記事ID134318のサムネイル画像

【快適】便利に使える折りたたみキーボードおすすめランキング10選

どこでも使いやすくおすすめなツールに、折りたたみキーボードがあります。様々な媒体に使えて、持ち運びがしやすいため、大変便利なものとなっています。今回は、そんなおすすめの折りたたみキーボードの選び方について紹介するので、参考にしてみてください。

1つは折りたたみキーボードを持っておくべき

折りたたみキーボードは、今でこそよく使われているものですが、以前はそこまで有名ではありませんでした。ですが、やはりキー入力という点で「どんな媒体でも使いやすい」のはキーボードであるため、自然と折りたたみキーボードが発展してきたのです。

 

また、折りたたみキーボード最大の利点である「持ち運び出来る」というメリットは、各媒体を使う上で、かなり魅力的な点となっています。タッチパネル式の入力に慣れていても、やはりキーボードと比べると、精度も速さも段違いなのです。

 

どこか落ち着ける場所で、快適にスマートフォンやタブレットを使いたいときも「折りたたみキーボードを持ち歩いている」だけで、その利便性は格段に向上します。その可能性は無限大であるため、有効活用しておいて損はないものだと言えるでしょう。

折りたたみキーボードの選び方

折りたたみキーボードの有用性は、今後さらに高まっていくと考えられます。その波に乗るためにも「良いものを選ぶ基準」を知っておく必要があるでしょう。

より多くの媒体に対応できるものを選ぶ

折りたたみキーボードを選ぶとき、まず考えることとして「どのOSに使えるのか」というものがあります。これを知っておかなければ、不測の事態が発生することがあるのです。

出来るだけ全てのOSに対応するものを選ぶ

普通、キーボードは「パソコンについている」ものです。その点、折りたたみキーボードは、後付けするようになっています。当たり前のことですが、初めて、折りたたみキーボードを選ぶ人は「後付けする際の注意点」を見落としがちなのです。

 

後付けする際、常に考えておかなければならないのは「対象の商品に使えるのかどうか」です。せっかく購入しても、いざ使うときになって「対応商品ではなかった」となれば、お金の無駄遣いになってしまいます。これは、折りたたみキーボードにも同じことが言えるのです。

 

特に、パソコンやスマートフォンなどは「使われているOSが違う」ことが多いため、商品によっては使えないことがあります。そうした懸念を払拭するためにも、折りたたみキーボードを選ぶときは「出来るだけ多くのOSに対応したもの」を探すようにしてみましょう。

 

性能重視なら専用タイプを選ぶ

折りたたみキーボードを選ぶ際、なるべく多くのOSに対応するものを選ぶべきだと紹介しました。ですが、場合によっては「1つのOSだけに対応した折りたたみキーボードを選ぶ」ことも必要なってくることを覚えておきましょう。

 

多くのOSに対応できるということは、裏を返すと「どれも平均的な性能しか出せない」ことになります。汎用性が高いという点では、これで十分、合格点と言えます。ですが、さらなる高性能を目指すなら「同一OSに特化した折りたたみキーボード」を選ぶべきなのです。

 

これは、折りたたみキーボードに限らず「カメラ・プリンタ等全ての機械」に当てはまることです。よく純正品の方が良いと言われる由縁は、ここにあります。最も良いのは「同じOS・同じ企業の製品」であることです。これであれば、同一規格の製品同士になるので、性能をフルに発揮できるでしょう。

電力源も重要なポイントになる

折りたたみキーボードを選ぶ上で、次にポイントとなる点として「電力源」があります。外で使う上で、どれだけ長く使えるかは、死活問題となるでしょう。

バッテリーの推奨時間を把握しておく

折りたたみキーボードを使う上で、かなり重要になってくるのが「バッテリー寿命」であり、絶対に外せないポイントなります。特に、屋外で折りたたみキーボードを使うなら「どれだけの時間使えるか」を把握しておかなければ、いざという時に使えない可能性も出てくるのです。

 

折りたたみキーボードには「バッテリー推奨時間」が、ある程度決まっているため、これを基準として考えていけば良いでしょう。バッテリーの推奨時間は「2~4時間充電・30~80時間」となります。これを基準に商品を選べば、よっぽどのことがない限り、充電切れになることはありません。

 

よっぽど頻繁に使うのであれば別ですが、これだけバッテリー寿命があれば「ほとんど充電切れにはならない」ため、まず安心しておいてください。むしろ、これより少ないバッテリー寿命の場合「商品の性能が良くない」こともあるため、しっかりと選んでいきましょう。

電池式の場合は、コストや手間に見合うかどうかを考える

現在、販売されているほとんどの折りたたみキーボードは「バッテリー式」となっています。ですが、中には「電池式」の商品があるため、どちらを選ぶかは、慎重に考えなければ、後悔する結果になるかもしれません。

 

電池式のメリットは「充電忘れの防止・バッテリーの劣化防止」が挙げられます。これにより、電池が無くならない限り「安定稼働が出来る」ようになるのです。不意に充電が切れても、電池を持っていれば、すぐに対応することができ、ストレスも溜まりにくいです。

 

とはいっても、電池式にすれば「電池を常に購入する」必要があるため、電池を持っていなければ、折りたたみキーボードが使用不可になることもあります。また、電池を購入するのが面倒くさいと感じる人もいるでしょう。その場合は、迷わずバッテリー式の折りたたみキーボードを購入するようにしましょう。

 

素材や形状にも注目してみる

折りたたみキーボードは「それぞれの素材や形状」があります。その為、自分が最も使いやすい形状を選ぶことも重要になってくるのです。

耐久性ならアルミ製がおすすめ

折りたたみキーボードは「様々な場所で使う」ことを前提としたものです。その為、持ち運びながら使っているうちに、壊れてしまうこともあるのです。そんなとき、おすすめできるのが「アルミ製」の折りたたみキーボードです。

 

普通、キーボードと言えば「プラスティック製」が多くなっています。その為、外からの衝撃に弱く、壊れやすいのです。ですが、アルミ製のキーボードなら、少々の衝撃で壊れることはありません。また、全体に使われず、底部等の一部にしか使われないことも多く「重量」という点でも軽くなっています。

 

物を落としてしまうことが多い人は、プラスティック製よりアルミ製を選ぶべきでしょう。キーボードも、言ってみれば「精密機器」なので、衝撃には弱い傾向にあります。なるべく長く使いたい人は、丈夫なアルミ製の折りたたみキーボードを購入してみることをおすすめします。

シリコン製なら、形状もコンパクト

折りたたみキーボードの中でも、新しい発想で作られているのが「シリコン製キーボード」です。このキーボードは、シリコン特有の柔らかさがあり、衝撃を吸収してくれるものです。また、持ち運び時「丸めることが出来る」ため、かなりコンパクトに収納が可能となります。

 

シリコン製のメリットは、形状の自由だけでなく「防水性能が優れている」点にもあります。外で作業をしていると、飲み物をこぼすこともあるでしょう。そんな時でも、シリコン製なら、故障したりはしません。それどころか、丸洗いすることも出来るため「ずっと清潔に使い続けられる」のです。

 

その分、シリコン特有の感触があり「打つときの違和感」が気になる人も出てくるでしょう。ですが、この点に関しては、慣れれば気にならなくなります。むしろ「落下と水に強く、場所も取らない」ため、重宝する人も多くなるでしょう。

折りたたみキーボードおすすめランキング10選

ここからは、折りたたみキーボードのおすすめをランキングで紹介します。様々な種類の折りたたみキーボードがあるので、自分に合ったものを探してみてください。

第10位

iClever

iClever 折りたたみキーボード IC-BK08

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

キーボードとマウスの一体型

キーボードとタッチパッド機能が一体となった折りたたみキーボードとなります。出先でキー入力する際、何かと使うことのある「タッチパッド機能」が付いてることが特徴となっています。無くても良い人はいますが、やはりタッチパッドを使えた方が、何かと便利です。

 

また、この折りたたみキーボードは「外装がアルミ合金」となっているため、衝撃に強い仕様となっています。キーボードタッチに関しても「PCと遜色ない感触」に近づけているため、ストレスなく打ち込むことが出来るでしょう。打つ感覚は、意外と重要なので、嬉しい設計です。

 

対応するOSに関しても、現在市販されている全てに使えるため、使う機種を選びません。接続は、Bluetoothを使うのですが「3つの接続先を同時に指定できる」ため、瞬時に切り替えもできて、作業が捗るでしょう。出先で、オールマイティに折りたたみキーボードを使いたい人には、特におすすめします。

重量308gOSWindows/Android/iOS/Mac
第9位

iClever

iClever 折りたたみキーボード IC-BK03

価格:3,799円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルかつ多機能な折りたたみキーボード

入力のみに特化した、多機能折りたたみキーボードです。第10位で紹介した折りたたみのマウス機能を取り除いたものであり、タッチパッド機能がないため「軽量化」も可能となりました。マウスを使わず、キー入力だけで十分という人にはおすすめです。

 

タッチパッド機能は、使う機種や目的によっては「余分な機能」と感じる人も多いです。タッチ式の画面なら「キーボードにマウス機能が無くても平気」と考える人も多いでしょう。その為、この折りたたみキーボードは、入力に特化したシンプルデザインとなっているのです。

 

主要なOS全てに繋げることはもちろん、Bluetooth切り替えもスムーズに行うことができます。何より「軽量化とコンパクト化」が出来ているので、持ち運びしてもストレスがありません。出先でも、取り出しやすく使いやすいので、ぜひ試してみてください。

重量181gOSWindows/Android/iOS/Mac
第8位

エレコム

エレコム 折りたたみキーボード TK-FLP01BK 

価格:3,768円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ポケットにもすっぽり入る折りたたみキーボード

ポケットに入れても、全く違和感のない折りたたみキーボードです。シンプルデザインの上、付属しているケースは「スタンド」にもなるため、スマートフォンなどを置いて作業するのに便利となっています。

 

付属しているパッドは、一見すると使いにくそうでですが「慣れれば意外と便利」なので、ちょこっと使いたい人にはおすすめです。タイピング感としては、PCと変わりなく使えるため、違和感はないでしょう。ですが、エンターキーが小さいので、慣れるまでは少しかかるかもしれません。

 

Bluetoothは、3機種まで瞬時に切り替え可能であり、ストレスなく使うことができます。また、折りたたみ式にありがちな「キーボタンの同時押し」に関しても、キー同士の感覚が空いているため、気になりにくいでしょう。値段もお手頃なので、1度試してみてはいかがでしょうか。

重量299gOSWindows/Android/iOS/Mac
第7位

3E

3E 3つ折りタイプキーボード

価格:6,868円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

業界初のテンキー搭載型折りたたみキーボード

折りたたみキーボードの中でも、初めて「テンキー」を搭載したものとなります。テンキーは、PC以外のキーボードには、なかなかついていないので、助かる人もいるのではないでしょうか。

 

また、このキーボードは「フルキーボード」なっています。その為、省略されがちなキーも、しっかりと打ち込むことができます。見た目にもこだわっており、独自のアルミ素材を使った外装は「高級感」がとてもよく出ています。タイピング時に起きやすいがたつきも、最小限に抑えられているため、入力に支障が出ることもありません。

 

出先で、数字入力を多用するときなどは、テンキーが大活躍してくれるでしょう。また、これだけキーがついていても「かなりの軽量化」を実現しているため、持ち運びも便利です。Bluetooth接続も3つ同時に行えるため、どんな時でも安心して使うことが出来る商品なのです。

重量194gWindows/Android/iOS/Mac
第6位

JTT Online

ブッキースティック

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

スティック状に折りたためるキーボード

折りたたみキーボードの中でも珍しい「縦折り」のキーボードです。折りたたんだ形状がスティックのようになるため、目新しいキーボードになるでしょう。特に、スマートフォンをキー入力したい人には、おすすめの商品となります。

 

本体の軽さもさることながら、付属の収納袋に入れておけば、簡単に持ち運びできるようになります。また、小さめのサイズながら「キーボタンが大きめ」なので、入力時に誤操作を起こす可能性も低くなります。キー自体は「最低限、入力に必要なものだけ」が揃っており、ちょっと使うにはおすすめです。

 

本格的に使うのではなく、ちょっとした入力を行うときは「これくらいのキーボード」の方が、ストレスなく使うことが出来るでしょう。スタンドも一緒に付いているので、画面も見やすくなっています。お手軽に、折りたたみキーボードを使いたい人は、ぜひどうぞ。

重量165gOSWindows/Android/iOS/Mac
第5位

Niwawa

折りたたみ式 シリコンキーボード

価格:2,100円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

丸めて持ち運べるキーボード

シリコン製の折りたたみキーボードとなります。最近、新たに出てきた概念のキーボードであり、素材のおかげで「衝撃吸収・防水性能」が、とても高くなっています。巻きつけて運べるため、持ち運びも便利です。

 

キーボードを使う際、気になるのが「隙間に溜まるホコリ」ですが、シリコン製のキーボードなら、全面水洗いが可能なため、常に清潔な状態を保つことが出来るのです。また、打ち込む際の音が静かなので、どこでも気軽に使うことができ、隣の人に迷惑をかけることも少なくて済むでしょう。

 

見た目は、他のキーボードと変わらないため「違和感なく使用することが出来る」のもおすすめポイントです。何より、シリコン素材が「衝撃を吸収してくれる」ため、万が一落とした場合も、壊れることはないでしょう。今までのキーボードに飽きた人にもおすすめの商品となっています。

重量159gOSWindows/Android/iOS/Mac
第4位

ElectricalLand

ぺリックス 折りたたみBluetoothキーボード

価格:2,990円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

シンプルデザインで使いやすいキーボード

無駄なものが一切ない、シンプルデザインのキーボードとなっています。とにかく「打ち込むだけで良い」と考えている人には、おすすめの商品となるでしょう。見た目がシンプルなのはもちろん、持ち運びもしやすくなっているため、使いやすいキーボードとなっています。

 

打ち込む際の感触も、キーがかなりしっかりしているため「ほとんどストレスなく使える」でしょう。大きさもちょうど良く、故障しにくい造りになっているため「長く愛用できるキーボード」と言えます。

 

こういった一見シンプルなキーボードは「他の機能に力を使わない」ため、レスポンスが良く、不具合も起こりにくくなっています。とにかく、出先でしっかりと打ち込めるキーボードを求めるなら、持っておいて損はない代物となるでしょう。

重量254gOSWindows/Android/IOS
第3位

リュウド

リュウド 折りたたみ式Bluetoothキーボード

価格:4,277円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

iOS専用キーボード

iOSのためだけに開発された折りたたみキーボードとなります。今や、数多くの人が使っている「iPhone・iPad」に特化したものであり、かなり使い勝手の良いキーボードとなっています。

 

これがあれば「iPhone・iPadをパソコン替わりに使うことが出来る」ため、今の時代にかなり合っているものだと言えます。デザイン自体は、少し無骨な印象は受けますが、動作等に問題は全くありません。iOS特化のため、違和感なく使える人も多いでしょう。

 

今の時代、iPhoneやiPadは全盛期と言っても過言ではありません。ですが、タッチパネル式に慣れない人も多いです。そんなとき、キー入力が出来るキーボードがあれば「ストレスなくiPhone・iPadを使うことが出来る」のです。使い勝手がかなり違ってくるので、1度試してみることをおすすめします。

重量191gOSIOS
第2位

iClever

iClever 折りたたみBluetoothキーボード

価格:4,999円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

レザーカバーの付いた安全性抜群のキーボード

レザーカバーがついた、安全性の高い折りたたみキーボードです。レザーカバーは「スマホスタンド」にもなるため、キーボード使用時に使うことが出来ます。そして、何よりも「キーボード本体のアルミ合金とレザーカバー」によって、少々の衝撃では壊れないようになっています。

 

アイソレーション設計を施しているため「タイピング時の打ち間違え」を防いでくれるのも、おすすめポイントです。また、人が打ち込みやすい「人間工学に沿った設計」なので、疲労軽減効果もあります。

 

出先での長文作成を行う際に、かなり重宝する商品となっており、持続時間も「90時間」と長いです。見た目もシンプルかつカッコいいモデルになっているため「外で使っても全く違和感がない」でしょう。開けると、自動でペアリングしてくれるため、スムーズに作業することが出来るのもおすすめです。

重量413gOSWindows/Android/IOS
第1位

iClever

iClever 折りたたみBluetoothキーボード

価格:4,790円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

折れない・疲れないが売りの折りたたみキーボード

V字型をした新しい形の折りたたみキーボードです。今までのキーボードには見られない形ですが、これは「人がキーボードを打ち込む形を意識した」ものとなっています。また、壊れにくいように「360度曲がる仕様」となっています。

 

普通の折りたたみキーボードは「180度」までしか開かないのですが、360度開かせることで、中折れを防いでいるのです。また、V字型をしているのは「キーボードを打つとき、手を曲げないで済むようにしている」からです。これにより、さらに余分な動作を軽減して、打ちやすさと疲労軽減を両立させています。

 

また、薄さにおいても「極薄」を可能にしており、それに合わせて軽量化も実現しています。はっきり言って、他の折りたたみキーボードより「一歩先を行っている」と言っても過言ではないので、ぜひ試してみることをおすすめします。

重量172gOSWindows/Android/IOS

折りたたみキーボードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4894220の画像

    iClever

  • 2
    アイテムID:4894222の画像

    iClever

  • 3
    アイテムID:4894223の画像

    リュウド

  • 4
    アイテムID:4894224の画像

    ElectricalLand

  • 5
    アイテムID:4894225の画像

    Niwawa

  • 6
    アイテムID:4894226の画像

    JTT Online

  • 7
    アイテムID:4894228の画像

    3E

  • 8
    アイテムID:4894229の画像

    エレコム

  • 9
    アイテムID:4894230の画像

    iClever

  • 10
    アイテムID:4894231の画像

    iClever

  • 商品名
  • iClever 折りたたみBluetoothキーボード
  • iClever 折りたたみBluetoothキーボード
  • リュウド 折りたたみ式Bluetoothキーボード
  • ぺリックス 折りたたみBluetoothキーボード
  • 折りたたみ式 シリコンキーボード
  • ブッキースティック
  • 3E 3つ折りタイプキーボード
  • エレコム 折りたたみキーボード TK-FLP01BK 
  • iClever 折りたたみキーボード IC-BK03
  • iClever 折りたたみキーボード IC-BK08
  • 特徴
  • 折れない・疲れないが売りの折りたたみキーボード
  • レザーカバーの付いた安全性抜群のキーボード
  • iOS専用キーボード
  • シンプルデザインで使いやすいキーボード
  • 丸めて持ち運べるキーボード
  • スティック状に折りたためるキーボード
  • 業界初のテンキー搭載型折りたたみキーボード
  • ポケットにもすっぽり入る折りたたみキーボード
  • シンプルかつ多機能な折りたたみキーボード
  • キーボードとマウスの一体型
  • 価格
  • 4790円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 4277円(税込)
  • 2990円(税込)
  • 2100円(税込)
  • 4980円(税込)
  • 6868円(税込)
  • 3768円(税込)
  • 3799円(税込)
  • 4999円(税込)
  • 重量
  • 172g
  • 413g
  • 191g
  • 254g
  • 159g
  • 165g
  • 194g
  • 299g
  • 181g
  • 308g
  • OS
  • Windows/Android/IOS
  • Windows/Android/IOS
  • IOS
  • Windows/Android/IOS
  • Windows/Android/iOS/Mac
  • Windows/Android/iOS/Mac
  • Windows/Android/iOS/Mac
  • Windows/Android/iOS/Mac
  • Windows/Android/iOS/Mac

まとめ

便利に使える折りたたみキーボードおすすめランキング10選を紹介しましたが、いかがでしたか。折りたたみキーボードの用途は、基本的に「出先で使う」ことがほとんどです。ですが、今の折りたたみキーボードは、自宅用キーボードと同じくらいの性能を発揮することが出来るのです。使っていない人は「世界が変わる」と思うので、ぜひ1度使ってみることをおすすめします。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ