記事ID134673のサムネイル画像

【美容効果も!】本当に美味しいキムチのおすすめ人気ランキング10選

キムチは、お酒のおつまみや料理のアクセントになる万能食材です。最近では、辛くないものやにおいが気にならないものなど、たくさんの種類があり、どの商品がおすすめなのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、キムチの種類やおすすめ人気ランキングをご紹介します。

キムチは美味しいだけでなく美容効果も期待できる

キムチは朝鮮半島で生まれた漬物です。白菜などの野菜を塩漬けにし、さらに唐辛子やニンニク、塩辛で漬けて発酵させた食材です。そんなキムチには、植物性の乳酸菌が含まれています。この乳酸菌が健康や美容に良い効果をもたらしてくれます。

 

植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌より過酷な環境で育ちます。そのため生命力が強く、生きたまま腸まで運ばれます。植物性乳酸菌は、腸の環境を整え便秘解消に効果があると言われています。

 

また、唐辛子に含まれるβカロテンも美肌効果が期待できます。βカロテンは、体内に蓄積されると一部がビタミンAに変換されます。このビタミンAは、肌や臓器を保護する役割があるので、様々なトラブルから肌を守ってくれます。そして、変換されなかったβカロテンにも、老化防止の効果があるのです。

 

 

キムチの選び方

キムチは幅広く商品が展開されているので、選び方も様々です。主な選び方のポイントは、製法や原産国、キムチの種類などです。選び方のコツを知り、お気に入りのキムチを見つけましょう。

製法で選ぶ

キムチの製法は大きく分けて、熟成キムチ発酵キムチ浅漬けキムチの3つがあります。それぞれに特徴があるので、自分の好み製法を探してみましょう。

熟成キムチ

熟成キムチは、白菜などの野菜を漬け込む塩辛を長時間熟成させて、コクを出すという特徴があります。また、化学調味料などの添加物は使用しません。うま味や甘みが強く、日本人の好みに近いタイプです。

 

すでに熟成されているキムチのため、時間の経過による味の変化はあまりありません。発酵によって、酸味が強くなるのが苦手な方にもおすすめのキムチです。日本人の舌にも合う、本格的なキムチを楽しむことができます。

発酵キムチ

発酵キムチの特徴は、添加物が使われていないことと、薬味で漬けこんで作るということです。まず、添加物を使用していない点は、熟成キムチと共通です。見た目も熟成キムチとあまり変わりません。しかし時間が経つにつれ、乳酸菌の量も変化していくので、酸味が強くなっていくのが熟成キムチとは異なります。

 

また、発酵キムチは魚介やニンニクの香りも強いので、本格的なキムチを食べたい人におすすめです。発酵キムチの乳酸菌量のピークは、購入してから6日目とも言われています。発酵キムチには乳酸菌だけでなく、食物繊維も含まれているため、便秘解消も期待できます。

浅漬けキムチ

浅漬けキムチというのは、キムチ風味の調味料で味付けした発酵していないキムチです。国産のキムチは、この浅漬けタイプが過半数を占めています。発酵していないキムチのため、乳酸菌は含まれていません。

 

浅漬けキムチには、アミノ酸や果糖ブドウ糖液糖などの添加物が入っています。化学調味料を使っているため、味はまろやかで、癖のあるキムチは苦手な方でも食べることができます。日本のスーパーマーケットには、このタイプが多く販売されています。

原産国で選ぶ

日本で購入することができるキムチは主に、国産か韓国産です。製造されている場所によって、味や製法に違いが出てきます。

日本人の好みに近いキムチは国産

国産キムチのほとんどは、発酵していない浅漬けキムチです。味付けは日本人の舌に合うように、甘味やうま味が強くなっています。そのため、そのままお酒のおつまみとしてもご飯にかけても美味しく食べることができます。

 

また、国産キムチの野菜に使われているものはほとんど、日本で作られたものです。慣れ親しんだ国産の野菜を食べたい方には、国産キムチがぴったりです。しかし、野菜を漬け込む薬味には業務用のおろしにんにくやおろししょうがが使われていて、添加物が含まれている場合もあるので注意が必要です。

 

 

本格的なキムチを味わいたいなら韓国産

一方韓国産のキムチは、全て発酵しているもので乳酸菌が含まれています。韓国では、浅漬けキムチのことをキムチと言わないのです。発酵キムチを見分けるポイントは、商品のラベルにキムチくんマークがついているかどうかです。このキムチくんマークとは、韓国政府が認定しているもので、発酵キムチの証明となっています。

 

韓国産のキムチには、韓国産の野菜が使われていることが多くあります。韓国産の野菜は国産に比べて、水分含有量が少ないのでシャキっとした食感を味わうことができます。また唐辛子も、韓国産の天日干しされたものが多く使用されています。

 

発酵キムチには乳酸菌が多く入っているので、商品購入後も発酵が進み酸味が増していきます。酸味が強くなってキムチは、豚キムチやキムチ鍋など調理用として使うのがおすすめです。

キムチの種類で選ぶ

キムチは、ペチュキムチ、オイキムチ、カクテキなど種類の幅が広いです。それぞれの特徴を知り、好みの種類を見極めていきましょう。

白菜を使ったペチュキムチ

ペチュキムチは少し聞きなれない名前ですが、白菜キムチのことを指します。キムチの中でも最も人気のある種類です。唐辛子や塩辛などの薬味の量によって、辛さが変化していきます。

 

このペチュキムチは、大型の白菜が中国から伝わってきた19世紀末から20世紀初めに誕生したと言われています。白菜のシャキシャキとした食感が癖になるキムチです。熟成の程度によって、ペチュキムチも熟成タイプ、発酵タイプ、浅漬けタイプに分けられます。

きゅうりを使ったオイキムチ

オイキムチとは、きゅうりを使ったキムチのことです。韓国語できゅうりを「オイ」と呼ぶことから、オイキムチという名前となっています。焼肉屋のメニューとしても有名ですね。きゅうりを丸ごと使い、中心に入っている切り込みの中にゴマや薬味が入っています。きゅうりのコリコリとした食感にハマる人が多いです。

 

きゅうりの旬である夏になると、特に美味しく食べることができます。食欲がない夏でも、ぴったりのキムチです。きゅうりの特性上、比較的薬味に漬けて間を空けず食べるのがおすすめです。開封してから一週間以内に食べると良いでしょう。

大根を使ったカクテキ

カクテキも、日本でよく知られているキムチの一つです。カクテキは大根を使ったキムチのことです。お酒のおつまみによく合います。本場韓国ではカクテキのことを、カットゥギと呼びます。

 

大根を小さいサイコロ上にカットして作ります。大根のみずみずしさが、唐辛子の辛さとマッチします。カクテキは発酵されるにつれ、酸味が強くなり食感も変化していきます。お酒やご飯のおともにぴったりのキムチです。

キムチの人気ランキング10選

第10位

【自家製】本格手作り!

極上 きゅうりキムチ

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格キムチをご家庭で!食べたら止まらないオイキムチ

まず最初のご紹介するのは、本格手作り!極上きゅうりキムチです。こちらの商品は、注文が入ってから生産しているので、新鮮なキムチを味わうことができます。到着後は漬けたての、素材そのものの味を感じることができます。時間が経つにつれ、乳酸菌発酵が進み、酸味が増していきます。

 

こちらは、韓国人ママの手作り商品です。野菜や薬味にもこだわり、添加物は使用せず唐辛子や魚醤、塩辛で味付けをしています。本格的なキムチに挑戦してみたい方や、大量生産されていない新鮮なキムチを食べてみたい方におすすめの商品です。

製法発酵キムチ原産国韓国
第9位

東海漬物

キューちゃん味キムチ

価格:1,170円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ガーリックが効いたさっと食べられるおつまみに最適のキムチ

続いて紹介するのは、キューちゃんの味キムチです。スーパーマーケットで簡単に購入することもできます。一口サイズにカットされた大根やきゅうりにガーリックが効いていて、癖になる味です。きゅうりのキューちゃん同様、ロングセラー商品となっています。

 

大根やきゅうりを漬けている調味料には、添加物が使われているので長く日持ちします。お酒のおつまみやおかずとして使いたくなった時に、一つ常備しておくととても便利です。キムチ風味の漬物なので、辛すぎるキムチが苦手な方でも食べることができます。

 

 

製法浅漬けキムチ原産国国産
第8位

京都キムチのほし山

大根サイコロキムチ

価格:540円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

京都の老舗専門店が作るカクテキ!塩の加減とタレがまろやかな辛さを作り出す!

続いて紹介するのは、京都キムチのほし山のカクテキです。こちらは、50年以上手作りでキムチを販売している老舗店です。出荷日当日にキムチのタレを塗りこみ発送しています。カクテキの大根は、京都中央市場で選んだ国産大根を使っています。そして大根を漬け込む材料の一つ、アミエビも新鮮なものを使用しているので深い味わいとなります。

 

京都のほし山は、カクテキ以外にもペチュキムチやオイキムチも販売されています。しかし、全ての野菜に同じタレを使うのではなく、使う野菜によってタレを分けています。カクテキには新鮮なアミエビに加え、韓国産の唐辛子を使用し材料一つ一つにこだわっています

 

こちらのカクテキは、3日ほど発酵させるのがおすすめです。添加物はほとんど使用していないので、賞味期限は10日ほどです。本格的なキムチにもかかわらず、安く手に入れることができるのもおすすめポイントです。

製法原産国日本
第7位

海夢

鮭キムチ シャケジャン

価格:1,290円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

今話題の特製海鮮キムチ!プレゼントにも最適な商品

続いて紹介するのは、くにをの鮭キムチです。メディアでも多く取り上げられ、注文が殺到している商品です。鮭がゴロゴロと入っていて、身の柔らかさに驚きます。キムチの材料として珍しい鮭ですが、ご飯との相性が抜群です。こちらの商品以外にも、辛口鮭キムチやイカキムチといった種類があります。

 

人気の秘密は、全ての工程が職人による手作業で行われていて、高い品質を保っていることにあります。調味料を作ることから瓶詰めまで、機械に頼らず行っています。原材料の鮭は、北洋産のアトランティックサーモンを使用し、野菜は北海道産を使っています。

 

ネットショッピングの他に、数は少ないですが北海道の由仁町で店頭販売もしています。冷蔵保存の場合は、賞味期限が2週間ほどですが、冷凍保存すれば3カ月ほど持ちます。一風変わった鮭キムチは、お土産やプレゼントとしても喜ばれること間違いなしです。

製法熟成キムチ原産国日本
第6位

O9ショップ【オーナインショップ】

吉野家白菜キムチ

価格:1,877円(税込)

楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

酸味が控えめの吉野家のキムチ!旨味重視でご飯によく合う

続いて紹介するのは、吉野家白菜キムチです。こちらは野菜を漬け込む際に、5種類の塩辛を使用しているのが特徴です。また、キムチに使われている白菜は国産のものです。吉野家で食べていたキムチを家庭で味わうことができるようになりました。2010年、2011年、2012年の3年度連続でモンドセレクション金賞を受賞し、話題となった商品でもあります。

 

評判としては、酸味が控えめで旨味が強いという声があります。吉野家のキムチというだけあって、お肉やご飯とよく合います。辛さの中に、甘さがあり日本人が好む味でもあります。

 

吉野家キムチは、こちらの200gで提供されている商品の他に、食べきりパックという120gのキムチもあります。こちらは一度に食べきれる量なので、時間が経過して味が変化するのが苦手な方や、一人暮らしの方に嬉しい商品ですね。

製法浅漬けキムチ原産国日本
第5位

農協

韓国キムチチョンガク 

価格:1,429円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独特の歯ごたえが魅力の大根のキムチ!カクテキとは異なる新感覚を味わえる!

続いて紹介するのは、農協の本場韓国のキムチです。こちらは、チョンガクという韓国でとれる大根を使っています。チョンガクは一般的な大根よりサイズは小さく、その形が未婚男性(チョンガク)の髪形に似てることから、そのように呼ばれています。日本ではあまりなじみがありませんが、韓国では長年愛されているキムチの一つです。

 

カクテキとはまた別の、旨味と食感を味わうことができます。新しいキムチに挑戦してみたいという方におすすめの商品です。原材料はチョンガク大根を始め、唐辛子やエビの塩辛などすべて韓国産のものを使用しています。酸味と辛さのきいた本場の味がします。

 

チョンガクキムチの容量は、500gと1㎏の2種類あります。開封後は長く持たせることができないので、用途に合ったサイズを選びましょう。一度食べたら病みつきになるので、大きなサイズで購入する人もいるそうです。

製法原産国韓国
第4位

プロ食材で家庭応援 しょくたっく

牛角キムチ 3個パック

価格:197円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ最強!韓国直送のキムチが便利な食べきりサイズに

続いて紹介するのは、牛角キムチです。日本のチェーン焼肉店が手掛ける本格的なキムチです。原材料は国産ですが、韓国で生産されていて、発酵キムチの証明であるキムチくんマークもついています。乳酸菌がたっぷり含まれている牛角キムチは、腸内環境も整えてくれます。そんなキムチが低価格で味わえるのは、嬉しいですよね。

 

見た目はとても赤いですが、酸味が少なくコクがあります。商品を改良し、唐辛子やニンニクの量を増やしたため、より深い味わいとなりました。辛さもしっかりあり、本場韓国のキムチに近いです。

 

食べきりサイズなので、豆腐や納豆にちょい足ししたい場合や、一人暮らしの方にとても便利です。また、食べきりサイズの他に、保存がしやすいボトルタイプやにんにくや唐辛子をさらに効かせた牛角濃い味キムチも販売されています。

 

 

製法発酵キムチ原産国韓国
第3位

利久

浜田屋の生渡り蟹のキムチ 

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お酒のおつまみにぴったりの贅沢な蟹のキムチ!プリプリの渡り蟹100%

続いて紹介するのは、浜田屋の生渡り蟹キムチです。一口大の渡り蟹が4~6肩ほど入っています。ケジャンは韓国料理で、生の渡り蟹を漬け込んだものを指します。ケジャンを食べるときは、殻を歯で噛み砕き身を吸い出すようにします。薬味は甘さがあり、ご飯が進む味です。

 

渡り蟹は5~6月に旬を迎え、この時期のケジャンは格別に美味しいです。こちらの商品は、チリやオマーン産の渡り蟹を使っています。浜田屋では、韓国のキムチ職人の方に日本の工場に来てもらって作っています。商品は冷凍した状態で送られてきます。解凍後に1日ほど、タレをよく絡めておくとより美味しくなります。解凍後は3日以内に食べてしまいましょう。

 

浜田屋のケジャンは、ご飯にかけてもチゲ鍋にすることもできます。渡り蟹を食べた後のタレを、スープなどに調理することも可能です。珍しいケジャンはプレゼントとしても最適です。

製法熟成キムチ原産国日本
第2位

東海漬物

こくうま 熟うま辛キムチ

価格:350円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コクと旨味にこだわった国産キムチ!ご飯に合うこと間違いなし

続いて紹介するのは、東海漬物のこくうま熟うま辛キムチです。日本人の好みを徹底的に追求しました。白菜は全て国産で、全国に9か所ある工場で毎日生産しています。旨味を出すために、ホタテエキスやカキエキス、かつお魚醤を使用しています。

 

こくうまは品質にもこだわっています。包装は発酵と参加を防ぐ構造になっている上に、保存料は使用していません。賞味期限と共に、製造年月日も記載されているので安心して食べることができます。内容量は320gと、コスパも最強です。

 

国産のキムチは、浅漬けキムチが多数を占めていますが、こくうまは熟成キムチであることも特徴の一つです。発酵キムチの酸味は苦手だけれど、浅漬けキムチは食べ飽きてしまったという方におすすめです。こくうまは、食べきりサイズの「プチこくうま」や大根を使った「べったらdeこくうま」など幅広く展開しているので、それぞれチェックしてみましょう。

製法熟成キムチ原産国日本
第1位

宗家チョンカ

徳用 宗家キムチ

価格:1,600円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

韓国国内で不動の人気!酸味と旨味が効いた本格キムチ

最後にご紹介するのは、宗家チョンカの発酵キムチです。韓国から直輸入した、本格キムチです。国産キムチより、やや酸味は強めです。韓国産の原料のみを使い、伝統的な製法で生産しています。そんな宗家キムチは、韓国国内売り上げ1位を誇ります(2012年A.C Nielsen調査資料)。

 

韓国産の野菜は、日本に比べて水分量が少ないので、開けたばかりの宗家キムチはあっさりした印象を受けます。乳酸菌発酵が進むにつれ、味も濃厚になるので1度でいろんな味を楽しむことができます。白菜は噛み応えがあるので、どんな料理にもアレンジしやすいです。塩味と辛さのあんばいが程よい宗家キムチは、本格的なキムチに挑戦したい方にぴったりです。

製法発酵キムチ原産国韓国

キムチのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4911039の画像

    宗家チョンカ

  • 2
    アイテムID:4911035の画像

    東海漬物

  • 3
    アイテムID:4910739の画像

    利久

  • 4
    アイテムID:4910671の画像

    プロ食材で家庭応援 しょくたっく

  • 5
    アイテムID:4910660の画像

    農協

  • 6
    アイテムID:4910648の画像

    O9ショップ【オーナインショップ】

  • 7
    アイテムID:4910636の画像

    海夢

  • 8
    アイテムID:4910635の画像

    京都キムチのほし山

  • 9
    アイテムID:4910633の画像

    東海漬物

  • 10
    アイテムID:4910630の画像

    【自家製】本格手作り!

  • 商品名
  • 徳用 宗家キムチ
  • こくうま 熟うま辛キムチ
  • 浜田屋の生渡り蟹のキムチ 
  • 牛角キムチ 3個パック
  • 韓国キムチチョンガク 
  • 吉野家白菜キムチ
  • 鮭キムチ シャケジャン
  • 大根サイコロキムチ
  • キューちゃん味キムチ
  • 極上 きゅうりキムチ
  • 特徴
  • 韓国国内で不動の人気!酸味と旨味が効いた本格キムチ
  • コクと旨味にこだわった国産キムチ!ご飯に合うこと間違いなし
  • お酒のおつまみにぴったりの贅沢な蟹のキムチ!プリプリの渡り蟹100%
  • コスパ最強!韓国直送のキムチが便利な食べきりサイズに
  • 独特の歯ごたえが魅力の大根のキムチ!カクテキとは異なる新感覚を味わえる!
  • 酸味が控えめの吉野家のキムチ!旨味重視でご飯によく合う
  • 今話題の特製海鮮キムチ!プレゼントにも最適な商品
  • 京都の老舗専門店が作るカクテキ!塩の加減とタレがまろやかな辛さを作り出す!
  • ガーリックが効いたさっと食べられるおつまみに最適のキムチ
  • 本格キムチをご家庭で!食べたら止まらないオイキムチ
  • 価格
  • 1600円(税込)
  • 350円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 197円(税込)
  • 1429円(税込)
  • 1877円(税込)
  • 1290円(税込)
  • 540円(税込)
  • 1170円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 製法
  • 発酵キムチ
  • 熟成キムチ
  • 熟成キムチ
  • 発酵キムチ
  • 浅漬けキムチ
  • 熟成キムチ
  • 浅漬けキムチ
  • 発酵キムチ
  • 原産国
  • 韓国
  • 日本
  • 日本
  • 韓国
  • 韓国
  • 日本
  • 日本
  • 日本
  • 国産
  • 韓国

まとめ

ここまで、人気のおすすめキムチランキング10さんをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。キムチは、たくさんの使い方ができ、冷蔵庫に一つ常備しておくと便利です。メーカーによって、製法や原材料へのこだわりに差があるので、様々なタイプのキムチを食べ比べてお気に入りの一品を見つけてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ