記事ID134411のサムネイル画像

【小型でも性能十分!】USBマイクおすすめ人気ランキング10選

ニコニコ動画やyoutubeなどで個人が情報発信する現代にマイクは欠かせないものです。使い勝手のいいUSBマイクを知ったものの何を基準に選んだらいいのか迷ってる方も多いのではないでしょうか。USBマイクの選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。自分にとって使いやすいUSBマイクを見つけてくださいね。

高性能も多く使い勝手のいいUSBマイク

歌ったり喋ったりするのに本格的なマイクはハードルが高いけど、でも個人でも手軽に使いたいという思いを叶えるのがUSBマイクです。

 

PCに必ずといっていいほどついているUSBに差し込んでクリアな音声に変換してくれるのがUSBマイクです。そう聞くと簡易的なものに聞こえてしまいますが、実はとても高機能なものから機能性を重視したものなど幅広く個人でも楽しんで使えるものばかりなのです。

 

マイクには、指向性といって音を拾う方向が決まっており、拾いたい音質によって向き不向きのものがあります。また、歌ったり喋ったりすることや会議やセミナーのようにその使用目的に応じて選ぶ基準が大きく異なります。

USBマイクの選び方

USBマイクでは、使う用途や目的に応じて選ぶ基準が大きく異なります。目的に合わせたUSBマイクを使うことで性能を正しく引き出すことが可能になるのです。ポイントをしっかり押さえて選んでいきましょう。

指向性で選ぶ

マイクには指向性といって音を拾う方向性が決まっています。歌を歌うのか会議で使うのかなど、使用目的に応じて指向性を選ぶことも大事です。

単一指向性で選ぶ

単一指向性とは、音を拾う方向が1方向のみといったものです。例えば、360度のうち音を拾うのが90度の範囲のみであれば、それ以外の方向からの音を拾いません。つまり、1人が喋る場合に適したものが単一指向性と言えます。

 

例えば、カラオケのように歌を歌ったり、youtubeなどでゲーム実況をしたり、セミナーやイベントの司会者のように1人以外からの音を拾う必要性がないですよね。逆にイベントの司会者がしゃべっている際に対面にいる複数人の音や環境音が入ってしまうときちんと音が伝わりません。

 

使用目的が明確に定まっている場合や周囲からの雑音を取り入れたくない場合などに向いているでしょう。

全指向性で選ぶ

単一指向性とは逆に全方向から音を拾うのが全指向性です。使う目的としては、複数人の声や周囲の音もしっかりマイクに取り込みたい場合に向いています。

 

例えば、仕事のミーティングや複数人でのゲーム実況をする場合などに全員の声をきちんと拾ってくれます。周囲の音をよく拾う反面、拾いすぎてしまうこともあり環境音などが入ってしまうこともあるため対策が必要です。

形状で選ぶ

一口にマイクといってもその形状は様々です。USBを使う簡易的なものとはいえ、様々な場面に適した形状があるため、使用目的に合わせて選ぶとその利便性と最大限に発揮できます。

アームタイプで選ぶ

アームタイプは土台となる部分をテーブルなどにクランクを使って固定することで角度を調整することができるマイクです。

 

使うときはアームを伸ばし使わないときはアームを畳んでおくなど収納性があるため、場所を取らないメリットがあります。また使っている際にマイクがイマイチ音を拾わないときに高さなどの微調整をしやすいところも特徴のひとつです。

 

ただし、クランクで固定する必要があるため、なにかしらの固定できる台が必要となるためどこでも使用可能というわけではないため、注意が必要です。

クリップタイプで選ぶ

小さめのマイクにクリップが付属したタイプでシャツの襟などの洋服につけることができます。クリップと同じ程度の大きさのマイクであることが多いため、邪魔になりにくく持ち運びもでき収納も小さくまとめることができます。

 

基本的には身につけて使うことを目的としたものが多いため、1人用で選ぶと良いでしょう。

 

気をつけるポイントとしては、ケーブルの長さが短いとマイクがずれやすくなったり、クリップをつける位置によっては洋服と接触することでノイズが入りやすくなる可能性があります。また、Tシャツなどだと襟元につけて伸びてしまうことも考えられるため、頭に入れておきましょう。

スタンドタイプで選ぶ

スタンドタイプは、USBマイクの場合、アーティストが使うような大きなものではなくデスク上に置いて使うような小型のものが多く見られます。

 

ゲーム実況やスカイプなどで会話するときなどに重宝しやすいです。スタンドからマイクをつなぐ部分は角度を変えることもできる場合があり、声を拾いやすい位置に調整することもできます。

 

基本的には単一指向性のものが多く、1人用での使用目的と考えるのが良いでしょう。スタンドのサイズにもよりますが、持ち運びにはやや不便なため基本的には置きっ放しにしておくことがほとんどと言えます。

フラットタイプで選ぶ

フラットタイプは、とても小さいものでデスク上に置いて使うことが多いです。見た目としてもシンプルな形をしており、インテリアとしてもデザインを損ねないでしょう。

 

全指向性のものが多く、会社でのミーティングやディスカッションといった複数人で使われることが多いでしょう。比較的小型で軽量なものが多くを占めるため、持ち運びにも適しています。

 

複数人で使う場合には、全指向性であるため周囲の環境音が入りやすいです。そのため、ざわついた場所で使うと声が入っていなかったこともあるため、注意が必要です。

機能性で選ぶ

USBマイクは声などの音を拾うだけでなく、付随された便利な機能も選択肢にいれておきたいところです。無機能のUSBマイクを使って、こんな機能があればと後悔のないように選んでいきましょう。

ミュート機能付きで選ぶ

声や音をマイクに通すことが基本ですが、場合によっては通したくない瞬間もあるのではないでしょうか。そんなときにミュート機能があれば、自分の好きなタイミングで入れたい音のみを入れることができます。

 

自宅で歌を歌って録音する場合など、歌の間奏などでは音を入れる必要がないため、ミュート機能があると余計な心配も必要ありません。

 

また、スカイプなどでコミュニケーションを取るときなども相手が話しているときや周囲から声をかけられたときに聞かれたくない場合にミュートにしたい方もいることでしょう。使っている状況をイメージしたときに意外と重宝する機能だったりします。

ボリューム調整機能付きで選ぶ

USBマイクを使ってコミュニケーションを取る場合に相手に思ったよりも声が届いてないなんてこともあるでしょう。そんなときに話している声のボリュームは同じなのにきちんと伝わるようになるのはとても便利な機能です。

 

ボリューム調整機能がついていないと、物理的にマイクの位置を近づけたりする必要が出てきます。場合によっては手でマイクを持たないといけないこともあるでしょうが、手がふさがってしまい他の作業などをしづらいことがあります。

 

手放し状態で適切なボリュームの音を入れていくためには重要な機能と言えるでしょう。

無線機能付きで選ぶ

PCにUSBを繋いでマイクを使う場合は、移動することができませんが、無線タイプであれば立ったり座ったり、一定の範囲内で移動することも可能となります。

 

例えばセミナーでの司会を行うときなど、多少動きをつけて視聴者へ説明が必要となる場合もあるでしょう。また、会議などであれば、発表の際にマイクを渡すこともできるなど複数人での使用も可能となります。

USBマイクのおすすめ人気ランキング10選

第10位

Ankuka

全指向性 USBマイク

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高性能!コンデンサーUSBマイク

こちらはコンデンサーのスタンドタイプのUSBマイクです。非常に高性能で、応答周波数は100~16KHz、音圧感度は-42±2 dBとなっています。幅広い音域と音量を集めることができます。

 

マイク自体は全指向性であらゆる方向の音を拾うことができ、なおかつスタンド部分は270度の調整ができるため、ちょうどいい角度に設定ができます。三脚も安定性があり、ぐらつきなどはありません。

 

付属されているポップフィルターは2重構造になっており、ノイズやゴミ、唾液からマイクを守ってくれます。そのため、マイクを清潔に保つことができ、メンテナンスの頻度を減らすことができます。

指向性全指向性形状スタンドタイプ
第9位

サンワサプライ

直挿し型 USBマイク

価格:2,072円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

直差し型アームタイプのUSBマイク!

こちらは、直差し型でアームタイプのUSBマイクです。クランクなどの固定するパーツがありませんが、フレキシブルアームを採用することで好きな角度に固定することができます。ただし、サイズが2.3 x 19.6 cmとあまり長くはないため、注意が必要です。

 

一見音を拾うだけのマイクに見えますが、実はタッチ式でミュートに切り替えができる機能的にも使えるマイクなのです。ボタンではなくタッチ式であるため、うっかりミュートにしてしまったなんてこともありません。

 

動作状況をLEDで知らせてくれる優れものです。青が通常、赤がミュート機能ONの状態のため、ミュートにしたままだったということもなく状況にあわせて切り替え忘れのなくミュートを使いこなすことができます。

 

指向性単一指向性形状アームタイプ
第8位

ソニー(SONY)

コンデンサーマイク USBマイク

価格:2,223円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SONYのコンデンサー&クリップ付きUSBマイク!

こちらはSONYのコンデンサー&クリップ付きUSBマイクです。スタンドタイプでありながらもマイク部分は取り外し可能となっており、クリップが付属されているため、兼用できる使い勝手のいい設計となっています。

 

スタンド部分は、円形で重心が中心に来るように設計されており、安定してマイクを設置することができます。またアーム部分は、折りたたみが可能な構造となっているため持ち運びにもとても便利です。

 

クリップタイプとして使用する場合に延長ケーブルが付属されており、シーンに応じて使い分けしやすいよう配慮されています。小型ながらも集音性が高くノイズに強いマイクのため、ある程度の騒音のある場所でもクリアに声を拾ってくれます。

指向性全指向性形状スタンドタイプ
第7位

FIFINE

音量調整可能 USBマイク

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

音量調整が可能なコンデンサーUSBマイク!

多機能なFIFINEのコンデンサーUSBマイクです。スタンドとマイクの両方が金属製であり、高級感を兼ね備えています。また適度な重量感があるため、安定性にも優れています。

 

コンデンサーマイクであり、なおかつサウンドカードが内蔵されているため拾う音を忠実に再現してくれます。またノイズに強く、単一指向性であるため周囲の音を抑え、前面の集音に強いです。さらに30cm離れても集音できる高性能さがアピールポイントのひとつです。

 

マイク自体は角度の調節が可能で水平から垂直とデスク上で使う場合には、どのようなパターンでも対応可能です。またミュート機能付きでマイク正面のつまみを左に回すとミュートに切り替えることができ、マイクの機能として柔軟さにも優れています。

指向性単一指向性形状スタンドタイプ
第6位

Razer Inc.

デジタル USBマイク

価格:11,682円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ストリーミング配信向け高性能USBマイク!

こちらは、Razer Inc.が提供する高性能なストリーミング配信向けのUSBマイクです。超単一指向性と題しており、周囲のノイズをカットしながら正面の声を正確に忠実に集音していきます。また振動などを吸収するマウントが搭載されており、性能抜群です。

 

リアルタイムなストリーミング配信に特化しているため、マイクには3,5mmのイヤホンジャックが搭載されており、イヤホンやヘッドフォンを差し込むことで自分の声を聴きながらマイクに声を乗せることが可能となっています。

 

ミュートボタンも搭載されており、配信に必要な機能はほとんど搭載されているでしょう。また、コンデンサーマイクでありながらコンパクトなサイズのため、持ち運びにも対応でき利便性のことも考慮されています。

指向性単一指向性形状スタンドタイプ
第5位

Alvoxcon

ワイヤレス USBマイク

価格:3,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

珍しいUSB接続のワイヤレスタイプマイク!

こちらは、珍しいUSBを接続してワイヤレスに使うことができるマイクです。UHF DQPSKデジタル信号変調無線伝送技術という先進技術が採用されており、高音質で安定性が高く、程遅延というメリットがあり、伝送距離も25メートルとかなりの遠距離まで使用可能です。

 

PCだけではなく、アンドロイド5.0以上のアンドロイド搭載スマートフォンにも使えるのが嬉しいところです。どこでもマイクを使うことができ、駆動は電池式のため、電池が切れても入れ替えればすぐに使えるのがバッテリーとは違う大きな利点と言えるでしょう。

 

使用シーンとして、どれでも対応できるのが最大のメリットかもしれません。自宅で歌う、ゲーム実況に使う、イベントやパーティの司会で使うなどどれをとってもカバーでき、万能型マイクといえます。

指向性NA形状無線
第4位

Tonor

高音質 USBマイク

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高音質&付属品充実のUSBマイク!

こちらはコンデンサーの高音質で付属品が充実したTonorのUSBマイクです。コンデンサータイプであるため、高音質を謳っています。また、スタンドの角度を自由に設定し固定できるため、集音のバランスが崩れることもありません。

 

付属品には、スタンドである三脚とマイクスポンジ、ポップガードがついています。マイクスポンジは雑音防止や異物の混入を防ぎ、なおかつ落下時のマイクへの損傷を防ぐ役割も持っています。ポップガードは、鼻息や吐息を防ぎノイズ削減に有効です。

 

ケーブルが2mありPCとマイクが離れても設置が可能です。また、デスク上でケーブルをすっきりさせるために配線を工夫して使う場合でも取り回し十分な長さであるため、インテリアを気にする方にとっても問題なく使えるでしょう。

指向性単一指向性形状スタンドタイプ
第3位

iGOKU

ピンマイク USBマイク

価格:1,580円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

全指向性クリップタイプのUSBマイク!

こちらは全指向性のクリップタイプのUSBマイクです。集音性が高く、低ノイズでクリアな音質で使えるマイクです。

 

付属のマイクスポンジがあるため、シャツなどの衣服に取り付けた際でもホコリの侵入を防ぎ、また擦れによる雑音を低減してくれます。また、風防としての役割も果たすため、歩いたり移動をする場合でも雑音を防ぎます。

 

約1.5mの延長ケーブルがついており、イベントのような動き回ることがなければ適用シーンの多いマイクと言えるでしょう。

指向性全指向性形状クリップタイプ
第2位

ploy

卓上マイク USBマイク

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

広範囲の集音可!全指向性フラットタイプUSBマイク!

こちらは、全指向性のフラットタイプのUSBマイクです。薄型で3メートルの距離まで集音可能な全指向性のため、会議やミーティングなど複数人での使用に適したUSBマイクです。

 

サイズが70mm × 15mmと薄型でコンパクトになっており、 重さも165gしかありません。アルミニウム合金と金属製のメッシュカバーを採用しているため、耐久性が高く、かつ持ち運びにも便利です。

 

LEDのインジゲータが搭載されているため、マイクのON/OFFの判断が容易です。ケーブルの差込が甘いため、集音されていなかったといった心配もありません。

指向性全指向性形状フラットタイプ
第1位

ソニー(SONY)

エレクトレットコンデンサー USBマイク

価格:3,375円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安心のSONY製コンデンサーUSBマイク!

こちらは、SONY製のコンデンサーUSBマイクです。チープな感じのないしっかりとした作り込みで安心して使えるマイクです。

 

イヤホンジャックでの使用も可能となっており、USBボックスを合わせることで電源不要のPC接続可能な状態となります。

 

テーブルスタンドが円形になっており、安定性には信頼があります。また、マイクスタンドの作りもかっちりとしているため、使っているうちにマイクがうなだれてくるなんて心配もありません。

指向性単一指向性形状スタンドタイプ

USBマイクのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4900184の画像

    ソニー(SONY)

  • 2
    アイテムID:4900181の画像

    ploy

  • 3
    アイテムID:4900180の画像

    iGOKU

  • 4
    アイテムID:4900176の画像

    Tonor

  • 5
    アイテムID:4900171の画像

    Alvoxcon

  • 6
    アイテムID:4900166の画像

    Razer Inc.

  • 7
    アイテムID:4900163の画像

    FIFINE

  • 8
    アイテムID:4900159の画像

    ソニー(SONY)

  • 9
    アイテムID:4900135の画像

    サンワサプライ

  • 10
    アイテムID:4900119の画像

    Ankuka

  • 商品名
  • エレクトレットコンデンサー USBマイク
  • 卓上マイク USBマイク
  • ピンマイク USBマイク
  • 高音質 USBマイク
  • ワイヤレス USBマイク
  • デジタル USBマイク
  • 音量調整可能 USBマイク
  • コンデンサーマイク USBマイク
  • 直挿し型 USBマイク
  • 全指向性 USBマイク
  • 特徴
  • 安心のSONY製コンデンサーUSBマイク!
  • 広範囲の集音可!全指向性フラットタイプUSBマイク!
  • 全指向性クリップタイプのUSBマイク!
  • 高音質&付属品充実のUSBマイク!
  • 珍しいUSB接続のワイヤレスタイプマイク!
  • ストリーミング配信向け高性能USBマイク!
  • 音量調整が可能なコンデンサーUSBマイク!
  • SONYのコンデンサー&クリップ付きUSBマイク!
  • 直差し型アームタイプのUSBマイク!
  • 高性能!コンデンサーUSBマイク
  • 価格
  • 3375円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 1580円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 3999円(税込)
  • 11682円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 2223円(税込)
  • 2072円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 指向性
  • 単一指向性
  • 全指向性
  • 全指向性
  • 単一指向性
  • NA
  • 単一指向性
  • 単一指向性
  • 全指向性
  • 単一指向性
  • 全指向性
  • 形状
  • スタンドタイプ
  • フラットタイプ
  • クリップタイプ
  • スタンドタイプ
  • 無線
  • スタンドタイプ
  • スタンドタイプ
  • スタンドタイプ
  • アームタイプ
  • スタンドタイプ

まとめ

ここまでUSBマイクのおすすめランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?音を集めるマイクとしてだけでなく、使用シーンに合わせて適した様々なマイクがあります。また、使い勝手のいいように機能性も考慮されたものがたくさんあります。想定しているシーンに合わせたUSBマイクを選べば、最大限のパフォーマンを発揮できるようになりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ