記事ID134516のサムネイル画像

【しっかり保護】大人気のミッションオイルおすすめランキング10選

ミッションオイルは車の駆動を保護するオイルです。しかし、ミッションオイルはたくさん種類がありどれが良いかわからないなんてことありませんか?ミッションオイルの詳しい選び方と、大人気のミッションオイルおすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです!

ミッションオイルを交換して長持ちさせよう

ミッションオイルは、自動車のギヤとギヤの間の潤滑油として利用されているオイルです。ミッションオイルのブランドによって、添加物の違いがあるので、性能にも大きく影響していきます。それではミッションオイルの選び方と人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。

ミッションオイルの選び方

次にミッションオイルの選び方について詳しく解説して行きます。ミッションオイルの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう。

ミッションオイルの規格で選ぶ

ミッションオイルには、米国石油協会が定めたAPIという品質の規格が設定されております。GL-数値と規格が別れており、数値が高くなればなるほど過酷な負荷にも耐えることができるようになります。一般的な規格をわかりやすく解説していきます。

API GL-3

GL-3は一般的な乗用車に使用されているミッションオイルとなります。自動車の純正採用として利用されている規格であり、一般的な車であればこちらの規格を購入すれば問題ありません。一部二輪車などにも利用されておりますので、二輪車のミッションオイルを探している方はこの規格を覚えて起きましょう。

 

一般的な自動車に利用されていることが多く、その中でも軽自動車などの排気量が小さく、重量の軽い車に採用されていることが多いです。そのような車におすすめであり、価格もリーズナブルであることから、手が出しやすいメリットがあります。

 

 

API GL-4

GL-4という規格のミッションオイルは、軽負荷から重負荷まで対応しているミッションオイルです。一般的な自動車に利用されているミッションオイルです。自動車の中でも排気量が大きく、重量の大きな車であれば、GL-4を選んでおくことがおすすめです。

 

ミッションオイルの規格については、自動車の取扱説明書に記載されておりますので、そちらを確認の上、適合していればこちらの規格のミッションオイルを選ぶようにしましょう。もし、GL-3が純正オイルであれば、少し負荷がかかる走行を行う方におすすめです。

 

一般的な自動車の中で、普通乗用車に利用されているミッションオイルです。GL-3よりも頑固にギアを潤滑してくれるので、長期間ギアを長持ちさせてくれます。純正採用でGL-3である方は、こちらの規格にすることによって、シフトフィールの改善も行うことができるでしょう。

API GL-5

GL-5は、過酷な負荷条件がかかる自動車に利用されているミッションオイルです。チューニングされている車や、競技車両などに利用されていることも多いです。高速低トルクや、低速高トルクなどの負荷がかかる環境でも、ギアを圧倒的に保護してくれます。

 

こちらの規格のミッションオイルは、排気量が大きく、重量が重い車におすすめです。重い車ほど、排気量が大きな車ほど、ミッションに負荷がかかります。あまりにも負荷をかけてしまうと、ギアにダメージを与えてしまうかもしれません。

 

そのような過酷なシュチュエーションで利用される方におすすめなミッションオイルと言えます。チューニングカー、ターボ車、スポーツカーなどの馬力のある車の場合は、この規格がおすすめと言えます。

ミッションオイルの粘度で選ぶ

ミッションオイルにはオイルの硬さを表す粘度が表記されております。この粘度によって、規格とは違い、ミッションの入りやすさにも影響してくることになります。簡単に粘度によってどんな違いがあるのかを解説していきます。

粘度が高いミッションオイル

ミッションオイルの中で粘度の高いオイルは、ベトベトとした硬いオイルになりがちです。主に排気量の大きな車や、急加速を可能とする高性能な車に使用することがおすすめとなっております。

 

チューニングカー、スポーツカーなどサーキットで走行を行う車については、粘度の高いミッションオイルを使用することがおすすめです。過酷な環境でもギアにダメージを与えることなく、ミッションの故障を守ってくれます。

 

自動車の取扱説明書に記載されている粘度よりも、高い粘度にすることによって、急加速を何度も行うシュチュエーションなどで性能を発揮することができます。

粘度が低いミッションオイル

粘度の低いミッションオイルについては、一般的な走行におすすめであり、街乗りに利用することが多い方におすすめです。街乗りなどの走行であれば、純正指定の粘度を選ぶことで一番ベストな環境を作り出すことができます。

 

街乗り以外に高速道路をよく走行される方であれば、駆動にも少し過酷な環境になるので、純正指定よりも粘度を上げるのもおすすめです。ミッションが入りにくいなどの症状が出ている場合は、交換または少し粘度をあげるのもおすすめです。

 

一般的に街乗りにしか利用しない方であれば、純正採用の粘度にすることがおすすめです。粘度が低いことによって、ギアが入りやすくなりますが、ギアの潤滑力は落ちてしまいます。急加速をよく行うのであれば、あまりおすすめできない粘度と言えます。

ミッションオイル人気おすすめランキング10選

それでは、ミッションオイル人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にしつつ、自分の使用する愛車に合ったミッションオイルを探して見ましょう。ブランドによって、独自の特徴を採用していたりするのでそちらも着目しましょう。

第10位

カストロール(Castrol)

カストロール ギヤーオイル Universal 80W-90 1L Castrol

価格:920円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

創業1899年の長い歴史がポイントのブランド

カストロールのミッションオイルであり、長年レースなどで活躍している歴史的なブランドです。創業は1899年と大変奥深い歴史があるブランドであり、信頼性の高いブランドとなっております。カストロールのミッションオイルとして、低価格で販売されており非常にリーズナブルです。

 

カストロールだからできる低価格で、クオリティの追求を行なっており、コスパの高いミッションオイルと言えます。耐摩耗性の高い添加剤を使っているので、長期間ミッションの駆動を安全に守ることが可能です。高温時の安定性にも優れている質の高いオイルです。

 

粘度については80W-90となっておりまして、一般的な乗用車に利用することが可能です。規格についても一般的な乗用車に採用されている規格であり、取扱説明書に記載されている規格と粘度を参考に選んでみましょう

規格GL-3粘度80W-90
第9位

カストロール(Castrol)

カストロール ギヤーオイル Universal 75W-90 1L部分合成油 Castrol

価格:1,430円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

一般的な車に適合するミッションオイル

こちらのミッションオイルは、カストロールの一般的な乗用車に利用されるミッションオイルです。粘度は75W-90となっておりまして、ほとんどの乗用車に適合可能となっております。純正採用の粘度がこの数値の車が多いためです。

 

こちらのミッションオイルは、FF車などの前輪駆動の車に最適なミッションオイルとなっておりまして、低温下での流動性に優れており、エンジン始動直後でも滑らかな駆動を可能とします。始動時から安定しているシフトフィールを実現しているメリットが大きいです。

 

過酷な走行を行う高温下での状況であっても、潤滑性能が高いので、ギアの摩耗や損傷を防ぐことが可能です。ミッションオイルの中でリーズナブルでおすすめなオイルであれば、こちらをおすすめします。一般的な走行に置いて、駆動系を長持ちさせます

規格GL-3, GL-4, GL-5粘度75W-90
第8位

ワコーズ(Wako's)

ワコーズ WR-G ダブリューアールG WR7590G ギヤーオイル GL-5 75W90

価格:6,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーキットなどの過酷な環境でもギアを守ってくれます

こちらのミッションオイルは、自動車ケミカル大手のワコーズが販売している高品質なミッションオイルです。ハイチューンカーなどに利用されたり、サーキットなどの本格的な競技車両にも使われることが多い高性能ミッションオイルです。

 

高温、高負荷の環境であっても、ギアの負担を減らしてくれるミッションオイルであり、長時間サーキットなどの過酷な走行を行なっても、ギアを長持ちさせることができます。全ての駆動方式に対応しておりまして、排気量関係なくおすすめなミッションオイルと言えます。

 

価格は高価なミッションオイルですが、性能を優先したい人におすすめなミッションオイルと言えます。粘度についても一般的な乗用車の純正採用されている粘度となっているので、そのまま交換できる車両が多く、一般的な乗用車にも利用可能な部分がポイントです。

規格GL-5粘度75W-90
第7位

トタル

TOTAL ( トタル ) ギヤオイル【ZZ-X TRANSMISSION MTD】80W-90 1L

価格:1,925円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高荷重低速時などのミッションオイルの性能に影響する部分に添加物を適度に配合

こちらのトタルのミッションオイルは、高荷重低速時などのミッションオイルの性能に影響する部分に添加物を適度に配合しているので、滑らかな発進が可能です。低荷重高速時の負荷がかかる環境でも、ミッションの性能をフルに発揮できるオイルとなっております。

 

多くの駆動方式に対応しているミッションオイルであり、幅広い乗用車に利用することができます。新しくミッションオイルを交換したけど、あまりシフトフィールが良くない方などにおすすめであり、ミッションに悩みがある方におすすめなミッションオイルと言えるでしょう。

 

トタルのブランドは、価格も控えめであり、性能も高いことから人気なミッションオイルとなっています。街乗りに利用する方であれば、こちらのミッションオイルで十分な性能を発揮してくれます。

 

規格GL-5粘度80W-90
第6位

スズキ

SUZUKI スズキ純正 トランスアクスル&ミッションオイル ギヤオイル 75W-80 3L 99000-22B21-036

価格:3,420円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スズキの車に純正採用されている品質の高いミッションオイル

こちらのミッションオイルは、スズキの純正ミッションオイルです。粘度については75W-90という純正採用されている粘度なので、幅広い乗用車に利用することができます。容量についても3L入っているので、ほとんどの車にこれのみで、ミッションオイルを交換することができるでしょう。

 

スズキの乗用車に乗っておられる方であれば、こちらのミッションオイルがおすすめです。純正採用されている安心感もあり、高い信頼性もあるので、品質の高さが期待できます。スズキ以外の乗用車でも利用することができるので、純正の品質を試してみたい方におすすめです。

 

 

規格GL-4粘度75W-80
第5位

クスコ(Cusco)

クスコ ( CUSCO )【 LSD専用オイル 】FR / 4WD リヤ用 80W-140 (1L) 010001R01

価格:2,062円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ハイパワーな車に最適なミッションオイル

こちらのミッションオイルはサーキットなどの利用に用いらているレーシングミッションオイルです。ハイパワーなFR、4WDなどのリアデフ専用となっております。リアデフ専用となっているために、その分野に行かされた添加物が入っているので、性能がとても高い傾向にあります。

 

高度水素化精製という特殊な技術によって、作られたミッションオイルであり、ポリオールエステルなどの最高品質の添加物も配合しております。リアはオイル量が比較的に少ないために、高い潤滑性能が必要になってきます。ドリフトなどの駆動に過酷な走行をサーキットなどで行う方におすすめです。

 

長期間走行しても、安定した性能を長い間保つことが可能です。不純物の少ないミッションオイルであるからこそ、高温高負荷の環境でも安定した性能を発揮することができます。デフの寿命とされているプレートの摩耗を低減させることができる、粘度の高さも魅力です。

規格GL-5粘度80W-140
第4位

TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)

ギアオイル・デフオイル 4L 80W-90 鉱物油 TAKUMIモーターオイル MG

価格:4,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自開発の添加物を配合した頑固なミッションオイル

こちらのミッションオイルは、TAKUMIモーターオイルというミッションオイルの中でも、特に評価の高いブランドです。自動車メーカーが要求している現在の最新企画であるGL-5をクリアしているミッションオイルです。価格以上の性能の高さがポイントと言えます。

 

レースシーンで活躍するミッションオイルとして、たいへん過酷な環境で研究を行い、独自の耐摩耗性添加物を開発し添加しております。この特殊な添加物によって、高温低トルク、低速高トルク、連続する高速衝撃荷重が発生する過酷なレースなどのシュチュエーションでもギアを強力に守ります

 

サーキットでの利用がおすすめですが、街乗りであっても使用することができます。高品質なミッションオイルですので、ギアを長持ちさせたい方におすすめなミッションオイルと言えます。金属ギアの表面を頑固に保護し、焼きつきを防止することによって、ミッションブローを長期間防ぎます。

規格GL-5粘度80W-90
第3位

NISSAN

NISSAN(ニッサン) 日産純正 ミッションオイル GL-4 1L KLD26-75801

価格:1,079円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シフトフィールの改善におすすめ

日産に純正採用されているミッションオイルであり、品質の高さがポイントです。全ての自動車に対してオールマイティに性能を発揮できるように、マルチグレードされたミッションオイルです。低温流動性、耐摩耗性、耐熱性に優れたマルチグレードオイルです。

 

例えば、シフトフィールの感じの中で、ギアの入りが悪く、信号待ちで1速に入れた時に入りづらいなんて症状がある方におすすめです。シフトダウンする際のガリガリ音などが発生している自動車にもおすすめです。このような症状がある方は一度試してみたいミッションオイルです。

 

日産の純正採用ミッションオイルであるからこその、独自開発された性能は、多くの車で最高のポテンシャルを引き出してくれるでしょう。街乗りや高速などに利用されている方におすすめです。

規格GL-4粘度75W-85
第2位

ワコーズ(Wako's)

ワコーズ RG7590LSD アールジー7590LSD ギヤーオイル GL-5 75W90 G301 2L

価格:3,880円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほとんどの車に使用できるワンランク上のミッションオイル

こちらのミッションオイルは、自動車ケミカル大手のワコーズのミッションオイルであり、FF、FR車のミッションオイル、LSD装着車などの競技使用にも性能を発揮することができます。どちらかというとハードな走行を行う方におすすめなミッションオイルと言えます。

 

こちらのミッションオイルは、せん断安定性、耐摩耗性、酸化安定性に優れ長期間安定した性能を発揮することができるので、長期間交換をしなくても高い性能を長期間維持することができます。シフトフィールが最近悪いと感じた方にもおすすめです。

 

ミッションオイルの規格の中でも、最高品質に近いポテンシャルを秘めておりまして、GL-5という規格をクリアしております。粘度についても一般的な自動車の純正採用と同じ粘度ですので、多くの自動車に使うことができるメリットがあります。

規格GL-5粘度75W-90
第1位

TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)

ギアオイル・デフオイル 4L 75W-90 化学合成油HIVI TAKUMIモーターオイル MG

価格:6,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質であり過酷な走行でも頑固にギアを守ってくれる

こちらのミッションオイルは、TAKUMIモーターオイルというブランドのミッションオイルであり、頑固にギアを潤滑してくれる魅力があります。本来サーキットなどのレースシーンで使用できるミッションオイルとして開発されているので、品質の高さはピカイチと言えます。

 

街乗りや高速道路などの走行では、ギアに全く負担を与えず、長期間その性能をフルに発揮することができるようになっています。独自の耐摩耗性添加剤を点火し、なんども急加速を行うシュチュエーションでもギアを頑固に守ってくれます。

 

GL-5という規格もクリアしており、高回転、高負荷時の油膜性能も高く、ギアとギアとの負担を抑えます。大排気量や重量のある車でも圧倒的な駆動を守ることができるので、一般的な自動車であれば、長期間安定した性能を発揮し、ギアを長持ちさせることが可能です。

 

規格GL-5粘度75W-90

ミッションオイルのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4900701の画像

    TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)

  • 2
    アイテムID:4900696の画像

    ワコーズ(Wako's)

  • 3
    アイテムID:4900692の画像

    NISSAN

  • 4
    アイテムID:4900688の画像

    TAKUMIモーターオイル(AKTJAPAN)

  • 5
    アイテムID:4900683の画像

    クスコ(Cusco)

  • 6
    アイテムID:4900680の画像

    スズキ

  • 7
    アイテムID:4900663の画像

    トタル

  • 8
    アイテムID:4900655の画像

    ワコーズ(Wako's)

  • 9
    アイテムID:4900652の画像

    カストロール(Castrol)

  • 10
    アイテムID:4900645の画像

    カストロール(Castrol)

  • 商品名
  • ギアオイル・デフオイル 4L 75W-90 化学合成油HIVI TAKUMIモーターオイル MG
  • ワコーズ RG7590LSD アールジー7590LSD ギヤーオイル GL-5 75W90 G301 2L
  • NISSAN(ニッサン) 日産純正 ミッションオイル GL-4 1L KLD26-75801
  • ギアオイル・デフオイル 4L 80W-90 鉱物油 TAKUMIモーターオイル MG
  • クスコ ( CUSCO )【 LSD専用オイル 】FR / 4WD リヤ用 80W-140 (1L) 010001R01
  • SUZUKI スズキ純正 トランスアクスル&ミッションオイル ギヤオイル 75W-80 3L 99000-22B21-036
  • TOTAL ( トタル ) ギヤオイル【ZZ-X TRANSMISSION MTD】80W-90 1L
  • ワコーズ WR-G ダブリューアールG WR7590G ギヤーオイル GL-5 75W90
  • カストロール ギヤーオイル Universal 75W-90 1L部分合成油 Castrol
  • カストロール ギヤーオイル Universal 80W-90 1L Castrol
  • 特徴
  • 高品質であり過酷な走行でも頑固にギアを守ってくれる
  • ほとんどの車に使用できるワンランク上のミッションオイル
  • シフトフィールの改善におすすめ
  • 独自開発の添加物を配合した頑固なミッションオイル
  • ハイパワーな車に最適なミッションオイル
  • スズキの車に純正採用されている品質の高いミッションオイル
  • 高荷重低速時などのミッションオイルの性能に影響する部分に添加物を適度に配合
  • サーキットなどの過酷な環境でもギアを守ってくれます
  • 一般的な車に適合するミッションオイル
  • 創業1899年の長い歴史がポイントのブランド
  • 価格
  • 6200円(税込)
  • 3880円(税込)
  • 1079円(税込)
  • 4900円(税込)
  • 2062円(税込)
  • 3420円(税込)
  • 1925円(税込)
  • 6500円(税込)
  • 1430円(税込)
  • 920円(税込)
  • 規格
  • GL-5
  • GL-5
  • GL-4
  • GL-5
  • GL-5
  • GL-4
  • GL-5
  • GL-5
  • GL-3, GL-4, GL-5
  • GL-3
  • 粘度
  • 75W-90
  • 75W-90
  • 75W-85
  • 80W-90
  • 80W-140
  • 75W-80
  • 80W-90
  • 75W-90
  • 75W-90
  • 80W-90

まとめ

ミッションオイルおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、ミッションオイルをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

自分の条件に合ったものにピントを当てることによって、よりコスパの高いミッションオイルを選ぶことができるようになることが多いので、Amazonレビューなども参考にしつつ選んでみましょう。最適なミッションオイルは見つけることによって、あなたのカーライフをもっと安全にしていきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ