにも良いですし、大人でも童心に帰って楽しいひと時を過ごすことができますし、移動手段としても使えます。

 

有料の駐輪場を使うことに抵抗がある方にとっては良い商品ですね。ただし公道での走行はできませんので注意しましょう。デッキ・トラック・ウィールが全て揃った商品ですので、購入後すぐにでも走りにいくことが出来ます。走行する際はヘルメットとプロテクターを着用しましょう。

走行性能D使いやすさC
第9位

Cool&Fun

電動スケートボード

価格:22,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4色展開のお手軽モデル

リチウムイオンバッテリーと約300Wのモーターを搭載しており、最大時速15km/h・後続距離は7~10kmです。本体重量が3.8kgと比較的軽量なので片手で持てますし、子供でも持ち運びしやすいのが特徴です。カラーは4色展開されているので、お好きな色を選んでいただけます。

 

コントロールはリモコンで行い、7センチのPUタイヤが走行の振動を吸収してくれるので、滑らかな乗り心地を体験できます。メーカーは電気自動車の専門ブランドであり、独自の電気モーターのノウハウと素晴らしいイノベーションが集約された商品です。ユーザーの人生をきっと素晴らしいものにしてくれるでしょう。

 

子供でも大人でも楽しめるとレビューでも好評です。最初は最低速度から始め、慣れてきたら徐々にスピードを上げると良いでしょう。思わぬ事故につながる可能性もあるので安全対策をしっかり行う事と、日本国内での公道走行は禁止されているので注意しましょう。

走行性能D使いやすさC
第8位

Cool&Fun

HB11 電動スケートボード

価格:28,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気ブランドのエントリーモデル

250-500Wのモーターとリチウムイオンバッテリーを搭載したこちらの電動スケボーは時速18-22km/h、航続距離は12-15kmの走行が可能です。全長は90センチですので、スケボーとしては平均的なサイズです。リモコンで操作するため、スケボーの初心者でも使いこなすことができます。また耐荷重も110kgなので、幅広い体形の方に対応しています。

 

都市型電気自動車メーカーとしての技術と発想が詰まった商品です。タイヤはPU材質を採用しており、路面からの衝撃や振動を軽減するため安定した走行を可能にしています。リモコンは小型で握りやすく、操作ボタンの配置も分かりやすいため直感的な操作ができます。

 

お求めやすい価格で速度・航続距離にも満足しているとレビューでも好評です。初心者方は低速から練習して、徐々に速度を上げると良いでしょう。また本体は防水使用ですが、バッテリーを内蔵しているためなるべく水は避けましょう。

走行性能C使いやすさC
第7位

Maxfind

ポータブル電動スケートボード

価格:33,799円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型軽量で大出力モデル

2.2AHの大容量リチウムイオンバッテリーと500Wモーターを搭載したこちらの電動スケボーは、全長70センチ弱とコンパクトながら、時速18-22km/hの速度が出せる高性能モデルです。連続走行距離も11-13kmなので、毎日充電する場合は十分な距離ですね。リモコンを使って手元で操作できるので、スケボー初心者でも問題なく運転できます。

 

本体重量は3.5kgと軽量で持ち運びも容易ですので、走行できる環境なら日常で使用する分にも便利ですね。防水性なので悪天候でも安心して走行できます。強力な回路制御システムが搭載されているので咄嗟の停止・発進のレスポンスも良好です。

 

バッテリーがなくなると通常のスケボーとして動作しますので、使い始めは給電せずに車体の感覚を掴むのも良いでしょう。日本では公道走行が禁止されていますので、使用場所には注意しましょう。またヘルメット・プロテクターなど安全対策も万全に行う必要があります。

走行性能C使いやすさC
第6位

Telesin ltd

enSkate WoBoard

価格:34,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オレンジの側面が美しい小型モデル

全長70センチとやや小型ながら、最大時速16km/h・航続距離12kmの走行性能を持っています。15度までなら上り坂でも上って行けるほどのトルクを備えています。耐荷重は80kgで防水使用でもあるので活躍するシチュエーションは広いです。

 

重量は4.8kgとサイズにしてはやや重めなので、ボディにハンドルが付いているものの持ち運ぶ際は少し気になるかも知れません。操作は簡単で、リモコンの無線遠隔操作により、前進後退・ブレーキ加速を自由に切り替えられます。16歳以上の年齢制限がありますので、購入する際は注意しましょう。

 

また電動スケボーの公道走行は日本では禁止されているため、場所を選んで使用しましょう。定速機能もあるため、走行になれない初心者の内は速度をセーブしても良いですね。その際周囲に人がいないか気を配り、自身はヘルメット・プロテクターを着用して安全対策を怠らない意識が大事です。

走行性能B使いやすさC
第5位

Cool&Fun

HB10 電動スケートボード

価格:39,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

個性派デザインのミドルスペック

6.6AHの大容量リチウムイオンバッテリーと、500-800W電動モーターを搭載している中型モデルです。強い加速と最適な回転を保つバランス性に優れているため、最大時速32km/hのスピードと、走行距離もやや長めの25-28kmという性能を実現しています。耐荷重は120kgですので使用頂ける体形の幅は広いのも嬉しいですね。

 

全長は97センチですので、持ち運びは少し嵩張るかも知れませんがその大きさゆえに走行時の安定感は高いです。またタイヤの直径も大きめで、耐衝撃性の高いPU素材ですのでスムーズな運転を可能にしています。

 

少し車体が大きく重量もありますが、頑丈でしっかりとした乗り心地に満足しているコメントも多くみられます。スピードも速く緩やかな上り坂ならグングン上っていける機動力も好評です。ルールとマナーを守れば非常に楽しめる乗り物です。リモコンで簡単に操作できるので、お手軽にライディングを楽しみましょう。

走行性能B使いやすさC
第4位

enSkate

電動スケートボード

価格:49,999円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

初心者から上級者まで楽しめる

ブラックとオレンジの切り替えが美しいこちらのモデルは、初心者からプロレベルまで様々なスキルレベルに対応した4つの速度モードを備えています。時速は10-35km/h・最大航続距離は19.2kmと高い走行性能を持っています。全長97センチとミドルサイズならではのスペックを誇っています。

 

本体デッキは10層のカナディアンメープルウッドと1層のグラスファイバーからなる多重構造となっており、高い耐久性と柔軟性を兼ね備えています。バッテリーは大容量のサムスン製を採用しており、安定した電力供給で高速走行を支えています。モーター・モーターカバー・PUホイールは交換可能なので、性能が落ちてきた場合に新品に取り変えたり、カスタマイズすることも出来ます。

 

またボディは防水機能も備わっているので、少々の悪天候でも心配せずにライディングを楽しめます。デッキ上にはバッテリーの残量が表示されるのも嬉しい機能ですね。本体の重量が6.8kgとやや重たいですが、それに見合うだけのパフォーマンスを発揮してくれます。

走行性能A使いやすさB
第3位

hongyuang

電動スケートボード

価格:68,872円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

可愛いコンパクトモデル

全長45センチという短さと、ポップなカラーリングが可愛い電動スケボーです。デッキの素材は耐久性に優れるメープル染めエイジを使っており、小さなボディながら耐荷重は驚きの130kgを誇っています。スピードは時速15-20km/h・航続距離は15kmとこの車体にしては高いスペックを持っています。

 

車格の割に大きい7センチのホイールと、LG2.2AHパワーリチウム電気・150Wのモーターのトルクも相まって、見た目からはイメージできない滑らかな乗り心地を実現しています。コンパクトなモデルですので、他の電動スケボーでは難しいトリックプレイを楽しむことが可能です。とはいっても精密な機械を内蔵してますので、慎重に取り扱うようにしましょう。

 

可愛らしいデザインに、カラーは三種類から選べるのも嬉しいですね。カバンにも入りそうなこの電動スケボーを手に取ってぜひ近くの公園に遊びに行きましょう。但し公道走行は日本では禁止されている点と、周囲の人や自分の安全対策は万全に行いましょう。

走行性能B使いやすさA
第2位

Stary Electronic Technology Ltd

STARY BOARD

価格:87,500円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

電動とは思えない薄さと軽さ

海外の電動スケートボートの公式大会にもノミネートされたスターリー社製のハイスペックモデルです。全長93センチというサイズながらも重さはなんと5.2kgという軽量ボディを実現しています。軽くて丈夫なグラスファイバーを車体のメイン素材とし、バッテリーとデッキを完全に一体化することにより驚きの薄型設計に仕上がっています。

 

最高時速は27-30km、航続距離は15kmというパワフルなライディング性能を誇っています。スケボーの小さなタイヤの中で、出来るだけ高い減速比を維持するために遊星歯車機構という独自のテクノロジーを搭載してます。コントローラーも操作しやすく、4段階の走行モードを自由に切り替えることが出来ます。

 

コントローラーの方も軽量で、有機ELパネルも搭載している先進的な外観です。購入後に何かと不具合が起きる報告も多い電動スケボーですが、3か月経過しても順調に作動しているとレビューでも好評です。オールブラックのボディにオレンジのタイヤというアグレッシブなデザインもカッコいいですね。

走行性能A使いやすさA
第1位

X1

exway JEMONO

価格:118,000円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

確かな品質と次世代デザイン

パワフルかつ繊細なトルクを備えたロングタイプの電動スケボーです。滑らかなカービング・リニア感あふれる加減速のレスポンスが特徴です。長いボディを活かした安定的なライディングを体験できます。最高時速は約30km/h・航続距離は16kmと申し分ない走行性能です。本体重量は6kgと車格の割に軽量なのも嬉しいですね。

 

時速20km/h以下ならスロットルを上げることなく一定速度で巡行可能なクルーズコントロール機能が便利です。バッテリーや電子回路は完全にデッキ部分にパッキングされているので簿防水性も高いです。購入後の故障報告が多い電動スケボーですが、こちらは6ヵ月メーカー保証が付いているので安心ですね。

 

バッテリーが内蔵されたことによるスタイリッシュな車体と、ライディング性能はユーザーからも高い評価を得ています。最高速で移動するとバッテリーも消耗しますが、4種類あるギアを落とすと、節電しながら走行を楽しむことが出来ます。スマホとの連携機能も時代のニーズに合っていますね。

走行性能A使いやすさA

電動スケボーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4912710の画像

    X1

  • 2
    アイテムID:4912700の画像

    Stary Electronic Technology Ltd

  • 3
    アイテムID:4912684の画像

    hongyuang

  • 4
    アイテムID:4912676の画像

    enSkate

  • 5
    アイテムID:4912669の画像

    Cool&Fun

  • 6
    アイテムID:4912598の画像

    Telesin ltd

  • 7
    アイテムID:4912579の画像

    Maxfind

  • 8
    アイテムID:4912516の画像

    Cool&Fun

  • 9
    アイテムID:4912513の画像

    Cool&Fun

  • 10
    アイテムID:4912509の画像

    odin tech

  • 商品名
  • exway JEMONO
  • STARY BOARD
  • 電動スケートボード
  • 電動スケートボード
  • HB10 電動スケートボード
  • enSkate WoBoard
  • ポータブル電動スケートボード
  • HB11 電動スケートボード
  • 電動スケートボード
  • 電動スケートボード
  • 特徴
  • 確かな品質と次世代デザイン
  • 電動とは思えない薄さと軽さ
  • 可愛いコンパクトモデル
  • 初心者から上級者まで楽しめる
  • 個性派デザインのミドルスペック
  • オレンジの側面が美しい小型モデル
  • 小型軽量で大出力モデル
  • 人気ブランドのエントリーモデル
  • 4色展開のお手軽モデル
  • 落ち着いた木目調デザイン
  • 価格
  • 118000円(税込)
  • 87500円(税込)
  • 68872円(税込)
  • 49999円(税込)
  • 39999円(税込)
  • 34000円(税込)
  • 33799円(税込)
  • 28500円(税込)
  • 22000円(税込)
  • 22000円(税込)
  • 走行性能
  • A
  • A
  • B
  • A
  • B
  • B
  • C
  • C
  • D
  • D
  • 使いやすさ
  • A
  • A
  • A
  • B
  • C
  • C
  • C
  • C
  • C
  • C

まとめ

日本では公道での走行が認められていないため使う場面は限られてきますが、大きな大学のキャンパス内や駅周辺の道路でない部分など、細かく見れば日常の移動手段として使えますね。安全面から見ても公道走行が許可されるのは難しそうですが、とても夢のある乗り物です。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ