記事ID134689のサムネイル画像

【料理がはかどる】両手鍋のおすすめ人気商品ランキング10選

両手鍋とは、その名の通り両手で掴んで使用する鍋のことを指します。持ち手が両方に付いていることにより、安定して待ち運びが行えます。また、容量が大きいものもあるので、人数が多い場合にも最適です。そこで今回は、おすすめの両手鍋をランキング形式にてご紹介します。

両手鍋を使って、効率よく料理を行いましょう。

両手鍋とは、鍋本体の両側に取っ手がひとつずつ付いている鍋のことをいいます。両手で持ち運べるので、料理をたくさん作った際に鍋が重くなっても、安定して運ぶことができます。また、両手で持てることで力が均等になり、落としてしまう心配もありません。

また、保温に優れているのため、味を染みこませたい料理や、煮込み料理に最適です。商品によって、大きさや重さも異なってくるので、ご家庭に合ったものを選ぶことができ、料理のバリエーションも増やすことができます。

そこで今回は、おすすめの両手鍋をご紹介します。初めて使用される方など、選び方が分からない方のために、選び方もご紹介しているので、是非参考にして選んでみてください。比較的デザインもおしゃれなものが多いので、ご自宅用だけでなく、引っ越し祝いなどのギフトとしてもおすすめです。

両手鍋の選び方

材質で選ぶ

材質によって、メリット・デメリットがあるので、把握したうえで使いやすいものを選びましょう。

ステンレスを選ぶ

ステンレスは、お手入れが簡単なのが一番のメリットになります。ステンレスとは、鉄にクロムやニッケルなどの物質を添加した合金なので、比較的他の材質よりも錆びにくいのが特徴です。また、ちょっとした汚れであれば、こすり洗いしなくてもサッと落ちるため、非常にお手入れがしやすく便利です。さらに、多層構造のものであれば、熱伝導が良いのでガス代の節約にもなります。

 

ただ、一般的にアルミの方が熱伝導率は高いとされています。ただし、一度温まってしまえば、保湿力は高まるので、料理も時短に作れます。耐久性も高く、長く使用できるものの、重さが出てきてしまいます。なので、手が滑りにくく握りやすいものなど、取っ手にも配慮して選びましょう。

アルミを選ぶ

アルミは、軽量なものが多いので、重さがネックにならず持ち運びが楽に行えます。また、重さがなければお手入れもしやすいので、手に負担がかかりにくく、快適に洗いものを行えます。さらに、熱伝導率に優れているので、調理を早く済ませることも可能です。

 

業務用としても使われることも多く、丈夫なので長く使用できます。ただ、熱伝導が高いものの、すぐ冷める特徴があるので、煮物などには適していません。パスタやうどんを作る際などにおすすめです。

ホーローを選ぶ

ホーローとは、鋼・鋳鉄・アルミなどの金属の下地にガラス質の釉薬を塗り、焼き付け融着させたものをいいます。色移りや臭いが残りにくく、金属イオンの発生が無く、食材の味を変えにくいため、美味しくさらにお手入れも楽に行える万能な材質です。また、錆びにくい特徴もあるので、非常に優れています。

 

使いやすさはもちろん、デザイン性が高い商品も多いので、利便性・デザイン性にこだわりたい方は、ホーローの両手鍋がおすすめです。ただし、他のものと比べて重みがあるので、実際に持って確かめると良いでしょう。ただ、厚みがある分、熱伝導性や保温性は抜群なので、あらゆる料理に最適です。

利便性で選ぶ

使いやすさにもこだわって選ぶことで、より快適に、スムーズに調理が行えます。

ガラス製の蓋のものを選ぶ

両手鍋を選ぶ際に、蓋が付いている商品であれば、蓋にも注目して選んでみましょう。ガラス製の蓋であれば、中の様子が見やすいので、いつでも簡単に火の通りを確認できます。蓋を開ける回数が減るので、手間が省けるだけでなく、蒸気を逃がしにくくなり、一定の温度を保つことも可能です。

 

また、料理が苦手な方や初心者の方にも使いやすく便利です。多くの方が他の料理を作っていると思いますが、そういった際でも、サッと目で確認が行えるので、より調理がスムーズに行えます。

仕切りがあるものを選ぶ

商品によって、二食鍋や万能鍋などの仕切りが付いているタイプの商品があります。二食鍋とは、鍋料理に最適で同じお鍋の中に2種類の味付けを楽しむことができます。例えば、片方ではキムチ鍋、片方では水炊きなど同時に違う味が楽しめるので、大人数で食事をする際におすすめです。

 

万能鍋は、炒め物や揚げ物など、用途に限らず幅広い調理ができるため、あらゆる料理を作ることができます。このように、お鍋によっても使い方が異なってくるので、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。また、取っ手部分が別素材になっているものを選ぶことで、取っ手に熱が伝わりにくく、テーブルに持ち運ぶ際にもやけどの心配がなく、安心して運べます。

用途で選ぶ

お手入れのしやすさは、家事の手助けにもなるのでポイントです。また、耐久性は安全性にも繋がるので、しっかりとした作りのものを選びましょう。

お手入れがしやすいものを選ぶ

両手鍋の材質によって、汚れの付きやすさなどは変わってきます。また、毎日使っていると、いつの間にか焦げや油が付着したままになっていることもあるので、お手入れのしやすさは非常に重要なポイントです。商品によって、コーティング仕様などがされている商品があるので、これらであれば汚れがスッと落とすことができ、お手入れがしやすくなります。

 

また、お鍋自体の重さや大きさもお手入れのしやすさを左右するので、扱いやすいものを選びましょう。ひどく汚れた場合は、材質によっては擦ると傷がついてしまうこともあるので、専用の洗剤や重曹などでお手入れを行いましょう。

耐久性で選ぶ

両手鍋に限らず、鍋類全般は火を加えるため、必ず耐久性にもこだわって選びましょう。また、比較的安く手に入る鍋ほど耐久性が低く、繰り返し使用すると塗装が剥がれてしまい、すぐに焦げやすくなります。そうなってくると、料理が型崩れしたり、健康面でも心配な面が出てきてしまうので、しっかりとした作りのものを選びましょう。

 

ただ、それなりの加工が施されているものは、お値段が高い商品も多いので、予算との兼ね合いも考えましょう。両手鍋の一般的な寿命として、約3年となっています。しかし、商品の品質や、使用回数にも左右されるので、焦げやすくなったり、汚れが落ちにくくなってきた場合は、新しいものを購入してください。

スペックで選ぶ

スペックを重視して選んでおくと、人数に適した料理が一度に作れたり、限られたスペースでもしっかりと収納することができるので、ご自宅に応じたものは探しやすくなります。

サイズで選ぶ

両手鍋は商品によって大きさも異なってくるので、家族の人数や料理を作る量に合わせてサイズを選択しましょう。16cm程度の小さめのものであれば、スープやちょっとした調理に最適です。24cm以上の大容量のものであれば、大人数の料理を一度に作れるので、非常に便利でおすすめです。

 

 

ただ容量で選ぶだけでなく、横に広いタイプか、縦に長いタイプなのかにもよって、料理の幅も広がるので、色々な形状のものを所有していると便利です。

重さ・厚さで選ぶ

両手鍋は重さもしっかりと把握して選ぶ必要があります。店舗や通販でも表記されている重さは、お鍋全体の重さなので、中身が入っていることを想定して選ぶ必要があります。特に水分が多い料理や、大人数分の料理を作る場合は、かなり重さも出てきてしまうので、考えて選びましょう。

 

お鍋自体の重さが軽量であれば、食材を入れても重さが余分にかかりにくく、お手入れを手軽に行うことが可能です。また、熱さも重要で、薄い鍋は加熱ムラが起こりやすいので、できる限り鍋底に厚みのあるものを選ぶことをおすすめします。

対応熱源で選ぶ

対応熱源とはIHやガス火などを表していて、これらはしっかりとチェックしておく必要があります。この熱源が対応していないもので使用してしまうと、オーバーヒートを起こし火事になることもあるので注意しましょう。ご自宅でお使いの熱源が、ガス火なのか、IHなのかを確かめてから選びましょう。

 

ガス火とIH両方を使用している場合は、オール熱源タイプを選ぶと便利です。この時、熱伝導率もポイントになり、熱伝導率の高い鍋は火の通りが早いため、調理時間が短縮できます。よって、省エネ効果を得られるため、節約することも可能です。

両手鍋のおすすめランキング10選

第10位

野田琺瑯

両手鍋 LK-25T

価格:10,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

食材に優しく熱が伝わるので、味を損なわず美味しくいただけます。

この両手鍋は、ホーロー製では最厚の1.6mmとなっています。使いやすく、しっかりとした重みで、保温力に優れ熱を食材へ優しく伝えるので、煮込み料理や蒸し煮料理に力を発揮します。

 

ミトンを付けても持ち手が握りやすく、持ち運びが楽に行えます。さらに、木へらをあてた時にかき混ぜやすい角度にもこだわり、使いやすさを追求して開発しています。

 

熱伝導率に優れているので、お米を炊いてもすごく美味しいといったロコミが挙がっていました。料理の種類によって使い分けられる深さと容量、熱を十分に保有できる鉄板の厚みで、最高の味を楽しめます。

サイズ25cm重さ2kg
対応IH・ガス火
第9位

Cooksmark

両手鍋  ZS71212

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

持ち手はやけど防止のために、シリコン製になっています。

蓋つまみは特殊加工を施しているので、握りやすく便利です。蓋のつまみ部分には凹みが付いてるので、菜箸やお玉が置けるので卓上で置き場所に困ることはありません。さらに、蓋は強化ガラス製で、中の料理が見えやすくなっています。

 

ハンドルは本体と一体化させた構造で、安全性にも優れていて安心です。また、継ぎ目がない一体型フッ素コーティングなので、ハンドル周りも汚れにくく、洗いやすさにこだわっています。

 

様々な料理が作れるだけでなく、用途を問わず使用できるので、使い勝手が良いといったロコミが挙がっていました。耐久性が抜群で、火傷防止のシリコン製の取っ手となっているので、やけどをしてしまう心配がありません。

サイズ26cm重さ1.6kg
対応IH・ガス火
第8位

DANSK

両手鍋 833859

価格:21,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなだけでなく、機能性も高い両手鍋です。

表面がガラス質のため匂いもつきにくく、汚れも落ちやすい素材となっています。1.6mmの分厚い素地と、内外部をカバーした熱伝導率の低いホーロー層で、熱を逃さず保温性に優れています。

 

また、クロス形をしたつまみは、デザイン性も高くおしゃれです。さらに、鍋敷きにもなる機能性が備わり、使い勝手も良くおすすめです。

 

可愛いだけでなく、機能性も充実していて便利といったロコミが挙がっていました。蓋の上に乗せ、重ねて収納できるため、収納スペースを最低限に抑えれます。また、重い蓋は蒸気を逃しにくく、素材本来の旨みと栄養分を引出してくれます。 

サイズ23cm重さ2.1kg
対応ガス火
第7位

ティファール

両手鍋 C99544

価格:5,940円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさだけでなく、見た目もこだわった最高品質です。

クロムとニッケル含まれたステンレスを採用しているので、ステンレスの主成分である鉄の酸化を防ぎ、より腐食しにくくなっています。また、熱伝導に優れたアルミニウムをステンレスで包み込んだ底面加工で、腐食や破損の原因となる空洞ができないようにしているため、長く使用できます。


使いやすさとともに、キッチンに映える美しさも追求したデザインで、長く使い続けても美しさを損なうことがありません。見栄えも楽しめておすすめの両手鍋です。

 

ステンレス製ですが軽く、扱いやすいといったロコミが挙がっていました。手にフィットしやすい取っ手と、女性の小さな手でも掴みやすい蓋で、使い勝手も良く便利です。 

サイズ20cm重さ1.37kg
対応IH・ガス火
第6位

宮崎製作所

両手鍋 GEO-22T

価格:11,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりと備え付けられているので、破損する心配がありません。

この両手鍋は、アルミ芯全面7層鋼を使用しているので、熱効率に優れます。また、ガスはもちろん、オーブンやIHにも対応しています。フチの段差や底のカドなど無駄が一切ないデザインなので、お手入れがしやすくおすすめです。

 

シンプルなデザインなので、キッチンなどのお部屋の雰囲気を壊しません。ハンドルやツマミは丈夫なステンレス製を採用しているので、焦げたり割れたりすることはありません。さらに、直付けを行っているので、外れる心配もありません。

 

説明書にあるように使い方をしっかりと守ることで、綺麗に料理が行え使えるといったロコミが挙がっていました。まず鍋を余熱してから油を入れるなど、説明書を守らないと、焦げ付いたりすることもあるので注意しましょう。

サイズ22cm重さ1.67kg
対応IH・ガス火・オーブン
第5位

staub

両手鍋 40500-241

価格:19,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

おしゃれなデザインながら、機能性が高く役立ちます。

食事までに少し時間が空いている場合でも、しっかりと温度を一定に保てます。料理が冷めにくく温かい状態を維持するので、すぐに美味しい食事を楽しめます。また、熱伝導が優れているので、必要最低限の熱で調理が可能です。

 

蒸発した旨味を外に逃がさず再度、鍋に滞留させる仕組みで、高品質でおすすめの両手鍋です。油分の馴染みやすい黒マットエマイユ加工で、焦げ付きも防止します。さらに、厚く重い蓋で、保温性を高め半圧力鍋的な調理も可能です。

 

ぴったりと密封されるので吹きこぼれがなく、非常に万能といったロコミが挙がっていました。さらに、オール熱源対応でオーブンにも使えるので、料理がさらに楽しくなります。

サイズ24cm重さ4.51kg
対応IH・ガス・オーブン
第4位

和平フレイズ

両手鍋 MR-7086

価格:4,860円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

加工を施し、深さもあるのであらゆる料理に最適です。

内面はこびりつきにくく、耐摩耗性に優れたクイックマーブル特殊ふっ素樹脂加工を施しています。よって、汚れが落ちやすく、食材がこびりつく心配もありません。

 

さらに、耐摩耗試験10万回クリアし非常に耐久性にも優れています。角の丸い金属ヘラでも気軽に使用できます。オール熱源対応商品なので、熱源に左右されずにどのご家庭でも使用できます。

 

内面だけでなく、外面もしっかりと汚れが落とせて便利といったロコミが挙がっていました。約16cmの深さがあるので、汁物や煮物も安心して料理することが可能です。

サイズ22cm重さ1450g
対応IH・ガス火
第3位

パール金属

両手鍋 H-1896

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大型サイズで、人数が多くても安心です。

大容量サイズなので、一度で大人数分の料理を作れます。また、とうもろこしを折らずにゆでられるサイズなので、食材の旨みを逃がさないだけでなく、色味や見た目も楽しむことができます。

 

大きさはあるもののアルミ製なので、軽量で持ち運びがしやすくおすすめです。もちろん、お手入れも楽々行えます。お子さんのおやつから、寒い日の温かい煮物料理までこの両手鍋が一つあるだけで、料理のバリエーションも広がります。

 

お湯が早く沸くだけでなく、かなり時短になるので重宝しているといったロコミが挙がっていました。ただ、かなり大型サイズなので、収納場所を確保してから使用しましょう。

サイズ36cm重さ1kg
対応ガス火
第2位

ドウシシャ

両手鍋 EARY22RD

価格:6,450円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フッ素が剥がれにくいので、お手入れが楽に行えます。

特許製法で作っているので、フッ素が剥がれることなく、汚れをスルっと落とすことができます。耐久性も高く、テストを繰り返し行っているので、確信があります。熱・塩分・摩擦に強く、綺麗な状態で毎日楽しく料理が行えます。

 

通常の両手鍋とは全く違う過程で生産され、1年保証があるので万が一の際にも安心です。 さらに、オール熱源対応なので、どなたでも安心して使用できます。

 

適度な幅で使いやすく、一度使うと手放せないといったロコミが挙がっていました。蓋はガラス製の透明なものにが付くので、中が見やすく調理もスムーズに行えます。

 

サイズ22cm重さ1.63kg
対応IH・ガス火
第1位

ティファール

両手鍋 C62244

価格:7,776円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

テストを繰り返し、非常に高品質で安心できる商品です。

マークの模様が変わったら、予熱完了・適温の合図で、分かりやすく便利でおすすめです。中面だけでなく外面もフッ素樹脂加工なので、毎日のお手入れも簡単に行えます。握りやすさにこだわった形状と外面に合わせ、高級感のあるカラーとなっています。


従来のミルク焦がしテストに加え、パンケーキを何枚も焼くテストを行い、焦げにくさが長く続きます。また、耐久性が高く傷つきにくいので、毎日綺麗な状態で調理できます。さらに、急激な温度変化に耐えるタフな品質に仕上げています。

 

何度も使用しても食材がこびり付かず、いつでも清潔に保てるといったロコミが挙がっていました。何度もあらゆるテストを行っているので、確かな品質を保証します。どなたでも安心して使用できる、万能な両手鍋です。

サイズ20cm重さ1.58kg
対応IH・ガス火

両手鍋のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4908519の画像

    ティファール

  • 2
    アイテムID:4908525の画像

    ドウシシャ

  • 3
    アイテムID:4908528の画像

    パール金属

  • 4
    アイテムID:4908531の画像

    和平フレイズ

  • 5
    アイテムID:4908536の画像

    staub

  • 6
    アイテムID:4908539の画像

    宮崎製作所

  • 7
    アイテムID:4908550の画像

    ティファール

  • 8
    アイテムID:4908555の画像

    DANSK

  • 9
    アイテムID:4908559の画像

    Cooksmark

  • 10
    アイテムID:4908568の画像

    野田琺瑯

  • 商品名
  • 両手鍋 C62244
  • 両手鍋 EARY22RD
  • 両手鍋 H-1896
  • 両手鍋 MR-7086
  • 両手鍋 40500-241
  • 両手鍋 GEO-22T
  • 両手鍋 C99544
  • 両手鍋 833859
  • 両手鍋  ZS71212
  • 両手鍋 LK-25T
  • 特徴
  • テストを繰り返し、非常に高品質で安心できる商品です。
  • フッ素が剥がれにくいので、お手入れが楽に行えます。
  • 大型サイズで、人数が多くても安心です。
  • 加工を施し、深さもあるのであらゆる料理に最適です。
  • おしゃれなデザインながら、機能性が高く役立ちます。
  • しっかりと備え付けられているので、破損する心配がありません。
  • 使いやすさだけでなく、見た目もこだわった最高品質です。
  • おしゃれなだけでなく、機能性も高い両手鍋です。
  • 持ち手はやけど防止のために、シリコン製になっています。
  • 食材に優しく熱が伝わるので、味を損なわず美味しくいただけます。
  • 価格
  • 7776円(税込)
  • 6450円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 4860円(税込)
  • 19000円(税込)
  • 11880円(税込)
  • 5940円(税込)
  • 21600円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 10800円(税込)
  • サイズ
  • 20cm
  • 22cm
  • 36cm
  • 22cm
  • 24cm
  • 22cm
  • 20cm
  • 23cm
  • 26cm
  • 25cm
  • 重さ
  • 1.58kg
  • 1.63kg
  • 1kg
  • 1450g
  • 4.51kg
  • 1.67kg
  • 1.37kg
  • 2.1kg
  • 1.6kg
  • 2kg
  • 対応
  • IH・ガス火
  • IH・ガス火
  • ガス火
  • IH・ガス火
  • IH・ガス・オーブン
  • IH・ガス火・オーブン
  • IH・ガス火
  • ガス火
  • IH・ガス火
  • IH・ガス火

まとめ

今回はおすすめの両手鍋をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?おしゃれなデザインのもの多く、キッチンとの相性も抜群のものがあるので、デザイン性にこだわって選ぶのもポイントです。ただ、取っ手が付いているので、収納スペースを取りがちになるので、しっかりと収納できるスペースを確保しておくと、スッキリ収納でき利便性も高まります。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ