記事ID134313のサムネイル画像

【衣類の汚れを一挙解決】漂白剤のおすすめ人気商品ランキング10選

衣類の黄ばみやカビの臭いなど、何度洗濯しても落ちない汚れに困っていませんか。おすすめの漂白剤なら、洗濯洗剤では届かない汚れも綺麗に漂白することが出来ます。本項では、評価の高いおすすめの漂白剤を10点厳選し、ランキング形式にまとめました。

洗剤が届かない汚れには漂白剤が効果覿面

鉄分や赤土による黄ばみや、色柄物から白い生地への色移りなど、洗濯洗剤だけでは完全に落とすことが出来ない汚れは沢山あります。衣類に残ったカビのきつい臭いも、柔軟剤では汚臭の原因を断つことが出来ません。

 

その悩みを解決するのが「漂白剤」です。生地の色落ちや繊維の傷みを気にして、漂白剤の使用を避ける方は多いですが、洗濯の状況に適した漂白剤を選ぶことが出来れば、その心配も必要なくなります。

 

本項では、おすすめの漂白剤を10点厳選し、ランキング形式にまとめました。漂白剤にも洗浄の向き不向きがあり、落とすのが苦手な汚れ・臭いや、相性の悪い繊維があります。漂白剤の選び方が分からない方は、是非とも参考にしていただければ幸いです。

漂白剤の選び方

洗浄力の強さだけで漂白剤を選ぶと、汚れと一緒に生地の色を落としてしまったり、成分の刺激で生地を痛めてしまったりなど、却って衣服の状態を悪化させる原因となります。

 

漂白剤の洗浄効果は高いですが、万能ではありません。漂白剤は種類によって含まれている化学成分が異なります。適切な商品を選ぶには、先ずはそれぞれの特性を知る必要があります。

 

漂白剤は化学反応によって漂白を行う「化学製品」です。誤って大切な衣服を無駄にしないよう、漂白剤の正しい使用方法を身につけましょう。

漂白剤には4種類のタイプがある

漂白剤のタイプは、大まかに分けて酸化型「還元型」の2種類があります。酸化型は「酸素系」「塩素系」、さらに酸素系は「液体系」「粉末系」と2分類され、合計で4種類のタイプが存在します。

幅広く応用できる「酸素系漂白剤」

一般家庭で広く使われているタイプで、家庭用洗剤の大半を占めています。酸素系漂白剤は「液体系」「粉末系」の2つに分かれており、含まれている科学成分は異なりますが、両者とも入手が容易で扱いやすいメリットがあります。

 

・液体酸素系漂白剤

主成分には過酸化水素が使われている場合が多く、弱酸性なので生地に優しいタイプです。他の漂白剤に比べて洗浄力は弱いですが、相性の悪い繊維が少なく、殆どの衣類に対応できるのが強みです。

 

・粉末酸素系漂白剤

主成分には過炭酸ナトリウムが使われており、液体系では届かない汚れも落とすことが出来ます。しかし、弱酸性の液体系に対し、粉末系は弱アルカリ性を示しており、繊維によっては漂白剤の刺激で傷んでしまう恐れがあります。

 

また、液体系と粉末系の両方を駆使することで、より大きな洗浄効果を期待できます。液体系で洗濯した後に、粉末系を入れたぬるま湯で洗うなど、2つのタイプを合わせた洗濯方法を試してみましょう。

非常に強力な漂白効果を持つ「塩素系漂白剤」

4種類の中で最も洗浄力の高いタイプで、主成分には次亜塩素酸ナトリウムが使われ、アルカリ性を示します。非常に強い漂白効果を持ち、キッチン用品やトイレの洗浄、水道やプールの塩素消毒にも使用されます。

 

殆どの汚れを漂白できますが、使用できる衣類は制限されてしまいます。色を溶かす恐れのある色柄物は勿論、ウールやカシミヤなど動物由来の繊維は、塩素の強い刺激で悪化してしまう危険性が高いです。

 

非常に扱いが難しい漂白剤であり、プロでも慎重に使う必要があるタイプなので、使用には十分な注意が必要です。全く色素の無い白物や、塩素に耐性がある衣類以外は、殆ど使用できないと考えましょう。

しつこい汚れに効果を発揮する「還元系漂白剤」

染みや黄ばみなどの汚れに強い漂白剤で、殆どの漂白剤は粉末タイプとなっています。粉末酸素系と同じく弱アルカリ性の成分で、主成分には二酸化チオ尿素やハイドロサルファイトが使用されています。

 

大半の商品は業務用で、主に赤土汚れや鉄サビによる黄ばみなど、現場で付いた汚れを漂白する際に用いられます。中には、家庭用品に市販されている商品もあるので、入手は難しくありません。

 

高い漂白効果を期待できますが、還元系の成分は衣類を変色させてしまう恐れがあり、シルクやウールなどの動物繊維は傷む危険性があります。色素の濃い生地や、刺激に弱い繊維への使用は避けましょう。

生地の種類で漂白剤を選ぶ場合

衣類に使われる素材は、主に「動物繊維」「植物繊維」「化学繊維」などがあります。相性の悪い組み合わせで漂白すると、生地が傷んでしまう恐れがあります。化学反応による劣化は元に戻らないので、漂白する衣類の素材は必ずチェックしましょう。

毛や絹など動物繊維の衣類

ウールやカシミア、シルクなど動物由来の繊維は、科学成分の刺激に耐え切れず、弱アルカリ性でも傷んでしまう恐れがあります。また、動物繊維の衣類は家庭での洗濯自体が不可能な場合もあるので、必ず事前確認を行いましょう。

 

動物繊維が使われている衣類には、弱酸性で刺激の少ない「酸素系漂白剤」がおすすめです。液体系で届かない汚れには、粉末系の漂白剤を入れたぬるま湯で洗うなど、洗濯を工夫してみましょう。

麻や綿など植物繊維の衣類

麻や綿など植物由来の繊維は、塩素成分の刺激に強いという特徴があります。その中でも、麻は汚れが落ちやすい性質を持つので、「酸素系漂白剤」の漬け置きでも十分です。

 

漬け置きでも落ちない汚れがあれば、「塩素系漂白剤」の使用をおすすめします。しかし、色が付いている生地の場合、「還元系」や「塩素系」の漂白剤は避けましょう。

 

ただし、塩素系を長時間漬け置きしていると、漂白剤の色が付着し「黄変」してしまう恐れがあります。

ナイロンやポリエステルなど化学繊維の衣類

化学繊維は、塩素に強い素材と弱い素材に分かれています。ポリエステルやアクリルは塩素成分に強いですが、ナイロンやアセテートには耐性がありません。

 

前者の場合は「塩素系漂白剤」を使用しても大丈夫ですが、後者は「酸素系漂白剤」「還元系漂白剤」などを使い、刺激の強い漂白剤は避ける事をおすすめします。

 

塩素に弱い繊維の中でもナイロンは特に注意が必要で、化学反応による変色が起こりやすい素材です。漂白を行う前に、必ず衣類の素材を確認しておきしょう。

生地の色で漂白剤を選ぶ場合

洗浄力の強い漂白剤は汚れや臭いだけでなく、生地の色まで落としてしまう恐れもあり、「塩素系」「還元系」の漂白剤は使用厳禁です。白い生地であっても、「塩素系漂白剤」による漬け置きで黄変してしまう可能性もあるので十分注意しましょう。

 

 

色素がない白生地の衣類

衣類を色移りや染みが残ったままにすると、成分の弱い漂白剤では落ちにくくなります。白い生地に汚れが付くと目立ってしまい、衣類の見栄えを悪くしてしまいます。

 

白い生地であれば色落ちの心配もないので、「還元性漂白剤」を使用しても大丈夫です。寧ろ、酸素系で落ちない場合は、なるべく効果の強い漂白剤を試してみるのがおすすめです。

 

「塩素系漂白剤」を使う場合は、衣類の素材に十分注意しましょう。塩素成分に弱い衣類であれば、酸素系漂白剤を入れた水で漬け置きするなど、洗濯方法を変えてみるのも一つの手です。

色が落ちやすい色柄物の衣類

色柄物の生地に洗浄力の強い漂白剤を使ってしまうと、汚れと共に色素が落ちてしまいます。色が落ちると、衣類が脱色されてしまうだけでなく、落ちた色が他の衣類に移る恐れもあります。

 

色柄物の衣類であれば、「液体系酸素系漂白剤」による漂白が向いています。「粉末系」の漂白剤を使う場合は、ぬるま湯に溶かすなどして使用しましょう。

 

ただし、全ての色柄物に対応できる訳ではありません。「色物対応」と表記されている場合でも、洗浄力が強いと色落ちする危険性はあるので、不安であれば効力の弱い漂白剤をおすすめします。

漂白剤のおすすめランキング10選

第10位

花王

ハイドロハイター 150G

価格:178円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鉄分や赤土の汚れに効果抜群、全ての白物衣類に対応

白物専用の塩素系漂白剤です。鉄さびや赤土の染み汚れだけでなく、ハイターの付着による黄変を回復させる事もできます。さび落しにも使える為、清掃用としても役立ちます。

 

塩素系ですが、白物の衣料品に限り全て使用できます。塩素に強い植物繊維だけでなく、毛や絹などの動物繊維が使われている衣類でも、水洗いできる生地であれば使用可能で、素材との相性を気にせず使えます。

 

あくまでも白物専用の漂白剤なので、色柄物には使用できない点に注意しましょう。色素の無いシャツやブラウスなど、白物で汚れが目立つ衣類におすすめの漂白剤です。

タイプ塩素系・粉末タイプ内容量150g
第9位

第一石鹸

LC ランドリークラブ 液体カラーブリーチ 本体 2000ml

価格:284円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

漂白剤の中でも破格のコストパフォーマンスを誇る一品

液体タイプの酸素系漂白剤で、安価ながらも効果・容量ともに十分です。成分は弱酸性で生地に優しく、色柄物や刺激に弱い衣類でも安心して使えます。

 

水洗い出来る衣類であれば、シルクやウールなどの動物繊維でも使用可能です。洗濯洗剤と一緒に使えるので、洗濯と漂白を一度に行うことが出来ます。また、2000mlと大容量なので、使用頻度が多い方でもすぐに使い切る心配はありません。

 

さらに、この内容量で価格は税込み284円と安く、コストパフォーマンスの面でも優秀です。手頃な価格で詰め替えの手間も省けるので、費用を掛けたくない人におすすめします。

 

タイプ酸素系・液体タイプ内容量2000ml
第8位

日本ガーリック

酸素系漂白剤 (過炭酸ナトリウム100%)

価格:599円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯槽クリーナーから洗濯用まで、幅広く使用できる漂白剤

過炭酸ナトリウム100%で弱アルカリ性の酸素系漂白剤です。本製品は洗濯槽の洗浄用漂白剤ですが、洗濯用の漂白剤としても使用できます

 

一般の洗濯槽クリーナーとは異なり、幅広い応用が可能です。衣料品の洗浄・除菌は勿論、食器洗剤や石鹸の助剤としても役立ちます。相性の良い素材も多く、絹・毛以外の繊維であれば、色柄物や樹脂加工品にも使えます。

 

脱臭力・除菌力が高いのでカビ取りにも応用でき、アルカリ性の重曹と一緒に使うことで、より洗浄力が高まります。また、サイズのラインナップが幅広く、用途に応じて内容量を選ぶことが出来るのでおすすめです。

タイプ酸素系漂白剤・粉末タイプ内容量950g
第7位

地の塩社

酸素系漂白剤

価格:257円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

無添加・無香料で環境に優しい、石過炭酸ナトリウム100%の漂白剤

無添加・無香料の酸素系漂白剤です。メーカーである「塩の社」は、環境意識が高いことで知られており、この「酸素系漂白剤」も石過炭酸ナトリウム100%で環境に優しい製品です。

 

粉末タイプで使いやすく、ぬるま湯に溶かすことで最大限の洗浄効果を発揮します。衣類の染み抜き以外にも、洗濯槽のカビ取りからキッチン用品の除菌・消臭まで、幅広い用途が出来る便利な一品です。

 

また、本製品は無香料なので洗剤の香りが付く心配もなく、部屋干し臭の対策として優秀な漂白剤です。衣類の部屋干し臭に悩んでいる方や、香料入りの洗剤が苦手な方にもおすすめです。

タイプ酸素系・粉末タイプ内容量500g
第6位

ミヨシ石鹸

暮らしの過炭酸ナトリウム

価格:269円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衣類の漂白から食器の洗浄まで、多方面に活躍できる漂白剤

粉末タイプの酸素系漂白剤で、過炭酸ナトリウム100%の無添加です。綿や毛などの動物繊維から色柄物まで、殆どの衣類に対応できます。

 

キッチン用洗剤としても使える他、洗濯槽や排水溝の洗浄にも役立ちます。除菌・消臭効果に優れており、カビの汚れと臭いを一度に洗浄できます。クエン酸や重曹など、他の洗剤と組み合わせることで、より高い効果が期待できます。

 

メーカーの「ミヨシ石鹸」は環境に優しい「無添加洗剤」にこだわりを持ち、無添加の本製品も高い安全性を誇ります。過炭酸ナトリウムの漂白剤を始めて手に取る方は、一度購入して試してみることをおすすめします。

タイプ酸素系・粉末タイプ内容量500g
第5位

ライオン

ブライトW 衣類用漂白剤

価格:188円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

「半年後も白さに差がつく!」が売り文句のパワージェル漂白剤

液体タイプの酸素系漂白剤で、ジェル状の液体が特徴です。とろみがあるので繊維に密着しやすく、色柄物でも色素を落とすことなく安心して使用できます。

 

成分には汚れ落ちの促進剤が含まれており、漂白効果が長時間続きます。最初の洗濯で付いた汚れを落とし、次回の洗濯で落としやすくする「クリア漂白」で、洗うたびに漂白効果が高まります。

 

直接衣類に漂白剤を塗布することで、凝縮ジェルの液体が繊維に染み込み、落としにくい汚れ・臭いも落とすことが出来ます。使用毎に効果を実感できるので、常に衣類の清潔を保ちたい人へおすすめします。

タイプ酸素系・液体タイプ内容量600ml
第4位

KEK

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)

価格:390円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯から清掃まで幅広く使える、大容量の過炭酸ナトリウム漂白剤

粉末タイプの酸素系漂白剤です。同製品の中でもコストパフォーマンスが高く、ほぼ同じ値段で1㎏と大容量なので、使用頻度が高い人にもおすすめです。

 

洗濯用の漂白剤として使われるほか、除菌・消臭効果が高く、洗濯槽クリーナーやキッチン用洗剤としても人気があります。食器にこびりついた汁物や、洗濯槽のしつこいカビ汚れも綺麗に洗浄できます。

 

ぬるま湯に溶けるので、漬け置きや染み抜きにも便利です。洗濯洗剤と一緒に使うこともでき、小さじ1程度の量でも十分効果が表れます。洗濯や清掃など、あらゆる場面で使える洗剤を探している人にお勧めします。

タイプ酸素系漂白剤・粉末タイプ内容量1000g
第3位

花王

ワイドハイター EXパワー

価格:298円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

汚れや悪臭の原因を綺麗に落とす、家庭用漂白剤の代表格

家庭用漂白剤として高い人気を誇る「ワイドハイター」を、さらにパワーアップさせた漂白剤です。色物柄や動物繊維にも安心で、洗濯洗剤で届かない臭いも落とします。

 

汚れだけでなく雑菌にも効果的なので、生乾きによって発生する悪臭も、原因を除菌して防ぐことが出来ます。成分には漂白活性化剤含まれており、繰り返し使うことで、より高い漂白効果を発揮します。

 

また、本製品には粉末タイプもあります。粉末タイプは、過炭酸ナトリウムに酵素や界面活性剤などの成分をプラスした、油・皮脂汚れに強い漂白剤です。用途に合わせて、使い易い方を選ぶと良いでしょう。

タイプ酸素系・液体タイプ内容量1000ml
第2位

グラフィコ

オキシクリーン 1500g

価格:952円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で愛用され続けている、海外製の家庭用の酸素系漂白剤

世界中で愛用されている、海外製の酸素系漂白剤です。本家のアメリカ製には界面活性剤や香料が使われていますが、本製品は界面活性剤・香料無添加で、国内向けの漂白剤となっています。

 

日本向けの本製品は、過炭酸ナトリウムと炭酸ナトリウムのみで構成されており、人肌や環境に優しい安全仕様となっています。炭酸ナトリウムはタンパク質に作用する成分で、油汚れや皮脂汚れを綺麗に洗浄します。

 

1500gと大容量なので長持ちしやすく、多方面に使用しても十分足ります。通常の漂白剤では対処しきれない、しつこいタンパク汚れに悩んでいる人は、是非とも試してみましょう。

タイプ酸素系漂白剤・粉末タイプ内容量1500g
第1位

シャボン玉石けん

過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤

価格:420円(税込)

Amazonで詳細を見る
【ポイント最大44倍】お買い物マラソン楽天で詳細を見る
Yahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

洗濯・清掃・除菌と場面で活躍する、万能の酸素系漂白剤

過炭酸ナトリウムの酸素系漂白剤です。メーカーの「シャボン玉石けん」は、無添加石鹸の老舗会社であり、本製品も過炭酸ナトリウム100%の無添加漂白剤です。

 

同製品に比べて粒が細かく、水に溶けやすくなっているのが特徴で、冷水でも十分効果を発揮します。様々な場面で使われることを想定しており、洗濯槽や浴室の清掃や、キッチン周辺の洗浄・除菌など、八面六臂の活躍をします。

 

抜群の使い易さと品質の高さから、Amazonを始めとしたショッピングサイトでは、多数のユーザーから高評価を得ている人気商品です。製品の評価や品質にこだわる方でも、安心して手に取れるおすすめの一品です。

タイプ酸素系漂白剤・粉末タイプ内容量750g

漂白剤のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4901367の画像

    シャボン玉石けん

  • 2
    アイテムID:4900252の画像

    グラフィコ

  • 3
    アイテムID:4901368の画像

    花王

  • 4
    アイテムID:4901348の画像

    KEK

  • 5
    アイテムID:4901365の画像

    ライオン

  • 6
    アイテムID:4901364の画像

    ミヨシ石鹸

  • 7
    アイテムID:4901296の画像

    地の塩社

  • 8
    アイテムID:4901363の画像

    日本ガーリック

  • 9
    アイテムID:4901293の画像

    第一石鹸

  • 10
    アイテムID:4901051の画像

    花王

  • 商品名
  • 過炭酸ナトリウム 酸素系漂白剤
  • オキシクリーン 1500g
  • ワイドハイター EXパワー
  • 過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)
  • ブライトW 衣類用漂白剤
  • 暮らしの過炭酸ナトリウム
  • 酸素系漂白剤
  • 酸素系漂白剤 (過炭酸ナトリウム100%)
  • LC ランドリークラブ 液体カラーブリーチ 本体 2000ml
  • ハイドロハイター 150G
  • 特徴
  • 洗濯・清掃・除菌と場面で活躍する、万能の酸素系漂白剤
  • 世界中で愛用され続けている、海外製の家庭用の酸素系漂白剤
  • 汚れや悪臭の原因を綺麗に落とす、家庭用漂白剤の代表格
  • 洗濯から清掃まで幅広く使える、大容量の過炭酸ナトリウム漂白剤
  • 「半年後も白さに差がつく!」が売り文句のパワージェル漂白剤
  • 衣類の漂白から食器の洗浄まで、多方面に活躍できる漂白剤
  • 無添加・無香料で環境に優しい、石過炭酸ナトリウム100%の漂白剤
  • 洗濯槽クリーナーから洗濯用まで、幅広く使用できる漂白剤
  • 漂白剤の中でも破格のコストパフォーマンスを誇る一品
  • 鉄分や赤土の汚れに効果抜群、全ての白物衣類に対応
  • 価格
  • 420円(税込)
  • 952円(税込)
  • 298円(税込)
  • 390円(税込)
  • 188円(税込)
  • 269円(税込)
  • 257円(税込)
  • 599円(税込)
  • 284円(税込)
  • 178円(税込)
  • タイプ
  • 酸素系漂白剤・粉末タイプ
  • 酸素系漂白剤・粉末タイプ
  • 酸素系・液体タイプ
  • 酸素系漂白剤・粉末タイプ
  • 酸素系・液体タイプ
  • 酸素系・粉末タイプ
  • 酸素系・粉末タイプ
  • 酸素系漂白剤・粉末タイプ
  • 酸素系・液体タイプ
  • 塩素系・粉末タイプ
  • 内容量
  • 750g
  • 1500g
  • 1000ml
  • 1000g
  • 600ml
  • 500g
  • 500g
  • 950g
  • 2000ml
  • 150g

まとめ

漂白剤の持つ洗浄力は、洗濯の他にキッチン周りや洗濯槽の洗浄、部屋・トイレの清掃まで、幅広い応用ができます。本項で紹介した商品以外にも、台所用や清掃用の漂白剤もあるので、洗濯以外にも漂白剤を使い方は、そちらも探してみましょう。

 

漂白剤に含まれている成分は非常に強く、使い方を誤ると物品を劣化・破損させてしまいますが、正しい使用方法さえ知っていれば、家事の心強い味方となります。

 

高価な洗剤で落ちない汚れも、漂白剤を使えば簡単に落ちる可能性もあります。落ちない汚れを諦めてしまう前に、まずは試してみる事から始めてみましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ