記事ID134421のサムネイル画像

【インターネット図書館】青空文庫のおすすめ人気ランキング10選

青空文庫は1997年に創立して以来、インターネット上の電子図書館として、読みたい作品を好きな時間、好きな場所で楽しめることができる人気の文庫の一つです。そこで今回は、青空文庫の人気のあるおすすめ作品ランキング形式で紹介していきます。

青空文庫の魅力とは

青空文庫は、著作権が消滅した作品や著者が許可した作品のテキストを公開しているインターネット上の電子図書館です。そして日本で著作権切れの作品をインターネットで公開するという新しい発想をした文庫でもあります。

 

2017年の年間アクセス数は、約920万人以上となりこれからも利用者数が増えていく傾向性がある現代の図書館の在り方の一つにもなっています。青空文庫の主な作品は、著者が亡くなった後50年を経て、著作権が無くなった明治時代から昭和初期の作品が大部分を占めています。

 

青空文庫はボランティアで運営されています。そのためたくさんの作品を無料で読むことができます。森鷗外や夏目漱石、芥川龍之介、太宰治など、数々の実力ある人の著者の作品を無料で読むことができるのも、青空文庫の魅力です。

青空文庫の選び方

たくさんの著者やジャンルがある青空文庫から、どの作品を選んで読めばいいのか分からない人も多いと思います。そこで、ここからは青空文庫の作品の選び方を紹介していきます。

ジャンルで選ぶ

青空文庫には、たくさんのジャンルの作品があります。そこで自分の好きなジャンルから作品を選んでみるのもおすすめです。普段本を読む習慣がなく、これから定期的に本を読み始めてみようと思っている人にも、好きなジャンルの本から読むことで、さらに本に興味が湧きますよ。

ミステリー作品

青空文庫は、どの作品も無料で読むことができます。青空文庫のミステリー作品には、有名な著者であれば、芥川龍之介や江戸川乱歩がいます。ミステリー作品に興味があってもはじめて読む人には、難しいイメージがあります。

 

そこで、ミステリー作品がはじめてでも読みやすい作品もあります。ストーリーや登場人物の描写にを細かく書かれていることで、頭の中でイメージを作り上げていくこともできます。ミステリー作品は、推理小説とも呼ばれ、作品の中に謎があり、その謎を紐解いていきます。

 

その謎を紐解いていくまでのストーリーの展開に面白さを感じることができるので、自分自身で謎を考えていくことが好きな人にはおすすめの作品です。作品には、歴史的なものや、事件もの、トリック的なものがあるので好きな推理小説を見つけることができます。

恋愛作品

青空文庫には、たくさんの恋愛作品もあります。古い作品であれば、古典からの恋愛作品もあったり、海外の著者の恋愛作品もあります。恋愛作品は、甘酸っぱい青春時代を思い出させるような10代の恋愛や、大人の恋など、女性が好きなジャンルの一つです。

 

著者により、恋や愛の表現が違っていたり、読むときの年齢や場所によっても読者それぞれの感じ方があります。現在恋人がいる人であれば、選んだ恋愛作品によっては、さらに相手を思いやる優しさを感じたり、恋人がいない人であれば、恋をしたくなったり本は影響を与えます。

 

忙しい毎日で恋する気持ちを忘れかけている人には、どこでも気軽に無料で読むことができる青空文庫の恋愛作品がおすすめです。通勤や通学のちょっとした合間の時間に少しずつ読むことができます

 

 

作者で選ぶ

本を選ぶときに、好きな作者から選ぶ方法もあります。すでに好きな作者がいる場合はその作者の作品を読めばいいですが、まだ好きな作者がいない人は、様々な人の作品を読み続けることで、自分に合った作者が見つかります。

宮沢賢治

青空文庫で、人気のある著者は日本人であれば誰でもが知っている宮沢賢治です。宮沢賢治の作品は、青空文庫にたくさんあるので、アクセス数も高く読んでいる人もたくさんいます。宮沢賢治の作品は、主に童話が多いので、小さい子供や小学生の教科書にも使用されています。

 

そのため、読みやすいのが特徴です。宮沢賢治の作品は、彼がこの世を去ってから世間に広がり評価されました。中でも有名な作品は「注文の多い料理店」や「雨ニモマケズ」、「銀河鉄道の夜」です。

 

 

夏目漱石

夏目漱石も日本を代表する、著者の一人です。夏目漱石は小説家として活躍していましたが、評論家や英語の教師をするなど、多様な才能を持っていました。夏目漱石は生涯独身で、結婚することはありませんでした。

 

彼の有名な作品では「我輩は猫である」を始め「坊ちゃん」、「こころ」です。青空文庫のランキングでも夏目漱石の作品は上位に入っています。夏目漱石の独特な目線で書かれた作品はどれも興味深いものばかりです。

 

夏目漱石の小説の魅力の一つでもある、主人公や登場人物について詳細に書かれていること、読む人にもイメージを持たせることのできる丁寧な説明は読む中でおすすめのポイントでもあります。

太宰治

太宰治も、ほとんどの日本人が知っている有名な著者の一人です。太宰治は何度も自殺未遂をしたこともありましたが、戦前から前後までにわたり、たくさんの作品を書きました。彼の作品は、映画化されるなど、ベストセラーになったものもいくつかあります。

 

太宰治の有名な作品では、学生の国語の教科書にも載っている「走れメロス」や、実写版の映画にもなった「人間失格」、ベストセラーになった「斜陽」などです。どの作品も、読者を引き込むような描写や比喩が使われており、彼の世界観に入ってしまう作品ばかりです。

芥川龍之介

芥川龍之介は、短編小説が多く知られる日本を代表する著者です。芥川龍之介が残した名作は現在でも人気のある作品が多く、中でも代表作である「羅生門」は中学校や高校での国語の教科書にも起用されています。

 

そのほかには「鼻」や「地獄変」など、たくさんの短編小説があります。芥川龍之介の数々の作品の特徴は、今昔物語集や宇治拾遺物語などの昔の古文を題材にしているものが多いです。

 

芥川龍之介は小説家としては、かなり若い35歳で自殺によってこの世を去ってしまいます。すでに自殺を考えていたのではと言われていて、晩年は芥川龍之介の作品のほとんどが生と死を題材にしているものが多くなっています。

作品の長さで選ぶ

いざ作品を読み始めようと思っていても、最後まで本当に読むことができるのか不安になる時があります。青空文庫の作品は、短編作品をはじめ長編作品までたくさんの数があります。そこで今の自分に合った長さの作品から読み始めてみるのもおすすめです。

短編作品

青空文庫の中には、約8000文字程度で読み切ることができる短編作品があります。この短編作品は、ミステリーや推理小説といった謎を紐解いていくものから、恋愛小説まであるので、これから読書を始めようと思っている人におすすめの小説です。

 

そして作品の中には、サクッと5分程度で読み終えてしまうものもあります。青空文庫は、インタネットを使い、自身のスマホ端末や専用の電子機器でどこでも、読むことができるのが魅力的です。そのため短編小説であれば、本の重さを気にせず、数作品も読んで楽しめます。

長編作品

すでにたくさんの本を読んでいて、小説が大好きな人には長編小説がおすすめです。青空文庫の魅力の一つでもある、古い古典を無料で読むことができるので、長編小説では、「源氏物語」など、日本の代表的な作品がおすすめです。

 

長編小説は、作品によっては一冊でだけではなく数冊にもなって続くことがあります。面白く興味のある作品が長編になっていると、続きも見たくなるので、本がさらに好きになったり、読書が習慣付くなどメリットがたくさんあります。

青空文庫のおすすめランキング10選

第10位

小学館

風立ちぬ(単行本版)

価格:555円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

永遠の生と愛を謳った作品

昭和初期に活躍した小説家の堀辰雄が、自身の経験をもとに書かれたとされている作品です。堀辰雄が19歳の時に結核を患いながらも、自分よりも重症の結核の婚約者をいたわり、支えた数ヶ月間の経験をもとに書かれました。

 

その当時は結核を治療する方法はなく、人に移らないように隔離されていました。愛する人の死を交えて、死後も存在し続ける永遠の生と愛を謳った、純粋な詩情が高く評価されたおすすめの恋愛作品です。悲しくも美しい、生と愛がテーマになった素晴らしい物語です。

著者堀辰雄ページ数293
第9位

新潮社

注文の多い料理店(単行本版)

価格:475円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

日本を代表する名作童話

宮沢賢治の代表作にもなる『注文の多い料理店』は、青空文庫では無料で読むことができます。青空文庫では計3冊からなっていますが、『注文の多い料理店』以外にも、いくつかの短編集も含まれています。

 

ですので物語を楽しみたいと思っている人には十分に満足できるおすすめの作品です。また内容も小さな子供でも楽しめるように、表現がわかりやすくなっています。物語の序盤から怪しさが満載で、読む人を惹きつける内容になっています。最後の結末も面白いです。

 

現在では「注文の多い料理店」がアニメーション化されているなど、日本を代表する名作を本で読むことが苦手な人にも、話の内容を理解して楽しむことができるように工夫されています。

著者宮沢賢治ページ数432
第8位

新潮社

李陵・山月記 (単行本版)

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

中島敦の代表作と呼ばれる小説

昭和初期に活躍した中島敦が書いた、代表する短編小説の一つです。山月記は中国唐代の伝記「人虎伝」に基づいて書かれています。山月記の中の主人公が詩に執心し過ぎてしまい、ついには虎に変身してしまうという男のすさまじい宿命の姿を描いています。

 

中学や高校の国語の教科書にも載っていたこともあるほど、有名な小説です。学生の頃に一度は読んだことのある経験があれば、今読むことで新しい発見をしたり、その当時とはまた別の捉え方をすることのできる、面白く興味深いおすすめの一冊です。

著者中島敦ページ数224
第7位

ポプラ社

雨ニモマケズ

価格:616円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

知らない人はいない宮沢賢治の代表作

宮沢賢治の代表作の一つ〔雨ニモマケズ〕は、小学校、中学校、高校でも国語の教科書をはじめ様々なことで、耳にしたことがあるとても有名な詩です。〔雨ニモマケズ〕は、宮沢賢治がこの世を去ってから世間に広がった詩とされています。

 

宮沢賢治の使用していた手帳に書かれていた、たった343文字に立派な人間にはなれないけれども、困っている人や不幸な人をせめて助けてあげたいと願う気持ちを詩にしています。カタカナや漢字を使うことで、その当時の時代を表しています。

著者宮沢賢治ページ数190
第6位

新潮社

走れメロス(単行本版)

価格:432円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

友情のすばらしさを伝える作品

太宰治の代表作の一つ「走れメロス」は、現在の小学生をはじめ大人でも知らない人はいないほど、有名な小説です。「走れメロス」は、人の心を信じることができない王様を、メロスが友人の死をかけて、友情を守り抜き、信じることの大切さを伝える、素晴らしい作品です。

 

「走れメロス」は小説をはじめ、ドラマや映画などにも起用されるなどして、今でも現在の私たちに対して、信頼と友情の強さや素晴らしさを伝えようとしています。また、中学や高校でも国語の授業で使われるなど、この物語は様々なことに活用されています。

著者太宰治ページ数304
第5位

文藝春秋

新装版 「レ・ミゼラブル」(単行本版)

価格:885円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で愛されている作品

「レ・ミゼラブル」は、今や世界中の人たちが知っている小説の一つです。物語は、たった1本のパンを盗んだことから19年間を牢獄で過ごすことになた主人公の生涯を描いた作品です。それに伴い、その当時のフランス革命を背景として詳細に書かれており、歴史を感じさせます。

 

青空文庫の「レ・ミゼラブル」は、長編小説です。読むことに慣れている長編小説が好きな人にはおすすめの作品です。また「レ・ミゼラブル」は映画やミュージカルにも起用され、今現在もなお、世界中で語り継がれる物語の一つです。

 

青空文庫では、ボランティアによって日本語に翻訳されているので、読みやすくなっています。原作では、著者はヴィクトル・ユーゴーです。

著者鹿島茂ページ数497
第4位

新潮社

羅生門・鼻 (単行本版)

価格:400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

原典は「今昔物語集」

芥川龍之介の代表作の一つ「羅生門」は、中学校や高校で国語の教科書に採用されている物語です。この作品の物語はシンプルです。羅生門の下にいる下人が、死体から服を剥ぎ取っている老婆を見つけるところから、物語は始まっていきます。

 

芥川龍之介の独特な表現で、「羅生門」を読んでいくうちに彼の世界観に入ってしまうほど、面白い作品です。また芥川龍之介の短編小説なので、本を読むことが苦手な人でも、読みやすくなっています。

 

「羅生門」では、下人の目線、老婆の目線で小説が書かれているので、同じことでも考え方が変わるので、興味深いおすすめの一冊です。

著者芥川龍之介ページ数304
第3位

角川春樹事務所

銀河鉄道の夜(単行本版)

価格:280円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本当の幸福について考えさせられる作品

宮沢賢治のもう一つの代表作である、童話の「銀河鉄道の夜」は宮沢賢治が亡くなった後に見つかった作品でしたが、未定稿のまま遺されて糸で、研究者の中で様々な解釈がされてきました。読んだ後に、自分自身について考えさせられる、面白いおすすめの一冊です。

 

「銀河鉄道の夜」は、これまで映画化やアニメーションとして私たちに知られてきました。「銀河鉄道の夜」に出てくる主人公ジョバンニは、いつも孤独で想像することが好きな少年でした。そのジョバンニという少年が鉄道に乗って、旅をする話です。

 

鉄道に乗っていろんな人との出会いや、会話をすることから、宮沢賢治が伝えたかった本当の幸せについて、抽象的に書かれてい作品です。小説の場合は、一度読んだだけでは理解するのが難しいとされているので、映画版やアニメーションを観てから読むと、分かりやすいです。

著者宮沢賢治ページ数120
第2位

新潮社

人間失格(単行本版)

価格:300円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

太宰治の最高傑作と評価も高い自伝的作品

太宰治の最高傑作の作品とも言われているのが、中編小説の「人間失格」です。実は「人間失格」は、太宰治の遺書だったのではないか?とも言われています。太宰治は「人間失格」ができた、次の月に自殺をしてしまいました。

 

「人間失格」は、主人公の男性が周囲にはおどけたりと面白いふりをしているけれども、それは偽りの姿であり、なかなか本当の自分を人にさらけ出すことができない人生を、幼少期から青年になるまでを、少年の目線で書かれている作品です。

 

実際に「人間失格」は、映画化されるなど、昔から高く評価されている作品で、夏目漱石の代表作「こころ」と累計部を常に競い合うなど、人生で一度は読んで欲しいおすすめの一冊です。

著者太宰治ページ数192
第1位

新潮社

こころ(単行本版)

価格:400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

いつの時代も読者の心を惹きつける作品

国語の授業でも読んだことのある人も多いかもしれません。夏目漱石の代表作「こころ」は現在でも、人気のあるおすすめの小説として、たくさんの人に読まれている名作の一つです。夏目漱石の長編小説として、その当時は東京朝日新聞にも掲載され続けた作品です。

 

「こころ」は計3章からなるので、本を読むことが好きでまだ夏目漱石の作品を読んだことがない人には是非読んでもらいたい一冊です。小説の中に出てくる先生が、親友を裏切って恋人と結婚をするも、親友がそれを機に自殺をしてしまいます。その罪悪感を背負っている先生。

 

その先生の人生の行く末を、生と死で表現している作品です。夏目漱石は小説家の中でも、物語に出てくる人物それぞれに細かいほど、丁寧に性格を書きます。長編小説「こころ」では、先生の性格について事細かに書かれいて、夏目漱石の実力を感じることのできる作品です。

著者夏目漱石ページ数384

青空文庫のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4904471の画像

    新潮社

  • 2
    アイテムID:4904467の画像

    新潮社

  • 3
    アイテムID:4904458の画像

    角川春樹事務所

  • 4
    アイテムID:4904448の画像

    新潮社

  • 5
    アイテムID:4904444の画像

    文藝春秋

  • 6
    アイテムID:4904438の画像

    新潮社

  • 7
    アイテムID:4904424の画像

    ポプラ社

  • 8
    アイテムID:4904419の画像

    新潮社

  • 9
    アイテムID:4904411の画像

    新潮社

  • 10
    アイテムID:4904402の画像

    小学館

  • 商品名
  • こころ(単行本版)
  • 人間失格(単行本版)
  • 銀河鉄道の夜(単行本版)
  • 羅生門・鼻 (単行本版)
  • 新装版 「レ・ミゼラブル」(単行本版)
  • 走れメロス(単行本版)
  • 雨ニモマケズ
  • 李陵・山月記 (単行本版)
  • 注文の多い料理店(単行本版)
  • 風立ちぬ(単行本版)
  • 特徴
  • いつの時代も読者の心を惹きつける作品
  • 太宰治の最高傑作と評価も高い自伝的作品
  • 本当の幸福について考えさせられる作品
  • 原典は「今昔物語集」
  • 世界中で愛されている作品
  • 友情のすばらしさを伝える作品
  • 知らない人はいない宮沢賢治の代表作
  • 中島敦の代表作と呼ばれる小説
  • 日本を代表する名作童話
  • 永遠の生と愛を謳った作品
  • 価格
  • 400円(税込)
  • 300円(税込)
  • 280円(税込)
  • 400円(税込)
  • 885円(税込)
  • 432円(税込)
  • 616円(税込)
  • 432円(税込)
  • 475円(税込)
  • 555円(税込)
  • 著者
  • 夏目漱石
  • 太宰治
  • 宮沢賢治
  • 芥川龍之介
  • 鹿島茂
  • 太宰治
  • 宮沢賢治
  • 中島敦
  • 宮沢賢治
  • 堀辰雄
  • ページ数
  • 384
  • 192
  • 120
  • 304
  • 497
  • 304
  • 190
  • 224
  • 432
  • 293

まとめ

青空文庫は、好きな場所で好きなときに無料で読める最新式のインターネット図書館です。青空文庫の中でもおすすめなのが、古典をはじめ古くから日本を代表する著者の作品を読めることです。学生の頃に気になっていた作品も、今だからこそ気軽に読み始めてみるのもいいですよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ