音マニア必見!後悔しないパワーアンプの選び方とおすすめ10選

音楽や映画に欠かせない音。せっかく聞くなら、こだわってよりよい音で楽しみたいと思っている方は少なくありません。良質な音を出したい時、重要な役割を担っているのがパワーアンプ。パワーアンプとはどのようなものなのか。後悔しないおすすめの選び方や、パワーアンプのおすすめ商品を紹介します。

Amazon

ブラックフライデー開催中!

\11/26(金) 9:00〜12/2(木) 23:59/

毎日ビッグサプライズセール登場。

自分へのご褒美を。

自分好みの音が作れるパワーアンプ

オーディオ機器の構成は、CDプレーヤーなどのメディアソース。プリアンプ、パワーアンプ、スピーカーの4つに大別できます。音は電気信号としてそれぞれの機器に伝わり、スピーカーから音として皆さんの耳に届くようになっています。

 

実はCDプレイヤーなどから発している信号は、非常に微弱であり、そのままスピーカーに送っても駆動させることができないほど弱いものなのです。微弱な信号をスピーカーが駆動させられるほど増幅してくれる機器がパワーアンプです。

 

スピーカーとパワーアンプが一体化している商品もありますが、迫力のある低音にこだわりたい。抜けの良い高音が気持ち良いなど、音に対してより高い欲求があるのであれば、自分の好みに合ったパワーアンプを追加してオーディオを構成するのがおすすめです。

おすすめのパワーアンプの選び方

パワーアンプとひとまとめに言っても、その種類は豊富にあり、仕事としてPAをしている上級者向けのものもあれば、カーステレオに重低音の迫力を持たせたいといった初心者向けのものまでさまざまです。

 

あまり知識のない初心者にとっては、どれを選んだら良いのか悩んでしまうのは当然です。そこで今回は、おすすめのパワーアンプ選びである「形状」「機能性」「出力」の3つのポイントに着目して紹介していきます。

形状で選ぶ

パワーアップは持ち運ぶのか、自宅で利用するのか。車内で利用するのかによって選び方のポイントが違います。特に気をつけたいのは、形状やサイズです。いくら高品質なパワーアンプでも、形状が合わなければ車内では運転の邪魔になるだけですね。

 

それぞれにおすすめの形状やサイズがありますから、どこで主に利用するのかを配慮して、それぞれのシチュエーションに見合った形状をしているパワーアンプを選ぶようにしたいところです。

1/4ラック形状

カーステレオのサウンド向上や、自宅や店舗の天井裏への設置などに適しているコンパクトサイズのパワーアンプのほとんどが、1/4ラックサイズに設計されています。横幅が約14cm、高さが約4cm、奥行きが約12cmという寸法になります。

 

イメージするなら、車のフロント部に設置されているカーオーディオなどのサイズと考えると分かりやすいでしょうか。つまり、車内利用や、パソコンデスク周辺での利用。更にコンパクトなラックケースに入れて持ち運ぶといった用途に向いています。

1Uラック形状

ほとんどのパワーアンプは、PA用などの利用用途向けに製造されているため、ラック形状をしていることが多いです。横幅はネジ穴がついており、ラックケースに設置できるようになっており、横幅は共通で48.2センチに設定されています。

 

高さや奥行きはまちまちですが、ラックケースに収納して飛び出さないような形状やサイズに設定されているのです。ハイクオリティなパワーアンプになると、ラックケースにその他の機材と一緒に収納する形がスタンダードです。

 

スタジオやオーディオルームなどで利用するのに適していますが、車内などで利用することや、移動式ラックケースに入れず単体で持ち歩くことには不向きだということを覚えておきましょう。

機能性で選ぶ

おすすめのパワーアンプ選びのポイントとして次にあげるのは、機能性です。以前まではレコードプレーヤーや、CD、MDといったメディアプレーヤーを直接有線でつなぎ、更にスピーカーも有線でつなぐという状況でした。

 

しかし現在では、わざわざプレーヤーやスピーカーとパワーアンプを有線でつながなくても、無線で簡単に設定してつなげることができる便利な機能を持ったパワーアンプが誕生していますので、機能面でパワーアンプを選ぶのもおすすめです。

Bluetooth機能

近年では、持ち運べるタイプのデジタル音楽プレーヤーやスピーカーなどには必ずといって良いほどBlutooth機能がついています。せっかく無線で簡単につなげられる機器が増えたのですから、パワーアンプも対応しているものを選びたいですよね。

 

初心者でも簡単につなぐことができるコンパクトなパワーアンプも増えており、リンクをさせるだけといったものがほとんどです。デジタル音楽プレーヤーや車内などで利用するのがメインの方なら、Bluetooth機能つきのパワーアンプを選ぶとよいでしょう。

ハイレゾ対応

CDを超える高音質の音楽データとして、注目を集めているハイレゾ。ハイレゾとは、ハイ・レゾリューション・オーディオを略したものですが、簡単にいえばCDよりも多くの情報量を有している音楽データになります。

 

従来のメディアであるCDでは、情報量が制限されてしまい、収録できなかった音がハイレゾでは保存できるようになっており、音質的にもCDよりも上質です。ただ出力する機材がハイレゾに対応していなければ、再生することはできません

 

プレイヤーはもちろん、パワーアンプもハイレゾに対応していれば、これまでのCD音源とは明らかに違う高音質のハイレゾ音源を楽しむことが可能になります。音にこだわりがあるなら、ハイレゾ対応のパワーアンプがおすすめです。

出力で選ぶ

パワーアンプを選ぶ際、注意しなければならないのが出力です。出力はW(ワット)数で表示されています。プレーヤーから送られる微弱な信号をどれだけ増幅できるのか指針となるもので、ワット数が大きくなればなるほど、大きな音を出すことができるということです。

 

最大出力が小さいパワーアンプである場合、思ったようなサウンド作りができないケースも出てきます。また、自宅なのか車内なのか。体育館や会議室、宴会場や野外ライブなどシチュエーションによって適した出力の商品を選ぶことも大事なポイントになります。

100W以下

小さなワンルームで高出力のパワーアンプを使用しても、スピーカーから出力すれば近所迷惑になってしまいます。十分な広さがあり、防音設計がされている自宅スタジオなど以外では、あまり高出力のパワーアンプを使用するのはおすすめできません。

 

デジタル音楽プレイヤーなどとつなげて、一つ上のサウンドを楽しみたいといった程度なら、出力が100W以下のパワーアンプがおすすめです。また会議室でのスピーチ等に利用するのであれば、100Wもあれば十分ですから目安として覚えておきましょう。

100W以上300W以下

もっと広いシチュエーションであるカラオケ大会などで利用する宴会場や、繁華街などで行う野外ライブなどでの利用するなら、100W以下のパワーアンプでは、物足りなさを感じてしまうことが多くなりがちです。

 

またクリーンなサウンドや迫力のあるサウンドを求めているのであれば、出力が100Wから300W程度までに設定されているパワーアンプがおすすめです。中規模のキャパシティでも、最大音量を歪ませることなくクリアなサウンドが提供できます。

500W以上

300W以上の高出力を持つパワーアンプは、仕事でPAをしていたり、プロミュージシャンといった音作りや音楽機材に関して高い知識を持ち合わせる方向けのパワーアンプと言えるでしょう。

 

中規模以上のライブハウスなどでサウンドシステムを形成する場合や、街頭ライブよりも規模の大きな野外フェスなどの会場でクリアなサウンドを提供したいといった場合には、目安として1000W前後のパワーアンプが使用されています。

 

プロや上級者向けの機材になりますから、当然価格はケタ違いに高くなります。単純に一味違ったサウンドを自宅等で楽しみたいという方なら、ここまで高出力のパワーアンプは必要ないと言えるでしょう。

パワーアンプの人気ランキング10選

10位

CLASSIC PRO

CP600

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

冷却ファン搭載だから長時間の使用でも安心

CLASSIC PRO CP600は、音質に妥協したくない中級者以上向けのマニアックなパワーアンプです。ある程度にサウンド作りの知識がある方向けに提供されているパワーアンプであり、この価格帯で最大600Wの高出力は驚きのコストパフォーマンスといえます。

 

自動で2タイプのスピードを調整してくれる冷却ファンが搭載されているため、高出力での長時間使用でも発熱によるトラブルを防止することができます。ハイクオリティな音質を安定して長時間提供することができますから、イベント使いにも重宝することでしょう。

 

初心者の方には、家庭用オーディオ機器のパワーアンプとしてお手軽使いをするとなると、ハードルが高いように感じるかも知れませんが、ある程度サウンド作りを追求したいなら、最初のパワーアンプとして取り入れたいおすすめの一品です。

機能 静性冷却ファン 最大出力 600W
9位

QSC

PLX1802

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コストを掛けても本格サウンドにこだわりたい方向けパワーアンプ

PLX1802の最大の魅力は、クリーンなサウンド再現力です。5万円以下などの初心者や中級者でも簡単に手に入り、操作も簡単に行えるパワーアンプとは違い、サウンドの鮮明度が格段に違っています。

 

高音部も低音部も中級以下のパワーアンプでは、どうしてもノイズが発生してまうことが多いという弱点がありましたが、超低ノイズを採用したことによって、この問題の解消に成功しており、クリーンで歪みのないサウンドが最大の特徴です。

 

またPOWER LIGHTテクノロジーという第3世代の先端技術を取り入れています。900Wの高出力でキャパシティの大きな会場というシチュエーションでも、場所を選ばず透明感のあるサウンドを表現できるプロフェッショナル向けのパワーアンプです。

 

 

 

機能 パワーライトテクノロジー 最大出力 900W☓2
8位

ART

SLA1

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

プロのレコーディングスタジオ並のサウンドクオリティを実現

ARTのSLA1は、レコーディングが行えるスタジオなどでも利用されているほどのハイクオリティ音質を出力できるパワーアンプです。このため細かなサウンドの変化に気がつくなど、音の違いの分かる中・上級者向けのパワーアンプと言えるでしょう。

 

中・上級者向けの機能を有しているにも関わらず、価格帯は5万円を切っていますから、コストパフォーマンスがかなり高いと評価できるパワーアンプです。プロ仕様というと複雑な構造をしているかと思いきや、シンプル設計で操作性は抜群に高いと評価できます。

 

この価格帯のパワーアンプの場合、モニタリングする際にどうしても低音のノイズが気になるという従来の悩みがありましたが、超低ノイズ機能を有しているため、気にすることなくレコーディング作業などが行えるのもおすすめの理由です。

機能 超低ノイズ 最大出力 130W☓2
7位

YAMAHA

MA2030a

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

DSP搭載による上質なサウンド表現が魅力的

MA2030aの最大の魅力は、エンハンサー機能とDSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)機能というハイクオリティな機能を同時に有していることです。音楽信号を帯域別に分割することができるクロスオーバー。

 

それぞれの周波数特性の乱れを修正してくれるイコライザー。設置距離が違うスピーカーでも敢えて送らせて、同距離にいるかのような環境を作り出すことができるタイムアライメントという3つの機能を実現できるDSPが3万円を切って手に入れられるのは魅力的です。

 

デジタル音楽プレーヤーでは、低音部や高音部がどうしても切れてしまっているという欠陥をエンハンサーによってよりよいサウンドへと変化させてくれます。リアルサウンドを追求したい中級者以上の方におすすめのパワーアンプと言えるでしょう。

機能 エンハンサー機能 最大出力 30W☓2
6位

BEHRINGER

EUROPOWER EPQ304

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ノイズの少なさと回路の保護するリミッター機能付きパワーアンプ

従来の中級機以下のパワーアンプでは、低音の出力を上げてしまうと、どうしてもノイズが入ってしまうという不満がつきまとっていました。しかしベリンガーEPQ304の登場で、このノイズ問題が解消されたと言われるほど画期的なパワーアンプが本商品です。

 

秘密はATR (Accelaraeted Transient Technology) という独自の技術。この技術によって、従来では鈍かった低音の反応が格段に早くなり、パンチの利いた低音がクリアに出力できるようになりました。

 

更に大きな負荷を与えてしまうことによって、オーディオ機材の破損を招いてしまうオーバーロードから各回路を保護してくれるリミッター機能をそれぞれのチャンネルに設けているため、インピーダンスを間違えて接続してしまうなどのうっかりミスも防止してくれます。

機能 超低ノイズ ATR 最大出力 50W☓4
5位

Roland

SRA-5050A

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

ミキサー付きの中級者以上向けパワーアンプ

SRA-5050Aは、ミキシングも行えてしまうパワーアンプです。サウンドはもちろん、ある程度の音楽的な知識がある中級者以上向けのパワーアンプと言えるでしょう。既存の音楽やテレビなどのサウンドをより良くするというよりも、収録目的で利用されています。

 

マイクチャンネルが1系統あるほか、2系統のライン入力端子とライン出力端子が実装されており、BASSとTREBLEのトーンコントロールも自由に行うことが可能です。この機能がついていることにより、出力ばかりではなく音質の細かな調整を行うことができます。

 

デジタルな数値入力などではなく、それぞれにつまみがついているシンプルなインターフェースを採用していることから、直感的なサウンド作りを実現できるのも魅力のパワーアンプです。自身でオリジナルサウンドを制作したい方におすすめのマニア向け商品です。

機能 ミキサー機能 最大出力 20W☓2
4位

FOSTEX

AP20d

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

シンプルな操作性でもど迫力のサウンドを実現

AP20dは、前作で大ヒットしたAP15dの上位機種になります。前作では15W☓2の出力だったものが、20W☓2へとパワーアップしました。それだけではなく、ハイレゾにも適応するような仕様になっており、ハイレゾスピーカーへの接続も可能になりました。

 

高い評価の理由だった操作性の高さは、AP15dをそのまま受け継がれており、フロントパネルに1つのノブだけが付いているという構造になっています。ノブを回すだけで自分好みのサウンドを実現できるハイスペックなパワーアンプは初心者にもおすすめです。

 

コンパクトなサイズと、たった250gしかない軽量パワーアンプという外見からは想像できないほどのど迫力サウンドを実現できます。持ち運びにも便利なことから、スマートフォンやデジタル音楽プレーヤーなどと併せて利用するシーンで大活躍しているパワーアンプです。

機能 ハイレゾ対応 最大出力 20W☓2
3位

North Flat Japan

FX202A/FX-36A PRO

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

低コストでありながらハイレゾ環境が実現可能!

コンパクトで価格も4,000円台とローコストながら、ICチップにClass-DというハイスペックなデジタルアンプICを採用。更に高音質特注のコンデンサーや閉磁路タイプのSMDインダクターを採用しているというおすすめのパワーアンプです。

 

価格以上の音質が実現できると評判のパワーアンプであり、3万円~4万円台のミドルクラスオーディオインターフェース機器と併せて使用することで、プロミュージシャンもうなるハイレゾ環境を実現することが可能です。

 

4パターンのベースゲインを背面のスイッチで簡単に切り替えることもでき、プリアンプ側の種類や能力によって、調整と組み合わせを自由自在に行える操作性の良さも高評価の理由です。

 

 

機能 高音質特注コンデンサー搭載 最大出力 48W×2
2位

LEPY

パワーアンプ

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

高・低音の調整可能な家庭用マルチパワーアンプ

LEPYのパワーアンプは、コンパクトサイズながら高音と低音のイコライザー機能まで持ち合わせているおすすめのパワーアンプです。パソコンやスマートフォン、デジタル音楽プレイヤーなどと接続することができ、幅広い用途に対応できます。

 

ラック型の形状をしていることから、カーアンプとしての利用も可能です。実は最大45W×2の出力を実現できるICチップを搭載していますが、ケースを放熱板として利用していることから、控えめな出力表示となっています。

 

低音をより美しく出力することにこだわった設計となっており、低音マニアの方には、高い評価を受けているパワーアンプです。またブルー発光するデザインとなっていることから、車載用としても人気の高い評価を得ています。

機能 ハイ&ローボリュームコレクター 最大出力 25W×2
1位

ELEGIANT

100Wパワーアンプ

\ワンダフルデー開催中!!/ 楽天で詳細を見る
\ブラックフライデー開催中!!/ Amazonで詳細を見る
\毎日タイムセール開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

小型サイズでも100Wの大出力

スマホやタブレット、パソコンやマイクなど日常家電製品から出力される音質をより良いものにしたいと思っているなら、ELEGIANTの100Wパワーアンプがおすすめです。Bluetooth機能がついており、接続コードなしでデバイスとリンクが可能。

 

有線でのアナログ接続も行えるようになっており、AUXジャック、Micro-B USBジャック、DC 9V-24Vジャックがついているため、幅広いデバイスとの接続が行えるのも魅力的です。

 

なんと言っても、コンパクトで軽量、扱いやすいという3拍子が揃っているのに、100Wの大出力を実現できており、日常で利用するスマートデバイスの音を良質なものにしたいという音マニアの方におすすめです。

機能 Bluetooth接続 最大出力 50W×2

パワーアンプのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 機能 最大出力
1
アイテムID:4904085の画像
100Wパワーアンプ 3,599円

詳細を見る

小型サイズでも100Wの大出力

Bluetooth接続 50W×2
2
アイテムID:4904209の画像
パワーアンプ 2,988円

詳細を見る

高・低音の調整可能な家庭用マルチパワーアンプ

ハイ&ローボリュームコレクター 25W×2
3
アイテムID:4904227の画像
FX202A/FX-36A PRO 3,980円

詳細を見る

低コストでありながらハイレゾ環境が実現可能!

高音質特注コンデンサー搭載 48W×2
4
アイテムID:4904521の画像
AP20d 13,824円

詳細を見る

シンプルな操作性でもど迫力のサウンドを実現

ハイレゾ対応 20W☓2
5
アイテムID:4904530の画像
SRA-5050A 31,104円

詳細を見る

ミキサー付きの中級者以上向けパワーアンプ

ミキサー機能 20W☓2
6
アイテムID:4904545の画像
EUROPOWER EPQ304 20,790円

詳細を見る

ノイズの少なさと回路の保護するリミッター機能付きパワーアンプ

超低ノイズ ATR 50W☓4
7
アイテムID:4904557の画像
MA2030a 29,300円

詳細を見る

DSP搭載による上質なサウンド表現が魅力的

エンハンサー機能 30W☓2
8
アイテムID:4904560の画像
SLA1 48,000円

詳細を見る

プロのレコーディングスタジオ並のサウンドクオリティを実現

超低ノイズ 130W☓2
9
アイテムID:4904575の画像
PLX1802 131,200円

詳細を見る

コストを掛けても本格サウンドにこだわりたい方向けパワーアンプ

パワーライトテクノロジー 900W☓2
10
アイテムID:4904576の画像
CP600 40,199円

詳細を見る

冷却ファン搭載だから長時間の使用でも安心

静性冷却ファン 600W

まとめ

上級者向けのマニアックなものから、家庭や車でもお手軽に利用できるものまで、おすすめのパワーアンプ10選を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。既存のオーディオ機器のサウンドに不満があるなら、是非パワーアンプを取り入れることをおすすめします。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2020年11月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

人気トールボーイスピーカーの選び方やおすすめランキング10選を紹介!

人気トールボーイスピーカーの選び方やおすすめランキング10選を紹介!

AV・情報家電
オーディオインターフェイスの選び方・人気おすすめランキング10選

オーディオインターフェイスの選び方・人気おすすめランキング10選

AV・情報家電
外付けHDDの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

外付けHDDの選び方やおすすめ商品の人気ランキング10選を紹介!

AV・情報家電
アナログミキサーの人気おすすめランキング10選【名器も紹介】

アナログミキサーの人気おすすめランキング10選【名器も紹介】

楽器
【運動前に】最強!燃焼系ダイエットサプリおすすめ人気ランキング21選

【運動前に】最強!燃焼系ダイエットサプリおすすめ人気ランキング21選

楽器
壁掛けテレビ台の選び方やおすすめ人気ランキング10選を紹介します!

壁掛けテレビ台の選び方やおすすめ人気ランキング10選を紹介します!

AV・情報家電