記事ID134710のサムネイル画像

【良質な睡眠のために妥協してはいけない】クイーンベッドのおすすめ人気ランキング10選

2人で寝る場合、適度な大きさのベッドが必要です。窮屈なベッドだと寝返りも打てず快適とは言えません。クイーンベッドほどの大きさであれば、快適ですが、何を選べばいいか悩ましいところです。そこで今回はクイーンベッドの選び方やおすすめをランキング形式でご紹介します。

2人の快適な睡眠にはクイーンベッド

一般的なクイーンベッドのサイズは横幅が160cmあり、余裕を持って寝返りなど打てる大きさです。ダブルベッドの場合は、横幅が140cmでジャストサイズとなります。このジャストサイズは気をつけをした状態でぴったり収まる幅のため、睡眠時の姿勢によってはパートナーに手が当たることも多いです。

 

その点クイーンベッドであれば、気にせずに寝返りも打ててある程度の姿勢であれば支障なく好きな体勢で寝ることができます。そのため、寝ている途中にぶつかって眼が覚めるようなことも少なくなります。

 

もちろんサイズが大きいため、室内に搬入するのは大変な場合があります。ですが、搬入後にあちこち移動するものでもないため、少し大変ではあってもそれを大きく上回るメリットがあります。

クイーンベッドの選び方

良質な睡眠を得るためにどんな寝心地が必要なのか、また必要な機能を考えると選びやすくなります。それでは、実際に選ぶ基準をご紹介します。

スプリングのタイプで選ぶ

寝心地を左右する1番のポイントといっても過言ではないのがスプリングのタイプです。合わないタイプだと腰痛の原因になることがあるため、それぞれの特徴を見ていきましょう。

ボンネルコイルスプリング

ボンネルコイルの特徴は、体を面で支える構造になっていて比較的しっかりとした硬めの寝心地のものが多いです。柔らかめで寝づらい方にはボンネルコイルがおすすめです。また、内部の通気性に優れており、価格面も安く手に入るところが非常に嬉しいところです。

 

湿度の高い部屋でも湿気にくいことや、窓を開けて風通しするだけでベッド内部も十分換気を行える点は非常に嬉しいポイントです。反面、構造上横の揺れが伝わりやすいため、クイーンベッドで2人で寝ているときなど、寝返りを打つと全体が揺れやすい点が欠点としてあげられます。

 

また安価なものが多いのはよいところですが、スプリングの上の詰め物のコストカットをしすぎている場合、寝心地が固すぎる場合もあるため、事前にチェックが必要です。

ポケットコイルスプリング

面で支えるボンネルコイルと比べ、ポケットコイルでは点で体を支えます。そのため、硬めだと寝づらい方にとっては比較的体にかかる圧力が分散するため柔らかめな寝心地となります。こちらもボンネルコイル同様通気性に優れており、湿気対策には十分なものです。

 

デメリットとしては、ボンネルコイルと違い横ではなく縦揺れしやすい特徴があります。弾みやすいことで寝づらさを感じる可能性も否めません。また、ベッドの上を歩くように一点に力が加わるとその部分のコイルが消耗するため、取り扱いに注意が必要です。

 

2人で寝る場合などは、横揺れしないことで相手を気遣うことなく寝返りを打つことができるため、シングルベッドでなければ、おすすめされやすいスプリングタイプとなります。

特殊コイル

特殊コイルでは、各社が力を入れて販売しているスプリングタイプとなっています。フランスベッド社で有名なスプリングで1筆書きのように1本の線材で作り上げることで、ボンネル/ポケットコイルのいいとこ取りをした高密度連続スプリングというものがあります。

 

とても寝心地や快適性がある反面、やや価格が高いのがネックです。その他にトルネードポケットコイルやアワーグラスポケットがあり、トルネードポケットコイルはドリームベッド社が提供しているもので、円錐形のコイルを上下を入れ替えながら配置し快適な寝心地を実現しています。

 

アワーグラスポケットは、東京スプリング社によるもので、砂時計(アワーグラス)のような形状のコイルが加わった重さに対して様々対応するため、どのような体勢や体重の方でも変わらない快適な寝心地を味わうことができます。

機能で選ぶ

ただ寝るだけではなく、そのベッドにプラスアルファがあれば無駄な買い物を防いだり効率のいい部屋の使い方ができます。どのようなものがあるかみていきましょう。

ヘッドボード&コンセント付き

今の時代であればベッドにコンセントがついているとそのメリットはとても大きいでしょう。主にベッドの頭の部分にヘッドボードが設けられており、そこにコンセントが設置されています。

 

携帯の充電や小型加湿器、寝る前にスマートウォッチやモバイルバッテリーの充電をしておく方などもいることでしょう。部屋に備えられたコンセントで満たそうとするとベッドの配置が限定されたり、ベッドとは別にテーブルが必要になることがあります。

 

小物を置けるスペースとコンセントがついているタイプであれば、上記のような制限を取り払い、手間も感じることがないでしょう。またインテリアとして小さな植物を置いたりすることもでき、おしゃれを演出することも可能です。

収納付き

寝るだけではなく、ベッドの下に収納棚がついているタイプがよくあります。スペースを効率よく活用でき、ものが多くなった時にはとても役立ちます。

 

洋服から小物、雑貨などクイーンベッドならではの大きさを活かして大きな収納スペースが生まれるため、カテゴリ別に分けることも可能となります。

 

あらかじめ部屋にあるクローゼットなどでは、スペースが足りない方も多く、特に日本では部屋数に対してクローゼットの広さが足りない方が多くいらっしゃいます。部屋のデメリットを補ってくれる点も心強くあります。

高さで選ぶ

ベッドの高さに応じても意外と違いがあるものです。それぞれのメリットをご紹介しますので、クイーンベッド選びの参考にしてみてください。

高め

ベッドの位置が高いことで、大きくメリットが3つあげられます。ひとつめは、縦の移動が少ないので寝たり起きたりするのがとても楽です。低血圧の方など、寝起きで立ち上がるとふらつくことなどもありますが、腰掛けて落ち着いてから起きるなどの対策ができます。

 

ふたつめは、床下にスペースができるため、通気性がよくなります。なかなか動かさない家具のベッドはどうしても湿気がたまりやすくカビの原因になりやすいのが悩みどころですが、通気性が確保されるため、心配ありません。

 

最後に床下に収納できるといった空間を利用することができます。通気性とのバランスもありますが、部屋のスペースを効率よく利用できるのは嬉しいところです。

低め

高めとは反対に2つのメリットがあります。ひとつめは、高さがないことで部屋への圧迫感がなくなり、見通しが良くなるため開放感ある空間を演出できます。部屋があまり広くない場合、特に違いを感じられるものとなります。

 

ふたつめは、安定性です。ベッドを点ではなく面として捉えるため揺れにくく安定感が増します。揺れの影響でベッドがずれるなどの心配もなくなります。ずれる際に音がなることで階下があれば、響くこともありますがその心配も減ります。

クイーンベッドのおすすめ人気ランキング10選

第10位

後藤家具物産株式会社

コンセント付き クイーンベッド

価格:54,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロータイプのヘッドボード&コンセント付きクイーンベッド!

こちらは、すのこ仕様のフレーム付きクイーンベッドです。低めのフレームとマットレスで空間を広く演出することができ、開放的に魅せることができます。また、フレームはすのこであるため、通気性がよく湿気対策も万全です。

 

マットレスはポケットコイルかボンネルコイルのどちらかを好みに応じて選ぶことができる点も非常に嬉しいところです。また従来のスプリングよりも、ワタミ防止のワイヤーをつけることで安全に安定して使うことができます。

 

ヘッドボードとコンセントがついており便利に使うことができます。ヘッドボードはおくスペースから高さ9.5cm奥行き12.5cmとほどよいスペースが設けられています。携帯の充電やアラーム用の時計、小物など十分におけるようになっています。

スプリングポケットorボンネル機能ヘッドボード&コンセント
第9位

楽達コーポレーション株式会社

連結ローベッド クイーンベッド

価格:43,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンセント付きクイーンベッド

こちらは、クイーンサイズのフレームにセミシングルを左右に配置するタイプのクイーンベッドです。連結すればクイーンサイズですが、解除すれば通常のセミシングルベッドとしても使うことができます。

 

高さはロータイプでヘッドボード、2口コンセントも搭載されています。フレームはすのこ仕様で通気性がしっかりと確保されています。マットレスもポケット/ボンネルコイルのどちらかを選ぶことができ、希望するタイプで眠ることができます。

 

また、フレームのサイズとマットレスのサイズが一致しているため、起きる際にマットに足をぶつけることなどがなく、安全性も確保されています。

スプリングポケットorボンネル機能ヘッドボード&コンセント
第8位

COSPAC

分割式 クイーンベッド

価格:43,932円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルな通気性のいい分割式クイーンベッド

こちらはセミシングルを連結して使うタイプのクイーンベッドです。もちろんそれぞれセミシングルとして別々に使うことも可能です。マットレスとフレームが一体型になっているため、分割しての移動や搬入自体もとても楽に行えます。

 

マットレス下には空間があるため、別途収納をもうけることもできますし、そのままで掃除のしやすさや通気性を確保しておくことも可能です。

 

足の部分には木材が使用されており、床に傷をつけにくくなっています。気になる寝心地では、ボンネルコイルとウレタンフォームが併用されており、快適です。ベッドとしても使えますが、お友達が来た時などには分割してソファとしても使うことができます。

スプリングボンネルコイル機能なし
第7位

Supor

収納ベッド クイーンベッド

価格:82,149円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納付きポケットコイルクイーンベッド

こちらはポケットコイルタイプのマットレスと収納ケース付きフレームのクイーンベッドです。ヘッドボードとコンセントも搭載されており、必要十分なベッドとなっています。長く使うことを考えると価格帯も比較的手頃なゾーンと言えるでしょう。

 

高さがやや高めとなっていることで、起き上がる際の体への負担が少なく、腰掛けて使うことも可能となっています。パートナーと眠る前に少し話をしたり、朝落ち着くまで座ってゆったりすることもできるような程よい高さです。

 

収納となる引き出しは、左右にあるため、洋服や小物など部屋のクローゼットに入りきらなくなったものでも入れておくことが可能なほど十分な広さとなっています。

スプリングポケットコイル機能ヘッドボード&コンセント
第6位

COSPAC

フロアベッド クイーンベッド

価格:47,596円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ロータイプ分割好きクイーンベッド

こちらは分割可能なロータイプのクイーンベッドです。分割時にはセミシングルのベッドとなります。カラー展開が2色あり、ウォルナットブラウンとブラックとなっています。シンプルな作りながらもおしゃれで高級感が感じられるようになっています。

 

マットレスはポケットコイルが採用されており、約100kgの荷重を8万回繰り返す耐久テストを行うなどそのクオリティの高さが伺えます。

 

ヘッドボードとコンセントももちろん搭載されており、機能性に不自由を感じることもありません。

スプリングポケットコイル機能ヘッドボード&コンセント
第5位

Supor

収納ベッド クイーンベッド

価格:68,076円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コンセント付き収納クイーンベッド

こちらは収納用の引き出し付きクイーンベッドです。ボンネルコイルのマットレスで程よい硬さとなっており、万人に受ける寝心地となっています。

 

ヘッドボードはありますが、コンセントは1200wのものが1口のみとなっています。

 

ベッド下に収納がついているため、腰掛けやすい高さとなっています。

スプリングボンネルコイル機能ヘッドボード&コンセント
第4位

シモンズ

ボックス引出し付 クイーンベッド

価格:276,318円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

良質な睡眠を実現するクイーンベッド!

こちらはボックス引き出し付きクイーンベッドです。フレーム足元に収納用の引き出しが設けられています。マットレスにはポケットコイルとウレタンが使われており、ふかふかの寝心地を体験できます。

 

ヘッドボードと2口コンセントが搭載されています。ヘッドボード中央部には開口部があり、優しいLED照明付きとなっています。読書灯には少し物足りないですが、ベッド脇に置くための照明器具は不要となっています。

 

マットレスには、通気性をよくするために側面にベンチレーターがついており、内部の通気を行い、湿気対策がとられています。1晩に約コップ1杯分もの水分を発散していると言われているため、マットレスに湿気対策が標準搭載されているのは長く使えるように工夫されています。

スプリングポケットコイル機能ヘッドボード&コンセント
第3位

Supor

スタンダードボンネルコイルマットレス付き クイーンベッド

価格:59,549円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シックなデザインのクイーンベッド

こちらはボンネルコイルマットレスのクイーンベッドです。高さが低めでシンプルなデザインであることも含めて開放的な演出が可能です。ものによってはチープな印象になりやすいシンプルさですが、高級感がありおしゃれなつくりとなっています。

 

カラー展開が2色あり、ブラウン/ブラックとなっています。ベーシックな配色であるため、基本的にはどのような部屋にもあわせやすく、インテリアのバランスを崩すことなく配置できるでしょう。

 

通常マットレスにシーツなどを敷くため汚れは気にならないものですが、マットレスのカラー自体もアイボリーやホワイトではないことで、飲み物をこぼしたりしても汚れが目立ちません。

スプリングボンネルコイル機能なし
第2位

シモンズ

ダブルクッション クイーンベッド

価格:236,844円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

クッション性の高いマットレスのクイーンベッド

こちらはダブルクッションタイプのヘッドボード付きクイーンベッドです。クッション性が高く、スプリングもボックススプリンが採用されています。

 

ボックススプリングは体圧の分散を得意とし、どのような体勢でも負担をかけることのない設計となっています。また通気性がよいため、特に何もせずに寝具の天敵である湿気対策も取られています。

 

また、適度な弾力性が保持されており、一点に負荷がかかってもしっかりと受け止められる高い耐久性も大きなポイントとなっています。下部にボックススプリング、上部にマットレスが使われることでさらに快適な睡眠を実現してくれます。

スプリングボックススプリング機能ヘッドボード&コンセント
第1位

シモンズ

スリムダブルクッション クイーンベッド

価格:307,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な寝心地と長く使える安心感

こちらはスリムタイプのダブルクッションマットレスクイーンベッドです。第2位のものと同様ボックススプリングが採用されており、その耐久性や通気性、寝心地の良さは折り紙付きです。

 

マットレス側面にはベンチレーターが搭載されており、腰掛けた際や寝返りを打った際などにバランスがとられており、内部の通気を行うことで高い通気性を誇ります。ヘッドボードにはコンセントと照明が搭載されております。

 

フレーム下にはスペースが設けらており、掃除のしやすさも考えて作られています。またカラーが3色展開となっており、ダーク/ミディアム/ナチュラルとなっています。部屋のインテリアにも合わせやすい配色になっていることも嬉しいポイントです。

 

スプリングボックススプリング機能ヘッドボード&コンセント

クイーンベッドのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4912934の画像

    シモンズ

  • 2
    アイテムID:4912933の画像

    シモンズ

  • 3
    アイテムID:4912931の画像

    Supor

  • 4
    アイテムID:4912929の画像

    シモンズ

  • 5
    アイテムID:4912927の画像

    Supor

  • 6
    アイテムID:4912926の画像

    COSPAC

  • 7
    アイテムID:4912923の画像

    Supor

  • 8
    アイテムID:4912922の画像

    COSPAC

  • 9
    アイテムID:4912918の画像

    楽達コーポレーション株式会社

  • 10
    アイテムID:4912916の画像

    後藤家具物産株式会社

  • 商品名
  • スリムダブルクッション クイーンベッド
  • ダブルクッション クイーンベッド
  • スタンダードボンネルコイルマットレス付き クイーンベッド
  • ボックス引出し付 クイーンベッド
  • 収納ベッド クイーンベッド
  • フロアベッド クイーンベッド
  • 収納ベッド クイーンベッド
  • 分割式 クイーンベッド
  • 連結ローベッド クイーンベッド
  • コンセント付き クイーンベッド
  • 特徴
  • 圧倒的な寝心地と長く使える安心感
  • クッション性の高いマットレスのクイーンベッド
  • シックなデザインのクイーンベッド
  • 良質な睡眠を実現するクイーンベッド!
  • コンセント付き収納クイーンベッド
  • ロータイプ分割好きクイーンベッド
  • 収納付きポケットコイルクイーンベッド
  • シンプルな通気性のいい分割式クイーンベッド
  • コンセント付きクイーンベッド
  • ロータイプのヘッドボード&コンセント付きクイーンベッド!
  • 価格
  • 307530円(税込)
  • 236844円(税込)
  • 59549円(税込)
  • 276318円(税込)
  • 68076円(税込)
  • 47596円(税込)
  • 82149円(税込)
  • 43932円(税込)
  • 43790円(税込)
  • 54990円(税込)
  • スプリング
  • ボックススプリング
  • ボックススプリング
  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • ボンネルコイル
  • ポケットコイル
  • ポケットコイル
  • ボンネルコイル
  • ポケットorボンネル
  • ポケットorボンネル
  • 機能
  • ヘッドボード&コンセント
  • ヘッドボード&コンセント
  • なし
  • ヘッドボード&コンセント
  • ヘッドボード&コンセント
  • ヘッドボード&コンセント
  • ヘッドボード&コンセント
  • なし
  • ヘッドボード&コンセント
  • ヘッドボード&コンセント

まとめ

ここまでクイーンベッドのおすすめランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?高くない価格帯であり、また1日の3分の1を過ごすベッドには妥協できない重要な家具です。寝心地はもちろんのこと、ヘッドボードや収納などといった機能性も見逃せません。しっかりとした基準で選べば、家具としての満足度も睡眠の質も向上して、きっと毎日メリハリのついた生活を送れるようになりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ