記事ID134639のサムネイル画像

【体にいい伝統調味料塩麹!】おすすめ塩麹人気ベストランキング10選

すでに、調味料の一つとして定着した塩麹。注目され、定着するのには理由があります。今回は塩麹に秘められた栄養成分と効能に注目しながら、塩麹が持つ様々な効果に触れて行きたいと思います。そして数ある塩麹の中で人気の塩麹10選を紹介します。

毎日の料理を美味しくする塩麹!

体調を整えるために毎日気を使いたいのが食生活です。そして誰もが毎日美味しいものを食べたいと思っているでしょう。料理好きだけではなく一般の家庭でも必ず使うようになってきた塩麹を使えば毎日美味しい料理が食べられるかもしれません。

 

塩麹は和食のメイン調味料としてだけではなく、洋食や中華等様々なジャンルの料理の味付けや隠し味として使用している人が増えています。それはなぜか?普通の塩よりも甘みも旨みも香りも何段階も上のレベルにあるように感じるからです。

 

なぜ塩麹にはそういった普通の塩とは違う味わいを感じるのでしょう。それは麹から多くの成分が溶け出しているからなのです。今回は塩麹にまつわるあらゆる情報と塩麹の人気ベストランキングを紹介していきます!

塩麹の選び方

数多くの塩麹が販売されていますが、はたして塩麹に違いはあるのでしょうか?そして、塩麹をどう使えば良いのでしょう?ここからは塩麹の選び方について紹介しています。

塩麹の作り方やその成分

塩麹を選ぶ為に知っておきたいのが塩麹がどこからやってきたかという事です。また、塩麹は一体どうやって作られているのでしょうか。今や当たり前になった塩麹ですが、そのルーツから塩麹に隠された力を紹介していきたいと思います。

塩麹のルーツと作り方

塩麹は北陸や東北の伝統レシピである「三五八漬け」がルーツと言われています。米や麹、塩を混ぜた漬け床に野菜や魚を入れて作る漬物のようなもので、長い冬を越す為に必要な保存食の元だったと言われています。

 

塩麹は簡単に言うと麹と塩を水で溶いてペースト状にしたもので、塩1:麹2:水4の割合で混ぜて5日~10日室温で発酵させるだけで出来る、非常に簡単な調味料です。もちろん1日に一度くらいは撹拌が必要で、撹拌する事で香りも良くなってきます。

 

麹と水が良く馴染んで、べっこう色のペーストになり甘酸っぱい発酵臭が漂ってきたら出来上がりで、冷蔵庫保管で数カ月は持つ事でしょう。市販品も各社のこだわりがあって良い商品ばかりですが、自作できる手軽さも塩麹の人気に繋がっているのかもしれません。

塩麹の旨味と甘味

塩麹は普通の塩に比べ非常に旨味があります。それは麹に隠された旨味と甘味が溶け出しているからなのです。その秘密は麹に含まれたアミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼ、ペクチナーなど約30種類の酵素にあります。

 

麹の旨味は麹菌という特殊な発酵カビが作りだすグルタミン酸によるもので、グルタミン酸は昆布だしの主成分でもあります。そして甘味は、同じように麹菌がつくりだすグルコース(ブドウ糖)が持っている独特の優しい甘さによるものなのです。

 

それをはっきり味わう方法として、風味がしっかりペーストに溶け込んだ塩麹そのままを食べるとわかります。ほんの少しでも口に運んで味わってください。塩味の奥から、ダシのような旨味とミリンのような甘味が滲み出てくるのがわかるはずです。

体に良い成分「酵素」たっぷりの麹

麹には約30種の酵素が含まれている事は先に伝えました。そもそも酵素とは何でしょうか。酵素には生命活動において様々な化合物による反応の仲立ちをする役割があると言われています。そして大きく分けると消化酵素と代謝酵素の2種類があります。

 

塩麹には栄養を消化吸収するアミラーゼやプロテアーゼ、鶏肉や牛肉などの食物を柔らかくする働きの酵素が含まれています。またオリゴ糖も産生され乳酸菌などの善玉菌が増殖する元となるので腸内コンディションが整えられ免疫が活性します

 

他にもビタミンB1やB2、ナイアシン、パントテン酸など肌の代謝を促進するビタミン類も作られます。最近では麹を使った化粧品も開発されています。塩麹に限らず、麹には消化と代謝を助ける酵素がしっかり入っているのです。

 

 

塩麹をの美味しい使い方

塩麹に含まれる酵素で様々な食物の旨みが引き出され料理が美味しくなります。一般的なのは塩麹漬けです。肉・野菜・魚どれでも一晩~一日漬けこむだけで簡単にできます。柔らかな香りと旨味、塩気を加えてくれる塩麹は万能に美味しくしてくれる優秀な調味料です。

 

その美味しさが特にわかりやすいのが肉類です。安い部位でかつちょっと古くなったお肉がウソのように柔らかく旨味溢れたジューシーな味わいになります。ウソのようですが明らかに違いがあるので是非試してみてください。

 

これは塩麹の中にいっぱい入った発酵由来の酵素が、肉のたんぱく質を分解して旨味に変えます。そして、お肉の硬い部分を柔らかく溶かしてくれます。さらに香りも加わり非常に美味しい肉料理が出来上がります。

塩麹を作っている会社で選ぶ

自分で作る事もできるほど気軽で手軽な調味料の塩麹ですが、古くからその生産を行っている会社もあります。そのこだわりと歴史に触れながら紹介していきます。

マルコメ株式会社

創業は安政元年(1854年)。日本を代表する味噌メーカーの一社です。1963年、業界で初めて味噌の樽出荷を段ボール出荷に移行し、小売店から多くの指示を集めました。また、業界で初めて味噌用ピロー包装機を開発し流通環境の変化に対応していきます。

 

1978年には業界トップとなり、翌年には生みそカップ1kg充填機を開発します。1982年には今では普通になったダシ入り味噌「料亭の味」を発売しました。と同時に即席生みそを発売し一気にシェアを伸ばします。CMも話題になり今でもそのフレーズは有名です。

 

その後もフリーズドライ製法による新タイプ固形味噌汁や液味噌なるものも発売しました。もちろん麹製品も販売しており、リーディングカンパニーが作る麹製品は安定した品質と味を維持し続けています。近年は「プラス糀」というプロジェクトで麹に力を入れています。

ハナマルキ株式会社

1918年(大正7年)創業。1976年には高級即席みそ汁「おみおつけ」を開発。「風味一番」「おかあさん」を基幹商品に加工食品製造等も行っています。製菓・製パン向けにクレープの自社製造も行っていて、常温タイプでは国内シェア1位となっています。

 

近年では塩麹の販売に力を入れています。2014年4月にはペースト状の塩麹を新発売し、2012年10月には液体タイプの「液体塩こうじ」を発売しました。2015年3月には液体塩麹とから揚げ粉をセットにした「塩から揚げの素」を発売しています。

 

また、2015年6月には塩麹とレモンを合体させた「塩こうじレモン」を発売しました。塩麹をシリーズ化し拡販していて、他にもバリエーション豊富な商品をそろえています。塩麹を基礎調味料として世の中に定着させる事を目指して日々企業努力を続けています

ひかり味噌株式会社

1927年に林保晴が味噌の行商を手がけたことから商売が始まります。1960年に業界初の20kgダンボール入り味噌を発売しました。無添加味噌や有機オーガニック味噌、塩分20%カットの塩麹など素材にこだわった商品づくりを行っています

 

またアルコールを使用しない無添加味噌は容器に充てんした後も塾生が続いているため二酸化炭素が発生します。そのため無添加味噌には容器のふたにバルブを着けています。素材だけではなく容器へのこだわりを持つ事で美味しさを保つ工夫もしています。

 

無添加や有機、容器にこだわったひかり味噌が作る塩麹はラインナップは少ないもののその品質の高さで多くの消費者からたくさんの指示を集めています。また、塩麹に含まれる酵素を独自で研究し、食材がより美味しくなるよう改良を続けています。

塩麹人気ランキング10選

第10位

穂高観光食品

ちょいたしで一味違う塩麹

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

がんこおやじの塩麹

長野県安曇野市にある穂高観光食品が製造する塩麹。観光土産を通じて旅の思い出や幸福を創造する事を理念とするこの会社は「がんこおやじ」の愛称でさまざまな商品の製造・販売を行っています。

 

主力商品は野沢菜漬けは安曇野を中心市にした百数十名の生産者と協力し、契約栽培原料を使用するというこだわりぶりです。そんなこだわりのある会社が作る塩麹もこだわりがたっぷり詰まっています。

 

国産米の米麹と天然岩塩クリスタルホワイト、安曇野の地下水のみで仕上げるというこだわりぶりです。野菜の浅漬けや炒め物、和え物の味付けの「ちょいたし」で一味違った味を楽しむ事ができます。

容器ビン内容量200g
第9位

ひかり味噌

生塩こうじ麹の花

価格:1,512円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

商品改良しさらに美味しく

これまでの麹を見直し商品をリニューアルしました。麹に含まれているたんぱく質分解酵素であるプロテアーゼを3倍も増加させ、塩麹市場でトップクラスのプロテアーゼ活性により、食材を柔らかく・旨味を引き立たせる力を向上しました。

 

また、食塩相当量も変更品より約20%カットし、塩分を気にする方も安心して使用する事ができます。容器にこだわるひかり味噌だけに、使い勝手・保存性に優れたボトルタイプで、ボトルの側面には塩麹を使ったレシピを掲載しています。

 

原料には国産米と天日塩を使用しているので安全で安心な商品です。酵素の力を最大限に引き出すよう、加熱処理はしていません。

 

容器ペットボトル内容量580g
第8位

八百金

塩麹(海人の藻塩使用)

価格:453円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

創業130年の味

府中味噌の老舗、金光味噌が呉市上蒲刈島特産品の海人の藻塩で仕込んだ塩麹の逸品です。藻塩使用の塩麹はさらに旨味が増していると好評です。食材を塩麹に漬けたり、塗ったり、まぶしたり、和洋中を問わず万能調味料として使えます。

 

肉や魚の漬け床として使用する際は、肉や魚に薄くのばすように塗って、一晩冷蔵庫で寝かせます。一晩経ったら取り出し、そのまま弱火で焼きましょう。焦げやすいので注意が必要です。

 

調味料として使う場合は、煮物や炒め物、和え物に塩の代わりとして使う事ができます。塩味は強めなので味付けを見ながら仕上げてください。

容器ビン内容量180g
第7位

イチビキ

万能調味料 塩糀

価格:1,836円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お米から作った自然な旨味

イチビキは1772年に幕府の株をもとに、味噌や醤油の醸造を始めました。創業以来「醸造の心」をもって商品を製造しています。創業245年を迎えさらに徹底したお客様志向を実践し、健やかな食生活に貢献できるよう取り組んでいます。

 

そんなイチビキが手掛ける塩糀は米と米糀に食塩を加えて発酵・熟成させた万能調味料です。塩の代わりに使えば、肉・野菜・魚の旨味を引き出して、素材を柔らかく仕上げます。また、自然な旨味と甘味が特徴でいろいろな素材の旨味も引き出します。

 

素材を漬けこんだり、たれやつゆにちょい足しでまろやかにしたりと様々な用途で様々なお料理に使う事ができます。春夏秋冬の旬の素材に合わせて幅広く使用できます。たっぷりサイズで使いやすいチアーパックです。

容器スパウトパック内容量300g
第6位

ハナマルキ

液体塩こうじ

価格:713円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすい液体塩こうじ

粒上の塩麹をハナマルキ独自の製法で液体にしたものが「液体塩こうじ」です。塩こうじは麹に含まれる酵素の働きによる素材の旨味を引き出す特徴があり、液体化する事によって、肉・魚・炒め物などの味付けまで調味料として幅広く使用できます。

 

粒々の塩麹をろ過して液体にしています。液体でも塩こうじ本来の力はかわらず、各素材により漬けこみやすく味も浸透しやすくなっています。漬けこむ事で柔らかくしっかりとした食感に仕上がります。

 

軽量で漬けこみも簡単です。ペットボトルで保存もしやすく非常に持ちやすいのも好評です。粒に比べて素材に浸透しやすく焦げにくいのも特徴です。

容器ペットボトル内容量350ml
第5位

ハナマルキ

コクと旨みの発酵調味料 塩こうじ

価格:748円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

米麹と塩を丁寧に熟成させ、麹由来の酵素を活きたまま袋詰めしています。活きた酵素の力と上品な麹の旨味を持つハナマルキの塩こうじは和食にも洋食にもよく合う便利で使いやすい万能調味料です。

 

肉や魚、野菜等が代表的な素材とよく言われていますが、塩麹を使った料理は様々あります。豆腐の塩麹漬は豆腐を半分に切って水気をよく切ります。その豆腐の上下に塩麹を塗り、ラップで包み冷蔵庫で2,3日置けば豆腐の塩麹漬の完成です。

 

他にも、食パンの真ん中に十字の切れ目を入れ、食パンをトースターに入れて薄く焼き色を付けます。その上に無塩バター・はちみつ・塩麹を塗り再び加熱しお好みの焦げ目をつけます。仕上げにアイスとシナモンをかけて塩麹バタートーストも楽しめます。

容器スパウトパック内容量230g
第4位

つけもと

味わい深くする発酵調味料 塩麹

価格:1,934円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粉末タイプの塩麹

塩麹の粉末タイプです。スープやお味噌汁、煮物等にそのまま使用できます。から揚げ等の下味には1~2時間程度まぶして漬けこむのが最適です。用途によっては不向きなものもありますので加水発酵や加熱調理で使用しましょう。

 

塩麹粉末に含まれる食塩量は約13%です。塩麹粉末大さじ1杯の分量は約14gです。お好みの塩加減で調理する事をおすすめします。粉末からペースト状の塩麹を作る事も可能です。その時の使用法にあわせて液状・粉末・ペーストで使い分けられます

 

原材料に使われている米麹は、富山県・石川県・静岡県等の国産米麹を使用。米粉は北海道・秋田県の物を使用しています。また、原材料に使われている塩は兵庫県の赤穂塩を使用しています。

容器チャック袋内容量100g
第3位

マルコメ

プラス糀 生塩糀 こしタイプ

価格:203円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

粒をこしたなめらかタイプ

非常に好評のマルコメプラス糀シリーズに、粒をこしたなめらかタイプが登場しました。粒ありに比べて塩味がまろやかで旨味が強く、粒ありと併用する事でより塩糀料理の幅が広がります。

 

加熱処理をしていないので、酵素が残った「生」タイプの塩糀こしタイプです。素材の味を引き出す、自然の旨みのある万能調味料に仕上がっています。麹菌が作る酵素の働きでできた塩糀です。各素材の旨味を引き出し素材の良さをより深く味わえます。

 

毎日の生活に糀をプラスというコンセプトの元、麹が持つ自然な甘さを商品としてカタチにできないかという女性社員の声で「プラス糀」というプロジェクトを動かしています。マルコメができる事を形にして消費者に届けています。

容器スパウトパック内容量200g
第2位

海の精

こだわり塩屋の有機 塩麹

価格:532円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

国産有機玄米使用

秋田県産の有機玄米と伊豆大島産の伝統海塩「海の精」を使用したこだわりの安全・安心な原料だけで作った万能調味料「塩麹」です。魚や肉を漬けたり、味付けやたれ作りに使え、素材の旨味を引き出します。

 

ペースト状で使いやすく、麹の存在感は感じさせずに旨味をプラスします。注ぎ口付きの容器で、使いたい量だけ簡単に出せます。漬けもの、焼き物、煮物、タレやドレッシングに至るまで何でも加えるだけで美味しくなります。

 

自家製のノンオイルドレッシングや野菜の塩麹漬等、クリーム状なので非常に調理がしやすくなっています。有機認証もあるため安心して食べられると多くのリピーターがその味を評価しています。

容器スパウトパック内容量170g
第1位

マルコメ

プラス糀 塩糀

価格:203円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

酵素が残った「生」タイプの塩糀

麹が持つ自然な甘さを商品としてカタチにできないかという女性社員の声から動き始めたプロジェクト「プラス糀研究室」。創業から160年以上麹に携わってきたマルコメが着目してきた麹が持つ自然な甘さを商品としてカタチにした一つがこの商品です。

 

加熱処理をしていないので酵素が「生」タイプの塩麹です。素材の味を引き出す自然の旨みのある万能調味料です。麹菌が作る酵素の働きで出来た塩麹は魚や肉・野菜等の素材の味を引き出します。もちろん国産米100%使用です。

 

素材の良さをより深く味わいたい、そんな時に手軽にお使いいただく事ができます。クセのない味で、様々な料理に使う事ができます。マルコメは「プラス糀」で新「さ・し・す・せ・そ」で健やかな暮らしを応援します。

容器スパウトパック内容量200g

塩麹のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4907023の画像

    マルコメ

  • 2
    アイテムID:4907016の画像

    海の精

  • 3
    アイテムID:4907009の画像

    マルコメ

  • 4
    アイテムID:4906989の画像

    つけもと

  • 5
    アイテムID:4906986の画像

    ハナマルキ

  • 6
    アイテムID:4906976の画像

    ハナマルキ

  • 7
    アイテムID:4906957の画像

    イチビキ

  • 8
    アイテムID:4906911の画像

    八百金

  • 9
    アイテムID:4906909の画像

    ひかり味噌

  • 10
    アイテムID:4906930の画像

    穂高観光食品

  • 商品名
  • プラス糀 塩糀
  • こだわり塩屋の有機 塩麹
  • プラス糀 生塩糀 こしタイプ
  • 味わい深くする発酵調味料 塩麹
  • コクと旨みの発酵調味料 塩こうじ
  • 液体塩こうじ
  • 万能調味料 塩糀
  • 塩麹(海人の藻塩使用)
  • 生塩こうじ麹の花
  • ちょいたしで一味違う塩麹
  • 特徴
  • 酵素が残った「生」タイプの塩糀
  • 国産有機玄米使用
  • 粒をこしたなめらかタイプ
  • 粉末タイプの塩麹
  • 使いやすい液体塩こうじ
  • お米から作った自然な旨味
  • 創業130年の味
  • 商品改良しさらに美味しく
  • がんこおやじの塩麹
  • 価格
  • 203円(税込)
  • 532円(税込)
  • 203円(税込)
  • 1934円(税込)
  • 748円(税込)
  • 713円(税込)
  • 1836円(税込)
  • 453円(税込)
  • 1512円(税込)
  • 594円(税込)
  • 容器
  • スパウトパック
  • スパウトパック
  • スパウトパック
  • チャック袋
  • スパウトパック
  • ペットボトル
  • スパウトパック
  • ビン
  • ペットボトル
  • ビン
  • 内容量
  • 200g
  • 170g
  • 200g
  • 100g
  • 230g
  • 350ml
  • 300g
  • 180g
  • 580g
  • 200g

まとめ

今回は塩麹を紹介しました。万能調味料と言われる塩麹にどんな効果がありどんな成分が含まれているのかおわかり頂けたでしょうか。素材の旨味を引き出し、消化と代謝を助ける塩麹を毎日の食事にプラスして健康維持に役立ててほしいと思います。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ