記事ID134744のサムネイル画像

【もう失敗しない】人気のビルトインコンロおすすめランキング10選

マンションでも一軒家にも、一家に一つはビルトインコンロがありますが、きちんと選べていますか。もともとついていた方も、これから購入する方にも今回は、ビルトインコンロの選び方のポイント、手入れの仕方、特徴を元にランキング形式で紹介していきます。

ビルトインコンロには魅力的な機能性が

ビルトインコンロとは、その名の通りキッチンに一体となっているタイプのコンロのことです。コンロは他に、オープンコンロというキッチンに置くだけのものやカセットコンロという、ガスをセットすればどこでも使用出来るコンロがあります。

 

ビルトインコンロの特徴としては、機能性があります。火力が強いのはもちろんのこと、調整することも簡単で、繊細な料理に対しても対応出来ます。そして、何より安全に使用するならビルトインコンロがおすすめです。

 

そして、ビルトインコンロにはガスのタイプと電気のタイプの2種類があります。ガスのタイプは都市ガスとプロパンガスで種類が別れますし、電気のタイプはIHコンロとなります。

ビルトインコンロの選び方

ガスコンロを選ぶといっても、選ぶ基準はたくさんありますので注意が必要です。まずは、ガスの種類を確認してください。都市ガスとプロパンガスがあります。ガスの種類が違うと使えません。それに比べてIHコンロは、ガスの種類は関係ないです。電気を使い、発熱させて調理を行います。

 

次は、好みの問題になります。ビルトインコンロの大きさ、バーナーの数、グリル、天板、五徳の素材の種類を選ぶことになります。しっかりと特徴を覚え、自身にあったビルトインコンロを選びましょう。

ガスコンロの特徴

ガスコンロの特徴は、使用する鍋を選ばなくても良い事です。昔からあるタイプのコンロですので、今まで持っている鍋を新しく買い直さなくても良いです。そして、火力の大きさも炎を見れば一目でわかりやすくなっています。

IHコンロの特徴

IHコンロの特徴は、炎が出ないので安全に調理をする事が出来ます。炎がないので、火が燃え移る心配もありません。そして、お手入れをする際にも、フラットになっているので掃除がしやすくなっています。ただし、IH対応のタイプの鍋を用意しないと調理が出来ません。

 

グリルも付いていて、無水タイプから両側焼き対応とガスコンロと同じように選択肢があります。

タイプで選ぶ

ガスコンロの場合は、都市ガスとプロパンガスの2種類があります。IHコンロの場合は電気を使用しますが、種類によって100Vか200Vか違うので確認が必要です。

都市ガスタイプ

都市ガスの特徴は、道路の下のガス管を通じて供給します。値段は、プロパンガスに比べて利用料金が安いですが、プロパンガスに比べて火力が弱くなっています。ガスの利用料金を抑えたいのであれば、都市ガスをおすすめします。

プロパンガスタイプ

プロパンガスの特徴は、環境に優しいことと持ち運びが簡単な為に、どこでも使用出来るという点があります。ガスボンベでガスの業者が配送しています。そして、都市ガスとの最大の違いは、2倍以上の熱量があることです。料金は都市ガスに比べて高くなっています。

IHタイプ

IHタイプは、プロパンガスの方も都市ガスを利用されている方も使用出来ます。ガスを使わずに、電気を使って調理を行います。しかし、初めての人はガスではなく、電気を使用するので、電気代がどのくらいかかるのか心配される方も多いと思います。

 

最近は電力会社を選べますし、一概にいくらくらいとはお伝えできませんが、時間帯により利用料金が変わってきます。夜、朝、昼の順番で安くなっていて、ガスと利用料金を比較すると、都市ガスより高く、プロパンガスよりも安くなります。

価格で選ぶ

どのビルトインコンロも、値段にある程度の開きがあります。ガスコンロの場合は、3万円から20万円くらい、IHコンロの場合は、4万円から25万円くらいで購入する事が出来ます。ただし、コンロ自体の値段はガスコンロの方が安くても、交換工事費用はガスコンロの方が高くなる場合が多いです。

 

元々IHコンロを使用されていて、故障したために交換する場合は、ご自分で交換される方もいるみたいですが、ビルトインコンロは重いですし、天板を割ったら使用出来なくなりますので、無理はしないで専門の業者に依頼してください。

リーズナブルなタイプで選ぶ

ガスコンロの場合は、見た目からもわかりやすく、天板と五徳の素材が違います。コンロの数が3口よりも2口の方が値段的にも安くなっています。IHコンロの場合は、機能が最低限のものしか付いていません。

高級タイプで選ぶ

ガスコンロの場合は、コンロの素材がステンレスのタイプやアルミのタイプ、ガラストップのタイプは高級タイプとなります。大きさも75cmのタイプの方が値段が高くなっています。本格的なダッチオーブンに対応しているタイプもあります。

 

IHコンロの場合は、機能が充実しています。お急ぎモードがあったり、通常利用する際の火力も大きいです。そして、天板も汚れが付きにくいものを使用しているので、お手入れが簡単となっています。

機能で選ぶ

ビルトインコンロの機能はいくつかありますので、紹介していきます。まずは、コンロの大きさ、使用するバーナーの種類で選ぶ事が出来ます。次に、グリルの種類もいくつかありますので、好みを物をお選びください。最後に、天板とガスコンロであれば、五徳の素材をこだわりましょう。

大きさで選ぶ

ビルトインコンロの大きさは2種類あります。75cmタイプと60cmタイプです。本体の大きさは変わらないのですが、トッププレートの大きさに違いがあります。75cmタイプの特徴は、バーナーの間隔が広々としているので、大きい鍋を置いても鍋と鍋の間にもスペースの余裕があります。

 

60cmタイプの特徴は、狭いキッチンにも設置する事が出来ることと、調理する場所のスペースを確保する事が出来ます。

バーナーの数で選ぶ

バーナーの数は、2口か3口から選ぶ事が出来ます。2口の場合は、そこまでたくさんバーナーがいらない方向けとなっています。バーナー数が少なく、奥にバーナーがない為に安全面もしっかりとしていて、着衣の着火を防ぐ事にもなります。

 

3口の場合は、手前二つのバーナーでメインの料理を行い、奥のバーナーで汁物の調理をするなどの使用方法があります。複数の料理を同時に行いたい場合には便利となっています。

グリルの種類で選ぶ

最近は、グリルの主流が水を入れない無水両面焼きが多くなっています。片面ずつ焼かなくても良いので、途中でひっくり返す必要がなくグリル内の熱も逃げないのでカリッと焼くことも出来ます。

 

それに比べて片面焼きの場合は、網にはくっ付かずに焼く事が出来ますが、片面ずつ焼かないといけないことや焼き上げるのに時間がかかってしまいます。最近では、オートグリルといった機能があるコンロもあり、設定をするだけで美味しく焼きあがるものもあります。

天板の種類で選ぶ

天板の種類は、値段によっていくつか種類があります。フッ素コートやガラスコートをされているものから、高いタイプで主流なステンレスやアルミトップのタイプの天板があります。

 

値段が高くコーティングされているものは汚れが付きにくいものが多いですが、取り扱いにも注意が必要です。メーカーによっては、スクレーパーで擦っても大丈夫なところもあれば、水で汚れを浮かび上がらせて拭き取るだけのところもあります。

 

毎日お手入れをするかどうかでも変わってきますので、天板をこだわりたい方は購入する前いに必ず確認をしてください。

五徳の種類で選ぶ

最近のビルトインコンロには汁受けがなくなり、五徳周りのお手入れが簡単になりました。五徳は、標準のタイプでは、ホーローのものが主流となっています。汚れが目立ちにくいですが、塗装が剥がれるとそこからサビが発生してしまいますので、こまめに綺麗にする事をおすすめします。

 

ホーロータイプよりグレードが上がるとステンレスタイプの五徳があります。ステンレスタイプのものは素材がステンレスですので、見た目も綺麗ですし、お手入れも簡単です。キッチン周りの見た目を気にされる方にもおすすめです。

メーカーから選ぶ

都市ガスとプロパンガスのコンロのメーカーと、IHタイプのコンロのメーカーは少し違います。都市ガス、プロパンガスのコンロのメーカーは共通するメーカーが多いですが、IHタイプのコンロのメーカーは電気を使う関係で、電機メーカーが多いです。

ガスコンロのメーカー

ガスタイプのメーカーは様々なところから出ています。日本の会社で言うと、リンナイ 、ノーリツ、ハーマン、パロマなどがあります。最近では、外国製として、VIKINGやASKOといった会社からもビルトインコンロが出ています。

 

しかし、デザインが良くて海外製を選んでも良いのですが、家庭用ガスコンロには、安全センサーを付ける事が義務付けられました。気に入ったデザインを購入する時には必ず安全センサーがあるかどうか確認をするようにしてください。

IHコンロのメーカー

IHタイプのメーカーは、パナソニック、三菱、日立が有名です。その他にも、アイリスオーヤマやティファール、山善からも出ていますが、ビルトインコンロとしては、最初にお伝えした、パナソニック、三菱、日立からしか出ていません。

ビルトインコンロおすすめランキング10選

第10位

三菱電機 (MITSUBISHI)

ビルトイン CS-G318MS シルバー 200V30Aタイプ

価格:34,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IHを検討中はぜひこちらからどうぞ

10位にランクインしたのは、三菱電機 ビルトイン IHクッキングヒーター CS-G318MSです。こちらのIHコンロは、200V30Aタイプとなっていますので、取り付け時には電気屋に確認をしてください。

 

見た目もすっきりとしていて、美しさも使いやすさも向上しています。グリルは水無し両面タイプとなっていて、自動で焼きあげる事が出来ます。

大きさ60cmタイプIH
素材バーナー3口
第9位

ハーマン

ビルトインコンロ S-Blinkduo C3WJ6PWAVKST

価格:162,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的なオーブン料理をするならこちらです

9位にランクインしたのは、ハーマン ビルトインコンロハーマンS-Blinkduo C3WJ6PWAVKSTです。ダブル高火力温調バーナー搭載ビルトインコンロ左右バーナーにダブルで同時調理がラクラクです。

 

75cmタイプなので、広々と使え、シルバーミラーガラストッププレートとステンレスフェースなので、見た目もスッキリとしていてお手入れも簡単に行えます。

大きさ75cmタイププロパンガス
素材ガラストップバーナー3口
第8位

ノーリツ

ビルトインコンロ アイセレクト 焼き網グリルタイプ

価格:56,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鮮やかな色が特徴です

8位にランクインしたのは、ノーリツ ビルトインコンロ アイセレクト 焼き網グリルタイプです。特徴は、何と言っても一目でわかる、トッププレートがピンクテラコッタガラスとなっています。

 

特徴は見た目だけでなく、機能も充実しています。オートグリル機能として、絶妙な火加減でグリルまかせの調理を行う事が出来ます。姿焼、切身、干物を選ぶだけで焼き上げます。安心センサーを付けているので安全ですし、油の温度も140~200度までの10度ごとに設定する事が可能ですので揚げ物も簡単に出来ます。

大きさ60cmタイプ都市ガス
素材ピンクテラコッタガラスバーナー3口
第7位

ハーマン

ビルトインコンロ W600タイプ DG32N1SQ1SV

価格:25,200円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本で初めてのビルトインコンロのメーカーです

7位にランクインしたのは、ハーマン ビルトインコンロ W600タイプ DG32N1SQ1SVです。日本で最初にビルトインコンロを作ったエントリーモデルとなっています。歴史が長いので安心してご利用出来ますので、おすすめです。

 

汁受けがなかったり、お手入れもラクラク行えますが、機能も充実しています。まずは、安心機能として、全口焦げ付き消化機能があります。万が一の時にもグリルフレームアレスターといった独自の遮炎構造となっているので、炎が排気口から出ることはありません。

調理機能は、無水の片面焼きグリルと高温炒めモードがあります。

大きさ60cmタイププロパンガス
素材ホーローバーナー3口
第6位

三菱電機

CS-PT34HNWSR ビルトイン型IHクッキングヒーター

価格:259,963円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IHタイプの最高級品です

6位にランクインしたのは、三菱電機 ビルトイン型IHクッキングヒーター CS-PT34HNWSRです。最高級のIHコンロとなっています。鍋のサイズに合わせて、かしこく調理を行う事ができます。

 

200Vとなっているので、入れ替えるだけでは使用出来ない場合がありますので、購入後は電気屋へご相談ください。

大きさ75cmタイプIH
素材バーナー3口
第5位

リンナイ

ビルトインコンロ 左右ダブル強火力 RS31M4H2S-BW

価格:32,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔ながらのタイプもあります

5位にランクインしたのは、リンナイ ビルトインコンロ 左右ダブル強火力 RS31M4H2S-BWです。昔ながらのタイプですが、今風に進化しました。お値段もお手頃価格ですのでおすすめです。

 

普通のコンロとしては十分な機能です。五徳を外しただけでフラットになり知る受けがないので掃除をしやすいです。Wワイド火力バーナーなので、どんな料理にも使い勝手が良くストレスなく料理をする事が出来ます。迷ったらこちらを選んでおけば間違いないコンロです。

大きさ60cmタイプ都市ガス
素材ホーローバーナー3口
第4位

パロマ

ビルトインコンロ フェイシス PD-811WS-75CK ラ・クック(赤)同梱セット

価格:95,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

見た目がキレイ

4位にランクインしたのは、パロマ ビルトインコンロ フェイシス PD-811WS-75CK ラ・クック(赤)同梱セットです。見た目がキレイなハイパーガラスコートトップはゴミがたまりにくく汚れも簡単に拭き取れます。衝撃にも強くキズがつきにくいので長くキレイのままで使えます。

 

嬉しいことに、ラ・クックが付属しますので、料理のレパートリーが広がります。水なし両面焼ワイドグリルをうまく使い、焼き魚はもちろん、包み焼きをしてローストビーフやラザニアにもお使いください。

大きさ75cmタイプ都市ガス
素材ハイパーガラスコートトップバーナー3口
第3位

ノーリツ

ビルトインコンロ「S-Blink+Do(プラスドゥ)」N3WF2KJTKST LPG

価格:109,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

料理好きにはこのコンロ

3位にランクインしたのは、ノーリツ ビルトインコンロ「S-Blink+Do(プラスドゥ)」N3WF2KJTKST LPGです。プロパンガスで本格的に料理をするなら事らのコンロがおすすめです。

 

五徳は、鋳物製の全面タイプとなっているので、鍋がしっかりと安定します。自由自在に鍋ふりや鍋ずらしをする事が出来ます。プロパンガスの特徴を生かして豪快に料理を行ってください。

大きさ75cmタイププロパンガス
素材ステンレスバーナー3口
第2位

パナソニック

ビルトインIHクッキングヒーター G32シリーズ KZ-G32AS

価格:36,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最高! IH初心者にもおすすめです

2位にランクインしたのは、パナソニック ビルトインIHクッキングヒーター G32シリーズ KZ-G32ASです。ビルトインコンロにしては、値段も比較的お手頃価格です。IHコンロが初めての方にも購入しやすくなっているのでおすすめです。

 

グリルは、両面焼きで水入れ不要の為に気軽に料理が楽しめます。自動調理を行えて焼き魚はメニューボタンで選んぶだけで調理出来ます。お掃除が好きじゃない方にもおすすめです。壁面の汚れを抑えるグリル排気構成となっていて、煙を後方ではなく、上方へ導きキッチン壁面への接触を抑えて汚れを軽減します。

 

鍋の温度も光火力センサーで正確にキャッチし設定温度をキープする事が出来ます。料理がそんなに得意じゃない方にも簡単に温度管理が出来て、美味しく調理をする事が出来ます。

大きさ60cmタイプIH
素材バーナー3口
第1位

リンナイ(Rinnai)

ビルトインガスコンロ デリシア RHS32W22E4R2D-STW 12A 13A 3V乾電池タイプ

価格:141,349円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最高級品をお試しください

1位にランクインしたのは、リンナイ(Rinnai) ビルトインガスコンロ デリシア 幅60cm RHS32W22E4R2D-STW 都市ガス 12A 13A 3V乾電池タイプです。五徳はステンレス、天板はガラストップの最高級品となっています。

 

お手頃な価格で感動を体験する事が出来ます。ダッチオーブンがありますので、普段の料理から本格的な料理まで素材本来の美味しさを引き出して調理を行えます。料理が得意な方にも、これから料理を本格的に始めたいといった方にもおすすめです。

大きさ60cmタイプ都市ガス
素材ガラストップバーナー3口

ビルトインコンロのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4915423の画像

    リンナイ(Rinnai)

  • 2
    アイテムID:4915426の画像

    パナソニック

  • 3
    アイテムID:4915427の画像

    ノーリツ

  • 4
    アイテムID:4915428の画像

    パロマ

  • 5
    アイテムID:4915429の画像

    リンナイ

  • 6
    アイテムID:4915430の画像

    三菱電機

  • 7
    アイテムID:4915432の画像

    ハーマン

  • 8
    アイテムID:4915433の画像

    ノーリツ

  • 9
    アイテムID:4915434の画像

    ハーマン

  • 10
    アイテムID:4915435の画像

    三菱電機 (MITSUBISHI)

  • 商品名
  • ビルトインガスコンロ デリシア RHS32W22E4R2D-STW 12A 13A 3V乾電池タイプ
  • ビルトインIHクッキングヒーター G32シリーズ KZ-G32AS
  • ビルトインコンロ「S-Blink+Do(プラスドゥ)」N3WF2KJTKST LPG
  • ビルトインコンロ フェイシス PD-811WS-75CK ラ・クック(赤)同梱セット
  • ビルトインコンロ 左右ダブル強火力 RS31M4H2S-BW
  • CS-PT34HNWSR ビルトイン型IHクッキングヒーター
  • ビルトインコンロ W600タイプ DG32N1SQ1SV
  • ビルトインコンロ アイセレクト 焼き網グリルタイプ
  • ビルトインコンロ S-Blinkduo C3WJ6PWAVKST
  • ビルトイン CS-G318MS シルバー 200V30Aタイプ
  • 特徴
  • 最高級品をお試しください
  • コスパ最高! IH初心者にもおすすめです
  • 料理好きにはこのコンロ
  • 見た目がキレイ
  • 昔ながらのタイプもあります
  • IHタイプの最高級品です
  • 日本で初めてのビルトインコンロのメーカーです
  • 鮮やかな色が特徴です
  • 本格的なオーブン料理をするならこちらです
  • IHを検討中はぜひこちらからどうぞ
  • 価格
  • 141349円(税込)
  • 36980円(税込)
  • 109980円(税込)
  • 95800円(税込)
  • 32480円(税込)
  • 259963円(税込)
  • 25200円(税込)
  • 56000円(税込)
  • 162180円(税込)
  • 34000円(税込)
  • 大きさ
  • 60cm
  • 60cm
  • 75cm
  • 75cm
  • 60cm
  • 75cm
  • 60cm
  • 60cm
  • 75cm
  • 60cm
  • タイプ
  • 都市ガス
  • IH
  • プロパンガス
  • 都市ガス
  • 都市ガス
  • IH
  • プロパンガス
  • 都市ガス
  • プロパンガス
  • IH
  • 素材
  • ガラストップ
  • ステンレス
  • ハイパーガラスコートトップ
  • ホーロー
  • ホーロー
  • ピンクテラコッタガラス
  • ガラストップ
  • バーナー
  • 3口
  • 3口
  • 3口
  • 3口
  • 3口
  • 3口
  • 3口
  • 3口
  • 3口
  • 3口

まとめ

ここまでビルトインコンロを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。ビルトインコンロの特徴を知っていた人も、知らなかった人もどれを購入すれば満足出来る買い物になるのかわかって頂けたでしょうか。どれを購入しても最低限の機能は使いこなせますが、ご自身にあったビルトインコンロを購入しましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ