記事ID134775のサムネイル画像

【独自の世界観で読書を魅了】伊坂幸太郎おすすめ人気ランキング10選

奇想天外なストーリー、ファンタジーだけどミステリアス、また、青春ストーリーを語られたり、様々な話の展開で読者を魅了しているのが、伊坂幸太郎さんです。映画化、ドラマ化、舞台まで幅広く取り上げられいる彼は人気のある著者です。本日は、そんな伊坂幸太郎さんの作品の人気おすすめランキングを紹介します。

伊坂ワールドと呼ばれる世界観がすごい

伊坂幸太郎さんの作品を読んだ読者は、伊坂ワールドと言われるほど、独自の世界観を持っています。「オーデュボンの祈り」が新潮ミステリー倶楽部賞を受賞してデビューして以来、数々の作品を世に送り出してきました。伊坂幸太郎さんの作品の中でも特徴があるのが、引き込まれて、どんどん読み進めてしまうストーリ展開です。

 

物語の構成はもちろん、爽快感あふれる展開があればと思えば、ファンタジーでミステリアスなストーリーにしたり、幅広い作品を書かれています。また、映画化、ドラマ化、そして、舞台まで実写化されるほどの、人気があります。 

  

物語に引き込まれ、読み進めてしまううちに、いつの間にか終わっているほど、面白いと感じさせてくれます。また、異なる作品でありながら、同一人物が出てきたりすることも、伊坂ワールドと言われ、読者を魅了するポイントです。

伊坂幸太郎作品の選び方

伊坂幸太郎さんの作品が良いのはわかるけど、どうやって選んだらいいのかわからない方もいるでしょう。そんな方のために、いろんな視点からの作品の選び方をご紹介したいと思いますので、是非、参考にしてみて下さい。

有名作品から選ぶ

まず、伊坂幸太郎さんの作品を知りたいという方は、有名な作品から選ぶことをおすすめします。2000年から作家デビューし、今まで多数の作品を書いています。受賞した作品、映画、ドラマ、マンガと多くの話題作があり、その中から、選ぶことが迷わずに選んでもらえるはずです。

受賞作品から選ぶ

伊坂幸太郎さんは、2000年のデビューから今までに数々の受賞作品があります。また、受賞候補作品も多数あり、日本を代表する小説家です。2000年の第5回新潮ミステリー倶楽部賞では、デビュー作の「オーデュボンの祈り」を受賞しました。 

 

その後は、第25回吉川英治文学新人賞で「アヒルと鴨のコインロッカー」、第57回日本推理作家協会賞短編部門で「死度の精度」、第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞で「ゴールデンスランバー」、第7回大学読書人大賞で「マリアビートル」、第6回静岡書店大賞で「AX」を受賞しています。 

 

これらの受賞作品は、読者の評価も高く、映画化されたものも含まれているため、伊坂幸太郎さんの作品を選ぶのに、とてもおすすめです。

映画作品から選ぶ

伊坂幸太郎さんの作品は、映画化もされているものもあります。映画作品の代表作は、堺雅人さん主演のゴールデンスランバーです。出演者も実力はですし、映画も楽しめます。他には、瑛太さんが主演のアヒルと鴨のコインロッカーも映画化されています。

 

読書で悩むポイントは、理解するのに時間がかかってしまうことではありませんか?文字だけで理解するには、2度、3度読まなければいけない時もあります。ほとんどの人が、2度も3度も読みません。そして、内容が理解できずに、難しいと感じてしまいます。 

 

映画化されているものなら、小説と一緒に映画も観ると、理解が深まり、ストーリーの面白さを感じてもらえるはずです。おすすめは、映画と小説の合わせ読みです。理解度が深まると、伊坂幸太郎さんの小説を2冊、3冊といつの間にか読みたいと感じるはずです。

ドラマ作品から選ぶ

映画だけでなく、伊坂幸太郎さんの作品はドラマにもなっています。映画同様、ドラマと小説の合わせ読みをすると、理解度が高まり、ストーリーの面白さを感じてもらえます。ただ、ドラマの場合だと、1クールでの放送になるため、小説と同時進行で読むことが困難です。 

 

ドラマを楽しみたい人は、ネタバレになってしまう恐れがあるので、気をつけて下さい。ネタバレよりも、内容を理解したいという方には、気にせず、読み進めて、伊坂ワールドを堪能してもらえればと思います。 

舞台作品から選ぶ

伊坂幸太郎さんの作品は映画、ドラマだけに留まりません。実は舞台作品にもなっています。また、出演者も豪華で、香川照之さん、萩原聖人さんなどが選ばれています。伊坂ワールドがどのように表現されるのかも注目するポイントですね。 

 

舞台作品になるということは、人気がある作品だという証拠です。また、それだけストーリーがおもしろいということです。伊坂幸太郎さんの作品を選ぶ上では、舞台化になっているものから選ぶことは、とても選びやすいでしょう。

漫画作品から選ぶ

伊坂幸太郎さんの作品は、漫画化もされています。非常に幅広く、小説が他の媒体になるということは、それだけ伊坂孝太郎さんへの人気があるのを証明してくれます。漫画は、非常に読みやすいため、小説初心者の方も、まずは漫画から読み始めるのも読書を楽しむ第一歩になるのではないでしょうか。

 

作品としては、デビュー作の「オーデュボンの祈り」を始め、痛快な爽快感がたまらないという声のある「陽気なギャングが地球を回す」など、評価の高い作品が漫画化されています。漫画で定評のある作品であれば、簡単に読み進めることもできるのではないでしょうか。

 

ジャンルで選ぶ

伊坂幸太郎さんの作品を選ぶ時は、好みの媒体から作品を選ぶのもおすすめですが、一番の特徴であるのは、ストーリー展開です。そのストーリー展開もジャンルは様々で、読者の興味をそそる内容ばかりです。興味のある、読み進めそうなジャンルから選ぶのも、作品を選ぶ1つの選び方です。

名言作品から選ぶ

伊坂幸太郎さんのファンの中で楽しみになっている魅力の1つが、登場人物のの名言集。日常的に使いたくなるような言い回しが、ファンの心をより引き込む要因になっています。「死度の精度」では、"人生なんていつ終わってしまうか分からないんだから、話は交わせる時にしておくべきだ。不躾だろうが、何だろうが。"

 

心に響くメッセージで、おっしゃる通りと納得のいく一言です。人生に悩んだ時、落ち込んでいる時、勇気をもらいたい時、名言が意外なきっかけになり、悩みを解決してくれるはずです。

 

伊坂幸太郎さんにファンが多く、名言を期待しているということは、名言によって、救われた方もいるからではないでしょうか。伊坂幸太郎さんの作品を読む時は、名言を探しながら、読むとより読書を楽しんでもらえると思います。

スターシステムから選ぶ

そして、伊坂幸太郎さんの作品には、読者をに楽しみを持たせる秘密ががあります。それはもっと伊坂幸太郎さんの小説を読みたいと感じる1つの要素となっています。それがスターシステムです。 

 

スターシステムとは、作品に出てくる登場人物が、違う作品にも出てくることです。そのため、作品と作品の間で、繋がりを感じることができます。ストーリーの展開が大きく広がることになり、また違った視点で登場人物への見方も変わるため、次の作品をつい、読みたくなってしまうのが、伊坂幸太郎さんの作品の秘密です。

 

このスターシステムは、多くのファンが、楽しみにしています。1つの作品でも完結して読んで頂けますし、スターシステムで、何冊かをセットで読むのも、伊坂幸太郎さんの作品を楽しむポイントですし、また、選ぶ上でも1つの基準となるのではないでしょうか。

ストーリーから選ぶ

そして、伊坂幸太郎さんと言えば、独自の世界観を持ったストーリーです。ファンタジーかと思えば、ミステリアス。青春ストーリーだったり、痛快なエンターテイメントで爽快感を味わえたり、幅広いストーリーを楽しめることができます。 

 

様々なジャンルのストーリーがありながらも、結末は爽快で気持ちのいい終わりです。読み終えた時の達成感とスッキリした気持ち良さ、面白さを感じてもらえるはずです。

 

その読み終えた時の、体験こそが、伊坂幸太郎さんの真骨頂ではないでしょうか。今の気分に合わせ、読み終えた時、どのような気持ちになりたいかで、大まかなストーリーのジャンルを選ぶことも、伊坂幸太郎さんの作品を選ぶおすすめの選び方ではないでしょうか。

読みやすさから選ぶ

読書の壁となるのが、読み終えるのに時間がかかること。時間がかかり、途中で諦めてしまうことが、読書が続かない原因の1つのはずです。読書を続けるポイントは、まず、1冊を読み終えること。簡単に、楽に、楽しく1冊を読み終えることができれば、読書が楽しくなります。それができるような伊坂幸太郎さんの作品の選び方をご紹介します。

ページ数の少ないものから選ぶ

読書を1冊読み終えるためには、まずページ数の少ないものから選んでみてはいかがでしょうか。ページ数が少ないものであれば、読み終えるまでに時間がかからず、1冊を読み終えることができるはずです。 

 

伊坂幸太郎さんは、漫画の作品もありますし、短編小説もあります。そのようなページ数の少ない作品を1冊目に選び、伊坂幸太郎さんの作品って、どんな作風かを感じながら、読むと1冊を簡単に読み終えることができるはずです。 

 

1冊読むことができれば、徐々にページ数を増やしていき、読書に慣れることを意識してみてください。伊坂幸太郎さんの短編小説、マンガ作品は複数発売されているので、読書に慣れていない方は、まず、少ないページ数のものから選んでみて下さい。

あらすじから選ぶ

あらすじから小説の内容を選ぶこともおすすめの選び方です。あらすじには、どういうストーリーかという概要が書かれています。そこで、小説のストーリーに興味を持つことができれば、その作品を手に取ってみて下さい。

 

人は、興味のないものには、興味を抱くことが難しい生き物です。読んでみなければわからないことはあります。しかし、興味を持って読むか、興味を持たずに読むかでは、読書が楽しいと感じるのに、大きな差が出ます。 

 

読みたいストーリーのジャンルを決め、そのジャンルに沿ったストーリーかどうかをあらすじと照らし合わせ、選んでみて下さい。

あとがきから選ぶ

また、あらすじと一緒に合わせてみるとおもしろいと思える作品に出会える確率が上がるのは、あとがきも読むことです。あとがきには、その作品のその後などが書かれています。あらすじとあとがきを合わせて読むことで、その作品がどういうものかが、わかります。 

 

その作品がどんなジャンルなのかを読む前から知ることができ、興味を持つことができれば、伊坂幸太郎さんの作品も楽しんで読むことができるはずです。読みたいジャンルを決め、あらすじとあとがきを読む。そのプロセスをこなすことで、1冊を楽しく読めるかどうかが決まります。 

 

読書を楽しみたい、伊坂幸太郎さんの作品をたくさん読みたいと思っているなら、この方法で、作品を選んでみてはいかがでしょうか。

伊坂幸太郎おすすめ人気ランキング10選

第10位

講談社

チルドレン

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

作者の力を感じる贅沢な短編作品

「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不意s技な事件の数々。何気ない日常に起こった5つの物語が、1つになったとき、予想もしない奇跡が降り注ぐ。ちょっとファニーで、心温まる連作短編の傑作。 

 

各章でしっかりした話になっていて、最後に大きなまとまりになるストーリーが楽しい作品です。それぞれの話で、主人公が変わるので、登場人物の考え方が良くわかり、楽しく読むことができます。

 

人間の善意、夢を持つことの大切さを信じていることがわかり、爽やかで心温まる、伊坂幸太郎さんの本領を発揮した傑作です。

発売年2007年ページ数352ページ
第9位

講談社

魔王

価格:670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

漫画化された兄弟の物語

魔王とは何者なのか?魔王はどこにいるのか?世の中の流れに立ち向かおうとした兄弟の物語。会社員の安藤は弟の潤也と2人で暮らしていた。自分が念じれば、それを相手が必ず口に出すことに偶然気がついた安藤は、その能力を携えて、一人の男に近づいて行った。

 

5年後の純也の姿を描いた「呼吸」とともに綴られる。何気ない日常生活に流されれることの危うさ。新たなる小説の可能性を追求した物語。学生にも読みやすい内容になっていて、漫画化された作品です。 

  

エンターテイメント性も高く、読んでいて熱くなります。モダンタイムスとつながる一冊で、伊坂幸太郎さんらしさを感じます。続きも早く読みたくなってしまうストーリーで、あまり本を読まれない方にもおすすめできる作品です。

発売年2008年ページ数384ページ
第8位

新潮社

フィッシュストーリー

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時を超えた、爽快感ある結末が醍醐味

最後のレコーディングに臨んだ、売れないロックバンド。「良い曲なんだよ。届けよ、誰かにテープに記録された言葉は、未来に届いて世界を救う。時空をまたいでリンクした出来事が、胸のすくエンディングへと一閃に向かう瞠目の表題作。

 

伊坂ワールドの人気者・黒澤が大活躍の「サクリファイス」「ポテチ」など、変幻自在の筆致で繰り出される中篇四連打。爽快感溢れる作品集。昔の作品の登場人物が所々に出てくるので、以前の作品を順に読んでいくとなお、面白く読める作品です。

 

以前の作品とのつながりを持たせているのは、伊坂幸太郎さんの作品の1つの楽しみであり、ファンを魅了するポイントです。異なる時間軸の出来事が、最後にピタリとパズルのように組み合わせる様は爽快感も感じるため、読書初心者でも安心して読み進めることができます。

 

発売年2009年ページ数338ページ
第7位

新潮社

ラッシュライフ

価格:767円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

交錯する4つの物語の結末が気になる作品

泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場。

 

並走する4つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先に読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が今あがる。異なる物語がつながっていることにだんだん気づきはじめ、予想もできない関連性に思わず、声をあげてしまいたくなる作品です。 

 

ユーモアに溢れた表現や話の展開、魅力的な登場人物の描き方が見事で、思わずストーリーに引き込まれてしまうため、伊坂幸太郎さんの作品を初めて読む方にもおすすめの一冊です。

発売年2005年ページ数469ページ
第6位

角川書店(角川グループパブリッシング)

グラスホッパー

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

何度読んでも楽しめるストーリー

復讐を横取りされた。嘘?元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨・ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。

 

それぞれの思惑のもとに「鈴木」「鯨」「蝉」、3人の思いが交錯するとき、物語はうねりをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られれた、分類不能の「殺し屋」小説。映画化もされた作品で、ゾワゾワ感を感じられ、とてもおもしろいという声もあります。

 

共感できる場面も多く、小説が苦手でも読みやすくて、次の展開が気になります。何度読んでもおもしろいという声もあるほど、作品の評価も高いため、安心して読んでもらえます。

発売年2007年ページ数345ページ
第5位

祥伝社

陽気なギャングが地球を回す

価格:679円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

百発百中の強盗集団の思わぬ誤算が生む運命

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だったはずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ。奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。

 

衝撃的なびっくりではなく、なるほどねというニヤニヤするぐらいのびっくりが癖になる作品。また、ストーリーの続きが気になって、読むことをやめられれないほどのおもしろさです。主人公たちの掛け合いが心地よくて、展開もスピーディーでとても読みやすいです。 

 

テンポもいいし、伏線も効いていて、ユーモアとウィットに富んだ会話もおもしろいです。伊坂幸太郎さんの作品にハマる1冊になる作品だと言えます。

発売年2006年ページ数394ページ
第4位

新潮社

重力ピエロ

価格:767円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる感情の起伏で読者を引き込むストーリー

兄は、泉水、2つ下の弟は春、優しい父、美しい母。家族には、過去に辛い出来事があった。その記憶を抱えて兄弟が大人になった頃、事件は始まる。連続放火と、火事を予見するよう謎のグラフィティアートの出現。そして、そのグラフィチーアートと遺伝子のルールの奇妙なリンク。

 

謎解きに乗り出した兄がついに直面する圧倒的な真実とは。アフレくる道の感動、小説の奇跡が今ここに。映画化もされていて、小説を読んで、映画も観たくなるほどのおもしろさを得られる作品です。 

 

胸を締め付けられるような切なさを抱きながら、くすくすと笑いながら読み進んでいくギャップがたまりません。また、抜群にハマる言い回し、冴える伏線、流れるような美しいストーリーが読者の心を摑んで、離しません。映画と一緒に合わせ読みしてみてはいかがでしょうか。

発売年2006年ページ数485ページ
第3位

東京創元社

アヒルと鴨のコインロッカー

価格:700円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本屋を襲う目的が1冊の広辞苑

引っ越してきたアパートで出会ったのは、悪魔めいた印象の長身の青年。初対面だというのに、彼はいきなり「一緒に本屋を襲わないか」と持ちかけてきた。彼の標的はたった1冊の広辞苑?

 

そんなおかしな話に乗る気だとなかったのに、なぜか僕は決行の夜、モデルガンを手に書店の裏口にたってしまったのだ。清冽な余韻を残す傑作ミステリー。第25回吉川英治文学新人受賞した作品です。また、瑛太さん、濱田岳さん主演で映画化され、話題になりました。

 

どんでん返しあるストーリーで、計算された部分がおもしろいと感じます。また、終盤の切ない展開がとても良いです。しかし、関係者がみんな死んでいく悲劇がありますが、読後感がすっきりしていて、不思議な感覚も味わってもらえます。こちらも映画と合わせてみるとより、楽しんでもらえると思います。

 

発売年2006年ページ数384ページ
第2位

新潮社

ゴールデンスランバー

価格:1,015円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伊坂幸太郎さんの代表作

衆人監視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が怒っているんだ?俺はやっていない。首相暗殺の濡れ衣を着せられ、巨大な韻母ぷに包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必至の逃走、行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編。 

 

堺雅人さん主演で映画化もされた話題作です。伏線の回収の仕方が上品で、読み終わりがすっきりした作品です。何度読んでも楽しめるスピード感、関係性、会話の軽快さ、絶望的な状況なのに、ちゃんと笑えるのも良いという声もあります。 

 

伏線に次ぐ、伏線で、ラストに向けてパズルがカチッとハマっていく感じがたまりません。話題、ストーリー共に伊坂幸太郎さんの作品の中でも代表する1冊です。

 

発売年2010年ページ数690ページ
第1位

新潮社

オーデュボンの祈り

価格:767円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高評価のデビュー作品

コンビニ強盗に失敗し、逃走していた伊藤は、気づくと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている萩島には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。 

 

次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止できなかったのか。伊坂幸太郎さんのデビュー作で、第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した作品です。 

 

ファンの中での評価も高く、手元においておきたい1冊だという声もあります。伏線の使い方がすごく良いく、起承転結がはっきりしており、スムーズに進むめ、一気に読み進めることができます。伊坂幸太郎さんのファンになる可能性を感じる1冊です。伊坂幸太郎さんの作品が初めてだという方にもおすすめです。

発売年2003年ページ数464ページ

伊坂幸太郎のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4918222の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:4918220の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:4918216の画像

    東京創元社

  • 4
    アイテムID:4918213の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4918211の画像

    祥伝社

  • 6
    アイテムID:4918210の画像

    角川書店(角川グループパブリッシング)

  • 7
    アイテムID:4918209の画像

    新潮社

  • 8
    アイテムID:4918207の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:4918206の画像

    講談社

  • 10
    アイテムID:4918205の画像

    講談社

  • 商品名
  • オーデュボンの祈り
  • ゴールデンスランバー
  • アヒルと鴨のコインロッカー
  • 重力ピエロ
  • 陽気なギャングが地球を回す
  • グラスホッパー
  • ラッシュライフ
  • フィッシュストーリー
  • 魔王
  • チルドレン
  • 特徴
  • 高評価のデビュー作品
  • 伊坂幸太郎さんの代表作
  • 本屋を襲う目的が1冊の広辞苑
  • あらゆる感情の起伏で読者を引き込むストーリー
  • 百発百中の強盗集団の思わぬ誤算が生む運命
  • 何度読んでも楽しめるストーリー
  • 交錯する4つの物語の結末が気になる作品
  • 時を超えた、爽快感ある結末が醍醐味
  • 漫画化された兄弟の物語
  • 作者の力を感じる贅沢な短編作品
  • 価格
  • 767円(税込)
  • 1015円(税込)
  • 700円(税込)
  • 767円(税込)
  • 679円(税込)
  • 637円(税込)
  • 767円(税込)
  • 637円(税込)
  • 670円(税込)
  • 713円(税込)
  • 発売年
  • 2003年
  • 2010年
  • 2006年
  • 2006年
  • 2006年
  • 2007年
  • 2005年
  • 2009年
  • 2008年
  • 2007年
  • ページ数
  • 464ページ
  • 690ページ
  • 384ページ
  • 485ページ
  • 394ページ
  • 345ページ
  • 469ページ
  • 338ページ
  • 384ページ
  • 352ページ

まとめ

いかがでしたでしょうか。伊坂幸太郎さんの作品の選び方、おすすめ人気ランキング10選をご紹介しました。伊坂幸太郎さんの作品は、読書初心者から趣味が読書という方まで幅広く楽しんでもらえると思います。今日ご紹介した内容を参考にして、伊坂幸太郎さんの作品を楽しんで下さい。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ