記事ID134553のサムネイル画像

【2015年直木賞受賞作家】西加奈子の小説おすすめランキング10選

2015年「サラバ」で直木賞を受賞した西加奈子さんは、これまで数多くの作品が出版されてきました。いざ、西加奈子さんの本を読もうと思ってもどれがおすすめ作品なのか迷ってしまう方も多いと思います。今回は西加奈子さんの作品の中で特におすすめする小説を紹介します。

【直木賞受賞作家】西加奈子の魅力溢れる作品集

西加奈子さんと言えば2015年に「サラバ」で第152回直木三十五賞を受賞した作家として一躍有名になりました。直木賞受賞会見の席では「プロレスから勇気をもらった」という発言が話題になり、それまで小説に対して興味が無かった方も西加奈子さんの作品を読んでみたい。と思った方も多いと思います。

 

西加奈子さんはイラン・テヘラン生まれで、エジプトのカイロで過ごすと、小学6年生の頃にに渡日しました。そこからは大阪で過ごすことになりましたが、テレビやラジオでも大阪人っぷりを発揮することが多く、小説家とは思えないトーク力も人気です。

 

幼少期から経験豊富な人生を送ってきたからこそ、魅力的な文章が書けると言われています。今回は西加奈子さんのおすすめ小説を10作品ご紹介します。

【ココが重要】西加奈子作品の選び方

カテゴリーから選ぶ

直木賞を受賞した西加奈子さんの作品はどれも素晴らしい作品ばかりです。これまで多くの作品を出版されてきた西加奈子さんですが、実は小説だけではなくエッセイや絵本なども執筆されています。

 

お気に入りの作者から読む本を選ぶ人もいれば、本のカテゴリーから気になった作品を読む方も多いと思います。ここでは、西加奈子さんの代表的なジャンルである「小説」「エッセイ」「絵本」について紹介していきます。

 

 

小説

西加奈子さんの作品を楽しむ上で外せないのが「小説」です。西加奈子さんの作品の多くは家族や身近な人間をモチーフにしたものです。独特な文章のリズムに引き込まれて、あたかも自分がその場所に立っているかの様な錯覚に陥ります。

 

人間描写を描くのがとても上手で、感情移入をしながら読める作品ばかりなので、西加奈子さんの作品を読んだ方の多くが「自分の周りの人間関係を見つめ直すきっかけになった」「心を見透かされている様な感覚になって面白い」と、大絶賛されています。

 

一見、難しそうな内容に思われがちですが、とてもユーモアがあり、読書が苦手な方でも「これは面白い」と感じる作品ばかりです。読みやすさも非常に人気なので、小説は全ての人におすすめです。

エッセイ

西加奈子さんは1997年生まれの41歳で、小学生の頃は海外に住んでいた経験もあります。そんな西加奈子さんは自分の経験を題材にしたエッセイも出版しています。直木賞を受賞した人がどんな事を考えているのか?など気になる方はエッセイ作品をおすすめします。

 

西加奈子さんは、かつて「技術はあるけど感情がない」と言われ、「書きたくなるまで感情を溜めないとだめだ」と半年ほど作品を書くのを一切辞めたそうです。その期間に閃いたイメージから数多くのヒット作品を生み出したのです。

 

大阪の生活を投げうって身一つで東京に移り住んだ経験などから、様々な葛藤を抱いてきたと思います。嘘偽りなく、西加奈子そのものを浴びたいという方はエッセイ作品がおすすめです。

絵本

西加奈子さんは小説やエッセイ本だけではなく、絵本も出版されています。文と絵も西加奈子が描いており、可愛いイラストが子どもから人気になっています。話の構成も非常に考えられており、時々ユニークな表現でこど子どもの笑いを誘っています。

 

色遣いが独特でカラフルに仕上がっているので、お子さんも最後まで飽きずに読む事ができます。あえて漢字を多く使っていることで気になる漢字を自分で調べるという勉強にもなります。もちろん全ての漢字にふりがながふってあるので、親戚の子どもへのプレゼントとして選ばれています。

 

 

作品のタイプで選ぶ

現代はインターネットが普及したことにより、スマートフォンやタブレットなどで本や漫画、映画を観ることが出来る時代になりました。小説の時代の流れに乗り、KindleやiPadを利用した電子タイプの作品を楽しめるので非常に便利な時代になりました。

 

通勤や通学、休憩時間など隙間時間に作品を楽しむ方にとっては、やはり手軽でコンパクトさが重要になっています。西加奈子さんの作品でも「文庫本」「映画」など、様々な種類で出版されているので、自分の生活スタイルに合わせたものを選ぶことをおすすめします。

文庫本

「読書」と言ったら、やはり従来の縦書きスタイルである「文庫本」ですよね。文字が縦書きで、紙の厚みを感じながら本を読むのは至福のひと時と感じる方も多いです。読み応えがあるので、時代が進んでも文庫本の人気は衰えることはありません。

 

西加奈子さんの作品の魅力と言えば、文章から溢れ出る人間味によって心が浄化されることです。そんな小説を片手にカフェでコーヒーを嗜む時間もまた贅沢に感じるでしょう。残りのページ数を指で感じながらドキドキできるのは「文庫本」の良さです。

 

また、電子書籍の場合はスマートフォンやタブレットで読むことになるので、どうしても液晶画面から放たれるブルーライトが原因で、目が悪くなったり疲れたりします。長時間スマートフォンを見続けるのがツライと思っている方は、紙の文庫本をおすすめします。

映画

西加奈子さんが2015年に出版した小説の「きいろいゾウ」は、あまりの人気から映画化される事になりました。宮崎あおいさんと向井理さんが出演していることで映画も大ヒットをしました。

 

映画では小説では描けなかった部分やオリジナルストーリーが盛り込まれているので、新たな楽しみ方ができます。「小説は苦手で最後まで読んだ事がない」という方には映画化されているシリーズをおすすめします。

 

また、映画を観てから原作である小説を読むと、それぞれ違う表現などをされているところが分かるので、映画がきっかけで読書にハマる方も多いです。

受賞作品から選ぶ

西加奈子さんは過去に「直木賞」「咲くやこの花賞」「織田作之助賞」を受賞しています。数多くの作品の中からそれぞれの審査員が選び受賞した作品になっているので、好みが分かれると思いますが、どれも読みやすく楽しめる作品が多いです。

 

西加奈子作品に迷ったら、まずは受賞作品の中から選んでみるのもおすすめです。

直木賞

直木賞は、正式名称「直木三十五賞」と言われており、通称の直木賞という名前で親しまれています。芥川賞とならび、世間でもよく注目の的になる文学賞の一つです。発表の際は、テレビなどのメディアで取り上げられることも多い賞です。直木賞はかつては主に新人に対する文学賞でしたが、現在は作者の経歴関係なく受賞対象となっています。

 

西加奈子さんは2015年に「サラバ」という作品で直木賞を受賞しています。これがきっかけで多くの書店に並ぶようにもなりました。

咲くやこの花賞

咲くやこの花賞(さくやこのはなしょう)は、大阪市が大阪から世界に文化人を発信し、また大阪文化の振興・発展を目指すために設けている賞です。西加奈子さんは2011年に受賞をしました。

 

テレビやラジオでも関西弁で話す姿が印象的で、常に自分自身を曲げない姿が同性からも憧れられています。当時は賞金30万円が贈呈されていましたが、橋下徹知事時代の2012年に廃止廃止されました。

 

 

織田作之助賞

織田作之助賞(おださくのすけしょう)は、「織田作之助賞実行委員会」が主催する文学賞です。大阪生まれの作家・織田作之助の生誕70年を記念して、1983年(昭和58年)に創設されました。

 

大賞は第26回(2009年)までは舞台、登場人物、題材などが関西(近畿2府4県)に関わりのある小説・随筆・評論・評伝の単行本を授賞対象としていました。第27回(2010年)以降は、その限定をはずし、対象作品を「新鋭・気鋭の小説」とするようになりました。

 

受賞者には賞金100万円が与えられるほど名誉ある賞で、西加奈子さんは2007年に「通天閣」で織田作之助賞を受賞しました。

【直木賞受賞作家】西加奈子のおすすめ小説ランキング10選

第10位

筑摩書房

ミッキーかしまし

価格:326円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

関西人の魅力を盛り込んだクスッと笑える1冊

「ミッキーかしまし」西加奈子さんのエッセイ作品になります。本書を読んだ方からは「関西人最高」「読んでよかった」と絶賛するコメントが寄せられています。小説が有名な西加奈子さんですが、このエッセイを読むと西加奈子さんの脳内を覗いているようで面白いです。

 

作品中の中で繰り広げられる会話の軽妙さは特筆もの。ツッコミの早さはもちろん、大阪女子特有の“笑いへの転換力”も味わえます。カンであることばかりがクローズアップされる大阪女子ですが、それだけに留まらない魅力があることが分かります。

 

このエッセイを通して、関西人の魅力に気づけるかもしれません。

カテゴリーエッセイ作品のタイプ文庫本
第9位

ポプラ社

i

価格:1,620円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

発売前から話題騒然。期待を裏切らない1作

「i」では現代の孤独な主人公が描かれています。彼女の目線を通し、日々世界中で起こっている、惨く悲しい現実が無数に表現されている物語です。

 

又吉直樹さんは、「世界で起きている惨事は過去の話ではないのです。残酷な現実に対抗する力を、この優しくて強靭な物語が与えてくれました」と本書の帯に寄せています。

 

内戦や紛争のない日本で、渦中にいる人の痛みや苦しみを理解することは難しいですよね。「わざわざ理解しようとしなくていい」と思う方も多いですが、「i」は、そこに向き合うための鍵を渡してくれるのです。非常に勇気がでる物語になっています。

 

 

 

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第8位

朝日文庫

ふくわらい

価格:626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

読み手を選ぶ作品 独特の雰囲気が包み込む

「ふくわらい」は、第1回「河合隼雄物語賞」に選ばれています。その賞の受賞作を決めるにおいて、選者である小説家・上橋菜穂子さんは本作品を「物語としてしか命を持ちえない作品」と評しました。

 

初めて西加奈子さんの作品を読む方にとっては非常に理解できないような内容になっています。そのため「あらすじ」だけでは本作品を語るのが出来ないのです。言葉以外のイメージで表現しなければ伝えられない、どう伝えてもこぼれてしまうものが残るような感覚です。

 

まさしく読んで見ないと分からないという作品で、西加奈子さんファンの中でも賛否が分かれています。

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第7位

ちくま文庫

通天閣

価格:626円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

第24回織田作之助賞受賞

冬の大阪ミナミの町を舞台にして、若々しく勢いのある文体で、人情の機微がていねいに描かれています。西加奈子さんならではの語り口に、最初から最後までグイグイと引き込まれるように読み進めることができます。

 

クライマックスでは深い感動が訪れること間違いなし。このしょーもない世の中に、救いようのない人生に、ささやかだけど暖かい灯をともす絶望と再生の物語になっています。第24回織田作之助賞受賞をした作品です。

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第6位

講談社文庫

舞台

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

自分を演じるのはもう辞めないか。

舞台は、自意識過剰な青年が海外での事件をきっかけに世界のミカタを変える成長物語です。主人公29歳の葉太は、父の遺産でニューヨークへ一人旅の行くのですが、自分がどう見られているかが気になり、旅を楽しめないのです。

 

人から見られていないのに見られていると勘違いする「自意識過剰」な一面は、現代の若者にも通ずる部分があり、決して他人事としては読めない作品です。誰でも自分を大きく見せようと演じることはありますが、じゃあそれが何になるのか。人生の歩み方を考えさせられます。

 

 

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第5位

筑摩書房

おまじない

価格:1,404円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

あなたを救ってくれる言葉が詰まっているかも...

「おまじない」は全8作の短編集になっています。主人公は全員女の子で、少女やファッションモデル、キャバ嬢、妊婦など様々な人生を歩んでいる女性を取り上げています。それぞれ心に深い悩みを抱えています。

 

世間の目や社会の価値観に押しつぶされながらも懸命に生きる彼女たちが「おじさん」の何気ない一言で救われていく物語です。西加奈子さんが作品を通して女性に応援メッセージを送っているように思える内容です。

 

長編作品に引けを取らない本作品は、現代に生きづらさを感じている女性に「おまじない」をかけてくれるでしょう。

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第4位

小学館文庫

さくら

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

26万部突破のロングセラー

「さくら」は、26万部突破のロングセラー作品です。両親、三兄弟の家族に、見つけてきたときに尻尾に桜の花びらをつけていたことから「サクラ」となづけられた十二歳の老犬が一匹。どこにでもいそうな家族に、大きな出来事が起こる物語です。

 

西加奈子さんの独特な文章表記で、人間模様が描かれており、「愛のある嘘とは何か」という事を読者に問いかけているに感じる作品です。同性や兄弟間の恋についても描かれているところから西加奈子さんらしさが全面に出ていると感じます。

 

これを読んだら家族のことがもっと好きになるかもしれません。そんな愛と勇気をもらえる内容になっています。

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第3位

小学館文庫

きいろいゾウ

価格:710円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原作・映画ともに大ヒット

田舎で暮らすムコさんとツマの日常を描いた作品です。とてもゆったりふんわりした日々に憧れを抱くでしょう。「夫婦の愛の物語」とも言える内容で、お互いがお互いを思いやって愛しいと思うことの大切さを感じられます。

 

本の中から2人の距離感、会話の内容、思考、雰囲気などが鮮明に頭に浮かんできて、自分が実際に2人の生活を上から覗いている様な感覚を味わえます。作中にある「きいろいゾウ」という話が伏線で綺麗に交わっています。

 

平和ボケをしている様なハッピーな話だけではなく、心苦しい様なシーンも描かれており、終始、西加奈子さんに感情をコントロールされている気持ちになります。「愛」を感じる作品です。

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第2位

小学館文庫

サラバ

価格:659円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直木賞受賞作品 西加奈子の最高傑作

本作品の物語は主人公・歩の1人称で進んでいきます。序盤では歩が赤ちゃんの時のシーンで、まるで赤ちゃんが語っているかのような表現で読者の心を掴んでいきます。。歩は赤ちゃんの頃から達観しているような子で、周りに溶け込むのがすごく上手い。対して姉の貴子はマイノリティであることに重きを置く自我の塊のような性格です。

 

直木賞を受賞した本作品は上・下巻で分かれています。そのため上巻から読む事をおすすめします。歩と歩の姉の姿を見ていると、自分の人生と重ねてしまうようで、生き方について非常に考えさせられる作品に仕上がっています。

 

人生の目を背けたくなる事実にも真剣に向き合ってる内容で、1人1人に色があり、見る角度によって様々に変わる。「信じるものを人に決めさせてはいけない」この言葉が多くの読者に心を動かしています。

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本
第1位

幻冬舎文庫

漁港の肉子ちゃん

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

笑って泣いて...西加奈子にハマる1冊

男にだまされた母・肉子ちゃんと一緒に、肉子ちゃんは漁港の焼肉屋で働いている。太っていて不細工で、明るいキクりんは、そんなお母さんが最近少し恥ずかしいと感じています。ちゃんとした大人なんて一人もいない。それでもみんな生きている。港町に生きる肉子ちゃん母娘と人々の息づかいを活き活きと描き、そっと勇気をくれる作品です。

 

「肉子ちゃんの話し方にイライラする」「肉子ちゃんが好きじゃない」一見、作品を卑下するようなコメントですが、思わず感情移入してしまうほど読者を作品に入り込ませる西加奈子さんの表現力が素晴らしいです。

 

「肉子ちゃんがイライラする」とコメントを寄せていた方の多くが5点満点の評価をつけています。登場人物の心の変化を鮮明に描きながら、読者を置いていかないような文章表現に圧巻です。これを読んだ人はこぞって西加奈子さんの大ファンになっています。

カテゴリー小説作品のタイプ文庫本

西加奈子のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4902810の画像

    幻冬舎文庫

  • 2
    アイテムID:4902813の画像

    小学館文庫

  • 3
    アイテムID:4902819の画像

    小学館文庫

  • 4
    アイテムID:4902822の画像

    小学館文庫

  • 5
    アイテムID:4902828の画像

    筑摩書房

  • 6
    アイテムID:4902860の画像

    講談社文庫

  • 7
    アイテムID:4902875の画像

    ちくま文庫

  • 8
    アイテムID:4902883の画像

    朝日文庫

  • 9
    アイテムID:4902886の画像

    ポプラ社

  • 10
    アイテムID:4902892の画像

    筑摩書房

  • 商品名
  • 漁港の肉子ちゃん
  • サラバ
  • きいろいゾウ
  • さくら
  • おまじない
  • 舞台
  • 通天閣
  • ふくわらい
  • i
  • ミッキーかしまし
  • 特徴
  • 笑って泣いて...西加奈子にハマる1冊
  • 直木賞受賞作品 西加奈子の最高傑作
  • 原作・映画ともに大ヒット
  • 26万部突破のロングセラー
  • あなたを救ってくれる言葉が詰まっているかも...
  • 自分を演じるのはもう辞めないか。
  • 第24回織田作之助賞受賞
  • 読み手を選ぶ作品 独特の雰囲気が包み込む
  • 発売前から話題騒然。期待を裏切らない1作
  • 関西人の魅力を盛り込んだクスッと笑える1冊
  • 価格
  • 648円(税込)
  • 659円(税込)
  • 710円(税込)
  • 648円(税込)
  • 1404円(税込)
  • 594円(税込)
  • 626円(税込)
  • 626円(税込)
  • 1620円(税込)
  • 326円(税込)
  • カテゴリー
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • 小説
  • エッセイ
  • 作品のタイプ
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本
  • 文庫本

まとめ

今回は、直木賞受賞作家である西加奈子さんのおすすめ小説をご紹介しましたが、いかがでしたか?西加奈子さん独特の文章表現がとても豊かで、引き込まれてしまう感覚を味わえます。

ぜひ、お気に入りの作品になる1冊を探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ