記事ID134259のサムネイル画像

【スポーツ・警察小説が大人気】堂場瞬一のおすすめ作品10選

スポーツ・警察小説を中心に執筆をしている小説家の堂場瞬一さんですが、素晴らしい作品ばかりを執筆されているので、最近、堂場瞬一さんを知った方はおすすめ作品が分からないと思います。今回は堂場瞬一さんの小説の中でおすすめできる10作品をご紹介します。

【手が止まらない】臨場感溢れる堂場瞬一作品

堂場瞬一さんと言えば、スポーツ小説・警察小説を中心に執筆をされており、どれも大人気作品として有名になっています。時代は変わっても堂場瞬一さんの人気は衰えるどころか、スマートフォンの普及により、タブレットなどで手軽に本を読めることになりました。

 

「通勤中に本を読んで教養を深めたい」「語彙力を高めるためにも小説を読もうと思っている」「テレビドラマの原作を読んでみたい」と、思っている方には、読書初心者の方でも非常に楽しめる堂場瞬一さんの作品がおすすめです。

 

魅力溢れる小説家の堂場瞬一さんの作品はどんな内容なのでしょうか。これまで全く本を読んだことが無い人でも、楽しめる作品があるのか気になりますよね。今回は、堂場瞬一さんの小説の中で、特におすすめする10作品をご紹介します。

【ココが重要】堂場瞬一作品の選び方

堂場瞬一作品は本の「タイプ」で選ぶ

現代はインターネットが普及したことにより、スマートフォンやタブレットなどで本や漫画、映画を観ることが出来る時代になりました。小説の時代の流れに乗り、KindleやiPadを利用した電子書籍として読めるので、非常に便利な時代になりました。

 

通勤や通学、休憩時間など隙間時間に読書をする方にとっては、やはり手軽でコンパクトさが重要になっています。堂場瞬一さんの作品でも「文庫本」「Kindle」「オーディオブック」など、様々な種類で出版されているので、自分の生活スタイルに合わせたものを選ぶことをおすすめします。

本の"味"も楽しみたいなら「文庫本」

読書と言ったら、やはり従来の縦書きスタイルである「文庫本」ですよね。文字が縦書きで、紙の厚みを感じながら本を読むのは至福のひと時と感じる方も多いです。読み応えがあるので、時代が進んでも文庫本の人気は衰えることはありません。

 

堂場瞬一さんの作品では、急激なストーリー展開や推理を感情移入して楽しむことが出来るので、紙の小説の場合は「残り10ページでこの問題を解決出来るのか」「まだ解決に向かってないけど、どうなって行くんだろう...」というワクワク感を堪能できます。

 

また、電子書籍の場合はスマートフォンやタブレットで読むことになるので、どうしても液晶画面から放たれるブルーライトが原因で、目が悪くなったり疲れたりします。長時間スマートフォンを見続けるのがツライと思っている方は、紙の文庫本をおすすめします。

隙間時間に少しずつ読みたいなら「電子書籍」

「文庫本は持ち運びに不便だから嫌だ」「気分でいろんな作品を読みたいから文庫本じゃない方がいい」と、考えている方には電子書籍タイプをおすすめします。KindleやiPad、各種スマートフォンにアプリをインストールするだけで、端末1つで何作品も読むことができます。

 

通勤や通学中、休憩中に少しずつ読みたいと思っている方に非常におすすめです。堂場瞬一さんは、電子書籍版の小説もリリースしているので、荷物を増やしたくないと思ってる方は電子書籍を選んでみてはいかがでしょうか。

 

Amazonでは、文庫本よりもKindle版で購入した方が安く買えるので、Kindleアプリを使いこなせる人にはとてもおすすめです。読み終わったら端末から削除をすることも出来るので、無駄な容量が増えることもありません。学生やビジネスマンに選んで欲しいです。

歩きながらでも読める「オーディオブック」

「オーディオブック」とは、音声で読書をするという新しいサービスです。昔のような言葉を使うと朗読とも意味合いは同じです。スマートフォンに「Amazon Audible」のアプリをインストールすることで、ナレーターが小説を朗読してくれるのです。

 

音楽を聴く事と同じなので、イヤホンをつけながら散歩をして小説を聴くことができます。有名ナレーターさんが朗読をしてくれるのですが、その時のシーンに合わせて声色を変えてくれるので、より描写が鮮明にイメージできます。

 

ラジオ感覚で聴けることから、掃除をしながら、料理をしながら、子育てをしながらという「〇〇ながら読書」をすることが人気です。忙しい人にもぴったりの読書法と思います。

堂場瞬一の作品は小説のカテゴリーで選ぶ

堂場瞬一さんの小説はどれも魅力的ですが、その小説の中でもカテゴリーが分かれています。堂場瞬一さんの小説のカテゴリーを大きく分けると「スポーツ小説」と「警察小説」になります。

 

「スポーツ小説」「警察小説」それぞれの魅力を理解しておくことで、読書の楽しみ方が増えるでしょう。

ミステリ・警察小説

堂場瞬一さんは、「刑事・鳴沢了」シリーズをはじめ、「警視庁失踪課・髙城賢吾」シリーズ、「警視庁追跡捜査係」シリーズなど数多くの警察シリーズものを書いています。その時々で世の中の話題になっていることや、社会問題を絡ませているので、興味深く読むことができます。

 

テーマが重い内容でも、スラスラと読みやすく書き上げているので、今から読書を始める方にも非常におすすめです。堂場瞬一さんは海外のミステリー作品を多読しているので、その経験を踏まえた流れるような文章が書けるのだと思います。

 

警察小説と言えば、今野敏さんの名前も挙げられると思います。今野敏さんの作品が好きな方は堂場瞬一さんの作品も満足して読めると思います。

小説すばる賞を受賞したスポーツ小説

堂場瞬一さんは、10年間の新聞記者生活を経て小説を書き始めて、2000年にスポーツ小説「8年」で小説すばる新人賞を受賞しました。やはり堂場瞬一さんの作品と言えば「スポーツ小説」です。

 

堂場瞬一さんが小説を書く上で大切にしていることは、ストーリーとキャラクターであり、ストーリーやキャラクターの動きを邪魔するような文章は書きたくないと心に決めているようです。そのおかげで、ストーリー展開が分かりやすくて読みやすいことが魅力です。

 

堂場瞬一さんが書くキャラクターは、ストイックであったり、悲しみを秘めていたりと、それぞれに個性的な設定がなされています。主人公だけではなく、脇役にも魅力的なキャラクター設定をしているので、飽きずに最後まで読むことができます。

堂場瞬一さんの作品は小説のシリーズで選ぶ

堂場瞬一さんの作品で有名なのは、「刑事・鳴沢了シリーズ」「真崎薫シリーズ」「汐灘サーガ」「アナザーフェイス」などのシリーズ作品です。登場人物やストーリーを何作にも跨って楽しめます。

 

このような「シリーズ作品」と「シリーズ外の作品」があるので、選び方によって読書の楽しみ方が変わると思います。

長く作品を楽しみたいなら「シリーズ作品」

シリーズ作品の良さは何と言っても、1作品をきっかけに長期的に読書が楽しめるところです。何作品にも渡って登場人物たちが難事件に立ち向かう姿はどこまで続いても飽きない内容ばかりです。

 

衝動殺人、計画殺人、大量殺人、そして連続殺人。「彼らはなぜ人を殺すのか」という心理を読者と共に楽しみたいという試みから、構築されている小説が多く、被害者心理ではなく、犯罪者心理を理解するという新しい楽しみ方ができます。

 

さまざまな犯罪心理学者が研究をして、論文を出している中で「小説」として、物語に没入し、体感・認知することを狙って小説を書いていると言われています。これぞ堂場瞬一の世界観と言えるほど、読み始めたら止まらない内容の作品ばかりです。

1作品で完結 シリーズ外の作品

シリーズ作品では、登場人物やこれまでのストーリーを覚えておくことで作品を楽しめるので、堂場瞬一さんの作品を「もっと読みたい」と思っている方には大変おすすめです。しかし、これから堂場瞬一さんの作品を読みたいと思っている方には1冊完結型作品がおすすめ。

 

残り数ページで、物語の内容が急激に変わっていくというドキドキ感を味わえることや、ページ数も多すぎないので、あっという間に読み終えてしまうと思います。非常に読みやすい内容ばかりで、堂場瞬一さん作品の入門書として、シリーズ外作品がいいでしょう。

リアリティを追求するなら「ドラマ」

堂場瞬一さんがこれまで執筆した小説は、人気のあまりドラマや映画化された作品もあります。「堂場瞬一さんがどんな作品を書いているのか気になる」「読書が苦手で最後まで読めない...」という方には、ドラマ化や映画化されている作品をおすすめします。

 

有名俳優が、登場人物を演じていることで、小説では理解できなかった細かい描写などが鮮明に描かれていることが分かります。そのシーンごとに映し出される人間模様が警察小説・ミステリー小説との相性が良く、見入ってしまうでしょう。

 

ドラマや映画を観てから、原作である小説を読むと、「あ、小説ではこういう表現に変わってるんだ」という新たな楽しみ方が出来ると思います。

読む手が止まらない 堂場瞬一おすすめ小説10選

第10位

集英社

社長室の冬

価格:1,944円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ネットと紙文化のせめぎ合い

舞台は130年の老舗新聞社と外資系メディアとの買収交渉をする話です。AMCジャパンとの買収交渉の窓口であった日本新報の社長が突然亡くなります。人々の心理描写が鮮明に描かれているので、非常に考えさせられる作品です。

 

堂場瞬一さん自身が10年以上、新聞記者として働いていた経歴があることから、非常にリアリティのある作品で、「全ての新聞記者に読んでほしい」という超大作です。難しい話に思われがちですが、最後までスラスラと読めるようになっています。

 

 

ジャンルミステリー小説種類シリーズ作品
第9位

ハルキ文庫

脅迫者 警視庁追跡捜査係

価格:788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

警視庁追跡捜査係のシリーズ8作品目

「堂場瞬一さんが本領発揮した」と言われているほど、人気作品です。完璧な筋立てと主人公の私生活の悩みを効かせたドラマがうまく合わさっています。事件の詳細を語らずにハイペースでストーリーだけが進む展開には、堂場瞬一の新たな試みを感じます。

 

他の作品の登場人物をキャスティングしていく最近の手法を楽しめるので、堂場瞬一作品を網羅している人には「あ、あいつが出てきた」と、ワクワクする展開を楽しめます。

 

終盤にかけての怒涛の展開に注目です。物語のラストは堂場瞬一さん好きにはたまらない結末になっています。

ジャンル警察小説種類シリーズ作品
第8位

中公文庫

バビロンの秘文字(上)

価格:950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

エンターテイメント作品の大作

恋人の里香に会いにストックホルムを訪れたカメラマンの鷹見の目の前で、彼女の勤務先である国際言語研究所が爆破されてしまう物語です。現場から姿を消した里香は、未解読の「バビロン文書」を持ち出していました。そして鷹見自身にも襲撃者の手が迫ってきます。

 

上・下で1000ページを超える長編作品になっており、非常に読み応えがあります。バビロン文書に記された、世界を揺るがす秘密とは何なのか。それを読み進めながら考えていくのが非常に面白いです。

 

圧倒的なスケールで描く新時代のエンターテイメント作品で、堂場瞬一さんの世界観に溺れること間違いありません。

ジャンルエンターテイメント小説種類シリーズ作品
第7位

実業之日本社

ラストダンス

価格:594円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

野球小説の最高傑作

野球なのにタイトルが「ラストダンスってどういういことだ」と、思う方もいるでしょうが、読み終えたときに、このタイトルに納得できます。実際にあり得る物語なのか別にしておいて、中盤からラストにかけての演出は見事です。

 

野球では注目されないキャッチャーというポジションに注目をしているので、野球好きには胸が熱くなる作品です。キャッチャーの配給から浮かび上がる人間の心理が面白く、読者からは「食事を忘れて読み進めてしまった」というコメントが寄せられています。

 

引退間際のベテランの野球選手に注目する作品は他に見ないので、堂場瞬一さんの世界観を楽しめる作品になっています。

ジャンルスポーツ小説種類シリーズ外作品
第6位

集英社文庫

8年

価格:734円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

第13回小説すばる新人賞受賞

大リーグに新規参入したチームの話です。新規参入したこともあり、他のチームに比べて戦力も明らかに劣っている中で、後半にかけて奮闘する物語です。野球界に新規参入を果たしたチームと言えば「楽天」をイメージされる方が多く、重なる部分も多いことで人気です。

 

マニアックな野球好きなら満足する作品になっています。地獄から這い上がり頂点を目指す逆転ストーリーは多くの人の心を揺さぶってくれます。夢を諦めたくないけど、これからどう生きて行けば良いのか...そう迷っている人にとっては勇気が出ると思います。

 

胸が熱くなる内容なので、これまでの警察小説とは違い、今後の人生の生き方についても考えさせられることになるでしょう。

ジャンルスポーツ小説種類シリーズ外作品
第5位

講談社文庫

壊れる心

価格:832円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

警視庁犯罪被害者支援課シリーズ1作目

非常に心が痛くなる内容です。通学児童の列に暴走車が突っ込んで、死傷者が出てしまいます。残された遺族の心に寄り添いながら、傷を癒すことを助けるが、どんどん心が壊れていきます。このような事件は現実世界でも起るので、他人事とは思えません。

 

被害者遺族だけではなく、事故現場を目撃してしまった児童も心に大きな傷を負い、これから生きていくことになります。複雑な人間の心理が絡み合い、「人に寄り添う」というのはこれほど難しいのだと考えさせられる作品です。

 

本作品はシリーズ化されているので、まずは「壊れる心」を読んで、自分の心にどんな変化があるのかを楽しんでいただきたいです。

ジャンル警察小説種類シリーズ作品
第4位

実業之日本社文庫

チーム

価格:741円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

箱根駅伝の思いが感動に変わる

箱根駅伝に出場しているチームの中で「学連選抜」という、箱根駅伝に出場出来なかった学校の中から選ばれた選手で構成されるチームがあります。本作品では、この「学連選抜」に視点を当てた、感動と激走を描いた作品です。

 

個人の成長によって、バラバラだったチームの気持ちが一つになっていく過程が何とも言えず、駅伝ならではの世界観に引き込まれていきます。ランナーたちの心理描写が、まるで映像を見ているかのような表現で、読む手が止まらなくなります。

 

陸上をテーマにした作品は多く出版されていますが、その中でも堂場瞬一さんが描く「チーム」は、「走っている最中の心理描写」が圧倒的に上手く、これを読んだ日から自分もランニングをしたくなる気持ちにさせてくれます。

ジャンルスポーツ小説種類シリーズ作品
第3位

文春文庫

アナザーフェイス

価格:788円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

アナザーフェイスシリーズ第1章

アナザーフェイスシリーズの第1作品目です。刑事らしくない主人公の大友鉄のキャラクターが女性の心をくすぐり、堂場瞬一さんの作品の中でも女性ファンが多いシリーズになっています。穏やかで明るい性格の大友鉄には、奥さんを亡くしているという過去があります。

 

今までの警察小説に登場するキャラクターは、どこか堅苦しくて「ザ・警察官」というイメージが強かったですが、アナザーフェイスシリーズでは、これまでの作品を覆す警察像を描いています。

 

小説のキャラクターにファンが付くほど、本作品では「人間味」が滲み出ており、長編映画を観ている気分になります。警察小説でありながら熱い友情を浴びることができるので、常にワクワクして読める作品です。

ジャンル警察小説種類シリーズ作品
第2位

中公文庫

破弾

価格:926円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

鳴沢了シリーズの第2弾

「破弾」は、鳴沢了シリーズの第2作目になる作品です。新潟県警を辞めて警視庁に再就職し、多摩センターに配属された鳴沢が、美人な女刑事の小野寺冴とコンビを組むことになります。

 

「鳴沢は何故そんなに無骨な生き方を選ぶのか」と、問いかけたくなるほど感情移入してしまう作品です。ストーリーが進むにつれて鳴沢の背負うものが増えていき、読み手にもどんどん辛さが伝わってきます。人間味が溢れた作品に仕上がっています。

 

「面白いけど、スッキリしない...」という感想が多数寄せられており、その感情が次回作品も読みたいと思うキッカケになると思います。この作品を通した相棒の小野寺冴は今後も登場するのか。注目が集まっています。

ジャンル警察小説種類シリーズ作品
第1位

中公文庫

雪虫

価格:926円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

刑事・鳴沢了シリーズ1作目であり最高傑作

「雪虫」は、鳴沢了シリーズの第1弾となる作品です。親子3代に渡り、警察官である鳴沢が新興宗教の教祖が殺害された事件を解決していく内容になっています。特捜本部長である鳴沢の父は、本事件から「手を引け」と示唆するのです。

 

祖父や父が、この事件に関して口を出さないのは何故でしょうか。そこには鳴沢本人も知ることも無かった父と祖父との確執があったのです。事件解決と共に鳴沢親子の心理的描写が鮮明に描かれているので注目してください。

 

新潟の地理も詳しく描写されていることから、過去にこの土地に住んだことのある人からは「リアリティで面白い」と大好評になっています。

ジャンル警察小説種類シリーズ作品

堂場瞬一のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4890586の画像

    中公文庫

  • 2
    アイテムID:4890601の画像

    中公文庫

  • 3
    アイテムID:4890612の画像

    文春文庫

  • 4
    アイテムID:4890635の画像

    実業之日本社文庫

  • 5
    アイテムID:4890664の画像

    講談社文庫

  • 6
    アイテムID:4890684の画像

    集英社文庫

  • 7
    アイテムID:4890717の画像

    実業之日本社

  • 8
    アイテムID:4890733の画像

    中公文庫

  • 9
    アイテムID:4890748の画像

    ハルキ文庫

  • 10
    アイテムID:4890835の画像

    集英社

  • 商品名
  • 雪虫
  • 破弾
  • アナザーフェイス
  • チーム
  • 壊れる心
  • 8年
  • ラストダンス
  • バビロンの秘文字(上)
  • 脅迫者 警視庁追跡捜査係
  • 社長室の冬
  • 特徴
  • 刑事・鳴沢了シリーズ1作目であり最高傑作
  • 鳴沢了シリーズの第2弾
  • アナザーフェイスシリーズ第1章
  • 箱根駅伝の思いが感動に変わる
  • 警視庁犯罪被害者支援課シリーズ1作目
  • 第13回小説すばる新人賞受賞
  • 野球小説の最高傑作
  • エンターテイメント作品の大作
  • 警視庁追跡捜査係のシリーズ8作品目
  • ネットと紙文化のせめぎ合い
  • 価格
  • 926円(税込)
  • 926円(税込)
  • 788円(税込)
  • 741円(税込)
  • 832円(税込)
  • 734円(税込)
  • 594円(税込)
  • 950円(税込)
  • 788円(税込)
  • 1944円(税込)
  • ジャンル
  • 警察小説
  • 警察小説
  • 警察小説
  • スポーツ小説
  • 警察小説
  • スポーツ小説
  • スポーツ小説
  • エンターテイメント小説
  • 警察小説
  • ミステリー小説
  • 種類
  • シリーズ作品
  • シリーズ作品
  • シリーズ作品
  • シリーズ作品
  • シリーズ作品
  • シリーズ外作品
  • シリーズ外作品
  • シリーズ作品
  • シリーズ作品
  • シリーズ作品

まとめ

今回は、堂場瞬一さんのおすすめ小説を10作品ご紹介しましたが、いかがでしたか。何作もシリーズ化されている作品もあり、堂場瞬一さんファンにとっては見逃せないものばかりでした。

 

 

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ