記事ID134648のサムネイル画像

【あると便利で大活躍!】衣類スチーマーのおすすめランキング10選

最近ではアイロンより衣類スチーマーの方が手軽で便利と評判になっています。特に朝の忙しい時間や出張先での衣類の整理などに重宝されています。今回衣類スチーマーの機能や選び方等を詳しく説明していきますので購入の参考にしてみてください。

衣類スチーマー利便性について

これまではシャツなどのシワを伸ばすのは「アイロン」が一般的でしたが、平成以降は衣類スチーマーが主流になりつつあります。理由としてはやはり「手軽さ」が一般的にうけており、各大手電機メーカーがしのぎを削って色々な商品を世に送り出しています。

 

衣類スチーマーはアイロンのように台を置いて圧力をかける必要もなく、高温の水蒸気でシャツのシワをのばします。これにより場所もとらず、台を置く手間も省けるので一人暮らしなどにも重宝されています。また、朝が忙しい主婦にも人気があります。

 

アイロンなどは商品によっては電源をいれてから温まるまで時間がかかるタイプもありますし、あて布をしないと衣服が傷むケースもあります。衣類スチーマーはあて布の必要もありませんし、短時間で高温の水蒸気が発生しますので忙しい時間には最適のアイテムでしょう。

衣類スチーマーの選び方

衣類スチーマーは色々なメーカーから販売されており、使い勝手も多種多様です。色々なアイデア衣類スチーマーがあります。これから衣類スチーマーを買おうという人は必ず悩むはずです。購入したあとに「失敗した!」とならないようにすることがやはりポイントです。

 

選び方としてはまずどんな状況で、どんな生活スタイルかを考えるのが重要です。家族構成や衣類の数、衣類のシワのばしの頻度など色々な方面からライフスタイルを見つめ直してみましょう。機能が沢山ついていても使わなければ意味がありません。

 

逆に色々な生活シーンで活躍してもらいたいけども機能が乏しいなど、残念な結果にならないように慎重に選びたいものです。衣類スチーマーは非常に便利なものなので納得のいく商品であれば日常生活でのスチーム作業が楽しくなるでしょう。

手軽さで選ぶ

衣類スチーマーを手軽さで選ぶという時はシンプルな機能が良いでしょう。簡単・手軽が重要なのに機能面で色々とついていてもコストが高いだけで「宝の持ち腐れ」になってしまいます。そのようにならない為にも一つの機能に特化した商品を選びたいものです。

 

手軽に使えるという事は、毎日使用する方も多いと思います。衣類スチーマーの置き場所に困ったり、電源の確保に困るような電源コードが短いものなどは購入対象外とした方が良いでしょう。また、蛇口などが近くにある方が良いかとも思われます。

 

衣類スチーマーは「水」を使用しますので、雑菌などの繁殖が考えられます。手軽に水タンクをメンテナンスできる商品の方がいつも清潔に保てますし、衣類も清潔です。また、電源などを使いますので安全面に関しても考慮したいところです。しっかりと検討しましょう。

衣類スチーマーの機能で選ぶ

衣類スチーマーは基本的にシワをのばす日用品です。しかし私達の生活にはプラスαがあると非常に嬉しく感じます。衣類のスチーム機能だけではなく、脱臭・除菌・防ダニ・アレルギー対策ができたり、アイロンとしてプレスできる機能もあるとありがたいでしょう。

 

機能的にも専用スタンドやラックなど気軽における工夫がされている商品も助かるでしょう。また、電源コードの長さによる取り回し状況なども確認が必要です。衣類スチーマーは電源を使用し、高温になりますので解除ボタンやロック機能も欲しいところです。

 

水蒸気の噴射具合や、穴の個数・一定スチームかワンプッシュタイプなのかも確認しておくと良いでしょう。衣類スチーマーの機能については色々あると便利ですので、よく取り扱い説明書や陳列サンプルをみて確認しましょう。きっと良い商品が見つかります。

コストパフォーマンスで選ぶ

衣類スチーマーを選ぶ時にはやはりコストも気になる所だと思います。どうしても安価な商品に目がいきがちですが、はたしてそれが正しいのかも考えてください。安価な商品の機能で充分に満足できるのか一度検討しましょう。毎日の生活スタイルを思いだしてください。

 

衣類スチーマーの価格が高価な場合もよく検討することが必要でしょう。一人暮らしであまり衣類が無いのに多機能や長時間の連続使用タイプはもったいないかもしれません。高価なものはどこが優れているのかも重要なので素材などもよく検討しましょう。

 

衣類スチーマーの価格はそれぞれについて根拠があります。素材・機能・使い勝手などから商品価格の設定をされています。分からない部分はメーカーに問い合わせして聞いてみるのも良いでしょう。できるだけ妥協しないことをおすすめします。サンプル確認も必須です。

重量で選ぶ

手軽に使える衣類スチーマーですが、衣類スチーマーは基本的に片手で使用します。片手で使用するので当然重量も商品を選ぶポイントになります。衣類スチーマーの重量はほとんどが600グラムから900グラム前後です。ではこの重さの基準を色々ご説明します。

 

いきなり500グラムと言われてもイメージが付かない方がほとんだと思いますが、500グラムは500mlのペットボトル1本分の重さと考えてください。750グラムであればペットボトル1本と半分ということになりますね。また週刊の漫画雑誌などは700グラム位になります。

 

男性の場合はあまり気にしないかもしれませんが、女性の場合はやはり重さは重要です。朝のスチーム作業が重労働となる可能性もあります。一度ペットボトルに水などを入れて体感することもおすすめします。家具にスチームすることもあるのでよく検討しましょう。

 

立ち上がり時間で選ぶ

衣類スチーマーを使おうと思った時にやはり気になるのが使えるようになるまでの立ち上がり時間です。毎日の作業で段取りよく決まっていればよいですが、急に必要となった時などは衣類スチーマーの立ち上がり時間を待つのにイライラするかもしれません。

 

衣類スチーマーの仕組みとしては水タンクの中の水を沸騰させて使います。当然水の容量が多ければ水蒸気にさせる時間もかかります。水タンクの容量と立ち上がり時間は密接に関係してきますので注意した方が良いでしょう。水タンクの取り外しなども重要なポイントです。

 

メンテナンス性を考えて水タンクが取り外しできるタイプもありますので、水を入れる際に加減すれば立ち上がり時間の短縮にも繋がることでしょう。但し取り扱い説明書をよく確認してください。比較的日常に余裕がある方は水タンク容量の大きいものが連続使用できて便利かもしれません。

大きさで選ぶ

衣類スチーマーの大きさですが、ワンハンドタイプがほとんどです。なかにはミニタイプもありますので調べてみると良いでしょう。衣類スチーマーを選ぶポイントとしては置場所の確保も必要になりますので、かさばらない場所を確保することをおすすめします。

 

予算に余裕があるのであれば日常使用の衣類スチーマーと旅行や出張用の衣類スチーマーと分けておくと良いかもしれません。日常使用品は機能重視として大きさにこだわらず購入して、旅行・出張用はミニタイプを購入するのも快適な生活を送る知恵だと言えるでしょう。

 

このように衣類スチーマーも大きさに色々な種類がありますので、比較検討することをおすすめします。予算に余裕があれば良いのですが、中々難しい方も多いでしょう。生活スタイルの基本を日常に置くか、出張に置くかで衣類スチーマーの大きさを検討しましょう。

形状で選ぶ

衣類スチーマーの形状ですが、こちらも様々なものがあります。プレスアイロンを視野に入れた商品やスチームのみに特化した商品と様々です。使用する度合いを考えて検討するのが良いでしょう。プレスアイロンを意識した形状であればプレスし易いかどうかも重要です。

 

基本的に片手でスムーズに作業できるタイプが良いと思われます。ワンハンドタイプがほとんどなので持ち手部分の作りも気を付けましょう。グリップが握りやすいものであるか、ズレにくいかも重要なポイントになります。またロック機能にも注目したいところです。

 

スチームの吹き出し口にも注目してみてください。ノズルタイプは効率よくスチームを排出できそうなのか、穴の数や位置なども良く検討するとよいでしょう。プレスアイロン兼用商品は圧着面の形状も注意してください。360度動かし易い衣類スチーマーをおすすめします。

スチーム効果で選ぶ

様々な生活シーンで活躍する衣類スチーマーですが、スチーム効果にも注目したいところでしょう。シワを伸ばすだけでも目的は達成できますが、脱臭機能や除菌・アレルギー対策など色々なスチーム効果が付属している商品が多数あります。家具等に使用することも考えましょう。

 

脱臭といっても色々な臭いがあります。タバコ・防虫剤臭・飲食臭・汗など様々です。商品によっては試験結果が付属しているものもありますので参考にすると良いでしょう。家具にも使用することを考えダニ対策やカビ対策なども視野に入れて検討しましょう。

 

また、季節ものにはなりますがアレルギー対策にも考慮したいところです。ブラシなどが付属でセットされていれば花粉対策にもなりますので、付属のアタッチメントもよく確認しましょう。衣類スチーマーの効果も色々ありますのでカタログ検討をおすすめします。

メーカーで選ぶ

メーカーで衣類スチーマーを選ぶ方も多いのではないでしょうか。「大手メーカー商品だから安心だろう」「好きなメーカーだから良い」ということで選ぶ人も多いかと思います。しかし、よく商品の内容やスペックを確認しないと不満だらけになり使用しなくなる人もいます。

 

メーカー商品は安心できると思いますが、オーバースペック商品もありますので注意が必要です。逆にあまり聞いたことがないメーカーでも良い商品にめぐりあえることもあります。コストとの関係もありますが、保証書などにはよく注意して選ぶ必要があると思います。

 

海外メーカーの商品などは外国人向けの体系を意識して商品開発している可能性がありますので、持ち手の部分が大きすぎる・グリップが握りづらいなどが考えられますので開発メーカーも注意したいところでしょう。メーカーの宣伝内容にも注意してください。

使用時間で選ぶ

衣類スチーマーの使用状況ですがやはり使用時間にもよって購入商品が変わります。衣類の数や家族の人数などにより連続使用時間にも注意することをおすすめします。連続使用時間は水タンクの容量にも密接に関係してきます。4分程度から最大20分位のものがあります。

 

スチームの噴霧量によっても連続使用時間は変わりますので注意が必要でしょう。衣類1枚あたりのスチーム時間から逆算して連続使用時間を検討するのも良いと思います。連続使用時間が近づいたら水タンク補給をして再度時間を検討してみましょう。

 

連続使用時間については長ければ長いほど良いかもしれませんが、その分水タンクの容量が増えてしまい、重量がかさむことも考えられます。またトリガーロックなどがあると持っているだけでスチームできますのでトリガーロック機能も十分に考慮してみてください。

衣類スチーマー人気ランキング10選

第10位

日立(HITACHI)

衣類スチーマー CSI-RX1

価格:5,926円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心メーカー日立の多機能スチーマー

多機能装備の安心大手メーカー日立製品です。衣類スチーマーだけでなくアイロンとしても使用できます。自由自在に動かせて、かたよらずに一定のスチーム処理ができます。立ち上がり時間も30秒と短時間にて忙しい時にも対応できます。温度調整機能付きにて安心です。

立ち上がり時間30秒重量690g
水タンク容量70ml
第9位

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

衣類スチーマー アイロン IRS-01

価格:4,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

脱臭・除菌・軽量コンパクト商品

アイリスオーヤマの衣類スチーマーです。専用スタンドもついており、スピード立ち上がりタイプにて使用するまでに短時間で済みます。脱臭・除菌効果にて衣類もいつでも清潔に保てます。アイロン機能付きにてしっかりとシワのばしができます。長時間使用タイプです。

立ち上がり時間35秒重量790g
水タンク容量60ml
第8位

Tenswall

Tenswall スチームアイロン

価格:2,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手軽ハンディタイプスチーマー

ハンディタイプの衣類スチーマーです。手軽に持ち運びできる為、旅行や出張にも重宝されます。水タンクも大容量にて連続使用時間も5分〜7分と長時間です。手軽さにて家具などにも使用できて除菌・脱臭に大活躍します。アイロン機能はありませんが便利な1台です。

立ち上がり時間2分重量700g
水タンク容量140ml
第7位

marsboy

スチームアイロン 衣類スチーマー

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超小型ハンディタイプ衣類スチーマー

超小型ハンディタイプスチーマーです。水タンク容量110mlと容量も大きいので連続使用時間も10分ほどあります。立ち上がり時間は25秒と超短時間です。360度噴射のスチーマーヘッドはまんべんなく衣類をスチームしてくれます。アイロン機能もつきにて多機能商品です。

立ち上がり時間25秒重量620g
水タンク容量110ml
第6位

ツインバード工業(TWINBIRD)

ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能ハンディタイプスチーマー

衣類にサッとあてるだけでシワのばしが可能です。プッシュ式のスチーマーにてかけすぎがなく調整でます。温度調整機能付きにて安心設計となります。アイロン機能も備えており多機能スチーマーとして使用できます。ブラシ付きにて汚れ、ホコリも除去できます。

立ち上がり時間30秒重量930g
水タンク容量100ml
第5位

T-fal(ティファール)

スチームアイロン DV8610J1

価格:3,840円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハンディスチームアイロン手軽な使いやすさ

ハンディタイプ、ティファール製品です。手軽に使用できる軽量&多機能製品となります。温度調節機能付きで安心仕様。ハンガーにかけたまま作業できるので朝時間もスムーズに使えます。水垢防止機能付きでいつも清潔に使用できるでしょう。

立ち上がり時間70秒重量835g
水タンク容量70ml
第4位

OMID

スチームアイロン

価格:3,280円(税込)

amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ありがたい切り替えスイッチ付、高浸透スチーマー

お手軽ハンディスチーマーです。コンパクトサイズにて持ち運びに非常に便利な製品です。多機能にてスチームをかけるものにより電力切り替えスイッチがついています。高出力により浸透力も高く、花粉対策や除菌効果も高い商品になります。

立ち上がり時間100秒重量798g
水タンク容量120ml
第3位

パナソニック(Panasonic)

パナソニック 衣類スチーマー NI-FS330

価格:5,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心のパナソニック製品

パナソニック製の衣類スチーマーになります。花粉対策はもちろんのこと、防虫、防ダニ、除菌効果もバッチリです。アイロン機能付きにて2通りの使い道があり非常に便利です。立ち上がりも非常に短時間にて急な準備にも対応できる商品です。

立ち上がり時間30秒重量667g
水タンク容量50ml
第2位

石崎電機製作所

SURE ポータブルスチーマー SSH-100BK

価格:2,755円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

付属品が充実したポータブルスチーマー

ハンドルを折りたたんで、手のひらサイズに。コンパクトなので収納も省スペースで持ち歩いても邪魔にならず、旅行の荷物の隙間にもぴったりフィット。耐久性のある布製の収納ポーチも付属しています。

 

スチームショットがより早くシワをほぐし、自宅でも、外出先でも時短でシワ取りができます。給水1回でシャツ1着分がきれいに仕上がる40mlの水タンクが付帯しています。また、デリケートな生地や、ビーズなどの装飾を傷つけない樹脂製かけ面となっています。

 

コインひとつで電圧切替可能で、海外でも使えます。シワ取りしながら衣類のゴミや埃が取れるブラシアタッチメント付きでクリーニングブラシで買い足しも不要です。そのほか、加熱待機中や本体冷却中の置き台として使えるシリコンパッドや、専用の収納ポーチも付いています。

立ち上がり時間-重量400g
水タンク容量40ml
第1位

T-fal(ティファール)

ティファール 衣類スチーマー DR8085J0

価格:7,160円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

最強連続使用時間!朝楽衣類スチーマー!

最大23分の連続使用が可能なティファールの衣類スチーマーです。電源コードも3mとロングにて取り回しも楽々です。アタッチメントでブラシも付属しており、衣類を清潔に保てます。水タンクも取り外し式にてメンテナンスも容易です。安心のトリガーロック付です。

立ち上がり時間45秒重量898g
水タンク容量200ml

衣類スチーマーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4906961の画像

    T-fal(ティファール)

  • 2
    アイテムID:4906963の画像

    石崎電機製作所

  • 3
    アイテムID:4906964の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 4
    アイテムID:4906965の画像

    OMID

  • 5
    アイテムID:4906966の画像

    T-fal(ティファール)

  • 6
    アイテムID:4906969の画像

    ツインバード工業(TWINBIRD)

  • 7
    アイテムID:4906970の画像

    marsboy

  • 8
    アイテムID:4906971の画像

    Tenswall

  • 9
    アイテムID:4906972の画像

    アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

  • 10
    アイテムID:4906973の画像

    日立(HITACHI)

  • 商品名
  • ティファール 衣類スチーマー DR8085J0
  • SURE ポータブルスチーマー SSH-100BK
  • パナソニック 衣類スチーマー NI-FS330
  • スチームアイロン
  • スチームアイロン DV8610J1
  • ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL
  • スチームアイロン 衣類スチーマー
  • Tenswall スチームアイロン
  • 衣類スチーマー アイロン IRS-01
  • 衣類スチーマー CSI-RX1
  • 特徴
  • 最強連続使用時間!朝楽衣類スチーマー!
  • 付属品が充実したポータブルスチーマー
  • 安心のパナソニック製品
  • ありがたい切り替えスイッチ付、高浸透スチーマー
  • ハンディスチームアイロン手軽な使いやすさ
  • 多機能ハンディタイプスチーマー
  • 超小型ハンディタイプ衣類スチーマー
  • お手軽ハンディタイプスチーマー
  • 脱臭・除菌・軽量コンパクト商品
  • 安心メーカー日立の多機能スチーマー
  • 価格
  • 7160円(税込)
  • 2755円(税込)
  • 5900円(税込)
  • 3280円(税込)
  • 3840円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 2280円(税込)
  • 4200円(税込)
  • 5926円(税込)
  • 立ち上がり時間
  • 45秒
  • -
  • 30秒
  • 100秒
  • 70秒
  • 30秒
  • 25秒
  • 2分
  • 35秒
  • 30秒
  • 重量
  • 898g
  • 400g
  • 667g
  • 798g
  • 835g
  • 930g
  • 620g
  • 700g
  • 790g
  • 690g
  • 水タンク容量
  • 200ml
  • 40ml
  • 50ml
  • 120ml
  • 70ml
  • 100ml
  • 110ml
  • 140ml
  • 60ml
  • 70ml

まとめ

いかがでしたでしょうか。衣類スチーマーにも色々な種類があり、色々なメーカーが作成しています。一つの機能に特化した商品や多機能商品など様々です。価格も安価な商品から高架な商品までありますので簡単には決められないかもしれません。

 

「良い商品を安く購入したい」ということは誰でも考えられるかと思いますが、人により良い商品は変わります。色々とカタログや取り扱い説明書を見ながら自分の生活スタイルを見直して購入検討しましょう。検討するのも楽しみの一つと言えるでしょう。

 

一番おすすめなのは家電量販店にてサンプルなどを手に取り実際に使ってみるのが良いかと思います。その上で比較検討し、自分に合った衣類スチーマーを選んでください。衣類スチーマーにより、新しく楽しい健康的なライフスタイルが確立されるかもしれません。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ