記事ID134566のサムネイル画像

【暗記効果が高まる!】人気の青ペンおすすめランキング10選

青ペンは学生から社会人まで幅広い世代に使われている便利な文具です。しかし、数あるメーカーの中から本当に欲しいペンを見つけるのは難しいでしょう。ここでは青ペンの魅力や選び方を解説しながら、人気のおすすめ商品をランキング10選で紹介していきます。

青ペンを使うことで勉強が効率的になる

青ペンは単色はもちろん多色ボールペンでも使う頻度の高い人気商品です。また、普段の勉強に使う際には青ペンを使ってノートに書き込んでいくだけで暗記に高い効果があることが実証されており、青ペンを使った学習法も話題で注目も高くなっています。

 

青色には集中力を高める効果があると言われており、セロトニンと呼ばれるホルモンが分泌されると言われています。これにより心が落ち着いて集中力が上がるため、ノートを取りながら大事な部分を強調していくことで暗記にも効果があるというわけです。

 

そんな青ペンだからこそ、日々の勉強に役立てるには使いやすさを重視した選び方が大切になります。有名メーカーの人気商品をチェックするだけでなく、持ちやすさや芯の太さ、インクの違いからデザインまでこだわることで最適な青ペンを見つけられるでしょう。

 

ここでは購入時の選び方のポイントを解説しながら、おすすめの人気青ペンをランキングで10商品まとめているのでぜひ参考にしてみてください。

青ペンの選び方

書きやすさで選ぶ

青ペンの書き心地にもインクのタイプや芯の太さで大きな違いがあり、書き味が悪いと使っていてストレスになることもあります。選び方のポイントとして、まずは書きやすさに注目してみましょう。

インクの種類と特徴

まず重要なポイントとなる書き味ですが、これは書いていてノートなどにひっかからないか、滑りすぎないかを考慮する必要があり文字の丁寧さにも繋がります。発色のはっきりした見やすい文字が書けること、インクが滲みにくいことも注意する必要があります。

 

インクのタイプは3種類あり、最もオーソドックスで強い筆圧で書いても滲みにくい油性インク、書き心地に定評があり紙の上でスラスラと動かせる水性インク、油性と水性の強みを併せ持った耐久性と書き心地が魅力のゲルインクに分類されます。

ゲルインクには2つのインクタイプがある

ゲルインクのボールペンには、顔料インクと染料インクの2種類のインクが使われています。顔料インクはノートや書類に書きこむ時に向いていて、インクの保存性や耐水性に強みがあります。一方で、染料インクは色の種類が豊富なため好みの色を見つけやすいです。

 

また、速乾性を重視する際には顔料インク、カラーによる光沢などを重視する場合には染料インクという選び方もあります。これらは、使うシーンに合わせてインクのタイプを使い分けることで便利に活用できるでしょう。

芯の太さ

芯の太さも書き心地に大きく影響するポイントです。青ペンの芯は0.3から1.0mまでありますが、シーンによってはボールペンを使い分けることも必要になります。

 

小さなスペースに文字を書きたい場合は0.3、ノートにたくさんの文字を書きたい場合は0.4、筆圧のバランスが良く文字の大きさと綺麗さにこだわりたいなら0.5、厚紙などに少し太い字を書きたい場合は0.7、イラストを描きたい場合は1.0とそれぞれ特徴があります。

 

勉強や仕事で文字を書く際におすすめなのは0.4と0.5ですが、筆圧が強いとひっかかる場合もあるので0.7も持っておくと便利です。

持ちやすさで選ぶ

青ペンに限らず、ペンは勉強や仕事で長時間使う方も多いです。長く使うからこそ手が疲れないように楽に持てるものを選ぶことが大切で、購入する際にはペンの素材にも注目してみましょう。

グリップの素材に注目

ボールペンのグリップ部分のフィット感は疲れにくさに影響する一番のポイントです。長く使っていて疲れやすい人の中には、握り方や握る強さから指を痛めてしまうという場合が多いです。

 

グリップは適度な硬さがあり親指と人差し指、中指の位置を固定してくれること、あまり力を入れなくてもペンが落ちないよう滑りにくくなっているかなどに注目しましょう。

 

さらに、筆圧の強さで悩んでいる場合はグリップの軸の太さを変えるのもおすすめで、強い場合は太く、弱い場合は細くしてみるのもおすすめです。

ペンの重さとバランス

長時間使用する場合はボールペン自体の重さのバランスにも注目してみましょう。全体のバランスがとれていると持っていて安定感も感じられ、よりなめらかに文字を書くことができます。また、軽い力でかけることから余計な筆圧も抑えられるため書きやすさが増します。

 

ゲルインクのボールペンでは特に重要で、ペンの重心が中心から先にかけてある物がバランスよく使えます。

機能性で選ぶ

ボールペンは青ペン単色で使う場合と多色を選んで使う場合に別れ、付いている機能から使いやすさも変わってきます。また、自分の好みに合うデザインにも影響するため機能性を考えることも大切でしょう。

単色と多色の違い

青ペンのみを使いたい人はインク量の多い単色ペンを購入する方が良いでしょう。しかし、青だけでなく赤や黒も使える方がいいという方もいますし、多色だと色を使い分けせずに一本で持ち歩けるというメリットもあります。

 

ペン先の出し方も変わっていて、単色ならノック式、多色ならサイドノック式が多く発売されているため好みが分かれます。このため、多色ボールペンでは好みの色のインクを組み合わせて自分に合ったボールペンが作れるのも魅力です。

デザイン性

青ペンだけの単色を使う場合には、デザイン性の高い物を買うと飽きがこずに長く使えるでしょう。単色のボールペンにもシンプルなデザインとグリップの安定感がしっかりと備わった良い商品たくさんあり、各メーカーごとに様々な種類から選ぶことができます。

 

価格が高くなるほど綺麗でスタイリッシュな物も多いですが、低価格な物でも機能面とデザイン性のマッチした物が手に入ります。デザインにこだわることで使っていて思わず自慢したくなるようなボールペンと出会えるはずです。

メーカーで選ぶ

ボールペンを選ぶ上でメーカーごとに販売されている人気商品のチェックは欠かせません。使いやすさや書き心地は人によって様々ですが、自分に合った物を長くリピートするためにも知っておくことが大切です。

ゼブラ

ゼブラはボールペンメーカーの中でも歴史が古く高い技術力が有名な会社です。青ペンを始めゲルインクの単色ボールペンも人気があり、ボールペン自体はかなり筆圧の強い人でもペンが折れない独自の技術を使って作られているのも特徴です。

 

最近ではインクが滲まずサラサラとかけるボールペンや、紙へのひっかかりを無くしペン先のブレを抑えたボールペンなどが人気を得ています。

三菱鉛筆

三菱鉛筆(uni)は数あるボールペンの中でも多くの人に愛用されている人気メーカーです。2018年には販売から60周年を迎えるなど古くからペンの開発に力を入れており、握っていて疲れないグリップやフォルムをしている物が多いのが特徴でもあります。

 

油性インクの中でもかなり満足度の高いなめらかさを持ったボールペンがあるのも有名で、はっきりとした書き味と高級感のあるデザインも人気を得ています。

パイロット

パイロットは万年筆で国内トップのシェアを誇るメーカーで、ボールペンもコスパの良い商品が多数揃えられています。油性ボールペンは手軽に購入でき、かつ実油性が高くなっていて、水性ボールペンは軽い筆圧で濃くはっきりした字を書けるよう作られています。

 

また、普段使いに便利なのはもちろんビジネス向きの落ち着いたデザインのボールペンも人気があり、使いやすさと価格の手ごろさの両方で人気を得ています。

人気の青ペンランキング10選

第10位

コクヨ(KOKUYO)

なめらか ボールペン マッハボール

価格:548円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低価格で使いやすいボールペン

こちらはコクヨから発売されているマッハボールというブランドのボールペンで、独自に開発された低摩擦の油性インクが使用されているのが特徴です。インクの発色が綺麗で、軽くて持ちやすい点となめらかで書きやすい点が魅力でもあります。

 

グリップがないためボディが細くなっていて、緩やかなカーブになっているノック部までの作りが手の疲れを低減させています。インクの滲みやかすれもないためストレスなく書けますし、コスパも良く普段使いにとても便利な一本です。

インク色軸色
第9位

サクラクレパス

水性ボールペン ボールサイン

価格:561円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

書き味の良さと綺麗な色が魅力のボールペン

こちらはサクラクレパスから発売されているボールサインというブランドのボールペンで、世界最初に開発された水性のゲルインクボールペンでもあります。水性と油性の両方の特徴を持ったゲルインクが使われており、先端のチップと合わさることで書き味が良くなっています。

 

絵具で培われた技術が使用されているためペンの発色が鮮やかで、耐水性もあるため乾いてからも滲まないようになっています。たくさん文字を書かなけれないけない場合よりは、メモなどに軽く書き残す時やイラストを描く時に役に立つでしょう。

インク色軸色
第8位

ぺんてる

水性ペン トラディオ プラマン

価格:366円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

長く愛用されている人気の万年筆

こちらはぺんてるから発売されているトラディオプラマンというブランドの万年筆で、万年筆とサインペンの特徴を合わせて作られた人気商品です。水性インクを使用しており書き心地は非常になめらかで、紙へのひっかかりもなく綺麗に文字を書くことができます。

 

ペン先がプラスチックになっておりしなりが効くため、筆のような感覚を味わうこともできます。軽く優しい筆圧で十分書けるのも魅力で、手に馴染みやすいフォルムになっているのも使いやすいポイントです。万年筆を使いたいけどペンで慣れているという方におすすめです。

インク色軸色
第7位

NaSh-Design

ゲルインキボールペン ジュースアップ

価格:140円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

細くて綺麗な文字が書けるボールペン

こちらはパイロットから発売されているジュースアアップというブランドのゲルインキボ-るペンで、人気シリーズだったジュースを細くなめらかに進化させています。なめらかな書き心地を実現するための新しい顔料、シナジーチップを搭載したペン先が特徴的です。

 

ノック式のためインクが滲みる心配もなく、またペン先は0.4mmとかなり細いです。細かいスペースはもちろん厚い紙にもしっかりかけるようになっていて、インクがしっかりと出るためスラスラと書けます。細くても書き味がはっきりしたペンを探している方にはおすすめです。

インク色軸色
第6位

三菱鉛筆

ゲルボールペン ユニボールシグノ

価格:100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使いやすさのバランスがとれたボールペン

こちらは三菱鉛筆から発売されているユニボールシグノというブランドのボールペンで、ゲルインクのボールペンの中でもペン先が細くなっているのが特徴です。インクには顔料インクが使われているため、水に滲んだり線が色あせにくく鮮やかな筆跡を残せます。

 

また、粘土の高いゲルインクにより紙の上でなめらかに書けるようになっており、0.28~0.5mmまでの細いペンなので綺麗に文字を書けると評判です。シンプルなデザインでグリップも持ちやすく、筆箱などにも収納しやすいため普段使いにおすすめです。

 

インクの詰まりやペン先が折れることがないのも魅力です。

インク色軸色
第5位

PILOT

消せる4色ボールペン フリクションボール4

価格:587円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

こするだけで消せる便利なボールペン

こちらはパイロットから発売されているフリクションというシリーズのボールペンで、書いた文字を何度でも消せるように作られているのが特徴です。1本で4色を使い分けることができ、消した箇所に書き直せるので利便性の高さが評価されています。

 

文字を消すのはボールペンのラバーで擦るだけでよく、摩擦熱で筆跡を無色に変えるため消しカスのようなゴミも生まれません。また、消し残りも少ないためノートや書類に書きこむのに役に立ちます。ペン先も細いので細かい部分にも問題なく使えるのも便利です。

 

多色のフリクションは3色のボールペンも人気ですが、4色でもペン自体の太さは変わらないですし色分けできるためおすすめです。筆圧が強くてもペン先が潰れる心配もなく、さらさらと書けるのでぜひ一度試してみてください。

インク色黒、赤、青、緑軸色ブラック
第4位

ぺんてる

ゲルインキボールペン エナージェル・エックス

価格:68円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

かすれないなめらかさが魅力のボールペン

こちらはぺんてるから発売されているエナージェルというブランドのボールペンで、ゲルインクによるくっきりとした書き味とインクの速乾性が特徴です。文字を書いた際に出るインクがゲルから液体へ変化するスピードが早いため、従来の物よりもかすれないなめらかさが実現されています。

 

また、高発色の着色剤を使っているためクリアで鮮明な筆跡を残すことができ、インクが素早く浸透するため速乾性にも優れています。軽く握りやすいのはもちろん、軽い力でストレスなく書けるので慣れてしまうと使い続けるという方が多いです。

 

他のブランドと比べると青色の発色が良いと評価されていて、ペン先が少し太いため文字の見易さを重視する方におすすめです。価格も安いので一度購入して試してみるのもよいでしょう。

インク色軸色
第3位

三菱鉛筆

油性ボールペン ジェットストリーム

価格:98円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃価格の定番ボールペン

こちらは三菱鉛筆から発売されているジェットストリームというブランドのボールペンで、価格と書きやすさの両方で高い評価を得ています。多色の多機能ペンも人気ですが、単色でもシンプルで綺麗なデザインになっているため一本は持っているという方が多いです。

 

グリップは適度な硬さで安定感があり、ノック式のバネもしっかりしているためとても使いやすいです。筆箱にも入りやすい大きさですし、クリップも付いているので持ち運びが便利なのも良い点です。

 

迷ったらこれと言えるほど定番になっており、特に赤ペンや青ペンは学生から社会人まで広く愛用されています。手に入りやすいので壊れたりインクがなくなってもすぐに買い替えられるのも魅力です。

インク色軸色
第2位

ZEBRA(ゼブラ)

ジェルボールペン サラサクリップ

価格:759円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

なめらかな書き心地が特徴のボールペン

こちらはゼブラから発売されているサラサクリップというブランドのボールペンで、ジェルインクによるさらさらとしたなめらかな書き心地が特徴です。インクには顔料インクが採用されており、文字の耐水性と耐光性にも優れています。

 

ボールペンの種類は0.3から1.0mmのボール径と56色のインクが揃っていて、ノートや手帳だけでなくイラストやあて名書きでも使用することができます。また、可動式のバインダークリップが付いていることでボードなどにも挟みやすく、クリップ自体が折れるリスクも少ないです。

 

一本の価格は100円ほどで買えるので気軽に試せるのも魅力で、たくさん使ってもインクが滲まず濃いはっきりとした筆跡が残ります。まとめ買いなら急なインク切れにも対応できますし、種類の多さを活かしてシーンごとに使い分けられるのでおすすめです。

インク色軸色
第1位

三菱鉛筆

多機能ペン ジェットストリーム

価格:483円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

書きやすさを追求して作られたボールペン

こちらはジェットストリームの中でも多色で高機能なのが特徴で、4色の油性ボールペンとシャーペンがセットになった多機能ペンです。筆圧が低い人でもなめらかにはっきりと書ける低摩擦インクが採用されていて、使いやすさに定評があります。

 

強い力で度も紙に書く必要がなく、速乾性も高いことから書く際のストレスが低減されます。また、文字がかすれたりインクが逆流したりすることもないため安心して使い続けられます。グリップがべたつかずにソフトに握れることから筆記疲れしにくいことも魅力です。

 

一本であらゆる場面に対応できるのも特徴で、重量も軽く見た目もシンプルなため持っていると役に立ちます。また、価格以上の使い心地を感じられることからプレゼントにも選ばれています。

インク色黒、赤、青、緑軸色ネイビー

青ペンのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4903563の画像

    三菱鉛筆

  • 2
    アイテムID:4903566の画像

    ZEBRA(ゼブラ)

  • 3
    アイテムID:4903565の画像

    三菱鉛筆

  • 4
    アイテムID:4903571の画像

    ぺんてる

  • 5
    アイテムID:4903582の画像

    PILOT

  • 6
    アイテムID:4903711の画像

    三菱鉛筆

  • 7
    アイテムID:4903713の画像

    NaSh-Design

  • 8
    アイテムID:4903836の画像

    ぺんてる

  • 9
    アイテムID:4903803の画像

    サクラクレパス

  • 10
    アイテムID:4903835の画像

    コクヨ(KOKUYO)

  • 商品名
  • 多機能ペン ジェットストリーム
  • ジェルボールペン サラサクリップ
  • 油性ボールペン ジェットストリーム
  • ゲルインキボールペン エナージェル・エックス
  • 消せる4色ボールペン フリクションボール4
  • ゲルボールペン ユニボールシグノ
  • ゲルインキボールペン ジュースアップ
  • 水性ペン トラディオ プラマン
  • 水性ボールペン ボールサイン
  • なめらか ボールペン マッハボール
  • 特徴
  • 書きやすさを追求して作られたボールペン
  • なめらかな書き心地が特徴のボールペン
  • お手頃価格の定番ボールペン
  • かすれないなめらかさが魅力のボールペン
  • こするだけで消せる便利なボールペン
  • 使いやすさのバランスがとれたボールペン
  • 細くて綺麗な文字が書けるボールペン
  • 長く愛用されている人気の万年筆
  • 書き味の良さと綺麗な色が魅力のボールペン
  • 低価格で使いやすいボールペン
  • 価格
  • 483円(税込)
  • 759円(税込)
  • 98円(税込)
  • 68円(税込)
  • 587円(税込)
  • 100円(税込)
  • 140円(税込)
  • 366円(税込)
  • 561円(税込)
  • 548円(税込)
  • インク色
  • 黒、赤、青、緑
  • 黒、赤、青、緑
  • 軸色
  • ネイビー
  • ブラック

まとめ

ここまでおすすめの人気青ペンランキング10選を紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。人気の商品は各メーカーごとに共通する特徴も多く見られますが、使う人によって書きやすさや購入した後の満足度は変わってくることが多いです。

 

自分に合った青ペンを見つけるためにも、選び方に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ