記事ID134716のサムネイル画像

【奇妙な世界へ迷い込む】おすすめの恩田陸作品人気ランキング10選!

SF・ミステリー・ホラーなどの多彩なジャンルの作品を次々と執筆している恩田陸の作品は、緻密な表現と情景描写が幅広い年代から愛されています。多くの読書家を虜にする恩田陸の作品について、今回はおすすめの作品と自分に合った作品の選び方についてご紹介していきます!

小説家・恩田陸の作品が持つ独特の魅力

読者に迫り来るようなストーリー展開と、奇妙な世界観が特徴的である恩田陸は、青森県青森市出身の小説家で、巧みな心理描写とノスタルジックな情景描写によって「ノスタルジアの魔術師」とも呼ばれています。

 

ペンネームである「恩田陸」は、恩田姉妹と会社員時代の先輩の名字が由来しているとのことであり、年間300冊という膨大な読書量から生み出される数々の作品は「恩田ワールド」という愛称で多くの読書家の間で高い人気を誇っています。

 

SFやサスペンス・ホラーをはじめとした、多彩なジャンルが存在する恩田陸作品は、まるで映画や演劇を見ている時のような臨場感のある表現が魅力的です。読書家はもちろん、普段あまり本を読まないという人にも手軽に読みやすい雰囲気を持っているのも魅力の1つといえるでしょう。

恩田陸の作品の選び方

恩田陸は実にたくさんの作品を手掛けているため、初めて恩田陸作品に触れるという人のなかには「どの本から読んだら良いかわからない!」と感じる人も多いのではないでしょうか。そこでここでは、自分の読書スタイルに合った恩田陸作品の選び方についてご紹介します。

本の種類で選ぶ

小説家・恩田陸が手掛ける作品には、小説をはじめとした様々な種類が展開されています。なかには恩田陸作品をいくつか読んだ後の方が楽しめるものも存在しているため、自分の読書スタイルに合った作品を選ぶ時には、本の種類をチェックしておくと良いでしょう。

長編・短編小説

恩田陸による独特の世界観と卓越した文章表現が展開されているのが「長編・短編小説」です。

 

いつでも手軽に読める軽快なストーリー展開が良いという人には短編小説、たっぷりのボリュームと登場人物それぞれの複雑な心理描写をじっくり楽しみたいという人には長編小説がおすすめです。

 

魅力的なキャラクター達はもちろん、恩田陸自身が読書家であることに基づいた読者の心を掴む展開・表現は幅広い年代から愛されています。普段から本を読むという人はもちろん、恩田陸作品に初めて触れるという人にも大変おすすめです。

 

アンソロジー本

長編・短編小説とは一味違う作風・世界観を楽しみたいなら「アンソロジー本」がおすすめです。恩田陸は数々のアンソロジー本へ作品を投稿しているとともに、自身もアンソロジー本の編纂をしています。

 

様々なテーマに沿った内容が特徴のアンソロジー作品においても、巧みな心理描写・舞台表現などといった、おなじみの「恩田ワールド」が展開されています。

 

長編・短編小説としては展開されていない、アンソロジー本でしか読めないオリジナル作品も多いため、これまで恩田陸作品を読んできたという人や、少し違った雰囲気の恩田陸作品を楽しみたいという人におすすめです。

エッセイ・紀行文

独特の世界観と作風を生み出し続ける小説家・恩田陸の素顔を知ることができるのが「エッセイ・紀行文」です。

 

数々の賞を受賞してきた恩田陸が作品を作りだすうえで大切にしていることや、現在では幅広い年代から愛されている人気作品の舞台裏・モチーフなども知ることができるので、恩田陸作品をいくつか読んだ後から読むと、普通に長編・短編小説を読んだ時よりも多角的な視点で楽しむことができます。

 

「小説家・恩田陸の人間性を知りたい」という人や、これまで数々の恩田陸作品を読んできたという人には大変おすすめです。

作品のジャンルで選ぶ

小説家・恩田陸は実に様々なジャンルの作品を展開しており、ジャンルによって作風や世界観が大きく異なっているため、表紙やタイトルだけで選んでしまうと「思っていた作風と違う!」と感じる人も少なくありません。

そのため、初めて恩田陸作品に触れるという方は特に、作品のジャンルをよくチェックしておきましょう。

ミステリー・推理

数あるジャンルのなかで最も多く展開されており、恩田陸の得意ジャンルともいえるのが「ミステリー・推理系」です。

 

通常のミステリー小説とは異なり、ファンタジー要素を含む作品も多いこちらのジャンルは、海外の人気ミステリー作家の作品をオマージュした部分も含まれている作品もあるため、読書好きにはたまらないジャンルといえるでしょう。

 

それぞれの物語はそれぞれが独立しているように見えて、登場人物やストーリー展開のなかで過去作品との関連性を匂わせる部分も多く「ミステリー・推理系」ジャンルの全ての作品が1つの世界観を創り出しているため、恩田陸ファンや恩田陸作品を読んだことがあるという人に大変おすすめです。

SF・ファンタジー系

独特の世界観が特徴的な「恩田ワールド」を楽しみたいという人におすすめのジャンルが「SF・ファンタジー系」です。「ファンタジー」と一言で表しても、恩田陸作品には幻想的な要素を含むものから、日常に潜む非日常を表現したものまで、作品ごとに広がる多彩な世界観を楽しむことができます。

 

ひと癖あるキャラクター達によって形作られる演劇を見ているような臨場感と、1度読み始めたらどんどん引き込まれていくようなスピード感のある展開は、ホラー系とはまた一味違った雰囲気・読後感を味わえるのも魅力的です。

 

恩田陸の趣向が色濃く表現された作品が多く、何度読み返しても楽しめるため、初めて恩田陸作品を読む人はもちろん、恩田陸作品を読んだことがある人にも大変おすすめのジャンルといえます。

青春・ラブストーリー系

恩田陸作品に初めて触れるという人にも手軽に読みやすいジャンルこそ「青春・ラブストーリー系」です。奇妙な世界観と読後感が特徴的な恩田陸作品のなかでも珍しい、爽快感のある展開と個性的なキャラクター達が特徴的であり、普段から本を読まないという人にも読みやすい内容である作品が多く展開されています。

 

多感な時期の少年少女が持つ複雑な心理・人間関係から男女の切ない恋愛感情まで、恩田陸の巧みな文章表現によってよりリアルに描かれています。キャラクター1人ひとりの心情を丁寧に掘り下げて展開していく世界観は、どれも思わず感情移入してしまったという読者も多いジャンルです。

 

時には懐かしさを、またある時には読者に元気を与えてくれるこちらのジャンルには、本屋大賞・直木賞などといった多彩な賞を受賞した作品も多いため、初めて恩田陸作品を読むという人や「元気をもらえる物語が読みたい」という人に大変おすすめです。

ホラー系

恩田陸作品のなかでも、小説とは思えないほどのリアルな表現による臨場感満点の作風が特徴的なのが「ホラー系」です。

一般的なホラー系小説の場合、直接的なホラー表現が多用されていることが多いですが、恩田陸作品では迫り来るようなスピード感のある展開と、読者の深層心理にある「恐怖」の感情に直接語りかけてくるような緻密な表現が魅力的です。

 

おばけや非日常体験に基づいた恐怖よりも、人間の内側に潜むダークな一面やドロドロとした感情を描いたものが多く、ホラー小説家顔負けの生々しいホラー表現は1度読み始めたら鳥肌がとまらなくなるほどの怖さがあると高く評価されています。

 

恩田陸作品のなかでも特にサクサク読める手軽さがあり、ひやりとした読後感も楽しめるため、恩田陸作品を初めて読むという人はもちろん「震え上がるほどの怖い物語が読みたい!」という人にも大変おすすめのジャンルといえます。

恩田陸のおすすめ人気作品ランキング10選

第10位

新潮社

六番目の小夜子

価格:637円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

恩田陸のデビュー作であり奇妙なゲームをめぐる青春物語!

とある地方の高校にやってきた、美しくてミステリアスな転校生・津村沙世子。

彼女が転校してきた高校には、十数年にわたって「三年に一度サヨコと呼ばれる生徒が、見えざる手によって選ばれる」という奇妙なゲームが受け継がれていた。

 

NHKにてテレビドラマ化されたことでも話題となったこちらの作品は、恩田陸のデビュー作であり、学生時代ならではの閉塞感やもどかしさ、複雑な人間関係が巧みに表現されており、新人とは思えないほどのハイクオリティな作品といえます。

出版年月日2001年1月30日ジャンル長編小説
テーマ青春ページ数339ページ
第9位

実業之日本社

いのちのパレード

価格:679円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

有名海外作家の作品の要素を含んだシュールな短編集!

恩田陸作品のなかでも特に「人を選ぶ作品」として知られるこちらの小説は、シャーリィ・ジャクスンやジャック・フィニィなどの有名な海外の異色作家の作品をオマージュしていることもあり、奇妙でシュールな世界観が特徴的です。

 

ファンタジー・SF・ホラーなどの多彩なジャンルの全15作品を収録した短編集であり、方向性も雰囲気も異なる作品はどれも、1度読むと何度も読み返したくなること間違いなしの1冊です。「恩田ワールドをとことん楽しみたい!」という人や恩田陸ファンの人におすすめできる作品といえます。

出版年月日2010年10月5日ジャンル短編小説
テーマファンタジーページ数384ページ
第8位

徳間書店

禁じられた楽園

価格:864円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

タイトルからは想像できない鳥肌不可避の恐怖が体験できる1冊!

大学生の主人公・平口健は、若き天才美術家の島山響一から招待され、熊野の山奥にある野外美術館を訪れる。そこには、美しい美術品の数々とともに、特定の人間のみ恐怖を感じるもの・心的トラウマや傷をえぐるようなもので溢れていた。

 

圧倒的なスピード感とボリューム、そして読者に迫り来るような文章表現はまるで作中に登場する美術館が本当に目の前に存在するように錯覚させるほどのリアリティがあります。

 

旧約聖書を彷彿とさせるタイトルに反して、読み始めたら鳥肌がとまらなくなるとして、口コミでも高く評価されています。「怖い物語を楽しみたい」という人には大変おすすめの1冊です。

出版年月日2007年3月15日ジャンル長編小説
テーマホラーページ数528ページ
第7位

講談社

黒と茶の幻想

価格:734円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太古の島での旅を通じて蘇る過去の事件をめぐるストーリー!

学生時代の同窓生だった男女4人は、俗世を離れた太古の森を抱く島を目指して旅を始める。旅の途中、主人公達はそれぞれが心に抱える「封印された過去の事件」へと引き戻されていくことになる。

 

上下2巻で構成されるこちらの長編小説は、各章で語り手が変わっているため、より立体的な物語を楽しむことができるようになっています。ほぼ会話によって展開されていくストーリーは進むにつれてより緊張感を増していくうえ、恩田陸作品ならではの「何とも言えない不穏な空気」もじっくり味わうことができます。

 

ミステリー系ジャンルが好きな人はもちろん、ボリュームのある物語を楽しみたい人にもおすすめできる作品といえます。

出版年月日2006年4月14日ジャンル長編小説
テーマミステリーページ数400ページ
第6位

講談社

麦の海に沈む果実

価格:771円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「理瀬シリーズ」の第2弾!奇妙な言い伝えをめぐる怪奇現象に迫る!

「3月以内の転入生は破滅をもたらす」という言い伝えがある全寮制の学園に、2月の最後の日に転校してきた主人公・理瀬。不安な気持ちを抱える理瀬の周りでは、コンサートホールや学園内の湿原などから次々と生徒が失踪し、いわくつきの本が図書館からなくなってしまうという事件が発生する。

 

大人気小説シリーズ「理瀬シリーズ」の第2弾であるこちらの作品は、恩田陸作品のなかでも独特の世界観が高く評価されたミステリー作品です。まるで演劇を見ているかのような非日常的世界を舞台に、謎めいた美少年・美少女達が学園にまつわる様々な「不思議」に挑みます。

 

スピード感のある展開とダークな作風は恩田陸ファンはもちろん、初めて恩田陸作品に触れるという人にも楽しめるおすすめの作品の1つです。

出版年月日2004年1月15日ジャンル長編小説
テーマミステリーページ数512ページ
第5位

新潮社

朝日のようにさわやかに

価格:680円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多彩なジャンルのホラー作品が収録された短編集!

こちらの本は、登場人物4人の共通イメージによって蘇る謎めいた記憶をめぐる奇妙な展開が人気の表題作『朝日のようにさわやかに』をはじめとした、様々なスタイルの「恐怖」が味わえる短編小説を収録しています。

 

爽やかな印象のタイトル・表紙からは想像できないほどの鳥肌不可避の怖い物語がメインとなっており、SF・ファンタジー要素が含まれるものからスプラッター系ホラーまで、読書好きもお腹いっぱいになるほどのボリュームを誇っています。小説とは思えないほどのリアルな表現の数々は、最後の1文まで読者を夢中にさせてくれます。

 

『麦の海に沈む果実』に登場する人気キャラクター・ヨハンが登場するなど、過去作品とリンクしている表現・場面も多いこちらの作品は『図書館の海』以来5年ぶりの短編集であり、恩田陸による完成度の高いストーリーやサクサク読める展開は「1度読み始めたらとまらなくなった」という読者も多く、恩田陸ファンにもおすすめの1冊です。

出版年月日2010年5月28日ジャンル短編小説
テーマファンタジー・ホラーページ数366ページ
第4位

新潮社

ライオンハート

価格:810円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時を越え巡り合う男女の結ばれない愛の物語!

17世紀のロンドン、19世紀のシェルブール、20世紀のパナマなどといった幾多の時と空間を越えて出会う男女の、決して結ばれることはない愛の物語となっています。

 

ミステリーやファンタジー・ホラー作品で有名な恩田陸による数少ない恋愛小説であり、無情な運命に振り回されながらも深く愛し合うエリザベスとエドワードの姿は時に切なく、またある時には読者を感動の渦に巻き込みます。

 

恋愛と輪廻転生を併せ持っていることから「異色のラブストーリー」としても名高いこちらの作品は幅広い年代から愛されており、口コミでは「感動のあまり胸が締め付けられるような気持ちになった」「読んでいてうっとりさせられた」という大絶賛のコメントも多い1冊です。恩田陸ファンはもちろん、恋愛小説が好きという人にもぜひおすすめしたい作品です。

出版年月日2004年1月28日ジャンル長編小説
テーマラブストーリーページ数397ページ
第3位

講談社

三月は深き紅の淵を

価格:720円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

不思議な本をめぐる奇妙なミステリー作品!

読書が趣味の主人公・鮫島巧一はある日、会社の会長の別宅に2泊3日の招待を受けた。彼を待っていた好事家たちから聞かされたのは、屋敷内にあるはずなのに10年以上行方不明の稀覯本『三月は深き紅の淵を』の話だった。たった1人に1晩だけ貸すことが許された謎の本をめぐる、恩田陸珠玉のミステリー作品となっています。

 

またこちらの作品は、様々な立場のキャラクター達の視点による4つのストーリーから構成されており、一見繋がりがないように見えますが、全てを読んだ後にはまるでジグソーパズルのピースがはまった時のような爽快感を味わうことができます。

 

口コミでは、恩田陸ならではの独特の世界観が高く評価されており「読書好きの心を掴んでくる作品」「ユーモラスな設定に引き込まれる」という書き込みも多く掲載されています。ミステリー好きや「ボリュームのある物語を読みたい」という人におすすめの1冊です。

出版年月日2001年7月13日ジャンル長編小説
テーマミステリーページ数448ページ
第2位

幻冬舎

蜜蜂と遠雷

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音楽で紡ぐ少年少女の青春ストーリー!

3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクールは「制した者が世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあることで有名だった。養蜂家の父とともに各地を転々としていたピアノを持たない主人公・風間塵をはじめとした、様々な境遇の少年少女による青春群像小説です。

 

直木賞・本屋大賞のダブル受賞を果たしたことからも話題となったこちらの作品は、ピアノコンクールを舞台に人間の才能と運命、そして登場人物達に幾度となく付きつけられる厳しい現実が、臨場感のある表現によって描かれています。

 

各々が抱える思いと人間模様が長編小説ならではのボリュームで書かれており「音楽」をテーマとしながらも、音楽に詳しくない人が読んでもとことん楽しめるのが魅力的です。口コミでも「読む音楽だ」「情景が目の前に浮かぶようにリアルだ」と高く評価されているため、初めて恩田陸作品を読むという人にもおすすめの1冊です。

出版年月日2016年9月23日ジャンル長編小説
テーマ青春ページ数507ページ
第1位

新潮社

夜のピクニック

価格:767円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ノスタルジアの魔術師による珠玉の青春ストーリー!

高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。全校生徒が夜を徹して80キロの道を歩き通すという北高の伝統行事において、主人公の甲田貴子は「密かな誓い」を胸に参加していた。親友達とともに、学校生活の思い出やこれからの夢を語らいながら歩く彼女は、誰にも言えない秘密を精算しようとしていた。

 

2005年の『第2回本屋大賞』や『吉川英治文学新人賞』を受賞したことでも知られているこちらの作品は、恩田陸による独特な世界観を持ちながら、学生ならではのキラキラとした青春の1ページを描いた物語となっています。

 

学生同士の繊細な関係性・心情を描いた巧みな文章は幅広い年代から高く評価されており、心地良い読後感のなかに「懐かしさ」が感じられるノスタルジックな作風は、恩田陸作品を初めて読むという人にも大変おすすめです。

出版年月日2006年9月7日ジャンル長編小説
テーマ青春ページ数455ページ

恩田陸のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4909435の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:4909429の画像

    幻冬舎

  • 3
    アイテムID:4909421の画像

    講談社

  • 4
    アイテムID:4909403の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4909399の画像

    新潮社

  • 6
    アイテムID:4909395の画像

    講談社

  • 7
    アイテムID:4909386の画像

    講談社

  • 8
    アイテムID:4909372の画像

    徳間書店

  • 9
    アイテムID:4909368の画像

    実業之日本社

  • 10
    アイテムID:4909363の画像

    新潮社

  • 商品名
  • 夜のピクニック
  • 蜜蜂と遠雷
  • 三月は深き紅の淵を
  • ライオンハート
  • 朝日のようにさわやかに
  • 麦の海に沈む果実
  • 黒と茶の幻想
  • 禁じられた楽園
  • いのちのパレード
  • 六番目の小夜子
  • 特徴
  • ノスタルジアの魔術師による珠玉の青春ストーリー!
  • 音楽で紡ぐ少年少女の青春ストーリー!
  • 不思議な本をめぐる奇妙なミステリー作品!
  • 時を越え巡り合う男女の結ばれない愛の物語!
  • 多彩なジャンルのホラー作品が収録された短編集!
  • 「理瀬シリーズ」の第2弾!奇妙な言い伝えをめぐる怪奇現象に迫る!
  • 太古の島での旅を通じて蘇る過去の事件をめぐるストーリー!
  • タイトルからは想像できない鳥肌不可避の恐怖が体験できる1冊!
  • 有名海外作家の作品の要素を含んだシュールな短編集!
  • 恩田陸のデビュー作であり奇妙なゲームをめぐる青春物語!
  • 価格
  • 767円(税込)
  • 1944円(税込)
  • 720円(税込)
  • 810円(税込)
  • 680円(税込)
  • 771円(税込)
  • 734円(税込)
  • 864円(税込)
  • 679円(税込)
  • 637円(税込)
  • 出版年月日
  • 2006年9月7日
  • 2016年9月23日
  • 2001年7月13日
  • 2004年1月28日
  • 2010年5月28日
  • 2004年1月15日
  • 2006年4月14日
  • 2007年3月15日
  • 2010年10月5日
  • 2001年1月30日
  • ジャンル
  • 長編小説
  • 長編小説
  • 長編小説
  • 長編小説
  • 短編小説
  • 長編小説
  • 長編小説
  • 長編小説
  • 短編小説
  • 長編小説
  • テーマ
  • 青春
  • 青春
  • ミステリー
  • ラブストーリー
  • ファンタジー・ホラー
  • ミステリー
  • ミステリー
  • ホラー
  • ファンタジー
  • 青春
  • ページ数
  • 455ページ
  • 507ページ
  • 448ページ
  • 397ページ
  • 366ページ
  • 512ページ
  • 400ページ
  • 528ページ
  • 384ページ
  • 339ページ

まとめ

圧倒的な読書量に基づいた多彩な表現と、多くの読者を魅了する独特の世界観は、まさに恩田陸作品ならではの魅力といえるでしょう。ボリュームのある物語を読みたいという人はもちろん、普段あまり本を読まないという人も、ぜひ1度恩田陸作品を楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ