記事ID134722のサムネイル画像

【お部屋のインテリアにも最適!】人気のあるカーテンレールのおすすめランキング10選

カーテンレールを購入する時に皆さんはどのようなポイントで選ぶでしょうか。「とりあえず」や「おしゃれにしたい」など様々でしょう。今回はそんな方々にカーテンレールの購入ポイントとなる選び方や基準をお伝えしていこうと思います。

カーテンレールにも色々なものがある!

引っ越しや新築にはつきもののカーテンレールですが皆さんはどれ位カーテンレールに注目しているでしょうか。アパートなどはすでにカーテンレールがついていたり、しますのであまり気にも留めないかもしれません。しかし新築購入やリフォーム・模様替えはべつです。

 

新築や模様替えなどには必ずカーテンレールを選ばなくてはいけない時があります。「どれも同じ」と考えている方もこの時は非常に悩むでしょう。なぜならカーテンレールの種類もかなり多くあり、吊るすだけのものもあれば、掃除不要のものなど様々です。

 

カーテンレールは基本的にネジで取付していますので、失敗してしまうとせっかくの壁に穴が空いてしまいます。これでは新しい生活が台無しになってしまいます。今回はそのような事がないようにカーテンレールの選び方をじっくりご説明いたします。参考にしてください。

カーテンレールの選び方

カーテンレールの選び方としては主に素材・デザイン・機能・コストから考えられますが、寸法や取付方法にも気を付けた方が良いでしょう。せっかく購入したのに取付できないことも多く見られます。まずはご自分の部屋のカーテンを付ける場所をよく考えてください。

 

 

窓寸法で選ぶ

カーテンレールの長さは取り付ける窓により様々です。窓の寸法も全て同じではないのでキチンと窓の幅を計りましょう。例えば窓の幅が160センチであれば両側プラス10センチ位のサイズが理想です。前述の場合は180センチ位のサイズのカーテンレールになります。

 

どうしてもカーテンを開けるとカーテンを束ねておくスペースが必要になります。その分両脇10センチ程度余裕があった方が見た目にも良いでしょう。また、両開きでないカーテンを取り付ける際にもやはり10センチ位余分に長さを確保しときましょう。見た目が良いです。

 

窓のサイズも色々ありますが、窓の開き方も色々あります。内側にガラス面が倒れるタイプもありますので、壁からどのくらい内側に窓が倒れるかも計測しておきたいものです。このように窓寸法を計測することにより、カーテンレール選びスムーズに行えます。

 

 

とりあえずで選ぶ

アパートに引っ越したけど、カーテンレールがないことも度々あることでしょう。その場合は「とりあえず」カーテンを吊るせればという感覚にもなります。ここで注意したいのが、ドレープカーテンのみか、レースカーテンも必要かということです。

 

とりあえず安価なカーテンとカーテンレールを考えていた場合は前述のようにカーテンをどうするかが重要になります。安価なカーテンレールだけどもレースカーテン用のレールが無いシングルレールタイプのカーテンレールもあるからです。よく考えてチョイスしましょう。

 

カーテンレールとカーテンは色々と関係してきますので、一度お店の人に確認してもよいでしょう。その上でカーテンレールの購入を検討してください。くれぐれも焦りは禁物です。ダブルレール・シングルレールという種類があることを覚えておいてください。

機能で選ぶ

カーテンレールにも様々な機能があります。必要に応じて伸縮自在のカーテンレールやレール部分の壊れにくいタイプなど色々とあります。転勤などが多い方は伸縮自在タイプのカーテンレールが良いかもしれません。持ち運びも簡単で無駄な費用が発生しません。

 

部屋や洗面所のスペースを区切るのにもカーテンレールは大活躍です。一般家庭には馴染みがないかもしれませんが病院などで使用されている間仕切りタイプのカーテンレールもあります。こちらは購入前によく天井の状況を確認してください。落下する危険性もあります。

 

突っ張り式のカーテンレールや長さに応じてカットするタイプのカーテンレールもあります。また、出窓などに使用できるカーブレールやインテリアにも使用できる壁装飾用カーテンレールなどもあります。調べると沢山ありますので色々と楽しみが増えることでしょう。

省エネ性で選ぶ

カーテンレールは一見省エネ性能とは関係ないと思われがちですが、断熱性や遮光性とも意外と関係あります。カーテンが取付くレール部分はどうしても隙間が空きますが、その隙間を極力無くして、遮光性や窓への断熱性能を上げたカーテンレールもあります。

 

また、カーテンレール本体も金属性や樹脂製で断熱性能が変わります。当然断熱性が高いのは樹脂製になりますが、高級感や重厚感という点ではやはり金属製の方が好まれるようです。充分に検討してみましょう。

メンテナンス性で選ぶ

「カーテンレールの上のホコリが気になる」「カーテンレールの掃除が面倒」と考える方は箱型天井際取付タイプが良いでしょう。この場合は天井間近に取り付けるのでほとんどホコリがたまりません。但し、取り付けるカーテンの長さによく注意して選んでください。

 

窓には大体が「窓枠」というスペースがあります。その部分を活用した突っ張り棒タイプのカーテンレールも多数あります。この場合も部屋の内側にカーテンレールが張り出さないので掃除などメンテナンスもほとんど必要ないでしょう。力加減には充分に注意してください。

 

その他にはカーテンボックスタイプもあります。天井に埋め込むタイプのカーテンレールです。この場合はアパートなどには取付できない為、新築時に業者に要望しましょう。スッキリと収まり、カーテンの柄によっては天井が高く広く感じて豪華になっていきます。

見た目で選ぶ

カーテンレールもやはりインテリア性が重要視されます。装飾タイプのカーテンレールもかなりの数が市販されていますので是非色々と検討してみたいものです。装飾タイプはやはり見た目で左右されますが部屋に合ったタイプを選んでください。派手すぎは禁物です。

 

装飾タイプのカーテンレールは樹脂製・木製・鋳物など色々あります。スタイリッシュにまとめるのなら樹脂製品・アンティークな感じなら木彫・ゴージャスな感じなら鋳物と一般的には解釈されています。いづれにせよ部屋とのマッチングが重要になってくるでしょう。

 

カーテンレールの見た目はエンドキャップと呼ばれる両端の部分で決まります。丸型、四角、三角など色々あります。見た目に左右されやすいですが取り扱いや、部屋の状況も考えないとエンドキャップがエアコンや部屋の壁にくっついてしまい見た目が悪くなります。

カーテン種類で選ぶ

カーテンの種類でカーテンレールを選ぶ場合も多数あります。カーテンもドレープの厚手とレースタイプを2種類使用する場合もあれば、ロールカーテンやプレーンシェードなどの上下に可動するタイプもあります。カーテンの種類も豊富に世の中にあります。

 

中には断熱性能を上げる為にトリプルカーテンにする方もいるそうです。部屋をどのように使用したいか、どのようなインテリアにするかでも色々変わります。また、横引きのカーテンでもブラインドのように光を入れるタイプもあります。ブラインドカーテンと呼ばれてます。

 

窓は一番断熱性能を下げる開口部になりますのでカーテンの種類にも気を付けた方がよいでしょう。当然カーテンとセットになってくるカーテンレールも同じですので金属製などは熱を逃がしやすいことを覚えておきましょう。賢くカーテン、レールを選んで下さい。

レースカーテンで選ぶ

レースカーテンだけを取り付ける場所もあるでしょう。その際はやはりカーテンレールのデザイン性が優先されると思います。レースカーテンは明るいイメージがありますので、カーテンレールもシンプルよりモダンなデザインがおすすめでしょう。

 

ドレープカーテンの場合は遮光するというのが目的でありますので、シンプルなタイプのカーテンレールが好まれることが多いようです。木彫タイプなど暖かみのあるデザインがおすすめかもしれません。

窓の種類で選ぶ

窓の種類でカーテンを選ぶ場合もあります。窓には引き違いや縦滑り出し、横滑り出し、上げ下げ窓、FIXなど多種多様あります。勝手口やキッチンの出入り口に暖簾のようにカーテンを取り付ける場合もありますので、カーテンレールの取付方法にも注意してください。

 

FIX窓などの開かない窓などはシングルレースのカーテンレールでも良いでしょう。外滑り出しタイプの窓も同様でも良いと思われます。当然窓の大きさが大きいタイプなどはカーテンの重量に配慮したカーテンレールをおすすめします。

 

このように窓の種類でもカーテンレールは色々と多様性が必要になってきます。窓の種類でカーテンレールを選ぶ時には充分に使用用途や環境を考えましょう。

新築時に選ぶ

住宅やマンションの新築時には必ず内装の打ち合わせがあります。その時点で必ずカーテンレールを選ぶことがありますので、その時に設計図などで窓の開き方の確認をしましょう。横に引くタイプではなく、上げ下げの方が良い場合もあります。

 

インテリアアドバイザーなどがいれば相談するのも良いでしょう。窓の種類は日本では全国的に窓の仕様が各メーカーで統一されています。

手軽さで選ぶ

手軽さでカーテンレールを選ぶ場合も色々です。手軽に取付できるということで安価なカーテンレールを選ぶ場合もあるでしょう。その際は重量や取付ネジの長さにも注意した方が良いと思われます。手軽さを追求するあまりすぐに落下してしまうものは考え物です。

 

手軽だけど手軽じゃないカーテンレールもあります。リゾートホテルなどで見かけるリモコン式電動カーテンレールです。これは手軽にカーテンを開けられますがお値段は手軽ではありません。ただ是非とも欲しいカーテンレールではあります。贅沢な気分が味わえます。

 

手軽さもこのように何に対して手軽なのかを考えると良いでしょう。値段・持ち運び・取付・カーテン動作など色々と考えられます。焦らずにじっくりと選べば快適なライフスタイルを作れるでしょう。

材質で選ぶ

材質でカーテンレールを選ぶ場合は基本的に4種類あります。樹脂製・木製・鋳物製・金属製です。取り扱いが一番容易なのは樹脂製品でしょう。伸縮タイプや軽量なものもあり、デザインもスタイリッシュなものがあります。引っ越しが多い方などはおすすめです。

 

木製タイプはアンティークなデザインが多くレールも通常のレールと違いリングレールなどがあります。重量もさほど重くはありません。エンドキャップもデザイン性に優れています。鋳物製は重厚感があり、非常に重いので取付に注意が必要です。

 

金属製品は商品により非常に軽量でモダンなデザインが多くあります。色々と楽しむことができるでしょう。このようにカーテンレールの材質も数多くありますので、それぞれの材質の特徴をよく把握して購入しましょう。

樹脂製品で選ぶ

コスト的に一番安価なのは樹脂製でしょう。やはり樹脂製は使い勝手がよく、処分もし易い為、一般的に多く使われるようです。安心な部分としては商品が均一的に作られています。木製や真鍮製は風合いなどが商品によってバラつきがでる可能性があります。

人気のおすすめカーテンレールランキング10選

第10位

Curtain Call

電動リモコン ドレープシステム

価格:87,922円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴージャスな気分に浸れるリモコンタイプ

ゴージャスな気分に浸れて自慢もできる電動リモコンタイプのカーテンレールです。値段は高いですが非常にスムーズに可動します。ドレープ専用になりますのでレースカーテンのカーテンレールは別途必要となります。取付も簡単で家庭用100V電源で大丈夫です。

素材樹脂・金属対応幅約4m
第9位

工場直販ベストオーダー

角型伸縮カーテンレール ダブル 

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あらゆる窓幅に対応するカーテンレール

伸縮タイプのカーテンレールで嬉しいダブルタイプです。樹脂製品の為、非常に軽量で持ち運びも簡単です。さわやかで、シンプルなデザインなのでどんな部屋にもマッチングします。引っ越しが多い方にはおすすめのカーテンレールです。色は多数あります。

素材樹脂製対応幅1.1m-2.0m
第8位

グラムスタイル

アンティーク調のおしゃれなアイアンカーテンレール

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

素敵でシンプル・飽きのこないデザイン

金属・樹脂製品で最近流行のアンティーク塗装を施してあります。非常に軽量で取り回しも簡単です。シングルタイプ・ダブルタイプ両方ありますのでレースカーテンにも対応できます。カラーも数種類ありますのでお部屋の色彩により選ぶことが可能な商品となります。

素材樹脂・金属対応幅1.2m-2.1m
第7位

TOSO

伸縮 遮光・省エネ対応トップカバー付

価格:5,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

伸縮・遮光カーテンレールのトップメーカー

カーテンレールのトップメーカーTOSOの商品です。カーテンとの隙間を極力無くした構造で遮光・省エネに優れたタイプです。ランナー部分も静音タイプ使用にてカーテンの開閉が驚くほど静かでスムーズです。取付方向は正面と天井両方とも取付可能なタイプです。

素材樹脂・金属対応幅1.1m-2.0m
第6位

アイネット

伸縮カーテンレール アイアン 装飾レール

価格:3,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュでシャープな人気商品

モダンでシャープなデザインのカーテンレールです。シングルタイプとダブルタイプがあります。カラーは3種類あり、ホワイトウッド・ミディアムウッド・ダークウッドとお部屋の装飾や家具色調に合わせ易くなっています。ダブルタイプは伸縮機能が付いています。

素材スチール・亜鉛ダイカスト対応幅1.1m-2.0m
第5位

T-colors

カーテンレール 伸縮 アイアンレール

価格:4,752円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お洒落なアイアン製の個性的カーテンレール

エンドキャップが個性的なアイアン製のカーテンレールです。エンドキャップの種類も3種類ほどあり、好きなデザインを選べます。色も数種類ありますのでお好みに応じて選びましょう。ダブル・シングル両方対応可能商品です。リングは傷つきにくい樹脂製となります。

素材アイアン製対応幅1.2m-2.1m
第4位

Style Selections

アンティーク真鍮スチールカーテンロッド

価格:17,772円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高級感たっぷりの真鍮製

真鍮製のカーテンレールとなります。重さは多少ありますが、重厚感はピカイチの商品です。デザインも数種類ありますので、好みのデザインが選べます。シングルタイプですが、ドレープカーテンにもマッチングします。高級感溢れるインテリアの一つとなるでしょう。

 

真鍮タイプや鋳物タイプには造形品に優れており、値段は少し高めですが非常に満足できる作りとなっています。好きなモチーフをオーダーカスタムしても楽しいでしょう。

 

素材真鍮・鋳物対応幅28インチ-48インチ
第3位

TOSO

カーテンレール ウッディ28 

価格:11,599円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の木製デザイン商品

トップブランドのTOSO製品です。ハウスメーカーなどには必ずといっても良いほどTOSOのカタログはあります。それだけ信頼性のある木製カーテンレールです。色も数種類あり、家具の色調などによりチョイス可能ですので安心して選べます。安定の逸品です。

 

金額は少し高めですがその分の耐久性やインテリア性は抜群です。色々なエンドキャップがありますので、選ぶだけでも非常に楽しいでしょう。

素材木製対応幅1m-2m
第2位

クラスデザイン株式会社

木製カーテンレール ONE 【slim】

価格:3,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

落ち着いた木製商品

安定したデザインの木製商品です。ダブルとシングル両方あるので、レースカーテンのみでも安心して取付できます。取り扱いも非常に簡単で誰にでも取付できます。色も数種類ありますので好みに応じて対応できるカーテンレールでしょう。

 

軽くて丈夫な木製レールなので汎用性も非常に高く、コストパフォーマンスにも優れています。使いやすいリングレールなのでメンテナンスも簡単です。

素材木製対応幅2m-3m
第1位

リビングプラス

モダン 装飾 アイアン カーテンレール

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタイリッシュモダンなカーテンレール

アイアン製のスタイリッシュな商品です。ダブルタイプにてレース・ドレープ対応にてインテリア性も非常に高いです。レールは使いやすいリングタイプにてトラブルも少ないでしょう。なによりもモダンなデザインが人気の商品で、贅沢な気分のお部屋になるでしょう。

 

品質が非常によく、オーダーカーテンに最適のカーテンレールです。シンプルさのなかにこだわりが随所に見られる製品です。

素材アイアン対応幅1.2m-2.1m

カーテンレールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4910380の画像

    リビングプラス

  • 2
    アイテムID:4910379の画像

    クラスデザイン株式会社

  • 3
    アイテムID:4910378の画像

    TOSO

  • 4
    アイテムID:4910377の画像

    Style Selections

  • 5
    アイテムID:4910376の画像

    T-colors

  • 6
    アイテムID:4910375の画像

    アイネット

  • 7
    アイテムID:4910374の画像

    TOSO

  • 8
    アイテムID:4910373の画像

    グラムスタイル

  • 9
    アイテムID:4910372の画像

    工場直販ベストオーダー

  • 10
    アイテムID:4910371の画像

    Curtain Call

  • 商品名
  • モダン 装飾 アイアン カーテンレール
  • 木製カーテンレール ONE 【slim】
  • カーテンレール ウッディ28 
  • アンティーク真鍮スチールカーテンロッド
  • カーテンレール 伸縮 アイアンレール
  • 伸縮カーテンレール アイアン 装飾レール
  • 伸縮 遮光・省エネ対応トップカバー付
  • アンティーク調のおしゃれなアイアンカーテンレール
  • 角型伸縮カーテンレール ダブル 
  • 電動リモコン ドレープシステム
  • 特徴
  • スタイリッシュモダンなカーテンレール
  • 落ち着いた木製商品
  • 安心の木製デザイン商品
  • 高級感たっぷりの真鍮製
  • お洒落なアイアン製の個性的カーテンレール
  • スタイリッシュでシャープな人気商品
  • 伸縮・遮光カーテンレールのトップメーカー
  • 素敵でシンプル・飽きのこないデザイン
  • あらゆる窓幅に対応するカーテンレール
  • ゴージャスな気分に浸れるリモコンタイプ
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 3480円(税込)
  • 11599円(税込)
  • 17772円(税込)
  • 4752円(税込)
  • 3280円(税込)
  • 5480円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 87922円(税込)
  • 素材
  • アイアン
  • 木製
  • 木製
  • 真鍮・鋳物
  • アイアン製
  • スチール・亜鉛ダイカスト
  • 樹脂・金属
  • 樹脂・金属
  • 樹脂製
  • 樹脂・金属
  • 対応幅
  • 1.2m-2.1m
  • 2m-3m
  • 1m-2m
  • 28インチ-48インチ
  • 1.2m-2.1m
  • 1.1m-2.0m
  • 1.1m-2.0m
  • 1.2m-2.1m
  • 1.1m-2.0m
  • 約4m

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回色々なカーテンレールをご案内しましたが、カーテンレールの種類はかなり豊富にあります。アンティークなものから現代風のモダンなものなど多種多様です。じっくりと選んで素敵でお洒落なライフスタイルを満喫してください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ