記事ID134044のサムネイル画像

ふっくら焼き上がる人気の溶岩プレート!おすすめランキング10選

溶岩プレートとは溶岩石から切り出して作られた調理器具のことで、食材が美味しく焼き上がると密かに人気です。ですがその種類は多く、いざ購入しようと思っても悩んでしまいがち。そこで今回は人気のあるおすすめの溶岩プレートをランキング形式でまとめました。

溶岩プレートの魅力

溶岩プレートとは溶岩石を2㎝程度の厚みで切り出した調理器具のことを言います。その一番の魅力は何と言っても遠赤外線効果。肉や魚、野菜の表面を焦がすことなくカリッと焼き上げ、食材の中に旨味を閉じ込めてふっくらジューシーに仕上げます。

 

素材の旨味や栄養を逃さず加熱してくれるため、ホテルやレストラン、旅館などでも多く使用されているんですよ。またその美味しさから一般の家庭でも使う方が増えてきています。そんな魔法のような調理器具ですが、いざ購入しようとしてもその種類は意外と多く、どれを選べばいいのか悩んでしまいがちです。

 

そこで今回は人気のあるおすすめの溶岩プレートをランキング形式でまとめました。ぜひ参考にして、家でもその美味しさを味わってみましょう。

溶岩プレートの選び方

溶岩プレートの種類で選ぶ

溶岩プレートは大きく分けて2つに分類されます。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

空気に触れて冷えて固まった泡タイプ

自然に空気に触れ、冷えて固まった泡タイプの溶岩は表面に大小様々な気泡があるのが特徴です。そのため見た目はいかにも「溶岩!」といった感じでしょう。脂が気泡の中に落ちるので溝無しでも横からたれにくく、余分な脂をカットしてくれるためどんな食材でもヘルシーに食べることができます。

 

そのおかげで2回目以降は油を使う必要がありません。しかし気泡に食材の焼きカスなどが入りやすく、お手入れに若干手間がかかるといったデメリットがあります。

空気に触れずに固まったプレミアムタイプ

空気に触れずに固まった溶岩は、顕微鏡で見ますと炭のように無数の細かい気泡があり、泡タイプのような大きい気泡がほとんどないのが特徴です。大きな気泡がない分食材が気泡に詰まる心配がなく、お手入れが簡単というメリットがあります。

 

またやや泡タイプよりも煙が少なく、比重が高いです。値段も泡タイプより少し高めなことが多く、強度も若干ではありますがこちらのタイプの方が高めと言えます。ですが成分的にはほとんど同じで、どちらも遠赤外線効果があり美味しく仕上げることができます。

溶岩プレートの魅力で選ぶ

溶岩プレートの魅力は食材をふっくらジューシーに仕上げるだけではありません。溶岩プレートを使うメリットを知った上で商品を選びましょう。

煙が少ないので室内でも使えておすすめ

溶岩プレートは炭火焼きやホットプレートなどと比べても非常に煙が少ないのが特徴です。そのため室内で焼き肉をするときでも服や髪の毛に独特の匂いがつく心配がないので、女性や子供でも安心して焼くことができます。

 

部屋に焼き肉の匂いがつく心配もないので、洗濯物を干していたとしても安心ですね。また簡単にカセットコンロを使うだけで炭火焼肉のような美味しさも楽しめますので、家で美味しい焼き肉を食べたいという方にもぜひおすすめです。

 

 

食材が焦げにくい(ゆっくり食べたい方におすすめ)

鉄板等で食材を焼いていると、気づいたら焦げていた!なんてこと今までにありませんでしたか?溶岩プレートは焦げにくいという特徴があり、放置していても黒こげになる心配がありません。程よい焼き色がついて美味しく食べることができるのです。

 

直火調理ではなく、溶岩プレートを熱することで発生する遠赤外線効果により焦げないというのが挙げられます。放置していても焦げないので、ゆっくり焼き肉を楽しみたい方におすすめです。

 

片付けが簡単(お手入れが面倒な方におすすめ)

溶岩プレートは使用後のお手入れが楽ちんなのも魅力。焼き肉が終わったら溶岩プレートが熱い状態で熱湯かけます。そしてヘラで汚れをとって、キレイに洗って乾燥させれば終わりです。ですが熱いうちにをかけて急激に冷やすと割れやヒビの原因になる場合があるので注意が必要。

 

熱くて洗いずらいという方は自然に冷めるのを待ってから洗うと良いでしょう。汚れを落としたいときは冷めた溶岩プレートにお湯やぬるま湯をかけてたわしや布巾、スポンジなどで洗い流すのがおすすめです。

 

その際には絶対に洗剤を使用してはいけません。気泡に洗剤が入ってしまい、キレイにすすぐことができないからです。溶岩は非常に吸収性があり、穴が少ない溶岩プレートだったとしても洗剤を吸収してしまいます。どうしても使いたいという方は専用の洗剤を使うようにしてください。

溶岩プレートで「何を焼くか」で選ぶ

溶岩プレートで何を焼きたいかで商品を選ぶことが大切です。ここでは焼く素材別でのおすすめを紹介していきます。

脂が多い肉におすすめ

脂が多い牛肉などを焼く場合は、溝がある溶岩プレートがおすすめです。溶岩プレートはもともとスポンジのように脂を吸ってくれるという特徴があるのですが、吸収するのにも限界があり、多すぎると横からたれてしまいます。

 

特に脂が多い霜降り肉や豚バラ肉を焼く場合は、溝があるタイプや穴があってそこから脂が落ちるといった仕組みのプレートが適しているでしょう。ただし続けて焼く場合には、溝に溜まった脂を何度かキッチンペーパーで拭き取る必要があります。

脂が少ない食材・野菜におすすめ

脂分が少ない赤身肉や胸肉、魚介類、野菜などは溝無しのフラットタイプでも十分です。やや脂が多い肉を焼く場合でも商品自体が脂を吸ってくれますし、溶岩プレート中央で肉を焼き、外側に野菜、キノコ、魚介類などを乗せればそれほど脂が横にたれずに焼くことが可能です。

 

また溝無しのフラットタイプの方が溝付きに比べてやや寿命が長く、フラット(平ら)なのでお手入れも簡単。お好み焼きなどを焼く場合も焼きやすくて便利です。

溶岩プレートを使うシーンで選ぶ

溶岩プレートをカセットコンロで使うか炭火で使うかによってサイズが変わってきます。

カセットコンロ(カセットコンロ専用のものがおすすめ)

カセットコンロの上に乗せて使う場合は、カセットコンロに合わせたサイズと五徳(囲炉裏、火鉢、七輪、カセットコンロなどの熱源上に置いて、溶岩プレートなどを乗せるために用いられる支持具のこと)の高さで選ぶことがおすすめです。

 

特に五徳に直接溶岩プレートを乗せて焼く場合、カセットガスと溶岩プレートの距離が近すぎると熱でガスが爆発する危険があるので注意が必要です。サイズでいうと大体20㎝前後の溶岩プレートであれば、一般的なカセットコンロのサイズに収めることができます。

 

七輪などで使いたい場合にもこのぐらいのサイズが良いでしょう。サイズがあっていないと使いずらいので、網の上に収まるサイズを選ぶのがポイントです。心配な方はカセットコンロ専用の溶岩プレートか、熱を遮断する溶岩プレートを使用すると安心ですよ。

 

炭火で使う(大き目のサイズがおすすめ)

バーベキューなど炭火で使う場合は直接乗せると安定しないので、丈夫な網を置いてその上に溶岩プレートを乗せましょう。なおバーベキューの場合は多くの人数で囲むことになるので、25㎝以上の大き目のサイズがおすすめです。

 

網のサイズよりも大きい溶岩プレートを購入する必要はありませんが、網に収まる範囲での大き目のものを選ぶと大人数でも使いやすいですよ。また炭を使う場合は火力調節や突然火を止めるといったことができないので、取っ手が付いたタイプでも良いでしょう。簡単に移動させることができるので大変便利です。

溶岩プレートを使う人数で選ぶ

溶岩プレートには1人用から大人数用(ファミリー用)と様々なサイズの商品があります。自分がどのくらいの人数で使いたいかも溶岩プレートを選ぶときの重要なポイント。1人でゆったりとした時間を過ごすために、ちょっとした高級感を出したい時に使うのであれば1人用。

 

家族や友達などの大人数で使いたい場合にはファミリー用を選ぶと良いでしょう。特に1人用の溶岩プレートについては軽量化が図られているものが増えてきているので、使いやすいものが多く購入する方が増えています。

溶岩プレートの人気ランキング10選

第10位

TAIKOH

:溶岩プレート

価格:2,500円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

円形の溶岩プレート

気泡がある溶岩プレートです。使いやすい円形タイプで、卓上コンロで焼き肉を楽しむ際に便利です。大きさは22㎝なので1~2人で焼き肉を楽しむ際に良いサイズでしょう。余分な脂を吸収して煙が立ちにくく、ふっくらジューシーな焼き肉を楽しむことができます。

 

レビューではピザ窯に使う際に便利とありました。気持ち小さめですが、周りに薪や炭を置くのでベストサイズだったようです。厚みが2㎝と重みがあるので、取り扱いには注意が必要です。

サイズφ22x厚さ2cm 重量1.8㎏
種類泡タイプなし
第9位

CAMPOOPARTS

キャンプde溶岩プレート

価格:3,980円(税込)

Amazonで詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

ソロキャンプにピッタリ

鹿児島県桜島より切り出した溶岩石を、キャンプ用に使いやすいサイズに加工した商品です。20㎝サイズなので一人でもファミリーでも楽しむことができます。家で使う場合にも最適なサイズですよ。

 

また脂が落ちないよう丸く溝が入っているのが特徴。脂が多い肉を焼いても安心です。ただし小さな穴が貫通している場合があるので、連続で焼く際には注意が必要でしょう。レビューを参考にすると焦げ付きもなく、好みの焼き加減に仕上げられるそうです。思ったより重いですが、収納袋が付いているので持ち運びの際に便利とありました。

サイズ200×200×厚さ15㎜重量1.5㎏
種類泡タイプあり
第8位

み尋

炉ばた大将 炙家W用BBQプレート」高耐久溝付き溶岩

価格:5,461円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐久性に特化した溶岩プレート

高耐久仕様の溶岩プレートです。側面に強制的に圧力をかけたベルトを付帯することで、溶岩プレートに割れやヒビが入ったとしてもそのまま使用することができます。溶岩プレートには微妙に角度をつけているので、決して脱落しない仕組みとなっており、長期間にわたって楽しむことができますよ。

 

さらに全ての表面に面取りを施し、欠け防止の仕上げをしているのも魅力。どこまでも耐久性にこだわった商品となっています。もちろん焼き肉を楽しむにも最適。しゃぶしゃぶ用の薄い肉でも張り付く心配はないです。レビューを参考にすると肉、魚、野菜など焦げ付かず美味しく仕上がると高評価でした。

サイズ18×24×厚さ2㎝重量約1.9㎏
種類泡タイプあり
第7位

和平フレイズ(Wahei freiz)

味覚探訪 天然石焼肉プレート

価格:1,207円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

本格的な焼き肉が楽しめる卓上溶岩プレート

家庭で本格的な焼き肉を楽しむことができる卓上溶岩プレートです。この溶岩プレートは、焼き物を乗せる部分が天然溶岩石となっており、端には余分な脂を落とす穴が開いています。またその下には水が入れられるホーロー製の受けが付いているので、落ちた脂に火が引火する心配がありません。

 

いくらサイズが大きい普通の溶岩プレートを使ったとしても下に脂が落ちてしまう危険性がありますが、こちらの商品なら気にせず焼くことができるので大変扱いやすいでしょう。また33㎝と大きいので大人数で楽しむことができます。

 

ガス火専用となっていますのでカセットコンロかキッチンのコンロで使うことがおすすめです。レビューを参考にすると重いので少し扱いにくいようです。また山になっているので野菜やウインナーが滑り落ちるとありました。

サイズ328×328×厚さ50㎜重量1410g
種類プレミアムタイプあり(穴)
第6位

TAIKOH

溶岩プレート 溝付き

価格:2,000円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

5㎜の安心溝付き

溝付きの溶岩プレートです。溝があるので、カルビなどの脂が多い肉を焼いても横にたれる心配がありません。脂が多く出る肉を良く焼く方にはピッタリの商品ではないでしょうか。またサイズが25㎝と大きめなので、複数人で焼く場合やバーベキューなどにも使うことができます。

 

レビューを参考にすると、肉をたくさん焼いた際に下に浸透して火事になりそうだったとコメントがありました。いくら溝があるからと言っても連続で脂が多い肉を焼く際にはキッチンペーパーで拭き取る必要がありそうです。また少し耐久性は低いので長くは使えなさそうです。

サイズ25×25×厚さ2㎝重量約2.9㎏
種類泡タイプあり
第5位

TAIKOH

溶岩プレート

価格:590円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

厚みが1㎝!早く熱くさせたい方におすすめ

気泡があるタイプの溶岩プレートのです。厚さが1㎝と薄めなので、早く熱くさせることができます。溶岩プレートを温める時間を短縮させたい方にピッタリの商品でしょう。またサイズが16㎝と小さめなので1人用サイズとしておすすめです。小さいですがお肉を柔らかく、しっかり焼くことができますよ。

 

レビューを参考にするとソロキャンプの時に使えて便利のようです。焼いた汁が垂れる心配がないので肉を焼くときに大変便利とありました。小さいですが意外と重みはあるようです。安いので手軽に手に入れるのにちょうど良い商品でしょう。

サイズ16×16×1.3~1.5㎝重量1.08㎏
種類泡タイプなし
第4位

池永鉄工

溶岩石プレート

価格:6,447円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

取っ手があるから移動も楽!

富士山の玄武岩を採掘してできた商品です。持ち手が左右についているので、キャンプ場でのバーベキューの際に持ち出したり、お手入れをする際の持ち運びに大変便利です。

 

持ち手がついていない溶岩プレートの場合だと、全体が冷めるまで移動させるのが難しいですが、持ち手があると冷めていなくても熱源から移動させることができるので扱いやすいです。使わなくなったらすぐに移動させることができるので、効率よく焼き肉を楽しむことができますよ。

 

レビューを参考にすると、焦げ付き無しで使いやすく、2人までならちょうど良いサイズのようです。少し重いですが脂もはねず、煙も出ないので便利とありました。

サイズ25×20×厚さ5㎝重量2400g
種類泡タイプなし
第3位

み尋

岩肌溝付き溶岩プレート

価格:4,706円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

SMAP×SMAPで使用された溶岩プレート

SMAP×SMAPでも使用されたことがある溶岩プレートです。それ以外にもドバイやムンバイの高級ホテル、オーストリアでの晩餐会など日本だけではなく、世界のセレブにも選ばれている商品です。岩肌加工がされているので、見た目でのインパクトも素晴らしいですね。

 

こちらの商品は、他社よりも厚みがあるのが特徴。肉をふっくらと柔らかく焼き上げ、誰でも簡単に素材の旨みを最大限に引き出せます。また黒玄武と呼ばれる希少種の最高級品となっており、脂質を大変良く吸収し、脂質カットに繋げることができます。

 

レビューを参考にすると、厚みがあるので焼けるか心配でしたが、10分ほどでサイコロステーキが十分焼けたそうです。あまりくっつかず、時間もかからなかったと高評価でした。ただサイズが小さめなので、複数人では使いずらいようです。1人で贅沢する際にピッタリのサイズとありました。

サイズ15×15×厚さ3㎝重量約1.7㎏
種類泡タイプなし
第2位

ドリームストーン

イワタニ 炉ばた大将 炙家シリーズ3枚セット

価格:3,326円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

人数に合わせて組み合わせる3枚セット

穴が少ない高級溶岩だけを使用した溶岩プレートです。穴が少ないので食材のカスが入りにくく、お手入れが楽ちんです。また3枚セットとなっているので並べて使えば大人数にも対応できます。

 

厚さ12㎜を3枚セットと厚さ20㎜の3枚セットの2種類があるので、お好みで選ぶことができますよ。カセットコンロなどでの直火を考えている方は厚さ20㎜タイプがおすすめです。ただし天然石なので火を当てるとひびが入ったりする可能性があります。その場合には網を敷いて使用した方が良いでしょう。

 

レビューを参考にすると、一度温まると冷めにくいのでガスの使用量が減ったそうです。食材はふっくらジューシーに仕上がり、お手入れも簡単。割れても予備があるので気兼ねなく使えるとありました。

 

サイズ縦13×横17×厚さ1.2㎝重量0.7㎏
種類プレミアムタイプなし
第1位

STクラフト

職人さん手加工の【溶岩プレート】Cタイプ

価格:1,495円(税込)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見るYahoo!ショッピングで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

1枚ずつ丁寧に手加工された安心の商品

天然の溶岩を使用した溶岩プレートです。1枚1枚丁寧に切り出し、職人が手加工して作りました。溶岩の特性をフルに生かしており、赤外線効果で素材の本来の美味しさを味わうことができます。カセットコンロやガス、炭火などで使用可です。

 

レビューを参考にすると溶岩の気泡が裏面にまで続いていることがあるので、脂が多い肉を焼くときは注意が必要とありました。カセットコンロに直で置くときには気を付けた方が良さそうですね。

 

また2㎏とありますが意外に重たいので取り扱いに注意のようです。熱の保ちが良く、2人で少しずつ焼いて食べる時にちょうど良い大きさとのことでした。

サイズ21×21×厚さ2㎝重量2㎏
種類泡タイプなし

溶岩プレートのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4881571の画像

    STクラフト

  • 2
    アイテムID:4881602の画像

    ドリームストーン

  • 3
    アイテムID:4881630の画像

    み尋

  • 4
    アイテムID:4881645の画像

    池永鉄工

  • 5
    アイテムID:4881667の画像

    TAIKOH

  • 6
    アイテムID:4881709の画像

    TAIKOH

  • 7
    アイテムID:4881716の画像

    和平フレイズ(Wahei freiz)

  • 8
    アイテムID:4881729の画像

    み尋

  • 9
    アイテムID:4881749の画像

    CAMPOOPARTS

  • 10
    アイテムID:4881778の画像

    TAIKOH

  • 商品名
  • 職人さん手加工の【溶岩プレート】Cタイプ
  • イワタニ 炉ばた大将 炙家シリーズ3枚セット
  • 岩肌溝付き溶岩プレート
  • 溶岩石プレート
  • 溶岩プレート
  • 溶岩プレート 溝付き
  • 味覚探訪 天然石焼肉プレート
  • 炉ばた大将 炙家W用BBQプレート」高耐久溝付き溶岩
  • キャンプde溶岩プレート
  • :溶岩プレート
  • 特徴
  • 1枚ずつ丁寧に手加工された安心の商品
  • 人数に合わせて組み合わせる3枚セット
  • SMAP×SMAPで使用された溶岩プレート
  • 取っ手があるから移動も楽!
  • 厚みが1㎝!早く熱くさせたい方におすすめ
  • 5㎜の安心溝付き
  • 本格的な焼き肉が楽しめる卓上溶岩プレート
  • 耐久性に特化した溶岩プレート
  • ソロキャンプにピッタリ
  • 円形の溶岩プレート
  • 価格
  • 1495円(税込)
  • 3326円(税込)
  • 4706円(税込)
  • 6447円(税込)
  • 590円(税込)
  • 2000円(税込)
  • 1207円(税込)
  • 5461円(税込)
  • 3980円(税込)
  • 2500円(税込)
  • サイズ
  • 21×21×厚さ2㎝
  • 縦13×横17×厚さ1.2㎝
  • 15×15×厚さ3㎝
  • 25×20×厚さ5㎝
  • 16×16×1.3~1.5㎝
  • 25×25×厚さ2㎝
  • 328×328×厚さ50㎜
  • 18×24×厚さ2㎝
  • 200×200×厚さ15㎜
  • φ22x厚さ2cm
  • 重量
  • 2㎏
  • 0.7㎏
  • 約1.7㎏
  • 2400g
  • 1.08㎏
  • 約2.9㎏
  • 1410g
  • 約1.9㎏
  • 1.5㎏
  • 1.8㎏
  • 種類
  • 泡タイプ
  • プレミアムタイプ
  • 泡タイプ
  • 泡タイプ
  • 泡タイプ
  • 泡タイプ
  • プレミアムタイプ
  • 泡タイプ
  • 泡タイプ
  • 泡タイプ
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • なし
  • あり
  • あり(穴)
  • あり
  • あり
  • なし

まとめ

溶岩プレートのおすすめ商品や選び方をご紹介してきましたがいかがでしたか?正しく使うことで素材をより美味しく、ふっくらジューシーに仕上げることができます。また厚みのあるものや国産のものは遠赤外線効果がさらに高まりますで、そちらを意識して探してみるのも良い商品を選ぶポイントです。ぜひお店のような味わいを自宅でも楽しんで見てください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ