記事ID134688のサムネイル画像

【芥川賞の由来】芥川龍之介の人気小説おすすめランキング10選

皆さんは芥川龍之介という作家をご存知でしょうか。今日では文学賞である「芥川賞」として名前が残っていたり、学校の教科書にも作品が載るようにと、偉大な作家であったことがうかがえます。今回はそんな芥川龍之介の作品を10選、ランキング形式でご紹介します。

教科書にも載る名作家、芥川龍之介

芥川龍之介の作家活動は大学時代にはじまりました。東京帝大在学中の大正3年の2月に高校時代の同期の名作家、菊池寛と久米正雄らと共に「新思潮」という同人誌を刊行し、柳川隆之助という筆名でイエーツの「春の心臓」とアナトール・フランスの「バルタザアル」という本の和訳を寄稿しました。

 

同年10月に「新思潮」が廃刊に至るまでに彼の処女小説である「老年」を発表し、これが作家活動初めての作品となりました。

 

大学卒業後は海軍機関学校の嘱託教官や大阪毎日新聞社、海外への視察員での活動の傍ら作品を発表し続けました。晩年では「続西方の人」を書き上げた後、もらっていた致死量の睡眠薬によって自殺をし、その生涯に幕を閉じました。

芥川龍之介の作品の選び方

芥川龍之介の残した作品の数は膨大で、ジャンルもバラバラです。そんな彼の小説のお選び方をご紹介します。

発表された時期から選ぶ

芥川龍之介の作品は、初期、中期、晩期で作風ががらりと変わっていることが有名です。彼の壮大な人生において考え方や伝えたいことが大きく変わったためです。彼のどの作品を読めばよいか分からない方は、発表された時期から選ぶことをおすすめします。

初期に発表された作品から選ぶ

芥川龍之介が作品を発表するようになってしばらくは、説話文学を典拠とした「羅生門」「鼻」「芋粥」といった歴史物であることが特徴として挙げられます。歴史物では、人間の内面、特にエゴについて書かれたものが多いです。

 

加えてキリシタン物の作品も有名で、イエーツの「春の心臓」とアナトール・フランスの「バルタザアル」の翻訳を発表していることからも、彼が海外の文学作品に興味があったことがうかがえます。

 

広範な学識と文学活動で「学匠詩人」と呼ばれていた詩人であり英文学者である日夏耿之介が、芥川の初期の作品を「非常によい」と評価していることから、デビュー時にすでに見事な文才があったことが分かります。

中期に発表された作品から選ぶ

中期のころは芸術至上主義的な表現がされた「地獄変」などを書いており、短編作品がほとんどだった芥川ですが、このころになると長編作品の「邪宗門」の執筆に挑戦していました。

 

芸術至上主義とは、19世紀初頭のフランスで用いられた文学においての標語のことです。「芸術のための芸術」と呼ばれ、文学もとい芸術それ自身の価値は、「真の」芸術である限り教訓や道徳や実用性とは切り離されたものであることを意味しています。

 

芥川の作品もこの標語を意識して製作されており、そのような作品は時として人間の中に存在する「内向性」や「自発性」をといった要素を取り入れるための概念になり得るとされています。

晩期に発表された作品から選ぶ

晩期の作品は、この頃芥川本人が自殺を考えていたためか、自分のこれまでの人生を見直した作品や、生と死について取り上げたりした作品が多く見られることが特徴です。一般的に初期の作品より晩年の作品の方を高く評価されていると言えます。

 

「一塊の土」をはじめとした作品群は初期や中期に比べて現代を描くようになり、告白的な自伝を書き始めるようになります。晩年の代表作であり今も良く知られている「河童」は、河童の世界を描きつつも人間社会を批判しており、作品を通して人々へ問題提起をしていました。

 

芥川が自殺を考えていたであろう時期に書かれた「歯車」の内容から、晩年には自分自身のドッペルゲンガーを見たのではないか、そして片頭痛はその前兆症状ではなかったのかという説があり、作品から彼の死に関する情報が見え隠れしています。

 

ページ数から選ぶ

芥川龍之介の作品は初期こそ短編ばかりですが、中期ごろには長編小説にも挑戦しています。自分の読みやすいページ数の作品から芥川龍之介デビューするのもおすすめの選び方です。

ページ数の少ない作品から選ぶ

芥川龍之介の作品中でも特にページ数の短いものは40ページと非常に短く、通勤や通学、お仕事の休憩時間などの隙間時間に読み読み終えることができるため、あまりまとまった時間の取れない方にお勧めします。

 

文字数が少なくても、芥川龍之介作品の初期のころの歴史をテーマにした作品は作中の出来事や人物に関連した情報を調べる楽しみもあり、それらすべてを含めると一つの作品で多くの時間を楽しむことができます。また、短い小説は短時間で読み切ることができるため、より多くの作品に触れることができます。

 

芥川龍之介の作品は短編のものが多くあり1冊のページ数は多いが1話のボリュームは少ないということもあるので、普段小説をあまり読まない方は、1話あたりページ数の少ないものを手探りでも良いのでゆっくりと楽しむことをおすすめします。

ページ数の多い作品から選ぶ

芥川龍之介の作品中でも特にページ数の多い一冊は、336ページと膨大で、特に短いもと比べると約5倍です。短編の物語が2,3つが一冊に同封されているものもあります。

 

ストーリーのボリュームが大きいため、対象となる大衆文学としての魅力がたくさん詰まっており、一つの作品にどっぷりと浸かることができます。また長期的に読み続けることができるので、読むの速い方も満足できるでしょう。

 

反面、作品中の展開が目まぐるしく変わったり、登場人物の把握が困難であったりする作品も一定数あり、読み終えるまでに頓挫してしまう可能性があります。普段は他ジャンルの小説を読むが芥川龍之介の長編小説に挑戦してみたい、という方には良い足掛かりになるでしょう。

あとがきから選ぶ

ジャンルを問わず文庫本のほとんどには最後にあとがきが書かれています。このあとがきは、作者による解説や、作品に対しての意気込みや関係者への感謝が書かれていることが多いです。

 

あとがきには主に作者の心情が書かれていることが多いため、あとがきから作者が伝えたいこと、意識していたこと、作品を書こうと思った心情をうかがうことができ、魅力的な作品選びの重要な要素の一つになります。

 

このあとがきから興味がわく作品を選ぶことをおすすめしますが、あとがきは文庫のページの一部であり、作品の一部でもあります。そのため、立ち読みに該当することもあるので注意するようにしましょう。

あらすじから選ぶ

小説をあまり読まない方でもご存知かと思いますが、文庫本の帯や背表紙に数100字程度のあらすじが書いてあります。このあらすじは小説選びの重要な要素の一つであると言えます。

 

あらすじには、作者や編集者によって小説の導入や大まかなストーリーの解説が書いてあるため、作品選びに困ったときはあらすじを見ることで自分の好みで興味がわく内容か、といった判断が可能です。また、芥川龍之介の作品は初期のものだと旧字体で書かれたものもありますが、背表紙にそういった情報が書かれていることもあるのでチェックすることをおすすめします。

 

ネットショップにおいてもこのあらすじは役立ちます。商品ページにおける商品説明や概要といった情報にそのままあらすじが載せてあることがほとんどなので、ぜひ参考にしてください。

芥川龍之介のおすすめ小説人気ランキング10選

第10位

蜘蛛の糸

蜘蛛の糸

価格:346円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地獄とエゴ

地獄に落ちた主人公の男が、地獄で裁きを受けなければなっらない場面から表題の「蜘蛛の糸」物語は始まります。ある時、ゲ実世界へとつながる穴から蜘蛛の糸が降りてきます。男はやっとのことで一条の救いの糸を掴みますが…

 

国語の教科書にも載っている芥川龍之介の作品の中でも有名な物語です。今でいう童話に当たる内容なので、子供でも分かるような退屈なものに感じるかもしれませんが、芥川龍之介の作品に挑戦する一冊目にはぴったりです。

 

表題作のほかに、大金持ちになることに退屈し、改めて平凡な人間として自然の一部として生きる幸福をみつける「杜子春」。そして、魔法使いが神によって裁かれるファンタジー作品「アグニの神」が収録されています。

発表時期初期ページ数128
第9位

新潮社

羅生門・鼻

価格:400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

良心のありかた

「羅生門」舞台は平安時代の荒廃した京都の羅生門。そこで下人が雨宿りをしているところから物語は始まります。使える主人から実質的に解雇されてしまったに下人は盗人になるか、飢え死ぬかを迷っていました。

 

ふと羅生門の楼の上に登ってみると、みすぼらしい老婆が死体の髪の毛を抜いてかつらにすると言っています。戦乱の時代、平和な時の良心など必要ないと下人は決心し、行動に移します。

 

「鼻」は異様に長い鼻の持ち主である京都の僧が、自尊心を守るために花を言自覚するという物語で、他人の不幸へのからかいに関する教訓がテーマになった作品です。

発表時期初期ページ数304
第8位

新潮社

河童・或阿呆の一生

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人間社会への批判

この作品は、とある精神病患者が常に話しているという物語として進んでいきます。3年前のある日、登山に赴いた彼はその山中で河童に出会い、河童を追いかけているうちに河童の国に迷い込みます。

 

そこは、すべてが人間社会とは異なり、中絶が合法化されていたり、劣性遺伝を淘汰するために、健全な河童に対して不健全な河童と結婚することが奨励される、同族の肉を食らうなど、人間社会とはかけ離れていると言えます。

 

人間の世界に戻った主人公は、河童を人間より「清潔な存在」であると考え、対人恐怖が激化してしまい、精神に異常を期してしまいます。芥川龍之介作品の中でも特に社会批判の色が濃い作品です。

発表時期晩期ページ数288
第7位

角川書店

舞踏会

価格:514円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

舞踏会での出会い

明治19年のある秋の夜、主人公の明子は父と共に舞踏会へ赴きました。薔薇色の美しい舞踏服を着た明子に人々は魅了され、ある海軍将校が明子に踊りを申し込み、2人はワルツを踊りました。

 

明子が「西洋の女の方は本当に御美しうございます」と言うと、将校は「日本の女の方も美しいです、特にあなたは」と答え、「絵の中のお姫様のようだ」と褒めました。そして、「パリの舞踏会を見てみたい」と言う明子に、将校は、「パリの舞踏会も全くこれと同じ事です」と微笑んで答えました。

 

芥川龍之介の中期を代表する作品として、作家の中にファンが多い作品です。物語に服があるわけでもなく、主人公と海軍将校のやりとりが美しく表現された、芸術色の強い作品です。

発表時期中期ページ数260
第6位

青空文庫

アグニの神

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上海のある家の2階で、占い師でインド人老婆が、アメリカ人の商人を占っていました。商人は戦争ビジネスで儲ける為に、日米戦争がいつ勃発するのかを占って欲しいと頼みます。老婆は前金として小切手をもらい愛想よく対応します。占いが終わり商人が帰ると老婆は少女を呼びつけ、アグニの神にお伺いをたてると話します。

 

このやり取りの際、遠藤という日本人がその様子を見ていました。彼は行方不明になった領事の娘を探していて、老婆とともにいる少女が領事の娘ではないかと疑い、2階に押し入って少女を返すよう求めますが聞き入れられません。遠藤はピストルで老婆を脅しますが、老婆の魔法で撃退されてしまいます。

 

少女と遠藤は、少女がアグニの神に乗っ取られた振りをして逃げだす計画を企てます。作戦は成功したかに見えましたが、少女は老婆を殺してしまい、「アグニの神に乗っ取られた」と話すのです。

発表時期中期ページ数40
第5位

講談社

藪の中

価格:421円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「遺留品は一筋の縄と女物の櫛だけ。馬と小刀は見ていない。殺人が起こる前日に男と馬に乗った女を見かけた。男の衣服を着、弓矢を持ち、馬に乗った盗人・多襄丸を捕縛した。女は見ていない。」

 

「妻は盗人に私を殺すようにけしかけたまま、隙をみて逃げた。藪の中に一人残された私は妻が落とした小刀を使い自刃した。」

 

殺人と強姦をめぐって、以上のような4つの目撃証言と3人の当事者による証言によって構成されており、読者が事件の様相を掴むことが非常に難しい作品です。複数の人物の視点から一つの事件を構成する内的多元焦点化という手法が用いられた、上級者向けの作品です。

発表時期中期ページ数160
第4位

新潮社

地獄変・偸盗 (新潮文庫)

価格:400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

地獄の見取り図を描くための犠牲

平安時代の絵仏師として天下一の腕前として都で評判だった良秀という人物がいました。猿のように醜い容姿でふてぶてしい性格であったため、彼に似顔絵を描かれると魂を抜かれたり、彼が描いた美女の絵が恨み言をこぼすといった噂が広まっていました。

 

良秀にはかわいらしい容貌とやさしい性格の持ち主である娘がいて、堀川の大殿に見初められて女御として屋敷で生活することとなりました。娘を溺愛していた良秀はこれに不満で、大殿とはたびたび娘をめぐる言い合いになっていました。

 

ある日、大殿は良秀に地獄の見取り図を描くように言いましたが、彼は実際に見たものしか書けないと言いました。そして良秀は地獄の一つである実際に車の中で女が焼け死ぬ光景を見たい、と大殿に訴えることとなります。

発表時期初期ページ数190
第3位

歯車

価格:454円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

僕に訪れる死の前兆

主人公の「僕」は、東京のホテルへ知人の結婚披露宴に出席するために向かっている途中、レインコートを着た幽霊の話を耳にします。その後次々とに季節はずれのレインコートを着た「なにか」が現れ、「僕」は段々と不気味に思い始めます。

 

披露宴後はそのまま会場のホテルに泊まって小説を執筆することにしましたが、「僕」に義兄がレインコートを着たまま交通事故したと連絡が入ります。

 

そしてレインコートだけでなく、復讐の神、黄色いタクシー、、もぐら、飛行機、火事、赤光など、まるで死の前兆であるような出来事が「僕」に訪れ、恐怖から夜の東京の街を逃げ回るように彷徨するようになってしまいます。

発表時期晩期ページ数127
第2位

新潮社

奉教人の死

価格:464円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

教会を追われた信仰者

長崎の教会「さんた・るちあ」に、「ろおれんぞ」と名乗る美少年がいました。彼の信仰の固さは折り紙付きで、素性を周囲に問われても、故郷は天国であり、父は天主であると笑顔で答えるほどでした。

 

ある時、教会に通う傘屋の娘がろおれんぞに惚れ、色目を使い彼と恋文を交わしているという噂が立ちました。信仰上の問題から長老たちはろおれんぞに問い詰めますが、彼は身の潔白を訴え続けました。

 

ほどなくして傘屋の娘が妊娠してしまい、人々の前で「腹の子の父親は『ろおれんぞ様』」と宣言してしまい、ついにろおれんぞは教会から追放され、町を徘徊する身になってしまうのでした。そして、傘屋が家事に見舞われたとき、ろおれんぞが姿を現します。

発表時期中期ページ数256
第1位

KADOKAWA

杜子春

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

浪費家の青年と仙人

唐王朝の洛陽というの都のある春の日の日暮れに、西門に杜子春という若者がいました。彼は金持ちの息子でしたが、親の遺産で遊び惚けていたため財産はすでになく、乞食同然になり下がっていました。

 

彼を哀れんだの不思議な老人が、「この場所を掘る様に」と杜子春に伝えます。その場所からは荷車一輌を満たすほどの黄金が見つかり、杜子春は大富豪となります。しかし前例のように財産をすぐに使い果たし、3年後には一文無しになってしまうのでした。

 

3度目に散在したとき、杜子春は老人が専任であることに気づき、仙術を教えてほしいと懇願します。老人は自分が仙人であることを明かし、自分の住むという峨眉山へ連れて行き、修行の日々が始まります。

発表時期中期ページ数336

芥川龍之介のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4909373の画像

    KADOKAWA

  • 2
    アイテムID:4909366の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:4909361の画像

  • 4
    アイテムID:4909072の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4909065の画像

    講談社

  • 6
    アイテムID:4909028の画像

    青空文庫

  • 7
    アイテムID:4909024の画像

    角川書店

  • 8
    アイテムID:4908930の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:4908916の画像

    新潮社

  • 10
    アイテムID:4908910の画像

    蜘蛛の糸

  • 商品名
  • 杜子春
  • 奉教人の死
  • 歯車
  • 地獄変・偸盗 (新潮文庫)
  • 藪の中
  • アグニの神
  • 舞踏会
  • 河童・或阿呆の一生
  • 羅生門・鼻
  • 蜘蛛の糸
  • 特徴
  • 浪費家の青年と仙人
  • 教会を追われた信仰者
  • 僕に訪れる死の前兆
  • 地獄の見取り図を描くための犠牲
  • 舞踏会での出会い
  • 人間社会への批判
  • 良心のありかた
  • 地獄とエゴ
  • 価格
  • 648円(税込)
  • 464円(税込)
  • 454円(税込)
  • 400円(税込)
  • 421円(税込)
  • 432円(税込)
  • 514円(税込)
  • 432円(税込)
  • 400円(税込)
  • 346円(税込)
  • 発表時期
  • 中期
  • 中期
  • 晩期
  • 初期
  • 中期
  • 中期
  • 中期
  • 晩期
  • 初期
  • 初期
  • ページ数
  • 336
  • 256
  • 127
  • 190
  • 160
  • 40
  • 260
  • 288
  • 304
  • 128

まとめ

いかがだったでしょうか。日本を代表する名作家の芥川龍之介作品は様々なジャンルのものがあり、一話のボリュームも大きく差がありましたね。今回のランキングを参考に、ぜひ自分に合った芥川作品を見つけてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ