記事ID134195のサムネイル画像

【しっかり止まる】大人気のブレーキフルードおすすめランキング10選

ブレーキフルードは車のブレーキに使用されるフルード。しかし、ブレーキフルードはたくさん種類がありどれが良いかわからないなんてことありませんか?ブレーキフルードの詳しい選び方と、大人気のブレーキフルードおすすめランキング10選にてご紹介します。要チェックです!

ブレーキフルードを交換してブレーキを長持ちさせよう

ブレーキフルードとは、自動車やバイクなどに使用されるブレーキを作動させるために必須なフルードです。車検時の交換は必須であり、無交換のまま走行をしてしまうと、ブレーキのゴムパーツにダメージを与えてしまいます。今回は、ブレーキフルードの選び方と人気ランキングをご紹介していきます。

ブレーキフルードの選び方

次にブレーキフルードの選び方について詳しく解説して行きます。ブレーキフルードの選び方を目に通しておく事によって、より質の高い製品を選ぶことができるようになります。具体的にいくつか解説して行きますので一緒に見て行きましょう。

ブレーキフルードの規格で選ぶ

ブレーキフルードには、アメリカの交通省が作った基準が設けられており、それをDOTと言います。このDOTの数値によって、あらゆる特徴がありますので、選ぶ際の基準としてしっかり覚えておきたい項目です。知っておくとブレーキに関して詳しくなれるメリットもあります。

DOT3

ブレーキフルードの規格のDOT3は、オイルにグリコール系のフルードを使用しておりまして、一般的な自動車に使用されるブレーキフルードになります。軽自動車や普通自動車の排気量の少ない車に使用されていることが多いです。

 

特徴としては、ブレーキフルードの沸点が低いので、ブレーキを多用する山道などではブレーキの効きが悪くなる可能性もあります。しかし、吸湿性が少ないので、ブレーキフルードが長持ちしやすい傾向にあります。

 

一般的な走行のみであり、街乗りにしか車を使用しない方には、最適なブレーキフルード規格になります。山道や高速道路を良く走る方はDOT4などを選ぶようにしましょう。一番おすすめな選び方は、自動車の取扱説明書に記載してある企画を選ぶことがおすすめです。

DOT4

ブレーキフルード規格のDOT4にはフルードにDOT3同じくグリコール系のフルードが使用されております。DOT3よりも吸湿性が高めになっていますが、沸点が高いのでブレーキを多用するシュチュエーションでもブレーキが効きやすい傾向にあります。

 

主にオートバイに使用されているブレーキフルードであり、一般的な自動車にも使用されております。自動車の取扱説明書に書いてある規格を選ぶのがおすすめですが、ブレーキが効きにくいと感じる方は、ディーラーの方と相談して見ましょう。

 

山道や高速道路などのブレーキを多用する可能性があるシュチュエーションを良く走行される方におすすめなブレーキフルードの規格と言えます。しかし、サーキットなどのスポーツ走行では、沸点が低い可能性が高く、ブレーキが効きにくくなる可能性があります。

DOT5

ブレーキフルードの規格DOT5は、DOT3、4には使用されていないシリコーンのフルードを使用しております。主にハーレー、旧車などに使用されていることが多く、グリコール系と代替できないので、DOT3、4が使われている車両では全交換を必要とします。

 

非常に沸点が高いので、サーキットやラリーの走行に向いているブレーキフルードとなります。しかし、吸湿性が高いのでロングライフには向かないブレーキフルードになります。大排気量の自動車などの採用されていることが多く、交換時期も早めになります。

 

通常の街乗りであれば、必要としないブレーキフルードとなりますので、街乗りを中心とする方は、DOT3やDOT4を選ぶようにしましょう。大排気量の車両や、スポーツ走行を行う方におすすめなブレーキフルード規格と言えます。

 

ブレーキフルードの容量で選ぶ

販売されているブレーキフルードには、500mlと1000mlの容量に分けられて販売されていることが多いです。ほとんどの車両は500mlの容量で交換を可能としますが、一部車両については1000mlで無いと足らないこともあります。

 

なので、自動車の取扱説明書を見るか、インターネットで調べたり、ディーラーに問い合わせるなどをすることによって、確実な必要容量を調べることができます。これらによって買い足しをする必要も無いので、安心してブレーキフルードの交換を行うことができます。

 

1000mlのブレーキフルードの方が容量が多いので、次回の交換に使うという方法がありますが、ブレーキフルードは開封してしまうと湿気を吸ってしまうので、性能が極端に落ちていきます。ですので、必要な容量だけ購入するようにしましょう。

ブレーキフルードのメーカーで選ぶ

ブレーキフルードには、あらゆるブランドがあります。ホンダなどの自動車製造会社が販売している純正のブレーキフルードがあったり、ブレーキ専門ブランドのブレーキフルードがあったりします。

 

初心者の方は純正ブランドのブレーキフルードを選ぶことで、確実に適合したブレーキフルードを選ぶことができます。ブレーキフルードの知識がある方は、ブレーキ専門ブランドのブレーキフルードを選ぶことで、自分でブレーキフルードの性能を選ぶことができます。

純正ブランドを選ぶ

国産純正ブランドのブレーキフルードを選ぶことによって、純正のブレーキフルードであることから交換する際の安全性の高さがあります。純正であることのメリットはその信頼感と、安全性となっております。

 

通常の街乗りにしか利用しないと言う方におすすめであり、ディーラーなどでも純正ブランドのブレーキフルードを利用するので、混合しても安全であることから、初心者におすすめなのが純正ブランドとなります。

 

社外ブランドで選ぶ

社外ブランドを選ぶことによって、純正よりも性能の高さを感じることができる商品もあります。主にサーキットを走行する方におすすめであり、通常のブレーキフルードより高速スピードからの減速を何度行なっても、ブレーキが効きにくくなることもありません。

 

主にサーキットを走行する方におすすめなのが社外ブランドとなります。

ブレーキフルード人気おすすめランキング10選

それでは、ブレーキフルード人気おすすめランキング10選をご紹介していきます。選び方を参考にしつつ、自分の使用する愛車に合ったブレーキフルードを探して見ましょう。ブランドによって、独自の特徴を採用していたりするのでそちらも着目しましょう。

第10位

カストロール(Castrol)

ブレーキフルード Brake Fluid DOT3 500ml Castrol

価格:690円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

創業1899年のカストロールが送る安全性能の高いフルード

こちらのブレーキフルードは、創業1899年のカストロールが販売しているブレーキフルードです。航空機のモーターオイルや自動車レースの頂点を極めたブランドであり。安全性能と長期間の使用に最適なブレーキオイルと言えます。

 

価格についても非常にリーズナブルであり手が出しやすいです。ブレーキフルードの規格は、DOT3なので一般的な自動車に最適なブレーキフルードです。多くの車種に適合するブレーキフルードですので、安心して利用することが可能です。

 

最近ブレーキの感覚が変わってしまったり、少しフワフワするという方や、長期間交換してい無い方は、こちらのカストロールのブレーキフルードに交換しましょう。1000円以内で購入できますので、とても購入しやすいメリットがあると言えます。

容量500ml規格DOT4
第9位

プロジェクトμ

ブレーキフルード 【G-four 335】

価格:3,950円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

プロジェクトミューはレースでも活躍しているブランド

こちらのプロジェクトμのブレーキフルードは、スーパーGT、スーパー耐久、各種ワンメイクレースなどの本格的なレースで使用された経験があり、優れた性能が保証されています。プロジェクトμは、ブレーキパーツの販売もしており、ブレーキについて知識が高く安心できます。

 

高性能なこちらのブレーキフルードは、一般的なストリートにも使用することができ、しっかりブレーキが効くようになります。非常に性能の高い沸点が実現しながらも、耐久性やメンテナンス性に優れているブレーキフルードなので、純正以外のブレーキフルードは信頼できない方にもおすすめなブレーキフルードです。

 

こちらのブレーキフルードは、元々の色がグリーンなのですが、交換時期に近づくと無色透明になるので、交換時期が確認しやすいメリットもあります。100%の化学合成油を使用しているので、ブレーキフルード自体の質も高いフルードになっております。

容量1000ml規格DOT4
第8位

WedsSport (ウェッズスポーツ)

レブフルード(REV FLUID) 高性能ブレーキフルード

価格:2,948円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

独自の配合により、ロングライフを実現している

こちらのブレーキフルードは、WedsSportというサーキットなどで評価されている本格的なブレーキフルードです。高速なスピードからの急ブレーキを何度も行なっても、しっかりブレーキが効くように作られており、通常のブレーキフルードでは得られない性能があります。

 

高沸点なフルードでありながら、低温時の流動性にも優れているので、街乗りの使用も可能であり、あらゆるシュチュエーションで安定したブレーキパフォーマンスを実現します。他にも、金属腐食性、ゴム膨潤性等のメンテナンス性確保も可能としているので、ロングライフが可能です。

 

DOT4でありながら、ボロンエステルベースを採用し、DOT5.1規格のドライ沸点を上回っているので、サーキットでのブレーキ性能が長く続き、タイムアタックなどにもおすすめなブレーキフルードです。街乗りもサーキットも走行される方におすすめなスポーツブレーキフルードです。

容量1000ml規格DOT4
第7位

DIXCEL(ディクセル)

ブレーキフルード DOT5

価格:1,263円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ブレーキブランドとして有名なDIXCELのブレーキフルード

こちらのブレーキフルードは、ブレーキパーツを多数販売しているディクセルが販売している高性能ブレーキフルードです。DOT5よりも一般的な走行に人気なDOT5.1という規格のフルードであり、エチレングリコールで精製されているので一般的なDOT3、DOT4の自動車にも使用できます。

 

DOT5.1のメリットは、DOT5に比べて長持ちしやすく、長期間使っても性能が落ちにくく、走り出した時から安定したブレーキ性能を発揮することができます。なので、パフォーマンス重視のブレーキフルードと言え、DOT3またはDOT4よりも質の高いブレーキフルードとなります。

 

DOT5は高性能ですが、全交換の必要があったり、長持ちしにくい特徴がありました。しかし、こちらのブレーキフルードは、それらのデメリットが無いので、ブレーキを多用するシュチュエーションも走行するけど、街乗りをする方にもおすすめです。オールマイティなブレーキフルードとなります。

 

容量1000ml規格DOT5.1
第6位

Honda(ホンダ)

ブレーキフルード ウルトラ BF DOT4 1L

価格:1,311円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ホンダ純正のブレーキフルードで安心、安全

Hondaの車に純正採用されている質の高いブレーキフルードです。自動車会社が厳しい基準を設けて適合させているHonda車専用のブレーキフルードとなります。ロングライフに使用できるように一般的な車に最適化されているブレーキフルードなので、街乗りの方におすすめなブレーキフルードです。

 

ブレーキフルードには一般的に吸湿性のあるフルードとなっておりまして、長期間使用すると水分が混入して、ブレーキフルードの性能が落ちてしまいます。他にも、ブレーキに使用されているゴム製品にもダメージを比較的に与えやすくなることもあります。

 

しかし、こちらのブレーキフルードは、ロングライフに向いており、ブレーキ性能を維持できるように、ブレーキ多用の性能よりも、ロングライフを重視したブレーキフルードなので、一般的な街乗り、高速道路の走行にもおすすめなブレーキフルードです。サーキットなどの走行には不向きとなります。

 

容量1000ml規格DOT4
第5位

ワコーズ(Wako's)

BF-4 ビーエフフォー ブレーキフルードDOT4及びJIS BFー4 1L

価格:1,848円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人気と信頼性のあるワコーズのブレーキフルード

自動車に使用されるケミカルを製造しているワコーズです。有名なブランドであり、レースでも使用されているケミカルが多く、信頼性の高い製品が多いです。一般的な自動車から、レースなどのブレーキを多用するシュチュエーションまで使用できます。オールマイティなブレーキフルードです。

 

多くの一般車に使用されているDOT3のブレーキフルードよりも、性能が高くブレーキ性能も安定するメリットがあります。たくさんのケミカルを販売しているブランドだからこそ、自動車の知識も多く、サーキットでも活躍しているケミカルが多く、自動車好きからも愛されているフルードです。

 

自動車に使用されるオイルは、ワコーズを使っておけば良いと言うほどに人気なので、ブランドで選ぶのもおすすめです。DOT4の企画をクリアしているブレーキフルードなので、一般的な自動車のブレーキ性能を向上させることもできます。街乗りでブレーキに不満を感じる方におすすめです。

 

 

容量1000ml規格DOT4
第4位

和光ケミカル

スーパープロ レーシング SP-R(競技用ブレーキフルード・規格外)500ml

価格:2,962円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

サーキット走行におすすめなレーシングフルード

こちらのブレーキフルードは、競技用に開発されたブレーキフルードとなっております。DOT5の規格を大きく上回る性能を発揮するサーキットにおすすめなブレーキフルードです。高速ブレーキングを何度も行なっても安定したブレーキタッチを実現しています。

 

耐フェード性能などが高く、サーキット走行を行う方におすすめであり。走行後もブレーキタッチが安定するなどの安全性能も高い高性能ブレーキフルードなっております。多くのブレーキフルードでサーキット走行を行うと、ブレーキがフカフカしブレーキ性能が落ちます。

 

しかし、それらが無いので急な山道を良く走る方にもおすすめであり、スポーツカーに乗られている方にも非常におすすめなブレーキフルードです。一般的な自動車には不向きですが、スポーツカーまたは高級車に乗られている方におすすめです。

容量1000ml規格DOT5
第3位

カストロール(Castrol)

ブレーキフルード React パフォーマンス DOT4 500ml

価格:1,400円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

カストロールの高性能ブレーキフルード

こちらのブレーキフルードの特徴は、カストロールの中でも質の高さを高めた高性能ブレーキフルードであることです。DOT4の規格でありながら、DOT4の基準を大きく上回る沸点を実現しており、ペーパーロックなどが起きにくい安全性能の高さがポイントです。

 

サーキット、ラリーなどのブレーキを頻繁に使用するシュチュエーションでも、問題なくブレーキの性能を出すことができるメリットがあるので、一般道での使用にもおすすめであり、いつでもブレーキを安心して作動させることができるポイントがあります。

 

カストロールのブランドは、100年以上続く歴史の中から製造販売しているので、ブレーキに関しての知識も豊富で、質の高さがありながら、リーズナブルな価格で提供しております。なので、通常のブレーキフルードよりも、高性能なブレーキフルードを選びたい方におすすめです。

容量500ml規格DOT4
第2位

古河薬品工業

ブレーキフルードBF-3 1L

価格:820円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

リーズナブルで、質の高いブレーキフルード

こちらのブレーキフルードは、長い間店頭に並んでいる信頼性の高いブレーキフルードです。ホームセンターなどでも販売されていることが多く、長年置かれている信頼性の高いブレーキフルードであり、質の高いブレーキフルードとなっております。

 

一般的な自動車に使用することができます。古河薬品工業は自社で一貫して製造している特徴があり、ブレーキフルードの質の高さと価格のやすさが魅力的と言えます。JIS規格の高沸点に対しても対応しており、厳しい条件でも高性能な性能を長期間保つことができます。

 

他にもブレーキパーツに使用されている金属パーツに対して、優しい素材を配合し、発錆、腐食が起きにくい傾向にあります。ブレーキパーツにはゴム製品を使用されておりますが、それらのパーツも長持ちさせることができるので、車に優しいブレーキフルードと言えます。

容量1000ml規格DOT3
第1位

エンドレス

高性能ブレーキフルードRF650 「500ml」

価格:2,270円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

世界のレースで活躍するブランドが送る高性能フルード

ランキング1位のブレーキフルードは、エンドレスというブランドのブレーキフルードです。こちらのブランドの特徴は、WRCやダカールラリーなどの過酷なレースで使用されている本格的なブレーキフルードになります。メリットは長期間安定した性能を出してくれます。

 

ですので、他のブレーキフルードに比べてブレーキ性能が高く長持ちするので、高速道路の走行を頻繁に行う方や、大排気量の自動車に乗っている方は、こちらのブレーキフルードがおすすめと言えます。あまりにも高価でも無いので、手が出しやすいメリットもあります。

 

ハードな条件でもブレーキペダルがフワフワとした感じにもなら無いので、非常に安定した走行を可能とします。高速道路において長時間走行する方や、サーキットなどの過酷な走行をされる方におすすめなブレーキフルードとなります。

容量500ml規格DOT4

ブレーキフルードのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4887930の画像

    エンドレス

  • 2
    アイテムID:4887910の画像

    古河薬品工業

  • 3
    アイテムID:4887904の画像

    カストロール(Castrol)

  • 4
    アイテムID:4887896の画像

    和光ケミカル

  • 5
    アイテムID:4887888の画像

    ワコーズ(Wako's)

  • 6
    アイテムID:4887876の画像

    Honda(ホンダ)

  • 7
    アイテムID:4887858の画像

    DIXCEL(ディクセル)

  • 8
    アイテムID:4887843の画像

    WedsSport (ウェッズスポーツ)

  • 9
    アイテムID:4887831の画像

    プロジェクトμ

  • 10
    アイテムID:4887818の画像

    カストロール(Castrol)

  • 商品名
  • 高性能ブレーキフルードRF650 「500ml」
  • ブレーキフルードBF-3 1L
  • ブレーキフルード React パフォーマンス DOT4 500ml
  • スーパープロ レーシング SP-R(競技用ブレーキフルード・規格外)500ml
  • BF-4 ビーエフフォー ブレーキフルードDOT4及びJIS BFー4 1L
  • ブレーキフルード ウルトラ BF DOT4 1L
  • ブレーキフルード DOT5
  • レブフルード(REV FLUID) 高性能ブレーキフルード
  • ブレーキフルード 【G-four 335】
  • ブレーキフルード Brake Fluid DOT3 500ml Castrol
  • 特徴
  • 世界のレースで活躍するブランドが送る高性能フルード
  • リーズナブルで、質の高いブレーキフルード
  • カストロールの高性能ブレーキフルード
  • サーキット走行におすすめなレーシングフルード
  • 人気と信頼性のあるワコーズのブレーキフルード
  • ホンダ純正のブレーキフルードで安心、安全
  • ブレーキブランドとして有名なDIXCELのブレーキフルード
  • 独自の配合により、ロングライフを実現している
  • プロジェクトミューはレースでも活躍しているブランド
  • 創業1899年のカストロールが送る安全性能の高いフルード
  • 価格
  • 2270円(税込)
  • 820円(税込)
  • 1400円(税込)
  • 2962円(税込)
  • 1848円(税込)
  • 1311円(税込)
  • 1263円(税込)
  • 2948円(税込)
  • 3950円(税込)
  • 690円(税込)
  • 容量
  • 500ml
  • 1000ml
  • 500ml
  • 1000ml
  • 1000ml
  • 1000ml
  • 1000ml
  • 1000ml
  • 1000ml
  • 500ml
  • 規格
  • DOT4
  • DOT3
  • DOT4
  • DOT5
  • DOT4
  • DOT4
  • DOT5.1
  • DOT4
  • DOT4
  • DOT4

まとめ

ブレーキフルードおすすめ人気ランキング10選をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。選び方を参考にすることによって、ブレーキフルードをもっと明確に選ぶことができるようになるので、是非とも参考にしてみてくださいね。

 

自分の条件に合ったものにピントを当てることによって、よりコスパの高いブレーキフルードを選ぶことができるようになることが多いので、Amazonレビューなども参考にしつつ選んでみましょう。最適なブレーキフルードは見つけることによって、あなたのカーライフをもっと楽しもう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ