記事ID134015のサムネイル画像

夜間工事などにも人気のワークライトのランキング10選【緊急の災害時にもおすすめ!】

ワークライトは暗い場所や夜間の作業では必須となる工具で様々なメーカーからたくさんの種類が販売されている人気の工具です。そのため明るさや種類などどれを購入すればいいか悩んでしまいます。そんなワークライトのおすすめの選び方や種類を今回は紹介します。

ワークライトは暗い場所の作業だけでなく災害時にも使える

ワークライトは作業灯や投光器などと呼ばれることもあり、夜間の工事現場などで非常に重宝する工具ですが、種類が多くサイズの違いや性能の違う商品が多く販売されています。そのため使用用途も様々で車や船などに取り付けて使用できる物まで幅広く人気です。

 

また暗い倉庫などの明かりとしても使用されていたり、災害時や緊急時のランプとしても使用できることから一般家庭などでも需要が高まっています。小さいものは懐中電灯の代わりにもなるので夜道の散歩などにも使えます。

 

また商品によって照らす範囲や明るさに大きな特徴があり、自分の用途にあったサイズや明るさを選ばないと近所の迷惑になる事もあります。とはいえ災害時などのためにも1本は保管しておきたい工具としてもワークライトはおすすめです。

ワークライトの選び方

ワークライトは様々なメーカーが多くの種類を販売している人気の工具なので、どこを重要視して選べばいいか難しいですが、まずは自分がどういった用途で使用するか把握することが重要なポイントとなります。

ワークライトの種類から選ぶ

ワークライトには大きく分けて3つの種類が販売されています。それぞれに使用用途や性能などに大きな違いがあるのでしっかりと種類も選ぶようにしましょう。

ハンディタイプから選ぶ

ハンディタイプは名前の通り手に持って使用できる種類となっています。商品の中には本体にマグネットやフックなどが付いており、両手を使って作業できる便利な商品が販売されているのも特徴です。

 

ハンディタイプはサイズがコンパクトなので持ち運んだりするのに最適でアウトドアやキャンプなどで大活躍するアイテムです。また緊急の災害などの時のために保管しておくのにも小さいのでおすすめです。

 

ただしハンディタイプは防水・防塵になっていないタイプも多いので扱いには注意が必要です。またUSBなどで充電するタイプが多いですが商品の中には乾電池で動くタイプも販売されているのでしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

車や船に取り付けるタイプから選ぶ

取り付けるタイプは車やフォークリフトなどの乗り物に取り付けて使用することが出来るタイプで主に屋外で使用することが目的となっているのでしっかりと防水・防塵機能が付いている商品が多いです。

 

またトラックや船などにも取り付けられることも多く、トラックの場合は作業灯として船の場合は夜釣りや日の出前の漁などに重宝します。また非常に明るいことから漁の集魚ランプとしても活用されることもあり人気です。

 

電源は乗り物から確保する種類が多く販売されているので対応している電源かどうかは購入前にしっかりとチェックが必要です。また複数個望む場合はセットになっている商品もあるので個数にも注目です。

置き型タイプから選ぶ

置き型タイプは名前の通り工事現場などに置いた状態で使用するタイプです。そのため現場によっては水や泥、粉塵が大量に発生するので防水・防塵機能がしっかりしているかチェックが必要なタイプとなります。

 

置き型の場合は照らす範囲などにも注意が必要で照射範囲やライトの角度が調節可能かどうかも重要なポイントの1つです。また電源は基本的にプラグから確保するのでコードの長さなども気をつけるとよりベストです。

性能から選ぶ

一見同じような商品に見えても中の性能は大きく違うということがあり得るのがワークライトです。そのためしっかりと性能で比較することも大事なポイントです。

防水・防塵のワークライトから選ぶ

屋外で使用することが多いワークライトにとって水や粉塵に強いのは必須の機能となっています。そのため保護耐久レベルがどれぐらいあるかというのは商品を購入する前にチェックしておきたい大事なポイントです。

 

一般的には保護等級レベルはIPで表示されることになっており、IPの後の数字がレベルになっています。最初の数字が防塵、後の数字は防水となっており防塵レベルが6だと内部に粉塵が侵入しないとなっています。

 

また防水レベル5はいかなる方向からの水の直接噴流によっても有害な影響を受けないとされていることから最低でもIP65は欲しいレベルです。もちろんこれより上ならよりベストということになります。

フックやマグネットのあるワークライトから選ぶ

これは主にハンディタイプの商品に限られることですが、ハンディタイプは持ったままだと作業がしづらいです。ただ照らすだけなら問題はありませんが暗い場所での作業の場合だと、どうしても両手が使いたいです。

 

そんな時に便利な機能としてフックが付いていたり本体の側面や底部がマグネットになっている商品がおすすめです。そうすることで単管などパイプに吊り下げたり鉄などの磁石に反応する部分にくっ付けて作業が出来るので両手が使えます。

明るさから選ぶ

ワークライトですから、やはり明るさは重要なポイントとして押さえておかなければならないポイントでしょう。同じような形状でも明るさが1.5倍ほど違う商品もあるためしっかりと確認するようにしましょう。

 

特に取り付けタイプや置き型タイプの場合は遠くから照射することになることが多いのでなるべく明るい製品がおすすめです。最近では明るさはルーメンという単位で表されることが多いのも注意すべきポイントです。

照射範囲から選ぶ

照射範囲はライトで照らす範囲のことですが、これが目的と合ってないとイマイチ作業がやりづらく効率も悪くなってしまったり近所の迷惑などになるので事前に確認しておきましょう。

狭角形から選ぶ

狭角形は照射する角度が狭いので一定のポイントを特に照らしたい場合におすすめの種類となっています。ピンポイントに明るく照らしてくれるので非常に便利ですが全体的に照らすことは出来ないので注意が必要です。

中角形から選ぶ

中角形は狭角形と広角形の間をとったバランスの良いタイプで一般的には角度が30度~60度となっている事が多いです。そのため設置する場所によって使い方を分けることが出来るので使い勝手が良いです。

 

地面に設置すればピンポイントに照らしやすく上部に設置すれば広範囲を上から照らしてくれるので作業する場所などによって使い分けるようにしましょう。

広角形から選ぶ

広角系は広い範囲を照らすことに最適なタイプとなっており、会場や現場など全体を明るく照らしたい場合に最適なタイプです。狭角形と逆なのでピンポイントに照らすことは出来ません。また場所によっては近所迷惑になるかもしれないので設置場所には注意が必要です。

電球の種類から選ぶ

電球の種類も購入する際にチェックするべきポイントですが、少し前ならば白熱電球タイプや放電灯タイプなどが販売されていましたが最近はほとんどがLEDとなっているので選ぶ必要もなくなってきました。

 

しかしLEDでも、さらなる明るさを実現したCOBタイプと呼ばれる商品が最近では人気になってきているので少しでも明るいワークライトを選びたい場合はCOBタイプのLEDワークライトがおすすめです。

人気のワークライトのランキング10選

ここから人気のワークライトをランキング形式で紹介します。使用する場所によって種類などを変える必要があるため購入する前に、自分がどういったニーズでワークライトを必要としているのかしっかりと把握してから選ぶようにすると、失敗せずに購入することが出来るはずです。

第10位

MOTOSTAR

LED投光器【2年保証】

価格:3,800円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

IP65の防水防塵機能が魅力

非常に使いやすい充電式のLED投光器となっており本体に持ち手も付いている上に重量が軽いので持ち運びにも便利で様々な場所で使える商品です。ライトは角度調節が可能なこともおすすめのポイントです。

 

材質にアルミ合金と強化ガラスを使用しているので外で使用しても安心して使用が出来ます。保護等級はIP65となっており粉塵なども内部に侵入することなく水にも強いのも人気の理由の1つです。

 

ACアダプターとカーアダプターが付属しているので家でも車でも充電が可能で、約5.5時間の充電で連続5時間点灯可能なので長時間の作業でも安心して使用できます。レビューでも小型軽量なのに明るさは十分で使いやすいといった声が挙がっています。

サイズ重量1.7kg
保護等級IP65明るさ約2400Lm
電源の種類充電式
第9位

日立工機

コードレスワークライト UB18DGL(S)

価格:6,403円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

明るさを2段階で調節できる

明るさが強と弱の2段階で調節できるので使用する場所などによって使い分けることが出来る人気の商品です。明るさが弱の状態ですと約11.5時間もの連続点灯が可能なので長期間の作業などでも途中で切れる心配がありません。

 

ACアダプターか蓄電池で動くタイプで本体に充電機能があるわけではないので注意が必要です。本体に壁掛けフックや単管などに吊り下げて使用することも出来るので様々な場所に設置して使用できるのもおすすめのポイントです。

 

角度調節も可能で約15度刻みに上下120度の範囲で調節が可能なので照らしたい場所をしっかりと照らすことが出来ます。レビューでも電源いらずで使用が出来るので場所を選ばず明るいので作業がしやすいとの声もあり人気の商品です。

サイズ252×256×198mm重量740.0g
保護等級明るさ測定距離:[強]250lx/1m・[弱]140lx/1m
電源の種類ACアダプタ/蓄電池
第8位

スマートエマロ(Smart MRO)

ledワーク ライト ハンディ

価格:1,280円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

360度回転するフック付きで使いやすい

ハンディタイプなので使いやすくすぐに取り出して使えるので急な場面でもしっかりと働いてくれる人気の商品です。スタンドの側面にマグネットが付いているので簡単に固定ができ両手で作業が出来るのもおすすめのポイントです。

 

本体上部のフックは360度回転するのでどんな場所にでも簡単に吊り掛けて使用が出来ます。LEDの中でも非常に明るいCOB LEDを使用しているので明るさは300ルーメンにもなり、作業がしやすいです。

 

また本体の先端にもLEDが付いているので懐中電灯のように使用することも出来ます。樹脂ボディーなので本体は滑りにくいのも人気の理由です。乾電池で動くので誰にでも簡単に扱うことが出来ます。

サイズ55×265×38mm フック有重量200
保護等級明るさ 側面/300、先端/5ルーメン
電源の種類単三乾電池×3本
第7位

X

Safego 48W LED 作業灯ワークライト

価格:1,299円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

室内にも屋外にも使えるワークライト

アルミ基板で非常に耐熱性や放熱性が高いので安心して使用が出来る人気のワークライトです。室内だけでなく屋外でも使用が可能でステンレスの取付金具土台も付属しているので様々な場所に取り付けることが可能です。

 

土台は角度調節が可能なので照らしたい場所をしっかりと照らしてくれます。マックスルーメンは4800にもなるので非常に明るく、災害時の備えや倉庫内の照明、工事現場など使う場所を選びません。

 

照射は広角タイプなので広い範囲を照らしてくれます。レビューでもコストパフォーマンスに優れており非常に明るいので重宝していますとの声が多数挙がっており人気の高い商品となっています。

サイズ133*108mm 重量
保護等級明るさ4800LM
電源の種類DC 10-30V (12V-24V)
第6位

Tripcraft

TALMYT LEDワークライト 2個セット

価格:2,199円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

衝撃にも強いワークライト

明るさが4320ルーメンとなっており、これは白熱灯の約8倍相当の明るさという事になり非常に明るく照らしてくれる商品です。照射範囲も広角60度となっているので広い範囲を照らしてくれるので作業などもしやすいです。

 

保護等級はIP67となっており高い防水・防塵機能が搭載されています。そのため車両搭載していても安心でアウトドアやキャンプなどの際の突然の雨などにもしっかりと対応が出来るので使い勝手が良いです。

 

取付ステーで上下のライト角度も調整可能なのもおすすめのポイントです。レビューでも暗い場所に設置して眩しいくらいに明るくなった。という声やトラックに取り付けて明るくなった。との声もあり人気の商品です。

サイズ12 x 4 x10.5 cm (L x W x H)重量1000.0g
保護等級IP67明るさ4320LM
電源の種類10-30V DC対応 12V/24V兼用
第5位

Artilee

作業灯 折りたたみ式

価格:1,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

7つの点灯切り替えが可能

新技術のCOB LEDで驚くほどの明るさを実現した折り畳み式のワークライトです。折り畳み式なので使用しない時は非常にコンパクトに収納が可能で持ち運んだりする際にも邪魔にならないので人気の商品です。

 

充電ポートが本体に隠れているので痛みにくいのも人気の理由です。点灯切替で面と丸を切り替え可能で合計で7種類の点灯仕様を切り替えることが出来ます。本体背面にクリップが付いているので作業服やベルトに挟んで使用が出来ます。

 

また底部は強力な磁石となっており、簡単にくっ付けることが可能で両手で作業が出来るのもおすすめのポイントです。本体の素材はアルミ製なのでしっかりしているのも人気の理由でレビューでも小さくても明るいので狭い場所の作業などにも重宝しています。といった声があります。

サイズ約12.5*4.5*2.8cm重量110g
保護等級明るさ150LM
電源の種類USB充電式
第4位

AUTURE

作業灯 LED ワークライト (2個セット)

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

14日間の水没にも耐えたワークライト

トラックやダンプカー、船などにも取り付け可能なワークライトで、非常に明るいので作業効率が一気に向上する人気の商品です。2個セットになっているので、さらに視認性なども大幅にアップします。

 

本体の素材はアルミなので衝撃などにも強いです。寿命も約3万時間となっているので安心して使用でき、取付ステーで上下のライト角度調節が可能なのもおすすめのポイントとなっています。

 

明るさは10800ルーメンとなっているので非常に明るく夜間作業の常夜灯や夜釣りにも最適で集魚ライトとしても人気があります。レビューでもコンパクトで明るく倉庫内用としてもアウトドア用としても重宝しています。との声もあり高い人気を得ています。

サイズ127×81×64(mm)重量約500g
保護等級IP67明るさ10800ルーメン
電源の種類12V-24V兼用
第3位

China

COB作業灯 JINGYI

価格:1,180円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

マグネット付きで使いやすい

非常に明るいCOBタイプのLED作業灯でしっかりと照らしてくれるので安心の商品です。ライト部分を折り畳むことが出来るので非常にコンパクトになり持ち運んだりする際にも邪魔になりにくいのもおすすめのポイントです。

 

ハンディタイプなので誰でも簡単に扱うことが出来るのも人気の理由で夜の読書のお供やアウトドアやキャンプなどにも使いやすいです。5種類の点灯モードがあるので災害時や緊急時などにもしっかりと活躍してくれます。

 

本体下部にフックが付いているだけでなく磁石にもなっているので吊り下げて使用したり磁石でくっ付けることで両手を使って作業が出来ます。レビューでもサイズがコンパクトで実用性が高いです。との声があり人気となっています。

サイズ11 * 3.4cm重量67g
保護等級明るさ
電源の種類充電式
第2位

Senri

【2個セット】48W LED作業灯

価格:2,499円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

耐熱性と放熱性に優れたワークライト

トラクターやオートバイなどにも取り付けが可能で保護耐久もIP67あるので様々な場面で使いやすいワークライトです。そのため防水もバッチリなので夜釣りや水気の多い工事現場などのお供にも最適です。

 

明るさは3200ルーメンとなっており明るく照らしてくれるので作業などの効率も一気に向上します。アルミ基板なので熱にも強く優れた放熱性も実現しています。寿命も約5万時間もあるので電球交換などの手間もほとんどかかりません。

 

DC 10V-30V、12V/24V兼用タイプとなっているのもおすすめのポイントで、角度の調節も可能なので使い勝手も良いです。レビューでもコストパフォーマンスに優れており非常に明るくリフトなどに取り付けています。との声もあり人気です。

サイズ重量
保護等級IP67明るさ3200ルーメン
電源の種類9-30V DC(12V、24V車に適合)
第1位

Coquimbo

【led作業灯・ワークライト】 ペンライト

価格:1,399円(税込)

Amazonで詳細を見る

※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。

回転式ボタンで明るさを調節できる

USB充電式でペンライト型なので非常にコンパクトで誰でも簡単に扱うことが出来る大人気のワークライトです。工事現場や車載用としても人気で持ち運びにも便利なのでアウトドアなどにも最適です。

 

本体に付いている回転式ボタンで明るさを調節することができ、0ルーメンから401ルーメンまで調節が可能なので作業する場所や用途に合わせることが出来るのもおすすめのポイントです。底部には協力なマグネットが、上部にはフックが付いているのも人気の理由です。

サイズ37.5cm×3.5cm×2.6cm重量180g
保護等級明るさ12000ルーメン
電源の種類USB充電式

ワークライトのおすすめ商品比較一覧表

  • 商品画像
  • 1
    アイテムID:4879392の画像

    Coquimbo

  • 2
    アイテムID:4879391の画像

    Senri

  • 3
    アイテムID:4879383の画像

    China

  • 4
    アイテムID:4879376の画像

    AUTURE

  • 5
    アイテムID:4879369の画像

    Artilee

  • 6
    アイテムID:4879360の画像

    Tripcraft

  • 7
    アイテムID:4879415の画像

    X

  • 8
    アイテムID:4879355の画像

    スマートエマロ(Smart MRO)

  • 9
    アイテムID:4879353の画像

    日立工機

  • 10
    アイテムID:4879351の画像

    MOTOSTAR

  • 商品名
  • 【led作業灯・ワークライト】 ペンライト
  • 【2個セット】48W LED作業灯
  • COB作業灯 JINGYI
  • 作業灯 LED ワークライト (2個セット)
  • 作業灯 折りたたみ式
  • TALMYT LEDワークライト 2個セット
  • Safego 48W LED 作業灯ワークライト
  • ledワーク ライト ハンディ
  • コードレスワークライト UB18DGL(S)
  • LED投光器【2年保証】
  • 特徴
  • 回転式ボタンで明るさを調節できる
  • 耐熱性と放熱性に優れたワークライト
  • マグネット付きで使いやすい
  • 14日間の水没にも耐えたワークライト
  • 7つの点灯切り替えが可能
  • 衝撃にも強いワークライト
  • 室内にも屋外にも使えるワークライト
  • 360度回転するフック付きで使いやすい
  • 明るさを2段階で調節できる
  • IP65の防水防塵機能が魅力
  • 価格
  • 1399円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 1180円(税込)
  • 2499円(税込)
  • 1499円(税込)
  • 2199円(税込)
  • 1299円(税込)
  • 1280円(税込)
  • 6403円(税込)
  • 3800円(税込)
  • サイズ
  • 37.5cm×3.5cm×2.6cm
  • 11 * 3.4cm
  • 127×81×64(mm)
  • 約12.5*4.5*2.8cm
  • 12 x 4 x10.5 cm (L x W x H)
  • 133*108mm
  • 55×265×38mm フック有
  • 252×256×198mm
  • 重量
  • 180g
  • 67g
  • 約500g
  • 110g
  • 1000.0g
  • 200
  • 740.0g
  • 1.7kg
  • 保護等級
  • IP67
  • IP67
  • IP67
  • IP65
  • 明るさ
  • 12000ルーメン
  • 3200ルーメン
  • 10800ルーメン
  • 150LM
  • 4320LM
  • 4800LM
  • 側面/300、先端/5ルーメン
  • 測定距離:[強]250lx/1m・[弱]140lx/1m
  • 約2400Lm
  • 電源の種類
  • USB充電式
  • 9-30V DC(12V、24V車に適合)
  • 充電式
  • 12V-24V兼用
  • USB充電式
  • 10-30V DC対応 12V/24V兼用
  • DC 10-30V (12V-24V)
  • 単三乾電池×3本
  • ACアダプタ/蓄電池
  • 充電式

まとめ

人気のワークライトをランキング形式で紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。夜間や暗い場所での作業時にはもちろんですが、非常用のライトや懐中電灯の代わりとしても使い勝手の良い商品が多く販売されているので自分のニーズに合った性能や形状の商品を選ぶようにしましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ