記事ID134428のサムネイル画像

【面倒な作業が楽々に!】人気の電動空気入れおすすめランキング10選

空気が抜けていることに気がついても、手動ですると時間もかかり、手が痛くなったりと、どうしても億劫な作業ですよね。そんな悩みを解消するため、現在では、とても便利な電動空気入れが登場しています。今回は、人気のおすすめ電動空気入れをランキング形式でご紹介します。

電動空気入れを活用してラクラク空気入れ!

空気入れと言えば、手動ポンプにノズル(ホース)のついたものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。手軽に家庭で空気入れができるため重宝されてきましたが、使ったことのある人は、時間がかかる、身体が疲れる、面倒だと感じたことが1度はあるでしょう。

 

そんな、みなさんのお悩みを解決するために登場したのが、「電動空気入れ」です。ボタンを押すと自動で空気が入る、簡単・便利な商品です。

 

これまでは、空気が抜けていることに気がついても、なかなか行動にうつせなかった面倒な作業が、この電動空気入れ1つで解消します。今回ご紹介するおすすめの電動空気入れを参考にして、あなたにぴったりの商品を見つけてみませんか。

電動空気入れの選び方

一言で電動空気入れと言っても、実は様々な種類があります。あなたのライフスタイルにあった商品を選ぶために、どのような点を考慮すべきか、選び方のポイントを見ていきましょう。

用途で選ぶ

まず、何のために電動空気入れを手に入れたいか、今一度しっかりと考えてみてください。そこで、あなたの用途にぴったりの電動空気入れを選ぶようにしましょう。

浮き輪や小さなボールの空気入れなら「コンパクト式」

浮き輪や、子供が遊ぶ小さなボールなど、ちょっとしたときに使いたい場合は、コンパクト式がおすすめです。自動車や自転車ほど空気が必要ないため、コンパクト式でも十分に性能を発揮してくれます。

 

また、コンパクト式なら収納場所にも困ることがないため、ご家庭のちょっとしたスキマに入れておけば問題ありません。使いたい時にさっと出して、さっと片づけることができ、ストレスなく収納しておくことができます。

 

空気を入れてほしい!と突然お子様に頼まれたとき、すぐに応じることができるので、お子様にも大変喜ばれることでしょう。お子様が自分で空気を入れたいと思った時も、コンパクト式であれば、とても扱いやすく持ち運びもラクラクです。

自転車の空気入れなら「空気圧測定付」

自転車の空気入れを入れているとき、どこまで空気を入れて良いものか、わからなかった経験はありませんか。そんな時に便利なのが、空気圧測定付の電動空気入れです。

 

空気圧を見ながら空気を入れることができるため、空気の入れすぎや、空気が足りないという事を解消してくれます。また、あらかじめ空気圧を設定しておけば、設定値に達した時点で自動的に停止してくれるという優れものもあります。

 

朝、出かけるときに空気が抜けていることに気が付き、時間が無い中あわてながら作業することもあったのではないでしょうか。空気圧を見れば、何度もタイヤに触れながら空気の入り具合を調整する必要がないため、手短に空気入れを済ませることができます。

どんなときにも使いたいなら「マルチ式」

せっかく電動空気入れを購入するのであれば、どんなものにも使用できる商品が良いという人もいるでしょう。そんな人のために、マルチ式の電動空気入れも販売されています。

 

自動車や自転車、ボール、おもちゃ用など、それぞれの用途に応じた変換バルブがあらかじめ付属しているため、一つの電動空気入れで、どんなものにも空気を入れることができる便利な商品です。

 

変換バルブが付属しているとはいえ、空気が入る速度は一定のため、空気を入れるものによっては時間がかかってしまうことがあります。また、空気の入れ具合も自分で調整しなければなりませんが、家庭に1台あると、大変重宝するでしょう。

使う場所で選ぶ

あなたが電動空気入れを使用する可能性が高い場所は、どこでしょうか。使用する場所によっても、選び方が異なってきます。ポイントを押さえ、場所に適した商品を選んでみましょう。

主に家庭で使用するなら「コンセント式」

特に外へ持ち出す予定もなく、家庭でしか使わないという場合には、コンセント式がおすすめです。コンセントのある場所でしか使用できませんが、電池式や充電式などに比べ、途中で電池を変えたり、充電が完了するまで待たなくてはならないということが起こりません。

 

頻繁に使用する機会のある人は、なおコンセント式のほうが良いでしょう。使用するたびに、電池代を気にする必要がありません。コンセント式は、もちろん電気代がかかりますが、電池代に比べるとコストを低く抑えることができます。

 

また、コンセント式は、電池式や充電式に比べ、パワーに期待できます。時間をかけず手短に作業を済ませたい人や、大きいものに空気をいれることのある人などは、パワーのあるコンセント式がおすすめです。

レジャー先で使うなら「電池式」

夏といえば、プールや海などのレジャーですよね。必需品と言っても過言ではないビーチボールや浮き輪などに空気を入れるために、空気入れを活用する人が増える季節です。そこで、みなさんは、家庭やレジャー先、どちらで空気を入れることが多いでしょうか。

 

あらかじめ空気を入れて出かけると、膨らんだボールや浮き輪が予想以上に幅をとり、荷物が多くなってしまうため、レジャー先で空気を入れる人のほうが多いはずです。そんなときは、携帯に便利な電池式をおすすめします。

 

電池式は、持ち運びを意識して作られた商品のため、コンパクトなサイズのものがほとんどです。カバンに入れてもかさばらず、レジャー先で簡単に空気を入れることができます。中には空気を抜く機能が付いている商品もあり、帰りの荷物を減らすこともできます。

車でお出かけするなら「充電式」

持ち運びが便利な点については電池式と同じですが、車で出かけるのであれば、シガーソケットを利用して充電することができる充電式がおすすめです。万が一、充電するのを忘れてしまっても、目的地に到着するまでの間に充電を済ませることができます

 

また、レジャー先で充電が切れてしまっても、車に戻って充電することができるため、空気を入れることができなくなる心配がありません。この点については、電池式だと近くに電池を購入できる場所がない場合もありますので、充電式の方がより安心です。

 

電動空気入れの使用目的がレジャーのみであれば、そのまま車に積んでいても邪魔にならないコンパクトサイズのものがほとんどですので、家に忘れてしまうということもなく、どこでも便利に使用できるのがメリットです。

安全性で選ぶ

とても便利な電動空気入れですが、残念ながら、中には安全性の低い商品も存在します。そんな空気入れを選んでしまわないために、安全性を重視するなら「PSE認証」がされているかどうかを確認すると良いでしょう。

 

このPSE認証は、厳しい安全性認証基準をクリアしている証です。そのため、PSE認証されている商品は、比較的安心して使用することができます。小さなお子様がいるご家庭でも、この認証を受けている商品であれば、安心ですね。

 

しかし、この認証は、海外の商品にはついていない場合があります。海外の製品を選ぶ場合には、メーカー保証がついているかどうかを確認したり、商品のレビューをチェックすることで、安全性が高いかどうかを判断するようにしましょう。

電動空気入れの人気ランキング10選

第10位

oasser

Oasser 車用空気入れ

価格:2,398円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中&軽自動車、SUV、RVにも対応

ユニークな後部貯蔵スロットのデザインで、エア・ホースを本機の裏に収納でき、片付けにとても便利な商品です。持ち運びやすく、かさばることがないため、車に積んで置けば、いつでもどこでも活躍します。

 

明るいLEDライトを搭載されていて、夜間の緊急メンテでも安心して作業することができます。手元を明るく照らせるため、タイヤのバルブの開け閉めや空気入れのときも大変便利です。中&軽自動車、SUV、RVにも対応しています。

 

また、3mという十分な長さの電源コードが付属しており、シガーソケットに接続して使用することができます。パワフルな空気圧縮で空気入れの時間も激減。5分程度で、一つのタイヤに短時間で空気を入れることができます。

タイプコンセント式対応車、バイク、ボール、エアベッドなど
第9位

QZT

QZT 電動エアコンプレッサー

価格:5,699円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リチウムバッテリー搭載

この商品は、リチウムバッテリーを搭載しており、自転車、自動車、浮き輪、サッカーボールなど空気を入れる物に対応しています。アタッチメントから充電用のアダプターまで、必要なもの一式をまとめて収納できる専用バッグも付いています。

 

PSE認証済みで、安全性についても保障されています。購入日より12ヶ月に故障があれば、無償に返金・交換も行っており、万一商品に何かあった場合も安心して使用することができます。

 

非常に軽量でコンパクトな設計のため、女性でも片手で簡単に持てるほどの軽さです。ご家族みなさんで使用する機会のある場合は、とても重宝されるでしょう。説明書もわかりやすく、初心者や、普段使ったことのない人でも問題なく使用できます。

タイプ充電式対応自転車、自動車、浮き輪、サッカーボールなど
第8位

GlobalCity

GlobalCity 充電式空気入れ

価格:5,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心の12ヶ月保証付き

スタイリッシュなデザインを兼ね備えたこの商品は、自転車の空気入れはもちろん、自動車、ロードバイク、マウンテンバイク、サッカーボール、浮き輪、エアーベットなど、様々な場所で活躍します。

 

マイクロUSB充電式のため、夏の旅行やアウトドアにおすすめの商品です。電動空気入れとしてだけではなく、モバイルバッテリーとしても使用可能です。マイクロUSBケーブルは付属していますが、ライトニングケーブルは付属していませんのでご注意ください。

 

ロードバイク、マウンテンバイクの空気入れをする人にはありがたい、ボトルケージが付いています。取り付け用の固定バンド、取り付けネジ、両面テープ、六角レンチが付属しているので、簡単に取り付けることができるため大変便利です。

タイプマイクロUSB充電式対応自動車、ロードバイク、マウンテンバイク、サッカーボール、浮き輪、エアーベットなど
第7位

Dr.meter

Dr.meter 電動エアーポンプ

価格:2,099円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

使い勝手のよい3つの給電方式

使用場面によって、単3形乾電池給電、ACアダプター給電、車用バッテリー給電の3つの給電方式があります。アウトドア、室内、ドライブなど、多様な場面で活躍します。付属のアダプターコードと車用給電コードは約1.8mの長さで、気軽に使うことができます。

 

日本電気用品安全法(PSE)認証済みである点も安心です。底部には排熱ファンが内蔵されており、動作中の熱が効率良く排出できるため、他の製品よりも連続使用時間が長く、約25分間連続して使用ができます。

 

難点として、家庭用掃除機ぐらいの騒音が出るため、時間と場所を考慮する必要があります。日中に使用する分にはさほど問題はありませんので、様々な場所で活躍すること間違いなしの商品です。

タイプ電池式、充電式、コンセント式対応エアソファー、エアボート、エアベット、エアプールなど
第6位

テレビショッピング研究所

エアホークプロ コードレス式電動エアコンプレッサー

価格:9,500円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

【日本正規品】

ほかの商品に比べ、価格は少々お高めですが、日本正規品の人気商品です。外気の空気を内部に圧縮し、パワフルに空気を入れることができます。背面のボタンと液晶でお好みの空気圧を設定でき、設定した空気圧までいくと自動でストップする機能も搭載しています。

 

操作方法は、トリガーを押すだけのワンタッチ操作で、電動空気入れの使用が初めての方でも簡単に操作できます。ボール用・タイヤ用・ビニール製品用と、豊富なアタッチメントも付属しており、持ち運びにも便利なカーアダプターと収納バッグもセットになっています。

 

海外製品にも優れた商品はたくさんありますが、使い方がいまいちわからなかったり、アフターケアなどに不安のある人も多いと思います。その場合には、日本製品を選ぶと、安心して使用することができるでしょう。

タイプ充電式対応ボール用・タイヤ用・ビニール製品
第5位

FYLINA

FYLINA 車用空気入れ エアコンプレッサー

価格:3,300円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

低騒音&過熱保護

どこでも簡単に車のタイヤに空気を入れることができ、空気圧の調整もできます。自動車、オートバイ、自転車のタイヤから、ボール、浮き輪、レジャー用品などにも使える、大変便利な電動空気入れです。

 

過熱保護されており、本体温度が100℃を超えると自動的にオフし、安全性がアップします。 最大連続稼働時間は10分です。再度使用したい場合には、本体を冷ましてから使用する必要がありますが、安全性を重視すれば、そこまでストレスを感じることもありません。

 

スナップ式空気挿入ソケットを搭載しているため、初心者でも簡単に使用できます。空気入れが完了した後、バルブコネクターを外す時のエア漏れによる、減圧問題を解消。作業音は非常に静かな60dBで、騒音を最小限に抑え、近隣迷惑にならない設計です。

タイプコンセント式対応自転車/バイク/ボール/ベビーバス兼用
第4位

コンポジット

FIELDOOR 電動エアーポンプ

価格:2,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気入れ&空気抜き両対応

大きなプールやエアーベッドなど、大きなアイテムにおすすめの電動空気入れです。空気排出量が多くパワーがあるため、大きなアイテムでもノンストレスで空気を入れることができます。また、空気を抜くこともできるため、使用したアイテムの片づけもラクラクです。

 

空気を入れるアイテムに合わせて、「乾電池式電動ポンプ」と別売りの「コンセント式電動ポンプ」を使い分けると、より手軽にレジャーを楽しむことができます。

 

たとえば、電源設備がない屋外では「乾電池式」、電源設備があり、大きなアイテムに空気を入れる場合には、空気排気力が強い「コンセント式」がおすすめです。両手のひらで十分収まるサイズのため、持ち運びにも大変便利な商品です。

タイプコンセント式&電池式対応大きなプールやエアーベッド等
第3位

AstroAI

AstroAI 車用空気入れ

価格:3,899円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

騒音を最小限に!

この商品は、主に車用として作られた電動空気入れです。普段より二倍の速さで空気を入れることができるため、時間短縮できます。従来の商品より騒音も最小限に抑えられているため、近隣迷惑が気になる方には大変おすすめです。

 

空気入れが完了してバルブを外すと、空気が漏れてしまうことがありますよね。この商品は、あらかじめ設定された圧力値より多めに増圧するように設計されているため、空気漏れによる、減圧問題を解消してくれます。

 

また、主に車用とご紹介しましたが、様々な用途に備えた変換ノズルが付属しているため、風船やボール、エアクッションなどにも使用することができます。持ち運びやすくするため、収納ケースも付属しています。

タイプコンセント式対応タイヤ、風船、ボール、エアクッションなど
第2位

oasser

Oasser 電動エアコンプレッサー

価格:5,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

Mini携帯型&多用途!

コンパクトで、持ち運びや収納にも便利な商品です。どこでもいつでも使用することができ、小さなものから大きなもの(車のタイヤ)まで空気を入れることができます。軽量かつ頑丈なステンレスが採用されていて、錆にくく、耐久性にも優れています

 

充電式で、家庭や車、どちらでも充電することができるように各アダプタが付属しています。通常、充電には時間がかかってしまいますが、この商品は、1時間半でフル充電可能です。

 

車のタイヤに空気を入れる際には、車用バルブ変換アダプターを使用すれば、英式&仏式バルブのタイヤにも対応可能です。音がやや大きいという口コミが多い商品のため、夜間作業は避けた方が良いかもしれません。

タイプ充電式対応中&軽自動車、自転車、バイク、ボール、小型インフレータブル玩具など
第1位

JanGoo

JanGoo 電動エアコンプレッサー

価格:5,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

空気圧調整&LEDライト付き!

今までの面倒な空気入れ作業ではなく、トリガーを押すだけのワンタッチ操作で、様々なものに簡単に空気を入れたり止めたりできる電動空気入れです。空気圧調整がついているため、設定した空気圧に達すると、自動で停止してくれます。

 

また、LEDライトも付いているため、手元を明るく照らすことができ、バルブの開け閉めや空気入れの時も安全に使用することができます。街灯がない道や視界の悪い場所など、思わぬ場所でトラブルが発生した時も、これが1台あれば安心です。

 

収納バック付きで、アタッチメントから充電用のアダプターまで、必要なもの一式をまとめて収納することができるため、必要な備品を紛失する心配もありません。安心な品質保証がされており、ベストセラーのおすすめ商品です。

タイプ充電式対応自転車、バイク、自動車、ボール、浮輪など

電動空気入れのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4897731の画像

    JanGoo

  • 2
    アイテムID:4897746の画像

    oasser

  • 3
    アイテムID:4897762の画像

    AstroAI

  • 4
    アイテムID:4897768の画像

    コンポジット

  • 5
    アイテムID:4897786の画像

    FYLINA

  • 6
    アイテムID:4897849の画像

    テレビショッピング研究所

  • 7
    アイテムID:4898390の画像

    Dr.meter

  • 8
    アイテムID:4898396の画像

    GlobalCity

  • 9
    アイテムID:4898406の画像

    QZT

  • 10
    アイテムID:4898410の画像

    oasser

  • 商品名
  • JanGoo 電動エアコンプレッサー
  • Oasser 電動エアコンプレッサー
  • AstroAI 車用空気入れ
  • FIELDOOR 電動エアーポンプ
  • FYLINA 車用空気入れ エアコンプレッサー
  • エアホークプロ コードレス式電動エアコンプレッサー
  • Dr.meter 電動エアーポンプ
  • GlobalCity 充電式空気入れ
  • QZT 電動エアコンプレッサー
  • Oasser 車用空気入れ
  • 特徴
  • 空気圧調整&LEDライト付き!
  • Mini携帯型&多用途!
  • 騒音を最小限に!
  • 空気入れ&空気抜き両対応
  • 低騒音&過熱保護
  • 【日本正規品】
  • 使い勝手のよい3つの給電方式
  • 安心の12ヶ月保証付き
  • リチウムバッテリー搭載
  • 中&軽自動車、SUV、RVにも対応
  • 価格
  • 5999円(税込)
  • 5699円(税込)
  • 3899円(税込)
  • 2580円(税込)
  • 3300円(税込)
  • 9500円(税込)
  • 2099円(税込)
  • 5980円(税込)
  • 5699円(税込)
  • 2398円(税込)
  • タイプ
  • 充電式
  • 充電式
  • コンセント式
  • コンセント式&電池式
  • コンセント式
  • 充電式
  • 電池式、充電式、コンセント式
  • マイクロUSB充電式
  • 充電式
  • コンセント式
  • 対応
  • 自転車、バイク、自動車、ボール、浮輪など
  • 中&軽自動車、自転車、バイク、ボール、小型インフレータブル玩具など
  • タイヤ、風船、ボール、エアクッションなど
  • 大きなプールやエアーベッド等
  • 自転車/バイク/ボール/ベビーバス兼用
  • ボール用・タイヤ用・ビニール製品
  • エアソファー、エアボート、エアベット、エアプールなど
  • 自動車、ロードバイク、マウンテンバイク、サッカーボール、浮き輪、エアーベットなど
  • 自転車、自動車、浮き輪、サッカーボールなど
  • 車、バイク、ボール、エアベッドなど

まとめ

ここまで、おすすめの電動空気入れをランキング形式でご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。気になる商品は見つかりましたでしょうか。

 

これから、ボールや浮き輪、ビニールプールなど、お子様も一緒に楽しめる季節がやってきます。電動空気入れがあれば、楽しい思い出がもっともっと増えるはずです。あなたにぴったりの電動空気入れを、手に入れてみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ