記事ID134680のサムネイル画像

【鮮度をキープ】おしゃれで人気バターケースおすすめランキング10選

毎日の朝食や調理にも活躍するバターをおしゃれに保存できるバターケース。バターケースは、バターを銀紙に包まれた状態で保存・使用するより圧倒的に保存性に優れ、さらに見た目もおしゃれです。そこで今回はバターケースの人気おすすめ商品ランキングをご紹介します。

バターの風味や味わいを損なわないバターケース

朝食の定番でもあるパンや、お料理やお菓子つくりにも欠かせないバターを銀紙に包まれた状態で保管している方も多いのではないでしょうか?バターは空気に触れることにより油が酸化・劣化し、本来のおいしさが損なわれてしまいます。

 

できる限り長期間おいしさを持続させるためには、銀紙のまま保存するのではなく、気密性の高いバター専用のケースである「バターケース」を使用することがおすすめです。バターケースは保存性に優れるだけでなく、見た目もおしゃれで人気の高いアイテムです。

 

単にバターケースといっても、機能やデザインは様々です。そこで今回は、バター好きの方やバターをよく使う方におすすめな、便利でおしゃれな人気バターケースをランキング形式でご紹介します。

バターケースの選び方

素材で選ぼう

バターケースの素材は様々で、素材によって特徴が異なります。中でも保存性に優れたバター保存におすすめな素材を4種類をご紹介します。

断熱性の優れたぬくもりのある木製

木製のバターケースは、断熱性が高くケース内部の温度を一定に保ちやすいことが最大の魅力です。冷蔵庫から出し入れするときにも温度変化が穏やかでバターの鮮度をキープできます。木の温かみを感じられるナチュラルな見た目も人気のポイントです。

 

さらにバターは冷蔵庫に入れておくと油分が固まってしまい、使うときに「伸びが悪い」ということも起こりやすいですが、木製バターケースを使うことで冷え固まることを防止でき、滑らかで柔らかなバターを保てます。

 

デメリットとしては、気が油分を吸収してしまうので、水洗いしても落ちにくいことや、臭い移りしやすいことがあげられます。水分によってカビの原因にも繋がってしまうので、洗った後は十分に乾燥させるなど、お手入れには注意が必要です。

長く愛用しやすいホーロー

ホーロー(琺瑯)のバターケースは、熱伝導率が良く、冷蔵庫から出すとすぐにバターが柔らかくなり切りやすいことが特徴です。臭い移りがしにくく、お手入れが簡単なことも魅力的な素材です。

 

ホーローは、金属素材でできた容器の表面にガラス質の釉薬を焼き付けて作られます。金属ならではの優れた耐久性と熱伝導率光沢感のあるガラスの美しさが組み合わさり、バターを保存するのに最適ともいえるおすすめの素材です。

 

ホーロー製のバターケースは白を基調としたシンプルなデザインが高い人気を誇っています。種類も豊富で選べる選択肢が多いことも人気のポイントです。汚れが付きにくく耐久性に優れているので長く愛用したいという方はホーロー製がおすすめです。

臭い移りしない陶器製

陶器製のバターケースは、臭い移りがしにくく、バターでのべたつきも洗うとさっときれいに落とせることが特徴です。陶器製のバターケースは電子レンジで温めることが可能です。熱伝導がよく、ホーローと同様に冷蔵庫から出すとすぐにバターが柔らかくなります。

 

細かい傷がつきにくく大切使うと長く愛用することができます。一方で衝撃に弱く、ぶつけたり落としたりすると割れてしまう危険性があるので注意が必要です。

 

陶器製のバターケースは、ホーロー製のバターケースと性質はよく似ているので、耐久性に優れたものを選びたい方はホーロー製、豊富なカラーやデザインから選びたい方は陶器製のバターケースから選ぶとお気に入りが見つかりやすくおすすめです。

ラグジュアリーな雰囲気漂うガラス製

ガラス製のバターケースは、なんといっても見た目の高級感が最大の特徴です。おしゃれで食卓に置いても存在感があり、インテリアのひとつとしても使えます。

 

ガラス製のバターケースは、中が透けて見えるので残量確認しやすいことが使いやすく便利!さらに臭い移りもしにくく、お手入れも簡単です。強化ガラスが採用されたバターケースは、耐久性が割れにくくおすすめです。

 

電子レンジで温めることも可能で、容器に入れたまま溶かして使うこともできます。

バターケースは気密性の高いものを!

バターは空気に触れると油分が酸化し劣化してしまいます。バターのおいしさを損なわず鮮度をキープするためには気密性が重要なポイントです。

 

バターケースを選ぶときに、ただ単にバターをいれて保管する容器として選ぶのではなく、最大限にバターのおいしさを維持できるものを選びましょう。蓋にパッキンが付いていて空気を遮断できるものや、気密性を高める工夫が施してあるものを選ぶことがおすすめです。

 

バターナイフ付きのものであれば、持ち手部分が出た状態で収納するものではなく、ケース内部や外部にバターナイフを収納し、蓋に隙間がない完全に密封できるバターケースがおすすめです。

バターのサイズに合ったバターケースを選ぼう

一般的に流通しているバターは200g程度のもので、幅約6.3・奥行12.3・高さ2.8cmです。バターケースを選ぶときには、保存可能なバターサイズやケースサイズを確認しておきましょう。

 

使っているバターによっては450g程度の大容量のものもあります。その際には、一般的なバターケースには入らない可能性があるので、大きめサイズも入る専用のバターケースを探すか、入る大きさにカットして入れましょう。

 

逆に普段バターをあまり使わないという方や、一人暮らしの方は、ハーフサイズのバターケースがおすすめです。ハーフサイズのバターケースは約100gのバターが保存できます。200gのバターを半分にカットし、バターケースに入らない分は冷凍しておけば長期保存ができるのでおすすめです。

便利機能付きバターケースも人気

バターケースの中には、バターを入れて保存できるだけでなく、便利な機能が付いている製品も存在します。

 

例えば、バターを一度にカットできるバターカッターが付属されているものは、バターを使うたびに包丁でカットする手間が省くことができ人気があります。切り分けておくことで、バターの使い過ぎやカロリーコントロールにも役立ちます。

 

またバターナイフがケース内部に収納できるバターケースも人気を集めています。ただし、前項でも触れましたが、バターナイフの持ち手部分がケースから飛び出すようなタイプは、気密性が低くなってしまうので、完全に内部または外部に収納できるタイプがおすすめです。

バターケース人気おすすめ商品ランキング10選

第10位

KILNER(キルナー)

バターケース クリア

価格:1,640円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

残量確認しやすい!おしゃれで食卓に置いても存在感あり

第10位は、KILNER(キルナー)のバターケースです。おしゃれなガラス製のバターケースで、食卓に置いても存在感のあるデザインです。

 

ガラスの中でも特に透明度が高いとされるソーダガラスを素材に採用し、クリアで中身がよく見えるので残量確認もしやすく便利なバターケースです。

 

ガラスは耐久性に優れ傷もつきにくいので、バターをバターケースに入れたままカットできることも魅力的。ガラス製のバターケースは冷却性に優れているため、冷蔵庫から出してもひんやりと冷たく溶けにくいことも特徴です。

本体サイズ幅17×奥行10.5×高さ7.5cm素材・材質ソーダガラス
第9位

LOLO

SHIKIKA 木蓋バターケース

価格:1,670円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

陶器と天然木は相性抜群!ナチュラルな雰囲気が素敵

第9位は、LOLOの SHIKIKA 木蓋バターケースです。こちらのバターケースは、本体に陶器、蓋に天然木が採用されています。陶器のやさしい雰囲気と天然木の落ち着きと温かみのある風合いは相性抜群で、ナチュラルテイストのキッチンにぴったりです。

 

木蓋には計画的に植林したタイ北部産の高級チーク材を使用しており、環境にも配慮されています。木蓋はウレタン塗装されており汚れがつきにくい仕様です。ナイフも一緒に収納できるように本体にはスリットが入っておりますが、スリットを小さめに設計することで出来る限りバターをおいしく保てるよう工夫されています。

 

陶器製のバターケース本体に適度な重量があり、ナイフでバターを削りやすく使い勝手の良さは抜群です。スリット部分があることによって、きっちり蓋が閉まるバターケースと比べると気密性には劣ります。

本体サイズ15.6×9.3×高さ5.3cm素材・材質本体/磁器 蓋/天然木(チーク材) ウレタン塗装
第8位

スケーター(Skater)

ふわふわナイフ付 バターケース ベーシック

価格:841円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バターケース内部にナイフ収納可能!気密性の高さ◎

第8位は、スケーター(Skater)のふわふわナイフ付 バターケース ベーシックです。こちらはバターケース内部にバターナイフを完全に収納し、しっかりと密封することができるバターケースです。機能性重視で選びたいという方におすすめです。

 

蓋内部にシリコン製のパッキンが付いていることに加えて、蓋の両サイドをロックすることにより気密性が高まる仕様です。さらにこちらのバターケースには、バターナイフが付属されていることも魅力的。

 

バターナイフは、バターを柔らかくふわふわに削り取れるよう刃先がギザギザな形状になっており、使いやすいことも人気のポイント。バターケースサイズは、一般的に流通している225gの箱入りバターがぴったりと入る大きさです。

本体サイズ幅約10.3×奥行17.3×高さ5.2cm素材・材質AS樹脂 ABS樹脂 パッキン=シリコーン
第7位

ワールドクリエイト

ViV バターケース ハーフサイズ

価格:975円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バターを頻繁に使わない&一人暮らしの方におすすめ

第7位は、ワールドクリエイトのViV バターケース ハーフサイズです。こちらは一般的なバターケースの半分サイズのバターケースです。200gのバターを半分にカットするとぴったり入る大きさになっています。バターを頻繁に使わないという方や一人暮らしの方におすすめです。

 

蓋には天然木が採用され美しい木目と優しい雰囲気が目を引きます。バターケース本体にはしのぎ模様の陶器が採用され、シンプルでナチュラルなデザインです。

 

カラーはホワイト・グリーン・ブラウンの3色のバリエーションで展開されており、キッチンのイメージや好みに合わせて選べることも人気の秘訣。バターケースが小さめサイズなので、半分にカットした残りのバターは冷凍して鮮度を保つこともおすすめです。

本体サイズ幅9.5×奥行9.5×高さ5.5cm素材・材質本体:陶器 蓋:天然木
第6位

ギギliving

陶器蓋のバターケースナイフ付き

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

北欧テイストなキッチンにぴったり!木製バターナイフ付き

第6位は、ギギlivingの陶器蓋のバターケースナイフ付きです。こちらは蓋がドーム状になっており、かぶせて蓋をする仕様となっています。ゴムの木が採用されたトレイの上にバターを置き蓋をかぶせて保存するので、バターをカットするときには蓋を外すとフラットな状態となり切りやすく便利です。

 

木製トレイと同じゴムの木を使ったバターナイフ付きもうれしいポイント。ナチュラルでシンプルなデザインで、北欧テイストなキッチンによく合います。バターナイフを一緒に収納できるように、陶器製の蓋部分にスリットが入っています。

 

さらに木製トレイと陶器蓋を上下反対にしてマルチに使うこともできます。見た目重視でナチュラルなデザインが好みの方におすすめなバターケースです。

本体サイズ幅16×奥行11×高さ5cm素材・材質陶器 ゴムの木
第5位

サラサドットコム sarasa.com

バターケース

価格:1,394円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

片手で開閉!調理中もノンストレスなバターケース

第5位は、サラサドットコム(sarasa.com)のバターケースです。こちらのバターケースの最大の特徴は片手で開閉できること!手を離せない調理中でも使いやすいことを考えたデザインで、片手でスライドするだけで開け閉めが可能です。

 

左右どちらにも開閉するので、利き手を問わず使えます。底面には10gの目安となるグリッドが入っており、計量の手間も省くことができます。2つのパーツに分解することができるのでお手入れも簡単です。

 

無駄な装飾のないシンプルなデザインも好評です。カラーはウォームグレー・ホワイトの2色から選ぶことができます。残念ながらチャコールグレーは廃盤となっています。バターをお料理にもよく使うという方はこちらのバターケースを選べば間違いありませn。

本体サイズサラサドットコム バターケース素材・材質ABS・シリコン
第4位

白山陶器(Hakusan Porcelain)

ブルーム バターケース

価格:3,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手書き模様が温かみを感じるバターケース

第4位は、白山陶器(Hakusan Porcelain)のブルーム バターケースです。白山陶器は焼き物の町として有名な長崎県波佐見町で創業し、400年以上にわたり多くの方から愛されてきたブランドです。生活への馴染みやすさを基本としたアイテムはどれも高い人気を誇っています。

 

ブルームはリースとブーケをイメージした瑠璃色の手書き模様が魅力的で、年代を問わず人気のあるシリーズです。こちらのバターケースは、シンプルな形でバターケースとしてだけでなく、おかずや漬物の保存などマルチに活躍します。高級感のあるバターケースなのでプレゼントにもおすすめです。

 

白山陶器のブルームシリーズはバターケース以外にもジャムケースやカップ、茶碗や平皿など様々なアイテムが展開されているので、集めて揃えるのもおすすめです。

本体サイズ幅8.8×奥行き14.7×高さ5.5cm素材・材質磁器
第3位

スケーター(Skater)

ステンレスカッター式 バターケース バターナイフ付

価格:1,527円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1度にバターカットできるステンレスカッターが便利

第3位は、スケーター(Skater)のステンレスカッター式 バターケース バターナイフ付です。こちらは、市販の200gのバターを1度に20個にカットできるステンレス製のバターカッターが付属されています。

 

常温に戻したバターを一瞬で20等分に切り分けることが可能で、切り分けたバターは約10gのブロックになります。あらかじめカットしておくことでバターの使い過ぎを防止することができ、カロリーコントロールにも役立ちます。

 

カットした後はバターカッターは抜き取らずそのままの状態で保存ができます。蓋部分は透明なプラスチック製で、残量確認もしやすく便利です。バターナイフも付属されており、先割れ形状のバターナイフでカットしたバターを突き刺して取ることができます。

本体サイズ/約107×190×43mm素材・材質AS樹脂、ポリプロピレン、ステンレス鋼
第2位

野田琺瑯(Nodahoro)

バターケース 200g用

価格:2,111円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

職人の手作業で作られらホーロー製のバターケース

第2位は、野田琺瑯(Nodahoro)のバターケースです。70年以上の歴史を持ちホーロー製品で高い人気を誇る野田琺瑯。こちらのバターケースは、ホーロー製の本体と、天然のサクラ木を採用した木蓋のナチュラルな雰囲気が魅力的です。

 

ホーロー製のバターケースは汚れが付きにくく、さらに臭い移りしもしにくいので、メンテナンスが簡単で実用性に優れています。木蓋をソーサーにしてバターをカットすることも可能です。こちらは200g用ですが450g用も販売されています。

 

野田琺瑯のホーロー製品は、熟練された腕をもつ職人の手仕事によって1つ1つ丁寧に製造されています。1つとして同じものがなく、ホーロー製品ならではの個性を楽しめることもこちらのバターケースの魅力です。

本体サイズ15.7×9.7×高さ5.2cm素材・材質本体/ホーロー用鋼板(ホーロー加工)、蓋/天然木(サクラ)
第1位

曙産業

カットできちゃうバターケース

価格:752円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

口コミ数ナンバーワン!ワンプッシュでバターカット

バターケース人気おすすめランキング堂々1位は、曙産業のカットできちゃうバターケースです。こちらは、カット用のワイヤープレートにバターを乗せて、蓋をぎゅっと押し込むだけで簡単にバターを切り分けることができるバターケースです。

 

切り分けたバターは1ブロック約5gとなり、お菓子つくりや調理の際の計量にも便利です。薄切りなので、トーストしたパンやホットケーキに乗せると溶けやすいことも魅力的。ワイヤーは丈夫な作りで口コミでも好評です。

 

こちらは200g用ですが、450gまで対応するタイプもあるので使用しているバターに合わせてサイズを選んでください。これだけ便利でありながら、1000円いかというコスパの良さも人気のポイントです。バターケース選びに迷っている方は、口コミ数ナンバーワンのこちらのバターケースを選んでみてはいかがでしょうか?

本体サイズ165×95×68mm素材・材質ポリエチレン、ABS樹脂、AS樹脂

バターケースのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4909340の画像

    曙産業

  • 2
    アイテムID:4909243の画像

    野田琺瑯(Nodahoro)

  • 3
    アイテムID:4909227の画像

    スケーター(Skater)

  • 4
    アイテムID:4909219の画像

    白山陶器(Hakusan Porcelain)

  • 5
    アイテムID:4909200の画像

    サラサドットコム sarasa.com

  • 6
    アイテムID:4909193の画像

    ギギliving

  • 7
    アイテムID:4909177の画像

    ワールドクリエイト

  • 8
    アイテムID:4909172の画像

    スケーター(Skater)

  • 9
    アイテムID:4909166の画像

    LOLO

  • 10
    アイテムID:4909151の画像

    KILNER(キルナー)

  • 商品名
  • カットできちゃうバターケース
  • バターケース 200g用
  • ステンレスカッター式 バターケース バターナイフ付
  • ブルーム バターケース
  • バターケース
  • 陶器蓋のバターケースナイフ付き
  • ViV バターケース ハーフサイズ
  • ふわふわナイフ付 バターケース ベーシック
  • SHIKIKA 木蓋バターケース
  • バターケース クリア
  • 特徴
  • 口コミ数ナンバーワン!ワンプッシュでバターカット
  • 職人の手作業で作られらホーロー製のバターケース
  • 1度にバターカットできるステンレスカッターが便利
  • 手書き模様が温かみを感じるバターケース
  • 片手で開閉!調理中もノンストレスなバターケース
  • 北欧テイストなキッチンにぴったり!木製バターナイフ付き
  • バターを頻繁に使わない&一人暮らしの方におすすめ
  • バターケース内部にナイフ収納可能!気密性の高さ◎
  • 陶器と天然木は相性抜群!ナチュラルな雰囲気が素敵
  • 残量確認しやすい!おしゃれで食卓に置いても存在感あり
  • 価格
  • 752円(税込)
  • 2111円(税込)
  • 1527円(税込)
  • 3990円(税込)
  • 1394円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 975円(税込)
  • 841円(税込)
  • 1670円(税込)
  • 1640円(税込)
  • 本体サイズ
  • 165×95×68mm
  • 15.7×9.7×高さ5.2cm
  • /約107×190×43mm
  • 幅8.8×奥行き14.7×高さ5.5cm
  • サラサドットコム バターケース
  • 幅16×奥行11×高さ5cm
  • 幅9.5×奥行9.5×高さ5.5cm
  • 幅約10.3×奥行17.3×高さ5.2cm
  • 15.6×9.3×高さ5.3cm
  • 幅17×奥行10.5×高さ7.5cm
  • 素材・材質
  • ポリエチレン、ABS樹脂、AS樹脂
  • 本体/ホーロー用鋼板(ホーロー加工)、蓋/天然木(サクラ)
  • AS樹脂、ポリプロピレン、ステンレス鋼
  • 磁器
  • ABS・シリコン
  • 陶器 ゴムの木
  • 本体:陶器 蓋:天然木
  • AS樹脂 ABS樹脂 パッキン=シリコーン
  • 本体/磁器 蓋/天然木(チーク材) ウレタン塗装
  • ソーダガラス

まとめ

今回は、バターを最大限においしく保つことのできるバターケースの人気おすすめ商品ランキングをご紹介しましたがいかがでしたか?普段よくバターを使うという方も、たまにしか使わないという方も、バターケースでバターを保存しておけば、おいしさを保ちやすくおすすめです。これを機会にバターケースを購入してみてはいかがでしょうか?

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ