【2021年最新版】仏式空気入れの人気おすすめランキング15選【ロードバイクにも!】

記事ID134000のサムネイル画像

ロードバイクを買った時に、必ず持っておきたいのがフランス式空気入れです。でも種類やタイプも様々あり、携帯できるものから高性能なものまで数多いです。そのため今回はフランス式空気入れの選び方、人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。

仏式(フランス式)空気入れの魅力とは?

憧れのロードバイクを買ったら、次に揃えたいのが空気入れですよね。ロードバイクは、ほとんどが仏式空気入れを使用しています。基本的に高圧に保たれているタイヤなので、ママチャリ用の空気入れとは違う点がいくつかあります。

 

そのため買ったものの扱いがわからない、ちゃんと使用しているはずなのに空気漏れが気になる、携帯用のポンプじゃだめなのかなど様々な不安を持っている方が多いと思います。結果、どれがおすすめかわからず金額で決めてしまうのは非常にもったいないことです。

 

今回は、仏式空気入れの選び方とおすすめの人気商品をランキング形式でまとめました。使い勝手や用途、シチュエーションに応じて自分に合ったものが選べれば、ロードバイクもより楽しみが増すはずです。最後までチェックしてみて下さい。

仏式空気入れの選び方

今回は空気入れの基本的な種類がいくつかあります。タイプ、空気入れについている様々です。次はオプションの点から選び方を紹介します。

空気入れの種類で選ぶ

空気入れと一口に言っても、3つの種類があります。大切なのはそれぞれの特性を知ることです。どの空気入れを買うかも変わってくるので要チェックです。

「ロードバイク」のメンテナンスには高圧な充填が可能な仏式空気入れがおすすめ

ロードバイクやクロスバイクを楽しむ方は、ママチャリよりも頻繁にメンテナンスが必要になります。なぜならこれらのタイヤは高圧に保たれています。これらの圧が下がってないかどうかを最低限乗る前には確認しないとパンクの危険性が増します。

 

一般的にロードバイクに多く採用されています。口金の先が細くなっている仏式空気入れが必要になります。しかし特殊な形やロックが付いていたりする点から、慣れるまでは扱いがよくわからないという方も多いです。

 

ただでさえ複雑な仏式空気入れなので、アダプターを空気穴の先端にねじ込んでから使うタイプは扱いにくいのでおすすめできません。それ以外のものだとフレンチバルブ、プレスタバルブと言う名称で販売されていることも多いのです。見比べて検討してみると良いと思います。

仏式とも違う日頃見慣れない注入口には「米式空気入れ」

先端がとがっている仏式空気入れに対して、米式空気入れは太くて尖っていない形状なのが特徴です。名称もシュレーダーバルブと言われる場合があります。基本的な圧の単位ですが仏式がpsiに対して、米式はbarが使われることが多いです。

 

一般的にはMTBやBMXなど太めのタイヤに採用されていることが多いです。つまり自動車やオートバイも同じ形状のため幅広く使うことができます。なお米式空気入れを使うタイヤの場合は、ガソリンスタンドで空気の補充もできるのでその点は便利です。

 

バルブの先端にパーツがないため、バルブ自体も折れにくく扱いやすいメリットもあります。もちろん仏式同様に専用の米式空気入れを使う必要があるので、複数自転車を所持している時は切り替えられる空気入れを最初から買うことをおすすめします。

「ママチャリ」とも併用したいなら「英式空気入れ」は必須

まず英式空気入れとは、いわゆるママチャリでよく見かける空気穴に対応した空気入れです。普段よく見るタイプと言って良いと思います。最大のメリットはホームセンターや大型のスーパーに併設された自転車コーナーなどで、気軽に手に入れることができます。

 

また上記2種類と比べると、価格も安価な場合が多いです。基本的な選び方は上記2種類と同じ部分もありますが、普段よく使うものだからこその点も有ります。例えばポンピングに負担のないハンドルや台座の形、ホースの長さや収納などが挙げられます。

 

ママチャリの空気入れというと馴染みがありますが、英式空気入れはウッズバルブ、ダンロップバルブとも言われます。家族がいれば自転車を複数台持っている家庭も多いと考えられます。ですので、あらかじめ英式も対応している仏式空気入れを買えば収納もすっきりします。

仏式空気入れのタイプで選ぶ

自宅でのメンテナンスなのか緊急用なのかによって、タイプも様々なものが販売されています。ここではその違いから選ぶ方法です。ぜひ参考にしてみて下さい。

メンテナンスにも非常に使いやすい「フロアポンプタイプ」

上述したようにロードバイクのタイヤは高圧を維持してこそ安全に走ることができます。そのため日々のメンテナンスは安心安全のためには欠かせません。そこで使うのがフロアポンプタイプです。

 

まず基準の圧は、タイヤの側面に記載されている事が多いです。その上で圧が下がっていれば空気を入れるわけですが、圧が高いとどうしてもポンピング時に重さを感じることが多いです。つまり重視する点は空気の入れやすさと考えられます。

 

実際の使用感は口コミを参考にすると良いと思います。その際初心者は空気漏れを起こす可能性がある為、接続のしやすさをチェックしたほうが良いです。その上で本体が短く太めの者であればポンピング時に余計な力が入らない為おすすめです。

屋外での使用も考えている方は「携帯式ポンプタイプ」

長距離の時は特に走行中に圧が下がる時もあります。またパンクした時などいざという時にもあると便利なのが携帯式ポンプです。携帯式というだけあり、重視すべき点は持ち運びやすさです。

 

小型なためフロアポンプと比べると1プッシュに注入できる空気の量は少ないです。その為何度もポンピングする回数が増えてしまう手間はあります。ただし次に紹介するCO2インフレーターは1回きりなのに対し、何度も使用できるというメリットもあります。

 

デザインがかっこよかったりだいぶ軽量化されているものも多いですが、スピードを出す予定だったりロングライドする時以外はそこそこの重量の方が安定感があります。ものによっては地面に置けるようにフットステップがついたものもあるのでおすすめです。

いざという時に活躍してくれる「CO2インフレーター」

初心者にはあまり聞きなれない空気入れですが、本当に緊急時の時に使えるのがこのCO2インフレーターです。プッシュタイプとバルブタイプがありますが、いずれにせよ専用のCO2が入ったカートリッジがあり瞬時に空気を入れることができます。

 

ただし入れた空気は2~3日で抜けてしまうので、常日頃から使うものではないので注意です。プッシュタイプはワンタッチで簡単ですが空気は漏れやすく、バルブタイプはねじ山にねじ込んで使うため空気は漏れにくいという違いはあります。

 

またカートリッジが意外と荷物になる場合がある為、長距離になればなるほどカートリッジは増える分軽量化されているものを持っていた方が負担になりません。基本的には予備を含めて2~3本あれば十分なので、検討してみてはいかがでしょうか。

空気圧上限で選ぶ

パンクなど防ぎ快適にサイクリングを楽しむためにも、自転車のメンテナンスでです。自転車によって最適な空気圧に保つことが、より自転車に負担をかけません。次は空気圧上限によっての空気入れ選びのポイントを解説していきます。

ロードバイクにおすすめなのは「160psi」

種類も豊富に販売している160psiは、90~125psiが適しているロードバイクに簡単に空気を充填できるのでおすすめです。160spi空気圧上限なのでポーピングも、スムーズに使用する事ができます。

 

ダイヤルゲージがついているタイプを選べば、他のタイプの自転車にも使用する事ができます。またこのタイプには付属品が付いているものも多いです。ボールや浮き輪用のアダプターもあり便利です。幅広く使用できる利便性の高いタイプと言えます。

 

また、ロードバイクようのチューブは下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

クロスバイクにおすすめなのは「100psi以上」

クロスバイクに最適な100psi以上の空気入れはコストパフォーマンスが高い商品が多くおすすめです。ロードバイクに比べ空気圧は低くタイプにもよりが、50~85psi程が適しているロードバイクが多いです。ロードバイクの空気入れが必要な時は気軽に購入できる商品も多いです。

 

確認しながら空気を充填する事が大切です。誤って空気を入れすぎる心配が少なくなるのでおすすめです。それでもどれくらいがちょうど良い空気圧か見当が付きにくい場合にはダイヤルゲージが付いているタイプもあります。

普段使いに人気のママチャリには「45psi以上」

ママチャリには45psi以上の空気入れで十分です。ロードバイクに最適な160psiの空気入れをママチャリに共有される場合は、空気の入れすぎにならないように注意が必要です。ダイヤルゲージを良く確認しながら、充填するようにしましょう。

 

ママチャリ向けの空気入れはコストパフォーマンスが高い商品が多く、比較的価格も購入しやすいです。大切なのは適度な空気圧を保つ事なのです。このタイプはお子様の自転車などにも使いやすくおすすめです。

使い勝手の良い空気入れが欲しいなら「バルブ変換方式」をチェック

上記でも紹介したように仏式空気入れはロードバイクなどに使用されることが多いタイプです。他の種類の自転車でも使用する方はバルブ変換方式をチェックしましょう。

自動認識機能搭載なら「仏式バルブ(フレンチバルブ)・米式バルブ」でも安心

自動認識機能が付いている空気入れは、仏式バルブ(フレンチバルブ)と米式バルブを自動で見分けてくれるので便利です。自分が合わせる必要がないので、空気入れの時間短縮にも繋がります。差し込むだけでOKなので、空気入れに慣れていない方におすすめです。

 

家族で空気入れを共有する方や、自転車が趣味で様々な種類の自転車を持っている方は自動認識の有無をチェックしましょう。最近では多くの空気入れに搭載されていることが多いですが、対応していない商品もまだまだ販売されているので注意が必要です。

「2口バルブや3口バルブ」なら家族との共有にもおすすめ

空気入れの中には2口バルブや3口バルブと呼ばれる商品も販売されています。アダブターなどが無くても多種なバルブに対応しており、家族と共有するのにもおすすめです。部品などを紛失する心配もなく、別でアダプターなどを用意する必要もありません。

 

差し込むバルブを自分が乗っている自転車に差し込むだけで空気を入れることができます。ママチャリなどは英式バルブになっていることが多いので、マウンテンバイクやママチャリ、ロードバイクなど様々な自転車に空気を入れるなら2口・3口バルブの空気入れを選びましょう。

空気入れ本体の形式で選ぶ

空気入れには様々な形式があります。スポーツバイクを楽しみたい方向けのタイプや、簡単に充填する事ができる電動式など豊富に販売されています。形式によって使いやすさの特徴が、変わってきますので解説していきます。

本格的なスポーツバイクを楽しみたい方は「手押し型」

本格的なスポーツバイクを楽しみたい方は手押し型の空気入れがおすすめです。こちらのタイプはフロアタイプとも呼ばれ、地面に置いた状態でハンドルを押すように空気を充填していきます。このタイプにはダイヤルゲージがあるタイプが多く、細目にメンテナンスするのにとても向いています。

 

手押しなので多少力が要りますが、一度に入れられる空気の量が多く扱いやすいです。体重を掛けるように押す事で比較的スムーズに充填する事ができます。様々なアイテムに使用する事も可能なので、一台あると便利です。

コンパクトでもパワフルな「足踏み型」

収納する場所にも困らないコンパクトな足踏み型の空気入れは、小さくてもしっかりと空気を充填する事がでます。体重を掛けながら足で踏むだけなので、簡単に使用する事ができます。この手軽さもおすすめのポイントです。

 

簡単に空気を入れる事ができるので、エアゲージが付いているタイプを選べば空気の充填しすぎる心配もありません。手で押すのが苦手な方にもおすすめな商品です。ただ低いところにエアゲージが付いているので手元で確認したい方は、他のタイプがおすすめです。

力のない女性や子供にも使いやすい「電動型」

電動型の空気入れを選べば力を必要とせず、簡単に空気を充填する事ができます。液晶のメーターが付いているタイプもあるので、空気圧の確認も簡単にすることができます。サイズもコンパクトなタイプが多いので持ち運びもできるので便利です。

 

また電動ですが静寂性が高い商品が多いのも特徴です。充電式のタイプが多いので充填する場所も選びません。簡単に使用する事ができるので、空気の入れすぎなどには注意して使用する事が大切です。

様々なオプションで選ぶ

自転車の空気入れと言っても、チェックしたいオプションはいくつかあります。使用目的や家族構成などによって選ぶことをおすすめします。

「エアゲージ付き」ならタイヤに無理をさせる心配がない

よくインターネットでエアゲージは必要かという質問を目にします。ママチャリだと空気を入れた後タイヤを指で押して、その反発で判断しても問題ありません。しかし仏式空気入れを使うということはロードバイクの場合ですので、エアゲージは必須アイテムと言えます。

 

何度も上述したように、適正空気圧にすることで安全に乗れるのがロードバイクです。またたくさんポンピングしたとしても接続がきちんとはまっていないと空気漏れを起こす可能性があり、エアゲージがないことでそれに気が付かない場合もあります。

 

フロアポンプはもちろんの事、初心者であれば携帯式ポンプにもエアゲージが付いたものが販売されているのでそれを選ぶことをおすすめします。ロードバイクを楽しく満喫するためにも、検討してみてはいかがでしょうか。

家族みんなで使いたい時は「対応のアダプター付き」

家族が多いと自転車の数も多くなるのは自然なことです。子供から大人まで、自転車があると買い物や通勤など便利です。しかし一方で空気の注入口がそれぞれ違った場合、物置に空気入ればかり並ぶのは避けたいところです。

 

英式空気入れはほぼママチャリのみの使用を見込んで、他の種類のアダプターが付いていない物も見かけます。しかし仏式空気入れや米式空気入れの場合があります。他の種類の注入口でも使えるようにアダプター付きや兼用の構造の口金になっていたりします。

 

実際兼用と言っても、2種類だけや3種類すべて対応しているものなど様々です。またアダプターが付いているかと思ったら別売りだったという場合があるので、商品説明はよく読んで購入することをおすすめします。家族の多い方は空気入れを1つにまとめてみましょう。

使用頻度などを考えて「値段」で選ぶことも重要

値段によっても空気れの種類は変わってきます。高圧な160psの空気入れよりも、空気圧が低いタイプは安く手頃なタイプが多いです。また160psiのタイプでも小型のタイプや比較的値段が安いです。コンパクトなタイプでもエアゲージなども付いており安心です。

 

また必要な機能や空気圧を確認してから選ぶと、コストが抑えられます。必要以上に高い空気圧の空気入れを選んでしまう失敗なども避ける事ができます。まずは自転車を確認してから、空気入れを購入する事をおすすめします。

 

また、安い自転車は下記の記事で紹介しています。選び方使い方も合わせて紹介しているので是非チェックしてみて下さい。

安全に空気入れを使用するなら「SGマーク」の有無をチェック

SGマークは「Safe Goods」の頭文字を取ったもので、その名前の通り安全な製品であることを認められた商品です。日本製の空気入れを購入する方はSGマークの有無をチェックすることが大切です。海外製の場合は、別の基準をクリアしている場合があるので無い製品もあります。

 

空気入れは使い方を間違えると大けがをしてしまうアイテムです。安全に使用するためにも、SGマーク入りの商品から選ぶことがとても大切なポイントです。

人気のメーカーや買える場所で選ぶ

仏式の空気入れはどこで購入すればいいか分からないといった方も多いかもしれません。ここでは、人気の仏式の空気入れメーカーだけでなく、おすすめの購入場所も紹介します。

自転車用のタイヤ・チューブ専門ブランドの「パナレーサー」

パナレーサーは自転車用のタイヤ・チューブを専門にしているブランドの1つで、非常に高い技術力を持った人気のメーカーです。タイヤやチューブだけではなく、ポンプや自転車用のアクセサリー類も多く販売しています。

 

価格も非常に安価で、自分にとって使いやすい種類からしっかり選ぶことができます。仏式はもちろん、英式や米式に対応した商品もあります。空気入れの耐久性も高い点もおすすめのポイントで、どんな場所でも安心して使用できる商品が揃っているメーカーです。

豊富な種類を安価で提供しているホームセンター「コーナン」

ホームセンターの中でも商品の種類が多い店舗がたくさんあるコーナンですが、空気入れの種類も豊富な店舗が多いです。様々な種類の空気入れを揃えているだけでなく、自分に最適なタイプや形状の空気入れが見つけやすいです。

 

価格も安価な商品から高額な商品まで幅広く揃っているので、自分に合った商品から選びやすいです。空気入れだけではなく自転車用のパーツなども揃えている店舗も多いので、迷ったら近くのコーナンを探してみるのがおすすめです。

自転車の「空気入れ以外のオプション」もチェック

「自転車の空気入れだからどうせ自転車にしか使えないのでは?」と、思っている方も多いかもしれません。しかし多くの仏式空気入れでは、ボールや浮き輪も膨らませることができるようなアダプターが付いているものが多いです。

 

またオプションとしては、専用の収納ボックスが付いているものもあります。特にアダプターは小さい分、紛失の危険性があります。理想としては、そのような小さなアダプターは空気入れの近くで保管したいですよね。収納場所があるものを選ぶのも1つの選択です。

 

さらに小さなこだわりになりますが、自転車のオプションという点では空気の注入口のキャップもアクセサリーとして販売されています。自分好みにカスタムしたら、上述した収納場所がある空気入れであれば一緒に保管できるのでよりおすすめです。

仏式空気入れ人気おすすめランキング15選

1位

Samuriding(サムライディング)

空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

全バブル対応の取り付けも簡単なおしゃれな空気入れ

全バブル対応のSamuridingの空気入れは、スチール製で安定感もあり使いやすくおすすめです。ツインバブルヘッドで米や仏式のヘッドを取り付ける手間もかかりません。

 

6色展開で見た目も良く、幅広いタイプに使用できるこちらのタイプはメンテナンスの時間をより楽しくさせます。

エアゲージの有無 重量 1,014g

口コミを紹介

前から使っていた空気入れはタンク付きの鉄製でまだ使えますが予備に買いました。
圧力計も付いており、とにかく物凄く軽いのに驚き、バルブは英式ですが取り付けが浅い感じで漏れが少し心配な感じですが今のところ問題ありません。

出典:https://www.amazon.co.jp

2位

パナレーサー(Panaracer)

空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

樹脂素材の楽に空気が充填できて安い空気入れ

米・仏対応の空気入れは100psiの空気圧で、ロードバイクやママチャリにも最適な空気入れです。足踏み式の使いやすいこちらのタイプは樹脂素材を採用した本体で軽く、楽に空気を充填する事ができます。

 

浮き輪にも使えるアダプターがセットになっており幅広く使用する事ができます。

エアゲージの有無 重量 -

口コミを紹介

いままで旧型の空気入れを使っていましたが、バルブ部分を米式に変えたため購入しました。
驚くほど空気入れが簡単になりました。おすすめです。

出典:https://www.amazon.co.jp

3位

サーファス(SERFAS)

高圧空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

驚くほど軽いパイピングで最適な空気圧に

仏・米・英式に対応したサーファスの空気入れは驚くほど軽いパイピングで、空気をスムーズに充填する事ができおすすめです。見やすい大型のエアゲージで最適な空気圧に近づけます。

 

しっかりとした台座のスチール製の本体は丈夫でよりポンピングしやすい設計になっています。

エアゲージの有無 重量 1.7㎏

口コミを紹介

各種バルブ対応+エアゲージ付きで、初めてクロスやロードバイクに乗る人は必要です。
同価格帯の他製品との違いはわかりませんが、この製品に関していえば満足しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

BIANCHI(ビアンキ)

フロアポンプ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

見た目と機能を兼ね備えた軽量の空気入れ

ロードバイクで多くの支持を集めるビアンキの空気入れは高品質で使いやすくおすすめです。シンプルなデザインとビアンキのロゴが見た目も良く、ロードバイクと揃えてもおしゃれな空気入れです。

 

アルミバレムの本体は軽量でツインバブルヘッドを搭載しており、見た目と機能を兼ね備えています。

エアゲージの有無 重量 -

口コミを紹介

軽量で使い勝手ヨシ‼️

出典:https://www.amazon.co.jp

4位

Hopopro

空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

手軽に使えるコンパクトな足踏み式空気入れ

300gと軽量な足踏み式の米・仏・英式対応の空気入れは、持ち運びも収納も便利な空気入れです。メンテナンスに欠かせない空気入れを、手軽に簡単に使用する事ができます。また、自転車だけでなくボールや浮き輪などにも幅広く使用する事ができます。

エアゲージの有無 重量 300g

口コミを紹介

コンパクトで軽いです。足でなく手でも押せそう。

出典:https://www.amazon.co.jp

5位

パナレーサー(Panaracer)

空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

使い方が簡単な利便性の高い空気入れ

米・仏式バブルにはアダプターを必要とせず、そのまま使用する事ができるので便利です。細目なメンテナンスに向いている足踏み式で、使い方は簡単で空気穴に差し込んで倒すだけで準備ができます。

 

また付属品も充実しており、こちらを使用する事で英式のも対応できる利便性の高い商品です。

エアゲージの有無 重量 1.02 Kg

口コミを紹介

ポンピングが更にやり易くなりましたが、ハンドルが握り辛くなってしまった点だけは残念。
前のモデルの方がハンドルは握りやすいです。素手だと痛いです…。

出典:https://www.amazon.co.jp

6位

パナレーサー(Panaracer)

空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

200gの軽量なフレームアタッチメントができる空気入れ

フレームアタッチメントが付いたコンパクトなフット式空気入れは、走行中などに途中で困る事がなくおすすめです。200gの軽量なアルミのボディの空気入れは自転車に取り付けても走行しやすいです

 

コンパクトな空気入れは軽量で、本体への取り付けも簡単に出来る設計になっています。

エアゲージの有無 無し 重量 200g

口コミを紹介

文句なしの製品。自転車屋を開くわけではないので通常サイズは不要。パーツの精度も良く、ガタつきも無し。さすがパナレーサー!下駄箱にしまえるサイズなのに、充分に力を入れられるのでありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

7位

Baysuos-224

空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

コンパクトで滑り止めが付いている使いやすい空気入れ

米・仏式対応のコネクタが付いた空気入れは足踏み式で女性でも簡単に空気を充填する事ができおすすめです。コンパクトで軽量なボディは収納にも困らずまた持ち運びにも便利です。

 

機能性に優れたコンパクトな空気入れは、滑り止め付きで空気を入れているときもスムーズに使用する事ができます。

エアゲージの有無 重量 400g

口コミを紹介

とてもコンパクトでコスパの良い空気入れです!折り畳めば下駄箱に入ります!
空気入れとしての機能も充分です!
おすすめです(^^)

出典:https://www.amazon.co.jp

8位

LAND CAST

空気入れ ゲージ付き

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

グングン空気が入る快適な使い心地の携帯ポンプ

軽い力でグングン空気を充填する事ができる、携帯式の空気入れは利便性が高くおすすめな商品です。携帯式の悩みだった空気の入れにくさも、LANDCSTの空気入れなら快適に使用する事ができます。

 

米・仏式どちらにも使える軽量で持ち運びにもおすすめの空気入れです。

エアゲージの有無 重量 90g

口コミを紹介

普段ロードバイクに装備してあるLANDCASTのポンプは、ゲージがなくtniのゲージを別に持ち出していました。
ゲージ付きとなり改めて使い勝手が上がり、荷物を減らせれてありがたいです。

出典:https://www.amazon.co.jp

9位

HOPOPRO

空気入れ エアゲージ付

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

29cmのコンパクトな収納に困らない空気入れ

HOPOPROお空気入れは、仏・英式に対応したおすすめの空気入れです。細目にメンテナンスしやすい足踏み式で、軽量なので手でも押しながら充填する事もできおすすめです。

 

収納場所に困って購入を迷われていた方にもおすすめな29cmのコンパクトタイプです。

エアゲージの有無 重量 200g

口コミを紹介

コンパクトで収納袋もあり車載だけで無くカバンに入れても汚れず持ち運びできます。
コンパクトで自転車以外の用途にも使えて便利!

出典:https://www.amazon.co.jp

10位

CYCPLUS

電動空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

モバイルバッテリーも充電できる効率の良い電動式空気入れ

リムウチパンクを避けること合できる自動の空気入れは、4ステップの簡単な操作で使用する事ができます。最適な空気圧を効率的に簡単に充填する事ができます。

 

携帯型の空気入れは持ち運びにも便利で、モバイルバッテリーの機能やLEDライトも搭載しておりいざという時にも役に立ちます。

エアゲージの有無 重量 336g

口コミを紹介

思ったよりコンパクトで使いやすいです。
音は予想してたよりも大きかったですが1分位で入るのでとても便利でした
LEDライトも搭載されていて夜の作業も楽でした。

出典:https://www.amazon.co.jp

11位

空気入れ(GM-642)

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

大型のゲージ付きで空気圧が見やすい

仏式だけでなく米式や英式にも対応している人気の空気入れです。ゲージが非常に大きく、目でしっかりと空気圧の確認ができます。そのため、無理にタイヤに負担を掛けずに最適な空気圧で空気入れが可能です。

 

本体の重量は157gと非常に軽量で、持ち運んでの使用にも最適です。コンパクトなので鞄に入れても邪魔になりにくく、フロアポンプのようにしっかり固定して空気が入れれます。

エアゲージの有無 あり 重量 157g

口コミを紹介

軽いのでバッグに忍ばせておくのにオススメです
耐久性はまだわかりませんが悪い作りでは無いので直ぐには壊れないだろうと思われます

出典:https://www.amazon.co.jp

12位

GORIX(ゴリックス)

自転車空気入れ ゲージ付き

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

11色展開のおしゃれで幅広く使用できる空気入れ

3バブル対応のゴリックスの空気入れは、一台あればロードバイクやママチャリなど幅広く使用する事ができます。使いやすいフロア式の空気入れは握りやすく充填しやすいです。

 

アタッチメント付属を使用すればボールにも使用する事ができる11色展開のおしゃれな空気入れです。

エアゲージの有無 重量 1200g

口コミを紹介

びっくりするほど空気が入るため実家用ともう少ししたら私用を購入させてもらいます、ホームセンターの安い空気入れで空気が入らず感で購入したら想像以上によかったです。

出典:https://www.amazon.co.jp

13位

ジーヨ(GIYO)

フロアポンプ [GF-54]

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

160psiのロードバイクにおすすめな空気入れ

スチールと樹脂素材を採用した空気入れは、扱いやすくおすすめです。大きく見やすいエアゲージも付いているので、確認しながら充填することができるので最適な空気圧に近づけます。160psiの高圧空気入れはロードバイクのメンテナンスにもおすすめな一台です。

エアゲージの有無 重量 1.7kg

,口コミを紹介

ロードバイク用に購入。
8.5barまですんなり入ります。
メーターも見やすいし、バルブ挿入部分も楽で文句なし。価格もお手ごろで良い商品です。

出典:https://www.amazon.co.jp

14位

BV

フロアポンプ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

大型のフットスペースでツインヘッド使いやすい空気入れ

ツインヘッドで切り替えが不要な空気入れは、米・仏・英式対応の利便性の高い商品です。大型のフットスペースでメンテナンスしやすく、安定して空気を充填する事ができます。頑丈なスチールパイプの本体は耐久性も高く、見やすい大ゲージも付いておりおすすめです。

エアゲージの有無 重量 1.1㎏

口コミを紹介

空気が簡単に入れられる事がいいです。
以前のは、さほど簡単ではなかったので重宝しています。

出典:https://www.amazon.co.jp

15位

LAND CAST

空気入れ

\楽天スーパーDEAL開催中!!/ 楽天で詳細を見る
Amazonで詳細を見る
\超PayPay祭開催中!!/ Yahoo!ショッピングで詳細を見る

83gの軽量でコンパクトな軽い力で充填できる空気入れ

83gと軽量なコンパクトな空気入れは、持ち運びにも便利でおすすめです。新世代ハイブリッドポンプで、軽い力で簡単に空気を充填する事ができます。

 

収納スペースを取らないコンパクトな空気入れはリュックに入れても負担にならず持ち運ぶことができます。

エアゲージの有無 重量 83g

口コミを紹介

両方使える安心感があります。大きさ軽さも気に入りました

出典:https://www.amazon.co.jp

仏式空気入れ比較一覧表

商品 商品リンク 特徴 エアゲージの有無 重量
1
アイテムID:5814247の画像
空気入れ 2,980円

詳細を見る

全バブル対応の取り付けも簡単なおしゃれな空気入れ

1,014g
2
アイテムID:5814250の画像
空気入れ 1,330円

詳細を見る

樹脂素材の楽に空気が充填できて安い空気入れ

-
3
アイテムID:5814253の画像
高圧空気入れ 3,580円

詳細を見る

驚くほど軽いパイピングで最適な空気圧に

1.7㎏
4
アイテムID:5814256の画像
フロアポンプ 5,680円

詳細を見る

見た目と機能を兼ね備えた軽量の空気入れ

-
5
アイテムID:5814262の画像
空気入れ 2,509円

詳細を見る

使い方が簡単な利便性の高い空気入れ

1.02 Kg
6
アイテムID:5814265の画像
空気入れ 1,373円

詳細を見る

200gの軽量なフレームアタッチメントができる空気入れ

無し 200g
7
アイテムID:5814268の画像
空気入れ 1,130円

詳細を見る

コンパクトで滑り止めが付いている使いやすい空気入れ

400g
8
アイテムID:5814271の画像
空気入れ ゲージ付き 2,980円

詳細を見る

グングン空気が入る快適な使い心地の携帯ポンプ

90g
9
アイテムID:5814274の画像
空気入れ エアゲージ付 1,680円

詳細を見る

29cmのコンパクトな収納に困らない空気入れ

200g
10
アイテムID:5814277の画像
電動空気入れ 4,059円

詳細を見る

モバイルバッテリーも充電できる効率の良い電動式空気入れ

336g
11
アイテムID:5815914の画像
空気入れ(GM-642) 1,266円

詳細を見る

大型のゲージ付きで空気圧が見やすい

あり 157g
12
アイテムID:5814283の画像
自転車空気入れ ゲージ付き 2,640円

詳細を見る

11色展開のおしゃれで幅広く使用できる空気入れ

1200g
13
アイテムID:5814286の画像
フロアポンプ [GF-54] 4,192円

詳細を見る

160psiのロードバイクにおすすめな空気入れ

1.7kg
14
アイテムID:5814289の画像
フロアポンプ 2,650円

詳細を見る

大型のフットスペースでツインヘッド使いやすい空気入れ

1.1㎏
15
アイテムID:5814292の画像
空気入れ 2,780円

詳細を見る

83gの軽量でコンパクトな軽い力で充填できる空気入れ

83g

仏式空気入れの使い方

仏式空気入れを購入したものの、使い方が良くわからず困ってしまいます。しかし使い方は簡単で一度覚えれば困る事がありません。まずは、タイヤの内側に付いているバブルヘッドの先端の、小ねじを反時計回りに回し軽く押し空気を抜きましょう。

 

そしてバブルヘッドに垂直に空気入れを奥まで差し込みます。この時垂直にしっかり差し込めていないと、空気を充填する際に空気が漏れてうまくいかないので気をつけましょう。次にポンプを上下に動かし空気を充填していきます。

 

空気の入れすぎに注意しなければならないので、エアゲージがあれば確認しながら行いましょう。ロードバイクのメンテンナンスの間隔は乗らなくても空気は抜けるので、週に一度は確認しましょう。空気を充填し終わったら、空気入れのレバーを倒し引き抜き、バブルヘッドの小ねじを締めれば完了です。

先端がねじ込み式の仏式空気入れには注意が必要

仏式空気入れの中でも注意が必要な空気入れがあります。先端がねじ込み式になっている空気入れは扱いが難しく、初心者の方が空気を入れようとするには難しく感じることが多いです。そのため、先端がねじ込み式かどうかは事前にチェックしておくようにしましょう。

 

先端を見比べてから決めると間違いが起こりにくいのでおすすめです。どうしても分かりにくい場合は、ネットショッピングなら口コミやレビューを参考に、店舗での購入なら店員さんに聞いてみるのがベストです。何度も使用する空気入れなので、使いやすい商品をえらぶようにしましょう。

まとめ

ここまで仏式空気入れのおすすめランキング15選を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。様々な種類があるものの使用目的や家族と共有するのかどうかで、ある程度自分に合った商品が決まってくると思います。ロードバイクをより気軽に楽しんでみて下さい。

ランキングはAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどECサイトの売れ筋ランキング(2021年08月20日)やレビューをもとに作成しております。

関連する記事

【クロスバイクにおすすめ!人気の高圧タイプなど】フロアポンプのおすすめランキング10選

【クロスバイクにおすすめ!人気の高圧タイプなど】フロアポンプのおすすめランキング10選

自転車用品
200人にアンケート!レトルト食品の人気おすすめランキング59選【2021年最新版】

200人にアンケート!レトルト食品の人気おすすめランキング59選【2021年最新版】

加工食品
子供に人気のブロックのランキング10選【知育にもおすすめ!】

子供に人気のブロックのランキング10選【知育にもおすすめ!】

おもちゃ・雑貨
灯油ポンプ人気おすすめランキング10選【電動手動どっちが良いの?】

灯油ポンプ人気おすすめランキング10選【電動手動どっちが良いの?】

生活雑貨・日用品
壁掛けテレビ台の選び方やおすすめ人気ランキング10選を紹介します!

壁掛けテレビ台の選び方やおすすめ人気ランキング10選を紹介します!

AV・情報家電
【洗練された高級感】人気のシャープペンなどカランダッシュのおすすめランキング10選

【洗練された高級感】人気のシャープペンなどカランダッシュのおすすめランキング10選

文房具・文具