記事ID134353のサムネイル画像

【釣り初心者向け】ヒラメを釣りたい人が選ぶべきおすすめルアー10選

ヒラメ釣りをしたいと思っても様々なルアーがたくさんあるのでどれがおすすめなのか迷ってしまう方も多いと思います。最近ではYouTubeで釣り動画を投稿されている人の影響から、釣りを始める人も多いです。今回は初心者におすすめするヒラメ釣り用ルアーを紹介します。

ルアーにこだわるだけで簡単にヒラメが釣れる

最近は、YouTubeなどで釣り動画を投稿されている方の影響で、釣りを始めた方が非常に多いようです。せっかく釣りをするなら「食べられる魚を釣りたい」と、考えている人の中ではヒラメ釣りが圧倒的な人気を誇っています。

 

わざわざ船を借りて沖に行く必要もなく、磯や海岸で楽しめることから子供にも人気になっています。どの年齢でも楽しめる魚釣りですが、仕掛けであるルアーの数が多いので、どれを使ったら良いのか分からない方も多いのではないでしょうか。

 

エサ釣りは簡単なのですが、ルアーの場合はそれぞれの種類や特徴を理解しておかないと全く釣れないこともあります。今回はこれからヒラメ釣りを始めたいと思っている方に向けて、おすすめのルアーを10商品紹介します。

【ココが重要】ヒラメルアーの選び方

ヒラメを釣りたい方はルアーの「動き方」で選ぶ

ルアーは疑似餌とも言われており、ヒラメが普段から捕食している生物に似せるように作られています。ただ巻くだけでも良いルアーもありますが、「バイブレーション」や「メタルジグ」「ミノー」など、様々な種類の商品があります。

 

それぞれのルアーの特徴を理解しておくことによって、万が一釣れない場合にすぐにルアーを変えるという選択肢を取れるので、まずはそれぞれのルアーの特徴を抑えておきましょう。

超万能型ルアーの「ミノー」

数多くあるルアーの中で1番「小魚」っぽく見えるのが、ミノーです。ヒラメは普段から小魚を中心に捕食しているので、ヒラメにとって食い付きやすいルアーになっています。ミノーは釣りにおいて超万能なルアーで、ブラックバスやシーバスなどにも応用できます。

 

カラフルな色をしているミノーが多いですが、実際に投げて巻いてみると、本当に小魚がスイスイと泳いでいる様に見えます。ミノーの先端にあるプラスティックのベロが、水の抵抗を上手く分散させて、小魚の動きを演出してくれます。

 

磯などで使うのも良いですが、ギリギリの部分を狙って岩に当て続けていると、ミノーの先端のプラスティックの部分が割れて、使い物にならなくなってしまうことがあります。後述する「ヒラメを釣る場所」に合わせて使用しましょう。ミノー1つで様々な魚を釣ることができるので、持っておいて損はないルアーです。

視覚で魚をおびき寄せる「メタルジグ」

メタルジグとは、金属で出来たルアーです。先ほどのミノーはプラスティック製で非常に軽く、小魚に似ていることが特徴でしたが、メタルジグは魚には似つかない見た目をしています。

 

ただの金属の板じゃないの。こんなのでヒラメ釣れるのかよ。と思う方も多いですが、実はこの金属の板だからこそ得られるメリットがあります。メタルジグは素材が金属で出来ているので、フラッシング効果と言われる水中でキラキラと光を反射することが出来ます。

 

この効果によって、魚に存在を気づかせて捕食させることができるのです。メタルジグはミノーよりも重く作られているので、より遠くに飛ばすことが出来ます。釣り場の手前がテトラポットなどの障害物がある場合は、飛距離も期待できるメタルジグがおすすめです。

ただ巻きでも動きを演出できる「バイブレーション」

「ただ巻き」とは、名前の通り「リールをそのまま巻くだけで良い」という意味です。バイブレーションは振動のことで、動きを演出してくれるタイプのルアーになっています。竿をしならせたり、フックを入れたりという高度なテクニックも不要です。

 

「ただ巻き」だけで良いので、初心者にとって非常におすすめのルアーです。バイブレーションルアーは比較的重く設計されているので、ミノーやメタルジグに比べて沈みが早いです。

 

そのため、水深のある場所で使うことをおすすめします。浅い場所で使うと、海藻やゴミなどに引っ掛かり、ルアーを外すためだけに時間を取られてしまいます。メタルジグと同様に飛距離が確保できるので、遠くまで飛ばしたい時にはおすすめのルアーです。

 

 

ヒラメのルアーは釣る場所で選ぶ

釣りにおいて重要なのが、「釣り場」です。マグロが川に生息していないように、ヒラメが生息していない場所でいくら良質なルアーを投げてもヒラメは釣れません。どのルアーを使うのか。というのは釣り場によっても変わります。

 

ヒラメの釣り場として挙げられるのは「河口」や「離岸流」「磯」です。それぞれの釣り場では、使用するルアーも変わってくるので、まずは釣り場の特徴を理解しておきましょう。

 

自分がヒラメを釣りたい場所が決まったら、上記で説明したルアーの種類を参考に選んでみてください。

淡水と海水が混ざり合う「河口」

淡水と海水が混ざり合う河口付近では、プランクトンが非常に豊富で多くの魚が集まるポイントになっています。さらに、そこに集まった小魚たちを大型のシーバスなどが捕食するという連鎖が起っています。ヒラメも川の付近まで進出しているので釣り場としては1番釣りやすいと感じると思います。

 

河口での釣りは堤防などがあるので比較的、足場がしっかりとしています。小さいお子さんを連れて釣りを楽しみたい方にも非常におすすめです。河口付近では目の前にテトラポットなどの波消しブロックがあるため、それを避けるためには遠くに飛ばす必要があります。

 

遠くに飛ばす必要がある場合には、メタルジグやバイブレーションをおすすめします。もちろん場所によってはミノーでも良いですが、魚の反応を見ながらルアーも変えるのが良いと思います。

 

 

ルアーの動きを最大限に演出させるなら「離岸流」

「離岸流」とは、波打ち際(岸)から沖に向かって生じる引き波のことです。離岸流によってできる地形変化は、ヒラメが身を潜めやすく、獲物を待ち伏せる絶好の場所になります。岸からも離れていることで、ヒラメの警戒心が薄まっています。

 

離岸流は岸に対して平行ではなく、直角に流れるので、ミノーなど動きが良いルアーが最大限に活かされる場所でもあります。ただ、素人の方にとって離岸流を見極めるのが難しいと思います。

 

白波が途中から無くなる場所、波打ち際が沖の方へ出ている場所。波打ち際にだけ玉砂利がある場所などをチェックすると良いでしょう。まずは、反応を見るためにミノーを投げてみても良いと思います。

慣れてきたら「磯」釣り

河口釣りや離岸流に慣れてきたら、磯釣りにもチャレンジしてみても良いでしょう。ヒラメ釣りは水中の岩礁帯「沈み根」も絶好のポイントです。様々な魚が身を潜める場所になっているので、活性の高いヒラメが小魚を捕食するために待ち構えている可能性がとても高いです。

 

磯付近には「ヒラスズキ」や「クロダイ」などの大物も潜んでいるので、ヒラメを狙っているところに思わぬ当たりがあるかもしれません。ミノーでも良いですが、波が強いので流されてしまう場合もあるので、メタルジグやバイブレーションがおすすめです。

 

磯釣りは、足場も悪く、足を滑らせて怪我をしたり、突然高波が来たりするような場所なので、お子さんと釣りをする場所としてはおすすめできません。釣り場としては絶好のポイントですが、しっかりとリスク管理をしてから釣りをしましょう。

ヒラメのルアーは「竿」や「リール」に合わせて選ぶ

ヒラメに限らず、魚釣りをするためには良質なルアーを持っているだけではダメです。そのルアーと相性の良い「竿」や「リール」に合わせたものを選ぶことをおすすめします。

 

相性の良いものを選ばなかったら絶対に釣れない。というわけではありませんが、本気で釣りを楽しみたいと思っている方は細かい部分までこだわりを持つと良いと思います。自分が今、どんな竿やリールを使っているのか確認しておきましょう。

釣り場に合わせた長さの竿を使う

釣り初心者の方にとっては、ルアーも大事ですがロッド(竿)選びも重要になってきます。ヒラメ釣りが人気になっていることから、各メーカーから多くのヒラメ専用のロッドが発売されています。既にロッドを持っている方は参考程度に。これから竿を購入される方は自分がヒラメ釣りをする場所に合わせたロッド選びをしてください。

 

多くのヒラメロッドは、9.6フィート、10フィート台、11フィートといった長さが主流です。ヒラメは浅瀬で広大なサーフに潜んでいるので、広範囲に対応した遠投性が求められます。長すぎてもルアーの操作性が損なわれるので、9.6〜11フィート台のロッドを選ぶ事をおすすめします。

 

「とりあえず始める」という方には、ヒラメ専用ロッドではなくても大丈夫です。1万円台のシーバスロッドでも十分に楽しむことができます。先ほど紹介したミノーやメタルジグ、バイブレーションとの相性も良いのでおすすめです。予算をかけたく無い方はシーバスロットがおすすめです。

ヒラメルアーを活かすためにはリールやラインも重要

リールは糸をグルグル巻く器械で、ラインとはルアーをつける「糸」です。あまり気にされない方も多いですが、おすすめされているのは3000〜4000番のスピニングリールです。ヒラメ釣りで100メートル以上飛ばす事は無いと思いますが、他の魚を釣ることも考えると持っておいて損はありません。

 

ラインは0.8〜1.2号が主流です。細くて感度の良いラインは遠投性に優れており、河口や離岸流などのポイントでも大活躍します。「感度」というのが非常に重要で、波の強い場所では魚の反応なのか。波の流れなのか。曖昧になりがちです。

 

特に磯などの場所では波が強いので、感度の良いライン選びが重要です。ルアーを最大限に活かすためには、良い「竿」「リール」「ライン」を選ぶことをおすすめします。

ヒラメを釣りたい人必見 おすすめルアー10選

第10位

メジャークラフト

ジグパラ ブレード

価格:582円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

淡水・海水でのパフォーマンスが高い

まさにオールラウンダーのルアーです。海中で光を反射することによって様々な場所にいる魚に対してアピールします。ゆっくり巻きよりも、スピードを上げて巻くと見破られることが無くなると、多くの方がアドバイスをしています。

 

障害物のあるところでも使えるので、警戒心の薄くなっている魚にアプローチをすることができます。他のルアーに比べても比較的安価なので、「あ〜このルアー高かったから使いたくないな...」という気持ちも無くなると思います。

 

軽量メタルバイブが非常に良く動きます。手元までルアーのプリプリ感が伝わってくるので、魚の当たりに対しても敏感に察知してくれます。

ルアーの種類メタルジグ対応魚種ヒラメ・シーバス
第9位

Jackson

メタルジグ 飛び過ぎダニエル

価格:594円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「普通に釣れる」それが魅力

高強度のボディを形成し、重心を極端に後方化していることで、投げたらびっくり。まさに「飛び過ぎ」と、びっくりするでしょう。

 

腹部にもフックが付いているため、下から食い付いてくるヒラメに対してのフッキング率も高くなっています。これまでのメタルジグ以上に飛ぶルアーなので「飛び過ぎダニエル」という名前がつきました。

 

メタルジグには無い力強い動きで、ただ巻きでもヒラメが釣れる優れものです。釣りの体験が2回目の人がメバル、サバ、アジ、ヒラメを釣るという実績を残しています。サイズも小さいのでいろんな種類の魚を釣る事ができます。

ルアーの種類メタルジグ対応魚種ヒラメ・シーバス
第8位

メジャークラフト

メタルジグ ジグパラ ショート

価格:496円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

抜群のフッキング率

フィールド、ターゲット、アクションを選ばずあらゆる状況に対応するキング・オブ・スタンダードルアーと呼ばれています。空気抵抗の小さいコンパクトシルエットは圧倒的な飛距離を生み出します。

 

早巻きからゆっくりまであらゆるスピードに対応する引き重り感の少なさと、喰わせのタイミングを誘発させやすいセンターバランスが魅力です。「使い手を選ばないルアー」とも言われており、初心者にも上級者にも選ばれるルアーです。

 

抜群のフッキング性能を生み出しているのは、「魚を掛けることを最優先」に考えられているからです。前後にオリジナルフックを搭載することで、アクションを起こしてきたヒラメを確実に食いつかせます。

ルアーの種類メタルジグ対応魚種ヒラメ・シーバス
第7位

アムズデザイン

ミノー 魚道 ヘビーサーファー

価格:1,697円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーフのボトム攻略に欠かせないルアー

風が強く、波が高いときでも安定した飛距離を出す事ができます。重量28gという重さでも水を噛んでしっかり泳いでくれるのが魅力です。波が荒れやすい磯付近でも安定したアクションで魚を引きつけることができます。

 

「リピート購入決まり」「障害物の無い場所で使うなら最強」と、大絶賛するコメントも多く寄せられています。河口付近で使う場合はシーバスなども狙えるので、ヒラメ以外にも実用的です。

 

重さがあるルアーなので、竿も少し固めのものが振りやすく扱いやすいと思います。ヒラメやマゴチ対策には必須必須のルアーです。ただ巻きだけでも十分なパフォーマンスをしてくれるので初心者にピッタリのルアーです。

 

ルアーの種類ミノー対応魚種ヒラメ・マゴチ・シーバス
第6位

デュオ

ビーチウォーカー バイブ100

価格:932円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒラメが好む細身スタイル

ヒラメが好む細身のイワシやキビナゴといったベイトフィッシュに近づけた形状のバイブレーションルアーです。バイブレーションルアーの中でも珍しい形状のですが、バランスをうまくとってあり、キャスト中やフォール中の糸絡みが少ない設計になっています。

 

どんな場所でも高いパフォーマンスを発揮することが人気で、ヒラメはもちろんのこと、川で使用する事も珍しくありません。煌びやかな見た目からブラックバスなどの魚にも対応しています。

 

非常にタイトな振動をするようになっており、ミノーやメタルジグの食いつきが悪いときには、アクセントとなってくれるでしょう。河口などの流れ込みに使用することをおすすめします。

ルアーの種類バイブレーション対応魚種ヒラメ・マゴチ・シーバス
第5位

メジャークラフト

メタルジグ ジグパラ SURF

価格:643円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

離岸流の攻略に欠かせない1品

35gと重量のあるルアーで、サーフエリアでかっ飛ばしたいときに持っておきたいルアーです。メタルジグでは実現することができなかったリアルな魚の動きを演出することができます。

 

ただ巻きするだけで魚の方からアクションが来ると大人気のルアーです。離岸流で大活大活躍すること間違いなし。海底から上昇してきたヒラメを確実に食いつかせるためにトリプルフックを使用しています。

 

「あれ、自分釣り上手くなったかも知れない。」と錯覚するほどのアイテムです。ヒラメはもちろん、堤防からの遠投でシーバスなども狙うことができます。ミノーの良さとメタルジグの良さを足したような最先端のルアーです。

ルアーの種類メタルジグ対応魚種ヒラメ・シーバス・マゴチ
第4位

TAKAMIYA

FALKEN R ハーフソリッドバイブ

価格:396円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

バイブレーションルアーの最高峰

安定した飛行姿勢を生む低重心設計により、抜群の遠投性を実現しています。鉛のソリッドボディを樹脂でコーティングし、ソリッドボディと樹脂ボディの長所を兼ね備えた半ソリッドタイプのルアーに仕上がっており、バイブレーションルアーの中ではNo.1の人気を誇っています。

 

人気YouTuberの釣り動画でも紹介されたルアーで、日没後から使用すると大型のシーバスも食いついてきます。実際の使用者からも「安い。釣れる。最高。」と絶賛コメントが多数寄せられています。

 

魚の食いつきが非常に良いので、釣り初心者でも楽しめると思います。遠くにも投げられるので河口での使用をおすすめします。

ルアーの種類バイブレーション対応魚種ヒラメ・シーバス・マゴチ
第3位

SHIMANO

メタルジグ 熱砂 スピンビーム

価格:1,157円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ヒラメ釣りに特化されたルアー

メタルジグのメリットである飛距離に、プラグのメリットであるトリプルフックを組みあわせたハイブリッド型のヒラメルアーです。水中に入ると光を反射させ、海底にいるヒラメに存在感を示します。

 

飛距離が出る事に加えて、難しいルアーアクションが必要ありません。ただ巻きでも使えるので初心者の方でも非常に簡単に使いこなす事ができます。カラーバリエーションも豊富で、自分が気に入ったものを選ぶことができます。

 

このルアーの動きはとても不規則で、「バタバタ暴れる」ようなアクションをします。魚の食いつきが悪いときに動きの変化をつけてヒラメを誘ってくれます。ミノーやバイブレーションでは演出できないアクションになっています。

ルアーの種類メタルジグ対応魚種ヒラメ・マゴチ
第2位

アムズデザイン

ミノー サスケ 裂波

価格:2,160円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高い実釣性能を兼ね備えたルアー

ボディとリップが一体となっているリップレスタイプのヒラメミノーです。このミノーは発売から10年ほど経っていますが、いまなお高い実釣性能を持っている人気の商品です。

 

ヒラメ用としてご紹介していますが、シーバス釣りをしている方も多く愛用しているルアーで、魚種や場所を選ばない汎用性に長けています。淡水でも使える事でブラックバスなども釣る事ができるでしょう。

 

波打ち際にいるヒラメや、岸近くの波がくずれた後に出来る白い泡状の波(スープ)の中でもしっかりとアクションしてくれるのでヒットチャンスを逃さないことで人気です。ただ巻きでもOKなので、初心者の方には使いやすいルアーです。

 

ルアーの種類ミノー対応魚種ヒラメ・シーバス
第1位

デュオ

ビーチウォーカー ファルクラム

価格:1,361円(税込)

楽天スーパーSALE開催中!!楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ド派手なゴールドでヒラメを寄せ付ける

ヒラメ釣りブームに仕掛け人であり、現在も第一線でヒラメ釣りの魅力を伝え続けている堀田光哉さんとBeach Walkerがコラボして作られたルアーです。振り切れが良くて、ブッ飛びのウエイトセッティングに、リップは水絡みに優れるベベルドリップを採用しています。

 

ミノータイプのルアーにしては重さがあり、飛距離も十分に確保できるため、離岸流にも対応しており、波が強い磯や向かい風のようなラフコンディションにも対応している万能型のルアーです。

 

ルアーを投げたあとは、ゆっくり巻いていくことで、魚本来の動きを演出することができます。比較的重さはありますが、本体は浮き上がりやすい性能なので、ヒラメ以外の魚も釣る事ができます。持っておいて損することがないおすすめルアーです。

ルアーの種類ミノー対応魚種ヒラメ・マゴチ・シーバス

ヒラメルアーのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4894850の画像

    デュオ

  • 2
    アイテムID:4894862の画像

    アムズデザイン

  • 3
    アイテムID:4894865の画像

    SHIMANO

  • 4
    アイテムID:4894871の画像

    TAKAMIYA

  • 5
    アイテムID:4894881の画像

    メジャークラフト

  • 6
    アイテムID:4894891の画像

    デュオ

  • 7
    アイテムID:4894910の画像

    アムズデザイン

  • 8
    アイテムID:4894926の画像

    メジャークラフト

  • 9
    アイテムID:4894939の画像

    Jackson

  • 10
    アイテムID:4894953の画像

    メジャークラフト

  • 商品名
  • ビーチウォーカー ファルクラム
  • ミノー サスケ 裂波
  • メタルジグ 熱砂 スピンビーム
  • FALKEN R ハーフソリッドバイブ
  • メタルジグ ジグパラ SURF
  • ビーチウォーカー バイブ100
  • ミノー 魚道 ヘビーサーファー
  • メタルジグ ジグパラ ショート
  • メタルジグ 飛び過ぎダニエル
  • ジグパラ ブレード
  • 特徴
  • ド派手なゴールドでヒラメを寄せ付ける
  • 高い実釣性能を兼ね備えたルアー
  • ヒラメ釣りに特化されたルアー
  • バイブレーションルアーの最高峰
  • 離岸流の攻略に欠かせない1品
  • ヒラメが好む細身スタイル
  • サーフのボトム攻略に欠かせないルアー
  • 抜群のフッキング率
  • 「普通に釣れる」それが魅力
  • 淡水・海水でのパフォーマンスが高い
  • 価格
  • 1361円(税込)
  • 2160円(税込)
  • 1157円(税込)
  • 396円(税込)
  • 643円(税込)
  • 932円(税込)
  • 1697円(税込)
  • 496円(税込)
  • 594円(税込)
  • 582円(税込)
  • ルアーの種類
  • ミノー
  • ミノー
  • メタルジグ
  • バイブレーション
  • メタルジグ
  • バイブレーション
  • ミノー
  • メタルジグ
  • メタルジグ
  • メタルジグ
  • 対応魚種
  • ヒラメ・マゴチ・シーバス
  • ヒラメ・シーバス
  • ヒラメ・マゴチ
  • ヒラメ・シーバス・マゴチ
  • ヒラメ・シーバス・マゴチ
  • ヒラメ・マゴチ・シーバス
  • ヒラメ・マゴチ・シーバス
  • ヒラメ・シーバス
  • ヒラメ・シーバス
  • ヒラメ・シーバス

まとめ

今回は、ヒラメを釣りたいと思っている人におすすめするルアー10選をご紹介しましたが、いかがでしたか。同じルアーでも種類が違うので、それぞれの釣り場に合わせたルアーを選ぶことが大切です。

 

 

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ