記事ID134654のサムネイル画像

【イタリア料理の華】人気のパスタ麺のおすすめランキング10選

家庭料理の定番として定着している「パスタ」。スーパーでは様々なパスタ麺が販売されていますが、実はそれぞれ長さや太さ、形が違います。おいしいパスタ料理を作るためにはパスタ麺の選び方が重要。そこで今回は、人気のパスタ麺のおすすめランキング10選をご紹介します。

イタリア料理に欠かせないパスタ麺

最近ではイタリア料理の中でも生パスタを使う料理が人気で、自宅の好みに合わせた麺やソースを選ぶと本格的な味を堪能することができます。パスタには様々なタイプや種類があるため、食感や味を楽しむことができるようそれぞれの特徴を確かめて選ぶと◯。

 

自宅でパスタを味わいたい時はナポリタンやミートソースなど好きなソースを選び、麺の種類や硬さに合わせてゆで時間を決めると本格的な仕上がりになります。イタリア料理は女性を中心に人気がありレストランに行くと独特な雰囲気を味わえますが、価格が高くなるため自宅で自分なりにアレンジして気軽に作れると良いですよね。

 

麺の食感やソースの絡みやすさなどを考えて食べ比べてみると新たな刺激や発見を得ることができるでしょう。

パスタ麺の選び方

おいしいパスタ料理を作るためには、ソースと相性の良いパスタ麺を選ぶことが大切。ここからは、パスタ麺の選び方をご紹介します。

種類で選ぶ

パスタ麺の代表的な種類として「ロングパスタ」「ショートパスタ」「ペンネ」があります。これらはそれぞれに特徴があるため、その違いを見ていきましょう。

ロングパスタ

「ロングパスタ」はその名の通り、ロングにカットしているパスタ麺のこと。棒状の形をしていて長さは大体25㎝くらいのものが主流となっています。日本ではパスタと言えばこのロングパスタのことを指しますが、日本でパスタとして一般的なスパゲッティは実はそれぞれに太さや長さが異なります。

 

パスタ麺はソースとの相性が最も大切であるため、ソースによって麺の太さ・長さを使い分けるようにしましょう。太いロングパスタであれば濃厚なソースに、細いパスタ麺であればナチュラルな味付けのソースと合いますよ。

ショートパスタ

「ショートパスタ」はその名の通りショートにカットされたパスタ麺のことで、代表的なものとしてはマカロニが挙げられます。ショートパスタは、グラタンやチーズ系などの濃厚なソースとの相性が良いのが特徴です。

 

日本においてもなじみが深く様々な食べ方を楽しむことができるマカロニは、直径が3mm~5mm程度の筒状のショートパスタのことを指します。意外に知られていませんが、実はマカロニはトマトソースやクリームソースとの相性も抜群です。

ペンネ

「ペンネ」とはペン先のように先が斜めにカットされていて筒形になっているパスタ麺のことです。ペンネはソースとの絡みが良いのが特徴で、特に麺の表面に細かい溝が刻まれたペンネ・リガーテは人気が高いです。

 

またペンネの中で小型のもののことをペンネッテと言い、さまざまなメニューで使用されています。ペンネはイタリアのカンパニア州やシチリア州でよく食べられているパスタで、乾麺として販売されることがほとんど。

 

ロングパスタ・ショートパスタ・ペンネと種類は分かれていますが、その原材料は小麦粉やデュラムセモリナ粉、水と同じです。したがってソースとの相性を第一にパスタ麺の種類を選びましょう。

形状で選ぶ

パスタ麺は形や長さなどで500もの種類があります。パスタ麺を選ぶ際には、食べやすさやソースの絡みやすさなどを考えて選ぶことが大切です。

スパゲティ

「スパゲティ」はクリームソースやミートソースなどにも合い、オールマイティーに使えることが特徴です。太さは基本的に0.1mm刻みで、1mm以下の細いものから2mm以上の太いものまであります。

 

基本的に1.4mmまでの細いものは冷製パスタなどが最適で、1.7mm以上の中太になるとトマトソースやペペロンチーノなどと相性抜群です。麺の太さの決め方は人それぞれですが、ソースや料理に合わせて選ぶと本来のうまみがあります。

 

一般的にスパゲティといえばパスタの代表的なものという感じですが、ソースの種類に応じて太さを変えることでさらにおいしく味わうことができる点は大きな魅力。また太さに合わせてゆで時間が長くなりますが、麺に切り込みを入れて短くしているものもあります。

フェットチーネ

生パスタなどのモチモチとした食感を味わえると人気の「フェットチーネ」は、平たい形をしているためボロネーゼなどミート系のソースとの相性が良いのが特徴。きし麺のような独特な食感がある生パスタは麺の旨味を味わえるため他の種類とは違った楽しみ方ができます。

 

フェットチーネのカルボナーラやクリームパスタなどは女性にとても人気です。生パスタはスパゲティとは違って生麺をゆでて使うため、本格的な味を楽しみたいという人には特におすすめ。

 

独特な形状であるため生パスタの代表的なものというイメージがあるフェットチーネは様々なタイプのソースと絡みやすく、さらに麺本来のうまみや食感が楽しむことができることが魅力です。

ブカティーニ

スパゲティの中心部分に空洞があり一見マカロニのような「ブカティーニ」は、ショートパスタとロングパスタのメリットを合わせたようなもの。中央に空洞があることでソースと絡みやすく、こってりソースを軽めに味わうことができます。

 

またチーズやベーコンなど味が濃いソースともマッチするという点も大きな魅力の一つ。短くカットするとグラタンのマカロニの代わりにもなるため、メニューに合わせて様々なアレンジができます。

 

スパゲティの中心部分が空洞という特殊な構造からゆで時間が短く、すぐに出来上がるのも魅力的。最近ではロングマカロニとしても注目され、様々な使い方ができることからパスタ好きにも人気が高まっています。

乾燥麺or生麺で選ぶ

パスタ麺は「乾燥タイプ」と「生タイプ」があり、それぞれに特徴が異なります。両者の違いを見ていきましょう。

乾燥麺

「乾燥麺」はスーパーなどのお店で袋に入れて販売されているパスタ麺の最も基本的なタイプで、長期保存ができることやゆで加減を調整することができることが魅力。乾燥タイプはイタリアで主食になっているパスタを作り置きできるように工夫されたもので、生タイプに比べると価格が安く湿気を避けて保存できることがメリットです。

 

基本的に一度で使い切れなくても保存して有効活用でき、パスタ以外にもサラダの材料にするなど工夫できます。乾燥タイプは硬めや柔らかめなど好みに合わせてゆで加減を調整することが可能。

 

乾燥麺は場所を取らないため倉庫などに保管しやすいですが、上に重いものを乗せると割れやすいという点や湿気を避けて保存する必要があるという点は注意が必要です。麺のゆで時間は太さによって違うものの、最も身近で手軽なパスタ麺と言えるでしょう。

生麺

「生麺」は基本的にイタリアンレストランなどで使われるパスタ麺で、自宅で味わう機会は少ないでしょう。卵を練り込んでいるため、小麦粉と水だけで作られている乾燥タイプと比べて歯ごたえがあります。

 

また小麦粉の風味を味わえるため、その食感に加えてソースの味わいもいっそうおいしくなるという点が魅力です。生タイプは本場イタリアの手打ちパスタに近い味わいを楽しむことができますが、乾燥タイプと比べると価格は高い傾向にあります。

 

また生麺は日持ちをしないため、自宅で作る場合には中途半端に残らないよううまく使い切るようにしましょう。生麺はゆで時間が長く手間がかかりますが、それ相応のおいしさを堪能することができます。イタリアンレストランで味わえる生麺のパスタでは、デュラムセモリナなど本格的な小麦粉の味を堪能することができるということから人気が高いです。

パスタの表面の仕上がり具合で選ぶ

パスタを味わう時は表面の仕上がり具合などにこだわり、ソースとの相性などを考えて決めたいもの。パスタはダイスという型で作られますが、このダイスにはブロンズ製とテフロン製の二種類があり表面の仕上がりに違いが出ます。

ブロンズダイス仕上げ

「ブロンズダイス仕上げ」は麺の表面がざらざらしているため、ソースをうまく絡ませたいメニューに向いていることが特徴です。ソースの味わいを楽しむことができるためひき肉などの細かな具材が入っているメニューにも最適。

 

店頭では流通量が限られるものの、通販では比較的手軽に見つけることができるでしょう。表面がざらざらしているためこってりソースのパスタに向いていることが特徴で、こだわりを持って選ぶと本格的な味わいになって効果的です。

テフロンダイス仕上げ

「テフロンダイス仕上げ」は、麺の表面がつるつるしているためあっさりしたソースからこってりしたソースまで合います。基本的にフラットで凸凹がない表面のためオールマイティーで使いやすく、乾燥タイプの麺の定番になっていることが特徴です。

 

流通量が多いため当たり前のように感じますが、ペペロンチーノ・和風パスタ・トマトソース・クリームソースなどの幅広いメニューでおいしく味わうことができます。ただ表面がつるつるしてる分触感に物足りなさがあるということから、本場イタリアでは人気が低いといのも特徴です。

知る人ぞ知るパスタ麺の人気ランキング10選

ここからは知る人ぞ知るパスタ麺の人気ランキング10選をご紹介します。自分の好みに合うパスタ麺を手に入れて、いつも以上に美味しいパスタを堪能しましょう。

第10位

日本製麻ボルカノ食品

ボルカノ ローマンスパゲッチ (2.2mm) 4kg

価格:1,642円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

うどんのような強いコシが特徴のボリューム感あるパスタ麺

「ボルカノ ローマンスパゲッチ」は2.2mmという極太のパスタで、国産の強力粉をミックスして作られています。名古屋名物のあんかけパスタといえばこの麺が定番で、ボリューム感があるために濃いソースとぴったり合います。

 

ナポリタンで使うと昔懐かしい味を再現できるため、うどんのようにコシが強い麺が好みの人におすすめです。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ2.2mmのみ
第9位

明治屋

スパゲッティ1.7mmチャック付 1kg

価格:796円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レストランの本格的な味を堪能できる高級志向のパスタ麺

「明治屋」のパスタ麺は高級スーパーが販売するような仕上がりで、原料にはデュラムセモリナを100%使っています。パスタの特徴は黄身がかかった美しい色で、1.7mmはクリームソースなどしっかりしたソースで、1.5mmはオイル系のあっさりソースが合い使い分けると◯。高級志向のパスタとして人気があり、自宅でレストランの味を堪能することができますよ。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ1.5mmまたは1.7mm
第8位

はごろもフーズ

ポポロスパ 5分 結束 700g (5636)×2個

価格:907円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ゆで時間を商品名にするなど料理時への配慮が行き届いた本格派パスタ麺

「ポポロスパ」といえば、プリシコ感と呼ぶプリプリとシコシコの2つの食感を両立させている麺が特徴。ゆで時間が商品名になっているため調理をしやすいですね。ゆで時間を商品名としている理由は分かりやすくするため。

 

さらに料理時に使いやすいようにと1人前ごとに結束バンドで束ねられています。デュラムセモリナ100%の本格派で、スープパスタなど軽めのソースと合うことが特徴です。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ1.0~1.6mm
第7位

日清フーズ

マ・マー 早ゆで3分スパゲティミニ 1.6mm 300g×5個

価格:1,181円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

短いゆで時間でアルデンテ感を残すことができるパスタ麺

「マ・マー」は元マカロニメーカーであり、うどんやそばが好みの日本人に合わせてロングパスタに特化して作っています。最近では断面にカットを入れてお湯に接触しやすくすることでゆで時間を短縮し、しっかりとアルデンテ感を保ったまま料理の時短化に成功しています。

 

小麦粉はデュラム小麦のセモリナを使用し、ゆで時間が短くても麺本来の味を堪能することができますよ。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ1.4mm~2.0mm
第6位

日本製粉

オーマイ スパゲティ1.7mmチャック付き 1kg

価格:708円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパの良い国内老舗メーカーのパスタ麺

「オーマイ」といえば日本では老舗のパスタメーカーで、超高温乾燥をするためプリッとした柔らかさが特徴です。国産パスタはコストパフォーマンスが良く、ツルンとした食感やシコシコ感があります。

 

チャック付きであれば一度に使い切れなくても湿気を避けて保存することができ、小麦もデュラム小麦のセモリナを使っているため琥珀色で様々な味のソースと合います。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ1.7mm~2.1mm
第5位

マルテッリ

マルテッリ スパゲッティ(2.0mm) 500g【3袋】

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

U字型の袋詰めがユニークなブロンズダイス仕上げのパスタ麺

「マルテッリ スパゲッティ」はイタリアのトスカーナ地方の小さな町のラーリで、セモリナ粉に水を加えて昔ながらのブロンズダイスで絞り出して自然乾燥させて作られています。U字型のまま袋詰めされるなどユニークさがあり、値段が高くても味にうるさい人も納得できることが特徴です。

 

日本の素麺のようにバーに引っ掛けて自然乾燥させるため、食通もうなる本格派としても注目されています。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイスブロンズダイス麺の太さ1.6または2.0mm
第4位

エスビー食品

アネージ No.3スパゲッティ1.7mm 3kg

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリアンシェフに人気のプロが好むパスタ麺

「アネージ」はシンボルマークの帆船に象徴されるように、良い小麦を探して世界中を巡った創始者のパオロ・アネージの誇りを感じるイタリアの老舗パスタメーカーです。日本のイタリアンレストランでもシェフに人気が高く、まさしくプロ好みのパスタとして定着しています。

 

ミートソースやクリームソースなどどんなソースにも良く合いますが、パスタそのものの味を堪能できることが魅力。原材料はデュラム小麦のセモリナで、レストランの味を自宅で堪能することができます。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ1.5または1.7mm
第3位

SSKセールス

ブイトーニ No.71 スパゲティーニ(1.6mm) 500g×5袋

価格:2,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強いコシとなめらかな舌触りが特徴のパスタ麺

「ブイトーニ」といえば本場イタリアでは人気でバリラ、ディチェコに遅れを取るものの、日本ではイタリアよりも人気が高いです。麺の特徴は強いコシとなめらかな舌触りで、ツルンとした食感が好みの人にはおすすめ。

 

イタリア産では珍しいテフロンダイスで、他の種類と比べると異なる食感が魅力的です。デュラム小麦のセモリナを100%使用し最も人気のある1.6mmのロングパスタで、ゆで時間が短くて魚介類やガーリックオイル系のソースとピッタリ合いますよ。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ1.3mm~1.9mm
第2位

Barilla(バリラ)

スパゲッティNo.7 (1.9mm) 450g×5個

価格:1,501円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

イタリアNO1のメーカーが作る最高の触感を堪能できるパスタ麺

「Barilla(バリラ)」は、数多くのパスタメーカーがあるイタリアでナンバーワンのシェアを誇るメーカー。バリラブルーと呼ばれるテーマカラーと赤抜きの白文字が目を引きます。馬リラのパスタ麺は食感がプリッとして食べやすく、さらりとしたソースを絡めてもふやけすぎずにおいしく味わうことができます。

 

日本にもファンが多いことが特徴で、メーカーを見て決める利用者も増えているほど。選び抜かれた高品質のデュラム小麦から作られていて、最高のアルデンテとイタリア一のおいしさを堪能することができます。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイステフロンダイス麺の太さ1.4mm~1.9mm
第1位

日清フーズ

ディ・チェコ No.12 スパゲッティ 500g×4個

価格:1,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本場イタリアの老舗メーカーが作る食通にも人気のパスタ麺

「ディ・チェコ」はイタリアのアブルッツォ州に拠点を置く老舗メーカーで、日本では30年前から輸入販売を行っています。スパゲッティからカッペリーニまで太さのバリエーションが豊富で、モチモチ感とソースの絡みやすさが人気の要因です。

 

リングイーネからフェットチーネまであらゆる種類のパスタがあり、全種類をこのメーカーで統一する食通も増えています。原材料はデュラム小麦セモリナを使用し、古くからの製法を守っているため本場イタリアの味を堪能できるため人気が高いです。

形状スパゲッティ種類乾燥麺
ダイスブロンズダイス麺の太さ1.4mm~1.9mm

パスタ麺のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4907109の画像

    日清フーズ

  • 2
    アイテムID:4907113の画像

    Barilla(バリラ)

  • 3
    アイテムID:4907115の画像

    SSKセールス

  • 4
    アイテムID:4907118の画像

    エスビー食品

  • 5
    アイテムID:4907119の画像

    マルテッリ

  • 6
    アイテムID:4907122の画像

    日本製粉

  • 7
    アイテムID:4907124の画像

    日清フーズ

  • 8
    アイテムID:4907126の画像

    はごろもフーズ

  • 9
    アイテムID:4907127の画像

    明治屋

  • 10
    アイテムID:4907133の画像

    日本製麻ボルカノ食品

  • 商品名
  • ディ・チェコ No.12 スパゲッティ 500g×4個
  • スパゲッティNo.7 (1.9mm) 450g×5個
  • ブイトーニ No.71 スパゲティーニ(1.6mm) 500g×5袋
  • アネージ No.3スパゲッティ1.7mm 3kg
  • マルテッリ スパゲッティ(2.0mm) 500g【3袋】
  • オーマイ スパゲティ1.7mmチャック付き 1kg
  • マ・マー 早ゆで3分スパゲティミニ 1.6mm 300g×5個
  • ポポロスパ 5分 結束 700g (5636)×2個
  • スパゲッティ1.7mmチャック付 1kg
  • ボルカノ ローマンスパゲッチ (2.2mm) 4kg
  • 特徴
  • 本場イタリアの老舗メーカーが作る食通にも人気のパスタ麺
  • イタリアNO1のメーカーが作る最高の触感を堪能できるパスタ麺
  • 強いコシとなめらかな舌触りが特徴のパスタ麺
  • イタリアンシェフに人気のプロが好むパスタ麺
  • U字型の袋詰めがユニークなブロンズダイス仕上げのパスタ麺
  • コスパの良い国内老舗メーカーのパスタ麺
  • 短いゆで時間でアルデンテ感を残すことができるパスタ麺
  • ゆで時間を商品名にするなど料理時への配慮が行き届いた本格派パスタ麺
  • レストランの本格的な味を堪能できる高級志向のパスタ麺
  • うどんのような強いコシが特徴のボリューム感あるパスタ麺
  • 価格
  • 1300円(税込)
  • 1501円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 708円(税込)
  • 1181円(税込)
  • 907円(税込)
  • 796円(税込)
  • 1642円(税込)
  • 形状
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • スパゲッティ
  • 種類
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • 乾燥麺
  • ダイス
  • ブロンズダイス
  • テフロンダイス
  • テフロンダイス
  • テフロンダイス
  • ブロンズダイス
  • テフロンダイス
  • テフロンダイス
  • テフロンダイス
  • テフロンダイス
  • テフロンダイス
  • 麺の太さ
  • 1.4mm~1.9mm
  • 1.4mm~1.9mm
  • 1.3mm~1.9mm
  • 1.5または1.7mm
  • 1.6または2.0mm
  • 1.7mm~2.1mm
  • 1.4mm~2.0mm
  • 1.0~1.6mm
  • 1.5mmまたは1.7mm
  • 2.2mmのみ

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本国内で販売されているパスタ麺は、数え切れないほどその種類が豊富です。普段スーパーでは何気なく手に取ったものを買っているという人も、今回ご紹介したものを参考に、自分好みの種類や太さのパスタ麺を選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ