記事ID134656のサムネイル画像

【快適に!安全に!】バイクジャケットおすすめ人気ランキング10選

冬は極寒地獄、夏は灼熱地獄などといわれることのあるのがバイクのライディングです。しかし、優れた保温性や通気性などを備えたバイクジャケットがあれば、快適にそして安全にライディングが楽しめます。ここではおすすめのバイクジャケットをランキング形式で紹介します。

バイクジャケットは何のために着るの?

ファッションアイテムのひとつとして扱われることもあるバイクジャケットですが、しかし、もちろんそれだけではありません。バイクジャケットを選ぶ際には、何のためにバイクジャケットを着るのかをしっかりと理解しておくことが重要なのです。

 

理由の1つ目は安全性。バイクジャケットを着なければならないという法律はありませんが、たとえばTシャツ一枚でバイクに乗るのは非常に危険です。万一の事故に備えて、転倒時に身を守ってくれるバイクジャケットを着ましょう。

 

2つ目は、快適性のためです。冬は防寒対策が欠かせませんし、雨を防いでくれるレインコートタイプはツーリングなどで役立ちます。季節やシチュエーションに応じて上手にバイクジャケットを選ぶと快適に過ごせます。

バイクジャケットの選び方

安全性や快適性を満たした自分にぴったりのバイクジャケットを見つけるためには、チェックしておくべきポイントがいくつかあります。ここでは、バイクジャケットのおすすめの選び方を紹介します。

種類で選ぶ

バイクジャケットは、着るシーズンや気候に適したものを選びましょう。

メッシュ

気温が高く、蒸れやすい季節には素材の一部または全体がメッシュになっているものがおすすめです。また、寒暖差が激しい春先などもメッシュが向いているといわれています。

 

風通しがよいため、炎天下の夏などでも快適に過ごしやすいのでおすすめです。着心地の悪いバイクジャケットを選んでしまうと、運転の集中力もなくなり危険です。快適なバイクジャケットを選ぶことは、安全面でも効果がありますよ。

ウィンター

「ウィンター」タイプのバイクジャケットは、冬における着用を主に考えられたバイクジャケットです。高い保温性をもった素材が使われており、また、襟や袖口から冷気が侵入しないようにタイトなつくりになっています

 

冬は凍るほど寒い場合もありますから、バイクジャケットによってしっかりと防寒対策をしておくのがおすすめです。良いバイクジャケットを着るだけで、ツーリングなどの快適さはまるで違いますよ。

 

ウィンタータイプのバイクジャケットは、他のタイプに比べてお金をかけたほうがいいとされています。装備をケチってしまうとせっかくのツーリングなどが楽しめなくなってしまいますよ。

 

また、ありがちなのがインナーをこれでもかというほど重ね着してしまうこと。ただでさえ寒さで体が動きにくくなっているので、可動域が少なくなると危険でもあります。上質のウィンターバイクジャケットを選びましょう。

3シーズン

3シーズン対応のバイクジャケットは、春・夏・秋または春・秋・冬で着用可能です。2つのタイプが販売されているので、どちらの3シーズンなのかチェックしておきましょう。

 

インナーやフードが着脱可能となっており、寒暖を調整できるようになっていますよ。また、ジッパーやマジックテープで風通りの調整も可能です。

 

ただし、近年は寒暖の差がはげしいことも多く、3シーズンでは対応できないことも多くなってきたといわれています。このようなことがあらかじめ予測される場合には、メッシュとウィンターの両タイプを着分けることも検討しておきましょう。

レインスーツ

レインスーツは雨の日に着ることに特化したバイクジャケットです。バイクジャケットのなかには防水仕様と表記されて販売されているものも少なくありませんが、完全に防ぐことはむずかしいです。そのためレインスーツが必要となってきます。

 

レインスーツには、バイクジャケットのうえから着るカッパタイプのものが多いのが特徴です。このようなレインスーツはワンサイズ上のものを選びましょう

 

上質のレインスーツとなると、防水性はもちろん透湿性が高く、蒸れにくいものも販売されています。快適性を重視するなら透湿性に考慮されたレインスーツを選ぶのがおすすめです。

素材で選ぶ

代表的な素材であるレザー、ポリエステル、ゴアテックスの特徴を紹介します。

レザー

バイクジャケットといえば、レザー製にこだわる人も少なくありません。確かに、デザイン性はとても高く、気持ちも高まりますよね。しかも、レザー製は防風機能や耐久性も高いのも特徴。

 

ただし、保温性が低いため、メンテナンスをしっかりしないと劣化してしまうので注意が必要です。また、真冬となるとやはり他の化学素材の方が防寒性は上といえます。

ポリエステル

ポリエステルは、バイクジャケットのなかで最も使われる素材です。風を通さないことから、防寒性に優れています。また、保温性も高いので薄手の素材でも快適に過ごせる素材です。そのため、ウインタージャケットからメッシュジャケットまで幅広く用いられています。

ゴアテックス

ゴアテックスは水は通さないけれど湿気は外に放出するという新素材です。一部のメーカーでしか採用されておらず価格も高いですが、防水・防寒と快適性を両立した優れた素材であるのがおすすめです。

 

特に、レインスーツにゴアテックスを使っているなら、とても快適に着られます。ゴアテックスは「防水透湿素材」と呼ばれることもあります。このキーワードに注目して探してみるのもひとつの方法です。

安全性で選ぶ

一般的には、バイクメーカーが販売しているバイクジャケットならば、必ず最低限のプロテクターが備わっています。ただし、着心地を優先して背中にプロテクターが入っていないなどもあるため、どの部位にプロテクターがあるのかしっかりチェックしておきましょう。

 

安全性を重視するなら、胸・背中・肩・肘の全部位にプロテクターが入っているバイクジャケットを選ぶのがおすすめです。また、プロテクターの素材にも注目しましょう。ウレタンが主流ですが、高圧縮ウレタン、またはプラスチックで補強する構造のプロテクターなら軽量で柔軟性があるのに頑丈です。

サイズで選ぶ

あたり前のことですが、自分の体にあったバイクジャケットのサイズを選ぶことが重要です。しかし、意外にいい加減に選んでいる人も多いといいますから、注意が必要です。たとえば、レインスーツが小さすぎて、マジックテープがしっかり止められていないなどは良くあるケースです。

 

また、バイクジャケットはバイクにまたがった姿勢で最適になるように選ばなくてはなりません。つまり、若干袖が長めぐらいのほうが良いのです。袖が短いとグローブでカバーできない露出部分ができてしまいます。安全面を考慮して正しいサイズを選びましょう。初めてバイクジャケットを購入するなら、試着してみるのがおすすめです。

ベンチレーションなど快適性で選ぶ

バイクジャケットを着るメリットのひとつが快適性です。寒さや暑さを緩和する、風の抵抗を抑え体が冷えるのを防ぐなどさまざまな効果があります。

 

快適性をチェックするポイントは「袖口や襟口から風が侵入しにくい作りになっているか」「ベンチレーション(換気性・蒸れにくさ)に配慮されているか」「速乾性があるか」などです。細かい点もこだわりをもってチェックしましょう。

 

また、意外にチェックを忘れてしまうのが、ポケットやファスナー。必要な数があるのかチェックすることも大切ですが、グローブを付けたままでも扱いやすいかを確認しましょう。いちいちグローブを外さないといけないとストレスが溜まってしまいますよ。

バイクジャケットのおすすめランキング10選

第10位

コミネ(Komine)

プロテクトフルイヤーツーリング ジャケット

価格:26,970円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アドベンチャースタイルのバイク初心者に最適!

アドベンチャースタイルによく合うロング丈のジャケットです。分類的には3シーズンのバイクジャケットですが、寒暖の差がそれほどない地域ならば、オールシーズン着ることも可能でしょう。

 

コミネというメーカーは、バランスがよく扱いやすいバイクジャケットが多いため、初心者に最適のメーカーだといわれています。迷っているなら、まずはこのジャケットにしてみてはどうですか?

種類3シーズン素材ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン
プロテクター胸・背中・肩・肘
第8位

KMAZN

ミリタリージャケット

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

街乗り派におすすめ!おしゃれなバイクジャケット

普段着感覚で着こなせるミリタリー調ジャケットです。近所にバイクに出かけるときなど街乗りにとても便利ですよ。また、釣りやキャンプにバイクで行くという場合には、そのまま着用することもできるので荷物が増えません。

 

特殊部隊の軍人が使用していたミリタリージャケットがベースなので、耐久性や保温性などは抜群。袖が長めのため、サイズをチェックしておいてくださいね。逆に中に着こむなら、ワンサイズ上がおすすめです。

 

種類3シーズン素材コットン ポリエステル
プロテクター-
第8位

ヤマハ(Yamaha)

YAR19 CYBER TEX2

価格:9,330円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

快適新素材「CYBER TEX II」採用

ヤマハのレインスーツ「YAR19 CYBER TEX2」の特徴は、雨、風を防ぐ性能が高く、かつ、汗などによる余分な湿気を外に排出する効果にすぐれていること。これは「CYBER TEX II」という新素材を採用しているからです。

 

また、襟・袖・腹部の3ヶ所を二重にカバーしているので、かなり強い雨の日もしっかりとガードしてくれます。ばたつき防止タブ、被視認性向上を図るリフレクター、着脱しやすい大きめの裾など実用性に配慮された、完成度の高いレインスーツですよ。

種類レインスーツ素材サイバーテックスII(ナイロン、PUコーティング2層構造) / 裏地:メッシュ(ナイロン100%)
プロテクター-
第7位

alpinestars(アルパインスターズ)

バイクジャケット SP-1

価格:59,746円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レザーなのにメッシュ構造

alpinestars(アルパインスターズ)のSP-1の特徴は、メッシュではめずらしいレザー製であること。デザイン性や耐久性を備えつつ、快適性も高めているのです。そのため、春や夏に着られて大活躍しますよ。

 

プロテクターもフル装備なので安全性も高いバイクジャケットです。価格がそれなりにするのが唯一のデメリットですが、手に入れる価値のあるといえます。各部位に配置されたストレッチパネルとスナップ式ウエストアジャスターでカスタマイズされたフィット感で着心地も抜群です。

種類メッシュ素材レザー
プロテクター胸・背中・肩・肘
第6位

Icon

マーク クローヴァン テキスタイル ジャケット

価格:32,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リラックスして着たい人におすすめ

バイクジャケットはどうしてもタイトなものが多いですよね。キツキツのバイクジャケットがどうも苦手という人が多いのもうなづけます。このIconのバイクジャケットは、独自の「リラックスフィット」仕様となっているので、拘束感を感じずに着ることができますよ。

 

また、プロテクターに新素材を使っているのも特徴。「D3O」製のCE認可プロテクターが肩・肘・後背部に装備されています。D3Oは衝撃の強さによって柔軟性が変化する素材であり、ダメージを吸収してくれるのです。

種類3シーズン素材表:ソフトシェル・肩、肘:ナイロン
プロテクター肩、背中、肘(D3O)
第5位

ゴールドウイン(GOLDWIN)

バイクジャケット クロスオーバージャケット

価格:14,740円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バイクを降りても違和感なし!

バイクを降りても全く違和感なくきれるクロスオーバージャケットです。普段スーパーやドラックストアなどにバイクで買い物に行くことが多い人におすすめですよ。また、薄手の素材ながらしっかりした防風効果があるため、インナーで温度を調整しやすいのも特徴。オールシーズン使うことができますよ。

 

使い勝手の良さから、売上ランキングでも上位に登場することが多いゴールドウインのバイクジャケットはどれもおすすめです。

種類3シーズン素材表地:ストレッチクロス・裏地:ミニメッシュ
プロテクター胸・背中・肩・肘
第4位

RSタイチ(RSTAICHI)

バイクジャケット

価格:18,062円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安全性と快適性を両立

安全面がしっかりしたバイクジャケットは、快適性がその分失われてしまうのが普通です。このような弱点を克服しているのがRSタイチのこのバイクジャケットです。RSタイチはバイクウェアでは確固とした地位を築いている信頼度の高いメーカーですから、バイクジャケットに詳しくない初心者にもおすすめですよ。

 

エアスルーメッシュとナイロン生地をクロスオーバーすることで、通気性の良さと耐久性と安全性を高めました。サマーシーズンにバイクに乗っていると汗だくになってしまう人に一度試してほしいバイクジャケットなのです。

 

また、このジャケットと合わせるのに最適な防風インナージャケット(RSU232)や防水インナージャケット(RSU264)とセットで使うのもおすすめです。ツーリングで朝から晩まで走るようなときの寒暖差に対応できますよ。

種類メッシュ素材エアスルーメッシュ、ナイロン
プロテクター胸・背中・肩・肘
第3位

Makku(マック)

レインスーツ

価格:1,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アマゾンのベストセラー商品

アマゾンのレインスーツのジャンルにおいて、ベストセラーを獲得している人気商品です。2千円を切る価格ながら品質が非常に高く、コスパ最高のレインスーツと言われていますよ。

 

防水性にすぐれたポリエステルPVCを採用しており、高い防水力で雨風をシャットアウトします。しかも、超薄ラミネートを採用しているのでかさばらずに着用できますよ。また、脚丈にあわせて最大10cmの調整が可能。ぴったりサイズで雨風を防げますよ。

 

口コミによると「台風が近づいてきている風雨の激しい日でも全く濡れなかった」「この価格とは思えないほどしっかりした作りで耐久性がある」など高い評価が目立ちます。なお、サイズはワンサイズではなく2サイズ上がおすすめとのことでした。

種類レインスーツ素材 ポリエステル/塩化ビニル
プロテクター-
第2位

パワーエイジ(Powerage)

イージーライドパーカー

価格:21,546円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ふんわり柔らかな着心地!

ソフトで通気性の高いジャージー素材を採用することで、ふんわり柔らかな着心地を実現しているのがこのバイクジャケット。普段着のように着用できますよ。着心地を重視する人に一押しのおすすめバイクジャケットといえます。人気が高く、売り上げランキングにおいても常に上位にランクインしています。

 

しかし、カジュアルなバイクジャケットだけに、安全面について不安に感じる人もいるかもしれません。このイージーライドパーカーは肩・肘・脊椎のプロテクターを標準装備しています。また、胸部のプロテクターは別売りで追加できるので、安全面も問題ないのです。

 

どの年代の人も着れるカラーも魅力。上の写真で紹介している以外にもインディコブルー、オリーブとカラーバリエーションも揃っているので、気に入ったカラーを選べますよ。通風度レベルは80%と涼しさが抜群なので、特に春夏にもぴったり。超軽量なのもおすすめのポイントです。

種類3シーズン素材ポリエステル
プロテクター肩・肘・背中
第1位

ゴールドウイン(GOLDWIN)

バイクジャケット ゴアテックスマルチクルーザージャケット

価格:48,800円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゴアテックス採用のハイエンドモデル

ポリエステルオックスゴアテックス素材採用のハイエンドバイクジャケットがこちら。高品質の防水素材として高い評価があるゴアテックスにより、高い防水透湿性が人気です。価格はやや高いものの、快適で安全性の高い、長く愛用したいと思うバイクジャケットとなりますよ。

 

首周り・裾はドローコード仕様となっており、風雨の侵入を最小限に抑えてくれます。初期耐水圧45000mm以上、透湿性13500g/m2という驚きの性能なんですよ。それでありながら湿度を調整してくれるので、蒸れがなく快適な着心地を常にキープしてくれます。

 

また、ライディング時の可動性にも十分配慮されており、フルプロテクションでありながら動きやすいのが特徴。690gと軽量なのもうれしいところですよね。また、デザインもシンプルで余計な装飾のないミニアムデザイン。幅広いバイクのスタイルにしっくり合いますよ。

種類3シーズン素材ポリエステルオックスゴアテックス
プロテクター肩、肘、背、胸

バイクジャケットのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4906848の画像

    ゴールドウイン(GOLDWIN)

  • 2
    アイテムID:4906833の画像

    パワーエイジ(Powerage)

  • 3
    アイテムID:4906842の画像

    Makku(マック)

  • 4
    アイテムID:4906845の画像

    RSタイチ(RSTAICHI)

  • 5
    アイテムID:4906837の画像

    ゴールドウイン(GOLDWIN)

  • 6
    アイテムID:4906839の画像

    Icon

  • 7
    アイテムID:4906851の画像

    alpinestars(アルパインスターズ)

  • 8
    アイテムID:4906857の画像

    KMAZN

  • 10
    アイテムID:4906835の画像

    コミネ(Komine)

  • 商品名
  • バイクジャケット ゴアテックスマルチクルーザージャケット
  • イージーライドパーカー
  • レインスーツ
  • バイクジャケット
  • バイクジャケット クロスオーバージャケット
  • マーク クローヴァン テキスタイル ジャケット
  • バイクジャケット SP-1
  • ミリタリージャケット
  • プロテクトフルイヤーツーリング ジャケット
  • 特徴
  • ゴアテックス採用のハイエンドモデル
  • ふんわり柔らかな着心地!
  • アマゾンのベストセラー商品
  • 安全性と快適性を両立
  • バイクを降りても違和感なし!
  • リラックスして着たい人におすすめ
  • レザーなのにメッシュ構造
  • 街乗り派におすすめ!おしゃれなバイクジャケット
  • アドベンチャースタイルのバイク初心者に最適!
  • 価格
  • 48800円(税込)
  • 21546円(税込)
  • 1900円(税込)
  • 18062円(税込)
  • 14740円(税込)
  • 32400円(税込)
  • 59746円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 26970円(税込)
  • 種類
  • 3シーズン
  • 3シーズン
  • レインスーツ
  • メッシュ
  • 3シーズン
  • 3シーズン
  • メッシュ
  • 3シーズン
  • 3シーズン
  • 素材
  • ポリエステルオックスゴアテックス
  • ポリエステル
  • ポリエステル/塩化ビニル
  • エアスルーメッシュ、ナイロン
  • 表地:ストレッチクロス・裏地:ミニメッシュ
  • 表:ソフトシェル・肩、肘:ナイロン
  • レザー
  • コットン ポリエステル
  • ポリエステル、ナイロン、ポリウレタン
  • プロテクター
  • 肩、肘、背、胸
  • 肩・肘・背中
  • -
  • 胸・背中・肩・肘
  • 胸・背中・肩・肘
  • 肩、背中、肘(D3O)
  • 胸・背中・肩・肘
  • -
  • 胸・背中・肩・肘

まとめ

快適で安全なライディングには、優れたバイクジャケットが欠かせません。シーズンや気候、またツーリングや街乗りなどの用途に応じて自分にぴったりのバイクジャケットを選びましょう。この記事で紹介したバイクジャケットはどれも人気と評価が高いものばかりなので、気に入ったものがあれば、ぜひ着用してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ