記事ID134459のサムネイル画像

【使い方は無限大?】人気の吸音材のおすすめランキング10選

主に録音現場などに使わることの多い吸音材。実はご家庭にも簡単に設置できることをご存知でしたか?また、実際買おうとすると、吸音材にも様々な種類がありどれを買えば良いか迷うことでしょう!そこで、今回は人気のあるおすすめ吸音材をランキング形式でまとめました!

吸音材で音の反響を減らそう

テレビなどで音楽の録音現場などにびっしりと敷き詰められている吸音材を見たことのある方は多いのではないでしょうか。吸音材とはその名の通り、音を吸収する素材のことです。しかし、その吸音材は一般家庭にも気軽に設置できることをご存知でしたか?

 

自宅で音楽やYouTubeの録音などをする方は音の反響が気になってしまうことがあるでしょう。また、特にマンションなどの集合住宅にお住まいの場合、隣の部屋などに音が響いてしまう場合があります。

 

今回は、そんな反響を取り除き、さらには隣人トラブルを防ぐのにもピッタリな吸音材を、ランキング形式でご紹介していきます。是非、皆様の家庭環境や使用用途に合った吸音材を探してみてください!

【ダイソー?ホームセンター?】吸音材はどこで買える?

とても便利な吸音材ですが、意外と身近なところで購入ができます。ホームセンターなら種類は豊富。壁用や床用など、多種多様な吸音材を購入できるでしょう。ダイソーなどの100均でも吸音材は販売しています。

 

ただし、100均の吸音材は使い物にならないと考えた方がよいでしょう。100均では「防音テープ」などが販売されています。扉と床・壁などの隙間に張り付けることで隙間を埋め、多少の音漏れや戸当たりなどを軽減しますが、吸音材としての性能は低め。

 

大量に集めることで吸音性・防音性が上がる素材はありますが、コスパが良いとはいえません。ダイソーなどの商品で済ませようとお考えの方は注意してください。

吸音材の選び方

吸音材には、実際のプロの録音スタジオに用いられるものから、見た目のオシャレなもの、隙間に挟み込めるようなものまでバリエーションが豊かです。好みや、使用用途に合った吸音材を選びましょう。

使用用途で選ぶ

吸音材は壁に貼るだけではなく、スタンドタイプや隙間に挟み込むタイプなど様々なタイプがあります。そのため、ご自分の吸音材に求める役割を確認してからぴったりな吸音材を選ぶことが大切です。

取り付け簡単「壁に取り付ける吸音材」

壁に直接取り付けるタイプを使用すると、壁によって頻繁に生じる反響などを軽減することができます。また、切り貼りができるタイプが多いので、部屋の角など音の溜まりやすい場所にも簡単に設置することができます

 

しかし、基本的には壁に直接貼ることになるので、賃貸など部屋を傷つけてはいけない部屋などの場合は注意が必要です。また、時間が経つと剥がれ落ちてきてしまう可能性もあることにも注意する必要があります。

 

とはいえ、様々なシーンにおいてよく用いられているものなので、以上の注意点を考慮に入れた上で使用することをおすすめします。

プロレベルの環境を「スタンド型の吸音材」

スタンド型の吸音材はプロの現場でもよく用いられるタイプです。スタンド型の吸音材は壁に設置するタイプと比べて覆う面積は少ないですが、厚さがある上に大型のものが多いです。そのため、面積あたりの吸音力が強くなります

 

また、移動させることもできるので、使うシーンに応じた場所を模索して、その時にピッタリな配置にすることができます

 

しかし、その大きさゆえ、部屋の中に置いておくと使っていない時に非常に邪魔に感じることが多くなってしまいます。ご自分の設置する部屋の大きさを鑑みて検討することが好ましいでしょう。

細かな部分に「隙間に挟み込む吸音材」

隙間に挟み込むタイプの吸音材はドアの開閉時の振動音、隙間から漏れてくる人の話し声などを吸音することができます。こちらは今回ご紹介している使用用途の吸音材のタイプの中で最も気軽に導入することができる吸音材と言えるでしょう。

 

大きな広い面などの吸音には適していませんが、細かな気になる部分に手が届きます。そこまでしっかりとした吸音をする必要のない一般家庭の部屋の中で応急処置のような使い方としても機能します。

 

特に録音などの目的が無い方でも、こちらのタイプはかなり役に立つアイテムと言えます。少し気になる部分などに気軽に使用できます。

目的で選ぶ

吸音材の使い道は多岐に渡ります。そこで、次にご家庭の状況をどのようなものにしたいのかということに的を絞った選び方をご紹介していきます。

集合住宅での近隣への騒音防止

マンションなどの集合住宅で、近隣トラブル防止のために吸音材をお求めの方にはマットのような吸音材をおすすめします。壁に貼る必要もなく、壁に立てかけておくだけでも一定の効果が得られます。

 

また、近隣への騒音防止効果だけではなく、近隣からの騒音に悩まされている方にもおすすめです。騒音元の部屋の方向の壁のみに設置すればよいので、コストパフォマンスも抜群です!

 

サイズも様々な大きさのものが出ているので、ご自分の部屋にピッタリの大きさのマット型吸音材を選びましょう。

ホームシアター・録音スタジオ

ホームシアターや録音スタジオの防音に用いる吸音材は、壁に貼り付けられるものがおすすめです。壁と密着することで、映画などの鑑賞時や録音する際などに取り除きたい反響を防ぐことができます。

 

壁一面に吸音材が広がっている様子は部屋のインテリアの一部として映えることは間違いなしです。ご希望の部屋の演出に一役買うことでしょう。

 

ただ、面積に対して値が張る傾向にあるので、しっかりとご自分の希望や目的を考慮した上で吸音材を選定することが大切です。また、一度貼ると綺麗に剥がすことが難しくなってしまう場合もあるので注意しましょう。

 

 

会議室・病室など

オフィスの会議室や病院内の大きな空間で仕切りを作りたい時に、吸音パーティションが便利です。仕切り間の話し声などが聞こえてくるのを軽減したり、好きなように空間を区切ることができるので一石二鳥と言えるでしょう。

 

また、キャスターなどが付属している場合が多いので、力の強くない方でも気軽に持ち運んだり移動させるができることも良い点と言えます。

 

その手軽さの反面、簡単に倒れてしまったりする場合もあります。また、先ほど紹介した吸音材よりもどうしても吸音力という点では劣ってしまいます。その点に注意して選ぶようにしましょう。

設置方法で選ぶ

一言に吸音材と言っても様々な設置方法があります。ここでは設置方法から吸音材を選ぶ方法をご紹介していきます。

貼る吸音材

貼るタイプの吸音材は最も手軽に用いることができるでしょう。設置方法はとても簡単で、力の無い方でも簡単に設置することができます。

 

その反面、一度設置してしまうと取り除くことが難しくなってしまう場合があるので注意しましょう。特に、賃貸などの壁に貼り付けてしまうと、剥がし跡などが残ってしまい、大家さんとのトラブルに発展する場合もあります。

 

とはいえ、導入の気軽さはピカイチなのでご家庭の状況を鑑みた上で、候補に入れると良いでしょう。家を購入している方には最有力候補となること間違いなしです!

立てる吸音材

床に立てる吸音材はサッと置くだけなので、商品を購入してから設置までのプロセスがとても短いことがポイントと言えるでしょう。また、設置するだけでプロレベルの吸音力を手に入れることができることもポイントです。

 

しかし、重量が重くなる傾向にあるので力のない方には少し設置が難しくなってしまうかもしれません。極力運搬の手間を省くため、店舗で購入するのではなく運送サービスを利用するのが良いでしょう。

 

その圧倒的な吸音力ゆえ、性能を重視する方には最適なものとなります。プロレベルのものを手軽に導入したい方にはピッタリの選択と言えるでしょう。

置く吸音材

置く吸音材は先程の立てる吸音材と似ていますが、こちらは本当に置くだけです。重いものを運んだりする必要すらありません。商品を購入し、開封し、置くだけです。その簡単さから、最も気軽に設置できる吸音材と言えるでしょう

 

しかし、その性能は大きなものに比べるとどうしても劣ってしまいます。そのため、他の貼る吸音材や、立てる吸音材とセットで使うことが好ましいでしょう。

 

本当に設置が簡単なので、ご家庭に一つあっても良いかもしれません。気になるところにサッと設置しましょう。

吸音材の人気ランキング10選

第10位

スーパーダッシュ

ピラミッドアコースティックタイルフォームSD1034

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多様なカラーバリエーション

こちらのスーパーダッシュの吸音材は、色が黒・グレー・ブルゴーニュ・ライトブルー・赤・青・黄の8色の圧倒的なカラーバリエーションを展開しています。そのため、ご自分のお部屋に合った色を選択することができます。

 

また、価格も24枚で2999円とかなりお求めやすい価格設定となっています。「吸音材を導入してみたいけどいきなり高いものは…」という方にはピッタリの商品と言えるでしょう。また、カラーバリエーションが豊富なのでお部屋のこだわりが強い方にもおすすめです。

 

口コミには「低音の輪郭がはっきりした」との声がありました。低音の輪郭がぼやけていると感じている方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

カラー展開黒・グレー・ブルゴーニュ・ライトブルー・赤・青・黄材質ポリウレタン
第9位

AURALEX

Stand-Mounted LENRD

価格:92,418円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

圧倒的な吸音効果

こちらのAURALEXのスタンド型吸音材は高さ約1.2mの吸音材4つとMAXスタンド4本のセットです。また、約1.8~2.4mまでの高さに調節することもできます。この高ささえ確保できれば導入するのはとても簡単です。

 

また、接着剤などを用いることもなく持ち運びもできるので、場所の移動も簡単に行えます。そのため、音を聞きながら一の微調整をするなどといったこともできます。

 

そして、形状が直角でできているので、使用しない際には部屋の隅などに置いておくこともできるので、部屋に置いていても邪魔に感じることは少ないでしょう。

 

カラー展開チャコールグレー・パープル材質-
第8位

日本特殊塗料

日本特殊塗料 防音一番オトナシート(5枚入り)

価格:1,889円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

お手頃簡単シート

こちらの防音シートは壁に貼り付けるだけで設置できるのでとても簡単に吸音材を導入することができます。また、裏面にシールが最初から付いているので壁にとても簡単に買ってすぐに設置することができます。

 

また、大きさも30mm×40mmなので、部屋の壁に設置する場所も確保しやすいでしょう。そして、壁に貼り付ける用途ですが、天井にも貼り付けられるようですので、上からの騒音もある程度は軽減できるでしょう。

 

お値段も2000円を切っているので、楽器の演奏などをする上で、少し近所迷惑になっていないか気になっているが、そこまでお金をかけられないという方にはピッタリの商品と言えるでしょう。

 

 

カラー展開材質-
第7位

SDOFF

SDOFF 防音シート

価格:6,798円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カット可能な貼り付け吸音シート

こちらの防音シートはカットできるという点がポイントです。ご自分のご家庭の壁や家具などに合わせて切り貼りすることが可能です。そのため、壁際に物が多く吸音シートを敷きにくいという方も容易に導入できるでしょう。

 

また、1m×3mあるので、様々な場所に切り分けて設置することが好ましいでしょう。切り分けると、壁二面に貼り付けることもできます。

 

このように、切り分けられるということはカスタマイズ性の高さを表しています。この商品を使うと、ご自分のご家庭の部屋や状況などに合わせて最善の防音環境を作り出すことができるでしょう。

カラー展開材質ポリウレタン
第6位

リビングート

吸音パネル フェルメノン

価格:2,754円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

45度カットによる立体感で高級感を演出

こちらの吸音パネルは従来の吸音材とは違い、フェルト素材でできています。そのため、生活感のあふれる部屋にも合うことでしょう。また、カラーバリエーションも豊富なのでご自分の部屋に合った色を選択できます。

 

また、大きな特徴として角が45度カットされており、立体感が出る仕様になっています。そしてそれにより、タイルが敷き詰められているように見えるため、高級感を演出することもできます

 

さらに、カットすることもできるので、壁際に物が多いという場合にもピッタリはめられるでしょう。壁の取り付け方としては、虫ピン・ホットメルト・面ファスナーから選ぶことができます。

カラー展開材質フェルト(ポリエステル100%)
第5位

防音専門 ピアリビング

GCボード

価格:20,520円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

面積単価が安いが性能は安定

こちらのGCボードは、一般的に工事現場などで用いられているグラスウールを厚手ガラスクロスで額縁貼りした内装用グラスウールによってできています。そのため、吸音性能という点ではこれを買っておけば間違いないでしょう。

 

また、一般的に用いられるクリアボードよりもお求めやすい価格設定となっているので、高い吸音性能が求められる機械工房や工場などの壁面に設置すると高い効果を得られることでしょう。

 

しかし、少し他のものと比べ厚さがあり、一般家庭に設置するにはすこし敷居が高いものかもしれません。ただ、プロレベルの吸音性能を求める方にはピッタリの商品となっています。

カラー展開材質グラスウール
第4位

デッドニング・防音工房

3Mシンサレート吸音シート

価格:3,329円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

薄型高性能吸音シート

こちらの吸音シートは今回ご紹介している商品の中で、最も薄い吸音材の一つと言えるでしょう。その薄さゆえ、細かく切り分けて使用することができます。小さな物を覆う際に使用することが好ましいでしょう。

 

また、とても軽量でありながら、吸音材の効果を持つとともに断熱材としての効果も持ち合わせています。外気からの温度伝熱を低く保ちたい際などにも最適でしょう。

 

以上のような特徴から、自動車の車内の壁面などに設置するのにピッタリの商品と言えます。自動車内で大きな音楽を聞きたいが、外に音が漏れるのは避けたいという方は必見です!

カラー展開材質ポリプロピレンマイクロファイバー・ポリエステル短繊維
第3位

PicoRico

ポリウレタンフォーム

価格:2,900円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

コスパ抜群な高性能吸音材

こちらのPicoRicoのポリウレタンフォームはコストパフォーマンスの観点から見ると1位をつけても良いかもしれません。とても高性能でありながら5枚で3000円を切るというのは破格であると言わざるを得ません。

 

ただ、Amazonの概要欄にも書かれていますが、自室から発生する音には吸音効果は抜群ですが、隣室から発生された音には吸音効果は薄れてしまうとのことなので、隣室からの騒音解消の目的で購入するのは避けたほうがいいかもしれません。

 

しかし、録音などの反響防止にはとても効果のある商品で価格もかなり低いので、個人スタジオなどに設置する方にはピッタリの商品と言えるでしょう。

カラー展開ブラック材質ポリウレタン
第2位

AURALEX

Studiofoam Wedgies

価格:23,335円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

小型かつ高密度な吸音材

こちらのStudiofoam Wedgiesはポリウレタン製ですが、一般的なウレタンよりもしっとりした感触なので、高密度な吸音材と言えるでしょう。その高密度ゆえ、吸音効果には文句なしです。

 

他のものと比べ、少し大きさが小ぶりですが、その吸音性能は抜群でプロの現場でも使われるほどです。また、その性能がありながら30cm四方の正方形吸音材が24枚入りでこの価格というのはなかなか実現できないでしょう。

 

設置したいスペースがそこまで広くないが性能は妥協したくない、値段はある程度抑えたいができるだけ高性能がいいというような要望には的確に答えてくれます。コストパフォーマンスという点では申し分ありません。

カラー展開材質ポリウレタン
第1位

イノアック

mini-SONEX

価格:14,200円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロも使用の吸音材

こちらのmini-SONEXは吸音性能が高いことで知られるポリウレタンフォームを用いた、カームフレックスF-2によってできています。カームフレックスとは、イノアック社独自の吸音材のことです。

 

そしてそれをくさび型形状にカットしているので、同じ大きさの吸音材と比べてより大きい面積の吸音材と同じ吸音効果を得ることができます。また、吸音効果が高い音域は高音域・中音域であることから、プロの録音現場などにも用いられています。 

 

面積あたりの値段は他のものと比べて少し高価になっていますが、その分その性能は申し分ありません。プロレベルの吸音を求めている方にはピッタリの商品と言えるでしょう。

カラー展開黒・グレー材質ポリウレタン

吸音材のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4902025の画像

    イノアック

  • 2
    アイテムID:4902028の画像

    AURALEX

  • 3
    アイテムID:4902046の画像

    PicoRico

  • 4
    アイテムID:4901866の画像

    デッドニング・防音工房

  • 5
    アイテムID:4901865の画像

    防音専門 ピアリビング

  • 6
    アイテムID:4901802の画像

    リビングート

  • 7
    アイテムID:4901656の画像

    SDOFF

  • 8
    アイテムID:4901652の画像

    日本特殊塗料

  • 9
    アイテムID:4901568の画像

    AURALEX

  • 10
    アイテムID:4901552の画像

    スーパーダッシュ

  • 商品名
  • mini-SONEX
  • Studiofoam Wedgies
  • ポリウレタンフォーム
  • 3Mシンサレート吸音シート
  • GCボード
  • 吸音パネル フェルメノン
  • SDOFF 防音シート
  • 日本特殊塗料 防音一番オトナシート(5枚入り)
  • Stand-Mounted LENRD
  • ピラミッドアコースティックタイルフォームSD1034
  • 特徴
  • プロも使用の吸音材
  • 小型かつ高密度な吸音材
  • コスパ抜群な高性能吸音材
  • 薄型高性能吸音シート
  • 面積単価が安いが性能は安定
  • 45度カットによる立体感で高級感を演出
  • カット可能な貼り付け吸音シート
  • お手頃簡単シート
  • 圧倒的な吸音効果
  • 多様なカラーバリエーション
  • 価格
  • 14200円(税込)
  • 23335円(税込)
  • 2900円(税込)
  • 3329円(税込)
  • 20520円(税込)
  • 2754円(税込)
  • 6798円(税込)
  • 1889円(税込)
  • 92418円(税込)
  • 2999円(税込)
  • カラー展開
  • 黒・グレー
  • ブラック
  • チャコールグレー・パープル
  • 黒・グレー・ブルゴーニュ・ライトブルー・赤・青・黄
  • 材質
  • ポリウレタン
  • ポリウレタン
  • ポリウレタン
  • ポリプロピレンマイクロファイバー・ポリエステル短繊維
  • グラスウール
  • フェルト(ポリエステル100%)
  • ポリウレタン
  • -
  • -
  • ポリウレタン

おすすめの吸音材でも騒ぎ放題というわけではない

一口に吸音材と言えど、その使用方法や吸音効果のある音域などの様々な違いが見られました。録音スタジオなどの反響防止にはもちろん、一般家庭の騒音防止などにも用いることができるので、ご自分に合った吸音材を探してみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ