記事ID134679のサムネイル画像

【文房具】ホッチキスの人気おすすめランキング10選【便利アイテム】

書類やプリントを束ねる際に使うホッチキス。さまざまなシーンで活躍する便利アイテムです。ですが実はいろいろな種類があることをご存知ですか?今回はホッチキスのおすすめの選び方や人気のある商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

事務作業をより効率的に進めるホッチキス

学校や職場で活躍するホッチキス。書類やプリントを束ねる際に便利なアイテムです。片手で簡単にとめることができるので、使い勝手が良いのもポイントでしょう。

 

そんなホッチキスですが実はいろいろな種類があり、針無しタイプ・卓上タイプ・電動タイプなどシーンによって使い分けることができます。そのためいざ購入しようとしても迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は人気のあるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。ぜひ参考にして、自分にピッタリの商品を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

ホッチキスの選び方

用途に合ったタイプを選ぶ

一口にホッチキスと言ってもその種類はさまざま。いろいろなタイプの商品があります。

普段使いしやすいハンディータイプ

書類やプリントを束ねる際に一番よく使うのがハンディタイプではないでしょうか。手の平サイズで片手で簡単にとじられるのが特徴。針が付いており、最大20枚程度の紙をとじることができます。

 

値段も安価なので手軽に手に入れられるのもポイント。大きさも手頃で普段使いしやすい一品です。

コストがかからない針なしタイプ!穴が開かないプレス式がおすすめ

針を使わないタイプのホッチキスなのでコストがかからないのが最大の特徴。針が出る心配がないので小さいお子さんや乳幼児がいるご家庭におすすめです。

 

また同じ商品でも「紙に穴を開ける」タイプのものと「上から圧力でプレス」するタイプのものがあります。紙に穴が開くのを避けたいならばプレス式がおすすめでしょう。針穴の跡もほとんど残らないので仮とじの際に便利です。

 

ただし一度にとじられる枚数は5枚程度と少ないので、多くとじたい場合には向きません。

 

 

 

大量の紙をとじるなら卓上タイプ!業務用におすすめ

ハンディタイプよりも多くの紙をとじることができるのが卓上タイプです。70~100枚ほどとじたい場合に便利。軽い力でとじることができ、会社や学校など業務用として使うのに向いているでしょう。

 

ただしとじる枚数が多くなるほど本体や針のサイズも大きくなるので注意が必要。重量もあるので持ち運びには向いていません。ですが最近は軽量タイプのものも販売されているので、持ち運びを考えている方はそちらがおすすめ。

小冊子等の中とじができる!製本用・回転式タイプ

小冊子などの中とじに便利なのが製本用または回転式タイプです。二つ折りの折り目の部分を縦にとじることができるのが特徴。ハンディタイプなどのホッチキスでは届かない部分もとめることができるので使い勝手が良いでしょう。

 

中とじ対応の大き目な針を準備する必要がありますが、中にはスタンダードな10号サイズの針が使える物もあります。

力が弱い方でも安心!大量の書類におすすめな電動タイプ

書類を差し込むだけで自動的にとじてくれるのが電動タイプです。大量の書類をとじる時に便利で、大きな力をかけずにスムーズに作業を進めることが可能。力が弱い女性の方や年配の方でも安心して使うことができます。

 

10号サイズの針に対応していることが多く、大量に中にストックさせておくことができるので、針を入れる手間を省けるのもポイント。中には便利な針交換お知らせセンサーや容姿ガイド付きのものもあります。

 

 

汎用性の高い10号針対応かで選ぶ

一般的に使われているホッチキスには10号針が多いです。そのため使い勝手を重視する方なら同じ針のホッチキスにまとめると便利でしょう。ハンディタイプでもたまに長さが異なる針を使用する場合があるので、事前に必ずチェックしておくのがおすすめです。

便利機能付きで選ぶ

ホッチキスにはとじる以外の便利機能が付いている商品もあります。

とじ位置が確認できる奥行ナビ付ホッチキス

一定の奥行でとじられるガイドが付いているホッチキスです。とじ位置が指定できるので、仕上がりがキレイなのが特徴。指定された位置にホッチキスをとじなければいけない書類の場合などに大変便利でしょう。

失敗した針の取り外しに便利なリムーバー

失敗した針を抜く時に便利なのがリムーバーです。手でとるには難しい針でも、リムーバーを使えば簡単に取り外しが可能。ストレスなく作業を進めることができます。ほとんどのハンディタイプに付いていますが、まれに搭載されていない場合があるので事前にチェックしておきましょう。

ペンケースやカバンに入れやすい!携帯性・収納性で選ぶ

普段ホッチキスを良く使うという方は、収納しやすいコンパクトなハンディタイプがおすすめ。ペンケースやバックなどにも入れられるため、いざ使いたい場合にすぐに取り出すことができます。

 

商品の中には中が開いてしまわないようコンパクトにたためるタイプやロックが掛かるタイプ、スリムなスティックタイプなどがあるため、収納する場所によって選ぶと良いでしょう。

 

ただしあまりにコンパクトすぎても使いずらいので、とじたい枚数や握りやすさなどきちんとチェックしておくと安心です。

時短に繋がる針の収納量で選ぶ

針の補充が面倒な方におすすめ。針をたくさん詰め込むことができれば、その分交換する手間を省くことに繋がります。特によくホッチキスを使う方だと大変便利でしょう。100本ほど入れることができる大容量タイプだと安心です。

 

商品の中にはストックができるスペースが備わったホッチキスもあるので、面倒な針入れのストレスを軽減させたい方はぜひチェックしてみてください。

握りやすさや力のかけやすさで選ぶ

軽い力でとじることができるタイプや握りやすいタイプは、握力が弱い方でも安心して使うことができるためおすすめ。大量に書類をとじなければいけない場合でも使いやすく、疲れにくいでしょう。

 

商品の中には従来の半分ほどの力でとじることができる商品や、握りやすいデザインのものが多く出回っているため、実際に店頭に行って手で握って確かめてみると良いです。

 

 

ホッチキスのおすすめメーカーで選ぶ

どうせ購入するなら安心のメーカーからが良いですよね。次はホッチキスで有名な2社をご紹介します。

マックス(MAX)

ホッチキスと釘打機の国内シェアNO1を誇る機械メーカーです。昭和27年に「1人に1台持ってもらいたい」という想いから小型のホッチキスの開発をスタート。国産初のハンディホッチキス「SYC・10」が誕生しました。

 

その後たくさんの改良を重ね、さまざまなタイプの商品を開発。印刷・コピー機能の1つである「ホッチキスとじ」や「軽量ホッチキス」、「紙針ホッチキス」など素晴らしい商品を世に送り出だしています。

コクヨ(KOKUYO)

文房具やオフィス家具の製造・販売を行う日本の老舗メーカーです。「キャンパスノート」は特に有名で、誰しもが見たことがあるノートではないでしょうか。普段使いできるものからビジネス用と幅広く商品をラインナップ。使いやすさを追求して、より良い商品の開発に力を入れています。

ホッチキスの人気ランキング10選

第10位

マックス(MAX)

ホッチキス 紙針 P-KISS 15枚とじ レッド

価格:8,887円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

しっかりとじれて、エコ!紙針ホッチキス

ホッチキスの針が紙という紙針ホッチキスです。紙の針で15枚をしっかりとじることができる優れもの。金属針のようにしっかりと!針なしホッチキスのように安全でエコを兼ね備えた商品でしょう。

 

シュレッダーにかける際や食品を扱っている会社、小さいお子さんがいる子ども園で使うのにおすすめ。紙針はブルーとホワイトの2色ありますので、とじ部分を目立たせたい時はブルー、目立たせたくない時はホワイトと使い分けると便利です。

 

レビューを参考にすると、文書の破棄などでいちいち外さなくていいのが便利とのこと。とめる場所の狙い部分が分かりずらいのが難点ですが、良い商品だと高評価です。ただし大き目でかさばるので、収納スペースの場所の確保が必要。

タイプ卓上紙針タイプ便利機能カートリッジ交換式
サイズH198×W110×D260mmとじ枚数15枚
第9位

マックス(MAX)

ホッチキス バイモ11 ポリゴ 40枚とじ 50本装填

価格:781円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小さく、軽く、スタイリッシュなデザイン

大変小さく作られているコンパクトサイズのホッチキスです。重さも135gと超軽量。手の平の中に収まる大きさなので持ち運びに大変便利でしょう。多面体を使用したスタイリッシュなデザインなので、机の上に置いてもおしゃれですよ。

 

これほど小さくコンパクトですが、40枚までとじることができるのも魅力。てこの原理を応用した軽とじ機構を搭載しているので、従来の約半分の力済みます。片手で軽く握るだけなので女性の方でも扱いやすいです。

 

レビューを参考にすると替え芯は1束分(50本)しか入らないとのこと。ですが楽にとじることができると高評価です。大量の書類作成には向きませんが、普段使いしやすい商品でしょう。

タイプハンディタイプ便利機能軽とじ機構・針残量・リムーバー
サイズH71xW28xD98mm とじ枚数40枚
第8位

コクヨ(KOKUYO)

ホチキス 大型 卓上 強力ステープラー 100枚

価格:3,188円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最大とじ枚数100枚!卓上タイプのホッチキス

てこの原理を利用した「軽とじ機構」で、軽い力でも楽々大量の書類をとじることが可能。最大100枚の用紙を束ねることができます。ハンドルは手に馴染む形状なので、スムーズに作業するのに便利。

 

とじ位置が調節できる奥行ゲージが付いているので、お好みの場所でとじることができるのも人気の理由でしょう。針の残量が一目で分かる確認窓も付いているので、装填のタイミングも分かりやすくて便利です。

 

レビューを参考にすると、他社にはない大容量タイプがとじれるので便利とのこと。大した力もなく簡単に出来るそうです。ただ裏の芯は平らではなく丸く出っ張るタイプなので、気になる方は注意が必要です。

タイプ卓上タイプ便利機能軽とじ機構・ワンタッチフルオープン方式・残針確認窓・奥行ゲージ
サイズ96×312×245mmとじ枚数100枚
第7位

コクヨ(KOKUYO)

電動ステープラー フラットクリンチ 10号針

価格:3,365円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型コードレスタイプ

どこでも使える小型コードレスタイプの電動ホッチキスです。電動なので大量の書類をとじたい場合に大変便利。手が疲れないので楽々作業を進めることができます。書類以外にも学校での文集制作、簡易製本、研修会での資料配布などさまざまなシーンで活躍することができますよ。

 

またコードがなく電池式となっているため持ち運びが可能なのも嬉しいポイント。電池は単三アルカリ電池4本使用します。奥行ゲージも付いており、用紙をお好みの深さでセットすることが可能です。

 

レビューを参考にすると出先でも使用できるのが便利と高評価。モーターも十分なパワーで時短に繋げることができるそうです。

 

タイプ電動タイプ便利機能奥行ゲージ・ステープル箱収納スペース・容姿ガイド
サイズ 41×187×71mm とじ枚数20枚
第6位

マックス(MAX)

ホッチキス バイモ80フラット 80枚

価格:2,850円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

驚きの軽さで80枚とじることが可能

最大80枚の紙をとじることができる卓上タイプのホッチキスです。11号針を使用し、薄い2枚から厚みがある80枚まで同じようなキレイな仕上がりが可能。とじる力を70%以上軽減しているため軽い力で出来るのが魅力です。

 

また便利な奥行調節レバーのおかげでとじる位置を変えることができるのも嬉しいポイント。紙の大きさによって調節することで、印刷した文などが消えたり見にくくなってしなう心配がなくなります。

 

レビューを参考にすると、あまり力をこめなくてもスムーズにとじることができて、尚且つ見栄えも良いとのこと。普通のホッチキスでとじたのとあまり変わらない圧迫感であり、しかもフラットクリンチ方式(とじ裏が平らになる方式)なので針がかさばりにくいそうです。

タイプ卓上タイプ便利機能残針確認窓・奥行調節レバー
サイズH153×W63×D202mmとじ枚数80枚
第5位

マックス(MAX)

ホッチキス 20枚とじ

価格:240円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産初の小型ホッチキス(現行版)

マックスの小型ホッチキスです。コンパクトで使いやすく、収納しやすいのが特徴。180°に開くので壁打ちや製本など幅広く使うことができます。また針の補充の際には無駄な針が出ないような工夫がされている細かい心遣いがされているのも、日本のメーカーならではでしょう。

 

レビューを参考にすると、思ったよりもコンパクトで使いやすいと高評価。ただフラットクリン方式(とじた針の裏がめがね状にならず、とじ裏が平らになる方式)ではないので、この方式のホッチキスを希望している方は注意が必要です。

タイプハンディタイプ便利機能針残量確認窓、リムーバ付
サイズ幅21× 奥行90×高さ46mm とじ枚数20枚
第4位

コクヨ(KOKUYO)

ホチキス 針なしステープラー ハリナックス ハンディ

価格:570円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折り込んでとじるタイプの針なしホッチキス

折り込んでとじるタイプの針なしホッチキスです。引っかかって抜けにくいとじ構造を採用。そのため芯を用意する必要がなく、小さいお子さんがいる家庭や食品を扱っている会社に向いています。

 

ホッチキスには確認穴が付いているため、とじ穴の位置をチェックしながら用紙をとじることが可能。失敗せずに一度でしっかりとめることができますよ。また使いやすさにこだわって作られているため見た目はコンパクト。握りやすく片手で簡単に操作できます。

 

ストラップが付いているので失くしにくく、会社などで下げて共有する際にも便利でしょう。レビューを参考にすると穴を開けて紙を折り込むのでかなり幅をとるそう。ですが針がない分残量を気にせず使え、シュレッダーにかける時にも便利とありました。

タイプ針なしタイプ便利機能確認窓・ストラップ取付穴
サイズW3.2cm×D12.1cm×H10cm とじ枚数コピー用紙(PPC用紙)約10枚
第3位

マックス(MAX)

ホッチキス サクリフラット 32枚とじ 予備針100本収納

価格:482円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

予備針が100本収納可能!

軽い力で一度に32枚の用紙をとじることができるホッチキスです。一般的なホッチキスの約50%の力というから驚き。握力の弱い女性やご年配の方におすすめです。また最大100本の針がストック可能。

 

ハンドル部分の予備針ポケットにも100本入るため、計200本装着することができます。大量の書類をとめる必要がある場合でも手を止めずに作業ができて便利ですよ。さらにはユーザーの声に応えた便利機能が充実しているのが魅力。

 

「紙を挿入しやすい斜めカットの形状設計」「残りの針が確認できる数量表示」などさまざまなこだわりが詰まった一品です。レビューを参考にすると吸い込まれるように針が入っていくのが気持ちいいと高評価。軽い力でとじれて使い勝手も良いそうです。

 

 

タイプハンディタイプ便利機能予備針収納ポケット・針置台・針残量窓・180°全開のワンタッチオープン等
サイズH66×W28×D83mmとじ枚数32枚
第2位

コクヨ(KOKUYO)

ホチキス ステープラー パワーラッチキス

価格:310円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

32枚を軽くとじることが可能!

コンパクトなボディーですが、通常の1.6倍の枚数を軽々とじることができるホッチキスです。軽とじ機構搭載なので、32枚の書類でもズレることなく片手で楽々とじることができます。

 

女性の手でも簡単に収まるサイズなので収納や持ち運びにも大変便利。10号の針を100本装填可能なので、交換の手間もそこまでかかりません。音も静かなので、オフィスや書類整理でも気にせず使うことができますよ。

 

レビューを参考にすると本当に軽く失敗なくとじれるとのこと。とじても膨らまず、フラットにキレイに仕上げることができるそうです。100均の商品と比べると全く違うと高評価でした。

タイプハンディタイプ便利機能軽とじ機構搭載
サイズW2.9cm×D8cm×H6.4cm とじ枚数32枚
第1位

コクヨ(KOKUYO)

ホチキス 穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレス

価格:430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

針なし!穴を開けないホッチキス

針を必要としない針なしタイプのホッチキスです。食品を扱う会社や廃棄の際に便利。コスト削減にも繋がります。また穴を開けずに用紙を圧着させてとじるプレスロック式を採用しているので、とじ部分が目立たないのもポイント。仮止めとしても使うことができますよ。

 

複数個所とめれば保持力を高め、冊子のようにとじることも可能。「絶対に外れないようにしたい」という場合には向きませんが、ちょっとした普段使いに便利です。レビューを参考にするとコピー用紙3枚が限度のようです。

 

大量の資料をとじたい場合には向きませんが、レシートや領収書など宛名に穴を開けずにとじれて便利とありました。また持って使うと失敗しやすいので、卓上に置いて使うと良いそうです。

 

 

タイプ針なしタイプ便利機能×
サイズW3.4×D9.5×H8.5cm とじ枚数コピー用紙(PPC用紙)約5枚

ホッチキスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4908030の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 2
    アイテムID:4908058の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 3
    アイテムID:4908103の画像

    マックス(MAX)

  • 4
    アイテムID:4908108の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 5
    アイテムID:4908122の画像

    マックス(MAX)

  • 6
    アイテムID:4908125の画像

    マックス(MAX)

  • 7
    アイテムID:4908141の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 8
    アイテムID:4908143の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 9
    アイテムID:4908149の画像

    マックス(MAX)

  • 10
    アイテムID:4908153の画像

    マックス(MAX)

  • 商品名
  • ホチキス 穴があかない針なしステープラー ハリナックスプレス
  • ホチキス ステープラー パワーラッチキス
  • ホッチキス サクリフラット 32枚とじ 予備針100本収納
  • ホチキス 針なしステープラー ハリナックス ハンディ
  • ホッチキス 20枚とじ
  • ホッチキス バイモ80フラット 80枚
  • 電動ステープラー フラットクリンチ 10号針
  • ホチキス 大型 卓上 強力ステープラー 100枚
  • ホッチキス バイモ11 ポリゴ 40枚とじ 50本装填
  • ホッチキス 紙針 P-KISS 15枚とじ レッド
  • 特徴
  • 針なし!穴を開けないホッチキス
  • 32枚を軽くとじることが可能!
  • 予備針が100本収納可能!
  • 折り込んでとじるタイプの針なしホッチキス
  • 国産初の小型ホッチキス(現行版)
  • 驚きの軽さで80枚とじることが可能
  • 小型コードレスタイプ
  • 最大とじ枚数100枚!卓上タイプのホッチキス
  • 小さく、軽く、スタイリッシュなデザイン
  • しっかりとじれて、エコ!紙針ホッチキス
  • 価格
  • 430円(税込)
  • 310円(税込)
  • 482円(税込)
  • 570円(税込)
  • 240円(税込)
  • 2850円(税込)
  • 3365円(税込)
  • 3188円(税込)
  • 781円(税込)
  • 8887円(税込)
  • タイプ
  • 針なしタイプ
  • ハンディタイプ
  • ハンディタイプ
  • 針なしタイプ
  • ハンディタイプ
  • 卓上タイプ
  • 電動タイプ
  • 卓上タイプ
  • ハンディタイプ
  • 卓上紙針タイプ
  • 便利機能
  • ×
  • 軽とじ機構搭載
  • 予備針収納ポケット・針置台・針残量窓・180°全開のワンタッチオープン等
  • 確認窓・ストラップ取付穴
  • 針残量確認窓、リムーバ付
  • 残針確認窓・奥行調節レバー
  • 奥行ゲージ・ステープル箱収納スペース・容姿ガイド
  • 軽とじ機構・ワンタッチフルオープン方式・残針確認窓・奥行ゲージ
  • 軽とじ機構・針残量・リムーバー
  • カートリッジ交換式
  • サイズ
  • W3.4×D9.5×H8.5cm
  • W2.9cm×D8cm×H6.4cm
  • H66×W28×D83mm
  • W3.2cm×D12.1cm×H10cm
  • 幅21× 奥行90×高さ46mm
  • H153×W63×D202mm
  • 41×187×71mm
  • 96×312×245mm
  • H71xW28xD98mm
  • H198×W110×D260mm
  • とじ枚数
  • コピー用紙(PPC用紙)約5枚
  • 32枚
  • 32枚
  • コピー用紙(PPC用紙)約10枚
  • 20枚
  • 80枚
  • 20枚
  • 100枚
  • 40枚
  • 15枚

まとめ

ホッチキスといってもいろいろなタイプのものがあることが分かりました。とじれる枚数や便利機能など商品によって特徴があるので、どういった用途で使いたいか事前にしっかり考えて購入すると失敗しにくいです。ぜひ使いやすいホッチキスを選んで快適に作業してくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ