記事ID134535のサムネイル画像

【車載するには必需品!】大人気のおすすめラダーレール10選

バイクを趣味にしているとバイクレースや不動車を運ぶ時など車載するため必要となるラダーレール。この記事ではラダーレールのおすすめの選び方と、人気のラダーレールのおすすめランキングをご紹介しています。是非参考にしてみて下さい。

バイクを車載するにはラダーレールが絶対に便利

バイクを趣味にしているとバイクを車載したくなる時があります。レース仕様のバイクはもちろんですが、バイクの調子が悪く自走するのがためらわれる場合や、不動車のバイクを譲り受ける場合など。

 

目的地がバイク屋であればお店に連絡すれば引き取りに来てくれますが、自走出来ない状態のバイクを自宅まで運ぶのであれば自力で運ぶ必要があります。原付くらいであれば車体を持ち上げて車に載せることも出来ますが、中型車以上では持ち上げるのは困難です。

 

そんな時に便利なのがラダーレール。車の荷台にはしごをかけることでバイクを押して歩く要領で車載出来る便利アイテムです。一言でラダーレールと言ってもその種類は実に様々。この記事ではラダーレールの選び方とおすすめラダーレールのランキングをご紹介します。

ラダーレールの選び方

ラダーレールの性能で選ぶ

ラダーレールには様々な製品があります。ここではラダーレールの性能から選び方をご紹介します。

ストレート形状と湾曲形状

ラダーレールの形状は大きく分けて2つに分けられます。一般的なストレート形状とバイクの積載に特化した湾曲形状です。その特徴は以下の通り。

 

ストレート形状は名前の通り一直線の形状をしたもの。昔ながらのラダーレール形状です。車重の軽いバイクであればこちらでも問題なく、ラダーレールの重量や大きさを抑えたいのならこちらがおすすめ。

 

湾曲形状は緩やかにラダーレールが湾曲しており、荷台に載せる時に地面に対して平行に近くなっているもの。安定して荷台に載せることが出来るため楽に積み下ろしが可能です。ラダーレールが多少大きく・重くはなるものの、大型バイクなど車重のあるバイクで使用したい場合はこちらの湾曲型がおすすめ。

有効長が長いほど傾斜が緩くなり積み下ろしが楽になる

ラダーレールの長さは製品によって千差万別です。長いものは2メートルを大きく超えるものから、短いものは1メートル程度のものまで。長ければ長いほど車に設置した時の傾斜が緩やかになるためバイクを押して積み下ろしがしやすくなります。

 

ただしラダーレールが長ければその分重量が増えてしまいますし、車に載せられる長さにも限界があります。

 

車重の重いバイクに使用するのには可能な限り長いラダーレールが楽に積み下ろしができおすすめです。小排気量車などの車重の軽いバイクでは1.5メートルもあれば十分実用的に使用可能です。

折りたたみ式なら車に積みやすく有効長も稼げる

ラダーレールはなるべく長いものがおすすめですが、車に積載出来る長さには限界があります。そんな時に便利なのが折りたたみ式のラダーレールです。

 

実際の製品を例にすると、キジマの折りたたみ式ラダーレールは伸ばした時の全長が2100mm。軽トラックの荷台の長さは2メートルほどなので伸ばした状態では真っ直ぐは載せられません。折りたたんだ時の長さは1140mm。この長さであれば楽に軽トラックの荷台にバイクを積んでいても空きスペースにラダーレールを載せることが可能です。

 

折りたたみ式で心配になるのは剛性ですが、折りたたみ式ラダーレールの中には折りたたみの可動部位の下にスタンドを搭載しているものもあります。地面に重量を逃がすため車重のあるバイクでも安定して積載することが可能です。

ラダーレールの耐荷重は余裕を持つのがおすすめ

ラダーレールには製品ごとにそれぞれ耐荷重が設定されています。ラダーレールを安全に使うために積載可能な重量です。

 

耐荷重はなるべく余裕をもって選びましょう。耐荷重200kgのラダーレールに200kgのバイクを載せるのは正直心もとないです。一度きりならまだしも、常用するには耐荷重がもっと上のラダーレールを使用することをおすすめします。

 

頻繁には使わないからと耐荷重より重いバイクを積載するのは絶対に辞めましょう。脱落事故の原因になりますし、バイクの下敷きになることがあれば大怪我の可能性もあります。バイクの重量を確認して耐荷重に余裕のあるラダーレールを使用しましょう。

ラダーレールの2本掛けがおすすめ

ラダーレールを使用する時には押す人間とバイクとに高低差が生じます。ブロック塀などで足場を作れば多少は改善するものの、それでも高低差を完全に無くすのは難しいことです。高低差があると力が入れづらく、普段取り回しに慣れているバイクでも積み下ろしに苦労してしまいます。

 

そこでおすすめなのが、ラダーレールの2本使用です。バイクと自分に高低差が無いため感覚的には坂道を押して歩く状態に近くなります。

 

ラダーレールの2本使用は安定感があるため、積み下ろしに慣れていない人におすすめです。特に1人で積み下ろしを考えている場合、脱落事故などを起こさないためにもラダーレールの2本使用をおすすめします。

ラダーレールの爪形状で選ぶ

ラダーレールの爪部分には主に3つの形状があります。ここではそれぞれの特徴と選び方をご紹介します。

幅広い車種に対応するツメ式

ツメ式とは名前の通りラダーレールから2本か3本のツメが伸びており、車の荷台に立てかけ使用します。多くの製品でツメにゴムのカバーが着けられていて、滑り止めと荷台への傷防止対策もされています。

 

ツメ式のラダーレールを使用する時には必ずタイダウンベルトなどで車とラダーレールを固定して使用しましょう。固定せずに使用すると積み下ろしの作業中に万一ラダーレールが外れてしまった場合事故の原因となります。

 

ツメ式のラダーレールのメリットはどんな車種にでも使用出来ること。ワゴン車などバイクの積載が想定されていない車で使用出来るのが一番のメリットで、バイクを積むスペースのある車であればどんな車種でも使用可能です。

どんな車にも適応するベロ式

ベロ式とは爪部分が薄い板状になっている製品のことです。製品によっては裏面にラバー素材が使用されており、滑り止めの効果と車への傷防止対策が施されています。

 

ベロ式もツメ式と同じく基本的には立てかけているだけで固定されていないため、使用する時には車とラダーレールをタイダウンベルトなどで固定する必要があります。荷台にベニヤ板などを敷いて、荷台とベニヤ板の間にベロを差し込んで使用する方法もあります。

 

ベロ式のメリットはツメ式と同じく様々な車種に対応できることと、爪部分がフラットなので積み下ろし時にタイヤがぶつかってラダーレールが動いてしまう心配がないこと。ツメ式と比べると安心感という意味では完全に好みですが、積み下ろしのしやすさではベロ式にやや分があります。

限られた車種でしか使用できないがしっかりと固定できるフック式

最後に、爪部分がフック形状になっており荷台に引っ掛けることが出来るのがフック式です。トラックの荷台など使用出来る車が限られますが、フックで固定されるためラダーレールが脱落する可能性が低く、安心感があるのがフック式の特徴です。

 

軽トラで使用されることが多いためか、全長が2メートル以下のものが多いです。耐荷重も軽トラ向けに軽めのものが多いため、大型バイクなど車重のあるバイクで使用する場合は長さと耐荷重を確認しましょう。

 

固定しやすく、安全性が高いのがフック式のメリット。使用出来る車に乗っている場合は真っ先に検討してもらいたいラダーレールです。ただし使用できる車が少なすぎるためか、製品が少ないというデメリットもあります。

ラダーレールの人気ランキング10選

ここからは実際にラダーレールのおすすめ人気ランキングをご紹介します。どれも実績のある高評価なものばかりです。是非参考にして下さい。

第10位

キジマ

トランポ用ラダーレール

価格:24,717円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハーレーなどの大型バイクも想定した頑丈さ

バイク用品メーカーキジマのトランポ用ラダーレールが第10位にランクイン。キジマは東京都に本社を置くバイク用品メーカーで創業60年以上の老舗。やや高価ですが値段に見合う品質と使いやすさが人気の定番ラダーレールです。

 

全長は2100mm、幅は308mm。耐荷重は339kgとほとんどのバイクに対応しています。形状は緩やかな湾曲型でストレート形状と比べて楽にバイクの積み下ろしが可能です。

 

爪形状はツメ式でトラック以外にも様々な車に対応可能。ラダーレールの脱落を防ぐ専用ベルトも付属しており、安心して使用することが出来ます。ラダーレールには珍しくシルバーとブラックの2色が展開されていて好みのカラーリングを選択することが可能。

全長2100mm308mm
耐荷重339kg爪形状ツメ式
第9位

W-CLASS

ラダーレール スチール

価格:6,000円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小排気量車におすすめのシンプルなラダーレール

第9位にはW-CLASSのスチール製ラダーレールがランクイン。ストレート形状で中央部には滑り止め加工、非常にシンプルですがこれで十分という人も多いのではないでしょうか。全長は1930mmと短め、幅は225mmとなっていますが滑り止め加工がされている部分の幅は200mmとなっています。

 

耐荷重が227kgまでのため400ccのバイクや軽めの大型バイクであれば対応できそうですが、全長が短めのストレート形状のため積み下ろし時のバイクに角度がついてしまいます。重いバイクを積載する時には2人以上で作業することをおすすめします。

 

車に固定する爪形状はフラットなベロ式。トラックだけでなく様々な車種で使用できます。販売価格は税込み6000円で送料無料。更にお得な2本セットの商品も11700円で販売しています。

全長1930mm225mm
耐荷重227kg爪形状ベロ式
第8位

GARAGE COLLECTION

折りたたみアルミラダーレール 2本セット

価格:14,500円(税込)

楽天で詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車体に固定するタイダウンベルト付きで送料無料!

第8位には楽天市場で販売するGARAGE COLLECTIONの折りたたみアルミラダーレール 2本セットがランクイン。一見して変哲のない至って普通のラダーレールですが長さ2250mmで湾曲したラダーレールはバイクの積み下ろしに最適で、耐荷重も340kgとほとんどの大型バイクにも対応しています。

 

全長は長めですがスタンドが付いているため大型バイクの積載時にもしなりが少なく、安定してバイクの積み下ろしが出来ます。車に固定する爪部分はツメ式でトラックだけでなく様々な車体に対応可能です。

 

アルミラダーは大型商品のため追加の送料がかかることが多いのですが、この商品は2本セットでも送料無料で販売されています。ツメ式のラダーレールで必須とも言えるタイダウンベルトも付属しているためコストパフォーマンスに優れるラダーレールです。

全長2250mm280mm
耐荷重340kg爪形状ツメ式
第7位

WEIMALL

折りたたみ式 アルミ ラダーレール

価格:8,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フック式でしっかりと固定

第7位にはWEIMALLの折りたたみ式 アルミ ラダーレールがランクイン。全長1830mm、幅250mm、耐荷重は200kg。大型バイクには向きませんが中型までのバイクであれば多くの車種で使用できます。

 

ラダーの端が若干高くなっているためタイヤが横滑りして脱落するのを防いでくれます。表面にはデコボコの滑り止め加工も施されています。

 

爪部分はフック式。使用できる車種は限られますがラダーレールが外れてしまう可能性が少なく安心して使用することが出来ます。耐荷重200kgにフック式と条件が揃わなければ使えませんが、条件が揃っているのであれば是非使ってほしいアルミラダーです。

全長1830mm250mm
耐荷重200kg爪形状フック式
第6位

W-CLASS

折りたたみラダーレール スチール製

価格:7,899円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

3つ折りでコンパクトに収納可能

W-CLASSの折りたたみ型ラダーレールが第6位にランクイン。やや湾曲した形状で中央部には滑り止め加工が施されています。全長は1930mmと短めで、幅は255mm。耐荷重は340kgと大型バイクにも対応しています。

 

一番のおすすめポイントは3つ折りということ。一般的なラダーレールは折りたたんでも1m以上あるものも少なくありません。本商品は3つ折りのため畳んだ時の全長は900mmとコンパクトで車のトランクにも楽に収納できます。更に折りたたんだ状態でカースロープとしても使うことが出来ます。

 

車に固定する爪形状はフラットなベロ式。トラックだけでなく様々な車種に対応しています。販売価格は税込み7899円で送料無料。車にラダーレールを固定するチェーンも付属しています。

全長1930mm255mm
耐荷重340kg爪形状ベロ式
第5位

シンセイ株式会社

アルミブリッジ

価格:15,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐荷重250kgのフック式

第5位にはシンセイのアルミブリッジがランクイン。非常にシンプルな形状で全長は1800mm。幅は300mm。耐荷重は250kgと大型バイクでも軽量な車種であれば問題なく使用できそうです。

 

爪形状がフック式のため使用できる車が限られますが、ベロ式と比べてずれる心配が少なく安心して使用できます。ほとんどのラダーレールが折りたたみですが、本商品は折りたたみではなく完全なストレート形状。軽トラックの荷台の長さは約2000mmなので問題なく積むことが出来ます。

 

2本で1セットの商品です。フック式のラダーレールで大型バイクでも使用出来るある程度の耐荷重も欲しいという人におすすめのラダーレールです。

全長1800mm300mm
耐荷重250kg爪形状フック式
第4位

toolsisland

アルミラダーレール 2本セット

価格:9,990円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中型車以下の車重が軽いバイクにおすすめ

toolsislandのアルミ ラダーレール 2本セットが第4位にランクイン。全長は1500mmと短め。幅は214mmで最大195mmまでのタイヤ幅に対応しています。耐荷重は1本あたり最大200kgと最大で中型バイクまで対応しています。

 

何と言ってもメリットはその軽さ。2本で約7kgと一般的なアルミラダーレールの半分近い軽さです。耐荷重が低めなのと全長が短いためバイクに角度がついてしまうため小排気量のバイクやオフロードバイクなどの車重の軽いバイクに適しています。

 

車に固定する爪部分の形状はフラットなベロ式。超軽量で2本セットで1万円程度とコストパフォーマンスも優れています。初めて買うラダーレールにはもちろん、小排気量車向けに軽量なラダーレールを探している人におすすめ。

全長1500mm214mm
耐荷重200kg爪形状ベロ式
第3位

WEIMALL

折りたたみ式 アルミラダーレール

価格:8,300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

手頃で使いやすいシンプルなラダーレール

第3位にはWEIMALLの折りたたみアルミラダーレール Aタイプがランクイン。長さ2250mmでゆるやかに湾曲したラダーレールはバイクの積み下ろしに最適です。耐荷重340kgでほとんどの大型バイクに対応が可能。

 

スタンドが付いているため車重のあるバイクを載せてもしなりが少なく、安心してバイクの積み下ろしが出来ます。車に固定する爪部分はツメ式でトラックだけでなく様々な車体に対応可能。ゴムカバーが着いているため滑り止めと車載する車への傷対策もされています。

 

ツメ式のラダーレールで必須とも言えるタイダウンベルトも付属しているおりコストパフォーマンスに優れるラダーレールです。2本で15000円の更にコスパのいいセット商品もあります。ラダーレールを足場にしたい人には2本セットがおすすめ。

全長2250mm280mm
耐荷重340kg爪形状ツメ式
第2位

DRC

ハイブリッドランプ 折りたたみタイプ

価格:12,636円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オフロードや小排気量向けの軽量ラダーレール

第2位にはDRCのハイブリッドランプ 折りたたみタイプがランクイン。新しい発想で生まれたラダーレールで、アルミと樹脂の組み合わせにより従来のフルアルミ製ラダーレールより軽量化に成功。全長1800mmで幅200mm。

 

ラダーレールの重量は約6kg。設置も撤去も1人で楽々可能です。耐荷重は190kgのため大型バイクではほとんど使用出来ませんが、ラダーレールの軽量化はそれを補って余りあるメリットです。

 

車に固定する爪部分はフラットタイプのベロ式。トラック以外にも様々な車体に対応可能です。車に接地するプレートの裏はラバー素材を採用しているため、滑り止め効果と車への傷防止も期待出来ます。全長2100mm・2400mmの3種類がラインナップしていますが、長さにより耐荷重が異なります。車重を確認して長さを選ぶのをおすすめします。

全長1800mm200mm
耐荷重190kg爪形状ベロ式
第1位

DIYツールズ

折りたたみ式 アルミラダーレール

価格:3,848円(税込)

Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スタンド2本で安定感抜群!

第1位にはYahoo!ショッピングで販売するDIYツールズの折りたたみ式 アルミラダーレールがランクイン。長さ2250mmで湾曲したラダーレールはバイクの積み下ろしに最適。スタンドを使用した場合の耐荷重は500kgと大型バイクにも楽々対応しています。

 

スタンドが2つ付いているため大型バイクの積載時にもしなりが少なく安定感抜群です。スタンド不使用時でも耐荷重340kgと相当な強度があるため、スタンド無しでもほとんどの大型バイクで使用できます。

 

車に固定する爪部分はツメ式。トラックだけでなく様々な車体に対応可能です。ツメ式のラダーレールを固定するためのタイダウンベルトも付属。安くて安定感があり、コストパフォーマンスにも優れるおすすめのラダーレールです。

全長2250mm280mm
耐荷重500kg爪形状ツメ式

バイク用ラダーレールのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4905307の画像

    DIYツールズ

  • 2
    アイテムID:4905691の画像

    DRC

  • 3
    アイテムID:4905314の画像

    WEIMALL

  • 4
    アイテムID:4905311の画像

    toolsisland

  • 5
    アイテムID:4905692の画像

    シンセイ株式会社

  • 6
    アイテムID:4905308の画像

    W-CLASS

  • 7
    アイテムID:4905693の画像

    WEIMALL

  • 8
    アイテムID:4905648の画像

    GARAGE COLLECTION

  • 9
    アイテムID:4905305の画像

    W-CLASS

  • 10
    アイテムID:4905313の画像

    キジマ

  • 商品名
  • 折りたたみ式 アルミラダーレール
  • ハイブリッドランプ 折りたたみタイプ
  • 折りたたみ式 アルミラダーレール
  • アルミラダーレール 2本セット
  • アルミブリッジ
  • 折りたたみラダーレール スチール製
  • 折りたたみ式 アルミ ラダーレール
  • 折りたたみアルミラダーレール 2本セット
  • ラダーレール スチール
  • トランポ用ラダーレール
  • 特徴
  • スタンド2本で安定感抜群!
  • オフロードや小排気量向けの軽量ラダーレール
  • 手頃で使いやすいシンプルなラダーレール
  • 中型車以下の車重が軽いバイクにおすすめ
  • 耐荷重250kgのフック式
  • 3つ折りでコンパクトに収納可能
  • フック式でしっかりと固定
  • 車体に固定するタイダウンベルト付きで送料無料!
  • 小排気量車におすすめのシンプルなラダーレール
  • ハーレーなどの大型バイクも想定した頑丈さ
  • 価格
  • 3848円(税込)
  • 12636円(税込)
  • 8300円(税込)
  • 9990円(税込)
  • 15990円(税込)
  • 7899円(税込)
  • 8300円(税込)
  • 14500円(税込)
  • 6000円(税込)
  • 24717円(税込)
  • 全長
  • 2250mm
  • 1800mm
  • 2250mm
  • 1500mm
  • 1800mm
  • 1930mm
  • 1830mm
  • 2250mm
  • 1930mm
  • 2100mm
  • 280mm
  • 200mm
  • 280mm
  • 214mm
  • 300mm
  • 255mm
  • 250mm
  • 280mm
  • 225mm
  • 308mm
  • 耐荷重
  • 500kg
  • 190kg
  • 340kg
  • 200kg
  • 250kg
  • 340kg
  • 200kg
  • 340kg
  • 227kg
  • 339kg
  • 爪形状
  • ツメ式
  • ベロ式
  • ツメ式
  • ベロ式
  • フック式
  • ベロ式
  • フック式
  • ツメ式
  • ベロ式
  • ツメ式

まとめ

ラダーレールの選び方とおすすめ人気ランキングをご紹介しました。バイクは車重があるため積載時の脱落事故は大怪我の可能性もあります。自分の車とバイクに合うラダーレールを見つけて楽しく安全なバイクライフを送りましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ