記事ID134785のサムネイル画像

【スピード重視】水泳ゴーグルのおすすめ人気ランキング10選【快適性重視】

水泳に関わる全ての人にとって大事なのが水泳ゴーグルですが、どんなタイプがおすすめなのか分からない人も多いのではないでしょうか。そんなあなたの水泳ゴーグル選びの参考にして頂けるよう水泳ゴーグルのおすすめをまとめましたので是非ご覧ください。

水泳ゴーグルで見える景色が変わる

水泳に必要な道具は少ないですが、それだけに個々のアイテム選びが重要になります。水泳ゴーグルもそのひとつです。着用は義務付けられていませんが、目にかかるストレスを抑え、よりよい泳ぎを実現するために是非とも良いものを使いたいですね。

 

水泳ゴーグルは目の周りのクッションが有るか無いかで大きく二つに分けられます。クッションがあることで皮膚への圧迫を緩和し、長時間着用することができますので、練習やエクササイズに向いています。その分水の抵抗を受けることになりますのでスピードを求める場合には不向きです。

 

逆にクッションなしは水の抵抗が少なく高い密着感によりズレにくいので、競泳の本番等ここぞというときに向いていますが、長時間の着用には向いていません。そのほかにも曇り止め・ミラー加工・UVカットなどレンズの加工の有無であったり、レンズカラーなど様々な種類と特性があります。

水泳ゴーグルの選び方

水泳ゴーグルは用途に応じて様々なタイプがありますので、どのように選べばよいか分からない方も多いのではないでしょうか。選び方の基準となる例を以下にいくつか挙げていきましょう。

競技性で選ぶ

プロの競泳選手からアマチュア・実業団のスイマーまで、速さのみが求められるレースの機会は少なくありませんね。そんなときは僅かでもタイムを縮められるゴーグルを使いましょう。

水の抵抗が少ないノンクッションタイプ

一般的な水泳ゴーグルと言えばフチの部分にクッションがあるものを想像しますが、競泳用のモデルではノンクッションタイプのゴーグルもあります。クッションを省くことにより、水の抵抗を減らしタイムの短縮に貢献します。また顔に密着するのでズレにくく、飛び込みやターンなど衝撃が大きい時でも問題なく安定した視界を確保できます。

 

競泳スイマーの公式大会・タイムの記録時など、ここぞというときに使われる傾向にあります。ただし顔への負担が大きいので長時間の使用には向いていません。競泳スイマーであっても使用するのは本番のみで練習用にはクッションタイプを使う場合がほとんどです。

近視の方に嬉しい度付きレンズ

日本人は近視の方が多いので、水泳の時の視力を気にされる方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。周りの環境が掴みにくい見え方では、タイムも思うように縮まらないでしょう。レンズに度数が入っているこのタイプのゴーグルを使えば、視力の弱い方でも心配いりません。

 

水中でも遠くまで見渡せるため、自分がどのくらいの位置にいるのか把握できますし、壁際との距離感が掴めますのでターンの精度も向上するでしょう。度付きレンズを使用することにより記録の短縮が期待できます。裸眼でそのまま装着できるのも使い勝手が良いですね。

プロも愛用するミラーレンズ

競泳選手が良く着用しているこのタイプは、レンズが鏡面仕様のため他人から自分の目の様子が見えないようになっています。目は口程に物を言うと言いますが、他の選手と比較的近い距離で競技を行う競泳において、トップレベルの選手たちは他人の目の動きから心理状態を察知すると言います。

 

ミラータイプのゴーグルを装着していれば視線が分からないので、たとえ動揺していたとしてもそれを他の選手に悟られることはありません。メンタル面で相手を優位に立たせないという意味で競泳スイマーたちに支持されています。もちろん一般の方でもプライバシーの観点から着用している方も多くいます。

使いやすさで選ぶ

健康志向やフィットネスとして水泳を楽しみたい方は、快適で長時間使用できるゴーグルを選びましょう。身体だけでなく目の負担にもしっかり配慮できるとなお良いですね。

快適なクッション付きゴーグル

水泳ゴーグルときいて、通常イメージするのようなスタンダードのタイプです。顔と接する部分にシリコンなどのクッションが付いており、水の侵入を防ぎながらも圧迫感を緩和する効果があります。付け心地が良いので、長時間連続で使用できますしゴーグルの跡が残りにくいのも嬉しいですね。

 

ただしクッションなしタイプに比べると、水の抵抗をやや受けますので、タイムを重視した短時間での使用は不向きです。スイミングスクールに通う子供用や、健康志向やフィットネスとして水泳を嗜む方におすすめのゴーグルです。競泳選手も練習用として使っています。

クリアな視界を保つ曇り止めレンズ

泳いでいる途中にレンズが曇ってきた経験がある方は多いでしょう。視界がとても悪くなりますし、曇るたびにいちいちレンズを外して水につける手間が煩わしいですよね。これは水に接しているレンズの内側と、体温がこもるレンズの内側との間に温度差が生じることにより結露が発生しているからです。

 

曇りを防止するにはレンズに曇り防止の加工が施されているゴーグルを使いましょう。泳ぐ前にゴーグルを水に付ければ、レンズ内側に水膜が形成され結露を防止してくれます。加工なしのゴーグルを装着する場合は、使用前に曇り止め防止の薬品をレンズに塗布するか、スプレーをかけましょう。

紫外線から目を守るUVカットレンズ

もともと人間の目は、日常生活で浴びる程度の紫外線は耐えうる抵抗力を持っています。しかし強い紫外線を長時間受けると、角膜炎を引き起こしたり、白内障や黄斑変性症といった失明の恐れのある病気の原因にもなり得るため、紫外線が強めの環境ではしっかりとした対策をした方が良いです。

 

そこで役に立つのがレンズに紫外線をカットしてくれる加工がなされた水泳ゴーグルです。屋内プールで泳ぐことが多い方にはあまり必要ありませんが、オープンウォータースイミングやトライアスロン、レジャーとして海や川で泳ぐ際にはあった方が良い機能でしょう。曇り止めとセットで加工が施されている商品が多いです。

コスパで選ぶ

水泳をこれから始める方や、始めて間もない方は安価なゴーグルでまずは水泳に慣れていくのも良いでしょう。買い替えるにしても費用を抑えることができるのでお得です。

お得な複数セットタイプ

水泳ゴーグルの中には1個分の値段で、2個セットになったお得な商品もあります。特にゴーグルのスペックに対して拘りのない方にはおすすめできるタイプです。ゴーグルは長い間使っているとゴムが伸びてきたり、クッション部分が劣化して水が入りやすくなったりと色々不具合が生じてきます。

 

お安い値段でいくつか予備をもっておくと、いつでも新品の状態に交換できるので快適にスイミングを楽しめます。ジムなどで頻繁に泳ぐ方には嬉しいですね。また屋内プールだけでなく、海や川などでも良く泳ぐ方は使い分けることも出来ます。

お手軽な水泳用品付きタイプ

水泳ゴーグルの中には単品ではなく、キャップや耳栓、ノーズグリップまで付属している至れり尽くせりのセットタイプもあります。追加であれこれ購入する手間がなく、お買い得な値段で必要な道具が揃うのは嬉しいですね。場合によっては単体の値段より安くなることもあるでしょう。

 

旅行前に急に必要になったり、これからフィットネスとして水泳を始めたいという方にピッタリのタイプです。ただしある程度のスペックを求める中上級者の方にとっては、個々のアイテムは満足のいく品質ではないかもしれません。

水泳ゴーグルの人気ランキング10選

第10位

UHUKO

スイミングゴーグル[2個組]

価格:1,099円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お得な二個入りセット

レンズには曇り止めの加工が施され、長時間水に濡れていてもクリアな視界を保ってくれるため快適な遊泳が可能であり、水中での事故を防いでくれます。またレンズにはUVカットの機能もついていますので、屋内外問わず有害な紫外線から目を守ってくれます。

 

独自の技術であるタップル水漏れ設計は、クッションが顔にピッタリと密着する仕様になっていますので、浸水や結露をしっかり防止します。高いフィット性も備えていますので快適な着け心地が長時間持続します。フィットネスや練習に向いています。

 

二個セットでしかも耳栓と鼻クリップも付いているお得な商品ですので、家族や恋人、友人と水泳を始められる方にもピッタリです。耐久性もあり、ベルトの調整も簡単で初心者の方でも安心です。まずは手ごろなモデルでフィットネスなどを始めたいという方はぜひご検討してはいかがでしょうか。

競技性D使いやすさC
第9位

AdePoy

スイミングゴーグル

価格:860円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お求めやすい男女兼用

UVカット機能付きなので、有害な紫外線をしっかりカットして目の健康を守ります。屋内はもちろん、屋外での海・川でも安心して水泳を楽しむことができます。また日本人の平均的な顔の形状に合わせて作られているので、顔にピッタリとフィットし浸水と曇りを防止します。

 

肌の弱い方でも安心してお使いいただけるよう、皮膚にあたる部分は低刺激性のシリコンを採用しているので、長時間使用しても肌に優しい作りになっています。寸法は18~26インチになっており、調節が簡単なので幅広い方に着用いただけます。

 

透明なレンズであるのと、曇り止めの効果が高いため非常に視界がキレイに見えるとレビューでも好評です。1000円を切る価格も嬉しいポイントですね。屋外では多少色が付いている方が良いため、こちらは屋内での使用に向いている水泳ゴーグルです。

競技性D使いやすさC
第8位

Zerhunt

スイミングゴーグル

価格:988円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い防曇性と鮮やかな視界

横に大きいレンズの形状をしているため視界が広く、曇り止め加工も施されているので快適なスイミングを長時間楽しむことが出来ます。水の抵抗を受け流す設計になっており、遊泳性の向上に役立っています。またクッション部のゴムは二重の構造になっており、フィット性も優れています。

 

肌に優しい高密度のシリコンを採用し、敏感な目の周囲の肌への負担を抑えています。またミラー仕様かつUVカットレンズでもあるので、海や・屋外プールでも有害な紫外線をしっかりカットするので、目に優しいゴーグルと言えるでしょう。

 

目・鼻の周りなど肌に触れる部分が柔軟で密着性がよいとレビューでも好評です。後頭部でベルトのロックができる設計と曇り止めの効き具合も支持されています。デザインも優れているので、1000円以下で購入できる水泳ゴーグルとしてはかなり優秀な商品であると言えます。

競技性D使いやすさC
第7位

weierda

スイミングゴーグル

価格:1,128円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質レンズと先進デザイン

ポリカーボネイト製のレンズは強固で、耐衝撃性に優れたつくりになっています。UVカット機能も備えていますので、屋内はもちろん屋外の紫外線量が高い環境でも安心して水泳を楽しんでいただけます。顔に触れる部分は柔軟性のあるシリコン素材を使っていますので、密着性が高く浸水を防ぎます。

 

ベルトのロック機構は片手で取り外せる簡単な設計になっています。バンド部分もシリコンで出来ているので、頭の形を問わずどなたでも高いフィット性を実感して頂けます。圧迫感が強すぎてストレスを感じることもないので、快適なスイミングを楽しんでいただけます。

 

装着した際にまるでサングラスをかけているかのようなデザインと、高いフィット感がレビューでも高い評価を得ています。耳栓がゴーグル本体と繋がっているため、使ってみたら意外と快適だったという声も寄せられています。ぜひ耳栓も含めて試されてはいかがでしょうか。

競技性D使いやすさC
第6位

Mounchain

スイミングゴーグルキャップセット

価格:1,500円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お買い得な6点セット

水泳ゴーグル・スイムキャップ・ケース・ノーズグリップ・ノーズベルト・耳栓の6点が揃ったセット商品です。水泳に必要なものがお安い値段でまとめ買いできますので非常にお得です。人間工学に基づいて3D設計されたキャップ、フェイスパッド部分が顔にフィットするゴーグルが圧迫感を軽減し、快適なスイミングを提供してくれます。

 

ゴーグルのレンズは紫外線と防いでくれるUVカット仕様なので屋外でも安心して着用いただけます。またレンズ内面には特殊な曇り止め加工が施されているので、クリアな視界を長時間保つことが出来ます。セット商品でありながらメインのゴーグルが高性能なのが嬉しいですね。

 

普段スイミングを嗜むことのない方が、急遽道具が必要になった際に便利な商品ですね。シリコン素材の肌当たりがとてもよく、浸水もしっかり防いでくれるとレビューでも高評価を得ています。見た目もミラーレンズになっていてカッコいいと好評ですので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

競技性C使いやすさC
第5位

ビュー(VIEW)

ブレード ミラータイプ

価格:1,800円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スワイプアンチフォグ搭載モデル

コンマ数秒を競う水泳選手のため、水の抵抗を極限まで落とすことを目的に設計された競泳モデルです。長年の研究と、数多のレースを経験してきたスイマーたちの声を元に開発された曇り止め技術「スワイプアンチフォグ」を搭載しています。結露が発生した際にレンズ面を指でこするだけで曇り止め効果が復活します。

 

このスワイプ技術を備えたモデルは、ビュー社の従来品と比べ約10倍の時間、曇り止め効果が持続し、さらに摩擦にも強い耐性を持つことが検証で証明されています。実際のユーザーの97パーセント以上が、曇り止めが長持ちした又は復活したと実感しています。

 

クッションがないため普段使いには向きませんが、公式大会や記録計測時など、ここぞというときにタイムを縮めてくれる強い味方です。しかし本番でいきなりゴーグルが変わってはいつもの調子が出ない可能性もあるので、練習でもたまには着用しましょう。

競技性A使いやすさC
第4位

SWANS(スワンズ)

Sniper ノンクッションミラー

価格:1,797円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

FINA承認競泳モデル

安全でクリアな視界と、快適なフィット感そして流水抵抗を可能な限り低減することをコンセプトに設計されたのがこちらの競泳用ゴーグルです。専門設備での水流実験と、プロレベルの競泳選手の実試験を繰り返すことで得られたデータをもとに、確かな科学的根拠に裏付けられたレーシングモデルです。

 

ノンクッション設計により、極限まで水の抵抗を省いたフォルムで最速を目指す人に向けてつくられた製品です。スワンズ社のレギュラータイプと比べて72パーセント以上、レーシングタイプと比べて21パーセント以上の抵抗削減効果が認められています。欧州で広く認知されるBS規格に則った視野幅を確保しています。

 

クッションなしタイプなのでレンズがずれることなく水泳に集中できるとレビューでも好評です。材質が劣化する心配もないので、長く付き合える商品です。ただし1時間以上付けると少し圧迫感を感じるとのコメントもあるので、使う場合は十分に注意しましょう。

競技性A使いやすさC
第3位

MIZUNO(ミズノ)

度つきスイムゴーグル

価格:1,111円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

度数入りクッションモデル

近視の方に嬉しい度数入りクッションタイプの水泳ゴーグルです。皮膚にあたる部分は肌に優しいシリコン素材を採用しているので、長時間使用してもストレスなく快適に水泳を楽しんで頂けます。競泳対応のFINA承認モデルなので、普段使いでも本番用としてもどちらでも使っていただけます。

 

曇り止めの効果も抜群でクリアな視界を保ってくれるので、目が悪い方にとって最適な商品と言えるでしょう。ただし度数があっていないと目の負担が大きくなるので、できれば店頭で自分の目にしっかり合わせることをおすすめします。

 

競泳タイプで良くみられるノンクッションタイプとは違い、使用後のゴーグル跡を防ぐことが出来ます。目に吸い付くような高いフィット感を持っていますので、浸水の不安が全くないとレビューでも好評です。シルバーのスタイリッシュなデザインも支持されています。

競技性B使いやすさB
第2位

arena(アリーナ)

グラスコブラコア

価格:2,758円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アリーナのレーシングタイプ

顔の曲線に合わせてしなるフレームと、水の抵抗を受け流すレンズ形状により優れた密着性と低抵抗性を実現したFINA承認モデルです。バックル部分が柔軟に変形し、頭とベルトの隙間を埋めることによりストラップのバタつきを抑えるFLEX構造と、レンズ下面に施されたフィン形状により、水の抵抗を抑えながら前に進むことが出来ます。

 

フレームとクッションが一体型となっており、装着するとクッションがフレーム内に押し込まれる設計になっています。これによりクッションタイプでありながら、ノンクッションタイプの低抵抗性を併せ持った画期的な競泳ゴーグルとなりました。

 

鼻当てが5サイズ付いており、オーダーメイドのようなフィット性を感じるとユーザーから高い評価を得ています。フィットネスで水泳を楽しむ方からコンマ数秒を争う競泳スイマーまで幅広く、一度使ったらもう他の製品は使えなくなると言われるほど支持されているゴーグルです。

競技性A使いやすさA
第1位

SWANS(スワンズ)

ヴァルキリー ミラーレンズ

価格:2,505円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デザインが美しい競泳モデル

クッションタイプ・カーブレンズのレーシングゴーグルです。スワンズ社独自の曇り止め技術である「プレミアムアンチフォグ」機能を搭載しており、その視界の明瞭さには定評があります。ゴーグルを水に浸すことによりレンズ内側に形成される膜が、結露の原因となる汗や蒸気を吸収してくれます。効果が薄れてきたらゴーグルを水に付けるだけで復活します。

 

特徴的な形状の曲面レンズは、視界を側面まで広げ周囲の状況を把握しやすくなっているため、特にレースでは重宝します。また真上からみても角ばった凹凸部分が無いので、水の抵抗を受け流しながら前に進むことが出来ます。

 

クッション部分は立体構造になっており、密着性に優れるだけでなく飛び込みやターン時などに生じる大きい衝撃を吸収し、ゴーグルのズレを防止します。肌へのやさしさがユーザから高い支持を受けています。スピード面と快適さのバランスが良いので、長距離メドレーなどに向いています。

競技性A使いやすさA

水泳ゴーグルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4912119の画像

    SWANS(スワンズ)

  • 2
    アイテムID:4912148の画像

    arena(アリーナ)

  • 3
    アイテムID:4912046の画像

    MIZUNO(ミズノ)

  • 4
    アイテムID:4912021の画像

    SWANS(スワンズ)

  • 5
    アイテムID:4912000の画像

    ビュー(VIEW)

  • 6
    アイテムID:4911997の画像

    Mounchain

  • 7
    アイテムID:4911973の画像

    weierda

  • 8
    アイテムID:4911955の画像

    Zerhunt

  • 9
    アイテムID:4911936の画像

    AdePoy

  • 10
    アイテムID:4911896の画像

    UHUKO

  • 商品名
  • ヴァルキリー ミラーレンズ
  • グラスコブラコア
  • 度つきスイムゴーグル
  • Sniper ノンクッションミラー
  • ブレード ミラータイプ
  • スイミングゴーグルキャップセット
  • スイミングゴーグル
  • スイミングゴーグル
  • スイミングゴーグル
  • スイミングゴーグル[2個組]
  • 特徴
  • デザインが美しい競泳モデル
  • アリーナのレーシングタイプ
  • 度数入りクッションモデル
  • FINA承認競泳モデル
  • スワイプアンチフォグ搭載モデル
  • お買い得な6点セット
  • 高品質レンズと先進デザイン
  • 高い防曇性と鮮やかな視界
  • お求めやすい男女兼用
  • お得な二個入りセット
  • 価格
  • 2505円(税込)
  • 2758円(税込)
  • 1111円(税込)
  • 1797円(税込)
  • 1800円(税込)
  • 1500円(税込)
  • 1128円(税込)
  • 988円(税込)
  • 860円(税込)
  • 1099円(税込)
  • 競技性
  • A
  • A
  • B
  • A
  • A
  • C
  • D
  • D
  • D
  • D
  • 使いやすさ
  • A
  • A
  • B
  • C
  • C
  • C
  • C
  • C
  • C
  • C

まとめ

いかがでしたでしょうか。クッションタイプの汎用性は高そうですが、競泳スイマーの方はノンクッションタイプも持っておいた方が記録は伸びそうですね。この記事があなたの水泳ゴーグル選びのお役に立てれば幸いです。最後までご覧頂きありがとうございました。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ