記事ID134709のサムネイル画像

【ぬか漬けデビューに】人気のぬか床おすすめランキング10選

最近注目されている発酵食品の1つであるぬか漬け。ぬか漬けに欠かせないぬか床はどれがおすすめなのかわからないという方も多いです。今回は初心者にも手軽に挑戦できる、おすすめなぬか床の人気メーカーをランキング形式で紹介していきます。

ぬか床はぬか漬けの味を左右する大切なもの

少し前の日本では各家庭に必ずといっていいほど常備されていたぬか床ですが、毎日かき回す必要がある手入れの手間や、独特のにおいなどが原因で現在も家庭でぬか漬けを作っている家庭は少なくなっていきました。しかしながら現代において、発酵食品は美容や健康のサポートに適する食品とされ、ぬか漬けにも注目が集まるようになりました。

 

ぬか漬けに必ず必要となるものが「ぬか床」です。実はこのぬか床こそがおいしいぬか漬けとなるための味を決める存在なのです。またぬか床と一言にっても作り方やベースとなる食品にも違いがあるため、自分好みのぬか床を見つけることが、おいしいぬか漬けを作るうえでは重要なポイントといえます。

 

今回は美容と健康だけでなくおいしいぬか漬けを食べるための大切なぬか床のおすすめメーカーをランキング形式で紹介していきます。

ぬか床の選び方

米ぬかの種類で選ぶ

ぬか床に使用する米ぬかは大きく分けて、生ぬかと炒りぬかの2種類あります。2つの米ぬかは特徴がことなる部分もあるため、自分に合ったものを選ぶのが大切なポイントといえます。

本格的なぬか漬けを楽しみたいなら「生ぬか」

生ぬかとはお米を精米した際にでる外皮と胚芽が混ざっている粉のことで、名前の通り火などで加工していない出来たてのぬかです。生ぬかはスーパーなどではほとんどおいていることがないため、お米専門に取り扱っている店舗などで入手する必要があります。

 

生ぬかは生の状態であるため非常に傷みやすいため、毎日しっかりとぬか床の管理を行う必要があります。また生ぬかを入手したらすぐにぬか床を作る必要があるため、十分に時間的余裕がある方や、メンテナンスをきちんと行うことができる方に向いている米ぬかです。

 

傷みやすい生ぬかではありますが、その分含まれている菌も豊富なので炒りぬかと比較したときにより早くぬか床が完成します。また生ぬかをぬか床にしたぬか漬けは、ぬか本来の味を楽しむことができるため、本格的なぬか漬けを楽しみたいという方は生ぬかを使用するぬか床がおすすめです。

扱いやすい炒りぬか

炒りぬかとは生ぬかを火を加えて炒った状態のぬかのことを指しています。火を加えることにより日持ちができるようになるため、虫がつきにくくなっています。炒りぬかは一般的なスーパーなどでも取り扱っているため、手軽に始めることができるのが魅力です。

 

炒ることで日持ちや虫がつきにくくなる半面生ぬかにいた菌が死滅してしまうため、十分に発酵したぬか床を完成するまでには時間がかかってしまいます。しかしながら生ぬかよりも傷みにくいため、メンテナンスをうっかり忘れてしまいそうという方には炒りぬかの方が安心して挑戦することができます。

 

炒りぬかは炒ることにより香ばしさが加わるため、炒りぬかを使用したぬか床で漬けたぬか漬けは食べやすいと感じる方が多いです。ぬか臭さが苦手という方にも香ばしさでさっぱりと食べることができるため、家族でぬか漬けを楽しむという方にもおすすめです。

ぬか床のタイプで選ぶ

近年はぬか漬けが注目されていることもあり、ぬか床の種類も豊富にあります。そのためぬか床に挑戦する場合や、ぬか床経験者別など自分のタイプに合わせたぬか床を選ぶようにしましょう。

初めてのぬか漬けなら「ぬか漬けセット」

初めからぬか床をつくる場合には、ぬかに塩水を加えて混ぜたり昆布やトウガラシなどの調味料を加えていき、さらにぬか床を完成させるには発酵を進め熟成させるためにくず野菜などで捨て漬けを何度か行います。そのためぬか床を十分に発酵させるにはかなりの時間と手間を要します

 

そのため、ぬか漬けに初めて挑戦するという方やどのような調味料がいいのかわからないという方におすすめなのが、ぬか漬けセットです。セット内容はメーカーによっても様々ですが、多くの場合ぬかと調味料、容器がセットになっているため、届いてすぐにぬか床づくりを開始することができます

 

またすでに十分に発酵させた状態のぬか床で届くため、捨て漬けという作業も不要なので、ぬか漬けにしたい野菜などをぬか床に入れるだけでおいしいぬか漬けを楽しむことができます。初心者の方や手軽にぬか漬けを始めたいという方にもおすすめです。

ぬか床を持っている方には「発酵ぬか床」

ぬか床をすでに持っているけど、好みのぬか漬けができないという方や、味にばらつきが起きてしまうという方は「発酵ぬか床」がおすすめです。発酵ぬか床は、既に発酵が十分に行われている状態で届くため、現在のぬか床に追加して捨て漬けなくすぐにぬか漬けを楽しむことができます。

 

ぬか床が完成してから3か月程度は発酵具合が安定しないため、ぬか漬け自体の味にもばらつきが発生してしまいます。長い目でぬか漬けの成長を楽しむのもおすすめですが、発酵ぬか床を加えることで発酵が進みぬか床を安定させることが可能です。

 

ぬか床の種類によってぬか漬けの味も変化するため、好みの味を探したいという方にも発酵ぬか床は活躍します。既存のぬか床を捨てる必要がないので、環境にもやさしくぬか漬けを長く楽しむことができます。

品質と価格のバランスで選ぶ

ぬか床自体は口に入れないですが食品を漬けるものなので、安心して食べることができるぬか漬けを作るうえでは品質は重要なポイントといえます。しっかりと成分などを確認して選ぶようにしましょう。

品質にこだわる方なら高価なぬか床

一般的なぬか床は比較的手ごろな価格で入手することができますが、中には高価なぬか床も存在します。こうしたか床は含まれている調味料や食品にこだわって製造されているため、その分価格が高い傾向にあります。そのため高価なぬか床には無添加を謳っているものや、ぬか漬けもおいしく仕上がるものが多いです。

 

金額が上がるほど品質が高いといえますが、反対に価格が安いぬか床は品質が悪いという訳ではありません。ぬか床に配合されている調味料が増えるほど金額は高くなる傾向にあるため、あくまでも高価なぬか床は品質にこだわって製造されているという風にとらえましょう。

 

ぬか床は自分でも昆布やトウガラシ、山椒の実などを加えて自分好みのぬか床にカスタマイズすることが可能です。そのため配合されている調味料が少ないぬか床の場合には、家庭の味を作っていく楽しさもあります

ぬか床づくりに慣れている方は安価タイプがおすすめ

手頃な価格で購入できるぬか床は、容量が少ないものや配合されている調味料が少ないものが多いです。そのため安価なぬか床はある程度ぬか床づくりに慣れているという方や、一人暮らしや夫婦のみなど少人数でぬか漬けを楽しむという方におすすめです。

 

シンプルなぬか床の魅力は、加える調味料の種類によって自分好みのぬか漬けにカスタマイズすることができるという点です。ぬか床経験があるという方は、シンプルで安価なぬか床で発酵状況でのぬか漬けの違いを楽しんだり、こだわりの調味料を加えてみたりとぬか床づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

メンテナンスで選ぶ

ぬか漬けを敬遠する理由の1つに、毎日ぬか床をかき回すのが面倒だという点が挙げられます。しかしぬか床のメンテナンスを毎日から週に数回程度に減らすことが可能なぬか床が最近発売されています。発酵食品を毎日の生活習慣に取り入れたいけど、メンテナンスが苦手という方におすすめです。

 

こうしたメンテナンスが少ない回数で済むぬか床は、冷蔵庫保管をする必要があるため、ぬか床独特のにおいも密閉容器を利用すれば最小限に抑えることができます。またメンテナンス頻度が少ないため、旅行などで家を空ける場合にもぬか床がダメにならずに保管することができるのも魅力です。

 

 

ぬか床の人気ランキング10選

第10位

チヨダ

熟成ぬか蔵 2個セット

価格:1,216円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

天塩を使用しているからまろやかなぬか漬けに仕上がる

水を加えて混ぜるだけでその日から風味豊かな味わいのぬか漬けを作ることができる、調味済みのぬか床です。ぬか床づくりで面倒な作業の1つである捨て漬けも必要ないので、すぐにぬか漬けを食べたいという方や手軽にぬか漬けを生活に取り入れたいという方にもおすすめです。

 

調味料として使用している食塩は、ミネラルを豊富に含んでいる赤穂の天塩を使用しているため、こちらのぬか床を使用したぬか漬けはまろやかでうま味をしっかりと感じることができる仕上がりとなります。

内容量700g原材料いりぬか・食塩・発酵調味料・ブドウ糖・唐辛子・椎茸粉末・昆布粉末・調味料(アミノ酸等)・酸味料
付属品-
第9位

伊勢鳥羽志摩特産横丁

ぬか床

価格:880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

うまみのもとをベストなバランスで配合済み

農薬の使用量75%削減を行い、化学肥料使用量も半分以下の特別栽培米からとれる米ぬかを使用し、お米からこだわったぬか床です。お米の精米をほぼ毎日行っている新鮮な米ぬかなので、劣化や酸味が少ないのが特徴です。

 

またうまみのもととして昆布、塩、トウガラシを程よいバランスで配合しているため水と混ぜて簡単にぬか漬けを楽しむことができます。原材料としてはシンプルなのでお好みでシイタケや山椒などを加えて自分好みにカスタマイズを楽しむのもおすすめです。

内容量1kg原材料米ぬか・食塩・昆布・唐辛子
付属品-
第8位

東海漬物

熟ぬか床

価格:756円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産の米ぬかだけを使用したシンプルながらこだわりのぬか床

「熟ぬか床」に使用している米ぬかは食品基準を満たした玄米から出たぬかを使用しており、また米ぬかは丁寧にふるいがかけられ異物などを取り除いているので安心してぬか漬けを作ることができます。

 

こちらの商品の特徴としては製造している東海漬物が特許を持っている「W発酵調味料」を配合しているため、他のぬか床とはまた違ったぬか漬けを楽しみたいという方にもおすすめです。

内容量1.2kg原材料米ぬか・食塩・米ぬか発酵調味料・香辛料・pH調整剤・安定剤(増粘多糖類)
付属品-
第7位

つけもと

熟成ぬか床セット

価格:1,296円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

足しぬかもついているから長期間ぬか漬けを楽しめる

冷蔵庫専用ぬかに加え、冷蔵庫に収納しやすい角形のぬか床容器と足しぬかをセットにしたお手軽ぬか床セットです。練りぬかなので届いたら容器に入れるだけで、すぐにぬか漬けを作ることができるため手軽にぬか漬けを始めることができます。

 

低温発酵することによってぬかの独特なにおいが控えめになっているため、ぬか漬けのにおいがあまり得意でないという方にも食べやすいです。補充用として足しぬかもセットになっているため、ぬかが少なくなったり、水分が多くなったと感じた時も手軽にメンテナンスを行えます。

内容量1.5kg原材料米ぬか・食塩・米みそ・還元水飴・米・からし・米こうじ・唐辛子・昆布・うこん・調味料(アミノ酸等)・酸味料
付属品スリム角型漬物容器(蓋付き)・補充用ぬか床(粉末)500g
第6位

四日市ばんこ焼

冷蔵庫でぬか漬けセット

価格:7,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

四日市ばんこ焼を使用したデザイン性の高いぬか床セット

三重県四日市市の伝統工芸品である「四日市ばんこ焼 」でつくられた陶器製ぬか床容器にプラスして、重石や水抜き、鉄野菜がすべてセットになった本格的なぬか漬けが楽しめる商品です。冷蔵庫で保管して発酵させていくため、においなども気にならず手軽にぬか漬けを食卓に取り入れることが可能です。

 

陶器製の容器であれば、化学物質が溶け出すといった心配がないので、安心してぬか漬けを食べることが可能です。また付属の鉄野菜をぬか床に置くことで、漬物の色付けや鉄分補給として役立ちます。

内容量500g×2原材料米ぬか・米・還元水飴・食塩・米こうじ・唐辛子・昆布・からし・うこん・酸味料・調味料(アミノ酸等)・焼アンモニウムミョウバン
付属品陶器製容器(四日市ばんこ焼)・陶製重石・鉄野菜・水抜き
第5位

味の農園

山形のばっちゃんの愛情ぬか床 お試しセット

価格:2,592円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ぬか独特のにおいをおさえた初心者におすすめセット

こちらの商品は粉末状の炒りぬかに付属の水を加えて混ぜるだけでぬか床を完成させることができるぬか床セットです。ぬか床専用容器も付属しているので届いたてすぐにぬか床づくりを楽しむことができるため、初心者の方でもはじめやすいです。

 

また国産の新鮮な米ぬかを使用し、ぬか特有のにおいをおさえた製法でつくっているため、ぬか漬けに挑戦したいけど匂いが苦手という方に向いています。お試しセットに付属している容器はコンパクトサイズなので、毎日少しだけぬか漬けをしたいという方にもおすすめなセットです。

内容量750g原材料炒りぬか・食塩・発酵調味料・ブドウ糖・唐辛子・椎茸粉末・昆布粉末・酸味料・調味料(アミノ酸糖)
付属品ブナの水音500ml・ぬか床専用容器2l・レシピブック
第4位

祇園ばんや

ぬかの花

価格:2,376円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

希少な無農薬米の玄米ぬかを使用した贅沢なぬか床

こちらの商品は、有機JAS無農薬米の認定生産者である「エチエ農産」の米ぬかを使用しており、また調味料などについても無農薬・無添加に徹底的にこだわって製造された安心安全のぬか床です。また14種類の香味材料がたっぷり配合されているため、本格的でおいしいぬか漬けを楽しむことができます。

 

冷蔵庫で保管することで面倒なメンテナンスも週に1度で済むので、普段お仕事をしているという方でも手軽にぬか漬けに挑戦することができます。また付属されているハンドブックを参考にしっかりお手入れをしてあげれば、半永久的に使えるため経済的にも環境的にも優しいぬか床です。

内容量1kg原材料有機JAS無農薬米の玄米絹ぬか・トマト・みかん・かつお・昆布・干し椎茸・醤油・天然海塩・酒粕・実山椒・天然乳酸菌・天然酵母・天然酵素・米麹
付属品ハンドブック
第3位

コーセーフーズ

冷蔵庫で育てる熟成ぬか床

価格:1,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

冷蔵庫専用だから初心者の方でも失敗しにくい!

「冷蔵庫で育てる熟成ぬか床」は冷蔵庫専用のぬか床なので、毎日のお手入れが面倒・扱いが難しそう、長期間家を空けれないといったマイナスイメージをすべて解決してくれるお手軽ぬか床です。ぬか床のかき混ぜは3日に1回で大丈夫なのに、100%国産の米ぬかを使用した本格的なぬか漬けを楽しむことができます。

 

こちらの商品は、すでに塩、昆布、トウガラシなどがバランスよく配合されていますが、こちらに干しシイタケや山椒などのうまみや風味が強い食材を加えることで、自分好みのぬか漬けづくりにも挑戦が可能です。

 

また付属されているガイドブックにはぬか床の漬け方、管理の方法や旬の漬け野菜カレンダーなどのぬか床の楽しみ方など全16ページにわたり解説されています。初めてぬか床に挑戦する方もぬか床経験者の方でも楽しめるおすすめなぬか床です。

内容量800g原材料いりぬか・食塩・大豆粉末・唐辛子・米糠抽出物・ワインエキス・乳酸菌/酒精
付属品ぬか床ガイドブック
第2位

樽の味

カンタンぬか床セット

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

必要なものが全部セットになったお手軽セット

樽の味のぬか床はすでに大根を実際に漬け込んで発酵させているため、大根のうまみ成分がたっぷりと含まれているぬか床となっています。すでに十分に発酵した状態で届くため捨て漬けを一切しなくても1度目からおいしいぬか漬けを楽しむことができるのが魅力です。

 

180日以上にわたり長時間熟成発酵させているため、ぬか漬けならではのうまみや酸味を楽しむことができるため、手軽に始めることができるぬか床ながらも昔ながらの本格的なぬか床を味わうことが可能です。

 

使用している原材料すべて国産のものにこだわり、自然の材料を加工せずに使用している無添加のぬか床なので小さな子どもから年配の方まで安心してぬか漬けを食べることができます。

内容量2kg原材料ぬか・赤穂塩・昆布・柿の皮・みかんの皮・唐辛子・きなこ・しょうが
付属品2500ml容器・ぬか床説明書
第1位

みたけ食品工業

発酵ぬかどこ

価格:752円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手軽にぬか漬けが楽しめるコスパ抜群のぬか床

みたけの発酵ぬか床は、低価格ながらも本格的なぬか漬けを楽しむことができることで発売してから長く愛されている商品です。すでに発酵している状態なので、ぬか漬けしたい食品をいれ、所定の時間つけておくだけで簡単においしいぬか漬けを楽しむことができます。

 

またこちらのぬか床はパッケージの底を広げることで自立するため、容器などを準備しなくても袋のままぬか漬けを楽しむことができます。袋の状態でぬか漬けをする場合は、保管場所も省スペースで済むので、冷蔵庫の容量が心配という方にもおすすめなぬか床です。

 

またこちらの商品は雑菌の繁殖を抑えてくれる力の強い乳酸菌でぬか床を発酵させているため、メンテナンスが1週間に1回ですみます。そのため初めてぬか床に挑戦するという方や忙しくて毎日のメンテナンスが面倒と感じる方にも人気を集めているぬか床です。

内容量1kg原材料米ぬか・食塩・昆布・唐辛子・ビール酵母
付属品-

ぬか床のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4909942の画像

    みたけ食品工業

  • 2
    アイテムID:4909945の画像

    樽の味

  • 3
    アイテムID:4909949の画像

    コーセーフーズ

  • 4
    アイテムID:4909962の画像

    祇園ばんや

  • 5
    アイテムID:4909965の画像

    味の農園

  • 6
    アイテムID:4910020の画像

    四日市ばんこ焼

  • 7
    アイテムID:4910025の画像

    つけもと

  • 8
    アイテムID:4910030の画像

    東海漬物

  • 9
    アイテムID:4910033の画像

    伊勢鳥羽志摩特産横丁

  • 10
    アイテムID:4910037の画像

    チヨダ

  • 商品名
  • 発酵ぬかどこ
  • カンタンぬか床セット
  • 冷蔵庫で育てる熟成ぬか床
  • ぬかの花
  • 山形のばっちゃんの愛情ぬか床 お試しセット
  • 冷蔵庫でぬか漬けセット
  • 熟成ぬか床セット
  • 熟ぬか床
  • ぬか床
  • 熟成ぬか蔵 2個セット
  • 特徴
  • 手軽にぬか漬けが楽しめるコスパ抜群のぬか床
  • 必要なものが全部セットになったお手軽セット
  • 冷蔵庫専用だから初心者の方でも失敗しにくい!
  • 希少な無農薬米の玄米ぬかを使用した贅沢なぬか床
  • ぬか独特のにおいをおさえた初心者におすすめセット
  • 四日市ばんこ焼を使用したデザイン性の高いぬか床セット
  • 足しぬかもついているから長期間ぬか漬けを楽しめる
  • 国産の米ぬかだけを使用したシンプルながらこだわりのぬか床
  • うまみのもとをベストなバランスで配合済み
  • 天塩を使用しているからまろやかなぬか漬けに仕上がる
  • 価格
  • 752円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 1000円(税込)
  • 2376円(税込)
  • 2592円(税込)
  • 7180円(税込)
  • 1296円(税込)
  • 756円(税込)
  • 880円(税込)
  • 1216円(税込)
  • 内容量
  • 1kg
  • 2kg
  • 800g
  • 1kg
  • 750g
  • 500g×2
  • 1.5kg
  • 1.2kg
  • 1kg
  • 700g
  • 原材料
  • 米ぬか・食塩・昆布・唐辛子・ビール酵母
  • ぬか・赤穂塩・昆布・柿の皮・みかんの皮・唐辛子・きなこ・しょうが
  • いりぬか・食塩・大豆粉末・唐辛子・米糠抽出物・ワインエキス・乳酸菌/酒精
  • 有機JAS無農薬米の玄米絹ぬか・トマト・みかん・かつお・昆布・干し椎茸・醤油・天然海塩・酒粕・実山椒・天然乳酸菌・天然酵母・天然酵素・米麹
  • 炒りぬか・食塩・発酵調味料・ブドウ糖・唐辛子・椎茸粉末・昆布粉末・酸味料・調味料(アミノ酸糖)
  • 米ぬか・米・還元水飴・食塩・米こうじ・唐辛子・昆布・からし・うこん・酸味料・調味料(アミノ酸等)・焼アンモニウムミョウバン
  • 米ぬか・食塩・米みそ・還元水飴・米・からし・米こうじ・唐辛子・昆布・うこん・調味料(アミノ酸等)・酸味料
  • 米ぬか・食塩・米ぬか発酵調味料・香辛料・pH調整剤・安定剤(増粘多糖類)
  • 米ぬか・食塩・昆布・唐辛子
  • いりぬか・食塩・発酵調味料・ブドウ糖・唐辛子・椎茸粉末・昆布粉末・調味料(アミノ酸等)・酸味料
  • 付属品
  • -
  • 2500ml容器・ぬか床説明書
  • ぬか床ガイドブック
  • ハンドブック
  • ブナの水音500ml・ぬか床専用容器2l・レシピブック
  • 陶器製容器(四日市ばんこ焼)・陶製重石・鉄野菜・水抜き
  • スリム角型漬物容器(蓋付き)・補充用ぬか床(粉末)500g
  • -
  • -
  • -

まとめ

ここまで初心者の方から経験者の方までおすすめのぬか床をランキング形式で紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。メンテナンスが面倒と感じるぬか床ですが、自分のライフスタイルに合わせたぬか床を選ぶことで、おいしいぬか漬けを長く楽しむことができます。ぜひぬか漬けづくりに欠かせない、ぬか床選びの参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ