記事ID134493のサムネイル画像

【人気のマキタも】コードレスおすすめの業務用掃除機ランキング10選

業務用掃除機は、主に建築現場などで多く使われています。パワーが強く耐久性に優れているため、業務用だけでなく一般家庭でも広く使われているおすすめの掃除機です。今回は、そんな業務用掃除機の選び方のポイントやおすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。

現場だけでなく家庭でもパワフルな業務用掃除機の魅力

業務用掃除機といえば、作用現場などで使われている掃除機と思われがちですが、実は一般家庭でも便利で使いやすいため、おすすめの掃除機です。その魅力は、何と言ってもパワフルで丈夫なので気兼ねすることなくガンガン使えるという点です。

業務用掃除機には、濡れた物でも吸引できるタイプや充電式のコードレスタイプなどさまざまなタイプのものが展開されています。また、ブロワー機能が付いているものであれば、庭などの枯れ葉や落ち葉の掃除も強力なパワーで吹き飛ばすことができるため、面倒な屋外の掃除にも大活躍します。

今回は、そんな魅力満載のおすすめの業務用掃除機について、選ぶ時のポイントや人気商品をランキングでご紹介していきたいと思います。ぜひ選ぶ時の参考にして、業務用掃除機の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

業務用掃除機の選び方

業務用掃除機はさまざまなタイプがあり、自分が使いたい場所や用途によって選び方も違ってきます。業務用掃除機を選ぶ時にぜひチェックしておきたいポイントをご紹介していきましょう。

タイプ別で選ぶ

業務用掃除機には、さまざまなタイプのものがあります。充電式などコードレスタイプのものや濡れても使えるタイプのものまで多くのタイプに分類されます。タイプ別にご紹介していきましょう。

キャニスタータイプで選ぶ

建築作業現場やホテルや飲食店など広い場所のフロアやカーペットなどを掃除する際に幅広く使われているキャニスタータイプ。キャニスタータイプの掃除機は、最もパワフルな吸引力があるのが特徴です。キャニスタータイプの中でも「乾湿両用タイプ」のものがあります。

 

乾湿両用タイプのものは、通常の乾いた場所だけでなく、水分を含んだものを吸引することができるため、カーペットに飲み物などをこぼしてしまった時にもそのまま吸い取ることが可能です。

 

また、キャニスタータイプの掃除機の多くは、吸い込んだゴミを溜めるタンク部分が大きいので、長時間使用しても満杯になることなく快適に掃除を続けることができるのでおすすめです。さらに排気される空気を清潔に保てるようにフィルターに工夫が施されているものが多く展開されています。

スティックタイプで選ぶ

業務用掃除機の中でもスティック型をしたタイプのものがあります。このタイプの掃除機は、軽くて使いまわしやすいのが特徴です。階段を掃除する時など、重い掃除機では移動も大変ですが、スティックタイプの掃除機であれば、軽くて移動もラクですので、階段を上りながらの掃除も快適に行うことができます。

また、スティックタイプの中でも業務用のものであれば、家庭用のものと比較するとパワーが強いのが特徴と言えます。業務用のスティックタイプの中には、充電式でコードが無いタイプがあります。

コードがない充電式のものであれば、コンセントの無い場所でも使用することができ、コードが邪魔になることなくどこでも使えるので便利です。ただ、充電式のものの場合、吸引力が弱くなる傾向がありますので、確認してから選ぶことをおすすめします。

ハンディタイプで選ぶ

車の中の掃除や、部屋のちょっとした場所を掃除するのに多く使われているハンディタイプの掃除機。業務用掃除機の中でもハンディタイプのものがあります。ハンディタイプの業務用掃除機は、小回りが利くので狭い場所の掃除に最適で、手軽にサッと取り出せて使えるのが特徴です。

ハンディタイプの掃除機は、車のシガーソケットで充電できるものが多く、車内の掃除には最適です。さらに、交換ノズルなどのパーツが付属されているものであれば、手が届きにくい車内のすき間などを掃除するのに便利で使いやすくおすすめです。

ただ、ハンディタイプのものは、小型ですので吸引パワーが弱いものが多い傾向があるため、できるだけ吸引力の強いものをチェックして選ぶことをおすすめします。

集じん方法の違いで選ぶ

掃除機は集じん方法の違いによって、いくつかに分類することができます。紙パック式のものやサイクロン式のものなど集じん方法の違いによって選び方も変わってきますので、チェックして選びましょう。

紙パック式のものを選ぶ

一般家庭でも多く使われている紙パック式の掃除機。業務用掃除機で紙パック式のものは、集めたゴミに直接触れることなく処理をすることができるのが特徴です。

紙パック式のものであれば、集めたゴミの処理をする時に塵やホコリを舞い上げることも少なく、紙パックごと捨てることができるので衛生的なのもおすすめのポイントです。

ただ、掃除機の規定に合った型の紙パックを使用しないと故障の原因になる場合もあるため注意が必要です。また、紙パック内のゴミが満杯になると吸引パワーが落ちるのでこまめに取り替えることが大切です。

タンク式のものを選ぶ

業務用掃除機の中でも吸い込んだゴミを溜めるタンクがあるものがあります。タンク式の業務用掃除機は、紙パックの取り替えや、紙パックの購入を続ける必要がなく経済的であるのが特徴です。

また、タンク式の業務用掃除機であれば、集めたゴミをそのまま手軽に捨てることができるのも魅力です。ただ、集めたゴミを捨てる時に、塵やホコリが出やすいので誤って吸い込んでしまわないよう注意が必要です。

ゴミを捨てた後には、タンクを丸洗いすることができるので常に清潔に使用することができ、掃除機の本体の中にもゴミが入りにくいのものおすすめのポイントです。

サイクロン式のものを選ぶ

業務用掃除機の中でも吸い込んだゴミを遠心力によって空気とゴミに分離するサイクロン式のものがあります。サイクロン式の掃除機は、一般家庭でも人気が高まっている傾向があります。

サイクロン式の業務用掃除機は、集めたゴミを遠心力で圧縮するためゴミを捨てる回数を減らすことが可能で、強い吸引力が持続するのが特徴です。サイクロン式の業務用掃除機であれば、紙パックを継続して購入する手間も必要なく、溜まったゴミもコンパクトにまとめられるためおすすめです。

ただ、ゴミを捨てる際にはホコリや塵が発生しやすいため、吸い込んでしまわないよう注意が必要です。

電源方式の違いで選ぶ

業務用掃除機には、いくつかの電源方式があります。使用する場所に合わせた電源方式のものをチェックして選びましょう。

コード式のものを選ぶ

業務用掃除機の中でコード式のものがあります。コード式のものであれば、長時間使用しても充電が切れてしまう心配もないため、時間を気にすることなく安心して使い続けることができます。

ただ、コード式の業務用掃除機の場合、電源コンセントがある場所でしか使用することができず、コードが邪魔になる場合が考えられますので注意が必要です。

また、広い場所を掃除する場合には、延長コードを準備しておくとコンセントを差し直す手間が省けるのでおすすめです。

コードレス式のものを選ぶ

業務用掃除機の中でも充電式のコードレス式のものがあります。コードレス式の業務用掃除機は、コードが無いため邪魔にならず、電源の有無にかかわらずどこでも好きな場所で使うことができるのが魅力です。

コードレス式の業務用掃除機は、比較的軽いものが多いため持ち運びやすく、手軽に取り出しやすので階段などを掃除する時には便利で最適です。

ただ、長い時間使い続ける場合、充電が切れてしまう心配がありますので、稼働可能時間をチェックして選んでおくと安心です。また、急速充電ができるタイプであれば、短時間で充電できるのでおすすめです。

使用する場所別で選ぶ

使用する場所に合った業務用掃除機を選ぶことも大切です。使用する場所別にご紹介しましょう。

乾湿両用タイプのものを選ぶ

業務用掃除機の中には、乾湿両用タイプのものがあります。このタイプの業務用掃除機は、水分を含むものであっても気にせず水ごと吸い込むことができるため、調理場やバスルームなど水を使う場所で多く使用されています。

専用の取り替え用ノズルが付属されているものが多く、用途に合わせて取り付けて使用します。乾湿両用タイプの業務用掃除機では、水分のあるものを吸い取る場合と、通常の乾いた状態の掃除に使用する場合とでは吸い込み可能なゴミの量が異なるため、確認してから購入することをおすすめします。

カーペット専用タイプのものを選ぶ

業務用掃除機の中でもカーペット専用タイプのものがあります。このタイプの業務用掃除機は、特にカーペットの繊維の中に残った細かい塵やホコリも強力な吸引力で根こそぎ吸い取れるのが特徴です。

カーペット専用タイプの業務用掃除機の中でも比較的小型でコンパクトなタイプであれば、家庭でも使いやすく強力なパワーで掃除を行うことができるのでおすすめです。

また、カーペット専用タイプの業務用掃除機であれば、車内を掃除する時に車のシートの中に入った細かいゴミも強力に吸い取るので大活躍します。交換用のブラシやノズルなどの付属されているものが多いので、チェックして選びましょう。

業務用掃除機の人気ランキング10選

第10位

ニルフィスク(Nilfisk)

業務用掃除機 GM80P HEPA

価格:166,773円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも認める高いスペックが魅力

Nilfiskの業務用掃除機は、プロ仕様の本格的な掃除機です。特に空気の汚れが気になる病院や精密機械を扱う場所などで多く使われています。強力な吸引力があり、ミクロのゴミまで吸い取ることが可能です。 4層構造のフィルターを採用しているため、常にクリーンな空気を排出しますので安心して使うことができます。ハイパワーでハイスペックな業務用掃除機をお探しの方にはぜひおすすめです。

寸法長365mm×幅298mm×高さ527mm本体重量5.8Kg
消費電力850W騒音レベル61デジベル
ダストパック容量 9L
第9位

ミナトワークス

乾湿両用掃除機 MPV-101

価格:7,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

軽量で使いやすい高性能な乾湿両用タイプ

業務用掃除機は重量のあるものが多い中、ミナトの「乾湿両用掃除機」は、何と4.5㎏と超軽量であるのが特徴です。10Lのタンクを採用されている乾湿両用タイプですので、水を含んだ場所の掃除も気兼ねすることなく吸い取ることができます。

丸洗いが可能な2層構造のフィルターが搭載されているため、微細なゴミやホコリもしっかりとキャッチするので清潔な排気で安心して使うことができます。またブロワー機能も付いているため、屋外の枯れ葉の掃除にも使用できるのも魅力です。

寸法幅345×奥行310×高365mm本体重量 4.5kg
消費電力1200W騒音レベル 82±2デシベル
ダストパック容量10L
第8位

ベルソス

乾湿両用 業務用掃除機 VS-7305

価格:7,530円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

水分でも力強くたっぷり吸い込む頼れる一台

最大吸い込み容量が水分の場合8リットル、乾いたゴミであれば10リットルの容量がありますので、広い場所で長時間の使用でも途中で満杯になることなく安心して作業を続けることができます。 ステンレス素材を採用しているので、サビに強く、濡れた場所や屋外でも使用することができます。また、水で丸洗いが可能な布製のフィルターを搭載しているため、いつも衛生的に保つことができるのもおすすめのポイントです。 軽量で小回りが利くので扱いやすく、5メートルの長さのロングホースも付属しているので、お庭やガレージの掃除にも便利でおすすめです。

寸法幅317×奥行330×高さ527mm本体重量約6.0kg
消費電力1200W騒音レベル77デシベル
ダストパック容量約18L
第7位

ミナトワークス

乾湿両用 業務用掃除機 MPV-201

価格:8,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

パワフルで高機能でありながらリーズナブルな価格が魅力

ミナトの「乾湿両用業務用掃除機」は、広いフロアのあるホテルやオフィス、作業現場など幅広く使用されている掃除機です。ブロアー機能が搭載されているため、屋外の落ち葉や枯れ葉などを吹き飛ばす作業を行うことができるので便利です。 水で丸洗いできるフィルターを採用しているため、いつも清潔に使うことができます。タンクは20リットルの大容量ですので、長時間広い場所を掃除し続けても途中で満杯になる心配もなく安心して作業を行うことができるのも魅力です。 幅広い用途に使える機能がある上にリーズナブルな価格帯であるのもおすすめのポイントです。

寸法幅380×奥行350×高530mm本体重量8.5 Kg
消費電力1200W騒音レベル78デシベル
ダストパック容量20L
第6位

パナソニック(Panasonic)

紙パック掃除機 MC-G3000P-S

価格:19,750円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アレルギー物質もシャットアウトできる特殊フィルター搭載

パナソニックの「紙パック掃除機」は、業務用でありながらもコンパクトなボディで扱いやすいのが特徴です。紙パック式ですので、ゴミを捨てる際の手間がかからず簡単に行うことができます。

また、パワーが強く、耐久性に優れているのもおすすめのポイントです。抗菌加工が施され、アレルギー物質を除去する特殊なフィルターを採用しているので、排気をいつもキレイに保つことができるので、換気できない場所での使用でも安心です。

さらに、すき間用ノズルが付属されているので、隅に溜まったゴミも吸い込むことができます。

寸法幅274×奥行359×高さ423mm本体重量8.2 Kg
消費電力1150W騒音レベル60デシベル
ダストパック容量5.0L
第5位

髙儀(Takagi)

充電式クリーナー VCM-180LiB

価格:12,611円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コードレスなのにハイパワーなのが魅力

高儀の「EARTH MAN」は、コードレス掃除機にもかかわらずパワフルさが特徴です。繰り返し使える専用ゴミパックと、使い捨ての紙パックの両方を使用することができますので、用途に合わせて選ぶことができます。

 

18Vの大容量のバッテリーが搭載されていますので、使用時間も長くパワーが落ちにくいのも魅力です。また、先端部分を照らすLEDライトが搭載されているため、暗い場所でも確認しながら作業を行うことができます。

バッテリーパックの他、ノズルなどの付属品も充実したおすすめの掃除機です。

寸法長485×幅115×高さ140mm 本体重量1.4kg(バッテリーパック含)
消費電力25W騒音レベル
ダストパック容量0.5L
第4位

ボッシュ(BOSCH)

コードレスクリーナー GAS18V-1

価格:22,315円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1台2役の使いやすいコードレスクリーナー

ボッシュの「コードレスクリーナー」は、18Vの大容量のバッテリーでパワフルに吸い込むことができるのが特徴です。長いノズルとヘッドを使ってスティックタイプとして、また取り外せばハンディタイプの2通りで使用することができます。

大容量のバッテリーが搭載されていますので、長い時間パワーが落ちることなく作業を行うことができます。バッテリーの残量が確認できるランプが付いていますので、急に充電切れしてしまう心配もなく安心です。ロングホースなど、付属品も充実しているのもおすすめのポイントです。

寸法長485×幅115×高さ140mm 本体重量1.6kg(バッテリーパック含)
消費電力25W騒音レベル
ダストパック容量0.7L
第3位

マキタ(Makita)

充電式クリーナ CL181FDZW

価格:8,208円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼のマキタならではの高品質

さまざまな電気工具を展開しているマキタは、特に充電バッテリーの技術の高さではトップクラスと言え、プロの大工の方などに長く支持され続けている信頼のメーカーです。マキタの「充電式クリーナー」は、大容量の18Vのバッテリーを採用されており、軽くてパワフルなのが特徴です。

吸いこんだゴミが溜まる部分はカプセル式になっているので、ゴミの処理が簡単に行えて丸洗いできるため清潔に使うことができます。ワンタッチのボタン式で連続して作業を続けることができるのもおすすめのポイントです。

寸法999×114×152(パイプ、ノズル付)本体重量1.4kg
消費電力42W騒音レベル
ダストパック容量0.6L
第2位

リョービ(Ryobi)

集じん機 VC-1100 683400A

価格:9,679円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルでありながらもパワフルな吸引力!

リョービの「乾湿両用クリーナー」は、軽量で強力な吸引力があるのが特徴です。業務用として建築現場など幅広く使われている掃除機です。乾湿両用タイプですので、乾いたゴミだけでなく水分の吸い込み作業も行うことができます。

また、排水ドレンが付いているため、排水作業を簡単に行うことができます。コンパクトで四角いフォルムですので、収納しやすく扱いやすいのもおすすめのポイントです。高機能でありながらもリーズナブルな価格でおすすめの掃除機です。

寸法幅350×奥行345×高さ435mm本体重量5.5kg
消費電力1,050W騒音レベル2.5デシベル
ダストパック容量乾燥15L/液体12L
第1位

HOTOR

乾湿両用 カークリーナー

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

車内の掃除に最適なハンディクリーナー

乾湿両用タイプのハンディクリーナーです。電源はシガーソケットを使うことができますので、特に車内の掃除に最適なハンディクリーナーです。使いやすいコンパクトなボディは、シンプルなデザインであるのも魅力です。 ステンレス製のフィルターを搭載しているため、水で丸洗いできるのも嬉しいポイントです。すき間用ノズルなど豊富な付属品が付いており、まとめて収納しておける専用バッグも付いているのもおすすめのポイントです。手頃な価格とパワフルな吸引力が人気の掃除機です。

寸法35 x 12 x 11 cm本体重量1.08 Kg
消費電力騒音レベル
ダストパック容量

業務用掃除機のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4901885の画像

    HOTOR

  • 2
    アイテムID:4901882の画像

    リョービ(Ryobi)

  • 3
    アイテムID:4901880の画像

    マキタ(Makita)

  • 4
    アイテムID:4901879の画像

    ボッシュ(BOSCH)

  • 5
    アイテムID:4901877の画像

    髙儀(Takagi)

  • 6
    アイテムID:4901874の画像

    パナソニック(Panasonic)

  • 7
    アイテムID:4901871の画像

    ミナトワークス

  • 8
    アイテムID:4901870の画像

    ベルソス

  • 9
    アイテムID:4901861の画像

    ミナトワークス

  • 10
    アイテムID:4901860の画像

    ニルフィスク(Nilfisk)

  • 商品名
  • 乾湿両用 カークリーナー
  • 集じん機 VC-1100 683400A
  • 充電式クリーナ CL181FDZW
  • コードレスクリーナー GAS18V-1
  • 充電式クリーナー VCM-180LiB
  • 紙パック掃除機 MC-G3000P-S
  • 乾湿両用 業務用掃除機 MPV-201
  • 乾湿両用 業務用掃除機 VS-7305
  • 乾湿両用掃除機 MPV-101
  • 業務用掃除機 GM80P HEPA
  • 特徴
  • 車内の掃除に最適なハンディクリーナー
  • リーズナブルでありながらもパワフルな吸引力!
  • 信頼のマキタならではの高品質
  • 1台2役の使いやすいコードレスクリーナー
  • コードレスなのにハイパワーなのが魅力
  • アレルギー物質もシャットアウトできる特殊フィルター搭載
  • パワフルで高機能でありながらリーズナブルな価格が魅力
  • 水分でも力強くたっぷり吸い込む頼れる一台
  • 軽量で使いやすい高性能な乾湿両用タイプ
  • プロも認める高いスペックが魅力
  • 価格
  • 2780円(税込)
  • 9679円(税込)
  • 8208円(税込)
  • 22315円(税込)
  • 12611円(税込)
  • 19750円(税込)
  • 8980円(税込)
  • 7530円(税込)
  • 7280円(税込)
  • 166773円(税込)
  • 寸法
  • 35 x 12 x 11 cm
  • 幅350×奥行345×高さ435mm
  • 999×114×152(パイプ、ノズル付)
  • 長485×幅115×高さ140mm
  • 長485×幅115×高さ140mm
  • 幅274×奥行359×高さ423mm
  • 幅380×奥行350×高530mm
  • 幅317×奥行330×高さ527mm
  • 幅345×奥行310×高365mm
  • 長365mm×幅298mm×高さ527mm
  • 本体重量
  • 1.08 Kg
  • 5.5kg
  • 1.4kg
  • 1.6kg(バッテリーパック含)
  • 1.4kg(バッテリーパック含)
  • 8.2 Kg
  • 8.5 Kg
  • 約6.0kg
  • 4.5kg
  • 5.8Kg
  • 消費電力
  • 1,050W
  • 42W
  • 25W
  • 25W
  • 1150W
  • 1200W
  • 1200W
  • 1200W
  • 850W
  • 騒音レベル
  • 2.5デシベル
  • 60デシベル
  • 78デシベル
  • 77デシベル
  • 82±2デシベル
  • 61デジベル
  • ダストパック容量
  • 乾燥15L/液体12L
  • 0.6L
  • 0.7L
  • 0.5L
  • 5.0L
  • 20L
  • 約18L
  • 10L
  • 9L

まとめ

業務用掃除機の特徴や選び方、人気商品をランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。自分の使いたい場所や用途に合った業務用掃除機を見つけて快適に使ってみましょう。今回ご紹介した内容を参考にしてぜひ、購入を検討してはいかがでしょうか。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事

本サービスで提供される情報は各ページに記載されている情報提供会社より提供されており、お客様が登録する情報は同社に提供されます。 エキサイト株式会社では、登録情報の提供を受けておりません。

TOPへ