記事ID134226のサムネイル画像

【テント張りに便利でおすすめ!】自在金具の人気ランキング10選

キャンプなどでテントを設営する際に活躍する「自在金具」。自在金具は、テントはもちろんタープを設営する時も時間をかけず簡単に行うことができるアイテムです。今回は、そんな便利なアイテムである自在金具の選び方や人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

適切な自在金具でキャンプを快適に

自在金具とは、テントやタープを設営する際に、ロープの張りを調整するためのアイテムです。自在金具を使えば、ロープの張り具合を時間をかけずに自由に調整することができるため、スムーズにテントの設営を行うことができます。

自在金具の使用方法は、自在金具にある穴の部分にロープや網を通し、横にスライドさせながら好みの張り具合に合わせて調整します。自在金具を取り付ける位置は、手が届きにくいテントの天井側ではなく、ペグ打ちをする側の低い位置に取り付けて使えば、調整がしやすくおすすめです。

テントを設営する際には、安定した張り具合に調整しておかないと強風が吹いた時に飛ばされてしまうことも考えられます。テントやタープを設営する際は自由にロープの張り具合を調整できる自在金具を用意しておくことをおすすめします。

自在金具の選び方

自在金具を選ぶ際にはどのような点に注意すべきなのでしょうか。チェックしておきたいポイントをご紹介していきます。

形状で選ぶ

自在金具には、いくつかの形状がありますのでご紹介していきましょう。

リング型で選ぶ

自在金具には、リング型の形状をしているタイプのものがあります。リング型ですので、内部が見えやすく調整がしやすいのが特徴です。リング型をした自在金具は、3つの穴が空いているものが多く見られます。

使い方は、まず隣り合う2つの穴にロープを通し、残りの1つの穴に外側から通してリングの内部に結び目を作って使用します。3つの穴が空いているため、滑りやすい素材のロープでもしっかりと捉えることができます。可愛い丸いフォルムが人気のおすすめの自在金具です。

プレート型を選ぶ

プレート型のタイプは、自在金具の中でも最も一般的な形状のものです。中央部分が折ったように湾曲した形状になっているのが特徴です。ロープを通す穴が2つ空いているものが多く、中央の曲がった部分に沿うようにして両方の穴に上からロープを通し、片方の穴の下で結び目を作って使用します。

オーソドックスな形状ですので、初めて使う方でも分かりやすく簡単にロープを通すことができます。穴の数は2つですが、しっかりとロープを締めることができ、長さの調節もしやすいのもおすすめのポイントです。

三角形型で選ぶ

自在金具の中でも三角形の形状をしたタイプのものがあります。三角形の自在金具は、それぞれの角の部分に穴が空いているので、3つの穴があるのが特徴です。 使い方はまず角度が一番広い部分の角の穴にロープを通し、そのまま隣の穴に下からロープを出し、次の隣の穴へ上からロープを通して穴の下で結び目を作ります。

初心者の方などでは、ロープを通す方向を覚えるまで少し分かりにくい場合がありますが、慣れれば使いやすくおすすめです。穴が3つありますので、滑りやすい素材のロープでもしっかりと留めることができます。プレート型に比べ、ロープの長さ調節を微調整できるところもおすすめのポイントです。

素材で選ぶ

自在金具には素材の違いによっていくつかの種類に分かれています。ご紹介しましょう。

アルミ素材を選ぶ

自在金具に使われている素材の中でもアルミ素材が使われているものがあります。アルミ素材は、自在金具な中で最も一般的に使用されている素材です。アルミ合金にメッキが施されたものも多く展開されています。アルミ素材の自在金具は、軽量でサビに強く耐久性が高いのが特徴です。

丈夫な素材ですので、強い力で負荷がかかっても変形しにくく安心して使うことができます。穴の空いた部分に専用のリングを通して収納するタイプが多く、かさばらず携帯できる点も使いやすくおすすめのポイントです。

プラスチック素材を選ぶ

自在金具に使われている素材の中でもプラスチック素材が使われているものがあります。プラスチック素材のものは、アルミ製のものに比べてリーズナブルな価格帯なのが特徴です。プラスチック製ならではの複雑な形状が作れるので、ロック機能があるタイプなどもあります。

ただ、アルミ製のものに比べて熱に弱く劣化しやすく、強い力で負荷がかかると割れてしまう場合がありますので注意が必要です。プラスチック素材の自在金具は、アルミ製のものに比べて軽量ですので、荷物が重くなる心配もない点もおすすめのポイントです。

穴の大きさで選ぶ

使うロープに合わせて適切な穴の大きさの自在金具がいくつかありますのでご紹介します。

穴の小さいものを選ぶ

自在金具の中でも穴の直径が小さいタイプのものがあります。穴の直径の小さいタイプの自在金具は、細いタイプのロープに使用するのに適しています。直径が2㎜以下の太さのロープを使用する場合には、小さい穴の自在金具を使用しましょう。

細いロープに対して、穴の大きい自在金具を使用した場合は、緩みやすくしっかりと留めることができない場合がありますので注意が必要です。

穴の大きいものを選ぶ

自在金具の中でも穴の直径が大きいタイプのものがあります。穴の直径の大きいタイプの自在金具は、太いタイプのロープに使用するのに適しています。直径が4㎜以上の太さのロープを使用する場合には、大きい穴の自在金具を使用しましょう。

太いロープに対し、穴の小さい自在金具に無理やり太いロープ通した場合、調整することが難しく、さらにロープが金具に擦れてダメージを与える場合がありますので注意が必要です。

重さで選ぶ

自在金具には、重量が重いタイプや軽いタイプのものがあります。それぞれ見ていきましょう。

軽いものを選ぶ

自在金具の中で重さが軽いタイプのものがあります。重さが軽いタイプの自在金具は、薄い生地を用いたテントを設営するのに適しています。テントやタープ本体が軽量化されている傾向にある近年では、自在金具の重さも軽量化されているものが主流となっています。

強風にあおられロープが外れてしまった場合、重さが軽いタイプのものであれば、自在金具が体に当たったとしてもケガをするリスクを軽減することができるので安心です。

重いものを選ぶ

自在金具の中で重さが重いタイプのものがあります。重さが重いタイプの自在金具は、厚い生地を用いた本格的なテントを設営するのに適しています。軽量化のテントが主流になっている近年では、重量のある重厚なテントは珍しいかもしれませんが、中には救助用のテントなどのようにしっかりとしたテントの設営が必要な場合も考えられます。

重厚で本格的なテントの設営には重さのある自在金具を使用すれば、確実に安定した張り具合で行うことが可能です。ただ、強風に吹き飛ばされて、ロープが外れてしまった場合には、重たい自在金具が人に当たってケガをする恐れがありますので注意が必要です。

色で選ぶ

自在金具にはさまざまな色のものがあります。色の使い方についてご紹介します。

単色で選ぶ

さまざまなカラーの自在金具の中で単色のものを選んで使用している場合があります。テントやタープと同じ色の自在金具を使えば、見た目も目立たずスッキリした印象でテントの設営を仕上げることができます。

スタイリッシュなイメージを重視する方であれば、テントと同系色の色彩で自在金具を揃えるのもおすすめです。

多色で選ぶ

さまざまなカラーの自在金具の中で多色のものを使用している場合があります。自在金具の穴のサイズで色分けをして選んで使用すれば、テントを設営する時にロープの太さに合わせた自在金具のサイズがひと目で分かるので便利です。

太さの異なるロープに合わせて色分けされた自在金具を一緒にしておけば、取り出してすぐに使えるため、時間をかけずにテントの設営をスムーズに行うことができるのでおすすめです。

自在金具の人気ランキング10選

第10位

OMUKY

自在金具 アルミ

価格:1,028円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

オシャレなロゴ入りの三角形型の自在金具

OMUKYの三角形型の自在金具です。丈夫なアルミ合金にメッキが施されているため、軽量でサビにくく耐久性が高いのが特徴です。三角形の自在金具は、穴が3つあるので、2つ穴タイプのものに比べるとロープの通し方がやや複雑ですが、覚えてしまえば簡単に通すことができます。

さらに2つ穴のオーソドックスな形状のものに比べて三角形型のタイプの自在金具は、ロープの微妙な長さを調整することが可能で、よりしっかりと確実に固定することができるため、おすすめです。一つ一つに白いロゴがプリントされているのもオシャレでおすすめのポイントです。

サイズ43×65㎜穴径6㎜
素材アルミ合金ロープの太さφ6mm
第9位

Soomloom

テント用 アルミ自在金具 2穴

価格:499円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤に白のロゴがオシャレでかわいい!

Soomloomの自在金具は丈夫なアルミ素材を使用し、耐久性の高いのが特徴です。この自在金具2つの重さは、わずか100円玉1個分の重さで超軽量なのも魅力です。印象的な赤が目立つため、未然に事故を防ぐことができ、紛失しにくい点も魅力です。

一つ一つに白いロゴが入ってオシャレでスタイリッシュな印象もおすすめのポイントです。直径5.5㎜までの太さのロープに適応することが可能です。オーソドックスな2つ穴タイプですので、誰でも簡単にロープの長さを調整することができますので、初心者の方にもおすすめの自在金具です。

サイズ36×16㎜穴径6㎜
素材アルミ合金ロープの太さφ5.5mm
第8位

タック

三角 ストッパー

価格:1,250円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

慣れれば使いやすく確実に固定できる

タックの自在金具は、耐久性に優れたアルミ素材を用いた三角形型の自在金具です。三角形型の自在金具は、2つの穴が空いたオーソドックスなタイプのものに比べてロープの長さの微妙な調整がしやすいのが特徴です。

三角形型の自在金具は、穴が3つあるため、2つ穴のタイプに比べロープの通し方が少し難しいですが、慣れてしまえば扱いやすく、使いやすいのでおすすめです。テントを設営する際にロープの張り具合を微妙に調整したい方や、より確実にロープを固定したい方には特におすすめの自在金具です。

サイズ45×30㎜穴径4㎜
素材アルミロープの太さφ3.5mm
第7位

スノーピーク

テント アルミ自在セット

価格:1,080円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

信頼の高い品質が魅力

アウトドアメーカーで知られる「スノーピーク」の自在金具です。アウトドアブランドであるスノーピークならではの高品質で信頼の自在金具は、軽量ながらも確実にロープを固定できると定評があります。

オーソドックスな2つの穴がある形状で、誰にでも使いやすくロープの長さを自由に調整することが可能です。 独自の穴の形状により、好きな長さに合わせるだけで両端のロープを引っ張ると自動的に固定できる構造になっています。

レッドの色彩が目立ちやすいので、顔や頭に当たる事故を未然に防ぐことができるので安全です。一つ一つに「スノーピーク」のロゴが入っているのもオシャレでおすすめのポイントです。

サイズ穴径6㎜
素材アルミロープの太さφ5.5mm
第6位

ラインロックJIZAI

自在金具

価格:580円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カチッとロックができ、確実な固定が可能

ラインロックJIZAIの自在金具は、テントの設営の際に使うロープの長さを自由に調整することができます。耐久性に優れたプラスチック素材が使われており、カチッとロックできる機能がありますので、丈夫でしっかりとロープを固定することができます。

独自の四角穴を採用しているので、ロープをつぶしながら確実に捉えることができる仕組みになっています。 プラスチック製でありながら、ハンマーで叩いても割れないくらい耐久性に優れているポリカーボネイトという素材を採用しているため安心して使うことができます。

従来の重さに比べて40%の軽量化を実現されていますので軽くて使いやすいおすすめの自在金具です。

サイズ30×10㎜穴径2.9㎜
素材ポリカーボネイトロープの太さφ2.5mm
第5位

MoToNa

タープクリップ テントクランプ

価格:999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

強力な力ではさんで固定する

MoToNaの自在金具は、丈夫で耐久性に優れたプラスチック素材を使用しています。ロープだけでなく、テントのシート部分を直接はさむことができるので、ロープが無い場所や好きなところに自由に取り付けることができます。

開口部が大きく、強い力ではさむことができるクリップの部分は、ロック付きですので外れることなく適切な張り具合をしっかりと保つことが可能です。軽量で持ち運びに便利なのもおすすめのポイントです。アルミ製のものに比べてリーズナブルな価格も魅力です。

サイズ82×30㎜穴径
素材プラスチックロープの太さ
第4位

KiloNext

アルミニウム 自在 コードスライダー

価格:980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

2色入りで使い分けもできて便利

KiloNextのアルミ製の自在金具です。厚みのある丈夫なアルミ素材を使用しているため、プラスチック製のものに比べて強い力で負荷がかかっても曲がったり変形したりする心配がなく安心して使うことができます。

オーソドックスな形状で使いやすく、テント張りの際のロープの張り具合の調整も時間をかけず簡単に行うことができます。レッドとブルーのビビットな色彩が使われているため、取り付けた際に目立ちやすく事故を防ぐことができます。

2色入りですので、設営する場所に合わせて使い分けることができる点もおすすめのポイントです。また、専用のワイヤーリングに通して収納しておくことができるので、紛失する心配もなく便利です。

サイズ40×16㎜穴径5.8㎜
素材アルミロープの太さφ3~5mm
第3位

TRIWONDER

アルミ 自在金具

価格:590円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界中で愛用されている信頼のブランド

アメリカの「TRIWONDER」は、アメリカをはじめ、ヨーロッパなど世界各国で愛され続けているアウトドアブランドです。信頼のブランド「TRIWONDER」の自在金具は、18カ月の返品保証サービスが付いているため安心です。

「TRIWONDER」の自在金具は、丈夫なアルミ素材を採用しているため、耐久性に優れ大きな負荷がかかっても変形や破損の心配がなく安心して使うことができます。ビビットな赤が印象的でスタイリッシュな点もおすすめのポイントです。

今回ご紹介したオーソドックスな形状のタイプの他にもシリーズでさまざまな形状のものが展開されている人気の自在金具です。

サイズ39×16㎜穴径5.8㎜
素材アルミロープの太さφ5.5mm
第2位

AVIL

アルミ  自在金具

価格:760円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

収納リングとポーチ付きで便利

AVILのアルミニウムコードスライダー自在金具は、耐久性に優れたアルミ素材が使われているのが特徴です。アルミ製ですので、サビに強く負荷がかかっても変形しにくので安心して使うことができます。

シンプルな形状ですので、テントの設営の際にロープの張り具合の調節をスムーズに行うことが可能です。 カラフルで目立つ色彩ですので、ロープに自在金具を取り付けた時にも視野に入りやすいので、頭や顔にぶつける事故の防止に役立ちます。

専用の収納ポーチと、リングワイヤーが付属されているため、コンパクトに収納でき、紛失するのを防ぐことができるため、便利でおすすめです。

サイズ39×16㎜穴径5.6㎜
素材アルミロープの太さφ5.5㎜
第1位

エリッゼ

アルミ自在金具

価格:648円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高品質ながらもリーズナブルな価格

エリッゼのアルミ自在金具は、直径が3㎜~5.5mmの太さのロープに適応することができます。オーソドックスな形状の自在金具ですので、取り付けやすくロープの長さの調節も時間をかけずに簡単に行うことができます。

丈夫なアルミ素材を使用しているため、摩擦やサビに強く、強い力で負荷がかかっても変形することなく安心して使用することができます。また、軽量で薄型ですので、薄い生地を使用したテントに使用しても重量がかからずスムーズに取り付けることが可能です。

高品質でありながらもリーズナブルな価格もおすすめのポイントです。

サイズ39.4×16㎜穴径6㎜
素材アルミロープの太さφ5.5mm

自在金具のおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4889396の画像

    エリッゼ

  • 2
    アイテムID:4889383の画像

    AVIL

  • 3
    アイテムID:4889376の画像

    TRIWONDER

  • 4
    アイテムID:4889368の画像

    KiloNext

  • 5
    アイテムID:4889365の画像

    MoToNa

  • 6
    アイテムID:4889354の画像

    ラインロックJIZAI

  • 7
    アイテムID:4889339の画像

    スノーピーク

  • 8
    アイテムID:4889318の画像

    タック

  • 9
    アイテムID:4889315の画像

    Soomloom

  • 10
    アイテムID:4889312の画像

    OMUKY

  • 商品名
  • アルミ自在金具
  • アルミ  自在金具
  • アルミ 自在金具
  • アルミニウム 自在 コードスライダー
  • タープクリップ テントクランプ
  • 自在金具
  • テント アルミ自在セット
  • 三角 ストッパー
  • テント用 アルミ自在金具 2穴
  • 自在金具 アルミ
  • 特徴
  • 高品質ながらもリーズナブルな価格
  • 収納リングとポーチ付きで便利
  • 世界中で愛用されている信頼のブランド
  • 2色入りで使い分けもできて便利
  • 強力な力ではさんで固定する
  • カチッとロックができ、確実な固定が可能
  • 信頼の高い品質が魅力
  • 慣れれば使いやすく確実に固定できる
  • 赤に白のロゴがオシャレでかわいい!
  • オシャレなロゴ入りの三角形型の自在金具
  • 価格
  • 648円(税込)
  • 760円(税込)
  • 590円(税込)
  • 980円(税込)
  • 999円(税込)
  • 580円(税込)
  • 1080円(税込)
  • 1250円(税込)
  • 499円(税込)
  • 1028円(税込)
  • サイズ
  • 39.4×16㎜
  • 39×16㎜
  • 39×16㎜
  • 40×16㎜
  • 82×30㎜
  • 30×10㎜
  • 45×30㎜
  • 36×16㎜
  • 43×65㎜
  • 穴径
  • 6㎜
  • 5.6㎜
  • 5.8㎜
  • 5.8㎜
  • 2.9㎜
  • 6㎜
  • 4㎜
  • 6㎜
  • 6㎜
  • 素材
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ
  • プラスチック
  • ポリカーボネイト
  • アルミ
  • アルミ
  • アルミ合金
  • アルミ合金
  • ロープの太さ
  • φ5.5mm
  • φ5.5㎜
  • φ5.5mm
  • φ3~5mm
  • φ2.5mm
  • φ5.5mm
  • φ3.5mm
  • φ5.5mm
  • φ6mm

まとめ

テントなどの設営に役立つ便利な自在金具についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。今回ご紹介しました内容を参考にして自分に合った自在金具を見つけて快適にテントの設営を行いましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ