赤道義のおすすめ人気ランキング10選【安いものや自動導入できるものも】

天体写真を撮影する際に必ず必要になってくる便利な機器である赤道義をご存知ですか?天体観測が趣味の方やその活動をしたことのある方ならご存じであると思いますが、初めて購入される方はその種類の多さに驚かれるでしょう。今回はその選び方や、人気ランキングを紹介します

赤道義とは

赤道義を皆さんご存知ですか?天体観測が趣味の方や仕事で使用してことがある方は問題ないと思いますが。初心者の方もいると想定して少し紹介させていただきます。地球上の緯度が異なるさまざまな地点において天体観測を行うために望遠鏡に取り付ける器具の事です。 地球の自転軸に平行な極軸に直角な回転軸を取り付け、その軸上の反射鏡やレンズが中心軸から外れないようにする効果を持っています。天文台の特殊な望遠鏡はこの取り付け方で赤道儀が必ず、取り付けられています。 初めて天体観測をする上で数ある赤道儀の中からどのような対応が自分の望遠鏡にふさわしく、使いやすいのかなどを選ぶ際の基準や、人気や評判から作成したランキングを紹介していきます。

赤道義の選び方

ではまず、ここからは赤道儀の選び方について、いくつか紹介していきたいと思います。

主な赤道義の種類について

赤道儀はどれも同じ形で同じ機能を搭載しているわけではありません。主に3つタイプの赤道義の違いについて紹介します。

ポータブル赤道義

都会に在住されている方で、天体観測をしてみようと思ってもなかなか都会の公園などで行うことは実現できません。その最大の理由は街頭や、夜遅くまで光り輝くネオンのような光害が存在しているからです。

 

そうなると、必然に郊外へ移動して観測をすることになります。その時に重宝するのがポータブル赤道義、別名小型赤道式架台です。公共交通機関や自家用車を使用して望遠鏡といっよに持ち運ぶことも容易、カメラ電台を搭載できる三脚台を使うことができたりもするので、いろんなところで観測してみたい方におすすめです。

さまざなな機能を備えた大型赤道義

赤道儀といえばこちらの様式を思い浮かべる方も多いかもしれません。赤緯赤経の両方にモーターが取り付けられていることによって、あらかじめ登録されている惑星や恒星を自動導入、自動追尾することができます。

 

自動導入とは観測する際にわざわざ星図を見ながら調節することなく天体望遠鏡やカメラの中に設定した恒星や惑星などの天体が導入される機能の事です。この機能によりわざわざ写真を取ることで天体の位置を確認する必要はなく、大幅な作業の効率化を実現しています。

 

さらにコントローラーが付属している赤道義で㍶を経由することでインターネットや、天体観測に役立つソフトを接続させることで元々搭載されている導入や追尾の制度を向上させることやそのほかの便利な機能を使用可能になりますので、本格的な観測をしたい方におすすめです。

補足:赤道義の機能を備えた最新機材

リコーより発売中で特定の機種に装着することで天体を自動追尾することができるのがアストロレーサー(GPSユニット O-GPS1)です。どのように動作するのかについて簡単に説明しますと、カメラにもともと内蔵されている手ぶれ補正機能と連動することで、長時間の観測を可能にしているそうです。

 

GPSから取得した緯度を頼りに天体それぞれの動きを探知、算出したのちにイメージセンサーを天体の動きに同調させることで撮影も可能です。赤道儀を別に買う必要はなく、まさに三脚のみで撮影を可能にする、次世代ポータブル赤道儀という位置づけです。

天体望遠鏡を選択する

あたりまえのことですが赤道儀を購入する際にどの天体望遠鏡を購入したのか、またしようと思っているのかについて把握していなければなりません。どんな天体望遠鏡にも対応する赤道儀は存在しないからです。

 

すでに天体望遠鏡を購入済みの方は取り扱い説明書などに記載されているであろう、天体望遠鏡の重さを把握することから始めましょう。赤道儀は天体望遠鏡の重さに準じて作動するからです。

 

重さの基準が異なる赤道儀と天体望遠鏡を使用すると、バランス不足、細かい調整を行なえず結局綺麗に撮影したり、観測することができなくなります

対応機種を選ぶときの2つの基準

天体望遠鏡に対応する赤道儀を探す際に、抑えておくべき基準が2つほどあります。それが搭載可能重量とコントローラーの導入についてです。

搭載可能重量の確認

さきほど、天体望遠鏡の確認をまず初めに行うように紹介したのはこの項で説明することのためです。赤道儀にはそれぞれ、搭載可能重量が設けられています。これは赤道儀に物を載せるということではありません。

 

どのくらいの重さの天体望遠鏡や機材に対応しているのかということを表しているんです。搭載可能重量の欄の確認は必ずしましょう。もし天体望遠鏡を購入されていない方は、そちらを購入する際におすすめの機種を訪ねるのもいいかもしれません。

 

 

初めての方は混乱されることもよくありますが、不動点より~㎝と搭載可能重量の欄に記載されていますが、間違っているわけではありません。計り方は今回はテーマ外なので省きますが、抑えておくようにしましょう。

自動導入コントローラーの購入する

赤道儀を購入すると大抵は簡易的なコントローラーが同梱されています。しかし、同梱されているコントローラーの多くは缶的な機能しか備えておらず使いにくく、せっかく赤道儀を購入して作業の質を上げようしてみたけれど、ストレスがたまるということもあります。

 

手動導入のコントローラーしか同梱されていない場合は自動導入のコントローラーを別途購入することをおすすめします。

予算などを特に設けていない方におすすめ

機材というものは必ずしも価格が上がればその分、便利になるということはないので、それぞれの予算設計や天体望遠鏡に合う赤道儀を購入していただくことが良いと思いますが、もし予算を設けずに質の良いものを購入しようとしている方はパルスモーター付属の赤道儀から選んでみてください。

 

その理由は、微調整のコントロールを可能にしてくれたり、動作するときの音の静かさ、モーター動作時の動きの少なさや長焦点距離が長いときに作動するPEC機能を補正してくれたりと至れり尽くせりの機能が搭載されているからです。

 

現在はパルスモーターがものすごく普及しているので、価格が特別高くなることはあまりないので、パルスモーター搭載の赤道儀の購入を強くおすすめします。

赤道義の人気ランキング10選

好条件下での撮影を重視

10位にランクインしたのはタカハシより販売中のEM-400MRDです。今回このランキングの作成するときの基準として手に入りやすさ、機能性の充実度を主に考えてきましたが、この10位にランクインした商品は機能の充実度に振り切った選択になっています。

 

オートモードが普及した現代ではあまり見られないコントロールboxで押った方向に自在に鏡筒を動かすことができる赤道儀となっていますが、眼視でも推したボタンと動く方向が同じなので調整がとてもやりやすかったりします。

 

通常の撮影時に力を発揮するGモードと広い範囲を分割してモザイク撮影をするときに重宝するFモードの使い分けで子午線を挟んでの撮影やスケジュール撮影を容易に行うことができます。

主な付属機能 コントロールボックス 高さ、幅、厚さ 不明

初めての赤道儀にも人気

9位にランクインしたのはAS0007 nano.tracker TLです。こちらの商品はタイムラプス機能に重きを置いている商品で、回転速度を6段階変えることが可能です。タイムラプス機能とは 時間の流れを早回しで見ることができることです。位置づけとしてはスローモーションとは反対です。

 

他にも右回り、左回りの選択を自由に選べることで、表現に大幅な広がりを持たせることができます。また基本的には赤道儀には普通の景色の写真を採ることは向いていませんが、この赤道儀に付属している星景写真モードは星空と景色の両方を撮影することができます。

 

また初めての方には難しいといわれている日食と月食の撮影時にもしっかりサポートしてくれます。それぞれ月追尾モード、太陽追尾モードで非常に短い時間の撮影にも対応しています。

主な付属機能 ハンドコントローラー 高さ、幅、厚さ 不明
8位

スマートフォンとも連携

8位にランクインしたのはケンコーより発売中の赤道儀のスカイメモT、ブラック465998です。こちらのスマートフォンにてダウンロード可能なアプリのスカイメモTをダウンロードすることで、北極星の位置取りなどを簡単に把握できる機能もあります。

 

またこのスマートフォンアプリはある程度の距離の遠隔操作も可能なので、カメラ接続ケーブルを購入して観測場所に設置しておいた上で近くの車内や小屋の中で極軸設定をしたり、極軸望遠鏡や明視野証明に関する設定を手軽に行うことが可能です。

 

追尾モードでは恒星や太陽を含む天体を0.5×、2×の倍率の速さでも可能です。連続使用時間は24時間と天体観測には十分の耐久性も兼ね備えており、こちらも初心者やそのほかのユーザーの方々にも人気の商品となっています。

主な付属機能 なし 高さ、幅、厚さ 10.3 x 7 x 7.6 cm
7位

Sightron

コンパクト赤道義 NEW nano.tracker 外部バッテリー対応 AS0005

よりシンプルに

コンパクト赤道義 NEW nano.tracker 外部バッテリー対応 AS0005は先ほど登場した第9位の商品をよりシンプルな機能を備えています。それにより価格は抑えられているメリットもありつつ、機能は少し異なってきます。

 

まずコントローラーはシンプルで使いやすいものと評判です。1のモードで星空写真撮影モードとなっており、広角の撮影に適している機能です。0.5のモードにすると星景モードとなり星と風景を撮影することも可能です。

 

本体重量は約400gと手の平に収まるサイズでもあるので、そのその手軽さも人気の理由です。山での撮影をよく行う方は1台持っていると非常に重宝するでしょう。

主な付属機能 なし 高さ、幅、厚さ 15.3 x 13 x 6.2 cm
6位

ケンコー

自動追尾赤道儀 スカイメモS(シルバー)

簡単なセッティングで撮影可能

自動追尾赤道儀の スカイメモSは簡単にセッティングをすることができるとして評判です。基本的な星の撮影はもちろんのこと、タイムラプス撮影やインターバル撮影を行うこともできる機能も備えていたりと、使いやすさと豊富な機能のバランスがすぐれています。

 

多彩な接続端子が用意されていることも人気の理由の1つで、オートガイダ―端子やカメラ端子と接続できるほかに、シャッターケーブルと接続することで、一定の間隔でシャッターをきりつづけることができる機能も追加することができます。

 

極軸望遠鏡と明視野証明装置をそなえているほかに、4つの便利なアクセサリーを使用することでさらなる機能拡張が期待できます。良く合わせて購入される微動雲台で微妙な角度の調整が可能になり、極軸調整に非常に役立ちます

主な付属機能 トラッキング 高さ、幅、厚さ 不明

次世代型の赤道儀

こちらのリコーより発売中のo-pgs1は次世代の赤道儀と言われています。ここで主な特徴について紹介します。電子コンパスの機能も持ち合わせています。撮影時にモニター上に性格な方位を常時表示してくれます。

 

現在地から設定した目的地までの方位と距離の算出して直観的なナビゲーションをしてくれます。そして赤道儀としての機能を発揮するアストレーサーが今回紹介する主な機能です。ペンタックスの対応機種のカメラに取り付けることで、手ぶれ補正機能と連携して簡易的な天体追尾を撮影を可能にします。

 

またGPS情報から天体の位置情報などを算出して星を点像のまま撮影したりすることも可能です。カメラ以外は三脚くらいか必要としない天体追尾機能を備えた機器として人気を集めています。

主な付属機能 なし 高さ、幅、厚さ 15.2 x 12.2 x 4.1 cm

シンプルであるが多彩

4位にランクインしたのは赤道儀 架台SX2です。こちらの商品はシンプルかつ多彩な機能が備え付けられているリモコン「star bookone」やパルスモーターで動作する安定性を実現。ペアリング数も従来の1から5に拡大させて使いやすさの向上も実現しています。

 

星空の日周運動にそって回転する赤経体部分にモーターなどの重量物のパーツを配置することでウエイトに安定性を持たせることで、軽量の鏡筒くらいならば追加のウエイトが必要ないように設計されています。

 

リモコンはメインの機能をxy駆動に絞ることで主な操作を片手ですることができます。子毎回機能としては恒星時、太陽時などの多彩な追尾モードやばっくラッシュ補正やカスタマイズ機能など外付けのオートガイダ―端子を内蔵など、小さいサイズでこれだけの機能を備えています。

主な付属機能 架台、タイムラプス 高さ、幅、厚さ 12.8 x 36 x 34.3 cm
3位

Vixen

ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

多彩な撮影モード

3位にランクインしたポラリエは天体の動きに合わせて動作するモーター駆動のカメラ雲台です。この赤道儀にカメラを載せて撮影することで星を点像として撮影していくことが可能です。一眼レフカメラでも使用していただけます。

 

撮影モードは3つ搭載されており、1つが星景モードで星の動きの半分の速さで追尾しながら撮影していきます。2つ目が星追尾モードです。日周運動を追尾することで星は点に移りますが、風景は動いて映すことが可能です。最後の3つめが、固定撮影です。ポラリエを使用して固定撮影すると星が流れるように撮影する事ができます。

 

乾電池で2時間作動し、外部電源を使用できる環境ならば長時間作動させることができます。多彩な撮影モードを求める方はこちらの赤道儀をおすすめします。

主な付属機能 カメラ 高さ、幅、厚さ 22.4 x 16.3 x 7.6 cm
2位

セレストロン

【国内正規品】 CELESTRON 赤道儀アドバンス(Advanced) VX 国内保証書付き CE91519

安価かつ一定の機能性を実現

2位にランクインしたのセレストンより販売中の赤道儀アドバンスVXです。こちらの商品は中型の赤道儀の中では比較的安価で手に入れやすい商品です。もちろん安価とはいえしっか機能は備え付けられています

 

精度の高い追尾機能や約40000万個搭載されている天体に関するさまざなデータを駆使して星雲や星団の位置情報を探索してくれたり、惑星をすぐに探索してくれたりという基本機能は備え付けられています。さらに日本語表記なので使いやすさも追及されています。

 

PEC機能を駆使してウォームギアの周期誤差を可能な限り低減したりするサポートも含まれているので安心して初心者の方もお使いいただけます。

主な付属機能 ハンドコントローラー 高さ、幅、厚さ 93 x 64 x 28 cm

滑らかな動きで多数の支持を得る

赤道儀の人気ランキング1位にランクインしたのは、SXD2です。この機種がなぜ多数の支持を得ているのかを特徴とともに紹介していきます。最も素晴らしい特徴というとやはりその滑らかな駆動でしょう。

 

パルスモーターを搭載することでレスポンス機能を向上させることで動きに滑らかさを生み出しました。またマイクロステップ方式を採用することで低速でも高速で回転しているときでもスムーズな駆動を実現してくれます。

 

減速ギアヘッドを排除することで、バックラッシュの排除も実現させており、ユーザーのストレスを極力減らしている構造になっています。また恒星を追尾させる際に鏡筒反転のタイミングをユーザーが好きな時に行うことができるので、天体を観測しているときの反転を避けることができます。これらの多くの機能が多数な支持をあつめています。

主な付属機能 コントローラー 高さ、幅、厚さ 不定

赤道義のおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 主な付属機能 高さ、幅、厚さ
1
アイテムID:4903796の画像
ビクセン SXD2赤道儀PFL

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

滑らかな動きで多数の支持を得る

コントローラー 不定
2
アイテムID:4905021の画像
【国内正規品】 CELESTRON 赤道儀アドバンス(Advanced) VX 国内保証書付き CE91519

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

安価かつ一定の機能性を実現

ハンドコントローラー 93 x 64 x 28 cm
3
アイテムID:4903802の画像
ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

多彩な撮影モード

カメラ 22.4 x 16.3 x 7.6 cm
4
アイテムID:4903804の画像
赤道儀 架台 SX2

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

シンプルであるが多彩

架台、タイムラプス 12.8 x 36 x 34.3 cm
5
アイテムID:4905016の画像
PENTAX GPSユニット O-GPS1 39012

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

次世代型の赤道儀

なし 15.2 x 12.2 x 4.1 cm
6
アイテムID:4903810の画像
自動追尾赤道儀 スカイメモS(シルバー)

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

簡単なセッティングで撮影可能

トラッキング 不明
7
アイテムID:4903812の画像
コンパクト赤道義 NEW nano.tracker 外部バッテリー対応 AS0005

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

よりシンプルに

なし 15.3 x 13 x 6.2 cm
8
アイテムID:4903815の画像
ポータブル赤道儀 スカイメモT ブラック 465998

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

スマートフォンとも連携

なし 10.3 x 7 x 7.6 cm
9
アイテムID:4903816の画像
AS0007 nano.tracker TL

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

初めての赤道儀にも人気

ハンドコントローラー 不明
10
アイテムID:4905014の画像
EM-400MRD

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

好条件下での撮影を重視

コントロールボックス 不明

まとめ

今回は赤道儀の選び方やそのタイプごとの違いなどを中心にランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたか?赤道儀を知っている方にも初めて知る方にも幅広い方が使いやすい赤道儀を選んでいくことを中心に作成したので、ニーズに合わない部分もあるかもしれません。 ランキングはあくまで購入する際の参考程度にしていただき、その上で選び方や、赤道儀の仕組みやお持ちの天体望遠鏡に対応する機種を選ぶことを中心に検討することが大事でしょう。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年03月05日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

外付けHDDの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

外付けHDDの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

AV・情報家電
壁掛けテレビ台の選び方やおすすめ人気ランキング10選を紹介します!

壁掛けテレビ台の選び方やおすすめ人気ランキング10選を紹介します!

AV・情報家電
快適カーライフ!カーバッテリー人気メーカーおすすめランキング15選

快適カーライフ!カーバッテリー人気メーカーおすすめランキング15選

カー用品
オーディオインターフェイスの選び方・人気おすすめランキング10選

オーディオインターフェイスの選び方・人気おすすめランキング10選

AV・情報家電
【どこでも清潔!】携帯ウォシュレットのおすすめ人気ランキング10選

【どこでも清潔!】携帯ウォシュレットのおすすめ人気ランキング10選

旅行用品
【映える写真を簡単に】人気のスマホ用三脚2021年版おすすめランキング10選

【映える写真を簡単に】人気のスマホ用三脚2021年版おすすめランキング10選

AV・情報家電