記事ID134119のサムネイル画像

【日照不足も解決】植物育成LEDライトの人気おすすめランキング11選

日当たりの悪い場所でも植物を育てたいという方におすすめなのが植物育成LEDライト。多肉植物などの育成に必要な光をLEDライトを使って供給することで、日照不足の悩みを解決します。家庭菜園にもおすすめな植物育成LEDライトをおすすめランキング形式でご紹介します。

植物を元気に育てたいなら植物育成LEDライト

日当たりが悪いからといって植物の栽培を諦めていませんか?玄関ホールなどの窓が少ない空間で観葉植物を育てたい場合や、家庭菜園で野菜を作りたいのに日光が十分に確保できない場合などにおすすめなのが今回おすすめする植物育成LEDライトです。

 

植物育成ライトは赤色や青色をはじめとした植物の育成に必要な光を、LEDライトを使って供給できる優れもの。植物の育成状況や種類に合わせてぴったりな波長の光を照射することができるのでおすすめです。植物育成LEDライトがあれば、薄暗い空間でも植物を栽培しながらおしゃれに空間を演出することが可能です。

 

植物育成LEDライトはLEDチップを使用しているため省エネかつ安全。熱が発生しにくいため安全性が高いうえに電気代も安く抑えることができるので嬉しいポイントだらけのおすすめアイテムです。

植物育成LEDライトの選び方は?

形状から選ぶ

植物育成LEDライトは大きく分けてバー型と円盤型のふたつの形状に分かれます。照射したい面積や設置場所によって選びましょう。アーム自体に可動性があればより多くの角度から植物育成LEDライトを照射することができます。

バー型なら様々な方向から照射することが可能

自在に形を変えることのできるフレキシブルアームで連結されたタイプの植物育成LEDライトなら、様々な角度から植物を照射することができるのでおすすめです。

 

1台に2~3本のライトがついている商品が多く、1か所を左右から挟むように照射したり、均等に広げて広範囲を照射したりして使用することができます。プランターなど横に長く栽培する際にも重宝します。

 

ただし栽培したい植物の種類に合わせて植物育成ライトの高さを合わせることが重要。背の高い観葉植物には背の高い植物育成ライトを選ぶようにしましょう。

円盤型で集中的に植物育成ライトを照射

円盤型やスクエア型でLEDチップが密集しているタイプの植物育成LEDライトは、ある程度の範囲に集中してライトを照射させたい場合におすすめです。バー型の植物育成LEDライトと違い、配列がぎゅぎゅっと詰まっているので強力に光を照射することができます。

 

釣り具で植物育成LEDライトを固定するのも円盤型の特徴。クリップで止めるタイプに比べてしっかり固定することができ安心なのですが、天井や壁に傷をつけたくない場合は木材などで作った植物育成LEDライトを固定するための棚や囲いを用意すると良いでしょう。

植物育成LEDチップの色で選ぶ

植物育成LEDライトには赤色光・青色光の他に白色や黄色の光を採用しているものがあります。どの成長段階で何色の光が必要なのか、使用場所にマッチする色なのかなどを含めて検討しましょう。

スタンダードな赤色や青色

植物育成LEDライトでもっとも基本的な赤色や青色のLEDライト。赤色のLEDライトは種子の発芽や根茎の成長、開花や結実などを促進させる効果があり、青色のLEDライトには植物の光合成を促進させる効果があります。

 

太陽光のうち植物の育成に最も必要とされているのが赤色光と青色光。この2色で構成された植物育成LEDライトではその赤色光と青色光がバランスよく配列されてピンク色から紫色がかった光に見えます。

 

発芽からある程度の大きさに育つまでの期間は赤色を強く、葉の生い茂る時期には青色を強くなど、赤色を強くしたり青色を強くしたり成長段階に合わせて照射するのがおすすめです。

太陽光に近い優しい光の白色・黄色

植物の育成だけを考慮するのであれば赤色光と青色光だけあればいいのですが、日常生活を送る空間において紫がかったライトはなかなか取り入れにくいですよね。インテリアにもなじむ植物育成LEDライトを探すなら白色光や黄色光を選んでみてはいかがでしょうか。

 

白熱灯や蛍光灯に比較的近い色なので生活空間にも取り入れやすく、照明をかねて使用することもできます。デスクライトとして手もとを照らすほか、スポットライトとして観葉植物に照射するだけでとてもおしゃれな空間になるので、インテリアにこだわる方にもおすすめです。

紫外線や赤外線を照射できるタイプもある

植物の成長に必要な最低限の波長の光だけではなく、限りなく太陽光に近く紫外線や赤外線も同時に照射できるタイプの植物育成LEDライトもあります。円盤型の植物育成LEDライトに多く販売されています。

 

沢山浴びると有害とされている紫外線も自然界では必要な要素で、あたたかな赤外線も植物や土の温度を保つには必須です。家庭菜園で野菜を育てている方でより太陽光に近い自然な光を照射したい場合には紫外線や赤外線を同時に照射できるタイプの植物育成LEDライトを選びましょう。

 

消費電力が小さいのも魅力のひとつ

植物育成LEDライトは蛍光灯や白熱灯を使った植物育成ライトに対して消費電力が小さいのでおすすめです。消費電力は商品により異なりますが、室内用の植物育成LEDライトでは20W前後の商品が多く販売されています。ちょっとした鉢植えや観葉植物、水草の栽培や室内での家庭菜園規模であれば十分に対応できる出力です。

 

円盤型の植物育成LEDライトではバー型に比べてLEDチップの数が多く、消費電力も大きい傾向にありますが、家の中で使うレベルの大きさであれば50~100W程度のライトが多いのが特徴です。

低発熱で安全面でも安心

今回はLEDに絞って植物育成ライトをおすすめしていますが、白熱灯や蛍光灯を採用している植物育成ライトも販売されているのでチェックが必要です。

 

LEDチップを採用した植物育成LEDライトは安全面でもおすすめです。発生する熱も少ないためライト自体が熱くなりにくく、電球の寿命もかなり長いです。光熱費を節約できるだけでなく電球自体の買い替えも少なくて済むので非常に重宝します。

 

熱を発しないので設置場所にも困りません。棚やラックのスペースなど限られた空間を活用して植物を育てたい方にも植物育成用LEDライトがおすすめです。

便利なタイマー付きもおすすめ

あれば何かと便利なタイマー機能。植物育成LEDライトにもタイマー機能付きの商品が沢山販売されています。オフタイマーがついているだけでもかなり便利ですが、毎日同じ時間にかけられるタイマー機能がついていれば、お出かけが続く時にも安心なだけでなく、時間を気にする必要がありません。

 

どうしても気に入った植物育成LEDライトにタイマー機能がないのであれば、タイマー機能付きのコンセントコネクターで代用することも可能。自動でオンオフを切り替えてくれるタイマーであれば、植物育成LEDライト本体にタイマー機能がついていなくても指定時間に自動的にオンオフしてくれるのでおすすめです。

植物育成LEDライトのおすすめランキング11選

第11位

uplighting

SMARUP 1500W led植物育成ライト フルスペクトル

価格:12,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤・青・白・UV・IRのフルスペクトルのモデル

赤・青・白・UV・IRのフルスペクトルモデル。冷却ファンとアルミ材質でLEDは発熱がほとんどないことが特徴です。そのため熱で葉や花、実を傷めることがありません。

 

LEDは50000時間と長寿命で、電気代もかからない省エネLED。光が非常に強いため使用中は直視しないよう注意してください。

消費電力260WLED灯の色赤・青・白
第10位

DIGER

Lofter

価格:2,199円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360照射可能なタイマー付き植物育成LEDライト

植物の根茎の成長や開花、果実をつける期間や開花期間の延長を促進する効果のある赤色光のLED灯を26個と、光合成を促進させる効果のある青色光のLED灯を14個組み合わせた植物育成LEDライト。植物の成長状況に合わせて赤い光モード・青い光モード・赤青いモードの3パターンを使い分けることができるのでおすすめです。

 

シルバーアルミ合金素材で耐久性がよく見た目も高級感があるので、植物と合わせてインテリアとも良く馴染みます。明るさも5段階に調整可能なうえに3時間・9時間・12時間にタイマーを設定することができるのでとても便利。

 

ランプには傘がついていないため360度照射可能なうえのにクリップ式でアームも自在に固定でき、室内栽培はもちろん温室などでも有効活用することができる植物育成LEDライトです。
消費電力20WLED灯の色赤色・青色
第9位

BARREL

LED PlantLight

価格:9,980円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

温白色の優しい光でインテリアにも◎

玄関などの太陽光が入りにくい場所でも元気な植物を育てたい、家庭菜園をしたいけれど陽当たりの悪い家で育たない、植物育成LEDライトは使ってみたいけれど独特の赤い光がインテリアに馴染まないなどでお困りの方におすすめしたいのがBARRELの『LED Plant Light』です。

 

太陽の代わりとなり人工的に植物が光合成に必要とする光を供給することができるLEDライトで、植物にとって最も効果的な波長の光でのみ作られています。そのため植物の成長がはやく、野菜などを栽培する場合ではビタミン量の高い野菜を収穫することができるのでおすすめ。

 

スタンドタイプで置く場所を選ばず、肉眼では少し温かみのある白色に見える優しい色合いの光。背の高い観葉植物には高さのあるタイプのスタンドも用意されています。青々と茂った美しい観葉植物や栄養価の高い野菜を育ててみませんか?

消費電力10WLED灯の色温白色
第8位

Relassy

LED植物育成ライト

価格:3,270円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

デスクライトとしても使える黄色の光

自然光に似た黄色灯の植物育成LEDライトです。葉と根茎の成長やたんぱく質の合成、花や身の成長を促し、1日10時間の照射で事前栽培よりも3倍速い植物の成長が確認されています。

 

ボディは熱伝導の高い航空アルミニウムを採用し、溝型のヒートシンク設計で放熱面積を大きくしているため使用寿命が長くおすすめです。バルブを交換が可能で、バルブ故障であれば全体を買い替える必要がなく経済的なのでおすすめです。

 

120度の広い照射角度と12センチのフレキシブルアームにより、光と植物の角度や距離を簡単に調整することができて便利です。

 

 

消費電力20WLED灯の色黄色
第7位

Niello

UFOシリーズ177

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

高スペクトルなUFO型植物育成LEDライト

古くから使われている赤色と青色のLED灯の他に白色のLED灯を加えて、もっとも効率的な波長の光を生成するおすすめの植物育成LEDライト。植物の開花や結果に有効な赤色、植物の種子や繁殖力を促進する青色、植物の成長全体を促進させる白色の3つが植物すべて育成段階に対する光のニーズを満たします。

 

裏面に空気流の大きな冷却窓を備えたUFO型構造で、ファンなしでもしっかり放熱するため騒音を出しません。取りつけ用の固定ネジと吊りロープが付属しているので天井にも壁にもしっかりと固定することができておすすめ。

 

超薄型で高密度のエアロアルミニウム材質のケースで作られたLEDランプは、植物の深部まで浸透するスペクトルを集めることができ、光を集中させて成長効率を良くしてくれるのでおすすめです。

消費電力50WLED灯の色赤色・青色・白色
第6位

Glowworm

Castley

価格:2,699円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1か月たった294円!お財布に優しい植物育成LEDライト

環境にもお財布にも優しいおすすめの植物育成ledライト。屋内での植物の育成に最も適した太陽光に近い光を放つ小型の植物育成LEDライトで、毎日12時間照射した場合の1か月の電気代はなんと294円。電気代を気にせず使用することができます。

 

360度回転可能な自由に曲がるフレキシブルアームに固定用のクリップ付きなので、クリップを固定できるスペースさえあれば、好みの場所を自在に照らすことができます。LEDライトなのでほとんど発熱せず、植物を痛める心配がありません。

 

室内での植物栽培や水草の入った水槽照明、日当たりの悪い場所での植物育成など幅広く適応できるのでおすすめです。

消費電力20WLED灯の色赤色・青色
第5位

Easi-Cable

バー型水槽用LEDライト

価格:1,489円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取り付け場所は自由自在

室内で小型植物を育てるのに適した植物成長専用LEDライト。植物の発芽や開花などを促進する赤色、光合成を促進する青色のLEDチップを採用しています。USBから電源を確保できるこの植物育成LEDライトは、消費電力6Wの省エネで低発熱ながらも高い発光力を実現。電気代を気にすることなく日照不足の問題を解決してくれます。

 

取り付け用の両面テープとマグネットねじが付属しているので、お好きな場所に取り付けが可能です。複雑な配線もなく手軽で簡単。配線関係が苦手な方にもおすすめできます。

 

消費電力6WLED灯の色赤色・青色
第4位

ZY

植物育成ライト

価格:2,999円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

赤外線と紫外線のパワーをプラス

植物育成促進に必要な赤色・青色・白色の3色のLEDライトはもちろんのこと、赤外線や紫外線のLEDライトも組み合わせた植物育成LEDライト。太陽光が入りにくい環境でも植物の光合成を促進し、野菜や観葉植物などを元気に育てることができます。

 

グースネック型で強力な屈曲が可能な金属製のランプアームを採用しており、幅広い範囲に照射できるため、より多くの植物に光を照射することができます。より強力に光を照射したい場合には植物の前後双方からの照射がおすすめ。

 

10Wのライトが2つ組になっていて両方を合わせた消費電力は20W。省エネルギー低コストで元気な植物を育てることができます。

消費電力20WLED灯の色赤色・青色・白色・紫外線・赤外線
第3位

china

植物育成LEDライト225球

価格:2,470円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

立て掛けても使えるオールラウンドタイプ

光合成の促進に最適な赤・青・白色の3色のライトを搭載した、つりさげるタイプの角型ライト。3色のLEDチップが合計225個もついており自宅での観葉植物育成の他に水草の栽培や水耕栽培にも◎。その他写真スタジオでの照明演出や補助照明としても使われます。懸垂金具はスチール製なので耐久性もばっちり。

 

発光効率が高く電力消費が低いのでLED寿命が50000時間にも達する高寿命なのも嬉しいポイント。植物が必要とする光の波長をバランスよく配置しているので、成長期だけでなく発芽から開花・収穫まで幅広くオールラウンドに使えておすすめです。ライトの数も多いので小さめのビニールハウスなどでも使用できます。

消費電力15WLED灯の色赤色・青色・白色
第2位

W5YJP

LED植物育成ライトWAKYME

価格:7,199円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

安定感抜群のしっかりとした植物育成LEDライトを選ぶならコレ

調節可能な全スペクトル設計を採用し、植物の成長具合に合わせた必要な種類の光を照射することができるおすすめの植物育成LEDライトです。成長段階に合わせて適正な照明に調整することができるので便利。さらにvegボタンやBloomボタンで苗の成長と開花に必要な照明を切り替えることもできます。

 

扇風機と非反射器で最大限の放熱効果を実現しランプを長寿命に。スチール吊り具が付属しているので天井や壁にしっかり固定できます。照射角度も120度確保されており、様々な角度から植物にエネルギーを供給できるのでおすすめです。

 

しっかりとした作りで安定感も抜群。一か所から広範囲にわたって植物育成LEDライトを照射したい方はこれに決まり!

消費電力95WLED灯の色赤色・青色・白色・紫外線・赤外線他
第1位

Moritel

LED植物ライト

価格:2,788円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

多機能・省エネで便利な3本セット

循環メモリータイマー機能で毎日決まった時間にタイマーがかけられるとても便利な植物育成LEDライト。タイマーは3時間・9時間・12時間で設定可能で、植物の種類やニーズに合わせたライトの照射が可能です。

 

植物の光合成を促進するのに最も効果的な波長の光を提供することで、多くのエネルギーを吸収できるようになり、植物の成長に大きなプラスの影響を与えることができます。広範囲への光の照射が可能で、観葉植物や野菜、多肉植物、水草の栽培など幅広く対応できます。

 

10段階の調光が可能で照射の強さを調節できることや、赤色・青色・赤青色の必要な色の光に変更できることも嬉しいポイント。3つのアームに分かれているので広範囲の照射が可能。フレキシブルアームなので角度の調整も自由自在です。植物の種類や生育段階に応じて使い分けましょう。

消費電力27WLED灯の色赤色・青色

植物育成LEDのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4886274の画像

    Moritel

  • 2
    アイテムID:4886202の画像

    W5YJP

  • 3
    アイテムID:4886194の画像

    china

  • 4
    アイテムID:4886182の画像

    ZY

  • 5
    アイテムID:4886006の画像

    Easi-Cable

  • 6
    アイテムID:4885998の画像

    Glowworm

  • 7
    アイテムID:4885759の画像

    Niello

  • 8
    アイテムID:4885077の画像

    Relassy

  • 9
    アイテムID:4884565の画像

    BARREL

  • 10
    アイテムID:4884494の画像

    DIGER

  • 11
    アイテムID:5185728の画像

    uplighting

  • 商品名
  • LED植物ライト
  • LED植物育成ライトWAKYME
  • 植物育成LEDライト225球
  • 植物育成ライト
  • バー型水槽用LEDライト
  • Castley
  • UFOシリーズ177
  • LED植物育成ライト
  • LED PlantLight
  • Lofter
  • SMARUP 1500W led植物育成ライト フルスペクトル
  • 特徴
  • 多機能・省エネで便利な3本セット
  • 安定感抜群のしっかりとした植物育成LEDライトを選ぶならコレ
  • 立て掛けても使えるオールラウンドタイプ
  • 赤外線と紫外線のパワーをプラス
  • 取り付け場所は自由自在
  • 1か月たった294円!お財布に優しい植物育成LEDライト
  • 高スペクトルなUFO型植物育成LEDライト
  • デスクライトとしても使える黄色の光
  • 温白色の優しい光でインテリアにも◎
  • 360照射可能なタイマー付き植物育成LEDライト
  • 赤・青・白・UV・IRのフルスペクトルのモデル
  • 価格
  • 2788円(税込)
  • 7199円(税込)
  • 2470円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 1489円(税込)
  • 2699円(税込)
  • 2999円(税込)
  • 3270円(税込)
  • 9980円(税込)
  • 2199円(税込)
  • 12999円(税込)
  • 消費電力
  • 27W
  • 95W
  • 15W
  • 20W
  • 6W
  • 20W
  • 50W
  • 20W
  • 10W
  • 20W
  • 260W
  • LED灯の色
  • 赤色・青色
  • 赤色・青色・白色・紫外線・赤外線他
  • 赤色・青色・白色
  • 赤色・青色・白色・紫外線・赤外線
  • 赤色・青色
  • 赤色・青色
  • 赤色・青色・白色
  • 黄色
  • 温白色
  • 赤色・青色
  • 赤・青・白

ホームセンター(ニトリ・IKEA)で買える植物育成LEDの評判は?

今回はAmazon・楽天で購入できるLEDライトを中心に紹介してきましたが、IKEAなどのホームセンターでも購入可能です。ただ、ニトリのLEDライトは植物育成ではなくインテリアとして植物を照らすタイプなので、植物の育成には使用できません。

 

ホームセンターで買えるLEDの中でも人気なのがIKEAのヴェクセルLED電球です。999円の低価格ながら植物の室内育成にぴったりのアイテム。太陽光には及びませんが、低価格で済ませたい方にはおすすめのLEDです。

 

 

LEDライトは目に悪い?使用上の注意点

通常LEDライトは長時間見続けなければ人体に健康被害はないと言われていますが、LED照明に含まれるブルーライトには注意が必要です。ブルーライトを見続けると目が疲労しやすくなり眼病被害にあいやすくなると言われています。

 

特に植物育成LEDの場合は非常に強い光を発するため、直視しないよう注意が必要です。そのほかの使用上の注意は商品ごとに異なるため、説明書にしっかり目を通してください

植物育成LEDで家庭菜園にチャレンジ

おすすめの植物育成LEDライトをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?日当たりの良くない部屋でも観葉植物とライトを組み合わせればおしゃれな空間になりますし、日当たりが悪く家庭菜園を諦めていた方もこれで家庭菜園にチャレンジできますね。育てる植物の大きさに合わせてぴったりな植物育成LEDライトを選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ