【名著を厳選!】ブルーバックスのおすすめ人気ランキング10選【中学生から大人まで】

自然科学全般について教えてくれる新書シリーズのブルーバックス。2000番を越える本の中でどれを読んだら良いか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。今回はブルーバックスの選び方や人気の本をランキング形式でまとめました。参考にして下さい。

ブルーバックスという本の魅力

科学の入門書として、要点をおさえつつわかりやすく書かれているのがブルーバックスです。幅広いジャンルをその道の専門家が一般人向けに執筆しているので、興味を持っているジャンルの知識を深めるために最適な本です。

 

ブルーバックスは講談社が刊行している新書シリーズで、1963年に創刊されてから2000番以上の本が出されています。科学は新しい知識や技術が更新されるたびに、考え方が変わってくるので5年以内や10年以内の本を選ぶ必要があります。

 

今回は口コミと一緒にブルーバックスの本を人気ランキングでまとめてみました。気になるタイトルがあったら購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ブルーバックスの選び方

ブルーバックスから刊行されている本は2000タイトル以上あります。その中から興味を持って読み進められる本の選び方を見ていきましょう。

ジャンルで選ぶ

ブルーバックスには数学や生物学、医学や天文学、工学やコンピューター関連など多くのジャンルの本があります。

科学関連

ブルーバックスのジャンルは、ほとんどが科学に関した本です。地球科学や心理学、物理学や薬学などのジャンルにおいて、それぞれのテーマを具体的にわかりやすく解説してくれます。相対性理論や量子力学、超ひも理論などのテーマ、ブラックホールや統計などテーマは多岐にわたります

 

また、理系の人をターゲットにしたタメになる本や、大人の学び直しのための科学の教科書シリーズなどもあり、教養を深めるための企画本も刊行されています。科学をわかりやすく伝えるだけでなく、それぞれの読者のニーズに沿った企画もあるのがブルーバックスの本です。

コンピューター関連

ブルーバックスはコンピューター関連の本も多く刊行しています。プログラミングやAI、ブロックチェーンなどの技術やラズベリーパイを使用した電子工作など、新しい技術の内容をわかりやすく解説しています。

 

コンピューター技術は移り変わりが激しく、常に新しい知識が必要となります。ブルーバックスは新しい技術にも対応して、そのテーマをわかりやすい形で伝えてくれるので、最新の知識を得られます。

 

また、パソコンやスマホの脆弱性を狙ったサイバー攻撃について書かれている本もあり、ネット社会の現在の危険性についても教えてくれるなど、教養だけでなく知られていない現実の社会についても知ることができます。

生活に関連する本

お茶やコーヒーなど毎日飲んでいるものがどうして美味しく感じるのか、効能はどんなものがあるのかという内容を科学的な面から分析する本があります。生活につながるものを取り上げて科学で解明しているので、最新科学の本よりもより身近に感じながら読むことができます。

 

また、食欲や睡眠など毎日行うことに関しても科学的に分析することで、見えてくるものがあります。歌やスポーツなど趣味に関係する本もあり、身近なテーマを選ぶことで読み進めやすく、さらに実際の活動の中で役立たせることができます。

ページ数で選ぶ

ブルーバックスの本はページ数も少ないものから多いものまでさまざまにあります。本をあまり読まないという方はページ数の少ない本を選ぶといいでしょう。最初から無理をして、ページ数の多い本から読み始めるよりは、身近なテーマの少ないページ数のものがおすすめです。

 

本を読み慣れている場合、ページ数の多い本でも楽に読み進めることができますが、どうしても知りたいというテーマの本をまず選ぶことをおすすめします。流行りの最新科学をテーマにした本はわかりやすく解説してくれていますが、専門的な内容のため興味を持ちながら読み進める必要があります。

読み方で選ぶ

ブルーバックスは書籍だけでなく、Kindleなどの電子書籍で読むこともできます。読み方で本を選んでいきましょう。

新書で読む

ブルーバックスは1963年に創刊してから、これまで新書を刊行してきました。気になるテーマの本を手にとって紙の質感を感じながら読める新書は、ページをめくり本の匂いを感じ、文字を読むことでより直感的に本を楽しむことができます。

 

また、ブルーバックスの新書は、気になるページにドッグイヤーをしたり、あらためて後から読み返すなどの動作が楽にでき、ストレスを感じること無く本を読み進めることができます。本の重みや収納した際の大きさなどが気にならない場合は、手にとって読み進められる新書をおすすめします。

電子書籍で読む

Kindleなどの電子書籍は、本のタイトルを端末にダウンロードすることで読むことができます。ブルーバックスの本の中には、まだ電子書籍化していないものもあり、タイトルは限られますが、新しいタイトルのものは電子書籍に対応しています。

 

電子書籍リーダーを1台持っていれば、何冊でも本のデータを入れておくことができるため、読みたい本を重さを気にすること無く持ち運ぶことができます。また、気になった本のタイトルはネット環境があれば、すぐにダウンロードできるため気になった時点で本を読むことができます。

 

本棚に本がかさばるのが気になる方は電子書籍でブルーバックスのタイトルをダウンロードすることをおすすめします。

出版年で選ぶ

ブルーバックスは、本を出版した年によっても科学で発見された事実や、その年の流行になたものなどさまざまなテーマを見ることができます。

10年以内

現在から5年以内に刊行されたものや10年以内に刊行された本は、比較的新しい本なので、事実が覆されるような新しい科学の発見が無い限り、有益な情報として本を読み進めていくことができます。ただ、知識を曖昧にしたくない方は、新しい専門書などで確認するようにしましょう。

 

また、入門書としてブルーバックスの本を読めば、専門的な単語などを知ることができるので、更に専門書や論文などを目を通すことで、深い教養を身につけることができます。そういった行動の流れをつけることでブルーバックスの本をより楽しんでいくことができます。

10年以上

年数が経っている本は、科学の常識が覆されている可能性もあるので注意が必要です。絶版になっているものや、増刷されているものに関してはそういった心配は必要ありませんが、可能性として頭の片隅に置いておくことも必要です。

 

また、そういったことをふまえた上で、過去に出版された本を楽しむという方法もあります。現在では人工知能やAIというわれている技術が人口頭脳と呼ばれていたり、コンピューター電子計算機と呼ばれていた時代があります。現在との差を過去の本から読むことも本を楽しむひとつの方法です。

ブルーバックスの人気ランキング10選

10位

講談社

中島明日香『サイバー攻撃 ネット世界の裏側で起きていること (ブルーバックス)』

ネットに存在するリスク

サイバー攻撃はソフトウェアなどの脆弱性を見つけ、そこから侵入者が攻撃を仕掛けます。情報セキュリティにおいて、脆弱性にどう対応するのかなど、わかりやすく解説します。また、サイバー攻撃の原理やその対策法なども併せて学ぶことができます。

 

レビューを見てみると、セキュリティ初心者ですが本誌は噛み砕いた説明が理解しやすかったと感じます、金銭目的のサイバー犯罪がビジネスモデルとして成立しているというサイバー市場の動向などが紹介されていて興味深いという意見が見られました。

 

セキュリティに興味がある方だけでなく、現代社会の裏で起こっていることに興味がある方にもおすすめです。

ページ数 256ページ ジャンル コンピューター関連
発売年 2018
9位

講談社

中島春紫『日本の伝統 発酵の科学 微生物が生み出す「旨さ」の秘密 (ブルーバックス)』

和食文化を支える発酵食品

味噌や醤油、納豆など日本ではさまざまな発酵食品が作られてきました。微生物を利用することで作られる発酵食品は、職人の手によって受け継がれ、今に至っています。科学的な視点からも理にかなった職人の技をわかりやすく紹介しています。

 

レビューを参考にすると、発酵の仕組みを判り易く解説しつつ専門家にも示唆を与える良書、幅広くたっぷりな知識が書かれていて読んでいて楽しい、これだけの情報を1000円で得ることが出来るとは嬉しいという評価が見られます。身近な食について知識を得たい方におすすめです。

ページ数 264ページ ジャンル 生物学
発売年 2018年
8位

講談社

中川毅『人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)』

地球の気候変動の歴史

福井県の水月湖に堆積している年縞は年代測定の世界基準になっています。そこから明らかになったのは、気候の激変でした。人類史と共に気候変動のメカニズムを解明していき、新しい発見とともに未来の気候に関するものを取り上げてわかりやすく説明しています。

 

レビューを参考にすると、全編に渡ってワクワクさせられた傑作、火山の大噴火と気候激変の指摘も興味深っかった、科学的に気象変動を論議しようとする人には必読の書だと思いますと高い評価が見られます。これからの地球の気候変動に興味がある方におすすめです。

ページ数 224ページ ジャンル 地球科学
発売年 2017年
7位

講談社

村山斉『宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス)』

暗黒物質と暗黒エネルギーが作る世界

宇宙全体で目に見えているのは5パーセントにもみたない程度です。残りの96パーセントは暗黒物質や暗黒エネルギーが占めています。暗黒物質は異次元の可能性を、暗黒エネルギーは宇宙がひとつではないという多元宇宙の可能性を示唆しています。宇宙に関する考え方を知ることができます。

 

レビューを見てみると、本書は最新の宇宙論を知るには最適な本、今までに読んだ宇宙関係の本の中で一番わかりやすい、宇宙に関する謎の最新の知識が得られます、とってもとっても心が踊りましたと高い評価を集めています。

 

わかりやすく解説しているので、難しいテーマでもしっかりと読み進めることができます。宇宙に関して教養を深めたいという方におすすめです。

ページ数 208ページ ジャンル 宇宙学
発売年 2011年
6位

講談社

藤岡換太郎『三つの石で地球がわかる 岩石がひもとくこの星のなりたち (ブルーバックス)』

地球を知るための石の世界

地球上にある数千種類の石の中から、3つの石に焦点を当てて地球の進化と石の役割について学んでいきます。地球は太陽系のなかで最も多彩な石を持つ惑星です。地球がなぜ特別な惑星になったのか、石はどういう仕組みで成り立ってきたのかをわかりやすく解説しています。

 

レビューを参考にすると、岩石鉱物の入門書として大変すぐれている、人生が豊かになった気がします、文章そのものが巧みで機知に富んでおりさくさく読めてしまいます、岩石の基本的な成り立ちと系統が良くわかり特徴を理解するのに役立ちましたと高い評価を得ています。

 

日々の生活や旅行をした際に楽しみを増やすことができます。地球の成り立ちや身近な石について学びたい方におすすめです。

ページ数 224ページ ジャンル 地球科学
発売年 2017年
5位

講談社

池谷裕二『自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)』

思考の錯覚をひもとく

無意識に勘違いや判断ミスを引き起こしてしまう思考のクセ認知バイアスと呼ばれています。商品開発やマーケティングなどでもその認知バイアスは取り入れられていて、心の動きを読みつつ消費を促しています。認知バイアスの例をクイズ形式で実感して思考のクセを学びます。

 

レビューを参考にすると、世界を観測する主観の次元が広がりました、あぁ脳ってこんなやつなんだということがわかった一冊です、日々色々な事を考察する紐解くヒントとなるような本という高い評価を集めています。

 

認知バイアスについて知ることができ、応用したり回避したりすることができるようになります。人間について理解を深めたいと思っている方におすすめです。

ページ数 352ページ ジャンル 心理学
発売年 2016
4位

出典:

  • アイテムID:4885409の画像1枚目

講談社

金丸隆志『カラー図解 最新 Raspberry Piで学ぶ電子工作 作って動かしてしくみがわかる (ブルーバックス)』

電子工作の基礎を学ぶ

超小型のコンピューターであるラズベリーパイを使用して、温度センサやモーターを使った電子工作から、スマホやタブレットとの連携など電子工作の基礎を学ぶことができます。また、応用ができるように回路をどのように組めば考えているものができるのかという原理も知ることができます。

 

レビューを見てみると、基本に忠実に書かれていてずっと使える本、初心者にもわかりやすく纏まっており大変読みやすい、ラズパイと電子工作初心者の私でも基礎から分かりやすく学べましたと高い評価を集めています。

 

演習で使用するプログラムが用意されているので、プログラミングの知識が浅くても勉強していくことができます。ラズベリーパイを勉強しようと考えている方におすすめです。

ページ数 320ページ ジャンル コンピューター関連
発売年 2016年
3位

講談社

杉山斉『宇宙になぜ我々が存在するのか (ブルーバックス)』

最新の宇宙像を描く

宇宙の起源をニュートリノやヒッグス粒子を理解しながら解き明かしていくという内容のブルーバックスの本です。最新の素粒子理論を駆使しながら、宇宙とはどういったものなのかを解説し、最新の宇宙像がどういったものなのかを教えてくれます。

 

レビューを見てみると、未来を担う中学生高校生に是非読んでほしい一冊です、最新の情報満載で宇宙好きの自分には満足度の高い本、難しそうなテーマですが文系の僕でも頑張れば何とか理解できましたと高い評価が集まっています。

 

宇宙の謎を解き明かすためには最新の科学の知識が必要です。最近明らかになったものから宇宙を新たに見ることで宇宙の姿を描きます。宇宙だけでなく生命の謎に興味のある方におすすめです。

ページ数 192ページ ジャンル 量子物理学
発売年 2013年
2位

講談社

立山秀利『入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)』

エクセルの操作を簡単にするプログラミング

エクセルの操作を簡単にまとめてしまえるVBAをプログラミングする。VBAのプログラムを手順を追って書いていくことによって、未経験者でも便利なプログラムを作ることができるようになるという本です。確認しながら行うのでミスもなく、基本的なプログラミングを覚えることができます

 

レビューを見てみると、特別なソフトや学校に行かなくてもこの本と自宅のPCですぐに使えるプログラミングが始められます、プログラムを組んだことがなくてもわかりやすく書いてあるので初心者には良いと高い評価を得ています。

 

続編の脱入門者のExcel VBAというタイトルもあるので、併せて活用することで更にプログラミングを身につけることができます。エクセルを便利に使う必要があるかたにおすすめです。

ページ数 240ページ ジャンル コンピューター関連
発売年 2012年
1位

講談社

池谷裕二『進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)』

人間の脳が作り出す世界

人間の脳が記憶をするメカニズムから意識まで、最新の脳科学の研究成果をもとに中高生に講義をした内容をまとめたブルーバックスの本です。学生からの質問やそれに受け答えを明確にする講義の場面がおさめられており、疑問をわかりやすい形で理解することができます。

 

レビューを参考にすると、ブルーブックスとしては異例のボリュームで400頁もあり中身も濃い、距離を置いて見つめなおすきっかけになりました、一通り読んだだけなのにあたかも自分で考えたように内容が想起出来ますと高い評価を集めています。人間の脳について理解しつつ知識を深めたい方におすすめです。

ページ数 304ページ ジャンル 脳科学
発売年 2007年

ブルーバックスのおすすめ商品比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 ページ数 ジャンル 発売年
1
アイテムID:4885068の画像
池谷裕二『進化しすぎた脳―中高生と語る「大脳生理学」の最前線 (ブルーバックス)』

amazon

詳細を見る

人間の脳が作り出す世界

304ページ 脳科学 2007年
2
アイテムID:4885079の画像
立山秀利『入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)』

Amazon

詳細を見る

楽天

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

エクセルの操作を簡単にするプログラミング

240ページ コンピューター関連 2012年
3
アイテムID:4885096の画像
杉山斉『宇宙になぜ我々が存在するのか (ブルーバックス)』

楽天

詳細を見る

Amazon

詳細を見る

Yahoo!ショッピング

詳細を見る

最新の宇宙像を描く

192ページ 量子物理学 2013年
4
アイテムID:4885409の画像
金丸隆志『カラー図解 最新 Raspberry Piで学ぶ電子工作 作って動かしてしくみがわかる (ブルーバックス)』

amazon

詳細を見る

電子工作の基礎を学ぶ

320ページ コンピューター関連 2016年
5
アイテムID:4885414の画像
池谷裕二『自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80 (ブルーバックス)』

amazon

詳細を見る

思考の錯覚をひもとく

352ページ 心理学 2016
6
アイテムID:4885432の画像
藤岡換太郎『三つの石で地球がわかる 岩石がひもとくこの星のなりたち (ブルーバックス)』

amazon

詳細を見る

地球を知るための石の世界

224ページ 地球科学 2017年
7
アイテムID:4885466の画像
村山斉『宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス)』

Amazon

詳細を見る

暗黒物質と暗黒エネルギーが作る世界

208ページ 宇宙学 2011年
8
アイテムID:4885492の画像
中川毅『人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)』

Amazon

詳細を見る

地球の気候変動の歴史

224ページ 地球科学 2017年
9
アイテムID:4885503の画像
中島春紫『日本の伝統 発酵の科学 微生物が生み出す「旨さ」の秘密 (ブルーバックス)』

Amazon

詳細を見る

和食文化を支える発酵食品

264ページ 生物学 2018年
10
アイテムID:4885539の画像
中島明日香『サイバー攻撃 ネット世界の裏側で起きていること (ブルーバックス)』

Amazon

詳細を見る

ネットに存在するリスク

256ページ コンピューター関連 2018

まとめ

ここまでブルーバックスの本を人気ランキングで紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。科学をわかりやすく解説してくれるだけでなく、生活をより深く楽しんでいく秘訣も教えてくれます。ブルーバックスの本を読み始めて、教養を見につけつつ普段の生活に科学の知識を取り入れてはいかがでしょうか。きっと自分自身も周りの人も楽しめる時間にすることができますよ。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2022年01月22日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【知の巨人の知識が集結】人気ジャーナリスト池上彰のおすすめ本11選

【知の巨人の知識が集結】人気ジャーナリスト池上彰のおすすめ本11選

参考書・専門書
【名作揃い】ゲームボーイアドバンスのおすすめ人気ランキング61選【アクションRPGも】

【名作揃い】ゲームボーイアドバンスのおすすめ人気ランキング61選【アクションRPGも】

ニンテンドーソフト
【漫画や読書に】大人気の電子書籍リーダーおすすめランキング10選

【漫画や読書に】大人気の電子書籍リーダーおすすめランキング10選

AV・情報家電
【時空の彼方へ】大人気の相対性理論の書籍おすすめランキング10選

【時空の彼方へ】大人気の相対性理論の書籍おすすめランキング10選

参考書・専門書
【よく当たる!】姓名判断の本おすすめ人気ランキング10選【画数占いも】

【よく当たる!】姓名判断の本おすすめ人気ランキング10選【画数占いも】

参考書・専門書
【2021年最新版】大人気の堀江貴文著書おすすめ本ランキング14選

【2021年最新版】大人気の堀江貴文著書おすすめ本ランキング14選

参考書・専門書