記事ID134456のサムネイル画像

【読みやすくておすすめ!】文豪・森鷗外の作品ランキング10選

有名な文豪・森鷗外の作品が読みたいけれど、何から手を付けたら良いのか分からず、困っていませんか。そこで今回は森鷗外のおすすめの作品をランキング形式でご紹介します。おすすめの選び方もあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

数々の名作を生みだしたことで有名な文豪・森鷗外

明治・大正時代に一世を風靡した文豪・森鷗外。学生時代、授業で彼の作品に触れたという人も多いのではないでしょうか。近年は人気ゲームの主人公としても取り上げられており、さらに多くの人に親しまれています。

 

森鷗外は陸軍軍医ののちドイツ留学という生涯を歩みつつ、作家として『舞姫』『山椒大夫』など、数々の名作を生み出しました。そんな彼が遺した文章は、100年たった現在でもたくさんの作家・読者に愛され続けています。

 

時代が移り変わっても色褪せることのない、簡潔さと気品を兼ね備えた表現が、森鷗外の持ち味といえるでしょう。今回は、そんな森鷗外のおすすめの作品を10冊ご紹介します。選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

作品のタイプで選ぶ

まずは作品のタイプから、自分好みのものを探してみましょう。「小説」「翻訳」の2つに分けて説明していきます。自分がどちらの作品のタイプが好きなのかということを考えながらご覧ください。

「小説」は高い表現力に舌を巻く

まずはオーソドックスとも言える「小説」。「普段から小説を読むのが好き」「森鷗外の作品に触れてみたいけれど、たくさんありすぎてよく分からない」「森鷗外の神髄は小説にあるのではないかと思っている」という方におすすめです。

 

森鷗外は生涯を通して、実に幅広いジャンルの小説を執筆したことでも知られています。あまりにも取り扱っていたジャンルが多すぎて、読者も驚愕するレベルです。詳しくは後述しますが、きっとあなた好みのテイストの作品がみつかるでしょう。

 

森鴎外の小説の表現力は読書家が舌を巻くほどです。そのため、森鷗外が好きな方・興味がある方はぜひ一読してみてください。

森鴎外の知性に触れられる「翻訳」

森鷗外の「翻訳」は質が高いと定評があります。彼は4年間ほどドイツ留学をしていたため、その経験が生かされていると考えられるでしょう。その綺麗な日本語訳は、当時はもちろん、現在でも惹きつけられる人が多数います。

 

適切かつ読みやすい森鷗外の翻訳書は今でも複数の出版社から販売されており、輝きを失っていません。「翻訳書が好き」「ドイツ語の原作と読み比べて楽しみたい」「綺麗な日本語を堪能したい」「翻訳者を目指している」という方におすすめです。

 

作品のジャンルで選ぶ

ここからは、作品のジャンルでの選び方を「歴史」「怪談」「自伝」「恋愛系」の4つに分けてご紹介します。森鷗外が手がけた数多くの作品の中から好きなものをピンポイントで選ぶ参考にしてください。

 

自分の好きなジャンルが分かれば、おのずと読みたい本、読むべき本が浮き彫りになってきますよ。ジャンルはかなりあるので、1つに絞らず、複数ピックアップして、その中で1番気になる作品から順番に読んでいくという楽しみ方もおすすめです。

気品ある文章が魅力の「歴史」

森鷗外が手がけた「歴史」系の小説は、気品のある文章が魅力的です。内容は奥が深く、考察がはかどるジャンルといえます。江戸時代・明治時代の空気感を肌で感じられるような作品が多く、この時代が好きな人は手放せなくなるでしょう。

 

そのため、「小説を読んで作者の意図を読み取るのが得意」「強いメッセージ性を感じる作品が好み」という方が満足できるジャンルです。

 

また、過去にドラマ化・映画化・舞台化されたのもこのジャンルです。小説とあわせて映像作品も楽しみたいという人も向いているでしょう。

「怪談」は背筋が凍るリアリティ

森鷗外は「怪談」がテーマの作品も手掛けています。これは背筋が凍るほどのリアリティを誇るため、怖い話が苦手な人にはおすすめできません。あっさりとした語り口調が、ぽつりぽつりと話す語り部を前にしたような恐怖を彷彿とさせるためです。

 

逆に、とびきり怖い話は読みたいという方にはぴったりのジャンルです。また、怪談話が活発になる夏の時期の読書にも向いているといえるでしょう。

森鷗外の人柄が分かる「自伝」

森鷗外がどんな生涯を送ったか、その一部を知ることができる「自伝」。森鷗外に強い関心がある人や、ノンフィクションのお話が好きな人におすすめのジャンルです。

 

森鷗外が思い立って執筆したこの自伝は、独特の語り口に思わずのめりこんでしまう魅力があります。「とりあえず何か読んでみたい」と考えている人も、「森鷗外ってどんな人だったんだろう」と思っている人も、ともに満足できるクオリティとなっています。

巧みな心理描写が光る「恋愛系」

森鷗外が留学先のドイツでエリーゼという名の女性と恋に落ちた話は有名です。そして、そのときのロマンスをもとに書かれた「恋愛系」の作品は、キラリと光る巧みな心理描写が特徴的です。

 

切なさや愛しさ、どうにもならない憤り。そして計算されつくした見事な文章構成。これらがかけあわさって、非常にクオリティの高い作品に仕上がっています。

 

「恋愛ならではの心の動きを楽しみたい」という方や、「読みごたえのある良作を味わいたい」という方に最適です。

読書経験で選ぶ

読書経験によって森鷗外の作品の選び方は大きく変わります。そのため、ここからは読書経験別におすすめの選び方を紹介していきます。自分はどれに当てはまるか考えながらご覧ください。

初心者は読みやすさ重視

「難しい本だと読み切れないかもしれない」「森鷗外に興味を持ったけど、読みやすい作品はあるのかな」という不安を抱える、読書経験が浅い方も少なくないでしょう。

 

このような場合は短編集などの、短くて読むのが負担にならないような作品がおすすめです。また、恋愛がテーマの作品も現代に通ずる部分や共感ポイントが多く、すんなり頭に入ってきます。

 

ページ数や話の長さ、主題で選んでみましょう。また、あらすじを知っている作品や、すこし読んだことがある作品も読み進めやすいです。

中級者はボリューム重視

「普段から本はまあまあ読んでいる」「じっくり読書を楽しみたい」という方は、すこしボリュームのある作品を選んでみましょう。

 

森鷗外は1巻読みきりの作品が多いイメージですが、中には上・中・下巻の3冊からなる作品もあります。長編だと、より森鷗外が書く日本語の美しさを楽しむことができます。森鷗外の作品には漢語やドイツ語が登場するため、それらをゆっくり紐解いてみても良いかもしれません。

 

本に触れる機会が多い人は、ぜひボリュームを意識した作品選びにチャレンジしてみてください。

上級者は考察が捗る作品

森鷗外の作品は、現在でも解釈の議論が白熱しているものが多く存在します。普段から読書が好きで他の文豪の作品もある程度読んだという人や、本の内容から考察を進めるのが好きという人にはぴったりといえるでしょう。

 

特に生死にかかわるようなテーマで書かれた作品や、歴史モノはその傾向が顕著です。

森鷗外の作品の人気ランキング10選

第10位

岩波書店

森鴎外 椋鳥通信(上) (岩波文庫)

価格:972円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

20世紀の欧州をのぞいてみよう

第10位は『椋鳥通信』です。20世紀初頭の欧州において、森鷗外が興味・関心を持ったニュースを集め、さらに解説している作品。現代でも読みやすいテーマで、かつ、森鷗外の事件に対する着眼点を知れるため、夢中でよみふけってしまいます。

 

森鷗外の豊富な語彙により、当時の世界の出来事が非常に簡潔に、そして統計なども交えて分かりやすく記されています。100年前の欧州の空気感を肌で感じられるような内容は、読んでいるとタイムスリップしたような気分になれるでしょう。

 

本作は、現代のエッセイにあたる小説です。上・中・下巻の3冊で構成されていて内容も読みごたえがあるため、読書中級者におすすめです。

ページ数481(1冊分)ジャンルエッセイ
第9位

筑摩書房

森鴎外集 鼠坂―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)

価格:640円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

怖い話好きな人におすすめ

第9位は『鼠坂』です。知る人ぞ知る、森鷗外によって紡ぎ出された怪談です。タイトルの『鼠坂』は、鼠じゃないと上り下りが困難な坂を指しています。この話の主人公は、建築祝いでお金持ちの家に招かれた新聞記者。

 

かなりお酒が入っていた家の主人は、以前新聞記者から聞いた話を語り出しました。新聞記者がある時、人気のない家にいた綺麗な女性と無理矢理肉体関係を持ち、その後殺してしまったという、何ともむごいエピソードです。しかしこの話はここで終わりではありません。

 

背筋が凍るようなおどろおどろしい描写に森鷗外の文章力が如実にあらわれています。怖い話が好きな人や、特に短い小説を探しているという人におすすめです。

ページ数398ジャンルホラー
第8位

岩波書店

舞姫・うたかたの記―他3篇 (岩波文庫 緑 6-0)

価格:250円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

哀しく風情のあるロマンス

第8位は『うたかたの記』です。ドイツのミュンヘンへ、日本画の学生である巨勢が赴き、自身の想い人であるマリイとの再会を果たすところから物語は始まります。彼女の母親は国王に惚れ込まれていました。父親はそんな母親を国王から守り抜きましたがほどなく死亡。

 

そしてそれをたいへん悲しんだ母親も自殺してしまい、現在は他の家でお世話になっていると明かしました。お互いの想いを確かめて湖のほとりでデートを楽しむ2人。しかし、そこでマリイの母親を苦しめた国王と遭遇してしまいます。

 

想いが通じ合った巨勢とエリイを襲う悲劇。衝撃的なラストに目が離せません。非恋系のラブストーリーが好きな方、短編が読みたい方、そして『舞姫』と内容を比較してみたい方におすすめの作品です。

ページ数185ジャンルラブストーリー
第7位

岩波書店

渋江抽斎 (岩波文庫)

価格:864円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

森鷗外が強い関心を持った人物とは?

第7位は『渋江抽斎』。江戸時代、主に医師や学者として有名だった「渋江抽斎」という人物について書かれた史伝です。当時は新聞で連載されていました。森鷗外は武士図鑑にある「渋江抽斎」という名前に興味を持ち、それがきっかけで一族の歴史を調べ始めます。

 

森鷗外と渋江抽斎にはいくつかの共通点があります。そのためもっと知りたいと思ったという経緯があるのですが、これは現代にも通ずるものがあるのではないでしょうか。自分と職業や境遇が似ている人物に親近感が湧くのは、至極当然のことといえます。

 

読み進めるうちに、森鷗外が興味を持った渋江抽斎のことが自分まで気になってしまうような、魅力的な作品です。長編の伝記が読んでみたいという方におすすめです。

ページ数389ジャンル伝記
第6位

新潮社

阿部一族・舞姫 (新潮文庫)

価格:562円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

武士の生きざま、ここにあり

第6位は『阿部一族』です。江戸時代の肥後藩を舞台に、実際の事件を森鷗外がテーマとして取り上げた作品です。藩主である細川忠利は生死にかかわる病になり、良くなる見込みもありません。そのため多くの家臣が立て続けに殉死を遂げていく場面から始まります。

 

阿部弥一右衛門も殉死を乞うた1人でしたが、以前より彼と馬が合わないと感じていた藩主はこれを却下しました。ここから展開していくストーリーの中で、なぜ阿部弥一右衛門とその家族に不幸が降りかかってしまったのかが丁寧に描かれています。

 

現代にも通じる人間関係の難しさや死への執着が、非常に簡潔に述べられているため、読みながら思わず共感してしまったという人も多いでしょう。武士の実態が知りたい人、人間関係につまずいている人、史実を基にした短編を探している人におすすめの作品です。

ページ数384ジャンル歴史
第5位

新潮社

雁 (新潮文庫)

価格:400円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

森鷗外が描くトライアングル・ラブ

第5位は『雁』です。主人公である「僕」と、その友達の岡田。そして訳あって高利貸しをしている男・末造の妾となったお玉の三角関係が描かれた恋愛小説です。お玉は岡田のことが好きで、いつか自分をこの環境から救ってくれるはずだと信じて夢見ている女性。

 

その想いを伝えようと岡田を待っていた日、そこを通った岡田が「僕」と一緒にいたことから、告白のタイミングを逃してしまいました。「僕」はその日夕飯で出たサバの味噌煮が嫌いなため岡田と散歩をしていたのですが、このような出来事が何度も繰り返されます。

 

そして結局2人は結ばれぬまま物語は結末を迎えます。岡田には憧れていて、お玉のことは気になっていた「僕」から見た2人の様子を切り取った物語。中編小説で、内容もそこまで難しくはないため、普段本を読む機会があまりない人にもおすすめできます。

ページ数192ジャンルラブストーリー
第4位

新潮社

ヰタ・セクスアリス (新潮文庫)

価格:400円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

現代でも読みやすい森鷗外の自伝

第4位は『ヰタ・セクスアリス』です。これはラテン語で「性欲的生活」を意味します。そのタイトルの響きから、公開された当時になんと発行禁止処分となってしまった作品です。しかし内容は決して淫靡なものではないため、学生でも問題なく読めます。

 

本作は自伝にあたる作品で、森鴎外が性に目覚めたときからの16年間がつづられています。現代と明治時代の恋愛観もわかるため、自伝も恋愛系の小説も好きという方におすすめです。内容に反した独特な語り口と冷静な文章表現が特徴的な作品となっています。

ページ数192ジャンル自伝
第3位

新潮社

山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)

価格:529円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

家族愛を描いた感動作

第3位は『山椒大夫』です。これは説話の『さんせう太夫』の筋書きを軸に、森鷗外が書き下ろした作品です。原作と比較すると、オリジナルの展開がところどころ盛り込まれていることに気づきます。

 

また、むごい場面はほぼカットされており、より幅広い人に受け入れられやすいものとなっています。主人公は2人の姉弟。ある出来事をきっかけに辛く苦しい環境に身を置くことになった2人が互いを支え合って懸命に生きる姿を巧みに描いた作品です。

 

作中の2人の言動からは、家族愛がひしひしと感じ取れます。感動的な物語が読みたい人や、「ここからどうなるんだろう」と展開を予想しながら読むのが好きな人におすすめです。

ページ数384ジャンル民話
第2位

集英社

高瀬舟 (集英社文庫)

価格:367円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

昔からの社会問題にメスを入れた作品

第2位は『高瀬舟』。過去に映画・ドラマ化されているためご存知の方も多いでしょう。殺人を犯した男・喜助が、その罪を償うため舟に乗り、遠島へ向かうところから始まります。ちなみにタイトルは、この舟が作中で高瀬川を下ることから名付けられました。

 

喜助を送り届ける役割を担う同心羽田庄兵衛は、人を殺してしまったにもかかわらず暗い顔をしていない彼に疑問を持ち、話しかけます。そこで明らかになるのは、現代でも深刻な社会問題となっている「安楽死」や「貧困」に関わる出来事でした。

 

短編でありながら、現在でもずっと主題が議論されているほど内容が重く深い作品です。喜助の身に起こった出来事を全て知り、紐解いていくことで、その神髄が理解できるでしょう。考察が好きな人、読みごたえのある短編小説が好きな人におすすめです。

ページ数278ジャンル歴史
第1位

筑摩書房

現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)

価格:626円(税込)

サイバーマンデー開催中!!Amazonで詳細を見る
楽天スーパーセール実施中!!楽天で詳細を見る
年末感謝セール実施中!!Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

時代と周囲に引き裂かれる2人のラブストーリー

第1位は『舞姫』です。主人公・太田豊太郎は留学中に、エリスという美しい女性と出会います。父の葬儀代の準備すら難しいほどお金に困っている彼女に豊太郎は手を差し伸べ、親密な仲になっていきます。

 

しかし国や時代は彼らを許してはくれませんでした。2人が交際していると知った同僚が勤め先に密告し、豊太郎は職を失ってしまいます。周囲に2人の関係を認めてくれる人はいません。

 

そんな時でも自分を救い出してくれたエリスと、世間の目や仕事。どちらを取るべきか最後まで悩む豊太郎の姿が巧みに描かれています。森鷗外のドイツ留学中のエピソードを基に書かれた小説とも言われているため、森鴎外のロマンスが気になる方におすすめです。

ページ数206ジャンルラブストーリー

森鴎外のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4900366の画像

    筑摩書房

  • 2
    アイテムID:4900363の画像

    集英社

  • 3
    アイテムID:4900359の画像

    新潮社

  • 4
    アイテムID:4900358の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4900356の画像

    新潮社

  • 6
    アイテムID:4900354の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:4900349の画像

    岩波書店

  • 8
    アイテムID:4900346の画像

    岩波書店

  • 9
    アイテムID:4900343の画像

    筑摩書房

  • 10
    アイテムID:4900330の画像

    岩波書店

  • 商品名
  • 現代語訳 舞姫 (ちくま文庫)
  • 高瀬舟 (集英社文庫)
  • 山椒大夫・高瀬舟 (新潮文庫)
  • ヰタ・セクスアリス (新潮文庫)
  • 雁 (新潮文庫)
  • 阿部一族・舞姫 (新潮文庫)
  • 渋江抽斎 (岩波文庫)
  • 舞姫・うたかたの記―他3篇 (岩波文庫 緑 6-0)
  • 森鴎外集 鼠坂―文豪怪談傑作選 (ちくま文庫)
  • 森鴎外 椋鳥通信(上) (岩波文庫)
  • 特徴
  • 時代と周囲に引き裂かれる2人のラブストーリー
  • 昔からの社会問題にメスを入れた作品
  • 家族愛を描いた感動作
  • 現代でも読みやすい森鷗外の自伝
  • 森鷗外が描くトライアングル・ラブ
  • 武士の生きざま、ここにあり
  • 森鷗外が強い関心を持った人物とは?
  • 哀しく風情のあるロマンス
  • 怖い話好きな人におすすめ
  • 20世紀の欧州をのぞいてみよう
  • 価格
  • 626円(税込)
  • 367円(税込)
  • 529円(税込)
  • 400円(税込)
  • 400円(税込)
  • 562円(税込)
  • 864円(税込)
  • 250円(税込)
  • 640円(税込)
  • 972円(税込)
  • ページ数
  • 206
  • 278
  • 384
  • 192
  • 192
  • 384
  • 389
  • 185
  • 398
  • 481(1冊分)
  • ジャンル
  • ラブストーリー
  • 歴史
  • 民話
  • 自伝
  • ラブストーリー
  • 歴史
  • 伝記
  • ラブストーリー
  • ホラー
  • エッセイ

まとめ

今回は森鷗外のおすすめの作品について紹介しましたが、いかがでしたか。気になる作品が1つでも見つかりましたでしょうか。森鷗外の作品を選ぶときは、自分の読書経験や興味のあるジャンル・タイプをあらかじめ考えてみると良いです。この記事をきっかけに、美しい文章表現が特徴の森鷗外の作品に、ぜひ触れてみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ