記事ID134527のサムネイル画像

【腕時計愛用者必見】Dバックル人気メーカーおすすめランキング10選

Dバックルは革ベルトの腕時計の脱着を簡単にしてくれる便利なバックルです。おすすめのDバクルには、どのようなものがあるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。今回はDバックルの人気メーカーのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

Dバックルで革ベルトを活かしたまま簡単脱着できる

バックルは腕時計のシーンを選ばずに使用できる革ベルトの魅力を残しながらも、腕時計の脱着を簡単にしてくれる腕時計に装着する部品です。バックルを使用することによって金属ベルトの腕時計のようにワンタッチで脱着することができる上に、革ベルトの寿命も伸ばしてくれる優れものです。

 

バックルと一言にいってもいくつかの種類が存在し、脱着のしやすさや耐久性、装着感などもそれぞれ異なります。そのため腕時計の使用頻度や、脱着回数、どのような装着感が好みであるかによって、取り付けるバックルを選ぶことが大切なポイントです。

 

今回は、革ベルトのかっこよさや質感を活かしたまま簡単に脱着ができるようになる、バックルの選び方のポイントについてや、人気メーカーのおすすめについてランキング形式で紹介していきます。お気に入りの腕時計をバックルで脱着簡単、かつ革ベルトを長持ちさせてみてはいかがでしょうか。

Dバックルの選び方

開き方のタイプで選ぶ

Dバックルは大きく分けて開き方の違いでいくつかに分類することができます。毎日使用する腕時計だからこそ、好みの使い心地によって開き方のタイプを選ぶ事が大切です。

腕時計の脱着が多い方ならシングル式

シングル式とは、二つに折れている開閉部分を開いて腕時計の脱着をすることができるDバックルです。開き方の様子からメーカーブランドによって二折れ式や片開きタイプと呼ばれることもあるため、選ぶ場合には注意して選ぶようにしましょう。

 

シングル式の特徴としては固定している部分が片方のみとなっているため、ワンタッチで開閉することができるため腕時計の脱着が多い方や、付け心地よりも腕時計の脱着を少しでも簡単にしたいという方に向いているDバックルです。

 

他にもシングル式の特徴としてあげられるのが、Dバックルの厚みが他のタイプと比較した場合に薄いため見た目がスマートであるということです。特に革ベルトをDバックルに変更する場合には革ベルトとの厚みの差が少ないため違和感なく付けることができるのが魅力です。開閉部分はそこまで大きくないため、女性や手首がそこまで太くないという方に向いています。

安定感重視ならダブル式

ダブル式は左右に留め具を開いて腕に脱着するDバックルで、他にも観音開きや両開き型と呼ばれています。シングル式と比較した場合、ダブル式の方が人気のあるDバックルです。シングル式と同様に開き方の様子から観音型や両開きタイプと呼ばれることもあります。

 

ダブル式のDバックルは固定している部分が2つになるため、シングル式と比べて脱着に少し手間がありますが腕を通す部分が大きく開くことができるため、大きな手の方でもストレスなく脱着することができるのが魅力です。

 

またダブル式の特徴としてバックルの位置が腕時計の真裏に来ることから、安定感に優れており腕時計の付け心地も良いですが少しバックル部分に厚みが出ます。脱着のしやすさよりも付け心地を重視したい方や、手の大きい方や腕が細くて安定感がほしいという方に向いているバックルです。

固定方法で選ぶ

腕時計を留める部分についてもいくつかの種類があり、固定方法によっても装着感や利便性に違いがでてきます。手の大きさや好みの装着感に合わせた固定方法を選ぶようにしましょう。

利便性の高いプッシュ式

留め具部分にプッシュボタンがついており、ボタンを押すことによって簡単にバックルを開くことができるためより簡単に腕時計の脱着をすることができます。現代の留め具の主流としてはこちらのプッシュ式とされているため、多くの腕時計に使用されているDバックルです。

 

プッシュ式は腕時計の脱着が非常に簡単になるため、腕時計の脱着頻度が高めの方や腕時計を初めて購入するという方にもおすすめしたい固定方法です。また脱着に際して細かい作業を不要とするため、手が大きい方や繊細な動きが苦手という方にもボタンを押すだけといった手軽さは普段使いとしても扱いやすいです。

 

デメリットとしては、バックル部分が盛り上がってしまい厚みが出てしまうという点です。そのため腕時計のバックル部分や文字盤のデザインによっては違和感が大きくなってしまうため、既存の腕時計のバックルをDバックルに変更したいという場合にはデザイン性も考慮するようにしましょう。

スマートさのある嵌合(かんごう)式

嵌合(かんごう)とは軸同士のはまり合いということを指しており、その言葉通り嵌合式とは軸同士をはめることで腕時計を装着する固定方法です。装着するには少しコツがいるため慣れるまでは難しいと感じる人も多いですが、何度か使用するうちにスムーズに問題なく脱着することができます。

 

嵌合式の固定方法の魅力としてはその装着したときのスマートさです。留め具部分に厚みがあるものはどうしてもカジュアルな印象を与えてしまうため、ドレスウォッチとしては使用が難しいですが、嵌合式は厚みがでないためスマートで品があるのが特徴です。

 

また装着感の良さも嵌合式の特徴としてあげられます。軸にはめて固定しているため脱着には少し力がいりますが、フォーマルシーンに参加する機会が多い方やビジネスシーンなど場所を問わず使用できるため、使い勝手の良い固定方法といえます。

スポーツシーンで使用するなら二重ロック式

二重ロック式の固定方法では片開き式のバックル部分にプラスして留め具がついており、しっかりと腕時計を装着することができるので外れにくい固定方法です。スポーツウォッチや体を動かすという方や、腕時計が外れにくいようにしっかり固定したいという方にもおすすめです。

 

片開き式の腕時計は脱着が簡単ですがバックルが外れやすいと感じる方も中にはいらっしゃいますが、二重でロックすることでしっかりと装着することができるため外れにくくなり落下防止にもつなげることができます。

サイズで選ぶ

既存のものからDバックルへ変更する際には、サイズ選びが重要なポイントです。サイズ選びをする場合は尾錠幅に合わせてDバックルを選んでいくため、この長さを正確に計測するようにしましょう。尾錠幅はほとんどが偶数mmとなっていますが、一部奇数mmで作られているものもあり注意が必要です。

 

バックル部品は基本的に偶数のmm数のものしか販売されていないため、尾錠部分の幅が奇数の場合は、Dバックルは1mm長いものを選ぶのがおすすめです。若干隙間ができ見劣りする場合もありますが、問題なく使用することができます。反対に1mmサイズが小さいものを選んだ場合に、装着自体ができないという可能性が高いです。

 

また腕が細い人で革ベルトの奥の方の穴を使用しているという人は、場合によっては自分自身で穴を開ける必要があり、穴を開けにくい形状をしている革ベルトであればDバックルの装着が難しい可能性があります。しっかりと腕時計の形状と長さやサイズもDバックル選びのポイントです。

 

色で選ぶ

バックルの選び方としては色選びも大切なポイントです。取り付ける腕時計本体のカラーと合わせたDバックルを選ぶことによって統一感を持たせることができ、後から取り付けたというような違和感を最小限に抑えることができます。

 

腕時計本体に使用されている色味が特殊な場合や、金と銀どちらも使用されているコンビカラーの場合にはお好みのカラーを選んでDバックルのカラーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

またDバックルの色選びと合わせて注目したいのが質感です。同じシルバーであってもツヤ感のあるものやツヤ消し加工されたものでまた違った印象を与えることができます。腕時計本体に合わせたカラーやお好みの色や質感で腕時計を素敵にカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

Dバックルの人気ランキング10選

第10位

REOTTI

時計バンドDバックル

価格:1,290円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

4つのカラーからお好みのタイプを選べる

ワンタッチでバックルが開くことができる人気のダブル式のdバックルなので、どんな方でも使いやすく簡単に装着することができます。金属アレルギーの軽減としても役立つステンレス316Lを使用しているため、肌が敏感という方にも安心して装着することができます。また耐久性にも優れているため、万が一の落下時にも壊れにくいです。

 

カラー展開も定番色であるゴールド、シルバーをはじめとしてブラック、ローズゴールドの4種類から好みのカラーを選ぶことができるので、時計のデザインや色味と合わせたり、どんな印象の腕時計にするかなどから好みの色を選ぶことができるのもうれしいポイントです。

カラーシルバー、ゴールド、ブラック、ローズゴールド開閉タイプダブル式
固定方法プッシュ
第9位

CASSIS(カシス)

CASSIS 'PBF BUCKLE SILVER

価格:5,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2種類の質感から選べるDバックル

時計ブランドとしても有名なCASSIS(カシス)のDバックルはシンプルながらも細部にこだわったデザイン性と機能性が高い高級感ある商品となっています。ステンレススチールを素材として使用しており、滑らかな質感は見た目にも装着感も良いです。

 

こちらのDバックルでは同じシルバーでも、サラッとしたさわり心地のツヤのないサテンシルバーと鏡面仕上げで高級感あるミラーシルバーの2つのタイプから選ぶことができるため、好きな質感や使用するシーンに合わせてまた違った雰囲気を演出することができます。

カラーサテンシルバー、ミラーシルバー開閉タイプダブル式
固定方法プッシュ
第8位

xindraring

NywingDバックル

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

光沢のある見た目が高級感を演出

繊細でしっかりとした作りと高級感のある光沢感がある見た目で高級感があるため、ビジネスシーンはもちろんですが結婚式やパーティ-などのフォーマルシーンでも違和感なく使用することができます。厚みのあるダブル式ではありますが、スッキリとしたデザインがスマートさと品の良い印象を与えてくれます

 

耐久性の高いステンレスを素材として使用しているため丈夫で、革ベルトの負担も最小限に抑えることができベルトの穴の広がりを解消してくれます。両開きタイプで大きくベルトを開くことができるため、手の大きい方でも簡単に腕時計を脱着することができます。

カラーシルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラック開閉タイプダブル式
固定方法プッシュ式
第7位

BAMBI(バンビ)

三つ折れプッシュバックル レザーバックル用

価格:2,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

普段使いでも快適な軽量のDバックル

三つ折れプッシュ式のDバックルなので、観音開きタイプの装着が苦手という方や開閉部分がそこまで広がらない方がいいという方に向いているDバックルです。装着感も心地いいので普段使いとしてもおすすめできます。

 

サイズ展開も10~20mmと豊富にあるため、バックルの幅に合わせてぴったりのサイズを選ぶことができます。装着したときの見た目も通常の革ベルトのバックルと違和感が少ないため、簡単に脱着できるようにしたいけど自然な雰囲気のバックルがいいという方におすすめのDバックルです。

 

重量もそこまでなく比較的軽量のDバックルなので、付けていて重さをそこまで感じないためストレスなく装着し続けることができます。

カラーシルバー開閉タイプシングル式
固定方法プッシュ式
第6位

BLUE THUNDER japan

ブッシュボタン式 Dバックル

価格:2,650円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

上下の爪でしっかりと固定

「BLUE THUNDER japan」のDバックルはバネのような弾力性があるので、ワンタッチで簡単にバックルを開くことができるためストレスなく腕時計の脱着をすることができます。鏡面仕上げで高級感のある見た目はシーンを選ばずに使用することができます

 

購入してすぐに取り付けができるように、バネ棒2本、バネ棒、オリジナルクロス、説明書を付属しているので取り付けも簡単に行うことができます。またバックル部分の上下どちらにも爪がついているため、他のDバックルと比べてしっかりと固定することができます。

 

素材にはステンレス316Lを使用しているため、肌が敏感という方にも安心して使用することができます。

カラーシルバー、ゴールド、ローズゴールド開閉タイプダブル式
固定方法プッシュ
第5位

SEIKO(セイコー)

SEIKOロゴ入りDバックル

価格:4,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

フォーマルシーンに最適な重厚感あるDバックル

日本が誇る時計メーカーであるSEIKO(セイコー)のロゴが刻印されており、高級感が漂うだけでなく使用感やデザイン性など細部にこだわって作られています。素材には重厚感のあるステンレスを使用しているため、取り付けると腕時計全体の高級感がアップすることができます。

 

Dバックルの作りも繊細で丁寧に作り込まれているため、装着感や使い心地も快適なので普段使いする腕時計に取り付けてもストレスなく使用することができます。また装着したときの見た目が通常の革ベルトで使用されているバックルと同じような見た目となるので、革ベルトの雰囲気を壊さないのも魅力の1つといえます。

カラーシルバー開閉タイプシングル式
固定方法プッシュ式
第4位

Don Orologio(ドノロロジオ)

保管袋付き Dバックル

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

保管袋付きだから外したパーツも安心して保存できる

ダブル式でワンタッチで開閉することができるドノロロジオのDバックルは、鏡面、光沢仕上げなので上品なツヤのある仕上がりで品のある雰囲気を演出することができフォーマルシーンでも違和感なく使用することができます。

 

ドノロロジオのDバックルには外したパーツをなくさずに保管することができる保管袋がついているほか、説明書と必要な工具も付属されているのでDバックルが届いたらすぐに取り付けすることができます。

 

316Lステンレス製を素材に使用しているので、金属アレルギーの軽減となる他にも一般的なステンレスと比べると耐久性にも優れているため、万が一落下した場合にも壊れにくく長く使用することができます。

カラーゴールド、シルバー、ブラック、ローズゴールド開閉タイプダブル式
固定方法プッシュ
第3位

Calme

プッシュ式 Dバックル

価格:1,380円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時計専門店ならではの繊細で使いやすいDバックル

Calme(カルム)とは国内外の腕時計をアンティークから現行のものまで専門的に扱っている「株式会社GLC」のプライベートブランドで、時計専門店だからこそ使いやすくデザイン性にも優れたアクセサリーとなっています。

 

ダブル式のプッシュタイプのバックルなので、ボタンを押すだけで尾錠がはじけるように開くためバックルの負担や痛みを最小限に抑えることができます。そのため革ベルトの腕時計に取り付けることによって革の痛みを抑え長く愛用することが可能です。

 

こちらのDバックルに使用している素材は、耐久性に優れた316Lステンレス製を使用しており、金属に敏感だという方にも使いやすい素材となっています。ツヤ感も上質なので高級感のあるDバックルにしたいと考えている方にもおすすめできます。

カラーシルバー、ゴールド、ブラック、ローズゴールド開閉タイプダブル式
固定方法プッシュ
第2位

BAMBI(バンビ)

皮バンド用プッシュバックルパーツ

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄さのあるスマートなDバックル

革ベルトのナチュラルな雰囲気に違和感なく溶け込むことのできるシングル式のDバックルです。取り付け方法も簡単なので、革ベルトの雰囲気を損なわず簡単に脱着できる腕時計にカスタマイズが手軽に行うことができます。

 

開きが少ないシングル式の開閉タイプなので、バックルの輪が大きくなりすぎず腕時計をだ着する際に落下しづらくすることができます。またワンタッチで開くことができるワンタッチ式を採用しているため、片手でスマートに腕時計が外すことができるため女性にも人気があります。

 

またこちらのDバックルは低価格で購入することができるという点でも、人気を集めています。とりあえず脱着を簡単にするためにdバックルを試したいと考えている方は、バンビのDバックルから挑戦してみてはいかがでしょうか。

カラーシルバー開閉タイプシングル式
固定方法プッシュ
第1位

Qimeila

iStrap バンドプッシュ式Dバックル

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

繊細に作られた高級感あふれるDバックル

高品質で耐久性のあるステンレス素材で製造されているこちらのDバックルは、人気のダブル式と、ワンタッチで開くことができるプッシュ型なので手の大きさ簡単なく簡単に脱着することができます。革ベルトの雰囲気は残したいけど、腕時計の脱着を簡単に行いたいという型に向いています。

 

サイズ展開も10~20mmまでと幅広く展開しているのでベルトのサイズに合わせてぴったりのDバックルを選ぶことができるのもこちらの商品のおすすめポイントです。見た目も細部にわたって丁寧に作られているので、Dバックルに変更しても腕時計が見劣りすることがありません。

 

カラー展開も定番のシルバーやゴールデンの他に、ローズゴールデン、ブラックの4展開から選ぶことができるので、女性の方やカジュアルな雰囲気にしたいという方にも好みの色味から選ぶことができます。

カラーシルバー、ゴールデン、ローズゴールデン、ブラック開閉タイプダブル式
固定方法プッシュ

Dバックルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4902894の画像

    Qimeila

  • 2
    アイテムID:4902921の画像

    BAMBI(バンビ)

  • 3
    アイテムID:4902934の画像

    Calme

  • 4
    アイテムID:4902935の画像

    Don Orologio(ドノロロジオ)

  • 5
    アイテムID:4902939の画像

    SEIKO(セイコー)

  • 6
    アイテムID:4902944の画像

    BLUE THUNDER japan

  • 7
    アイテムID:4902958の画像

    BAMBI(バンビ)

  • 8
    アイテムID:4902962の画像

    xindraring

  • 9
    アイテムID:4902967の画像

    CASSIS(カシス)

  • 10
    アイテムID:4902973の画像

    REOTTI

  • 商品名
  • iStrap バンドプッシュ式Dバックル
  • 皮バンド用プッシュバックルパーツ
  • プッシュ式 Dバックル
  • 保管袋付き Dバックル
  • SEIKOロゴ入りDバックル
  • ブッシュボタン式 Dバックル
  • 三つ折れプッシュバックル レザーバックル用
  • NywingDバックル
  • CASSIS 'PBF BUCKLE SILVER
  • 時計バンドDバックル
  • 特徴
  • 繊細に作られた高級感あふれるDバックル
  • 薄さのあるスマートなDバックル
  • 時計専門店ならではの繊細で使いやすいDバックル
  • 保管袋付きだから外したパーツも安心して保存できる
  • フォーマルシーンに最適な重厚感あるDバックル
  • 上下の爪でしっかりと固定
  • 普段使いでも快適な軽量のDバックル
  • 光沢のある見た目が高級感を演出
  • 2種類の質感から選べるDバックル
  • 4つのカラーからお好みのタイプを選べる
  • 価格
  • 1399円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1380円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 4000円(税込)
  • 2650円(税込)
  • 2980円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 5400円(税込)
  • 1290円(税込)
  • カラー
  • シルバー、ゴールデン、ローズゴールデン、ブラック
  • シルバー
  • シルバー、ゴールド、ブラック、ローズゴールド
  • ゴールド、シルバー、ブラック、ローズゴールド
  • シルバー
  • シルバー、ゴールド、ローズゴールド
  • シルバー
  • シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラック
  • サテンシルバー、ミラーシルバー
  • シルバー、ゴールド、ブラック、ローズゴールド
  • 開閉タイプ
  • ダブル式
  • シングル式
  • ダブル式
  • ダブル式
  • シングル式
  • ダブル式
  • シングル式
  • ダブル式
  • ダブル式
  • ダブル式
  • 固定方法
  • プッシュ
  • プッシュ
  • プッシュ
  • プッシュ
  • プッシュ式
  • プッシュ
  • プッシュ式
  • プッシュ式
  • プッシュ
  • プッシュ

まとめ

ここまで、Dバックルの選び方やおすすめの人気メーカーをランキング形式で10選紹介しましたがいかがでしたでしょうか。革ベルトやラバーベルトが好きだけど装着が面倒と感じている方には、簡単に脱着できるDバックルが大活躍します。お好みのデザインや色のDバックルに付け替えて、革ベルトを活かしたまま簡単に脱着できる腕時計へとカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ