記事ID134316のサムネイル画像

【インテリアにもOK】ケーブルボックスおすすめ人気ランキング10選

散らかりやすいスマホやPC周りのケーブルなどをまとめてくれるケーブルボックス。見た目だけでなく、作業効率も上がる便利なものです。ここではケーブルボックスの選び方や、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。最良のケーブルボックスを選び取りましょう!

便利さだけにとどまらないおしゃれを演出するケーブルボックス

ケーブルボックスとは、スマホやパソコンの充電ケーブル、電源タップなどを収納するボックスのことです。デスクの上にケーブルが散乱していると、ひっかかかってコンセントから抜けてしまったり、物を置くことができないなど作業効率が悪くなります。それを解消してくれるのがケーブルボックスというわけです。

 

もともとはケーブルを収納するという機能面が主だったものでしたが、今では部屋のインテリアとしての役割を果たすほどデザイン性も優れてきました。

 

ただし、見た目だけにとらわれてしまうとケーブルの収納量に見合ってなかったり、デスクに対してのサイズ感がずれてしまうなどは注意すべき点です。

ケーブルボックスの選び方

ケーブルを収納するボックスだけでなくインテリアのひとつとしても考える必要があります。また、収納する予定のケーブルのボリュームによっても選ぶべきポイントが変わってくるため慎重に選んでいきましょう。

置き場所で選ぶ

ボックスと名のつくように箱型であることが多く、サイズ感を見誤るとインテリアとしてバランスが崩れます。また、置き場所によってサイズを考えておく必要があります。

棚のように設置する

ケーブルや電源タップを収納するだけでなく、棚のような使い方を考えている方にも使い勝手を考慮されたケーブルボックスがあります。デスク上では置き場所がない方にとって、ケーブルをまとめることと合わせて棚のような使い方で他のものも収納することができます。

 

例えば、スマホやタブレットを充電しながらおいておく棚のように使うこともできますし、余ったスペースにはサボテンのような観葉植物をおいてみたり、純粋にインテリアの引き立て役としても使うことができます。

 

ただし、床において棚のように使う場合、デスクとのサイズ感や高さが合わないことも考えられるためあらかじめ寸法を測っておくことはマストです。

デスクの上に設置する

仕事や作業を行う際にデスク周りのケーブルが複雑に絡み合ったりすることのないようにデスク上にケーブルボックスを設置することは懸命な判断です。

 

複雑に絡み合ったケーブル類にはほこりがまとわりやすく、何かの拍子に外れてしまうことも珍しくありません。見た目上と合わせて、使い勝手も高めるためであれば、デスク上にケーブルボックスを設置すると良いです。

収納するケーブルなどに合わせて選ぶ

適当なサイズのケーブルボックスを購入すると、持っている電源タップや収納を考えているケーブルの束などをまとめきれないことがあります。

 

ケーブルなどの収納するものを基準にすると失敗なく満足のいくケーブルボックスを選ぶことができます。

長細いタイプ

デスクの上にはPCやスマホの充電、コンパクトな加湿器などたくさんの家電をおいている方も多いでしょう。そういった場合、たくさんのコンセントを指すことができる電源タップを使っている方にとっては、通常のケーブルボックスでは長さが足りないことがあります。

 

通常サイズの電源タップを使っている方でも余裕を持たせた長細いタイプのものを使うことで収納する部分に遊びを持たせることができます。また、普段はあまり使わないコネクタなどを一時的に収納しておくことも可能です。

高さのあるタイプ

デスクの上にはおくものが決まっている方にとっては、デスク下に高さのあるタイプを設置することもひとつの選択肢と言えます。デスク下は、比較的空間を無駄にしやすい場所であるため、収納するだけのケーブルボックスにはもってこいの場所です。

 

また、一度おいてしまえばケーブルボックスは動かすことがないため、存在を忘れても問題ないようなデスク下に高さのあるタイプはマッチします。

 

ただし、掃除をする際にケーブルボックスを動かしたりする場合には、コンセントに繋いでいるケーブルが抜けてしまわないよう注意が必要です。

薄型のタイプ

収納するだけのケーブルボックスに存在感を持たせたくない場合には、幅や高さなどが薄型のタイプがおすすめです。また、たくさんのものを置いて空間を効率よく使いたい方にとっても薄型のタイプは選択肢に入れておきたいところです。

 

インテリアをおしゃれに演出する場合には、際立たせるものと存在感を薄くするものの二つが最低でも必要となります。ケーブルボックスを際立たせる必要がなければ、そのサイズ感に薄型を選ぶことによって目的は満たせると言えます。

材質で選ぶ

ケーブルボックスの材質に使われるものは、主に2つあります。「プラスチック」と「木」です。それぞれ一長一短特徴があり、好みに応じて選ぶと良いです。

 

お部屋のインテリアに合わせやすいのはプラスチック製ですが、木製の場合、温かみを演出することができるなどお互いに持ち合わせていない特徴があります。

プラスチック

比較的ケーブルボックスに使われることの多い材質のプラスチックです。コストがかからないことから安価なものが多く、カラーバリエーションが豊富で形に丸みなどの曲線を使いやすいところも特徴の1つです。

 

ただし、あまり安価なものを選ぶとあらかさまなプラスチックの印象があり、ややチープな感じを受けることがあり、よくみて考える必要があります。

木製

プラスチックと比べてコストがかかることからやや値段が高くなりがちなのが木製です。デザイン面に関しては、加工できる範囲が限られていることから角ばったものが多くなりがちなところがネックなポイントと言えます。

 

ただし、プラスチックと比べてチープな感じがなく、また木ならではの温かみや色味を演出できるのがメリットです。

 

お部屋のインテリアが木を基調とした雰囲気であれば、木製のケーブルボックスは選びやすいタイプと言えるでしょう。

デザインで選ぶ

収納することはもちろんのこと、家具のひとつといえるのがケーブルボックスです。そのため、部屋のインテリアをそこわなないようにすることも重要なポイントです。

 

概ねどのケーブルボックスを選んでも収納に問題がないようであれば、デザインありきで決めることも良いです。部屋のインテリアを大事にバランスを保つために様々な視点からみていきましょう。

かわいいタイプ

ケーブルボックスをただのボックスとしてとらえるのではなく、その存在をインテリアアイテムとして使いたい場合は、デザインの可愛いタイプを選ぶこともできます。

 

単調なカラーが多く無機質な印象になりやすいケーブルボックスですが、ソファやテーブル、観葉植物などといったアイテムに並べても遜色ないインテリアイテムとして使うことも可能です。

 

ただし、シンプルなタイプと比べてデザイン面や加工のコストがかかっているため、やや値段が高くなることがあるため購入前には頭に入れておく必要があります。

シックなタイプ

使っているデスクが黒を基調としたものやお部屋全体がシンプルであったり、高級感を演出するタイプであれば、シックなタイプのケーブルボックスがオススメです。

 

コスパを考慮すると選ぶのが難しくなる反面、部屋に統一感を出すことができ、収納アイテムであっても浮いた存在にならないメリットがあります。

 

シンプルなタイプ

収納アイテムは全般的にシンプルに揃えている方には、ケーブルボックスも収納アイテムである以上シンプルに揃えることを考えるでしょう。

 

プラスチックや木といった材質を問わず、ケーブルボックスはシンプルなタイプが多くあり、サイズ感や色などに重心を置いて選ぶことができるでしょう。

 

ただし、シンプルなタイプほどチープに見えがちな特徴があるため、こだわる方にとっては手にとってよくみてみないと家に持ち帰ってから買い直そうかなと考えることがあるため要注意です。

ケーブルボックスのおすすめ人気ランキング10選

第10位

エレコム

6個口電源タップ収納 ケーブルボックス

価格:1,613円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

万人ウケするベーシックなケーブルボックス!

こちらはPC周りのアイテムを多数排出している有名メーカーELECOMのケーブルボックスです。前提として6個口の電源タップを収納するようになっているため、同じ電源タップをお持ちであれば、基本的にはサイズ違いであわなかったなんてことはないでしょう。

 

カラーバリエーションは白と黒の2色です。ボックス上部の左右にケーブルを出す開口部があり、そこからスマホといった持ち運びするようなものをボックス上部において充電することも可能です。

 

シンプルなタイプながらも機能性を考慮してあり、使い勝手のいいケーブルボックスです。

材質プラスチックサイズ400 × 160 × 139.5 mm
第9位

イノマタ化学

ケーブルボックス 即納コードケース

価格:788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

大きめサイズのケーブルボックス!

こちらは、長さ39cmの大きめサイズのケーブルボックスです。電源タップの多くをカバーできるサイズとなります。

 

上部には、スイッチで電源を入れ切りするタイプの電源タップに対応するように開口部が設けられており、必要に応じてスイッチを触ることができるようになっています。

 

本体部分と滑り止め部分で材質に変化を出しており、チープな感じもなく、また持ち運ぶ際にも滑りにくく扱いやすいように工夫されています。

材質本体:スチロール樹脂 滑り止め:エストラマー樹脂サイズ39×15.6×12.9cm
第8位

ぼん家具

木製ナチュラル ケーブルボックス

価格:2,480円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木製のシンプルなケーブルボックス!

こちらは、木の温かみを感じる木製のケーブルボックスです。電源タップ用とさまざまなケーブル用にケーブルの取り出し口が側面と前面と設けられており、通気性も確保してあります。またケーブルの取り回しも狭すぎない窓となっており機能性も抜群です。

 

ナチュラルなウッドカラーだけでなく、ブラウンやブラックなどカラーバリエーションも豊富です。インテリアのアイテムとしても選びやすいでしょう。

 

DIY好きな方にとってはペンキやニスなどで色を塗ったり風合いを変えることで変化を楽しむこともできます。多少の加工ができることからも楽しみの幅が増えますよ。

材質サイズ380×150×135mm
第7位

配線ボックス

電源タップ配線隠し ケーブルボックス

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

放熱性と使い勝手を意識したケーブルボックス!

こちらは、シンプルながら放熱性と使い勝手を意識したケーブルボックスです。

 

電源タップの収納は前面から引き出すタイプとなっており、引き出しの取っ手として開口部があります。また底面にも通気口があり、前面・側面・底面から放熱することができます。

 

上部の側面から奥にかけて溝があり、画像の通りスマホなどをはめ込んで充電することができます。アピールポイントとして、体重50kgの人が乗っても壊れない耐久力もあるため、いろんなものを上部に置いておくことができます。

材質プラスチックサイズ282×140×130mm
第7位

ORICO Technologies Co.,Ltd

ORICO ケーブルボックス

価格:1,360円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ほこり防止!配線スッキリケーブルボックス!

こちらは、ORICOのシンプルなケーブルボックスです。上部に蓋を用いており、側面の開口部では必要最低限のみ切り取っているため、ほこりの侵入を防ぎやすい設計となっています。

 

底面にはゴム素材の滑り止めを採用しており、デスク上でも滑って落ちてしまうような心配がありません。

 

 

材質プラスチックサイズ320×107×90mm
第6位

山善(YAMAZEN)

収納ケース ケーブルボックス

価格:4,190円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納ケース型ケーブルボックス!

こちらは、山善の収納ケース型ケーブルボックスです。その特徴として、収納ケースとして使えるのが大きなポイントです。背面は、3段構造になっており、上段からスマホなどを置けるミニテーブル、中段に電源タップなどの小型収納、下段にWi-Fiルーターのような中型収納が可能となっています。

 

中段には電源タップのスイッチ切替用の窓があり、指先で切替ができるようになっています。窓の大きさも大きすぎず小さすぎず、デザイン上のバランスも整っています。

 

材質としてスチールが用いられており、表面はプリント化粧板となっているため、チープな感じもなくインテリア用の家具としても十分魅力的な作り込みとなっています。

材質プリント紙化粧パーティクルボード、スチールサイズ40.5×13.5×40cm
第5位

サンワダイレクト

木目柄 ケーブルボックス

価格:2,780円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

木目調のケーブルボックス!

こちらは、サンワダイレクトの木目調ケーブルボックスです。

とてもシンプルな構造ながらもデザイン性を損なわないように注意深く設計されています。ケーブル取り出し口として上部の2箇所と側面があり目立ちにくいような切り取り方になっています。また通気口が底面に設けられており、放熱性にも備えられています。

 

材質として完全な木ではなく、ABS樹脂を採用しており木目調を使うことでデザイン性を保持しながらも、機能性を兼ね備えた加工を施してあります。またスタッキング昨日もあり、同じ商品を上下に綺麗に重ねることができます。

材質ABS樹脂サイズ320×160×132mm
第4位

TSdrena

ケーブル収納 ケーブルボックス

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

超シンプルケーブルボックス!

こちらは、シンプルを追求したケーブルボックスです。

どこに置いても合わないことがないほど、シンプルを大事に思う方にとっては最高のケーブルボックスでしょう。

 

6個口や8個口の電源タップにも対応しているため、汎用性も高く使い勝手がよいタイプです。

 

カラーバリエーションは白のみですが、DIY好きな人であれば、自分好みのペイントやカラーリングを行うことも可能です。

材質NAサイズ405×156×135mm
第3位

Baskiss

1セット Lサイズ & Mサイズ ケーブルボックス

価格:2,180円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

セットタイプのケーブルボックス!

こちらは、MサイズLサイズのセットになったケーブルボックスです。

デザインに関しては、白と黒の2色の展開でシンプルかつシックなスタイルとなっています。チープな感じはなく綺麗な仕上がりです。

 

Lサイズに関してはかなりの大型で長さが40cmと対応できないものはなにもないくらいでしょう。空間にゆとりがあるため、ノートパソコンのような大きめの電源アダプタでも余裕を持って収納ができます。

材質スチロール樹脂サイズLサイズ40.5×15.7×13.7cm;Mサイズ:32×13.5×13cm
第2位

バッファロー

BUFFALO ケーブルボックス

価格:1,604円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2色2サイズ展開のケーブルボックス!

こちらは、PCといえばで有名なBUFFALOのケーブルボックスです。

カラーは2色展開、サイズはSとLの2サイズ展開となります。幅広いサイズの電源タップやケーブルの収納に対応しており、シンプルながらもインテリアとして万能なデザインです。

 

ほこりの侵入を防ぐ設計となっており、ケーブルの出入り口が通気口にもなっているデザインです。 また、本体の素材には燃えにくいUL94HBグレードの難燃性ポリスチレンが採用されており、万一の自体のも備えられています。

 

上部にケーブルの取り出し口が2箇所あり、使い勝手のいい設計となっています。

 

 

材質ポリスチレンサイズSサイズ257×157×138mm、Lサイズ407×157×138mm
第1位

サンワダイレクト

充電ステーション ケーブルボックス

価格:4,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ルーターも収納可能!ケーブルボックス!

こちらは2段収納のケーブルボックスです。

高さ44.8cmとデスク下や横に設置するにはちょうどいい高さとなっており、上段ではスマホなどの充電ステーションとして対応しています。

 

下段には、ルーターやハブなどの広めの収納スペースがあり、側部にケーブル落下防止のフックが備え付けられています。

 

シンプルながらも洗練されたデザインでコスパも良いです。ライトブラウンとダークブラウンの2色展開となっており、部屋のタイプに合わせやすい配色となっています。

材質木、スチールサイズ400×145×448mm

ケーブルボックスのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4896740の画像

    サンワダイレクト

  • 2
    アイテムID:4896731の画像

    バッファロー

  • 3
    アイテムID:4896715の画像

    Baskiss

  • 4
    アイテムID:4895450の画像

    TSdrena

  • 5
    アイテムID:4895441の画像

    サンワダイレクト

  • 6
    アイテムID:4895431の画像

    山善(YAMAZEN)

  • 7
    アイテムID:4895418の画像

    配線ボックス

  • 8
    アイテムID:4895407の画像

    ぼん家具

  • 9
    アイテムID:4895398の画像

    イノマタ化学

  • 10
    アイテムID:4895390の画像

    エレコム

  • 商品名
  • 充電ステーション ケーブルボックス
  • BUFFALO ケーブルボックス
  • 1セット Lサイズ & Mサイズ ケーブルボックス
  • ケーブル収納 ケーブルボックス
  • 木目柄 ケーブルボックス
  • 収納ケース ケーブルボックス
  • 電源タップ配線隠し ケーブルボックス
  • 木製ナチュラル ケーブルボックス
  • ケーブルボックス 即納コードケース
  • 6個口電源タップ収納 ケーブルボックス
  • 特徴
  • ルーターも収納可能!ケーブルボックス!
  • 2色2サイズ展開のケーブルボックス!
  • セットタイプのケーブルボックス!
  • 超シンプルケーブルボックス!
  • 木目調のケーブルボックス!
  • 収納ケース型ケーブルボックス!
  • 放熱性と使い勝手を意識したケーブルボックス!
  • 木製のシンプルなケーブルボックス!
  • 大きめサイズのケーブルボックス!
  • 万人ウケするベーシックなケーブルボックス!
  • 価格
  • 4980円(税込)
  • 1604円(税込)
  • 2180円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 2780円(税込)
  • 4190円(税込)
  • 1399円(税込)
  • 2480円(税込)
  • 788円(税込)
  • 1613円(税込)
  • 材質
  • 木、スチール
  • ポリスチレン
  • スチロール樹脂
  • NA
  • ABS樹脂
  • プリント紙化粧パーティクルボード、スチール
  • プラスチック
  • 本体:スチロール樹脂 滑り止め:エストラマー樹脂
  • プラスチック
  • サイズ
  • 400×145×448mm
  • Sサイズ257×157×138mm、Lサイズ407×157×138mm
  • Lサイズ40.5×15.7×13.7cm;Mサイズ:32×13.5×13cm
  • 405×156×135mm
  • 320×160×132mm
  • 40.5×13.5×40cm
  • 282×140×130mm
  • 380×150×135mm
  • 39×15.6×12.9cm
  • 400 × 160 × 139.5 mm

まとめ

ここまでケーブルボックスのおすすめランキング10選をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?ケーブルの収納だけではなく、ルーターを収納したり、充電ステーションや棚のように使うことができるものまで幅広いラインナップです。ケーブルをすっきりさせるのはもちろんのこと、ほこりの侵入を防いだりペットのいたずら防止など安全性にも一役買ってくれます。デスク周りをすっきりさせてインテリアとしても楽しんでみるときっと集中してものごとに取り組めるようになりますよ。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ